20代転職におすすめの職種・業界10選|未経験からの転職でおすすめの職種を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

結論、20代で未経験から転職できるおすすめの職種や業界は以下のとおりです。

20代におすすめの職種・業界
  • 営業職
  • IT企画・マーケティング職
  • ITエンジニア職
  • 介護職
  • 事務職
  • ITコンサルタント職
  • サービス・販売職
  • 配送・流通業界
  • 建設業界
  • 不動産業界

20代はポテンシャルが評価される年代であるため、未経験からでも転職できる可能性は十分にあります。

しかし、未経験から転職を成功させるためには自分自身のポテンシャルを客観的に理解する必要があり、自分一人で正しく認識することは簡単なことではありません。

そこでおすすめなのが転職エージェントに相談して、あなたの強みを教えてもらうことです。どんな業界に転職したいのか決まっていない方は、一度転職エージェントに話を聞いてもらってみてください。

また20代未経験から転職を成功させるためには、あなたに合った転職エージェントを見つけることが大切です。

以下の診断テストでどの転職エージェントが向いているのか調べてみましょう。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

この記事では、20代ビジネスパーソンの未経験業界・職種への転職を成功させる方法を解説しながら、おすすめの職種・業界をご紹介していきます。

目次

20代は未経験の業種・職種に転職が可能な理由

結論からお伝えすると、20代で未経験の業界・職種に転職することは可能です。

若い年齢ならではのフレッシュな視点や、新しいことにチャレンジする意欲が高いことから、業界・職種に関わらず、新しい技術やビジネスモデルの発展にともない、未経験者の採用も増えている傾向があります。

20代で未経験の業種、職種への転職を考える際には、自身の技能向上のためのトレーニングや、スキルアップの計画を立てておく必要があるでしょう。

求人企業に対して「自分自身がどのように学び、成長することを考えているか」を示すことで、自身が持つポテンシャルを最大限にアピールすることができます。

あわせて読みたい
20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?20代前半・後半別や男女別のポイントも解説! 転職したいと思いつつ「自分にはスキルや資格がない」という意識から、踏みとどまっている20代の方は多いのではないでしょうか。 結論、20代は男性・女性関係なくスキル...

20代前半に求められるスキル・経験

では、実際に20代前半のビジネスパーソンには、どのようなスキルや経験を求められる傾向にあるのでしょうか。以下で詳しくご説明します。

コミュニケーション能力

社会人になると、好き嫌いに関係なく、誰とでもコミュニケーションをとり、意見を伝えるシーンが増えてきます。仕事における必要なコミュニケーションを過不足なく実施し、安定した業務品質の維持に努められる人材は転職先企業でも重宝されるでしょう。

チームで動く力・サポート力

チームでのタスクやプロジェクトに協力し、スケジュール通り進行できるよう工夫できる能力が求められます。

20代前半は新卒1年目~3年目に該当し、徐々に会社や部署の社風・カルチャーに慣れてくる頃であるため、上司や後輩と適切にコミュニケーションを取りながら、チームとして成果を上げられるよう、時にはサポートを求める姿勢・頼る姿勢も必要です。

スケジュールの調整や管理能力

スケジュールや期限に合わせて仕事をこなすことができる管理能力が求められるケースも見られます。

スケジュール通りに仕事を進めるためには、仕事を開始する時点でおおよその納期や期限を決め、進捗状況が計画通りに進んでいるかどうかを管理していく必要があるためです。

納期を守る姿勢や、期日までに間に合わせるために様々な工夫する力も個人のビジネススキルとして評価されるでしょう。

オンラインツールを使う知見

今日のビジネス現場では、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートといった制作物管理・スケジュール管理を行うツールをはじめ、Microsoft TeamsやChatworkといったチャットツール・コミュニケーションツールなど、多くのオンラインツールが使われています。

実際に現場で使う場面になって使い方が分からないのでは仕事の進捗に支障をきたすため、ケースに応じた使い方に触れておくこともおすすめです。

20代後半に求められるスキル・経験

20代後半になると、20代前半に求められる能力に加え、以下のようなスキル・経験が求められます。

実務経験

新卒1~3年目に積んだ実務経験が重視されます。また、特定の分野におけるスキルや知識を身につけていることが望ましいと言えるでしょう。

20代後半から転職をキャリアアップの機会として捉える人材が増えるため、豊富な実務経験と特定のスキルを身に付けていることで、20代後半でもミドルクラス・ハイクラスへ転職できる可能性も高くなります。

周囲と協力するためのコミュニケーション能力

上司や従業員、顧客などとのコミュニケーション能力が求められます。

20代後半になると、所属する部署の事業戦略や取引先との関係性を把握できるようになるため、積極的に新規の取り組みや提案を行えるようになっておく必要があるでしょう。

場合によっては提案が通り、自身を起点としたプロジェクトが動き出すかもしれません。

プロジェクトのマネジメント能力

複数のタスクやプロジェクトを同時にこなし、スケジュールや期限に合わせて仕事をこなす能力が求められます。

社内の部署にはプロジェクトマネージャーとよばれる職種があり、様々な業務スケジュール・品質管理の統括を行う役割を持っていますが、当然個人のメンバーにもマネジメント能力が必要です。

マイルストーンにおける進捗が好ましくない場合、プロジェクトマネージャーや上司・チームメンバーと連携を取りながら業務を進めていく力が必要とされます。

ビジネスモデル・自社事業戦略への理解

企業や市場などのビジネス状況を把握し、戦略的な判断ができる能力が求められます。

業界や競合が主軸としているビジネスモデルを把握し、自社事業戦略の強みやネックとなっているポイントを整理して理解できていることが重要です。

時にはステークホルダーや営業先の担当者に向けて提案をおこなうこともあるでしょう。

そのような場合に自社および他社の戦略を理解したセールストークができると、高いビジネススキルをアピールできるでしょう。

20代の転職におすすめの業種・業界10選

20代の未経験人材の転職でおすすめの業界・職種をご紹介します。20代で未経験の業界・職種にチャレンジしたいと考える人材は参考にしてください。

営業職

営業職を始める際に特殊なスキル・経験は必要なく、個人の人柄やコミュニケーション能力が重視されるため、未経験人材の採用が積極的におこなわれています。

さらに営業職で様々な業界・業種にキャリアアップを図れることから、人材の流動性が高く、常に多くの求人が公開されているのが特徴です。

転職時に「アピールできるスキル・経験が少ない…」と不安感じる人材でも、営業職でキャリアを積むことで様々な能力を身に付けることができます。

IT企画・マーケティング職

IT企画・マーケティング職も20代の未経験人材の転職としておすすめです。

IT企業は常に最新の業界トレンドを取り入れながら事業を遂行していくため、業務拡大にともないながら新しい人材の確保を積極的に行っている傾向にあります。

未経験人材であっても、転職先企業の上司・同僚からサポートを受けて業務に慣れることが可能であり、一般的なPCスキルや、周囲とのコミュニケーションを円滑にとってきた経験のある方におすすめできます。

ITエンジニア職

ITエンジニア職は昨今需要が高まっている職種で、20代の未経験人材の転職でもおすすめできます。

ただ、転職先で担当する業務内容によって求められる技術要件は大きく異なり、プログラミングに使用する言語習得の難易度も全く変わってきます。

そのため、「いきなりエンジニア職に転職するのは不安だな」と未経験での転職に不安を感じる方の場合、プログラミングスクールなどを利用し、専門的な知識に触れてみることもおすすめします。

介護職

介護業界は慢性的に人材が不足している業界のため、求人数も多いのが特徴です。

介護職の多くは高齢者の介助や介護に当たるため、人が実際に体を使って生活サポートを行う必要があります。

昨今はAI搭載の介護システム・介護ロボットが現場で活躍し始めていますが、一部の各介護事業所でしか導入が進んでいません。こうした事情もあり、未だ多くの人手が必要な業種となっています。

事務職

事務職は基本的なオフィススキルを使う仕事です。

事務職に携わることで、ExcelやWord、Presentationなど、ほかの事務職でも応用できるパソコンスキルの向上を図ることができます。

また、事務職は複数の部署や業界で必要とされる職種です。そのため、事務職を通過点として様々な業界・業種への転職を検討するのも良いでしょう。

ITコンサルタント職

ITコンサルタントは問題解決能力、判断力、コミュニケーション能力などが求められる仕事です。

コンサルタント職は高い技能を必要とする職種であるため、これまで培ってきた業務経験やスキルが必要とされますが、新卒入社の会社で長くITエンジニアを務めてきた人材や、プロジェクトマネージャー・Webディレクターなどの業種を長く担当した人材などには、キャリアアップのチャンスになるケースもあるでしょう。

自身の能力を高め、様々な業界・業種で実力を発揮したい人材にITコンサルタントはおすすめできます。

サービス・販売職

サービス・販売職は顧客とのコミュニケーションが重要な要素のため、実践的なコミュニケーションスキルの習得・スキル磨きが可能です。

また、サービス・販売職は商品やサービスの特性を覚えたうえでお客様に適切に伝え、売り上げに繋げていかなければならない場面も見られます。

一例として、売場で接客を行う従業員を経験する場合では、押し売りをせずに商品やサービスの魅力を伝える技術が備わるため、高い商材理解を必要とする業界・職種でも通用するスキルを身に付けられるでしょう。

配送・流通業界

配送・流通業界は慢性的に人材不足が続いており、20代の未経験人材でも転職しやすい業界です。

ただし、配送・流通を行う上で「自動車運転免許」や「交通ルール」などの事前知識が求められるため、保有していない人材は担当できる業務が限られる可能性があります。

とはいえ業務は「運転ドライバー」などの現場仕事だけでなく、取引先企業との調整に伺う営業職や管理職、在庫管理や書類管理を行う事務職、最適な配送ルートの計画や倉庫最適化を図るデータ分析職など多岐にわたるため活躍の場が多いのが特徴です。

豊富な職種の中から自身のキャリアパスを模索するのも1つのキャリアプランといえるでしょう。

建設業界

建設業界は実際の建築現場で多くの人材を必要とし、様々な資材運搬・在庫管理にも人材を要するため、慢性的に人材不足が続いている業界です。

建物の設計や地盤調査などは専門的な技能を要するため、20代の未経験人材が転職することは難しいですが、現場の作業員やバックオフィスにおける従業員管理、取引先や未開拓顧客への営業職などは転職のチャンスがあります。

不動産業界

不動産業界も常に人材を必要としている業界で、20代の未経験人材も積極的に採用をおこなっている業界です。

不動産業界は地方でも求人需要があり、地域に根ざした不動産会社などで人手が必要とされています。

転職を機に地元にUターンしたい人材や、地方暮らしを始めたい人材にもおすすめできる業界です。

20代の転職を成功させるコツ

この項目では、20代の未経験人材が転職を成功させる方法やポイントについて詳しく解説します。

キャリアビジョン・キャリアプランを明確にする

キャリアビジョンが自身のキャリアの軸を指す言葉であるのに対し、キャリアプランはその軸を基点とした具体的なキャリアアップの方法を指します。

例えば、20代で培った企画・マーケティングの知見を、30代ではコンサルタントの仕事に活かし、40代にはその業界・業種の事業責任者として活躍する、といった大まかな流れが決まった後は、具体的な企業の候補を挙げていきます。

具体的な企業の候補を挙げるためには、様々な業界事情・業種事情を調べる必要があるため、情報収集を行う中で成功しやすい転職パターンでスタートダッシュを切ることが可能です。

自己分析を徹底する

転職を成功させるためには、キャリアビジョン・キャリアプランを明確にすると同時に、自己分析をおこなうことが大切です。

「自身が仕事を通じてどのようなキャリアを築きたいか」という目標を決めることは重要ですが、「そもそも自身がどのような強み・弱みを持っており、どんな価値観のもとで仕事とプライベートを送っていきたいか」を把握していなければ、転職後に様々な違和感を抱えてしまいます。

また、キャリアの実現可能性も考慮して転職活動を進める必要があります。

自身がどのようなスキル・経験を保有し、転職市場においてどんな価値があるのか」といった客観的な評価も含めながら、自身のキャリアプランを計画していくことが大切です。

業界分析・企業分析を徹底する

転職活動を成功させる上で、業界分析・企業分析の徹底は必須といえます。

ある業界で行われている事業形態(ビジネスモデル)や販売手法、サービス拡大の変遷など、市場ニーズの変化に合わせて成長してきた業界を分析することで、自身がその業界で貢献できるかどうかを判断することが可能です。

また、同様に、転職したい企業の分析を通じ、企業経営や事業が現在どのような経営フェーズにいるのかを把握し、自身が必要とされている人材であるかどうかを判断しなければなりません。

求人が出ている企業に応募する転職活動が一般的ですが、自身が本当に転職したい業界・企業を発見した場合、その業界・企業で求められる能力との差分を知ることができるため、自身のスキルアップの機会を得ることができます。

応募書類の質を高める

20代のビジネスパーソンが未経験業界・職種への転職を成功させるためには、応募書類の質を向上させることが大切です。

応募書類には職務経歴書や履歴書などが該当しますが、自身が前職で得た知見の棚卸しを行い、保有スキル・要素の分類を通じて応募先企業に貢献できる部分を記載していきます。

分類したスキル・要素は応募先企業が求める能力像に再構成することも重要であり、あくまで応募先企業に貢献できる内容になっている必要があります。

また、自身が応募先企業に相応しい人材であることの信頼を担保するために、転職エージェントのキャリアアドバイザーが「推薦状」を添付する場合があり、推薦状を有する応募書類は一般的に書類審査が通過しやすくなります。

こうした他社から推薦を受ける方法は、転職時に重要な考え方となるため覚えておきましょう。

面接対策を徹底する

応募書類の質向上と並行して面接対策も徹底しましょう。

面接における回答文の準備は自身でも行えますが、質疑応答や踏み込んだ質問への回答は対人でこそ対策することができます。そのため転職エージェントなどのサービスを活用し、キャリアアドバイザーから面接対策のアドバイスを受けることをおすすめします。

業界・職種に特化したキャリアアドバイザーであれば、その業界・職種に裏付けされた質問・回答を行うため、より本番に近い形で対策することが可能です。

転職先企業における自身の価値を深堀りする

転職先企業において自身がどのように貢献できるか」を考えることは、転職活動において重要な事柄の1つです。

「転職が成功する」ということは一般的に「求人ニーズへのマッチング」を意味するため、求職者の希望が通るかどうかは本質的に二の次になります。企業の採用戦略は最終的に企業利益に繋がる必要があるため、スキルマッチ・カルチャーマッチといった観点で合否が決まるシビアなものです。

そのため求職者は自身が希望する働き方・待遇を持ちつつも、採用企業の利益となるようなスキル・経験を提示できる必要があります。求人に記載がある「応募条件」「スキル要件」以上に、「自身が貢献できるポイントはどのような部分に当たるのか」を掘り下げることが大切です。

転職サイトで多くの求人に触れる

20代の未経験人材の転職では、転職サイトを使って多くの求人に触れることが大切です。

未経験人材の転職に特化した転職エージェントを活用すれば、未経験の業界・職種の求人を紹介してもらうことができますが、紹介求人が自身の希望に沿うものかどうかは分かりません。

したがって、そもそも希望する業界・職種で自身が希望する条件の求人があるかどうかを知るためにも、転職サイトを使ったリサーチをおすすめします。

転職エージェントを活用する

20代の未経験人材の転職は「どれだけ上手に転職エージェントを活用できるか」に成功の鍵があります。なぜなら、転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職事情に精通しているプロであり、転職を成功させる人材を最も身近で見てきた存在だからです。

どうすれば転職を成功させられるか」について様々な角度からサポート・アプローチができるのはキャリアアドバイザーの為せる業であるため、受けられるサポートは素直に活用することをおすすめします。

具体的には非公開求人の紹介・応募書類の添削・面接対策・給与交渉・退職サポートといったサービスが受けられます。

20代の未経験人材の転職でおすすめの転職エージェント6選

20代の未経験人材の転職でおすすめの転職エージェントとして、下記の6つをピックアップしました。

それぞれの転職エージェントが20代の未経験人材におすすめな理由を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材業界最大手の「リクルート」が運営する転職エージェントで、「豊富な転職成功実績」と「圧倒的な取り扱い求人数」を特徴としています。

転職エージェントには大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類がありますが、リクルートエージェントは、総合型の転職エージェントとして知られています。

「丁寧なサポート」や「圧倒的な求人数」などが求職者から高く評価されており、20代のビジネスパーソンが未経験業界・業種に転職する際にまず登録しておきたい転職エージェントといえます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、日本最大級の就職・転職情報を取り扱う「マイナビ」が運営会社の転職エージェントです。

リクルートエージェントやdodaと比較して、20代や若手の転職に定評がある転職エージェントで、若手向けの求人を豊富に取り扱っているのが特徴といえます。

また、業界・職種に特化した転職エージェントサービスも展開しており、IT・Webエンジニアであれば「マイナビ ITエージェント」、ものづくり・メーカーであれば「マイナビ メーカーエージェント」など、それぞれの業界・職種に精通したキャリアアドバイザーからサポートを受けることが可能です。

20代の転職はその後のキャリアビジョン・キャリアプランに大きく影響を与えるため、慎重に転職を検討したい人材も20代の転職に特化した転職エージェントで転職活動を行う必要があります。

doda

doda

dodaは、総合人材サービスを手がける「パーソルキャリア」が運営する転職エージェントで、「豊富な求人数」と「高い利用者満足度」が特徴として挙げられます。

多くのアンケート調査で「サポートの手厚さ」が言及され、業界最大手のリクルートエージェントよりも利用者の評価が高い調査結果もあります。

dodaは転職エージェントと転職サイトが1つのプラットフォームに集約されているため、転職活動に欠かせない情報収集がスムーズに運ぶのが特徴です。

20代のビジネスパーソンにとって、転職エージェントにおけるサポートは重要ですが、同じくらい自身による情報収集も必要になります。積極的に転職情報を収集したい人材におすすめできる転職エージェントです。

doda X

dodaX

doda Xは、管理職などのハイクラス人材を対象に絞った転職サービスです。

年収800~2,000万円の非公開求人を多数保有しており、管理職以上の仕事にチャレンジしたい人材におすすめできます。

ハイクラス転職のため、対象年齢はおよそ40~50代になりますが、30代・20代の人材でもヘッドハンターによるヘッドハンティングが行われています。

20代のビジネスパーソンであっても、よりハイクラスのポジションで活躍したい場合は、経験豊富なヘッドハンターに転職相談を行うことも可能なため、成長意欲の高い人材におすすめしたい転職サービスです。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは「株式会社キャリアデザインセンター」が運営する営業職・企画職・ITエンジニア職に特化した転職エージェントです。

取り扱い求人を一都三県に絞っているため、地方で転職活動を行う20代のビジネスパーソンは利用できませんが、対象地域であれば経験豊富なコンサルタントがサポートに当たってくれます。

また、希望する業界・職種が決まっている場合は、その業界・業種に特化したキャリアアドバイザーを指名できるため、求人の選び方からスキル・経験の棚卸し、希望する転職先企業の分析なども依頼することが可能です。

ただし、type転職エージェントは特化型の転職エージェントに当たるため、豊富な求人から転職先を決めたい求職者ニーズには応えられない可能性があります。リクルートエージェントやdodaなどの総合型転職エージェントも合わせて登録しておくと、豊富な求人から転職企業を探すことができます。

安定のお仕事

安定のお仕事

安定のお仕事は、20代の未経験転職に特化した転職エージェントです。

フリーター・第二新卒・非大卒の人材をメインに転職サポートをおこなっており、正社員への転職をアシストしています。求人数は1万件以上、内定取得率98%、定着率95%と、高い就職支援実績を保有しているのが特徴です。

他の20代特化型の転職エージェントと比較して特筆すべき点として「ホワイト企業への就職に力を入れている点」が挙げられます。大企業やメーカー、官公庁で正社員として働きたい人材を強くサポートしており、「残業が少なく、年間休日120日以上」といった高待遇求人を多く保有しています。

スキル・経験は少ないが、大企業・メーカーなどでホワイト社員として働き、年収アップを図りたい人材におすすめの転職エージェントといえます。

まとめ

20代の未経験人材の転職では、業務へのキャッチアップや企業でのキャリアパス、業界内におけるキャリアアップなど、様々な進路を歩むことができるでしょう。

とくにおすすめの業種や業界は以下の通りです。

20代転職におすすめの業種・業界
  • 営業職
  • IT企画・マーケティング職
  • ITエンジニア職
  • 介護職
  • 事務職
  • ITコンサルタント職
  • サービス・販売職
  • 配送・流通業界
  • 建設業界
  • 不動産業界

未経験業界・分野への転職は情報収集が肝になるため、転職エージェントを活用して効率的な転職活動を進めてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。