20代の転職は3割が年収下がる?年収ダウンを最大限防ぐポイント

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

近年では、ひと昔前とは変わってきており、転職をすることが一般的に認められるようになってきています。

実際に、マイナビキャリアサーチLabの調査によると、正社員転職率は2016年の3.3%に対して2022年は7.9%と6年で倍以上にまで上がっています。

参考:マイナビキャリアサーチLab「転職動向調査2023年版(2022年実績)」

しかし、転職をするのは本当に良いことばかりなのでしょうか?中には20代で転職することで年収が下がってしまうことを心配している人も少なくないでしょう。

厚生労働省の調査の中には、20代の転職の給与の変化に関して、次のような調査結果がありました。

参考:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

20代の転職では、半数近くの方が年収アップに成功していますが、反対に下がってしまったという人も1/3います。

そこで本記事では、20代の転職と年収の関係について、主に次のような内容を解説します。

この記事でわかること
  • 20代転職の年収変化の実態
  • 転職で変動する具体的な年収の金額
  • 20代転職で年収が下がるパターンと上がるパターン
  • 20代で年収を下げずに転職する方法
  • 転職で後悔しないために考えておくべき年収以外のポイント

本記事では、転職による年収が下がることを懸念する20代の方に向けて、後悔のない転職を実現するために、リスクを認識した上で希望に近付くような情報を提供しています。参考にしてください。

【関連記事】20代転職サイトおすすめ比較ランキング

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

目次

20代で転職すると年収が下がる?

冒頭でも触れましたが、20代の転職による年収の変化について詳しくご説明します。

実際に、年収がどれだけ下がるリスクがあるのかを確認するため、厚生労働書が出す最新の転職後の賃金の変化について確認してみましょう。

参考:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

20代の転職に共通して言えることは、およそ半分の人が転職を通して年収を上げているということです。

また、20代前半と後半にわけた結果でも、年収の増減に大きな違いは見られませんでした。20代での転職は、十分に年収を上げられるチャンスがあると言えそうです。

一方で、転職によって年収を下げてしまった方も全体の3割ほどいました。これは、もともとの年収が高かったケースや、経験がない業界・職種に転職したことで年収が下がってしまったなどの理由が考えられます。

転職によって年収が下がるケースについては後述しますが、しっかり準備をして計画的に転職活動を進めていけば、年収を下げることは十分回避可能です。

リクルートエージェント

20代後半になると年収の増減幅が大きくなる

賃金の変化20~24歳25~29歳
3割以上増加4.30%6.70%
1~3割増加25.20%23.60%
1割未満増加17.00%15.90%
1割未満減少15.10%2.90%
1~3割減少10.80%19.70%
3割以上減少7.30%10.40%
参考:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況

増減だけでなく、それぞれの増減の幅に注目すると20代前半と後半の違いが見られます。

20代後半になると収入の増減の幅が大きくなる傾向があるようです。

1割未満減少した人がおよそ5分の1になり、1~3割減少した人が約倍近くになっています。増加に関しては、20代後半で3割以上収入を上げている人も1.5倍以上に伸びています。

20代後半になると年収の変化も大きくなりがちなので、よりしっかり準備をして転職活動を進めていきたいですね。

20代転職で年収が下がる4つのパターン

20代の転職においては、およそ2人に1人が年収を上げていることがわかりました。

一方で、3人に1人は年収を下げていることも事実です。いったい、なぜ収入が下がってしまうのでしょうか。それは主に以下の4つが原因だと考えられます。

それぞれ解説します。

【関連記事】20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?転職成功のコツも解説!

未経験の職種・業界への転職

未経験の転職をする場合は、一般的に年収が下がりやすい傾向があります。なぜなら、転職先で活躍できるようになるまでに一定の時間を要することや、教育などにコストがかかることが多いからです。

年収の下がり幅を小さくするためのポイントは、2つです。

年収の下がり幅を小さくするためのポイント
  • 職種か業界のどちらかを経験のある仕事にする
  • 社会人として汎用性の高いスキルをアピールする

面接では、職種か業界の経験をアピールすることで一定の経験と知識は備えていると伝えることができるでしょう。そうすれば、大幅な年収ダウンは回避しやすいです。

今の仕事が、職種においても業界においても将来性がないのであれば、ある程度の年収ダウンを覚悟して全くの未経験の仕事に挑戦する必要はあるかもしれません。

また、コミュニケーション能力やビジネスマナーなどといった、どんな仕事でも共通して使えるスキルをアピールすることも重要です。

このようなスキルをポータブルスキルと言い、転職先でもすぐに活躍できるようになれる印象を与えやすくなります。

同業界でもスキルや経験が不足している

職種と業界が現職と同じところへ転職をするとしても、スキルや経験が不足している場合は年収が横ばいか下がることがあります。

具体的には、第二新卒で転職した場合などが考えられるでしょう。特に新卒の段階では、ある程度のスキルが身に付いてきていたとしても、幅広く活躍できる人は一部に限られるでしょう。

半年や1年間の経験で10年など経験している人に匹敵するパフォーマンスを出すのは簡単ではないでしょう。そのため、即戦力になるとしても期待値に満たないということもあるため、場合によっては注意が必要です。

スキル重視の会社よりも、若いうちからしっかりと育成する考えを持っている会社であれば、将来性を買って採用してもらうポテンシャル採用の枠で転職できるので、大きく年収を下げる心配は少ないかもしれません。

しかし、スキルや実力重視の文化が強い企業の中では、入社直後は年収を落とすことになるかもしれません。

【関連記事】転職したいけどスキルがない20代前半・後半で資格なしだと厳しい?男性女性別に解説

平均収入が低い業界への転職

業界によって、平均収入というものは変わってきます。なぜなら、平均の利益率や労働者の希少性などが異なるためです。例えば、利益率の低い企業に転職した場合は、同じスキルや経験の評価度合いであっても年収は下がってしまうということは考えられます。

また、業界での採用枠に対して応募者が異様に多い業界も給料が低い傾向にあります。なぜなら、高い給料にしなくても人が簡単に集まるためです。

大手転職エージェントのdodaの調査による、業種分類別の平均年収は以下の通りです。

全体としての平均が最も低い小売/外食と最も高い金融とで平均100万円以上の差があることがわかります。

業種分類別平均年収
引用:doda「年収の高い業種は?平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

この表からわかるように、転職後の年収に影響を与える要素は経歴やスキル、経験だけではなく「業界」という要素があることを覚えておきましょう。

年収アップを目的の中心として転職活動をする方は、業界選びにも注力すると良いでしょう。

現職が相場以上にもらえていた

現職の給料が、相場以上の場合は転職をすると相場相当に年収ダウンする可能性があります。

勤めている企業が以下の3通りに該当する方は認識しておきましょう。

相場の高い企業の特徴
  • 企業が競合他社以上の賃金で労働力を確保している
  • 業界でも利益率等が高い構造の企業
  • 堅い顧客基盤があり収益が安定していている企業

採用に特に力を入れていている企業の中では、競合以上の賃金を支払うことで労働力を確保しようと考える企業も存在します。

また、その企業独自の製品などにより、市場が独占的であったり、長年の安定顧客が多数を占めるような場合は利益率が高くなったり、収益基盤が安定する傾向にあります。

あなたがこのような企業に勤めている場合は注意が必要です。個人の力ではなく企業の力で収入が相場以上になっている可能性があるため、多少の年収ダウンは覚悟する必要があるかもしれません。

\ 転職する予定がなくてもOK /

 

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ


5.0

【転職しなくてもOK】ユーザーの8割以上が市場価値を確かめるために利用

ミイダス

ミイダス


4.7

【登録不要・所要時間5分】7万人以上のデータをもとにあなたの市場価値を判定

ASSIGN

ASSIGN


4.5

【5万人以上が利用】キャリア・年齢ごとに適性年収・適職をAIが診断
2024年5月1日時点

20代転職で年収が上がる4つのパターンと年収を下げないためにできること

ここまで、20代の転職の年収変化の実態や年収が下がるケースなどをご紹介しました。20代の転職では、年収が上がることが多いので、しっかり準備・計画をして転職に挑めば、年収を上げることは十分に可能です。

こちらの項目では、20代の転職で年収を下げないためにできることをご紹介します。

即戦力として採用される

上でも触れましたが、未経験分野への転職は年収が下がりやすいです。20代でもすでに特定の業界や仕事内容での知識・経験が積み重なっていますので、経験を活かせる会社に転職すれば年収は下がりにくいです。

転職によって年収を下げたくない気持ちが強い方であれば、これまでの経験を活かせる会社選びが中心になってくるでしょう。

条件が悪い会社や業界から転職する

会社や業界によって給料の決まり方・相場は違い、どうしても給料が低いままの会社はあります。

周囲と比較してみて、今の会社の年収が低いと判断できる場合、転職で年収が下がる可能性はかなり低いです。積極的に転職をして良いタイプの方だと判断できます。

他社と年収を比較する方法は、公開されている求人を見てみるだけでもある程度判断できますので、転職の第一歩として実際の求人を見てみることもおすすめです。

\ 転職する予定がなくてもOK /

 

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ


5.0

【転職しなくてもOK】ユーザーの8割以上が市場価値を確かめるために利用

ミイダス

ミイダス


4.7

【登録不要・所要時間5分】7万人以上のデータをもとにあなたの市場価値を判定

ASSIGN

ASSIGN


4.5

【5万人以上が利用】キャリア・年齢ごとに適性年収・適職をAIが診断
2024年5月1日時点

スキルを磨いてキャリアアップを目指す

転職によって年収を上げるためには、市場価値の高い人物になることです。自分には何ができて、どのように会社や社会に貢献できるかがアプローチできれば、好条件の企業からも採用されやすくなるでしょう。

スキルの磨き方は、さまざまなので割愛しますが、転職する前の今の職場できることも多くあるかもしれません。ある程度結果を残した上で転職した方が年収を大きく上げられることもあります。

転職によって年収を上げたいのであれば、転職する際にどうやって自分を売り込むかも考えておきましょう。

十分な転職活動ができている

上記のように計画的に転職を進めていくためには、十分な転職活動の準備も必要になります。

働きながら転職活動を進めていくとなると、どうしても時間をあまり割くことができず、十分に求人が見つけられなかったり、自己アピールの準備が不足してしまったりします。

焦って転職をしてしまうと、年収が変わらないか下がってしまうことにもなりえますので、十分な時間を確保して転職活動に挑んだり、後述するように転職エージェントを活用しながら転職活動をしていったりしましょう。

転職エージェントに依頼する

転職によって年収を上げたいのであれば、転職エージェントに依頼することをおすすめします。

転職エージェントは、利用者の希望に沿った求人を紹介してくれますので、給料アップを希望条件として求人を探してもらえば、基本的に年収が下がることも少ないでしょう。

また、選考の通過率などが上がりやすくなるように助言をしてくれます。20代で転職経験が少ない方は、たとえば退職理由の表現方法など、面接官からネガティブに受け取られやすい要素でも良い表現方法に変換するアドバイスをもらえます。

今までの経験やスキルを的確にアプローチすることができれば、年収が高い会社に応募した場合の採用率にも好影響があるでしょう。

自分に合った転職エージェントに登録をし、面談などをしてみるだけでも価値があります。必ず転職する必要はないほか、特にお金がかかる心配はありませんので、積極的に使ってみてください。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

年収が下がっても20代の転職が有利な理由

確かに、3人に1人は転職を通じて年収が下がったというデータがあります。しかし、たとえ年収が下がるとしても20代は転職のチャンスであると言えます。

それは以下の3つの理由によるものです。

30代以降はスキルが身に付くため、年収が上がりやすくなる傾向があります。そのため、役員や部長、マネージャーなどのポジションへ採用される場合などは当然収入も上がります。

一方で、一般枠での転職をする場合は場合によっては年収が下がる可能性がありますが、その下がり幅は大きくなります。

場合によっては、直近の年収が下がっても将来的に年収が上がるケースも十分にあります。

20代の転職で年収が下がりそうな方は、今の年収だけでなく、将来的な年収の伸び方も考慮して転職活動をすることがおすすめです。

20代は会社や業界・経験による年収差が少ない

まずは、年齢別の平均年収を見てみましょう。

こちらは、2021年9月~2022年8月の1年間にdodaサービスに登録した約56万人が対象の平均年収のデータです。

引用:doda「日本のビジネスパーソンの平均年収は?平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】

男女ともに20代から30代への間が年収の上がり幅が大きい点は共通しますが、30代以降は傾向が異なるため、男女別で解説します。

男性は30代から40代にかけての間は年収の上がり幅が一度下がり、40代から50代にかけてピークを迎えます。

一方で、女性は30代から40代にかけての間と40代から50代にかけての期間とで、ほとんど差がみられません。

年収を長期目線で上げていくためには、年収が上がりやすい時期に波に乗って年収を上げることも重要でしょう。

表からは、男女共に、20代から30代への上がり幅が大きいことがわかります。

20代は年収が下がるリスクが低く転職しやすい

したがって、30代になる前に年収ダウンのリスクを取っておいた方が、年収が下がった場合もダメージは小さいと判断できます。

そもそも、20代の年収は一部の業界や会社を除きどんなに高くても年収500万円程度のことが多いです。そのため、下がり幅は大きくても150万円程度です。

しかし、30代になって700万円などに達していた場合は一気に300万円ダウンするケースもあります。

実際にそのような体験をしたという知恵袋の回答を紹介します。

質問者

既婚者で30代で未経験職に転職した方いますか?年収は下がると思いますが何とかやっていけましたか?

勇気を下さい。

回答者

外資の開発から国内大手のプロマネに転身しました。

年収は300万くらい下がりましたが、40代後半くらいになった時により市場価値の高い人材になるため、思って年収ダウンを受け入れました。

なんとかやっていけてますよ。

引用:YAHOO!JAPAN 知恵袋

外資系企業は総じて年収が高いことが多く、この質問の回答者の方はおそらく元々の年収も高かったために、下がり幅も300万円と大きくなったと考えられます。

しかし、同じ正社員転職であれば、年収400万円から300万円もダウンすることはあり得ません。年収が上がりきっていない20代のうちはリスクが小さい時期と言えます。

どうしても年収を下げたくない場合は、現職を継続しながら年収が上がる内定が出るまで承諾せずに、転職活動をし続けるのも手です。

ちなみに、転職エージェントから企業に対して年収交渉などをおこなってもらえるので、利用してみるのも一つの手です。

こちら側から年収を上げる働きかけをする上で、精神的負担があまりかからないようにできるでしょう。

若さを武器に未経験転職がしやすい

20代のうちの転職が有利な理由はそれだけではありません。

ポテンシャル採用の対象になるということは、明確なキャリアビジョンや熱意があれば、それが会社の方向性と合致すれば「将来性」を買って、今後の活躍を見込んで採用してもらうことができます。

また、スキルを買って採用をしてもらう場合においては、同じ業種や職種でないと採用される可能性が下がります。つまり、年齢が上がるということはチャレンジできる選択肢が減ることを意味します。

20代で未経験の転職などにも寛容なうちに、自分がやりたい仕事や、適性を感じる仕事へ挑戦することをおすすめします。

20代の転職で年収が下がっても後悔しにくい事例

20代の転職で実際に年収が下がるケースもありますが、それでも転職をした方が良かったというケースもあります。逆に収入は上がったが後悔するというケースもあります。

それでは、本質的な転職の満足度を高め、仮に年収が下がったとしても後悔しない転職を実現できるのはどういう場合なのでしょうか。

今の会社では理想を実現できない場合

今の会社で、理想を実現できないことが分かっている方は転職をしましょう。

むしろ、転職をするかどうか悩むだけで時間だけが過ぎて理想の選択肢が一つもないことに気付いた時、本当に後悔します。

20代は、30代や40代と比較すると身軽な上に、転職市場からもスキルだけでなく未来の可能性も見て貰えるため、チャンスの時期です。

年齢を重ねれば、いずれ現状の延長線のキャリアしか選択できなくなります。

それだけは嫌だと思う方は、路線を変更できるのは20代のうちに限ることを認識しておきましょう。

自分の職種や業界に先がない場合

自分の業界や職種が、この先40年持たないうえに、他のスキルへと転換しにくいと思う方は注意しましょう。

昨近、定年退職の延長が話題となっているように、20代のうちにどんなスキルを身に付けるかは重要です。

どのようなスキルを身に付けたら良いのかと悩んでいる方は、どのような業界でも活かすことができるスキルから身に付けると良いでしょう。具体的には、後述する「ポータブルスキル」というものです。

今の仕事に将来性を感じられない場合は、未経験でも仕事を変えられる可能性が最も高い20代で転職をするのが良いでしょう。

自分の会社に将来性がない場合

業界や職種自体には将来性があっても、会社自体に将来性がない場合は転職を検討しても良いでしょう。

会社に将来性がないのであれば、いずれ転職を迫られることになるでしょう。

また、将来性があって伸びている会社の中の方が成長やキャリアアップの機会に恵まれます。

どうせ同じ仕事をするのであれば、自身の糧になる職場を選ぶために転職を検討するのは妥当な判断と言えます。

転職したい理由や優先順位が明確になっている場合

自分がなぜ転職をしたいと思っていて、転職に求める条件の優先順位が明確になっているような方は、転職を検討するだけでなく早く行動に移しましょう。

現状に不満があって、なんとなく転職をするだけであれば、転職後も同じような悩みを抱えることになり後悔することになるかもしれません。

しかし、退職理由と希望条件の優先順位が明確になっていて、適切な転職活動ができていればそのようなことにはなりません。

転職の情報は、年々、日々、変化していくものです。そのため、以前調べた情報が古いデータになってしまい、転職活動にとって有益な情報ではなくなってしまうこともあります。

転職活動をおこなう際は、その都度、新しい情報の収集から始めると良いでしょう。

ネットで転職や気になる業界に関する記事を読んでみたり、志望する業界や会社の人と会って話を聞いてみたりするのも良いでしょう。

しかし、実際に転職活動を始めてみると、思った以上に情報収集の時間が足りない、欲しい深さの情報が手に入らないという方が多いです。

そのような場合は、転職エージェントサイトなどに登録し、企業と実際にやり取りをしているキャリアコンサルタントなどからの情報に触れることで、情報収集にかける時間を減らすことも深い情報を集めることもしやすくなるでしょう

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

20代の転職で年収が下がって後悔しやすい事例

多くの20代の方にとって、転職とは初めてか2~3回目程度の体験です。

そのため、転職に関して誤った判断をしてしまうと、後から「こんな形で転職しなければよかった……」「そもそも転職しなければよかった……」と思うことになる可能性があります。

20代の転職でありがちな年収が下がって後悔しやすい事例を4つ紹介します。

今の問題が一時的で、解決したら理想通りになりそうな場合

今抱えている問題が一時的な問題である場合は、転職をすることで後悔する可能性があります。

例えば、「仕事が大変だから辞めたい……」「上司が本当に嫌だ……」といった場合は待った方が良いケースもあります。

ただし、今は仕事が忙しくても繁忙期による一時的なものである場合や、ジョブローテーションであと数か月だけ我慢すれば今の上司と別々になれるというケースなどです。

上記のような状況で退職を検討しているが、それ以外の人間関係や待遇には満足しているという場合であれば、退職することで後悔することになる可能性もあります。

ただし、我慢してでもその会社に勤め続けること自体にそもそもあまり価値がないようであれば、退職を検討することをおすすめします。

自覚するスキルや経験のレベルが市場で求められる水準以下だった場合

自分では、充分なスキルや経験があると自負していても、市場に求められる水準に届いていない場合などは、転職を通して年収ダウンする可能性があります。

特に、自身の市場価値を見誤って固定給から成果給へと変えてしまった場合は、金銭的に苦しい思いをする可能性さえあります。

例えば、営業職で固定給の会社から成果報酬の会社へと転職した場合、思うように成果が上げられなかったことで、給与システム上の問題で年収が思っていた以上にダウンしてしまうということが想定されます。

ただし、一時は年収が下がってしまっても、転職先で努力をして実力をつけられれば結果的には転職する前よりも高い年収を実現することは努力次第で充分に可能です。

とはいえ、自身の市場価値や経験、スキルを正しく把握することは重要です。

また、現職の中でのみ通じるスキルに偏っていないか、様々な職場でも共通して活かされるプロジェクトのマネジメントやコミュニケーションなどのスキルは身に付いているかという観点も重要です。

\ 転職する予定がなくてもOK /

 

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ


5.0

【転職しなくてもOK】ユーザーの8割以上が市場価値を確かめるために利用

ミイダス

ミイダス


4.7

【登録不要・所要時間5分】7万人以上のデータをもとにあなたの市場価値を判定

ASSIGN

ASSIGN


4.5

【5万人以上が利用】キャリア・年齢ごとに適性年収・適職をAIが診断
2024年5月1日時点

転職したい理由が明確でない場合

自分がなぜ転職したいのかが明確になっていない場合、そのまま転職活動をしてしまうと、仮に年収アップしたとしても後悔するかもしれません。

なぜなら、多くの人が仕事に求める条件は収入という単一要素だけではなく、他にも労働時間、仕事の将来性、やりがい、勤務地、職場の人間関係などがあります。

そもそも、何が引っかかっていて退職を検討したのかが明確にならないで転職をしても、転職先でも同じような問題が再発するかもしれません。

退職理由をパッと答えられない場合は、仕事に求める条件を明確化するために自己分析から始めてみると良いでしょう。

20代の転職で年収が下がっても後悔しないための4つの対処法

転職をして年収が下がったからといって必ずしも後悔する訳ではありません。実際に、年収は下がったが後悔していないという人もいます。

ただし、年収が下がっても後悔しないためにはポイントがありますので、しっかり抑えておきましょう。

希望する最低年収を決定する

転職を通して結果的に年収が下がっても公開しないためには、年収ダウンを許容できるボーダーラインを設定しておくことです。

これを決定する時のポイントは、下がり幅の金額の印象で決めず、必要な金額から決めるようにしてください。

つまり、「年収70万のダウンまでは許容できる」ではなく「年収350万あれば足りる」と考えましょう。

この年収金額は、自身の生活レベルをどこまでは保持したいか、何にどれだけお金がかかるかを元に算出します。毎月固定で発生する生活費の他にも、趣味や交際費などの予算を設定しておき、希望最低年収を決めてみましょう。

たとえば、生活費が10万円、食費が3万円、趣味が3万円、交際費が3万円の生活を希望とする場合、月に21万円分の手取りが必要となります。額面にして約25万円とすると、維持すべき年収は額面で300万円です。

元の年収が400万円の方であれば、年収が300万円と聞くと、「100万も下がるのか……」と感じるかもしれませんが、生活する上では問題ないことが計算できます。

自分がどうしても、年収を下げてでも挑戦したい仕事を諦めたりする前に、許容可能なボーダーラインを設定しておくことは重要です。

自分のスキルを相対的に把握する

自身のスキルを転職市場の中で相対的に把握しておくことは重要です。今、会社の中で活躍しているからといって、それが転職先でも同じように活きるかどうかは別問題になるかもしれません。

あなたのスキルを社内専用スキル、専門スキル、ポータブルスキルの3つに棚卸しすることで転職後も活かせるスキルがどれだけあるか判断できるでしょう。

ポータブルスキルとは、聞きなれない人もいるかもしれません。

以下の厚生労働省の資料によると「仕事の仕方」「人との関わり方」の二つに分かれると考えられるそうです。参考にし、当てはまる項目があれば面接でアピールすることで活躍をイメージしてもらいやすいでしょう。

ポータブルスキルの概要
引用:ポータブルスキル│厚生労働省

退職理由を明確にする

先述の通り、20代であれば約半分の人は転職で年収アップを実現できます。

しかし、本当にそれだけがあなたの満足度を高める上で重要な条件でしょうか?

例えば、年収アップはしたが残業時間が更に増えた場合、満足度は上がるのでしょうか?

このように考えていくと、自分自身が転職に求めている条件を優先順位付けすることができます。

収入と残業時間の他にも、仕事の将来性、やりがい、勤務地、職場の人間関係などの観点で仕事に求める条件の優先順位を明確に付けておきましょう。

以下には転職を実現した様々な人の感想を掲載します。参考にしてみてください。

転職して睡眠時間が改善された

在宅勤務よりは年収100万アップを希望

休みが確保できたことでストレスが減った

資格手当がある会社に行けた

20代におすすめの転職エージェント3選!

先述の通り、20代の転職はまだ社会人経験も転職の経験もあまりない中での挑戦になります。また、これを普段の仕事の合間に充分な対策を行いながら、面談などを通して転職を実現させることが求められます。

実際には、転職を通して20代のおよそ半分の人が年収を上げることに成功しています。つまり、正しい準備のもと転職活動に臨めば多くの場合、年収ダウンするリスクを下げながら希望する条件などを叶えやすくなると言えるでしょう。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーから転職に向けて効果的な対策をおこなってもらえるだけでなく、あなたに代わって年収や労働条件の交渉なども可能です。

転職経験の少ない20代の方にとって、自分で何もかもを完璧におこなうよりも外部の専門の方を頼ることで、より効率的に転職活動に成功するための参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、20万件以上の非公開求人を持ち、年間登録者数は125万人以上を誇る国内最大の転職エージェントです。

エージェントの質や求人数の観点から言っても転職エージェントとして優れていると言って良いでしょう。

転職エージェントを利用する際は、まず登録だけでもしておくべきサービスの一つです。

リクルートエージェントの優秀な専門コンサルタントから、転職に関わる情報をもらうなどし、相談をする中で有利に転職を進めていきましょう。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年6月3日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2021年の調査では20代からの支持率が最も高い転職エージェントでした。その理由は、エージェントの「じっくりと聴く」スタンスにあるようです。

20代の求職者は、一般的に転職回数は多くても2回程度です。そうなると、退職理由や転職先に求める希望条件について深い理由に自身でも気付いていないケースも多々あるのです。

そこを深掘りすることで、満足度の高い転職を実現してくれるのがマイナビエージェントの強みです。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

doda

doda

dodaはリクナビエージェントに次ぐ、国内大手転職エージェントです。求人数だけでいえば、20万件以上を誇り、リクルートエージェントにも劣りません。

また、独自の調査などを幅広く行い公開などしているため、エージェントも転職市場の状況に詳しいと考えられます。

転職が初めてで何から手を付けたらわからないというようなケースであっても、履歴書の書き方指南から行ってくれるそうです。

転職に関する情報感度を上げながら、安心して転職に臨むことができるでしょう。

サービス概要
サービス名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数247,463件
非公開求人数38,795件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://doda.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

まとめ

20代で転職するのは、年収が下がるリスクなどはあるのか、という疑問に対して解説をしました。

結論、年収が下がる可能性はあるがそれでもチャンスの方が大きく、リスクが低い時期と言えます。

厚生労働省のデータによると、3人に1人が年収を下げ、5人に1人は変化がなく、なんと2人に1人が年収を上げています。

それだけではなく、ポテンシャル採用の対象になるため、比較的、未経験への転職の間口が広いことや、スキルを熱意やキャリアビジョンで補うことができるからです。

年収が下がった場合も、30代以降では実際に300万ダウンという例もありますが、20代のうちであれば基本的にはそこまで年収ダウンすることは考えにくいです。

こういったことを考えると、20代はリスク低く挑戦することができる転職に最適な時期といえます。

しかし、なんとなく転職するのであれば後悔することになるかもしれません。

退職理由が明確でない場合は、自己分析をおこなって優先順位を明確にし、後悔のない転職を実現しましょう。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。