40代の転職はみじめ?40代転職の厳しい実態や原因を解説|転職を成功させる対策5選も紹介

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

40代で転職を考えた時に、「失敗してみじめな気持ちになるのではないか」「求人数が少なく就職先が決まらないのではないか」と不安になる方は少なくないでしょう。

厚生労働省の調査によると、多くの企業において、40代の求人数は20代・30代の求人数よりも大幅に減る傾向があると伺えます。

たとえ40代の求人があっても、スキルや経験が求められ、未経験で異業種へ挑戦する場合はさらに転職がむずかしいこともあるでしょう。

しかし、40代の転職がすべてにおいてみじめな結果になるわけではありません。

この記事では、40代で転職する場合の実情やみじめといわれる原因を探り、転職でみじめな転職にならないための対策を解説します。

40代で転職を考えている方は「転職をしてよかった」と思えるようにこの記事を参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:40代向け転職エージェントおすすめランキング!全11社の人気サイトを徹底比較

目次

 40代転職の実情

まずは40代転職の実情を見ていきましょう。

40代での転職割合

2023年厚生労働省の転職入職者の状況」によると、40代前半である4044歳の転職入職率(採用率)は「男性3.5%」「女性4.5%」となっています。

40代 転職割合
引用元:厚生労働省 令和3年 上半期雇用動向調査結果の概況転職入職者の状況

一方の40代後半である4549歳の転職入職率は「男性2.4%」「女性5.0%となっており、40代で入職する割合は低いことが伺えるでしょう。 

40代で応募可能な求人数40代を採用したい企業はもちろん存在しますが、管理職など重要なポジションの求人が多く見られます。

そもそも管理職での求人数が少ないことから、転職活動が思うように進まずに自信をなくしてしまう人もいるかもしれません。

また、企業が長期的なキャリア育成を目的として人材募集している場合には、対象が35歳以下と年齢制限が設けられる可能性があります。

厚生労働省は、従業員を雇う場合のルールとして人材募集や採用における年齢制限を禁止しています。

しかし、長期勤続によるキャリア形成を図る目的や、技能・ノウハウ継承を目的としている場合など、一定の条件を満たせば企業の意向により制限をつけられます。

なお、年齢制限を設けた求人は、原則として前職の経験に関する表現が不可となっています。経歴がなかったとしても若手が欲しいと企業が意図していることが読み取れるでしょう。

年齢制限があったとしても応募自体は可能ですが、企業の求める人材と合致しないことから書類選考で落とされる可能性があることを覚えておきましょう。

40代が意識すべき定年

厚生労働省は、人生100年時代を想定した高齢者雇用の促進を明言しています。

2025年には、現在経過措置中である定年の引き上げが義務化されることが決定しており、義務化によって定年が60歳から65歳になります。

また、20214月には高年齢者雇用安定法が改正されて、70歳までの定年引き上げや雇用継続制度の導入などが企業の努力義務となっていますので、キャリアにおける40代は折り返し地点と考えることもできるでしょう。

40代の転職は厳しい傾向にありますが、70歳までのキャリアプランを見据えて転職を考える方もいるかもしれません。

参考:「人生100年時代」に向けて│厚生労働省
高年齢者雇用安定法改正の概要│厚生労働省

40代転職がみじめといわれる原因

ここからは、40代で転職すると「みじめ」といわれる原因を3つにわけて解説します。

年齢が理由で転職活動が厳しいから

求人に年齢制限の旨が記載されていなくても、企業側が若年層のみを募集しているケースもあるかもしれません。また、年齢制限がされていない求人では、若年者が優先されることが通常です。

40代の中途採用では、20代や30代前半でのポテンシャル採用はないことが通常です。特徴的なキャリアやスキルがないと、書類選考の通過自体が高難易度になるでしょう。

40歳を過ぎた転職では、年齢の壁を感じてみじめな気持ちになってしまうケースも多いと考えられます。

参考記事:厚生労働省 雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ

希望する条件や求められるスキルとの差があるから

40代の転職がみじめといわれる原因のひとつに、希望する条件と求められるスキルとの差があることがあげられます。

40代の転職では即戦力としての人材を求める企業が多く、即戦力として必要になるのはマネジメント経験です。

プレイヤーとしてのスキルはもちろん、20代や30代ではあまり求められることがないプロジェクトリーダーとして部下をまとめる能力や、部下への指導経験が求められるでしょう。

ただし、役職経験があるだけではマネジメント経験にはならないので注意が必要です。待遇面で自分の希望する条件が一致しても、企業側の求めるスキルが高いと採用には至りません。

自身のスキルだけでなく、自分のこれまでを否定されたように感じてみじめな気持ちになる可能性もあるでしょう。

新しい環境に馴染みにくいから

ある程度の社会人経験がある40代には「新しい環境に馴染めなさそう」「一緒に仕事を進めにくそう」などのマイナスのイメージをもたれる場合があります。

20代や30代の場合、一から新しく覚えることや教えてもらうことに抵抗がなく、新しい環境に馴染むのにそれほど時間がかかりません。

しかし40代から転職した人は、年下から教えてもらうのが苦手だったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりして、新しい環境にうまく馴染めないことも考えられます。

逆に転職先の上司も40代の新人に気を使い、仕事を頼みにくいと感じるケースもあるでしょう。

40代の転職では新しい環境に慣れようという姿勢を心掛けられるかどうかも大切です。

転職すること自体だけではなく、転職した先で居場所を見つけられずにみじめな気持ちを抱いてしまう可能性に注意しておきましょう。

収入が下がりやすいから

同じ40代であっても、40代後半は40代前半よりも転職の難易度が高いと考えられます。とくに40代後半の方は、転職して年収が下がる可能性も考慮しましょう。

たとえば、同程度のスキルを持った40歳と49歳の方が応募したケースでは、企業に選ばれるのは伸び代がある40歳の方であると想像できるでしょう。

厚生労働省の調査によると、4044歳で37.4%4549歳で32.5%の割合で転職により賃金が減少しています。

転職によって収入アップを目指せる場合もありますが、40代後半から50代の転職では年収が大幅に下がる可能性も考慮しましょう。

関連記事:40代の転職はやめた方がいい?押さえるべきリスクと転職を成功させるポイントを解説

 40代での転職失敗でみじめになる人の特徴

ここからは40代の転職でみじめになる人の特徴を紹介します。

就職先をじっくり考えない人

現在の職場環境が悪いから早く辞めたい、会社の業績悪化やリストラがあったなど、転職の理由はさまざまです。

しかし、どのような理由であっても、就職先をじっくり考えずに転職をしてしまうと転職でみじめな思いをしやすいでしょう。

たとえば、「通勤時間が30分伸びそうだけど我慢する」「仕事で求められるレベルが実力より高めだが、無理して頑張る」「残業が多いけど収入アップのために諦める」など無理してでも急いで転職しようとすると、転職後に後悔する可能性が高くなります。

このように妥協して転職すると、職場が自分に合わないと感じて結果的にすぐ辞めることになるでしょう。その場合は若い時と違い、次の転職先が短期間で決まる確率は極めて低くなります。

みじめな思いをしないためにも、40代で転職する場合はスキルや条件が自分と合うかをじっくり考えることが大切です。

また、大手企業には退職勧告を受けていない状態で、多めの退職金目当てに早期退職を選択する人も少なからず存在します。焦って退職した場合、「早く就職先を決めないといけない」と新たな焦りを生み出すことにつながってしまうでしょう。

転職活動時に焦りがあると、自分が希望していない企業に転職を決めてしまう可能性もあります。

ご自身が築いてきたキャリアを無駄にしないためにも、退職・転職に関しては慎重になる必要があるでしょう。

関連記事:転職先が合わないけど、やめてもいい?対応方法や見極めポイントを解説

未経験の業界にチャレンジする人

40代の転職は業界経験者が優遇される傾向にあります。未経験での転職は若い人材を優先的に採用する企業が多いため、経験や知見なしの業界でいきなり正社員として就職しようとする人はみじめな思いをしやすいでしょう。

ただし、業界によっては40代未経験でも採用されないわけではありません。

マイナビ転職に掲載されている求人の中で、以下の業種は「未経験者歓迎」の割合が高く、未経験者の採用を積極的におこなっているようです。

  • 飲食業界
  • 不動産業界
  • 運送業界
  • 介護業界
  • 清掃業界

上記の通り、業種が違っても今までの経験やスキルを活かして働くことは可能ですが、その他の業種でスムーズに採用となるケースは少ないでしょう。

関連記事:40代でできる仕事がないは嘘!おすすめ職種や資格・スキルを解説

 収入アップにこだわりすぎている人

収入アップにこだわりすぎている人は、転職先がなかなか決まらずみじめだと感じてしまいます。

もちろん若い時の転職と違い、40代の転職はできれば収入をアップさせたいと誰もが考えるでしょう。

しかし、収入アップだけに固執すると「スキルや経験を活かせるポストかどうか」や「将来のビジョンを叶えられる職場かどうか」など肝心の本質を見失いかねません。

収入アップだけにこだわらず、自分の求める条件と、将来的なビジョンなどが合うかどうかも考える必要があります。

総合的な条件を把握して転職することが40代でみじめな転職にならないポイントです。

転職回数が多い

転職回数が多いと、企業からはいいイメージを持たれることはあまりないでしょう。

第一次選考では、企業は履歴書や職務経歴書を見て採用するかどうかを判断します。転職理由に引越しや会社の倒産など、やむを得ない事情があったとしても書類上で詳しい事情はわかりません。

転職回数が多いと「責任感がなく仕事を投げ出すのではないか」「入職しても長続きしないのではないか」など、どうしてもマイナスイメージがついてしまい、面接まで通過することもむずかしくなります。

転職回数が5回以上の方は、転職理由を明確に説明できるようにしておき、自分の強みをしっかりアピールしましょう。

年下上司に抵抗がある人

40代の転職では上司が年下の可能性があり、教えてもらうのに違和感がある人はみじめだと感じやすくなります。

スキルがあって即戦力として採用された場合を除き、ほとんどは一般社員としての再スタートとなります。以前の職場では役職がついていても、転職後は一般社員として年下の上司に指示を仰ぐことも多いでしょう。

スキルがあっても、仕事の進め方は前職と同じとは限らず、新しく業務の進め方を教えてもらわなければ円滑な仕事はできません。

しかし、プライドがあり年下の上司から指導を受けることに耐えられない人は、人間関係の構築がうまくいかずみじめになりやすいので、転職は慎重に考えましょう。

家族としっかり話し合えていない人

40代の多くは家族をもち、子どもも中学や高校、大学に通っており、一番子育ての出費がかさむ時期を迎えていることでしょう。

40代は子どもを育て、学費を払うために働いて収入を得ることが家族にとって最優先される時期です。したがって、40代で転職をすることは家族にとって経済的な不安がつきまとう大きな問題です。

40代での転職は個人の問題ではなく、家族全体に影響するため、勝手な判断で決めることはむずかしく、反対されることも少なくありません。

自分だけの意思で転職を決めることができずに、転職活動のスタートラインに立つことさえできない状況がみじめだと感じてしまう原因になります。

せっかく一大決心をして転職しても悲惨な結果にならないために、家族としっかり話し合ってから転職活動を始めましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

40代で転職成功する人の特徴

ここからは40代でも転職が成功する人の特徴を紹介します。

「特徴に当てはまらない場合は成功しないの?」と疑問に思われる人もいるでしょう。当てはまる項目がなくても、少しでも特徴に近づけるように行動することが大切です。

しかしスキルや管理職の経験などは、努力ではどうにもなりません。その場合は人間関係に柔軟に対応し、やる気をアピールしつつ、これから説明する対策を実践しましょう。

高いスキルや専門性がある人

高いスキルや専門性があると企業に選んでもらいやすく、転職において有利です。

企業が40代の中途採用を募集する理由は、今までのスキルや専門性を発揮して、職場ですぐに実践してもらえるからです。

たとえば現代の企業にとって、自社の商品やサービスを売る仕組みを作るためにマーケティング力は必要不可欠です。マーケティングの経験があれば、ジャンルは違っても今までの経験が活かせるでしょう。

また、求人票で経験者優遇としている企業は、即戦力を期待しています。

企業が求める職種が「労務・人事」だった場合、入職退職に必要な届出や社会保険・雇用保険など、一連の手続きへの理解が求められます。さらに給与計算、年末調整、人事採用の経験などがあれば、役職として活躍できる機会が増えるでしょう。

ほかにも、リーダーシップに優れていたり、周囲の状況を把握したりすることが得意な人も転職に成功する人の特徴といえます。

管理職の経験や人脈がある人

管理職の経験や人脈がある人も転職で成功しやすくなります。

40代は年齢的に管理職になっていることも多く、広い人脈がある方もいるでしょう。

たとえば、介護業界での管理職経験は、介護職員をまとめる管理者として人材育成に必要不可欠です。また、広い人脈がある人も新規開拓などをめざす企業にとっては、即戦力になりうる貴重な人材です。

このように管理職の経験や人脈は、転職をしてもスキルとして役立つでしょう。

新しい環境や人間関係に柔軟に対応できる人

新しい環境や人間関係に柔軟に対応できる人は、転職をしても成功しやすいでしょう。

40代の転職は、今までの経験から「自分は仕事ができる」というプライドがあり、新しい職場でうまく馴染めない人も少なくありません。

年下の上司に教えてもらう場合でも、謙虚な気持ちで一から学ぶ姿勢が必要です。また、職場が変わっても、新しい環境に柔軟に対応できる人は、どこへ行っても人間関係で苦労することは少ないでしょう。

上記のような人は特別なスキルがなくても、心がけひとつで40代の転職をみじめにならずに成功させることが可能です。

企画や提案ができる人

企画や提案ができることも40代の転職で成功する人の特徴です。

提案と聞くと「営業」のイメージがありますが、営業以外でもすべての業務で企画や提案は必要とされます。

転職後に、指示された業務を正確にこなすことは当たり前のことです。

40代は今までの経験と知識を生かして「もっと顧客に寄り添ったサービスができないか」や「効率化を図るにはこの工程は不要なのでは」など、会議で提案をしていきましょう。

40代の転職をみじめ​​にしないための対策5

40代の転職はみじめだと感じることがある一方、みじめだと感じないためにできることがあります。

以下の対策を実践して40代の転職を成功させましょう。

自己分析で強みやアピールポイントを明確にする

40代の転職は、自己分析で強みやアピールポイントを明確にすることが重要です。

スキルや豊富な経験がありながら、自己分析をおこなわずに転職活動をしてしまうと、自分の条件に合う企業がなかなか見つからないというケースは少なくありません。

自己分析やアピールポイントを把握するには、以下のように項目をわけて自己分析をするとよいでしょう。

  • スキルはどのような状況で役立つのか
  • どの業種なら専門分野が活かせるのか
  • 今までの経験や実績が何に対して能力を発揮できるのか
  • 他人にはない自分の強みはなにか

自分一人でアピールポイントが見つけられない方は、40代向けの転職エージェントに相談するのもおすすめです。

関連記事:40代の転職相談におすすめの相談先を紹介!転職活動に不安がある方にも

 スキルや専門性を活かせる企業を探してみる

スキルや専門性を活かせる企業を探すことも、40代の転職では重要です。

専門性のある仕事といえば、医師や看護師、弁護士などありますが、資格を持っている人は限られるでしょう。

しかし、専門性とは「特定の分野で知識や経験や技術があること」をさすので、幅広い分野で専門性やスキルを活かすことが可能です。

たとえば医師や弁護士以外に専門性のある仕事は、「ITエンジニア 」「建築・リフォーム業」「デザイナー」「バイザー」「資産運用(FP)「医療事務」「人事・労務関係」「Webデザイナー・Webライター」などがあります。

他にもあらゆる専門職があり、現在はスキルがなくても、勉強や資格の取得で専門性のある職業を選ぶことも可能です。

自分の市場価値を把握する

自分の価値を把握するには転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。

転職エージェントは求職者の経歴や希望条件を把握し、多くの企業データから転職者にあった求人を紹介するサービスです。

今までの経験を振り返り「キャリアの棚卸し」をするとスキルが明確になります。

さらに、スカウトといって人事や採用担当者から直接連絡が来ることもあるので、受け取ったスカウトの内容から自分の市場価値について把握できます。

また、キャリアにあわせた転職の方向性の相談や、職務経歴書の添削などもしてもらえます。

自分の市場価値を把握する方法として、無料の転職エージェントに登録してみるのもよいでしょう。

関連記事:スカウト型転職サイトおすすめランキング|仕組みや特徴・評判を徹底比較

希望する企業は徹底的にリサーチする

希望する企業は、応募する前に徹底的にリサーチすることをおすすめします。

事前に企業のリサーチをしないで、自分の思い込みで企業をイメージしてしまうのはよくありません。

転職後に自分の思っていた職場ではないと、現実とのギャップを感じる原因となり、結果としてみじめな思いをする可能性があります。

企業理念やビジョン・福利厚生・職場環境など、ホームページで事前に情報収集が可能です。求人、給与、待遇などもチェックできるので、応募する前に必ず企業のホームページを見て転職後のミスマッチを防ぎましょう。

希望条件の優先順位を決め、妥協点を見つける

希望条件の優先順位を決め、妥協点を見つけることで納得いく転職につながります。

40代の転職では、希望する条件がすべて一致する求人はかなり少ないので、以下の条件から優先順位を選んでおきましょう。

  • 給与・賞与・退職金
  • 勤務時間・残業
  • 休日
  • 交通手段・通勤時間
  • 自分のポスト
  • 福利厚生

自分の希望条件の中で、優先するものと妥協してもいい点を考えて対策しておくと、転職後に後悔してみじめになる原因を減らせます。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

40代の転職でおすすめの業界5

ここからは40代の転職でおすすめの業界を紹介します。

未経験でも40代からできる仕事はあるので、どのような仕事があるのか確認してみましょう。

関連記事:40代未経験での転職は厳しい?後悔しないための対策とは

 未経験でもOKな飲食業界

飲食業界は40代の未経験でも採用OKなことが多くおすすめです。

飲食業界はコロナウィルスの流行により一時期業績が落ちましたが、現在は勢いを取り戻しています。

コロナ禍では売上げが見込めず、従業員を減らさなければならなかったため、現在は慢性的な人手不足に悩んでいると考えられるでしょう。そのため、飲食業界では未経験者の採用が複数あります

未経験の場合、最初はホールスタッフから始めることになりますが、実力があればすぐにマネージャーなどに昇進できる体勢もあるのでおすすめです。

アフターコロナで人気のIT業界・Web業界

IT業界は、簡単にいうとインターネットに関連する事業で、「Web」「通信」「ソフトウェア」「ハードウェア」「情報処理サービス」の5つに分類されています。その中のWebサイト制作や運営などをする会社をWeb業界といいます。

IT業界やWeb業界は、若手向けの職種であると認識されている方も多いかもしれません。

しかし、事務や経理などのバックオフィス業務であれば、40代以降であっても採用されやすいでしょう。

若手中心の業界と捉えられがちですが、40代の知見や経験が求められる業界でもあるのです。

人手が足りない運送業界

運送業界のドライバーなどはネットショッピング等の需要が拡大し、人手が足りないために就職しやすくおすすめです。

ドライバー職には以下のようなものがあります。

  • トラック運転手
  • バス運転手
  • タクシー運転手
  • 配送ドライバー
  • 送迎ドライバー

タクシーの運転には二種免許、バスの運転には大型二種免許が必要となり、トラックはサイズによっては大型免許が必要です。

一方、宅配や介護施設、幼稚園の送迎に使う小型のマイクロバスなどは、普通免許で運転することができます。

とくに宅配ドライバーは人手が足らず、募集も多く40代でも就職しやすいでしょう。

求人数が多い介護業界

介護業界も慢性的に人手が足りず、重要性のある職業なので求人数が多くおすすめです。

介護職は経験や年齢が不問で、資格がなくても始められるため、40代からの転職する方も多くいらっしゃいます。

介護職は、老人ホームやデイサービスなどで、高齢者や障害者の身体的介助や食事介助を、日常的にサポートする仕事です。

資格がなくても仕事はできますが、介護職員初任者研修は講座を受講すれば、ほとんどの人が合格できます。

介護職は60代を過ぎてもまだまだ働けるので、資格を取って本格的に介護福祉士をめざすのもいいでしょう。

しかし、仕事にはある程度の体力とお年寄りへの思いやりを必要とするので、仕事内容を理解することが必要です。

シニアでもOKな清掃業界

清掃業界はシニアでも求人があり、資格がなくてもすぐに働ける人気の職業です。

清掃業務は、人々が生活をしている場所には必要であり、常にニーズがあるため求人数が多く安定しています。

清掃場所は以下にあげた以外でも、生活している場所のすべてが作業場所です。

  • 病院
  • ホテル・旅館
  • 公共施設
  • レジャー施設
  • マンション・ビル

最近は、共働きや考え方の変化で個人の自宅でも掃除を依頼するケースが増えており、独立して清掃業として働くことも可能です。

40代の転職におすすめの転職エージェント

40代の方が転職でみじめな思いをしないために、転職エージェントの利用をおすすめします。キャリアアドバイザーに転職に関しての相談も可能なため、不安の解消にもつながるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 404,816件
非公開求人数 353,203件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年6月3日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 120,911件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年6月3日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 59,356件(※1)
非公開求人数 13,124件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

【男女別】40代で転職をしようと思った理由

40代で転職をしようと思った理由を男女別に解説します。

どのような理由で転職を決意したのか、厚生労働省(令和3年転職入職者が前職を辞めた理由別割合)のデータで見ていきましょう。

男性の理由

40代男性が転職をしようと思った理由は、「その他の個人的理由」を除くと、「職場の人間関係が好ましくなかった」「能力・個性・資格を活かせなかった」がほぼ同率で1番の理由です。

さらに「会社の将来が不安だったという男性特有の理由もあり、定年まで20年近くある将来に不安に感じて転職を決意したことがわかります。

参考:厚生労働省-令和3年雇用同行調査の概要-表6 転職入職者が前職を辞めた理由別割合

関連記事:40代男性の転職が厳しい理由とは?成功させるコツを解説

 女性の理由

40代女性が転職をしようと思った理由は、その他の個人的理由を除くと「職場の人間関係が好ましくなかった」と「能力・個性・資格を活かせなかった」がほぼ同率で2位です。

男性の場合と異なるのは、「給与等収入が少なかった」という理由が1になっている点です。

家庭を持っている女性が働く理由は、子どもの学費の捻出や、家計の足しにしたいという経済的な理由が多いからでしょう。

女性の場合は、収入アップを期待して転職しているのがわかります。

参考:厚生労働省-令和3年雇用同行調査の概要-表6 転職入職者が前職を辞めた理由別割合

関連記事:40代女性の転職が難しい?厳しい?と言われる理由と転職を成功させるためのコツを解説

さいごに|事前準備をしっかりおこなって40代の転職を成功させましょう

40代の転職は20代や30代のように簡単ではありません。さまざまな要因で転職がむずかしく、みじめと感じてしまうことも多いでしょう。

しかし、紹介した対策と心構えがあれば、転職してスキルアップや、給与や待遇がよくなる可能性がある年代です。

40代は焦って転職を決めずに、じっくりと自己分析と事前準備をおこなうことが大切です。定年まであと20年ある40代は、まだまだこれからが働き盛りです。

自分のやりたい仕事やレベルアップにチャレンジして、転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。