20代の転職は不安で当たり前|転職の不安を拭い去るためにできること6選

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

20代であれば、転職を検討していても「自分の強みが分からない」「向いている仕事が分からない」と不安になることがあるでしょう。

そこで、今回の記事では、転職を考える20代によくある不安や、不安を拭い去るためにできることなどを解説していきます。

20代の転職は経験がなくても、ポテンシャルで採用してもらえる最後のチャンスともいえるでしょう。

タイミングを逃さず転職できるように不安を拭い去り、自信をもって転職活動をおこないましょう。

【関連記事】20代転職サイトおすすめ比較ランキング

目次

20代が転職を考えた時に直面する7つの不安

最近では転職する人も珍しくはありませんが、とくに初めての転職であれば、人によってさまざまな不安を感じているのではないでしょうか。

ここでは、転職を考える20代が直面しがちな不安を7つに分けてご紹介します。

ぜひ記事を参考にして、自分に当てはまるところはないかチェックしてみましょう。

働きやすい職場に転職できるかどうか

転職において、「働きやすい職場に転職できるかどうか」は誰もが感じる不安ではないでしょうか。とくに、今の職場に働きにくさを感じて転職を検討している場合、次の職場選びに失敗したくないと思うのは当然の感情です。

厚生労働省の調査によると、転職先における満足度について「満足」と回答した人は全体の21.4%、「やや満足」と回答した人は32%で、約半数の人が転職に成功していることがわかります。

もし、不安で転職をためらいそうになったときは、なぜ転職をしたいと思ったのか、きっかけをもう一度振り返って考えてみると良いでしょう。

今の職場に留まる可能性がないのであれば、不安な気持ちを拭い去り前に進むしかありません。

【参考記事】令和2年転職者実態調査の概要 厚生労働省

自分のこれまでの経験やスキルが通用するのかどうか

20代で転職を考えたときに、「これまでの経験やスキルが通用するかどうか」も不安の一つといえるでしょう。新卒のころとは違い、転職では基本的に即戦力が求められます。

企業が求める経験やスキルと、応募者の持っている経験やスキルが一致していなければ、採用にはつながりません。アピールできる強みがないという人は、どんなに些細なことでも良いので、これまで経験した業務内容や自分なりに工夫したポイントなどを書き出してみましょう

その中で、「コミュニケーション能力」や「論理的思考力」などの強みと、その根拠となる具体的なエピソードを見つけることができれば、十分アピール材料になります。

どうしても経験が不足している場合は、「ポテンシャル枠」を設けている企業を検討してみると良いでしょう。スキルや経験よりも将来性や熱意といった部分を認めてもらえる可能性があります。

仕事内容が希望と合致するかどうか

仕事へのやりがいやキャリアアップを求めて転職を検討している人にとって、「転職先の仕事内容が希望と合致するかどうか」も不安の種といえます。せっかく転職をしたのにやりたい仕事ができなければ、仕事へのモチベーションも下がってしまうでしょう。

転職市場では、一般的に職種ごとに人を採用しています。求人情報からある程度仕事内容を把握できるため、自分の経験やスキルが活かせそうな職種に絞って応募すれば、大幅なミスマッチは避けられるでしょう。

求人情報から把握できない業務内容は、インターネット上の情報や面接での質問をとおして確認することをおすすめします。

転職先でキャリアアップできるかどうか

20代の転職であれば、目先の安定よりも「今後のキャリアアップにつながるか」を重視する人も多いでしょう。次の職場で十分にスキルを習得しないまま、転職を繰り返してしまうことは避けたいところです。

最近では、以前ほど転職に関してネガティブなイメージを持つ人は減っています。それでも、転職回数があまりにも多いと、面接官から「不満があったらすぐ辞めてしまうのではないか」「忍耐力がないのではないか」という印象を持たれてしまいます。

転職においては、具体的な業務内容の確認はもちろん、「どのようなスキルが得られるのか「自分が活躍できそうなポイントはあるのか」などを事前に把握しておきましょう。

転職活動をする前に、ある程度のキャリアプランを決めておくことで、どの企業に行けば良いのかも見えてきます。しっかり自己分析して、自分の強みなどを知っておくことが大切です。

年収が下がらないか・待遇が悪くならないか

次の職場で希望する仕事ができることはもちろん重要ですが、年収や待遇面も同じくらい大切といえます。とくに、年収は生活水準に直結するため、できるだけ今の年収と同じかそれ以上を望む人は多いのではないでしょうか。

厚生労働省の調査によると、転職で年収が上がった20代の割合は約5割、一方、下がった20代の割合は約3割となっています。

この数字をどう捉えるかは自由ですが、およそ半数の人が転職することで年収アップを実現しているというのは、希望が持てる数字ではないでしょうか。

最近は口コミサイトが充実しているため、評価制度や福利厚生などの待遇面についてもそれなりに把握できます。自分の中で妥協してもいいポイントを押さえた上で、応募企業を分析していきましょう。

【参考記事】令和2年転職者実態調査の概要 厚生労働省

新しい人間関係や社風に馴染めるのか

転職活動において、「次の職場の人間関係や社風に馴染めるのか」という不安はつきものです。仕事内容は合っていても、上司や同僚など一緒に働く人と気が合わなければ、仕事に対してネガティブな気持ちになってしまうでしょう。

組織文化と個人の性格がミスマッチしている場合も、働きにくさを感じてしまう原因となります。仕事とプライベートのどちらも重視したい人が、仕事最優先な社員が多い会社に入社してしまうと、考え方が合わずに精神的に疲れてしまうはずです。

「転職3カ月の壁」という言葉もあるとおり、新しい職場に馴染めなければ、短期間で離職することにもつながってしまいます。

口コミサイトや転職エージェントの面談をとおして、応募企業の組織文化や雰囲気と自分の性格が合っているかを確認することが大切です。

今の仕事と転職活動を両立できるかどうか

今の仕事と並行して転職活動をおこなう場合、「時間や体力的に両立できるのか」という不安もあるでしょう。事実、転職活動は大変です。

自己分析や企業分析・面接対応などやるべきことが多く、思いのほか時間が奪われてしまいます。テレワークで仕事をしている人であれば、ある程度時間的な調整はできそうですが、そうでない場合はスケジュール管理が大変でしょう。

うまくスケジュール管理ができないと、今の職場に転職活動をしていることがバレてしまうリスクもあります。

また、選考に落ち続けてしまったり、「ほかの企業にいって上手くいくはずがない」「みんなもツライけど頑張っている」など、周囲から否定的な言葉をかけられたりすると精神的にもダメージを受けてしまうでしょう。

しかし、否定的な発言をしている人も、あなたの人生の責任を取ってくれるわけではありません。

「転職をすることで自分はどうなりたいのか?」という自分軸を見失わないようにして決断しましょう

転職の不安を拭い去るためにやるべき6つのこと

転職を考えているのであれば、少しずつやるべきことに着手し、不安を拭い去るべく行動をしていくことが必要です。

ここでは、20代の転職で不安を解消するためにできる6つの方法をご紹介します。

本気で転職を考えているのであれば、不安をなくし自信をもって転職活動をしていきましょう。

あわせて読みたい
20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?20代前半・後半別や男女別のポイントも解説! 転職したいと思いつつ「自分にはスキルや資格がない」という意識から、踏みとどまっている20代の方は多いのではないでしょうか。 結論、20代は男性・女性関係なくスキル...

ネガティブな意見に左右され過ぎないようにする

転職に限りませんが、何か新しいことを始めようと思っている人に対して、ネガティブな意見をいう人は一定数います。

  • 今の職場を辞めたら次はない
  • ここで頑張れないのに、ほかの職場でやっていけるはずがない

これらの言葉はよく聞きますし、信頼する同僚や上司の発言であれば、転職の意思が揺らいでしまうこともあるでしょう。しかし、冷静に考えてみてください。

日本には約400万の企業があり、それぞれ事業内容や企業文化、働いている人が違います。今の職場の常識がそのまま次の職場の常識にもなる、と考えるのは不自然ではないでしょうか。

ネガティブな意見に左右され過ぎてしまいそうになったら、以下の2つのポイントを意識してみてください。

相手の発言の意図を理解する

相手がネガティブな発言をしたとき、本当に自分のためを思っていっているのか、ただ単に不満をぶつけたいだけなのか、発言の意図を理解することが大切です。

いわれた言葉をそのまま間に受けるのではなく、どういう意図で発言しているのか分かれば、冷静に対応できます。

最後は自分の意思を信じる

最終的に決断するのは自分自身です。意思が揺らいで転職を取りやめたとしても、ネガティブな発言をした人があなたの人生の責任を取ってくれるわけではありません。

自分はどうしたいのか?」を常に自問自答して、決断していきましょう。

今抱えている不安を明確にする

漠然と不安を抱えたままでは、もやもやしてストレスに感じてしまうでしょう。そのため、今抱えている不安や不満を明確にすることが大切です。

何に対して不安を感じているのかがわかるだけでも、対策がしやすくなります。頭の中で考えるだけでなく、できれば紙に書き出しましょう

見える状態にすることで思考が整理されますし、これまでなんとなく不安に感じていたことも、文字にすることで「そんなに不安じゃなかったかも」ということもあります。

なにができれば満足なのかを把握する

不安を明確にするのと同様に「何ができれば満足なのか」を把握しておくことも大切です。やりたい仕事や望んでいる働き方が明確になっていなければ、次の職場でも同じような不満を抱えてしまうことになります。

次の職場に期待する条件を書き出し、それらに優先順位をつけていきましょう。また、自分にとっての妥協ポイントも見つけておくことも重要です。どんな職場であっても、まったく欠点がなくパーフェクトということはありません。

  • 給与が上がるなら今より忙しくなってもいい
  • 希望の仕事ができるなら給与は下がってもいい

妥協点を明確にすると、自分にとって好ましい求人が見つかりやすくなります。

少しでも興味があることにチャレンジしてみる

自分の強みがわからない、やりたいことが見つからない場合は、少しでも興味があることにチャレンジしてみるといいでしょう。何事も、やってみないことには向き不向き・好き嫌いを判断できません。

いきなり転職するのはハードルが高ければ、趣味や副業として始めてみるのも一つの手です。

少しでも自分で経験していれば、いざ転職をしたときも、仕事内容に対するミスマッチをなくせます。

20代で転職したことがある人の話を聞いてみる

一度不安になると、ネガティブな情報ばかりが目に留まり、うまくいかない未来ばかり想像してしまいがちです。そのようなときは、意図的に上手くいった人の情報を集めたり、実際に話しを聞いてみたりして、視野を広げることをオススメします。

とくに、知り合いに転職経験がある人がいれば、次のようなことを聞いてみるといいでしょう。

  • 転職を考えたきっかけ
  • 転職活動をどのように進めていったのか
  • 転職活動中の不安をどのように解消したか

もし、周りに相談できそうな人がいない場合は、転職エージェントを活用するのも良いでしょう。経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、これまでとは違う考え方が得られる可能性があります。

転職活動を実際に始めてみる

実際に転職活動を始めてみることで、不安が解消されることもあります。何から始めればいいか分からないという場合は、気になる企業や職種の情報収集から始めましょう

  • やりたい仕事に就くためにはどのようなスキルや経験が必要なのか
  • どのような企業が自分に合っているのか

これらが少しずつ明確になっていくうちに、不安が減り前向きな気持ちになれるはずです。

最近では「カジュアル面談」という、選考前に採用担当者と話ができる機会を設けている企業も増えてきました。

一方的に質問を受ける面接とは異なり、知りたい情報をフランクに聞ける場なので、気になる企業がある場合はこのような場も活用してみてください。

https://asiro.co.jp/media-career/156/・

20代の転職状況はどうなっている?

「よくわからないから不安」ということはよくあります。転職を考える上で、転職市場の実情を知っておくことは不安の払拭にもなります。

転職は当たり前という風潮が広がっている今、20代の転職状況はどうなっているのでしょうか。

転職を経験したことがある人は4割弱

【参考記事】就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022

リクルートの調査によると、20代で転職を経験したことがある人は4割弱となっています。約2人に1人が転職しているというのは、意外にも多い数字ではないでしょうか。

また、転職を検討して実際に応募するなどの転職活動を始めている人や、まだ行動はしていないけれど転職を検討している人など、転職の意向がある20代の割合は約6割となっています。

多くの人が、今の職場に何かしら課題を感じていることがわかります。その中の半数以上の方が、不安と向き合って転職活動を進めています。

転職理由で多いのは「給与への不満」

【参考記事】転職理由ランキング【最新】

dodaのアンケート結果によると、最新の転職理由で最も多いのは「給与や昇給への不満」でした。

「実際に働いてみて、思った以上に手取りが貰えていない」「先輩・上司を見てみても、あまり昇給が期待できない」など、今後のキャリアを見据えて転職をする人が多いでしょう。

また、「キャリアアップや昇給の不満」や「評価への不満」などネガティブな理由で転職をする人も多くいます。

ネガティブな理由で転職をする場合は、そのまま伝えるのではなく、できるだけ前向きな理由に転換してアピールすると印象も良くなるでしょう。

20代は未経験職種であっても転職しやすい

今の仕事内容に不満があって別の業種に挑戦したい場合、はじめに考えるのは「未経験職種でも大丈夫なの?」という不安ではないでしょうか。

何歳からでも新しいことに挑戦するのは可能ですが、とくに20代であれば未経験職種であっても転職がしやすいでしょう。

なぜなら、最近では「ポテンシャル採用」という、今あるスキルだけではなく、潜在的能力の可能性も含めて採用する企業も増えているからです。若さと高い挑戦意欲があれば、未経験職種であっても十分採用される可能性があるでしょう。

また、企業側から見ると、20代の社会人というのは「教育しやすい」「新しい企業文化に染めやすい」というメリットもあります。このように、若さゆえの強みがあるため、未経験職種であっても転職しやすいといえます。

20代で転職をした方が良い場合・しない方が良い場合

20代で転職を考える場合、次のような疑問や不安を感じることがあります。

  • 「どのタイミングで転職するべきなのか」
  • 「本当に今転職しても大丈夫だろうか」

一度、悩み始めてしまうと、迷いがどんどん大きくなってしまうでしょう。そこで、ここでは以下の2つについて解説します。

それぞれを比較して、転職したほうが良いのかを検討してみましょう。

20代でもすぐに転職をした方がいい場合

転職をした方が良い場合には、以下の3つが挙げられます。

それぞれ詳しく解説しますので、参考にしてください。

人間関係がどうしても合わない

たくさんの人と仕事で関わる中で、どうしても合わない人というのは存在します。しかし、他人を変えるのは、ほぼ不可能です。

どうしても馬が合わない人がおり、耐え難い苦痛を味わっているのであれば、上司に相談してなるべく関わらないように配慮してもらったり部署を変えてもらったりする必要があります。

それでも、どうしても解決することが難しい場合は、転職するしかないでしょう。

あわせて読みたい
職場の人間関係が合わない・疲れたから会社を辞めたい時にすべき行動とは? パワハラやセクハラの被害に遭っている、やりがいを感じる仕事を任せてもらえない、反りが合わない上司がいる、など人間関係が要因で「会社を辞めたい」と思っている方...

仕事内容がどうしても合わない

20代は、未経験の職種に採用されやすい時期です。よく「3年は働こう」と言いますが、転職を考えて3年も待っていたら、第二新卒の時期を逃してしまいます。

どうしても仕事の内容が合わない、かつチャレンジしてみたい仕事があるのなら、転職も視野に入れると良いでしょう。

あわせて読みたい
仕事を辞めたい人の頼れる相談先と円満退職のコツ 「仕事を辞めたいけど誰に相談すればいい?」 「円満に退職するにはどうしたらいいんだろう…」 いまの職場に不満があって、仕事を辞めたいと感じているものの、すぐに転...

ブラック企業で働いている

ブラック企業というと、以下のような特徴があるでしょう。

ブラック企業の特徴
  • あまりにも薄給
  • 身体を壊すほどの長時間労働
  • パワハラやセクハラが横行している

もしあなたが上記のようなブラック企業で働いている場合は、心身を壊す前に転職先を探すことをおすすめします。

企業の体制は簡単にはかわらないので、その場で耐えていてもあなたが消耗してしまうだけです。

転職をしない方がいい場合

転職を考えたときに、必ずしも転職をした方が良い場合ばかりではないでしょう。転職を見合わせた方が良い場合としては、以下の3つが挙げられます。

転職してしまうのは簡単かもしれませんが、転職してしまってから後悔することにつながらないためにも、よく考えてみましょう。

やりたいことを仕事にできている場合

どんな仕事であろうと、壁に突き当り出口の見えない日々を過ごすときもあるでしょう。

やりたかった仕事ができている場合、この辛く苦しい時期をどう過ごすかによって1年後、3年後の実力に大きく差が開いてきます

よほどの理由がない限りは仕事と割り切って、転職はもう少し見送ってみても良いのではないでしょうか。ただし、ストレスを溜めないように、プライベートなどで上手にストレス発散をしてください。

現在の不満に対して改善しようと行動していない場合

生きていれば理不尽なことばかりです。面と向かって言えないこともたくさんあるので、家に帰った後や飲みの場で不満を爆発させる人も多いでしょう。

不満なことを愚痴るのは決して悪いことではありません。ただ、あなたの周りに文句をいうだけで、改善に向けて何も行動しない人はいないでしょうか?

もちろん、個人が行動したところで解決しない問題もあります。しかし、不満をいうだけで行動しないというのも問題解決にはなりません。

現在抱えている不満に改善の余地があり、まだできることが残っているのであれば、転職は少し見合わせた方が良いといえるでしょう。

今後やりたいことが明確になっていない場合

目の前の問題から逃げる目的で転職をするのはやめた方が良いでしょう。次にやりたいことが明確になっていないまま転職をしたとして、今よりも快適に働いている保証はあるでしょうか?

最低限、次にやりたい仕事を明確にし、具体的な業務の内容は把握した上で転職されることをおすすめします。

転職後に理想と現実のギャップに苦しみたくなければ、今のうちに可能な限り情報収集をしておきましょう。

20代の転職を成功させるポイント

転職をうまく進めるポイントを抑えておけば、ある程度まで不安を和らげることができるでしょう。

ここでは20代で転職を成功させるポイントを6つご紹介します。

しっかりと対策をして、転職を成功させましょう。

転職の目的を明確にする

行動に移す前に、次のような転職の目的を明確にしましょう。

転職の目的例
  • 転職をすることで何を達成したいのか
  • 転職をすることでどのような不満を解消したいのか
  • なぜ今転職をしたいのか

転職を考える理由は、人それぞれです。

「キャリアアップを目指したい」「未経験の職種に就きたい」「職場の人間関係が悪いためより良い環境に身を置きたい」など、どのような理由であっても、転職の目的が明確であれば、情報収集もしやすく転職活動がスムーズに進みます

自己分析をしっかりとおこなう

転職活動を始める前には、自分自身のことをよく理解しておくことが大切です。

自己分析の例
  • どのようなことが得意なのか、不得意なのか
  • 今後どのようなキャリアを築いていきたいのか
  • どのような人生であれば幸せなのか

上記のように、自分が大切にしたい信念や軸を意識しながら自己分析をおこなうと、自分に合った業界や仕事が見つかりやすくなります。

インターネット上で「自己分析 質問」などと検索すると、自己分析のためのさまざまな質問が出てきますので、活用してみるといいでしょう。

幅広く情報収集をする

転職先を探す際は、一つの情報源に絞るのではなく、求人サイトや転職エージェント、ハローワークなどさまざまな情報源を活用していきましょう。

それぞれ保有している求人や強みが異なるため、複数活用することでより自分に合った求人を見つけやすくなります

最近では「Twitter転職」という言葉も出てきているように、SNSで内定を獲得する方法も多くなっているでしょう。常にアンテナを張り、自分の希望を満たせる転職先を探すようにしてください。

転職先の企業情報を徹底して調べる

気になる転職先については、徹底して調べることをオススメします。

会社のWebサイトの基本情報だけでなく、業績や将来性、実際の労働時間や福利厚生なども事前に知っておくと、安心して転職できます。

「ブラック企業」と呼ばれるような企業に転職しないためにも、口コミサイトや転職エージェントなどを活用して、求人票に書かれていない詳細の情報を手に入れることが大切です。

自己PRをしっかりとおこなう

自分が持っているスキルや経験、強みは最大限アピールしていきましょう。

20代で転職をする場合「こんなスキルでは通用しないのではないか」と不安になり、自分を過小評価してしまうこともあると思います。

たしかに、経験年数が短い分スキルも不十分なことはありますが、必要以上に自己評価を下げる必要はありません。自分が当たり前にできていることでも、他人から見れば「強み」に見えることが多々あります。

これまで経験した仕事から他人よりもうまくできたことを探し、自己PRにつなげていきましょう。

面接対策を怠らない

転職成功の鍵を握っているのは「面接」です。

選考で面接がないことはほぼないので、面接対策は怠らないようにしましょう。

面接での印象を良くするためには、志望動機や、自分の職務経歴書の内容をしっかりと把握しておくことが必要です。

面接では、職務経歴書の内容をもとに話しが進められます。それぞれの業務で大変だったことや工夫したことなども、合わせて答えられるようにしておくといいでしょう。

たとえオンラインで対応できる面接であっても、対面の面接と同じように対策をすることが大切です。見えるところだけ身だしなみを整えるのは、ふとしたときにバレる可能性があるため注意する必要があります。

また、オンライン面接の場合はテストをして、画面が暗かったり声が聞こえにくかったりというミスはしないようにしましょう。

20代転職の不安を拭い去るために活用したい転職エージェント5つ

ここでは、20代の転職におすすめする転職エージェントを以下の5つご紹介します。

それぞれの特徴について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント」は、20代や第二新卒歓迎の求人を多く保有している転職エージェントです。他社にはないマッチング力や、転職活動が初めての人でも安心できる手厚いフォローに定評があり、利用者満足度No.1を誇るエージェントに選ばれています。

転職活動に不慣れな人や、アピールできる強みを見つけられていない人は、一度「マイナビエージェント」の転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか。

マイナビエージェントの口コミ

納得のいく転職ができました

化学系技術職の転職で他の大手エージェントを利用していましたが、いまいち前職の知識や技術をわかってもらえず分野違いの企業ばかりを紹介されて困っていたため、大手かつ特化型サービスと銘打っているマイナビメーカーエージェントを利用しました。ミスマッチへの配慮を丁寧にしてくれたこと、転職活動の軸がぶれた時も親身に相談に乗っていただけたこと、多くの候補企業を提案してくれたことの3点が凄く良かったです。おかげで利用してから2ヶ月で無事に内定を取ることが出来ました。次に転職する時もぜひ利用したいと思っています。

引用元:みん評

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1を誇る日本最大級の転職エージェントです。転職エージェントサービスの中で、最も多くの非公開求人を抱えており、あらゆる業種を網羅しているため求職者一人ひとりにマッチした転職先を選定してくれます。

転職を検討している人にとって、最初に登録しておいて損のないエージェントでしょう。

リクルートエージェントの口コミ

オペレーションが的確でわかり安い

転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。

まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。

引用元:みん評

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント」は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に特化した転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが付き、転職で叶えたいことや将来のビジョンに沿って転職を支援してくれます。

また、求職者がより有利な条件で転職できるよう、年収交渉などのサポートもあります。

type転職エージェントの口コミ

カウンセリングが丁寧

type転職以外にも2社登録しています。type転職でカウンセリングを受けたのですが、自分が本当にやりたいことを一緒になって考えてもらえました。一人では気づかなかった部分やアドバイスをもらい、自分の強みとチャレンジしたい事を明確になったので自信につながりました。紹介してくれる求人は一週間で16件ぐらい。ちょっと少なめですがまずまずといった感じです。

引用元:みん評

doda

doda

doda」は、業界最大級の求人数が特徴の転職エージェントです。転職市場に精通したキャリアアドバイザーが、履歴書などの書類作成から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

また、未経験歓迎の求人から経験職まで幅広く取り扱っているので、自分にマッチした求人を紹介してくれるでしょう。

dodaの口コミ

すぐに希望通りの転職先を紹介してもらいました

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

引用:みん評

doda X

dodaX

doda X」は、ハイクラス層の転職をサポートする転職サービスです。基本的には、自分の職務経歴書を登録するとスカウトメールが届くのですが、自ら求人に応募することも可能です。

また、ハイクラス転職に精通したカウンセラーが、書類の見せ方や面接対策などのアドバイスをしてくれるのも大きなメリットといえます。

まとめ

いざ転職活動を始めるときに不安な気持ちになる人は多いでしょう。この記事では、20代が転職を考えたときに直面する7つの不安や、転職の不安を拭い去るためにやるべき6つのことについて解説しました。

20代が転職する際に抱えやすい不安には次の7つがあります。

20代が転職する際に抱えやすい不安
  • 働きやすい職場に転職できるかどうか
  • 自分のこれまでの経験やスキルが通用するのかどうか
  • 仕事内容が希望と合致するかどうか
  • 転職先でキャリアアップできるかどうか
  • 年収が下がらないか・待遇が悪くならないか
  • 新しい人間関係や社風に馴染めるのか
  • 今の仕事と転職活動を両立できるかどうか

そのような転職の不安を拭い去るためにやるべきことは以下の6つが挙げられます。

転職の不安を拭い去るためにやるべきこと
  • ネガティブな意見に左右され過ぎないようにする
  • 今抱えている不安を明確にする
  • なにできれば満足なのかを把握する
  • 少しでも興味があることにチャレンジしてみる
  • 20代で転職したことがある人の話を聞いてみる
  • 転職活動を実際に始めてみる

転職活動に不安があるのは、それなりの理由があるといえるでしょう。しかし、しっかりとした対策をすれば、不安は払拭できます。 ぜひ本記事を参考に、転職を成功させましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。