転職の面接で落ちまくる原因は?面接で評価されるポイントや対策について解説!

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

転職活動の面接で落ちまくり、なぜ何度も落ちてしまうのか理由もわからず、面接を受けることに自信をなくしている方は少なくありません。

ここでは、面接でおさえておくべき評価ポイントや対策について詳しく解説していきます。

面接に落ちてしまう理由を知り、改善方法がわかれば、採用される確率はぐんと高められるはずです。

目次

面接で落ちまくるときに考えるべきこと

転職の面接で落ちまくっているときは、「とにかく数多く受ければなんとかなる」などとは考えず、一度たちどまって、これまでの面接を振り返ってみましょう。

振り返るときに考えてほしいことについて、詳しく解説していきます。

まずは人格が否定されているわけではないことを知る

面接の落ちまくりを経験している方のなかには、「あなたはダメな人だから不採用」といわれたような、人格を否定されたような気持ちになってしまう方も少なくありません。

そのように感じている方は、捉え方を変える必要があります。

企業が採用する基準は、企業側が求めている人材と応募者が合致しているかどうかです。また、採用人数が限られているので、よい人材が多かった場合などは、残念ながら不採用となることもあります。

転職活動を恋愛にたとえてみると、わかりやすいかもしれません。人には、好きなタイプや条件といった好みがあるように、企業にも求める人材のタイプや条件があるのです。

あなた自身を否定しているわけではないので、自分はダメだと落ち込まないでください。その企業に合わなかっただけだと捉えてみてください。

一次面接で落ちる場合は第一印象やビジネスマナーを見直す

一次面接で落ちる場合は、改めて第一印象やビジネスマナーについて振り返ってみましょう。

自分の身だしなみは整っており、礼儀正しい振る舞いもできていると思っていても、無意識にNG行動をとっている場合もあります。

自分では気づいていないだけで、話し方に癖があったり、小さい声で元気がない印象をあたえたりしていることもあります。

二次面接で落ちる場合は自分の強みを伝えることにフォーカスする

二次面接の採用担当者は、求めている人材と応募者がどれだけ合致しているかを確認することが多いです。

そのため、自分のスキルや強みがいかに求める人材に合致しているかを、採用担当者にしっかり伝えることにフォーカスしてみてください。

自分の強みをアピールするために最適な話題を話せているか、またその内容は伝わりやすく話せているかを見直してみることが必要です。応募書類に書いたあなたの強みや志望動機を、面接担当者の前で、自分の言葉で伝えられるようにしておきましょう。

最終面接で落ちてしまう場合は、企業理解を深め入社意欲を明らかにする

最終面接まで進んで落ちてしまう方は、基本的なマナーがあり、仕事をするうえで必要なスキルや能力は認められていることになります。採用担当者に入社意欲が伝わりきっていないことが考えられます。

企業理解を深めて、入社意欲をうまくアピールできていたか、これまでの面接での自分自身の発言を振り返ってみてください。

最終面接では、企業の社風にあっているか、どのような価値観をもつ人物なのかを確認されることが多いです。また、中長期的な視点から、企業への貢献度が高い人物かどうかもみられます。

なぜ転職してまでその企業で働きたいのか、企業理解を深め、入社意欲が面接担当者に伝わる工夫をしてみましょう。そうすることで、採用率がぐんとあがるでしょう。

面接がうまくいかないよくある原因

この章では、転職の面接がうまくいかないよくある原因について、詳しく解説していきます。

原因として考えられるポイントは、3つあります。

  • 第一印象がよくない
  • 企業研究が不足している
  • 自己分析が不十分である

面接がうまくいかない原因に関連した、興味深いアンケート結果があります。ハローワークでは、企業からの採否通知で、不採用になった理由がわかることもあります。

下記のランキングは、ハローワーク布施及びハローワークプラザ 布施駅前が、平成24年1月から7月までの期間に企業から寄せられたコメントをもとに発表したものです。

「経験が少ない」「(経歴、希望など)適性があわない」「能力不足」は、自己分析と企業分析が不足していると考えられます。

また「態度が悪い」は、第一印象がよくないことに関係していると考えられます。この結果からも、面接がうまくいかないよくある原因のポイントは、上記の3つだとわかります。

引用元:不採用から学ぶ | ハローワーク布施

第一印象がよくない

面接でうまくいかないよくある原因のひとつ目に、第一印象がよくないことが挙げられます。

第一印象の重要性は、「メラビアンの法則」というアメリカの心理学者メラビアンが提唱した概念からもわかります。

これは、初対面の人の印象は、「視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%」の割合で決まるという考え方です。しかも、時間にすると3~5秒で印象は決まってしまうともいわれているのです。

ドアをノックし、面接会場に入室し、席にたどり着くまでのわずかな時間で、面接担当者のあなたへの第一印象はほとんど決まっているといっても過言ではないのです。第一印象がよくないのは、どのような要素が関連しているのか詳しくみていきましょう。

【参考記事】メラビアンの法則 | weblio 辞書

清潔感が感じられない

「清潔感」は第一印象を決める視覚情報の要素のひとつです。清潔感が感じられないと、面接で落ちまくってしまう原因になります。清潔感は第一印象に大きく影響する点であり、面接担当者はしっかりチェックしています。

すっきりとした髪型に整え、サイズが合った衣服を着用することで、面接担当者に清潔感のある印象をあたえられます。派手な色や柄のものも、避けるとよいでしょう。

【参考記事】面接対策・身だしなみのポイント | 厚生労働省

声が小さい、滑舌が悪い

小さい声で答えたり、滑舌悪く話したりしてしまうことも、面接落ちまくりの原因として考えられます。これは、聴覚情報であり、第一印象に影響する要素といえます。

普段からあまりハキハキ話さない方や、緊張してしまうと声が小さくなる方、自信がなくなると声が小さくなってしまう方など様々な方がいるでしょう。

思い当たる点がある方は、面接の練習や発声練習をすることで、対策は十分可能です。自分では気づいていない場合もあるので、模擬面接をして何度も練習することをおすすめします。

明るさが感じられない

明るさは表情、声の大きさやトーンで印象づけられます。視覚情報と聴覚情報どちらにも関係してくる、第一印象を決める要素です。

先ほど「メラビアンの法則」をご紹介しましたが、視覚と聴覚からの情報をあわせて93%で、その人の印象が決まってしまいます。たとえ暗い内容の話題でも、明るい笑顔と高めのトーンでハキハキ話すと、明るい話題に感じてしまうほどです。

笑顔で話すのが苦手な方も多いでしょう。口角をあげて笑顔をつくり、お腹から声をだしてハキハキと話す練習をしてみてください。そうすれば、面接担当者に明るい印象をあたえることができます。

質問の意図に沿わない答えをする

質問の意図に沿わない答えをすることも、面接がうまくいかない理由に挙げられます。言語情報も第一印象に影響する要素です。

相手にわかりやすく伝える能力があり、会話のキャッチボールがうまい人物かどうか、面接担当者はみています。

質問された内容をしっかり理解し、さらにはその質問の意図も推測できるとよいでしょう。

【参考記事】面接対策・身だしなみのポイント | 厚生労働省

企業研究が不足している

面接でうまくいかないよくある原因の二つ目として、企業研究が不足していることが挙げられます。「企業研究ができていないな」と面接担当者に思われてしまうと、面接に落ちてしまうのです。

ここでは、採用につながる「企業研究のポイント」について解説していきます。

志望の企業リサーチする

まずは、転職を志望する企業のリサーチをします。

企業のホームページには、その企業を知るうえで必要な情報が満載です。企業の基本情報からしっかりおさえていきましょう。

企業理念や事業内容などを確認し、どのようなビジネスを、どのような相手とおこなっているのかなど、あらゆる情報を確認しておきましょう。

また、その企業のホームページ全体を通して、感じたことや共感したこと、疑問に思ったことなどがあれば、何でもよいのでメモしておくと役立ちます。

業界のリサーチ・同業他社との比較する

次に、志望企業の業界全体のリサーチをします。

資本構成・事業規模・業態や取引先・販売先の違いについて、同業他社を比較していくことで、業界全体がみえてきます。また、業界の業績推移も比較するとよいでしょう。企業のホームページのIR情報をみるとより詳しく知ることができます。

業界全体をリサーチし、同業他社との比較をすることで、志望する企業がその業界内でどのような位置にいるのかを知ることができます。さらには、その企業で働きたい理由をアピールする材料もみつかるでしょう。

企業研究シートを、無料ダウンロードして活用することもおすすめです。情報をまとめやすく、比較もしやすいです。

これまでの経験を志望する企業や業界の中で活かせる事を見つける

企業研究と同時に、志望する企業や業界で活かせる自身の経験をみつけることも非常に重要です。

とくに転職の場合は、即戦力として活躍できる人材を求めていることも多いので、自身の経験がどれだけその企業に貢献できるかアピールしなければなりません。

企業研究はあらゆる側面からおこない、自身が培ってきたどのような経験が、志望する企業で活かせるのかもみつけられるようにしましょう。

必要なスキルを知り勉強する

企業研究をする際に、自分には足りないスキルや、未経験のスキルもみつけてみてください。

転職活動中に必要なスキルの勉強を始めてみることも、採用率を高めることにつながるでしょう。入社意欲があることを採用担当者アピールすることができます。

自己分析が不十分である

面接に落ちまくってしまうよくある原因として三つ目に考えられるのは、自己分析が不十分であることです。いくら企業研究を深められても、自身と合致する点がみつかっていなければ採用につながりません。

ここでは、自己分析のポイントについて詳しく解説します。

どうして転職したいと思ったのか

転職したいと思った理由をさらに追及していくことが、自己分析を深めるポイントです。

転職の面接で必ず聞かれるのが、転職理由です。転職したいと思った理由はひとつだけではない方も、多いのではないでしょうか。

まずは、思いつくままにその理由を書き出してみましょう。転職したいと思った理由に対して、「なぜ」を突き詰めていくと自分自身を知ることができます。

「やりたいことがあったから」という理由を例にだしてみましょう。「そのやりたいことは、なぜやりたいのか」さらに、「やりたいと思ったきっかけは」というように、なぜをつなげて自問自答してみてください。

そうすると、自分はどのような人物なのか自己分析ができます。

なぜこの企業を選んだのか

次の自己分析のポイントは、なぜこの企業を選んだのかを考えてみることです。志望動機を裏付ける具体的なエピソードがないかを、自問自答しながら振り返ってみてください。

どこの企業にも当てはまる理由だと、「それならうちではなく、他の企業で働いてもよいのでは」と思われ、不採用となってしまうこともあります。

企業研究した情報と合致していれば、説得力のある志望動機となります。面接担当者に入社意欲を感じてもらえるでしょう。

企業で活かせる自分の強み

自己分析の際に、自分の強みをみつけることも重要なポイントです。さらに、強みを裏付ける具体的なエピソードも思い出してみましょう。志望する企業に求められていることとその強みが合致すれば、あなたにしかない強みとしてアピールすることができます。

もし、強みがみつけにくいなら、弱みから自己分析することで、新たな発見があるかもしれません。たとえば、「なにをやっても中途半端で終わってしまう」という弱みは、「好奇心旺盛で新しい事にどんどんチャレンジできる」という強みになります。

また、「マルチタスクが苦手」という弱みは、「ひとつのこと一生懸命取り組め、集中力がある」という強みになります。面接に落ちまくらないためにも、自分の強みをできるだけ多くみつけてみましょう。

入社後の活躍・貢献できるイメージ

面接では、活躍できることや企業に貢献できることを話す場面もあります。面接担当者にうまく説明するためにも、自己分析が非常に重要です。

企業研究と自己分析を深めることができていれば、入社後の自分自身の姿を、具体的なビジョンと共に描けるでしょう。

もし、イメージしにくいなら、あなたはその企業とあわないのかもしれません。面接に落ちまくらないためにも、活躍できることや企業に貢献できることにも注目して、自己分析をしてみましょう。

面接担当者が評価するポイント

この章では、転職の面接で落ちまくっている方が知りたい、面接担当者が評価するポイントについて解説していきます。

ビジネスマナーは身についているか

ビジネスマナーが身についているか、社会人として信頼できる人物なのか、面接担当者はみています。前職で、いくら素晴らしい経験があっても、マナーが身についていないと信用してもらえないでしょう。

また、ビジネスに必要なコミュニケーション能力も同時にみられています。質問されたことに対して、きちんと受け答えができているかも評価されるポイントです。

転職の場合、社会人としてのマナーはできていると過信してしまいがちですが、改めて基本のビジネスマナーについて見直してみましょう。

任せたい仕事に見合った経験、スキルを持っているか

面接担当者は、任せたい仕事に見合った経験、スキルを持っているかも評価します。ただ自分の強みを伝えるだけでは、よい評価につながりません。

その強みが志望企業の求めるものと合致していなければ、面接担当者に評価されることはないでしょう。自己分析や企業研究が、どれだけできているかにかかっているといえます。

配属先の現場になじめそうか

キャリアやスキルなど仕事面だけでなく、人柄、雰囲気が現場になじめそうかも評価されます。いくらスキルがあり、一般的には好印象な応募者であっても、評価されないこともあります。

配属先の現場の雰囲気に合うかどうかは、現場で働く方にしかわかりません。そのような不一致もあることも知っておくとよいでしょう。

企業に貢献してくれる見込みがあるか

企業に貢献してくれる見込みがあるかどうかも、面接担当者が評価するポイントです。

「また転職してしまう心配はないか」「入社後にどのような仕事を任せられるか」「中長期的にどのように企業で働くイメージをもっているか」などを確認し、面接担当者は評価します。

単刀直入に、企業にどのように貢献できるかと質問される場合もあります。企業研究ができていることや入社意欲が強いことをアピールするチャンスなので、答えられる準備をしておきましょう。

目指す方向性が、自社の理念・ビジョンと一致しているか

目指す方向性が、自社の理念・ビジョンと一致しているかも、面接担当者は評価します。企業には、自社の理念・ビジョンがあります。

企業理念とは、その企業の価値観や、企業が存在している理由、また目的をあらわすものです。そして、ビジョンとは、未来にむけて何を実現していきたいか、企業理念とあわせて企業の目指す方向性をあらわすものです。

自分の価値観や理想に合っており、賛同できる内容であれば、理念・ビジョンと一致しているといえます。

賛同できない場合は、同じ方向を目指すことができず、お互いに不一致を感じてしまうことになるでしょう。

【参考記事】
企業理念とは | weblio辞典
ビジョンとは | weblio辞典

面接の通過率を高める対策

転職したいのに、面接で落ちまくって自信がなくなっている方に向けて、ここまでは面接落ちまくりの原因や面接担当者の評価ポイントについて詳しく解説してきました。

この章では、これらをふまえ面接の通過率を高める6つの対策をご紹介します。

身だしなみ・話し方・姿勢を改善する

転職の面接に落ちまくりで、自信がなくなっている場合、その気持ちが無意識に話し方や姿勢にあらわれやすいです。しっかり対策をして通過率を高めましょう。

身につけるものに共通していえるポイントは、「清潔感のあるもの・着慣れたもの・サイズが合っているもの・華美でないもの」です。着心地のよいものを選び、緊張を少しでも軽減することで気持ちに余裕がうまれるでしょう。

身だしなみが完璧でも、話し方や姿勢が悪いとよい印象をあたえることができませんので、聞き取りやすい話し方に気をつけ、姿勢にも気をつけることが重要です。

転職の目的を明確にし、志望動機に紐付ける

面接の通過率を高めるためには、転職の目的を明確にし、志望動機に紐付いているか見直すことも重要です。

転職のきっかけが、ポジティブな理由なら問題ありませんが、ネガティブな理由や不平不満は印象がよくありません。

嘘をつくのではなく、ポジティブな言い方に変えるとよいでしょう。あなたにしか語れないオリジナルのストーリーがあるはずです。

自分に合った企業を探す

面接の通過率を高める対策として、自分に合った企業探しができているか見直してみるとよいでしょう。

自分に合っていない企業に応募していると、いくら応募しても、面接に落ちまくってしまいます。もし、採用されても、企業とのミスマッチが起こり、自分自身がのちに後悔することになります。

企業研究で得た情報から、本当にその企業で自分の希望や夢が実現できるのか、現実的にイメージできるくらいに、自己分析と企業研究をおこなうとよいでしょう。

自身の経験、スキル、実績を棚卸しする

自身の経験、スキル、実績を棚卸しすることでも、面接の通過率を高めることができるでしょう。具体的な体験談や数字で表せる実績がないか、人生を振り返ってみましょう。

振り返るのは、社会人時代からではなく、子供時代から振り返りましょう。昔から得意だったことや好きだったこと、取り組んでいたことなど、できる限りの記憶を呼びおこしていきましょう。

自分では、まだ気づいていないだけで、活かすことができる経験や強みを思い出せるかもしれません。

「自分を採用することのメリット」を企業の視点で考えてみる

企業の視点で自分を採用するメリットは何かを考えてみることも、面接の通過率を高めるための対策になります。「自分が採用担当者なら…」と考えることで、客観的に自分をみることができます。

あなたが採用担当者なら、その伝えた内容を聞いて、働いている姿がイメージできるかどうか考えてみてください。

企業研究も自己分析も不十分だと、自分を採用することのメリットをうまく伝えることができず、すぐ面接担当者にばれてしまうでしょう。

面接の練習をきちんとしておく

転職の面接で落ちまくっている方は、一度初心にかえって面接の練習を念入りにおこなうことでも、面接の通過率をぐんと高められます。練習をきちんとしていると自信にもつながり、練習していない場合に比べて、余裕をもって挑むことができます。

話し方や姿勢の改善点を、自分自身でみつけるのは以外と難しいものです。面接担当者役を誰かにお願いしておこなう方法もありますが、鏡の前で練習したり、自分自身の姿を動画撮影したりして、客観的にみる方法がおすすめです。

そうすることで、より厳しい視点で自分自身を確認できます。話し方の癖や口癖、話すスピードなど、自分ではなかなか気づけない、無意識にしている行動をみつけて改善することができます。

応募書類に書いた内容を面接前に振り返っておく

面接通過率を高める対策として、面接の直前にできることもあります。それは、面接前に応募書類に書いた内容を見返すことです。

とくに複数の企業に応募している場合、志望動機や自己PRがそれぞれ違います。面接では、応募書類に書いたことを中心に、さらに掘り下げて質問されます。

混乱してしまうことがないよう、直前に見返しましょう。落ち着いて本番に挑むことができます。

面接でよく聞かれる質問例

この章では、転職の面接でよく聞かれる質問について確認していきます。答えるときに気をつけるポイントは、1分程度を目安に話すことです。

人が1分間に話せる文字数は300字程度で、300字程度あれば、簡潔に相手に伝えることが可能といわれています。それは、1分ほどでわかりやすくまとめられたニュースが、よく放送されていることからもわかります。

話す内容についてのポイントは、始めに結論となる簡潔な答えを述べ、そのあとに理由を述べることです。そうすることで、内容を整理して話しやすくなります。聞き手にも伝わりやすく、面接担当者の評価も高くなるでしょう。

自己紹介

自己紹介は、面接担当者の印象を左右する最初によくされる大事な時間です。

話す内容に気を取られず、明るい表情と聞き取りやすい声を意識して自己紹介をしましょう。

名前や前職と一緒に、自己PRや志望動機もあわせて求められることもよくあります。自己紹介では、あまり長々と話さず、簡単にポイントをおさえた内容で答えるようにしてください。

事前に、何パターンかの自己紹介を想定しておくと、本番で焦らず答えられるでしょう。

転職理由

転職の面接の場合、転職理由は必ず聞かれる質問です。前向きな印象をあたえる理由にして、説明するとよいでしょう。

たとえば「ブラック企業だったから」という理由なら、「前職では家族との時間をあまりもてなかったので、プライベートとのバランスがとりやすい仕事がしたい」という未来志向で前向きな説明に変えるのもひとつの方法です。

志望する企業がライフワークバランスを重視していれば、企業の考え方と合致しています。さらに仕事内容にも紐づけて、転職理由を詳しく説明していくとよいでしょう。

志望動機

志望動機も面接で必ず聞かれますから、必ず答えを用意しておきましょう。

もし理由が2つあるなら、2つあることを先に明言してから、それぞれの理由を簡潔に答えていくと相手に伝わりやすいです。

志望動機の最後には、入社して実現したいことを面接担当者にアピールすると、まとまりがよくなります。

熱く語りすぎて、話が長くならないように注意しましょう。

強みと弱み

強みと弱みについての質問も、面接でされることが多いです。面接担当者は、強みを聞くことで、どのように企業に貢献してくれる人物なのかをみています。

そして、弱みを聞くことで、自分の弱点を前向きに捉え、具体的にどう改善しようと考えるのか、問題解決力も同時に確認しています。

自分の強みや弱みは、それを裏付けるエピソードもしっかり説明する必要があります。そのため、1分で伝えることが難しいかもしれません。長くても、3分までにまとめるようにしましょう。

仕事での成功体験・失敗体験

仕事での成功体験や失敗体験も、よく聞かれます。実際の体験談を聞くことで、面接担当者は応募者が入社後に働いている姿をイメージできます。

転職の場合は、即戦力になる人材かどうかもみられています。

とくに失敗談の場合は、ただ失敗の話をして終わるのではなく、そのときの具体的な対応内容や反省点を次に活かせたエピソードなど、その失敗をどのように乗り越えたのかを伝えてみてください。

逆質問

逆質問は、面接の最後にされることがあります。逆質問は、自分に合っている企業かを再確認できる機会でもあるので、企業研究で気づいた疑問点や知りたいこと、働くうえでどうしても確認しておきたいことや、不安に思っていることがあれば質問してみましょう。

面接の最後で、自身の印象を悪くしてしまうことがないよう、慎重に質問を選ぶようにしてください。たとえば、待遇面の質問ばかりしたり、自分で調べればわかるような質問をしたりすることがないよう、気をつけましょう。

待遇面で、どうしても複数確認したいことがあれば、その質問をした理由も添えて聞くと、悪い印象をあたえずにすむでしょう。

また、具体的な仕事内容について質問すると、その企業で働きたい意欲を伝えられます。逆質問の時間は、最後のアピールチャンスにしましょう。

面接対策に強い転職エージェントに相談

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 382,338件
非公開求人数 334,322件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年4月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 111,434件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年4月15日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年4月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 71,822件(※1)
非公開求人数 14,493件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 241,469件
非公開求人数 37,762件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,998件
非公開求人数 17,698件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年4月15日時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

まとめ

転職活動の面接で落ちまくるを経験していると、どんどん自信をなくしてしまいます。

面接対策を万全にし、自信を取り戻しましょう。

そのためにも、面接担当者が評価するポイントをおさえた、下記の面接対策をおこなうようにしましょう。

転職活動の面接対策
  • 身だしなみ・話し方・姿勢を改善する
  • 転職の目的を明確にし、志望動機に紐付ける
  • 自分に合った企業を探す
  • 自身の経験、スキル、実績を棚卸しする
  • 「自分を採用することのメリット」を企業の視点で考えてみる
  • 面接の練習をきちんとしておく
  • 応募書類に書いた内容を面接前に振り返っておく

これらの対策は、「第一印象・企業研究・自己分析」の見直しをしっかりおこなうことで可能です。面接の苦手意識を克服することができ、自信をもって面接に臨むことができるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。