求人や仕事の探し方がわからない場合の対処法|見つけ方のコツを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

初めて転職活動や就職活動をする方は、どこから求人を見つけてくるのかから悩みどころですよね。一般的に求人を探す方法として、次の6つの方法があります。

求人を探す方法
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 求人情報誌
  • 企業の採用情報
  • ハローワーク
  • 知人・友人の紹介

本記事では、これらの求人の探し方の特徴やメリット・デメリットをご紹介します。また、年代や立場による求人の探し方の特徴やおすすめ媒体などもご紹介しますので、ご自身の状況に当てはめて自分に合った求人の探し方を取り入れてみてください。

効率的な求人探しができるようになれば、転職活動もラクに進みますし、思った以上に好条件の求人も見つかりやすくもなります。良い転職・就職活動の第一歩として、適切な求人の探し方を知っておきましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

求人・仕事の効果的な探し方6

転職活動は、多くの選択肢と情報を得られるほど有利になります。よって、どのようにして適切な求人を見つけてくるかが大事になります。

求人の主な探し方として、次の6つの方法があります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 求人情報誌
  • 企業の採用情報
  • ハローワーク
  • 知人・友人の紹介

まずは、それぞれの求人の探し方の特徴とメリット・デメリットについてご説明します。

転職サイト

求人探しといえば、まずは転職サイトの利用を考える人が多いでしょう。職種や地域などで求人を検索するだけでいくつもの転職サイトは出てきますし、登録なしで簡単に求人が観覧できる点も魅力です。

転職サイトのメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
気軽に使える
幅広い求人が観覧できる
転職に関する情報集もできる
求人の質にばらつきがある
求人探しに労力がかかる
良い求人の見逃しが起きる

転職サイトで求人を探すメリット

転職サイトを利用する最大のメリットは、幅広い業界や職種の求人情報にアクセスできることです。

大手企業から中小企業、スタートアップまで、多様な求人が掲載されています。

また、サイトによっては、自己分析ツールや給与計算機、企業の評判や口コミ情報など、転職活動に役立つ様々な機能が備わっています。さらに、オンライン上で簡単に応募できるため、時間や場所を選ばずに求人探しをおこなうことができます。

転職サイトで求人を探すデメリット

転職サイトのデメリットとしては、求人情報の質のばらつきがあることが挙げられます。

中には情報が不明確な求人や、実際の仕事内容と異なる場合もあるため、応募前には企業研究を徹底する必要があります。

また、転職サイトには多数の求人が掲載されているため、希望条件に合った求人を見つけるためには時間と労力が必要です。さらに、一部の求人が非公開であるため、サイトだけでは見逃してしまう良い求人も存在することを念頭に置く必要があります。

転職エージェント

転職エージェントは、登録して転職アドバイザーとヒアリングをすることで、あなたに合った求人を紹介してくれる転職支援サービスです。利用中は面接対応等の転職サポートが受けられる点も魅力です。

転職エージェントのメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
担当者がサポートしてくれる
書類添削や面接対応をしてくれる
条件が良い非公開求人が多い
担当者によってサービスの質が違う
連絡が煩わしい
採用までに時間がかかりやすい

転職エージェントで求人を探すメリット

転職エージェントの最大のメリットは、専門のキャリアアドバイザーが個々の転職活動をサポートしてくれることです。

キャリアアドバイザーは、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、条件交渉などをおこない、転職活動を効率的に進めることができます。

また、非公開求人を含む豊富な求人情報にアクセスできるため、一般には公開されていない魅力的な職場を見つけることが可能です。

転職エージェントで求人を探すデメリット

一方で、転職エージェントのデメリットとしては、担当者によってサービスの質が異なることがあります。

また、担当者の中には、自分の成績を上げるために、本人の希望とは異なる求人を推薦する場合もあり得ます。

さらに、転職エージェントを介することで、求人応募のプロセスが複雑化する可能性もあります。

担当者との連絡に煩わしさを感じてしまう人もいるため、マイペースに転職活動をしたい人には不向きです。

求人情報誌

求人情報誌は、地域や業界ごとに発行されている特定の分野に特化した求人掲載媒体で、コンビニや書店で最新版を購入できます。求人探しもネットが主流になってきましたが、地域密着の仕事やその業界でしか知られていないような企業は、求人情報誌にしか求人を出していないケースもあります。

求人情報誌のメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
特定の地域や職種の求人に強い
企業の特集が組まれていることも多い
最新求人に絞ることができる
求人の幅が狭い
急いで働きたい場合に不向き

求人情報誌で求人を探すメリット

求人情報誌のメリットは、地元密着型の求人や特定の職種に特化した求人が見つかることです。

また、情報誌ならではの詳細な企業紹介や職場の雰囲気を伝える記事が掲載されており、企業の実態を知る手がかりになります。

手に取って閲覧できるため、オンラインでの求人探しに疲れたときにも便利です。さらに、定期的に発行されることで、最新の求人情報を逃さずチェックすることが可能です。

求人情報誌で求人を探すデメリット

一方で、求人情報誌のデメリットとしては、全国的な求人よりも地域限定の求人が多いため、広範囲の求人情報を得るには適していない場合があります。

また、情報の更新頻度が月刊や週刊など、出版サイクルによって異なるため、緊急性が高い求人探しには不向きです。さらに、最近はオンラインの求人情報が主流となっているため、情報誌の求人は限られていることもあります。

企業の採用情報

すでに気になる企業がある場合、その企業の公式サイトを訪れることで、採用情報などのページを見つけられることがあります。

企業の採用情報で求人を探すメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
特定企業の詳細が知れる
仲介手数料がかからないことで、採用されやすくなることがある
情報が企業側の視点に偏っている
たくさんの求人を探す方法には向かない

企業の採用情報で求人を探すメリット

企業の採用情報ページを利用する最大のメリットは、その企業に関する最新かつ詳細な情報が直接得られることです。

企業の文化や勤務条件、職場の雰囲気など、他の求人媒体では得られない情報を手に入れることが可能です。

また、直接応募することで、中間マージンが発生せず、企業側が採用に積極的になってくれるケースがあります。

企業の採用情報で求人を探すデメリット

企業の採用情報ページのデメリットとしては、情報が企業側の視点に偏っている可能性があることです。

また、求人情報が限られた企業のみに集中しているため、多様な選択肢を比較検討するには、複数の企業サイトを巡る必要があります。

ハローワーク

求人探しと言えば、昔からハローワークで探す方法もありますね。求人探しに困った場合には最寄りのハローワークを訪れてみても良いでしょう。

ただ、近年では転職エージェントという同様のサービスが出てきており、求人やサービスの質も民間サービスの方が高いことも多いです。

ハローワークでは、雇用保険の失業手当や職業訓練校の窓口にもなっているため、手続きついでに求人を紹介してもらっても良いかもしれません。

ハローワークで求人を探すメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
地域密着の求人を見つけやすい
担当者からサポートを受けられる
未経験求人が多い
失業手当や職業訓練の手続きも同時に受けられる
情報量が少ない
採用コストをかけたくない企業求人ばかり
採用まで長くなりやすい

ハローワークで求人を探すメリット

ハローワークを利用する最大のメリットは、地域密着型の求人情報が豊富であることです。

また、ハローワークにはキャリアアドバイザーが常駐しており、職業相談や履歴書の書き方、面接対策など、転職活動に関するサポートを受けることができます。

さらに、未経験から挑戦できる求人や、中小企業の隠れた優良求人など、他の求人サイトにはない情報も見つかる可能性があります。

ハローワークは失業手当や職業訓練校の窓口にもなっていますので、手続きついでに求人を探すこともできます。

ハローワークで求人を探すデメリット

一方で、ハローワークのデメリットとしては、求人情報の更新頻度や情報量が転職サイトに比べて限られている点が挙げられます。

また、大手企業や外資系企業の求人が少ない傾向にあり、特定の業界や職種に特化した求人を探す場合には不向きかもしれません。

さらに、応募から内定までの流れが比較的長期にわたることもあるため、スピーディな転職を望む方には不便を感じるかもしれません。

友人・知人の紹介

働きたい企業や職種がある場合、すでにそこで働いている知人から紹介してもらう方法もあります。「リファラル採用」と言って、企業側も紹介からの採用に力を入れているとことも少なくありません。

知人から紹介してもらうメリット・デメリットをまとめると次のような特徴があります。

メリットデメリット
情報が信頼できる
企業内の詳細まで聞くことができる
入社後もスムーズに進みやすい
求人の種類に偏りがある
自分の経歴やスキルと一致するとは限らない
紹介されたあとは断りにくい

友人・知人の紹介で求人を探すメリット

友人や知人の紹介で求人を探す最大のメリットは、信頼できる情報源から直接的な情報を得られる点です。

友人や知人からの紹介は、企業の内部情報や職場の雰囲気、実際の仕事内容など、公開されていない詳細な情報を提供してくれることがあります。

また、既に企業内に知人がいる場合、入社後の人間関係の構築もスムーズに進む可能性があります。

友人・知人の紹介で求人を探すデメリット

一方で、友人・知人の紹介にはデメリットもあります。紹介された求人が自分のキャリアや興味と合わない場合、断ることが難しくなる場合があります。

また、紹介による就職がうまくいかなかった場合、その関係に悪影響を及ぼすリスクも考えられます。さらに、紹介に頼りすぎると、自分自身で市場を広く見渡す機会を失う可能性もあります。

タイプ・状況別|求人の探し方

ここまで6つの代表的な求人の探し方をご紹介しましたが、それでもどの方法が良いのか悩んでしまう人も多いでしょう。

こちらの項目では、転職や就職をしようとしている人のタイプに応じて、どのような求人の探し方がおすすめなのかをご紹介します。

新卒が求人を探す場合

新卒の場合、大学のキャリアセンターや企業説明会、合同企業説明会などを利用することが有効です。

これらの場では、多くの企業が一堂に会し、直接企業の担当者と話す機会を得ることができます。

また、新卒特有の就職支援サービスも利用すると良いでしょう。

≪おすすめの求人の探し方≫
  • 大学のキャリアセンター
  • 企業の採用情報
  • 新卒向け転職支援サービス

第二新卒・20代が求人を探す場合

第二新卒や20代の転職では、自分のキャリアを形成するためにも、より広い視野で求人を探すことが重要です。

転職サイトや転職エージェントの利用はもちろん、業界や職種に特化したセミナーやネットワーキングイベントに参加することで、新しい可能性を見出すことができます。

≪おすすめの求人の探し方≫
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 第二新卒向け転職支援サービス

30代・40代が求人を探す場合

30代・40代の転職では、これまでの経験を活かす求人を探すことが重要です。

この年齢層では、キャリアの蓄積が大きな強みとなるため、専門性を活かせるポジションや管理職クラスの求人を狙うのが良いでしょう。

また、自分の業界内でのネットワーキングや、以前の同僚や上司からの情報収集も効果的です。転職エージェントの利用も有効で、キャリアアドバイザーと相談しながら、自分に合った求人を見つけることができます。

≪おすすめの求人の探し方≫
  • 業界特化の転職支援サービス
  • ハイクラス向け転職支援サービス

フリーター・主婦が求人を探す場合

フリーターや主婦の場合、正社員へのステップアップやブランクからの復帰を目指すことが多いです。

この場合、パートやアルバイトから始めて、徐々にキャリアを積んでいく方法が有効です。

また、職業訓練学校や資格取得の支援などを利用してスキルアップを図るのも良い選択肢です。ハローワークや求人サイトなどで、未経験から始められる職種を探すことも重要です。

≪おすすめの求人の探し方≫
  • 転職サイト
  • 求人情報誌
  • ハローワーク

長期間のブランクありの方が求人を探す場合

長期間のブランクがある方は、まずはそのブランクをどのように説明するかを考えることが大切です。

自己分析をおこない、ブランク期間中に得た経験やスキルを明確にすることで、面接時の不安を減らすことができます。

また、ブランクに理解のある企業を狙うために、転職サイトやエージェントを活用して、柔軟な働き方を提供する企業を見つけることが効果的です。

育児が落ち着いて復帰する場合などは、元同僚などの知人に近況を聞いてみても良いでしょう。

≪おすすめの求人の探し方≫
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 求人情報誌
  • ハローワーク
  • 知人の紹介
1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

どのような職業に就きたいかわからない場合の対処法

いくら求人の探し方を知ったとしても、自分が何をしたいのかがよくわかっていないと、納得できる転職にしていくことが難しいです。

求人を探す以前に、「仕事で何をしたい」のかがわかっていない方も多いことでしょう。こちらの項目では、どのような職業に就きたいかわからない場合の対処法についてご説明します。

転職の目的を明確にする

転職を考える際、明確な目的を持つことが成功の鍵です。

キャリアアップを目指すのか、給与アップを求めるのか、ワークライフバランスを重視するのか、目的に応じて求人の探し方が変わります。

得意なこと・好きなことに関連する仕事を探してみる

自分の得意なことや好きなことに関連する仕事を探すことも、適職を見つける上で有効です。

趣味や特技、過去の成功体験などから、自分が活躍できる分野を探ることで、やりがいのある仕事に就くことができるでしょう。

仕事で譲れないことを明確にする

仕事探しにおいて、自分が妥協できないポイントを明確にしておくことは、不満の少ない職場選びにつながります。

たとえば勤務地、勤務時間、給与など、自分にとって重要な条件を事前に整理しておくことが重要です。

業界研究・企業研究をして様々な仕事を知る

様々な業界や企業について研究することは、自分がどのような仕事に興味を持っているか、どの業界が自分に合っているかを理解するのに役立ちます。

業界の動向、企業文化、職種の特徴などを調べることで、自分のキャリアビジョンをより明確にすることができます。

仕事にしたくない職業を明確にする

自分が何をしたくないのかを知ることは、何をしたいのかを見つける上で重要です。

過去の経験や自分の価値観を基に、嫌だと感じる職業の特徴を洗い出すことで、適職を見つける手がかりになります。

キャリアの棚卸しをして自分の強みを知る

自分のこれまでのキャリア経歴を振り返り、自分の強みや経験を明確にすることは、適職を見つけるために非常に重要です。自己分析を通して、どのような仕事で成果を上げたか、どのような環境で活躍できたかを理解することで、自分に合った求人を見つけやすくなります。

これらの自己分析は、自分でノートに書き出す方法もありますが、転職サービスを効果的に使うことができます。転職サイトであれば、自己診断ツールが用意されていることも多いので、いくつかの質問に答えるだけで向いている仕事や働き方などを候補に挙げてくれます。

転職エージェントに登録すれば、担当者とヒアリングをおこない、あなたの経歴や考えに合った求人を紹介してくれるようになります。

ビズリーチ

ビズリーチ」などのスカウト機能がついた転職支援サービスでは、あなたの経歴等を入力することで、あなたに関心を持った企業から直接スカウトが届きます。

いずれも無料で使えて、求人探しの前に利用できますので、ぜひ使えるサービスをフル活用しましょう。

求人の探し方についてよくある質問

求人の探し方に関する内容は以上になりますが、最後に求人を探す上で多くの人が疑問に思いやすい内容に関しての回答を用意しました。

地方求人の探し方はありますか?

地方の求人を探す際には、地域密着型の求人サイトやハローワークの利用が有効です。また、地方の企業は地元の雇用を重視していることが多いので、地域のイベントやネットワーキングを通じて情報を収集するのも良い方法です。

≪おすすめの探し方≫
  • 地域密着の転職サイト
  • 地域密着の転職エージェント
  • 求人情報誌
  • ハローワーク
  • 知人の紹介

ハローワークはブラック求人が多いって本当?

ハローワークで求人を出す際、他の媒体よりもかなりコストを抑えて求人が出せます。企業側が人材に対してあまりお金をかけたくないケースも多いため、労働条件があまり良くない求人も出てきやすいことは考えられるでしょう。

また、ハローワーク利用者も未経験者やブランクがある方、年齢が上がって転職しにくくなった方など、転職市場で不利な方も多いため、条件が良い求人があまり出されていない傾向にあります。

ただし、ハローワークには多種多様な求人があり、地域によっても傾向が違います。必ずしもブラック企業の求人が多いわけではありません。

どの求人サービスにも言えることですが、求人を選ぶ際には企業研究を徹底し、面接時に職場の環境や労働条件についてしっかりと確認することが重要です。

仕事探しに悩んだ時に一番おすすめの方法は?

仕事探しに悩んだ時は、転職エージェントの利用をおすすめします。専門のキャリアアドバイザーが一人ひとりの状況に合わせたアドバイスを提供してくれるため、効率的かつ効果的に求人探しを進めることができます。自己分析やキャリアプランの立案にも役立ちます。

また、自分の経歴を入力することで企業からスカウトメールが届く、「ビズリーチ」などのスカウトサービスもおすすめです。

まとめ

転職市場は多様な選択肢があり、自分に合った求人の探し方を見つけることが成功への鍵です。この記事では、ハローワークから転職エージェント、友人の紹介まで、様々な求人探しの方法とその特徴を紹介しました。

自分の状況やニーズに合わせて適切な方法を選択し、効果的に転職活動を進めることが重要です。また、自己分析や業界研究を通じて、自分に合った職業や企業を見つける努力も欠かせません。

転職は単なる仕事の変更ではなく、自分自身の成長とキャリアの発展に繋がる大きな一歩です。

この記事が、あなたの転職活動において有益な情報を提供し、成功への道を照らす一助となれば幸いです。転職活動は時に困難ですが、計画的に進め、自分の目的と価値観に合った職場を見つけることで、キャリアの新たなステージが開けます。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。