20代の転職は厳しい?成功する9つのコツや未経験から挑戦できる職種も紹介

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

20代は社会人経験が短い人もいれば、5年以上働いている人もいるでしょう。

そのなかでも、勤務歴が短いことや、転職回数が多いと感じる場合、転職は厳しいのか不安に感じるものです。

本記事では20代の転職は厳しいのか、厳しいと感じる人の特徴について解説します。

転職活動に役立つおすすめの転職エージェントや、未経験の職種に挑戦したい人におすすめの職種も紹介しますので、転職を検討している人はチェックしてみてください。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

目次

20代の転職は厳しいと言われる4つの理由

まず「20代の転職は厳しい」と言われる理由を解説していきます。

転職の難易度は、20代前半と後半で異なる部分があります。

ひとつずつ見ていきましょう。

20代前半と20代後半で求められることが違うから

20代の前半と後半では、企業に求められることが違います。

20代の前半と後半で企業に求められることの違い
  • 20代前半:まだ社会人経験が浅いためポテンシャルを重視
  • 20代後半:スキルや実績を期待される

将来性を買われる20代前半と、即戦力に重きを置かれる20代後半では、やはり20代後半の方が転職の難易度がやや高いです。

この格差に気づいて「20代の転職が厳しい」という方もいます。

20代前半は在籍期間が短いから

20代前半の転職の場合、大卒であれば社会人経験は3年未満です。

在籍期間が短いと、以下のようなネガティブなイメージを採用担当者に与えてしまう可能性があります。

在籍期間が短い方の印象
  • 適応力が低い
  • 定着力がない
  • すぐに辞めてしまいそう
  • スキル・経験が不足している

このようにネガティブなイメージをもたれることがあるため「20代前半の転職は厳しい」と言われることがあります。

20代前半で無事に転職する方法は、20代が転職に成功する9つの方法で解説しているので、このまま読み進めてみてください。

20代後半はスキルの差が出てくるから

20代後半になると、同年代でスキルの差が明確になってきます。

20代後半のスキルの差
  • 営業実績で差がある
  • 保有資格に差がある
  • プログラミングスキルに差がある

スキルが不足していると、他の候補者と比較されて採用されにくくなるでしょう。

そのため「20代の転職は厳しい」という方もいます。

以下の記事では、20代後半ならではの転職術を解説しています。

20代後半の転職を成功させたい方は、読んでみてください。

関連記事:20代後半は転職厳しい?20代前半との違いや転職ポイントも合わせて解説

転職する人が多く採用倍率が上がるから

以下は、厚生労働省が調査した年代ごとの転職率です。

この結果から、20代の転職者が他の年代よりも多いことがわかります。

年代平均転職入職率
20代14.7%
30代10.5%
40代7.7%
50代6.9%
【参考記事】厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概況より算出

転職者が多ければ求人に対して多くの応募者が集まるため、採用されにくいことがあるでしょう。

20代が転職しやすい5つの理由

「20代の転職は厳しい」と言われることもありますが、20代は転職しやすい面もあります。

理由は以下の5つです。

こちらもひとつずつ解説していきます。

人手不足だから

現代は人手不足の状況が続いているため、20代は転職しやすいです。

厚生労働省が発表した令和6年3月の有効求人倍率は「1.28倍」です。

【参考記事】厚生労働省|一般職業紹介状況(令和6年3月分及び令和5年度分)について

求職者一人に対して、1.28件の求人がある状態なので、人手不足の状態を表しています。

企業は、採用するなら体力と気力がある若手を採用したいと考えるため、20代の転職は有利です。

育成しやすいから

20代は育成しやすいため、採用されやすい傾向です。

育成しやすい理由
  • 吸収力があるから
  • モチベーションが高いから
  • 仕事のこだわりが少なく、企業文化を吸収してくれるから

30代や40代になると信念やプライドが出てくるため、企業側は「育成しにくい」を感じることがあります。

そのため、若くて育成しやすい20代は転職に有利です。

長期的な活躍を期待できるから

20代は長期的な活躍を期待できるので、採用したい企業が多いです。

企業が長く活躍できる人材を探しているのには、以下のような理由があります。

企業が長く活躍できる人材を探している理由
  • 安定した労働力を確保したい
  • 将来のリーダーを育成したい
  • 実力を伸ばして生産性を高めたい

20代はこれらの条件を満たせるため、転職しやすいです。

基礎的なスキルが身についているから

新卒ではない20代は、社会人に必要な基本的なスキルを身につけている方が多いです。

基本的なビジネススキル
  • 簡単なPCスキル
  • タスク管理スキル
  • チームに溶け込む能力
  • コミュニケーション能力など

一から教育する手間を省けるのは企業にメリットがあるため、20代は採用されやすいです。

未経験の仕事でも順応しやすいから

20代は未経験の仕事でも順応できるため、採用されやすいです。

新しいことを吸収できるスピードも早く、仕事に慣れるのも早いでしょう。

20代が未経験の仕事でも順応できる理由
  • 業務ソフトをすぐ使えるようになる
  • 接客マニュアルを早めに習得する
  • 新しい人間関係に順応するのが早い

そのため、20代は未経験職種にも転職できるチャンスがあります。

後述しますが、未経験の職種に転職したいなら、20代のうちに挑戦しましょう。

20代で転職が厳しい人の特徴

転職に有利な20代の人でも、厳しい結果になる場合があります。転職活動では応募書類の作成や面接対策などの準備が必要ですが、落ちてしまえば最初からやり直しです。

失敗するリスクを避けるためにも、20代で転職が厳しい人の特徴について理解しておきましょう。

転職回数が多い

20代とはいえ、転職回数が多い人は企業にマイナスな印象を与えます。仕事が長続きしない人は、ほかのことも長続きしないと思われてしまうのです。

ストレス耐性がない、良好な人間関係を作れない、と捉えられることもあり、責任感のない人材と判断されることも。そのため、早期離職を懸念されて採用を見送られることになります。

30代以降の場合3回以上の転職があっても、転職理由が実績やスキルを身に付けることであれば、回数が多くても問題にならないことがあります。

しかし、20代で3回以上の転職は十分なスキルが身に付いていないと判断され、教育をする手間が増えることもあり、採用するメリットが少ないと企業は考えます。

しかし、納得のいく理由があれば採用が不利になることはありません。企業の倒産や家族の介護など、自分の力ではどうしようもない理由があるのなら企業に明確に伝えましょう。

自己分析ができていない

自己分析ではこれまでの経験から自分の長所や短所、今後目指したい方向性などを見出します。

20代前半ではポテンシャル採用が期待できるため、企業の求めるスキルとマッチしていなくても採用される可能性はあります。

しかし、自己分析ができていないと自分のやりたいことが明確ではないため、転職先選びを間違ってしまう可能性があります。

20代後半の場合では、応募企業でどのように自分のスキルが活かせるのか伝えなければいけません。

自己分析ができていれば企業で活かせるスキルをアピールできますが、十分にできていないと的外れなスキルをアピールする恐れがあります。

応募先の研究不足

20代でも転職が厳しい人は、応募企業の研究不足が原因のケースがあります。

企業を調べていない場合、求められているニーズが理解できていないため、志望動機や自己PRを企業に評価されない可能性が高いです。また、面接時の回答でも企業調査ができていないことは伝わるので、採用側に良い印象を持たれません。

入社できたとしても「思っていた仕事内容と違った」「企業理念や社風と合わない」などのミスマッチが起こるリスクがあります。

転職が厳しくなるだけでなく失敗する可能性が高くなるので、企業の情報収集に力を入れることは重要です。

また、応募企業がブラック企業ではないとは言い切れないため、企業のホームページだけでなく、口コミサイトもチェックしておきましょう。

年収アップにこだわりすぎている

年収アップにこだわりすぎると、転職が難しくなります。

20代は以下の理由で、年収アップのハードルが高いからです。

20代が年収アップのハードルが高い理由
  • 経験年数が短いから
  • アピールできる実績が少ないから
  • 習得しているスキルが少ないから

よほど大きな成果を挙げているなら年収アップできることもありますが、そうでなければ転職で年収を上げるのは難しいでしょう。

「転職後に実績を作って年収アップする」という姿勢の方が、採用されやすいです。

結婚と出産を控えている女性

結婚と出産を控えている女性の採用を渋る企業もあります。

「すぐに産休・育休に入ってしまうのでは?」と懸念されるからです。

今後ライフステージが変わる可能性のある女性は、産休・育休に理解のある企業を選ぶと良いでしょう。

女性向けの転職エージェントも利用して、理解のある企業を探してみてください。

関連記事:20代女性におすすめの転職サイト10社比較|前半後半別・未経験向けなど網羅して解説!

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

企業が20代に求める4つのスキル

転職活動では、企業が求めるスキルをアピールする必要があります。

企業が20代に求めるスキルを紹介していくので、応募書類作成や面接時のアピールに役立ててください。

ポテンシャルの高さ

20代に求めるスキルとして、ポテンシャルの高さが挙げられます。

ポテンシャルが高い人材は、企業に貢献できる、伸びしろがあると期待されます。20代前半だけでなく、20代後半でも若い人材と考える企業はあるので、ポテンシャルの高さでスキルや実績不足を補えることがあります。

企業はポテンシャルが高いかどうか判断するために、応募書類や面接時に以下のポイントに注目しています。

  • 仕事への意欲
  • 自ら学ぶ姿勢
  • 成長意欲の高さ
  • コミュニケーションスキル
  • 基本的なビジネスマナー
  • 目的意識があるか
  • 明確なキャリアプラン
  • 組織に適応する力

ポテンシャルを重視している企業は、経験やスキルが足りない求職者でも採用される可能性が十分にあります。

未経験を前提として考えている企業も多いため、教育や研修に時間を割いてくれるケースもあるでしょう。

即戦力

即戦力は、特に20代後半に求められるスキルです。20代後半になると5~7年ほどの社会人経験がある人も多く、企業は専門的な知識やスキルを期待します。

即戦力のある人材だと判断されると、入社後すぐ企業に利益をもたらすと判断されるため、採用につながりやすいです。

また、高いスキルがあれば、教育をしなくても仕事を任せられるメリットがあります。すぐに仕事内容を理解して実績を出してくれる人材は、どの企業も欲しいと考えるでしょう。

即戦力を求める企業は、入社後に研修や教育にかける時間が少ない傾向があります。

スキルや実績がある人であれば問題ありませんが、自信がない人が入社すると失敗する可能性があるため注意が必要です。

20代後半でスキルや実績がないと転職に不利になるため、自己分析から自分の強みや魅力を把握してアピールできるように準備しておきましょう。

適応力

20代は企業のなかでも若手と呼ばれる人材です。

周りの社員は年上が多いこともあり、適応力や柔軟性を求める企業が多いです。適応力がある人は新しい環境でもスムーズに適応できるため、転職後の活躍をイメージしやすいのです。

また、転職後は転職先に合わせた方法で仕事を進めていく必要があります。適応力が高いと早く慣れてくれると期待されるため、企業へのアピールに有効です。

ほかにも、以下の特徴があると適応力があると判断されやすいです。

  • 課題に柔軟に対処できる
  • 臨機応変な対応が得意
  • さまざまな意見を取り入れることができる
  • 視野が広い
  • ポジティブ
  • チャレンジ精神がある

20代前半・後半に関係なくアピールできるスキルともいえるため、アピールする強みに迷っている人は参考にしてください。

リーダーシップ

リーダーシップがある20代を求める企業は多いです。

将来のリーダーやマネージャー候補になりうるからです。

学生時代や前職でリーダー経験がある方は、採用担当者に積極的にアピールしていきましょう。経験の中で納めた功績があれば、より説得力が増します。

リーダーシップをアピールする例
  • 野球部の部長を務めチームをまとめて県大会優勝に導いた
  • 大学でボランティアサークルの代表を務めて活動が評価された
  • 前職で企画チームのリーダーを任され商品開発できた

面接では具体的なエピソードを交えて、リーダーシップをアピールしてみてください。

20代で転職に成功した人の体験談

ここからは、20代で転職に成功した二人の体験談を紹介します。

20代の転職のイメージにしてみてください。

20代後半で事務職に転職した女性の体験談

Aさん

メディア関係の会社に勤めていたAさんは、過酷な労働環境に悩んでいました。
毎月の残業時間が長く、この仕事をずっと続けていくのはムリだ…
と感じていたそうです。

ただ、忙しくて転職活動を始められなかったので、Aさんは転職エージェントを利用することにしました。

Aさんが仕事中も担当者が転職活動を進めてくれるため、なんとか転職活動を始めることができました。

事務職を希望していたAさんは、転職エージェントから紹介された事務の求人にいくつか応募し、うち一社から無事に内定をもらえました。

Aさんは、現在もその会社で事務職として働いています。

あのまま過酷な環境で働いていたら、体を壊していたかもしれません。

20代のうちに転職活動を始めてよかったです。
と言っています。

くりかえしですが、20代は転職しやすいです。

転職を考えている方は、早めに転職活動を始めましょう。

工場勤務からIT企業に転職した男性の体験談

Bさん

Bさんは、高校卒業後に地元の工場に就職しました。

就職するときは工場以外は考えていなかったそうですが、社会人になって世の中が見えてくると「他の仕事をしたい」と思うようになったそうです。

特に、今後も成長しそうなIT業界に興味をもったそうですが、
ITのことを知らない自分が転職できるのかな…?
と不安を感じていました。

そんなとき、転職サイトで「未経験者OK」のIT求人を見つけたので、思い切って応募してみたそうです。

幸い研修制度が整っているIT企業だったため、本当に未経験でも転職することができました。

転職後はプログラミングから始めて、その後はシステムエンジニアのサポートをするまでになりました。

Bさんは、
あのとき思い切って転職してよかったです。
未経験でも転職できるのは、20代の強みだと思います。


と言っています。

このように、未経験職種に転職を考える方は、20代のうちに転職活動を始めてみてください。

20代が転職に成功する9つの方法

ここからは、20代で転職に成功する方法を9つ紹介します。

転職に失敗すると職歴に傷がつき、次の転職活動で不利になる恐れがあります。失敗しないためには、成功する方法を理解して行動に移しましょう。

転職理由を明確にする

20代で転職に成功するには、転職理由を明確にする必要があります。転職の目的が明確でないと、転職しても再び同じ悩みを抱えてしまう恐れがあります。

何のために転職をするのか、転職することで自分はどうなりたいのかを明確にして転職活動をおこなうことが重要です。転職活動の軸をはっきりさせると、転職先選びに迷いがなくなり、自己PRや志望動機にも説得力が増すようになります。

転職目的を明確にするには、転職を考えたきっかけを掘り下げてみましょう。なぜ仕事を辞めたいと思ったのかを考え、具体的な理由を掘り下げていくと、本当に自分のしたいことが見えてきます。

そのとき、現職を辞めたいことが目的になっていないか考えてみてください。

現職を辞めることが目的の場合は、具体的な目的がない転職になるため、次の職場でも早期離職する可能性があります。

自分がどのような仕事をしたいのか、キャリアを積んでいきたいのかについて冷静に見つめなおしてみましょう。

転職先に求める条件の優先順位をつける

転職の目的が明確になったら、転職先に求める条件をいくつか考えてみましょう。自分の条件すべてを満たす職場はないため、優先順位をつけていきます。

企業に求める条件については、以下を参考にしてください。

  • 経験を積める
  • 資格を活かせる
  • 転勤がない
  • 残業が少ない
  • 時短勤務可能
  • 土日祝日が休み
  • リモートワーク可能
  • 正社員
  • 上場企業
  • 年収400万円以上
  • ノルマがない
  • 福利厚生が充実している
  • 産休・育休の取得実績が多い
  • 30代以下の社員が多い
  • 女性社員が多い

このように希望条件を書き出し、自分にとって優先順位が高いものを選んでいきます。自分のなかで譲れない条件を決めることで、転職先を絞りやすくなります。

反対に、希望条件を漠然と考えていると、転職先選びに迷ってしまい時間がかかります。自分に合っていない企業を選んでしまうリスクも高くなるので注意しましょう。

即戦力になれるスキルや資格を棚卸する

即戦力になれるスキルや資格の棚卸は、転職を成功させるために必要です。

20代の求職者に即戦力を求める企業は多いため、これまでの経験から得たスキルや転職に活かせる資格は強みになります。

そのままアピールするのではなく、転職先でどのように活かせるのかを伝えることがポイントです。資格をアピールするときも、転職先に関連するものをアピールしたほうが評価につながります。

スキルに自信がなく、資格を持っていない人は、転職先に活かせる資格を取得するのもおすすめです。

各職種に活かせる資格を以下にまとめたので参考にしてください。

希望する職種おすすめの資格
事務系・MOS
・日商簿記
・秘書検定
医療・福祉系・医療事務技能審査試験
・介護福祉士
・保育士資格
金融・不動産系・ファイナンシャル
・プランニング技能検定
・宅地建物取引士
・不動産鑑定士
その他・転職に役立つ資格・普通自動車運転免許
・ITパスポート
・TOEIC

【関連記事】20代男性の転職におすすめの資格11選|メリットや選び方も解説
20代女性の転職に役立つ資格15選!取って損のない資格や未経験向けも解説

現職在職中に転職活動をおこなう

自分の納得いく転職先を見つけるには、現職を続けながら転職活動をおこないましょう。

現職を辞めてしまうと収入がなくなるため、生活のためにと焦って転職先を探すことになります。また、退職から次の転職までの空白期間を延ばしたくないことで焦りを感じる人もいるでしょう。

転職を成功させるためには、入念な自己分析や企業調査が欠かせません。焦りから転職先を選ぶと妥協する恐れがあり、入社後に失敗したと感じたりミスマッチが起こったりする可能性が高くなります。

また、十分な準備ができていないと選考通過率も低下するため、転職に苦戦することが予想されます。転職活動のモチベーションを下げないためにも、現職を続けながら時間に余裕を持って転職活動をしましょう。

関連記事:働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

ポジティブな転職理由を考える

転職理由をポジティブな表現に変換しておきましょう。

ネガティブな転職理由だと印象が悪くなり、採用されにくくなってしまうからです。

たとえば、給料に不満があって退職した場合は、以下のように伝えるとよいでしょう。

例文

前職の営業職では、20代で一番の売上を挙げて新人賞を獲得しました。

しかし、見合った報酬を得られず、能力や貢献度を正しく評価される環境が整っていないと感じました。

貴社は、公正な評価と適切な報酬体系を重視されているため、自分の力を最大限に発揮しながら、やりがいをもって働けると思い、応募を決めました。

また、残業の多さが転職理由の場合の例文はこちらです。

例文

前職では、残業が多く発生し、生産性の向上が難しいと感じました。

貴社は、協力的なチーム体制とメリハリのある働き方を推奨しているため、高い生産性を維持しながら、自分の力を最大限に発揮できると思い、応募を決めました。

愚痴や不満に捉えられないように、ポジティブな内容に転職理由をアレンジしていきましょう。

業界研究や企業研究に取り組む

応募先の業界や企業について、事前に研究しておくことが大切です。

理解を深めれば、ミスマッチを最小限にできます。

また、業界研究や企業研究で得た情報を、履歴書や面接で伝えてみてください。

きちんと研究していることが採用担当者に伝わり、好印象で採用されやすくなるしょう。

求人を絞りすぎない

仕事探しの際は、求人を絞りすぎないようにしましょう。

応募できる求人が減って、内定をもらえる数が減ってしまうからです。

くりかえしですが、20代は仕事に順応しやすいです。

可能性を広げるためにも、少し興味がある仕事があれば、念のため候補に入れておきましょう。

前職の経験を活かせる仕事を選ぶ

前職での経験やスキルが活かせる求人に応募するのもおすすめです。

即戦力と見なされて、採用されやすくなるからです。

たとえば、前職がアパレル販売であれば、商品を売る経験を活かして、営業職に挑戦できるでしょう。

採用担当者に効率的にアピールしたい方は、あなたの経験が活かせる仕事を探してみてください。

転職エージェントを利用する

現職に在職中だと転職活動に十分な時間を割けないと考える人もいるでしょう。

転職エージェントを活用すると、さまざまな転職サポートを受けることができるため、働きながらでも転職先を見つけやすくなります。

転職エージェントを活用することで、以下のメリットを得られます。

  • 転職に関することなら何でも相談できる
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 気になる企業の内情を教えてもらえる
  • 応募書類の添削・面接対策をしてもらえる
  • 面接の日程調整や内定時の条件交渉をしてもらえる

上記のサポートはすべて無料で受けることができます。

1人で転職活動をおこなう場合は、求人検索から企業調査、応募書類の作成などすべて自分の力でおこなう必要があります。不明や疑問点も自分で解決する必要があるため、不安を抱えながら進める人もいるでしょう。

転職エージェントでは転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍しているので、転職に関することなら何でも話を聞いてくれます。応募書類の作成に苦戦したときでもアドバイスをくれるため、スムーズにできるでしょう。

また、第三者の意見を聞くことで、自分では気づけないミスや、自分の強みに気づくことも可能です。多くのメリットがあるため、転職を成功させるためにぜひ活用を検討してください。

20代の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントに登録するなら、20代の人に向いているものを選びましょう。

おすすめの転職エージェントを5選紹介するので、利用時の参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 非公開求人30万件以上
  • 転職支援実績No.1(※)
  • 転職イベントを定期開催

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントです。

非公開求人が30万件以上あるため、求人の取りこぼしを防ぎたい方は、登録して求人を見せてもらいましょう。

また、全国対応なので、地方に転職したい方にもおすすめです。

特にUターン転職したい方は、リクルートエージェントに登録して求人をチェックしてみてください。

サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数364,569件(※)
非公開求人数271,691件
おすすめポイント・転職支援実績トップクラス
・求人数No.1
・平日、土日どちらも対応可能
対応地域全国
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
※2024年2月時点

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上(※1)
  • 厳選された導入企業数28,900社以上(※2)
  • 優秀なヘッドハンターに相談可能

ビズリーチは、ハイクラス転職に特化したスカウト型の支援サービスです。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占め、外資系や日系など厳選された大手企業の求人が豊富です。

「これからバリバリ働いてキャリアを積み上げたい」と考えている20代の方は、登録して求人を見せてもらいましょう。

また、ビズリーチは職務経歴書を書くだけで優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届きます。

自分の市場価値を知りたい方も、登録して求人をチェックしてみましょう。

サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数107,163件(※)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・ハイクラス求人が多い
・スカウトが中心
・転職先の視野を広げることが可能
対応地域全国
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
※2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 顧客満足度2年連続No.1(※1)
  • 各業界の専任アドバイザーが在籍
  • サポート回数・期限無制限

マイナビエージェントは、内定が決まるまでサポート無制限です。

そのため「初めての転職活動が不安…」という方は、念のため登録してサポートを受けてみてください。

また、マイナビエージェントには、各業界に精通した専任アドバイザーが在籍しています。

「転職したい業界が決まっている」「未経験だけど転職したい業界がある」という方は、マイナビー絵ジェントが合っているでしょう。

さらに、2024年5月時点の求人総数は87万件以上です。

網羅的に求人情報を集めたい方は、先ほどのリクルートエージェントと併用するのがおすすめです。

サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数45,344件(※)
非公開求人数18,146件
おすすめポイント・20代・第二新卒の転職に強い
・地方在住でも利用できる
・医療、福祉、介護業界への転職実績が豊富
対応地域全国
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
※2024年2月時点

キャリアスタート

キャリアスタート
キャリアスタートの特徴
  • 入社後の定着率92%
  • 内定率86%
  • 83%の人が年収アップを実現(※1)

キャリアスタートは、20代に特化した転職エージェントです。

入社後の定着率は92%以上なので「転職に失敗したくない…」という方は、登録してサポートを受けてみましょう。

さらに、キャリアスタート経由で転職した方の83%が、年収アップを実現しています。

現職より着実に収入を増やしたい方は、キャリアスタートの求人もチェックしてみてください。

サービス名キャリアスタート
運営会社キャリアスタート株式会社
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
おすすめポイント・未経験者可の求人が多い
・ポテンシャル採用を重視した求人が豊富
・フリーターやニートでも利用できる
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道・大阪・愛知・福岡
電話番号070-1202-4387
※登録後上記から電話があります
公式サイトhttps://careerstart.co.jp/
※2024年2月時点

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20
マイナビジョブ20'sの特徴
  • 未経験OKの求人75%
  • Googleのレビュー星4.5
  • 利用者数41万人

マイナビジョブ20'sは、大手マイナビグループが提供する、20代向けの転職エージェントです。

75%以上が未経験OKの求人なので、未経験の仕事に転職を検討している方は、念のため登録して求人を見せてもらいましょう。

Googleには250件以上もの口コミが寄せられ、星4.5の高評価を獲得しているため、安心してサポートを受けられます。

また、20代向けの求人を網羅的に見たい方は、先ほどのキャリアスタートと併用するのがおすすめです。

サービス名マイナビジョブ20’s
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数5,832件(※)
非公開求人数非公開
おすすめポイント・20代に特化した転職エージェント
・未経験歓迎の求人が7割以上
・キャリアアドバイザーからのサポートが手厚い
対応地域東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/beginners/
※2024年2月時点

未経験の業種に挑戦する20代に意識してほしいこと

20代で転職を検討している人で、未経験の業種へのキャリアチェンジを希望している人もいるのではないでしょうか。

未経験の業種に挑戦する20代に意識してほしいことを紹介するので、希望するキャリアをつかむためにもチェックしてみてください。

大きなキャリアチェンジはラストチャンス

20代前半であればポテンシャル採用が期待できることで、未経験の業種でも採用されやすいといえます。しかし、20代後半となるとスキルや実績を重視されることで転職難易度は高くなる傾向があります。

具体的な数字を出すと、20代でも28~29歳の未経験転職は厳しいです。

30代ではより困難になるため、20代は大きなキャリアチェンジをするラストチャンスだと意識しておきましょう。

失敗しないためにも自分の本当にしたいことを考え、企業調査を念入りにおこなうことが大切です。

現職で実績を作る

現職で実績を出している人は、未経験の業種でも採用されやすくなります。一度実績を出した経験があるなら、転職先でも実績を出してくれると企業は考えます。

また、未経験の業種では若い人材を求めることもあり、20代の若さで実績があるなら一緒に働きたいと考える企業が多いでしょう。

現職で実績がないなら、転職までに実績作りに取り組んでみてください。20代前半であれば勤務歴の短さから実績がないことを納得してもらえる可能性がありますが、20代後半の場合は「何年も働き続けて実績がないのは仕事への意欲が低いのでは」と判断される恐れがあります。

実績があると希望の未経験業種に転職できる可能性が高くなるため、20代後半で実績がないのであれば1年だけと期限を決めて実績作りを検討してみましょう。

ポータブルスキルをアピールする

ポータブルスキルをアピールすると、採用担当者の評価アップにつながります。

ポータブルスキルとは
職種の専門性以外に、業種や職種が変わっても持ち運びができる職務遂行上のスキルのこと

たとえば、以下の能力はポータブルスキルに該当します。

ポータブルスキルに該当する能力
  • 情報処理能力
  • タスク管理能力
  • リーダーシップ
  • 提案力・交渉力
  • コミュニケーションスキル
  • 計画力・遂行力・問題解決力など

応募する職種が未経験でも、前職の経験で活かせるポータブルスキルがあるかもしれません。

あなたのポータブルスキルを棚卸して、強みに加えましょう。

20代におすすめの未経験から挑戦できる職種や企業

ここからは、未経験からでも挑戦できる20代におすすめの職種を紹介します。

今と違う仕事をしたいけど何がしたいか悩んでいるなら参考になるはず。自分の適性と照らし合わせながらご覧ください。

営業職

営業職は未経験でも転職可能な人気のある職種の1つです。

業界や企業によって差はありますが、スキルや実績よりもポテンシャルやコミュニケーションスキルを重要視し、人間性で採用を決めるケースが多いです。

給与は歩合制を採用しているところが多いため、自分の頑張り次第で収入アップが見込める魅力があります。数字として実績が示されるので、努力が目に見えて評価されやすいです。

また、自社製品を売り込むことが仕事の営業職は、自社の利益に直接貢献でき、達成感を得られやすくやりがいを感じることができるでしょう。

入社後は上司が同行してくれることが多く、教育制度が整っているため未経験でも安心です。仕事を続けながらスキルを身に付けることができるので、スキルアップのために転職をしたい人は検討してみましょう。

関連記事:20代で営業職へ転職するには?成功のコツとメリット、注意点を解説

事務職

事務職は女性人気の高い職種であり、未経験可の求人も多くあります。倍率が高いため希望の企業に入社するには、ほかの応募者よりも自信の強みをアピールする必要があるでしょう。

専門的なスキルは必要ありませんが、ExcelやWordなどの基本的なパソコンスキルを持っていると転職に有利です。しかし、事務職はさまざまな種類があるため、特殊な知識が必要な事務職もあります。

事務職の種類は以下を参考にしてください。

  • 一般事務・OA事務
  • 経理事務
  • 営業事務
  • 総務事務
  • 人事事務
  • 法務事務
  • 貿易事務

上記のなかで、法務事務には法律の知識、貿易事務には輸出入に関する知識や語学力、医療事務には医療費に関する知識など専門的な知識が必要になります。

事務職は残業が少ない傾向にあり、土日祝日が休みなのでプライベートを充実しやすい魅力があります。基本的にデスクワーク中心で体力に自信がない人でも長く続けられるでしょう。

関連記事:事務職に強い転職エージェント・サイト4選【未経験OK】転職成功のポイントや注意点

介護職

転職活動に長い時間をかけたくない人は、求人数の多い介護職はいかがでしょうか。

介護職は慢性的に人手不足の施設が多いため、未経験でも採用されやすいメリットがあります。体力が必要な仕事でもあるので、若い人材を率先して採用するところも多いようです。

介護職は高齢者のお世話を中心とするため、人の役に立つことが仕事です。

利用者から直接お礼を言われることも多くあるので、大きなやりがいを感じられるでしょう。実務経験を重ねることで取得できる資格があり、スキルアップを目指す人にも向いています。

一方、給与水準が低い業界のため、収入を増やしたい人には向いていない可能性があります。しかし、資格を所有したり役職がついたりすると、年収アップにつながります。

また、シフト勤務なので夜勤があり、勤務時間が不規則になる可能性があります。とはいえ、夜勤が必要ない施設もあるため、応募前に確認してみましょう。

関連記事:介護士転職エージェントおすすめ19選の比較ランキング|口コミ評判や注意点を解説

ITエンジニア

ITエンジニアはIT技術の発達により需要が高まっており、パソコンスキルの高い20代におすすめの職種です。

人手不足の業界でもあるため、ある程度の知識を取得していれば未経験でも採用されやすいです。専門技術が必要で難しそうなイメージがありますが、未経験歓迎の求人であれば入社後に研修をおこなってくれる企業が多くあります。

エンジニアの人手不足は問題視されており、転職支援を提供するプログラミングスクールも多いです。また、国の支援制度もあるため、上手に活用することで未経験でもエンジニアに転職できる可能性が十分にあります。

ITエンジニアは自由な働き方ができる企業が多いところも魅力です。出勤時間が自由に選べるフレックスタイムや、自由な場所で仕事ができるリモートワークなどを採用している企業も多いため、応募するときの参考にしてください。

独立しても働けるITエンジニアは、フリーランスを目指している人にもおすすめです。

関連記事:IT未経験向けおすすめの転職エージェント14選を徹底比較

サービス・販売職

サービス業や販売職も未経験からできる職種です。来店したお客様と直接関わる仕事なので、笑顔で人と接することが得意な人に向いています。

サービス業は宿泊業・娯楽業・飲食サービス業・生活関連サービス業などがあり、販売はアパレル・コスメ・雑貨などが挙げられます。

専門的な知識よりも接客経験やコミュニケーションスキルが重視されるため、スキルや実績に自信がない人でも転職できる可能性があります。

コスメや雑貨、洋服など、自分の好きな商品を扱っている企業であれば楽しく仕事できるでしょう。

しかし、休日は出勤になることがほとんどであり、ほかの職種よりも出世や勤続年数による収入増加が見込めないこともあります。

マーケティング

マーケティング職も未経験から転職しやすいです。

転職後にマーケティングの基礎を学んでも、十分に仕事ができるからです。

マーケティングとは
商品やサービスを売るために、お客様にわかりやすく情報を伝えること

マーケティング手法には以下のような手法があり、マーケティング職に従事するとこれらに関する業務をおこないます。

マーケティング手法の例
  • TVCM
  • Web広告
  • PRイベント
  • SNSの拡散
  • YouTube動画の作成など

多くの業界でマーケティングが使われているため、マーケティングの実績があると今後の転職も有利になるでしょう。

関連記事:Webマーケティングに強いおすすめの転職エージェント10選!未経験向けなど比較して紹介

ベンチャー企業

ベンチャー企業も20代で転職しやすいです。

ベンチャー企業とは
新しいアイデアや技術でビジネスを展開する企業のこと

創業から間もない企業も多いため、学歴フィルターなどが少なく、やる気がある20代を積極的に採用しているところもあります。

ちなみに、以下の企業もベンチャー企業です。

ベンチャー企業の例
  • サイバーエージェント
  • メルカリ
  • LINE
  • カカクコム

今は有名でないベンチャー企業でも、今後は伸びていくかもしれません。

関連記事:ベンチャー・スタートアップ企業向け転職エージェントおすすめ19選【比較】選び方や特徴・評判を解説

20代の転職でよくある質問

最後に、20代の転職でよくある質問に回答していきます。

20代後半の女性は転職が厳しい?

くりかえしですが、20代後半になるとスキルや経験が重視される傾向です。

ポテンシャルが大切にされる20代前半よりも、転職の難易度はやや上がるでしょう。

しかし、対策を練って転職活動に取り組めば、内定率を高められます。

対策については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

関連記事:20代女性が転職を成功させるコツ|20代後半からの対策や人気の職種ランキングも解説!

20代で大手に転職できる?

20代を募集している大手企業は多いので、転職できる可能性があります。

大手企業の例
  • 東芝
  • 富士通
  • 三菱電機
  • サントリー
  • NTTデータ
  • サンドラッグ
  • 東京海上日動
  • アイリスオーヤマ

大手企業に強い転職エージェントを利用すると、転職できる確率が上がります。

20代のうちに大手企業に転職したい方は、登録して求人を見せてもらいましょう。

関連記事:第二新卒でも転職できるおすすめの大手企業を業界別に徹底解説

20代×高卒でも未経験の仕事に転職できる?

転職できます。

とくに人材不足の問題を抱えている業界・職種では、高卒×未経験でも応募できる求人が多いです。

人手不足の傾向にある業界・職種

人手不足の傾向にある業界・職種
  • IT業界
  • 営業職
  • 建設業界
  • 介護職など

「未経験の仕事についていけるか不安…」という方は、教育や研修体制が充実している企業を選ぶとよいでしょう。

関連記事:20代高卒におすすめの転職エージェント14選|選び方や活用法も紹介

20代の転職では面接でどんな服装が望ましい?

特に指定がなければ、スーツを着用するのがマナーです。

スーツを着ることで、以下のような印象を面接官に与えられます。

スーツが与える印象
  • 清潔感
  • 誠実さ
  • 社会人らしい風貌

ただし、新卒で着用するリクルートスーツは避けたほうがよいでしょう。

頼りなく見える可能性があるためです。

20代の転職活動では、仕事用のスーツを着用すればOKです。

次は自分に向いてる仕事に転職したい…

向いてる仕事を見つけたい場合は、自己分析をしてみましょう。

あなた自身のことを知ることで、向いてる仕事が見つかることがあります。

具体的には、以下を書き出してみてください。

自己分析の例
  • 強み
  • 弱み
  • スキル
  • 保有資格
  • 興味があること
  • 嫌いなこと
  • 大切にしている価値観
  • あまり苦労せずできたこと
  • どんなに頑張ってもできなかったこと

「難しそう…」と感じた方は、こちらの記事を読んでみてください。

あなたに向いてる仕事が見えてきます。

関連記事:自分に向いてる仕事がわからない!転職に有効な方法や適職を見つけるポイントを解説

転職したいけど何がしたいかわからない

やりたい仕事が定まっていない方は、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

あなたの話を聞きながら、興味をもてそうな仕事をいくつか提案してくれるでしょう。

無料なので、話を聞きながら考えていけばOKです。

転職したいけどスキルがなくても大丈夫?

スキルがなくても始められる仕事であれば、転職できます。

スキルがなくても転職できる職種・業種
  • 営業職
  • 接客業
  • 事務職
  • 介護職
  • サービス業など

詳しくは、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:20代で転職したいけどスキルがない!対策を前半後半・男女別に解説!

年齢の転職の質問

20代前半・半ば・後半では、転職における悩みや課題が異なります。

以下は、年代ごとに転職を成功させるためのコツをまとめた記事です。

タップすると詳細を見れるので、参考にしてみてください。

関連記事

最後に|20代で転職が厳しい人は一握り!まだまだ有利に転職できる年代

20代で転職が厳しくなる人はいますが、自分の努力次第で挽回の余地は十分にあります。

20代前半と比べると20代後半は転職が不利にはなっても、経験やスキルをアピールすることで未経験の業種へも転職できるでしょう。

しかし、自己分析や企業調査が十分にできていない場合は転職に失敗しやすくなります。転職活動は焦って行動しないように、十分に準備や調査をおこなう時間を確保するようにしましょう。

また、転職エージェントを活用して、効率的に転職先を見つけることをおすすめします。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。