女性が長く続けられる仕事10選|役立つ資格や選ぶコツについても紹介!

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職を考える理由は人さまざまですが、人間関係の悪化や労働環境の変化、プライベートとの兼ね合いや仕事に対する情熱の低下など、悩みは尽きないものでしょう。

本記事では女性にスポットライトを当てて、比較的長く続けやすい仕事の特徴と具体的な職業を10選ご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、次回の転職・就職活動に役立ててください。

目次

女性が長く続けられる仕事の特徴とは

女性が職場で長く活躍するためには、次の内容で十分に満足できて、少なくとも不満や問題が生じない程度で働けることが求められます。

  • 仕事と家庭の両立ができる
  • 自分の興味がある仕事ができる
  • スキルアップの機会がある
  • 福利厚生が充実している
  • 心身の負担が少ない環境で働ける

こちらの項目では、女性が長く続けられやすい仕事の特徴をご紹介します。

仕事と家庭を両立しやすい

女性が仕事を長く続ける上で、仕事と家庭を両立しやすい環境であることは重要な要素となります。

フレックスタイム制度、リモートワーク、時短勤務など、柔軟な働き方が可能な職場は、育児や家庭とのバランスを取りやすく、長期にわたって適切なキャリアプランを立てられるでしょう。

また、企業によって実施されている育児支援制度や休暇制度などの充実も、仕事と家庭生活の両立を支援する上で重要な役割を果たします。これらの制度を活用することで、女性は家庭の責任と仕事の責任の間でバランスを取りやすくなります。

反対に夜勤がある仕事や土日に働く仕事などは、家庭との両立が難しくなりやすく、途中で転職を検討する原因ともなり得るでしょう。

興味がある・好きな分野で働ける

仕事を長く続けるためには、興味のある分野や好きな業務に従事することが重要です。

例えば、クリエイティブな分野に興味がある場合は、デザイナーやライター、メディア関連の仕事が適しています。興味や情熱を仕事に生かすことで、仕事のやりがいや満足感が増し、長期間にわたって仕事を続けるモチベーションが維持されます。

さらに、好きな分野での仕事は勉強にも身が入りやすく、自分のスキルや経験を積極的に深めることができます。結果的にキャリアアップや給料アップにも繋がり、条件面でも長く働き続けられる可能性が高まるでしょう。

いくらワークライフバランスが良い仕事をしていたとしても、仕事そのものに興味がないと長年続けていることで飽きがきてしまいます。自分がどのような仕事を続けていきたいかを理解しておくことも大事です。

スキルを磨くことができる

女性が長く続けられる仕事の特徴として、スキルアップや資格取得の機会が豊富であることも挙げられます。

例えば、ITWeb業界では、技術の進化に伴い常に新しいスキルが求められ、継続的な学習がキャリア形成に不可欠です。また、医療事務や介護職などの専門職では、国家資格や専門的なトレーニングがキャリアアップに繋がります。

上の項目でも触れましたが、自己成長ができる仕事では、働く意欲が高まるだけでなく、労働条件も良くなりやすいので、結果として仕事が長く続きやすくなります。

福利厚生が充実している

女性が長く働き続けるためには、福利厚生が充実している職場であることも求められます。

特にこれから結婚や子育てを考えている女性であれば、育児支援制度の充実や休暇が取りやすい制度など、ワークライフバランスを保つための福利厚生は重要でしょう。

他にも退職金制度や住宅・通勤手当、家族手当など、金銭的な待遇を受けられる福利厚生も数多くあります。給料や労働条件だけではなく、福利厚生にも注目して仕事を選ぶと長く続けられやすくなります。

心身の負担が少ない

いくら条件が良い仕事であっても、働く上で過度なストレスがかかってしまったり、体力的に持たないような仕事に就いてしまったりした場合には長く続けることが難しくなります。

ご自身が働く上で、何にストレスを感じてしまうのかを把握して仕事を選ぶと失敗しにくくなります。

また、人間関係の悪化は退職理由にも多い内容ですが、職場の人間関係は入社前には簡単にはわかりません。元従業員の口コミ情報を見たり、転職エージェントなどにヒアリングしてもらったりして、できる限り職場の詳細まで知っておくと良いでしょう。

また、長く仕事を続けたいのであれば、体力を使うような仕事も慎重になって選ぶべきでしょう。若いうちは夜勤や体力仕事ができたとしても、年齢が上がるにつれて限界を感じてしまうこともあります。

今は体力勝負の仕事でも、将来的に管理者側に移れるような職場であれば長く続けやすくなりますので、その仕事の将来性も判断してみましょう。

女性が長く続けられる仕事10選!資格不要の仕事も紹介

上記でお伝えしたような内容をもとに、女性が長く続けやすい仕事を10つご紹介します。

女性が長く続けられる仕事は数多くあり、資格が必要でない選択肢も豊富です。これらの仕事を探す女性は、参考にして仕事選びをしてみてください。

ただ、あくまでもその職業の傾向でしかありませんので、実際に転職する際には、その会社そのものの条件や雰囲気、将来性などを踏まえて応募を検討するようにしましょう。

事務職

事務職は、比較的体力的な負担が少なく、職場によっては在宅ワークなどの柔軟な働き方が可能です。土日出勤や残業もほとんどなく、ワークライフバランスも充実させやすいでしょう。

事務職の仕事は、どのような業界・会社でも必要とされているため、たとえ職場を変えたとしても別の業界や会社で続けていけます。

PCスキルや事務処理能力を身につけることで、キャリアアップの道も広がります。事務職は、細かい作業が得意で、組織におけるサポート役を担いたい女性に向いているといえるでしょう。

経理

経理は、数字に強く、細かな作業が得意な女性に適した職業です。上記の事務職では幅広い事務処理をおこないますが、経理事務だけに限定すれば、見積書の作成や伝票の起票、帳簿の仕訳・転記、仕訳帳へのデータ入力など、お金に関する数字を中心に扱います。

簿記検定などの資格が取りやすくなりますし、将来的には税理士や会計士、FPなどのお金に関するプロを目指すキャリアもあります。

また、家計管理にも強くなりますので、スキルを身につけることでプライベートにも役立てられるでしょう。

医療・介護職

医療・介護職は、社会的な需要が高く、安定した職業と言えます。資格取得によりキャリアの幅を広げることができ、給料アップなども目指しやすいです。

また、福祉士や介護士としての資格は、将来性が高く、多様な職場で活躍する道が開けます。

一方で、医療介護職は、人材不足で労働時間が不安定であったり、夜勤が常習的にあったりします。人によっては心身の負担を感じやすい仕事でもありますので、どの職場を選ぶかは慎重に判断しましょう。

栄養士・管理栄養士

栄養士や管理栄養士は、食に関する専門知識を生かし、健康維持や病気予防に貢献できる職業です。特に管理栄養士は国家資格であり、病院や福祉施設、学校など、多様な場所で需要があります。

食事や子育てなどの日常生活とも直結させやすい職業でもありますので、食に興味がある方は、栄養士の仕事もおすすめです。

ITエンジニア

ITエンジニアは、技術進化のスピードが速く、常に新しい知識やスキルを学ぶ必要があります。しかし、その分、キャリアの可能性は広く、リモートワークやフレキシブルな働き方が可能な職場も多いです。

特に、女性の視点が求められる分野もあり、多様性を活かしたキャリア形成が可能です。

Web業界

ITエンジニア以外にも、Web業界では、デザイナーやコンテンツクリエーターなど、クリエイティブな仕事が豊富です。

自分の興味や得意分野を活かし、柔軟な働き方が可能なこの業界は、キャリアアップと個人のライフスタイルを両立させたい女性に最適です。

WEB業界でもリモートワークやフレキシブルな働き方がしやすいです。

販売員

販売員は、接客スキルや商品知識を活かせる職業です。

特にコスメやファッションが好きな女性であれば、楽しみながらキャリアを築くことができるでしょう。

ただし土日に休みにくかったり、休日そのものが少なかったり、プライベートとの両立が難しいこともあります。職場や働き方によってはフレキシブルな働き方もできるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

カウンセラー

カウンセラーは、人の心に寄り添い、相談者をサポートする仕事です。医療・福祉の分野や教育機関などでの働き先があります。他にも、企業として専属のカウンセラーを採用しているところもあります。

働く場所やクライアントによっては責任が重い一方で、他人の悩みを解決することで大きなやりがいを感じることができます。

社会貢献性の高い仕事をしたい方にも向いている職業といえるでしょう。

地方公務員

地方公務員は、安定した職業であり、地域社会への貢献を実感できる仕事です。勤務時間や休暇がおおむね規則的で、家庭との両立がしやすい環境が整っています。

ただし、地方公務員になるためには公務員試験を受ける必要があり、一般的には30歳までの年齢制限があります。自治体によっては35歳までに条件が緩和されていますが、基本的には20代からでないとなりにくい職業でもあります。

女性が長く続けられる仕事を選ぶコツとは

女性が長く続けられる仕事を選ぶ際には、いくつかのコツがあります。

  • よく情報収集をして検討する
  • 前職やこれまでの経験を活かせる職種を選ぶ
  • スキルや資格を身につける
  • 自分のキャリアプランを構築する

ぜひ参考にして、自分に合った仕事選びに役立ててください。

よく情報収集をして検討する

長く続けられる仕事に巡りあうためには、様々な職業の特徴や市場の需要、将来性などを調べることが大切です。

インターネットや転職サイトなどを活用して、豊富な情報を得ることが重要です。

より詳しい内部情報を知りたい場合は、転職市場に精通した転職エージェントのアドバイザーの力も借りるのがおすすめです。

特に、女性が活躍している業界や企業の例を参考にすることで、自分に適した職種を見極めることができるでしょう。

前職やこれまでの経験を活かせる職種を選ぶ

これまでの経験や習得したスキルを活かせる職種を選ぶことで、仕事を長く続けやすくなるでしょう。

例えば、事務職や営業職での経験は、多くの職種で重宝されるため、異業種への転職も視野に入れると良いでしょう。

今まで続けてきた仕事は変えずに、職場を変えたり業界を変えたりするだけで、将来的に長く続けられることもあります。

スキルや資格を身につける

資格やスキルを習得することで、より充実したキャリアを築くことが可能です。

例えば、IT関連の資格や会計、介護福祉などの専門的な資格は、キャリアアップに直結します。

目指している職業がある場合は、関連する資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

また、少し強引な理由ですが、「せっかく資格を取った仕事だから」と、その仕事を続けるモチベーションにも直結します。企業によっては資格手当を支給しているところもあるため、給料アップに繋がる点もメリットといえるでしょう。

自分のキャリアプランを構築する

自分のキャリアプランを明確にすることは、仕事を長く続ける上で非常に重要です。自分の興味や得意分野、ライフステージに合わせた計画を立てることで、目標に向かって効率的に進むことができます。

自分がどのような仕事に向いていて、どういったキャリアを築いていきたいかを知ることはもちろんのことながら、5年後、10年後にどういった仕事と生活を送っていたいか、長期的に考えることも大事です。

自分だけで考えをまとめられない人は、キャリアアドバイザーに相談しながら情報を整理していくのもおすすめです。

正社員以外で女性が長く続けられる働き方・制度

正社員以外の働き方を検討することも、女性が長く仕事を続けるための選択肢になります。

正社員だと仕事中心の生活になりがちですが、雇用形態を変えることで家庭を優先して働くことも可能です。

長く働き続けられる雇用形態や制度としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • フリーランス・個人事情主
  • フレックスタイム制度
  • 時短勤務(短時間勤務)
  • 在宅(リモート)勤務

一つずつ詳しく見ていくので、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

派遣社員

派遣社員として働くことで、さまざまな職種や業界を経験することができます。

ひとつの会社で継続して3年以上は働くことができないという制約はあるものの、短期間で様々な仕事を経験することで、自分に合った仕事を見つけやすくなると同時に、幅広いスキルを習得できます。

ほかにも残業が少ない傾向があるため、ワークライフバランスを保ちたい方にもおすすめの働き方といえるでしょう。

原則的には有期契約ですが、将来的にその職場で雇用される「紹介予定派遣」もあります。

契約社員

契約社員も有期契約ですが、派遣社員よりも同じ職場で長く働ける可能性があります。

基本的に正社員と同じ労働時間で働く契約社員が多くいますが、正社員よりも労働時間や休日の融通が利きやすく、プライベートの優先がしやすいです。

フリーランス・個人事業主

フリーランスや個人事業主として働くことで、自分の得意分野や興味に基づいて仕事を選び、時間や場所にとらわれない働き方を実現することができます。

自身のライフスタイルに合わせた時間管理や仕事選びができ、業務を通じてスキルアップをすることも可能です。

ただし、フリーランスとして働くには、何らかの分野である程度の経験と実績を持っておかないと、長く続けるには厳しい傾向にあります。

女性がフリーランスとして始めやすい仕事としては、エンジニアやライター、デザイナー、家事代行、ネイリストなどがあります。

フレックスタイム制度

フレックスタイム制とは、労働者が柔軟に出退勤時間を決めて働くことができる制度を指します。

通常の会社であれば出退勤時間が決められていることが多いのですが、フレックスタイム制であれば、必ず出勤していないといけないコアタイム以外は自由に出退勤できます。

子どもの送り迎えや病院への付き添いなどで条件が合わない方でも、フレックスタイム制を取り入れている会社であれば、家庭との両立がしやすくなる点がメリットといえるでしょう。

時短勤務(短時間勤務)

時短勤務は、特に子育て中の女性に適した働き方です。身近なところで言えば、パート・アルバイトでの採用があり、自分や家庭の都合に合わせて短時間勤務がしやすいです。

また、正社員雇用であっても、短い時間で効率的に働くことを重要視しており、家庭と仕事の両立を支援している会社もあります。厚生労働省も「短時間正社員制度」の導入を支援しています。

在宅(リモート)勤務

在宅勤務やリモートワークを取り入れている会社であれば、通勤の手間が省けて柔軟な働き方が可能です。これにより、仕事と私生活のバランスを取りやすくなり、特に育児と仕事の両立を目指す女性にとって理想的な働き方ができます。

コロナ禍をきっかけにリモート勤務を採用する企業も増えましたので、新たにリモート勤務で条件を絞って仕事を探してみると良い求人が見つかるかもしれません。

長く続けられる仕事に就きたいなら自分の市場価値を知っておこう

ビズリーチ

仕事を長く続けたいのであれば、ご自身の市場価値をしっかり知っておき、適切な職場で働けることが重要です。

転職してから後悔しないためにも、ご自身のキャリアの棚卸しや今後のキャリアプランをしっかりおこない、自分のことを十分に理解した上で求人を探していきましょう。

転職する前には、転職エージェントなどを活用して、信頼できるキャリアアドバイザーと本音で話し合う機会を作っておくことをおすすめします。

また、「ビズリーチ」では、キャリアやスキルを登録しておくことで、あなたに興味がある企業からスカウトが届きます。こうした使い方をすることで、どのような会社が自分を必要としているのかを客観的な視点から確認することが可能です。

転職に関するサービスは数多くありますので、使えるものは十分に使って情報を集めておくことが、転職後も長く仕事を続けるポイントです。

まとめ|自分に合った仕事・働き方を選ぼう

女性が長く続けられる仕事を選ぶ際には、次の内容を考えながら決めることが重要です。

女性が長く続けられる仕事を選ぶポイント
  • 仕事と家庭の両立ができる
  • 自分の興味がある仕事ができる
  • スキルアップの機会がある
  • 福利厚生が充実している
  • 心身の負担が少ない環境で働ける

働き方は、正社員だけでなく、派遣社員、契約社員、フリーランスなど様々あり、それぞれのライフステージやライフプランに合わせた働き方を選択することが可能です。

また、自分の市場価値を把握し、適切なキャリアプランを立てることで、不満や後悔なく仕事も長く続けやすくなります。

この記事を通じて、女性が自分に合った仕事と働き方を見つけ、充実したキャリアを築くための手助けができれば幸いです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。