28歳で転職は厳しい?遅い?未経験・スキルなしで異業種へ転職するポイントを男女別に解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

28歳での転職はやはり厳しいのでしょうか。30代を目前にした20代も後半になると、思うように転職先が見つかるのか不安になりますよね。

この記事では28歳からの転職を成功させるためのポイントについて解説していきます。20代後半で転職を考えているのであれば、ぜひ参考にしてください。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

28歳未経験・スキルなしでの転職は厳しい?遅い?

最初に、28歳の転職・採用状況の現状について解説します。

20代後半で転職を始めるかどうかを迷っている人は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?20代前半・後半別や男女別のポイントも解説! 転職したいと思いつつ「自分にはスキルや資格がない」という意識から、踏みとどまっている20代の方は多いのではないでしょうか。 結論、20代は男性・女性関係なくスキル...

28歳転職はラストチャンス?

転職の世界には「転職は28歳がラストチャンス」という言葉があります。

これは、職場に慣れる2年間を含み、中堅社員としてキャリアを構築していく30歳前に転職は終えておくべき、という考えによるものです。

結論から言うと、この考え方には一理あります。実際に、多くの企業では積極的に第二新卒を含む20代の人材を中心に採用しようと考えているのに対し、30代以降の人材の採用には慎重になる傾向がみられるためです。では、28歳以降の転職事情はどうなのでしょうか。下記でご紹介します。

28歳では男女の性別の違いによって転職の難易度は変わる?

28歳の転職活動において、男女の性別の違いによって難易度が変化することはほとんどないでしょう。ただし、女性の場合には、産休や育休などの質問をされることを想定した対策が必要となるケースがあります。

また男女ともに、今後のライフワークバランスやキャリア形成についての質問に答えられるように、しっかりと計画・準備しておくことが大切です。

28歳を超えると転職は難しい?

それでは、28歳を超えてしまうと、やはり転職は難しいのでしょうか。いえ、そのようなことはありません。

実際には、30歳になってからでも転職を成功させている人が数多くいるのが現状です。

しかし、28歳以降の20代後半や30代に対しては、企業は即戦力を求めるため、キャリアに見合った実績や実力があることが大きなポイントになります。

そのため、28歳を超えてしまうと転職が難しくなると思われがちですが、必ずしもそのようなことはありません。

たしかに実績やキャリアを求められますので、転職のハードルは高くなりますが30代になってから転職を成功させている人は多くいます。転職サイト「doda」のデータが示すように、転職成功者の平均年齢は全体で31.7歳となっており、男性に限っては32.5歳となっています。

また、転職成功者の平均年齢の低い女性であっても29.9歳が平均となっているため、28歳での転職は決して遅いとは言い難いでしょう。

転職成功者の平均年齢
引用元:コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】│DODA

20代後半の転職・採用状況は?

実際に、20代後半の人材を求める企業は数多く、求人の数も豊富にあります。立ち回り方を理解して工夫すれば、最も採用ニーズが高い20代前半とほぼ変わらないレベルで転職を優位に進めることができるでしょう。

しかし、20代後半は4~5年間のキャリアを積んでいるため、ある程度の実績が求められるのも事実です。そのため、20代前半よりもシビアになると考えてよいでしょう。

同職種でのキャリアアップを目指す転職であれば、実績やスキルをアピールすることで転職成功率は上がります。

異業種・未経験への転職の場合は、社会人としての基礎スキルをアピールしつつ、ポテンシャルをかってもらえるように入社後の明確なキャリアビジョンを伝えることで、まだ転職することは充分可能でしょう。

転職成功者の年代別割合(2020年と2021年の比較)
引用元:コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】│DODA

実際に年代別で見た転職成功者の割合は25~29歳が約40%とトップとなっています。

そのため20代後半以降で転職を考えるのであれば、適したタイミングと言えるでしょう。

20代後半に多い転職理由は?

厚生労働省が2022年に実施した調査を参照すると、20代後半で転職した方が前職を辞めた理由は、以下の順で多いようです。

男性女性
1位労働時間、休日等の労働条件が悪かった労働時間、休日等の労働条件が悪かった
2位会社の将来が不安だった給料等収入が少なかった
3位職場の人間関係が好ましくなかった職場の人間関係が好ましくなかった
4位給料等収入が少なかった会社の将来が不安だった
【参考記事】(2)転職入職者が前職を辞めた理由|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省 ※「その他の個人的理由」を除いた順位

この結果より、20代後半は以下の理由で転職する方が多いと予想できます。

20代後半に多い転職理由
  • 労働条件を改善したい
  • 年収を上げたい
  • 人間関係の良い職場で働きたい
  • 安定した会社に勤めたい

また、前掲の調査結果によると、女性は「結婚」を退職理由として挙げている方がほかの世代よりも多いのが特徴です。

年齢退職理由を「結婚」と回答した女性の割合
19歳以下-
20歳~24歳2.0%
25歳~29歳5.1%
30歳~34歳2.6%
35歳~39歳0.7%
40歳~44歳0.4%
45歳~49歳0.0%
50歳~54歳0.2%
55歳~59歳0.0%
60歳~64歳-
65歳以上-
【参考記事】(2)転職入職者が前職を辞めた理由|-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

20代後半では、結婚を機に、家庭と仕事の両立を意識する女性が多いのかもしれません。

企業からみた28歳の魅力は?

28歳は、大卒の新卒入社から5年が経過しており、若さとともにスキル・経験にも期待される年齢です。

この章では、企業からみた28歳の魅力を解説します。

社会人としての基礎スキルがある

1つ目の28歳の魅力は、社会人としての基礎スキルが備わっていることです。

28歳はビジネス上での経験値が上がり、一人で担当できる職務が増えてきたと感じる頃でしょう。場数を踏んで困難な状況を乗り越えてきたことで、自ら問題を発見して主体的に解決する能力や、周囲と協力しながら仕事を進めるコミュニケーション能力など、多様なビジネススキルが身についているはずです。

日々の業務で習得した社会人としての基礎スキルは、どの職場においても高く評価され、即戦力として期待されるでしょう。

ポテンシャルに期待できる

28歳の2つ目の魅力は、ポテンシャルに期待できることです。

28歳の人材は、社会のなかでは若手に位置づけられ、柔軟性や成長性といった「若さ」が強みとなります。たとえ未経験職種であっても、企業は将来的な活躍を見込み、熱意や意欲を理由として、28歳の人材を採用するケースも多いのです。

転職活動の際は、活躍の意思にくわえて年齢なりのスキルが備わっていることもアピールすれば、採用のメリットが多い人材として評価されるはずです。

28歳の転職で成功する人の特徴3つ

28歳は転職市場で高い評価が得られやすい年齢ですが、全ての人が転職を成功させられるわけではありません。満足度の高い転職を実現させた方には、いくつかの共通点があります。

28歳の転職で成功する人の3つの特徴を把握し、自身の現状と照らし合わせてみてください。

ポータブルスキルが備わっている

転職を成功させられる人には、どの職場でも通用する「ポータブルスキル」が備わっているものです。

ポータブルスキルの概念を生み出した一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)は、その言葉の意味を以下のように解説しています。

ポータブルスキル

転職で会社や業種・職種が変わっても、持ち運びができるスキル

引用元:ポータブルスキル診断|一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)

具体的には、コミュニケーション能力や課題発見力、情報収集力など、あらゆる仕事で必要とされる基礎的なスキルを指します。ポータブルスキルが備わっているかどうかは、職務経歴書や面接での受け答え、仕事上での成果をとおして判断され、応募者を評価する基準のひとつとして取り扱われます。

28歳の人材は、自身のポータブルスキルを振り返り、アピール材料のひとつとしましょう。

なお、一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)が提供しているポータブルスキル診断も、あなたのポータブルスキルの強み・弱みを把握するツールとして役立ちます。

【参考記事】ポータブルスキル診断|一般社団法人人材サービス産業協議会(JHR)

明確なキャリアビジョンがある

明確なキャリアビジョンがあることも、28歳の転職を成功させる大切な要素です。

キャリアビジョンがある人材は、面接で説得力のある受け答えができ、企業に好印象を与えられるでしょう。

キャリアビジョンとは、将来自分がなりたい姿や理想像を具体化し、実現のための目標を立てることです。なりたい自分の姿が明確になると、深めるべきスキルや進むべき道が把握でき、キャリアの選択に役立ちます。

数年間のキャリアビジョンだけでなく、10年後、20年後の見通しも立てておくと、長期的な視点で自身に必要な事柄がみえてくるでしょう。

キャリアビジョンを立てる際は、ひとまず実現性は置いておいて、素直な気持ちで希望を書き出してみるのがポイントです。出産や住宅購入など、生活面での願望もあわせて考えてみてください。

自身の市場価値を把握できている

28歳で転職を成功させる人には、自身の市場価値を正確に把握できている方が多いようです。

転職活動は、できるだけ多くの企業に応募するのもひとつの戦略になり得ますが、採用される可能性が高い企業に応募したほうが、効率的に、かつスムーズに進められます。現在のスキル・経験が企業の求める人物像に合致しているかどうかを判断するには、転職市場における自身の市場価値の把握が有効なプロセスです。

なお、転職エージェントを活用すると、自身の市場価値を把握するのに役立ちます。転職エージェントでは、想定年収や向いている仕事がわかる診断ツールが用意されているほか、キャリアアドバイザーへの相談も利用可能です。

また、スカウト型の転職サイトも、自身の立ち位置を判断するのに効果的といえます。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

28歳の転職で失敗する人の特徴4つ

28歳で転職に失敗する人の特徴について解説します。転職に失敗しやすい人は「キャリアプランが明確でない」「何となく仕事が嫌で転職したい」などの特徴がみられます。

以下の特徴に当てはまる人は、一度転職をする理由について見つめ直してみましょう。

キャリアプランが明確でない

転職に失敗する人の特徴1つ目は「キャリアプランが明確でない人」です。キャリアプランは将来この仕事でどのように活躍していきたいのかを伝える際に重要となるため、転職前に自身のキャリアプランについてまとめておくとよいでしょう。

キャリアプランが不明確なまま転職活動をおこなうと、企業とのミスマッチにつながります。給料や福利厚生だけを考えて転職をするのではなく、面接対策を含めてキャリアプランを明確に伝えられるようにしておきましょう。

今の仕事から逃げるために転職活動をしている

2つ目は「今の仕事から逃げるために転職活動をしている人」です。現状の仕事内容や人間関係への不満だけが理由で転職をしたいという人もいますが、転職することで解決できるとは限らないためです。

まずは現在の仕事での不満や悩みを転職以外の方法で解決できないか、ということを考えてみましょう。それでも難しい場合には転職を考えるべきですが、今後のキャリアプランや自分自身が抱える課題などを明確にすることで、良い転職活動がおこなえるはずです。

活かせるスキルが身についていない

3つ目は「仕事で普遍的に活かせるスキルが身についていない人」です。特に未経験職種への転職を考えている人は、すぐに仕事に活かせるスキルがあると採用率が高まると考えられます。

特に重要視されるのが先述した「ポータブルスキル」です。

現状の課題設定やスケジュール管理、または対人マネジメントなどは転職先でもすぐに生かすことのできるスキルといえますので把握しておきましょう。

年収アップに強いこだわりがある

転職で年収アップを目指すのは決して悪いことではありませんが、あまりにもこだわりが強いと、転職できたとしても高い満足感が得られない可能性があります。年収だけを重視して転職先を決めた結果、入社後にミスマッチに気づき、後悔する事態も起こり得るのです。

また、現職の年収が自身の市場価値とすでに合致している場合、転職で年収を上げるのは難しいでしょう。

年収アップを目指している方は、業種や仕事内容などのほかの条件にも目を向けて、自分に合う職場を見つけるように注意してください。ときには年収の条件を妥協する姿勢も必要です。

未経験・スキルなしの28歳が転職を成功させる8つのポイント

ここからは未経験・スキルなしの28歳が転職を成功させるポイントについて解説していきます。

実績と実力を証明する

28歳からの転職活動において最も大切なことは、実績と実力を証明することと言えます。なぜなら、少なくとも3~4年の実務経験がある28歳に対して、企業の採用担当者は過去の実績を重視するからです。

例えば、もしあなたが企業の採用担当者で、同じ28歳で面接での評価も同じ程度の応募者が複数人いた場合、最終的にどこで採用の可否を判断する可能性が高いでしょうか?やはり、職務経歴書に書かれている過去のキャリアで判断するしかないのではないでしょうか。

入社後に育てていくことを想定して採用されることが多い20代ですが、28歳の場合は即戦力としての活躍も求められるのです。

面接官に効果的に自分をアピールできるように、今までのキャリアを整理しておきましょう。

30代以降の働き方を決めておく

28歳から転職活動を始めるときは、30代以降の働き方を決めておくのも大切なことです。

30代以降はしっかりと腰を据えてキャリアを構築していく時期ですので、営業の専門職として働いていくのか、営業メンバーをマネジメントする管理職として働いていくのか、というような働き方のビジョンを考えておくべきでしょう。

30代以降になれば会社の中では中堅からベテランに位置しますので、当然その年齢とキャリアに見合った役職や業務を会社から任されることになるでしょう。

この点を考慮しながら、40代から50代までを見据えて、長期的な視点で働き方を考えてみましょう

自己分析をおこなう

28歳からの転職活動においては、自己分析を念入りにおこなうことも非常に重要です。なぜなら、自己分析が十分にできていないと、自分に最適な求人や企業を見つけることができないからです。

自分の強みや弱みが分かっていない状態で、面接の場で自分を売り込むことができるでしょうか?当然ながら、効果的な自己アピールは難しいでしょう。

今までのキャリアを通じて得た専門スキル、自分がやりたい仕事、自分に合った働き方、などは自己分析によって明確にしておきましょう。念入りに事前準備しておくことが、転職を成功させるためのポイントです。

自信の市場価値を把握する

未経験・スキルなしで転職する場合、自身の市場価値を把握しておくと、スムーズに転職活動を進められるはずです。

市場価値とは、おもに専門性、スキル、実績、経験の4つで構成されているといわれています。未経験・スキルなしの方は「専門性・スキル」で不安を感じるかもしれませんが、「実績・経験」の2つでアピールすれば、市場価値が上がり、内定獲得の可能性を高められるでしょう。

また、ほかの応募者が経験者ばかりだった場合、他業種での経験が逆に評価され、自身の市場価値が高まるケースもあるのです。

なお、自身の市場価値を把握するには、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのが近道です。転職市場全体でみたあなたの立ち位置を教えてもらえるでしょう。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

希望条件に優先順位をつける

未経験転職を成功させるためには、希望条件の優先順位づけを忘れないでください。

未経験の業界・職種に応募する際にも、優先度の高い希望が叶うかどうかを重視すべきだからです。

まずは、勤務地、仕事内容、職種など、希望の条件を書き出してみましょう。具体的なエピソードとともに振り返れば、自分がもっとも大切にしたいことがみえてくるはずです。

また、転職活動の開始前につけた優先順位は、転職活動が進むうちに変化することもあります。

求人票のどこをみて求人への応募を辞めているのか、または応募に進んでいるのか、自身の行動の理由も加味して考えてみるのがおすすめです。

在職中から転職活動を始める

また、在職中から転職活動を始めることも、28歳からの転職を成功させるための大きなポイントです。20代後半の時期において「働いていない時期」、つまりキャリアのブランクを作るのは好ましくありません

次の職場が決まるまでに平均で3ヶ月かかる転職ですが、場合によっては5~6ヶ月かかるケースもあります。長期間のブランクは転職では不利になる可能性があるため、できる限りブランクができないようにしなければいけません。

そのため、在職中から転職活動を始めるべきです。現職を続けながらの転職活動は大変ですが、長期間のキャリアのブランクを作らないためにも、内定が決まってから今の職場を退職するようにしましょう

ハローワークを活用する

28歳からの転職活動においては、ハローワークを活用することも大切です。

ハローワークとは、厚生労働省が管轄する公的機関の職業紹介所です。職安(しょくあん)と呼ばれることもあります。

特に地元の企業への就職を考えているのであれば、地元の求人が多いハローワークは非常に役に立つでしょう。

転職エージェントを活用する

また、転職エージェントを活用することも大きなポイントです。転職エージェントには非公開求人を含む全国各地の膨大な量の求人情報が揃っています。

上手に活用することで、あなたの希望条件に合った求人が見つかることでしょう。さらに、転職に関するさまざまな支援を受けることができるのも大きな魅力です。

ほとんどの転職エージェントはサービスを無料で利用できるので、自分に合った転職エージェントを見つけて活用しましょう。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

28歳で転職するメリット

28歳で転職をするメリットについて解説していきます。28歳という年齢を活かした転職活動も可能ですので、以下のメリットがあるということを覚えておきましょう。

スキルや経験を活かせる

28歳で新卒から同じ職種で働いている場合、今までの経験やスキルを活かした転職が可能です。同じ職種での転職であれば即戦力としての活躍も期待されるでしょう。未経験業種への転職の場合でも、前職のスキルや経験を活かして、将来的に活躍できる可能性があります。

また、社会人経験が長くコミュニケーション能力やビジネススキルが身についている年代と考えられます。面接などでしっかりアピールできていれば、企業側から見ても採用しやすいでしょう。

ポテンシャル採用に期待できる

28歳は、まだポテンシャル採用に期待できる年齢です。

現時点でのスキルと経験が重視される経験者採用とは異なり、ポテンシャル採用では熱意や人柄が評価されます。若さと経験を兼ね備えている28歳は、仕事に必要な職務経験がなくとも持ち前の吸収力で躍進できる可能性があり、企業から期待される存在になるはずです。

仕事で成し遂げたエピソードとともに社会人基礎力やポータブルスキルをアピールし、企業にとって採用のメリットがあることを具体的に示してください。

異業種にチャレンジできる

20代のうちは「ポテンシャル採用」という、即戦力ではなく将来的に利益を貢献することを期待されるケースも多くあります。そのため経験のない業種でも比較的転職しやすい年代層にまだ入っていると言えるでしょう。

明確な転職理由があり、将来的にこの業種で活躍していきたいという意思があれば、異業種の企業にも採用してもらえる可能性が高くなります。

企業とのミスマッチを防ぎやすい

数年間の社会人経験を積んでいるため、自分にはどのような仕事が合っているのかを自分で自覚できるようになっています。中には新卒のときは企業選びに失敗してしまった、という人もいるでしょう。28歳での転職は、そのような企業とのミスマッチを防ぎやすいと言えます。

また、自分にどのような仕事が合っているのか分からないという人は、自己分析が不足している可能性があります。その場合は過去の経験や取り組んできたことなどから自己分析をして、自分に合っている職種を明確に把握しておくとよいでしょう。

職場でのコミュニケーションが取りやすい

20代後半まで社会人として仕事をしていると、さまざまなタイプの人と関わる機会があります。そこで培った仕事としてのコミュニケーション能力を活かして、社内での関係性を高めることも期待されるでしょう。

実際に中途社員の方が新卒社員よりも職場に馴染むのが早いというケースも多くあります。企業側もコミュニケーションが円滑に取れる社員を採用したい場合が多いです。

饒舌である、口が上手いということではなく、社会人として適切な言葉遣いで相手から信頼されること、認識の齟齬なく意思を疎通できることが仕事のコミュニケーションとして重要です。

一定の社会人経験を積んでいれば新卒や第二新卒以上には充分身に付いているものです。こういった点もアピールポイントとしても活用できるでしょう。

28歳で転職するデメリット

次に28歳で転職するデメリットについても解説していきます。28歳としての強みを活かした転職活動も可能ですが、メリットだけでなく、以下のようなデメリットもあることを覚えておきましょう。

希望年収に届かないことも多い

職種によっては、前職の年収よりも低い条件を提示される場合があります。前職で実績やスキルがあり、キャリアアップに成功するケースもありますが、未経験の職種に転職する場合は年収が下がってしまうことも考えられます。

年収が下がったとしてもやりたい仕事であれば問題ないですが、年収アップを見込んで転職を考えている人は、転職先の給与額や今後のキャリアアップについて事前に調べておくとよいでしょう。

即戦力として期待されにくい

職種や業種によっては、28歳では経験不足と思われてしまうことがあります。そのため前職で実績があっても、即戦力として考えてもらえない可能性があります。

即戦力となる人材を採用している企業とのミスマッチが起こる可能性もありますので、事前にインターネットで企業について調べたり、面接時に求める人材について確認しておくとよいでしょう。

ミスマッチがあった場合に転職しづらい

28歳は年齢的に今回の転職で失敗した場合に、次の転職が30代に入ってしまうことが考えられます。20代と30代では転職市場価値が変わりますし、転職先でアピールできる実績やスキルを得ることができなかった場合に、次の転職がしづらくなる可能性があります。

そのため、転職先は慎重に選ぶとよいでしょう。企業研究や自己分析を入念におこなったり、転職エージェントに登録して転職に関するアドバイスを受けたりするなどの対策が必要です。

2回以上の転職経験はマイナスイメージになることも

28歳で2回以上の転職を経験している方は、企業にマイナスイメージをもたれ、選考に通りにくい可能性があることには理解が必要です。

28歳ですでに2回転職しているということは、大卒の場合だと新卒入社から2年〜3年ごとの離職を意味します。応募書類上にこの情報があると、企業に「忍耐力がない」「嫌なことがあったらすぐに辞めるのでは?」という印象をもたれ、良い評価を得られにくいかもしれません。

場合によってはいまの職場にとどまることも選択肢に入れ、自身の成長にとって最善の選択をするようにしましょう。

ただし、パワハラや勤め先の倒産などが退職理由であるケースは例外で、それほど悪い評価にはならないはずです。

28歳の転職で注意するべきこと4つ

それでは、20代後半でこれから転職を始めるときは、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ここからは20代後半の転職で注意するべきことについて解説します。

未経験の仕事は厳しい

まずは、未経験の仕事への転職は比較的厳しいという点です。20代前半であれば歓迎される『未経験』の仕事ですが、やはり30代を目前にした20代後半の採用は、多くの企業が慎重になっているようです。

しっかりと自分のポテンシャルや価値を伝えるための対策を考えましょう。

給料が下がるケースがある

また、給料が下がるケースも考えられることも認識しておきましょう。

多くの企業では、20代の社員を入社後に育てていくことを想定して採用します。そのため、即戦力としての採用でない限り、給料がアップするケースはほとんどないでしょう。

目立った実績がないと難しい

目立った実績がないと転職は難しいのも事実です。

20代後半であれば4~5年のキャリアを積んでいるため、企業の採用担当者が過去の実績に注目するからです。

転職活動では、今までの自分の実績を効果的にアピールできるように準備しておきましょう。

転職の回数が多い場合はその理由を話せるようにしておく

これまでに転職を何度も繰り返している方は、転職活動を行う上で、転職先の企業にマイナスイメージを持たれる可能性があります。なぜ転職する必要があったのかという「理由」をしっかりと説明できるようにしておくことが大切です。

転職理由を説明する際は、まず嘘をつかないことが前提となりますが「給料が安かったから」や「人間関係が苦手だから」、「やりたい仕事ではなかったから」といった不満をそのまま理由としてしまっているような形では、転職先の採用担当者から「また不満を言って辞めるのではないか?」と思われる可能性があります。

次はこうしていきたい、と前向きな理由に変換していきましょう。

イメージがつかない方は、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーから面談の仕方や職務経歴書の書き方、退職理由や志望動機の考え方についての指導を受けてみることをおすすめします。

28歳の転職に「転職エージェント」がおすすめな理由

28歳の転職に「転職エージェント」をおすすめする理由は、求職者のスキルや希望する職種などをヒアリングし、それぞれの求職者に合った求人情報を提供してくれるからです。

また、転職エージェントを利用することで、ご自身に合った求人情報を効率良く収集できるだけでなく、転職活動のアドバイスや面接の練習といったサポートを受けることもできます。

28歳の転職に転職エージェントを利用することで、より有利に転職活動を進めることも可能です。なぜなら、転職エージェントには、28歳で転職を考えている人に向けた求人情報が多数あるからです。

加えて、転職エージェントのサポート力や質の高いアドバイスが受けられるために、求職者ご自身のキャリアを見直すサポーター的な役割としても最適と言えるでしょう。

転職エージェントは「複数登録」が効果的

上記のように、28歳で転職活動をおこなう際は、転職エージェントの活用がおすすめです。そしてより効果的に転職エージェントを活用する方法として「複数登録」があります。

転職エージェントに複数登録すべき理由

転職エージェントを利用する場合は、複数のエージェントに登録し、併用することをおすすめします。

転職エージェントに複数登録する理由は、それぞれのエージェントが保有する求人情報に偏りがあったり、複数のエージェントを利用することによって、より幅広い求人情報を収集することができるからです。

とくに転職エージェントに登録した後で面談する、キャリアアドバイザーとの相性も重要です。そこで、自分に合ったキャリアアドバイザーと巡り合うためにも、複数のエージェントを利用して比較・検討することをおすすめします。

転職エージェントを活用するおすすめの登録数

転職エージェントの複数利用する際の登録数は、合計6社以上がおすすめです。

ただし、すべてのエージェントをフルに活用する必要はありません。それぞれのキャリアアドバイザーと面談した後で、ご自分に最も相性が良いと感じた転職エージェントを中心に転職活動を行いましょう。

また、相性の良い転職エージェントを絞り込む際は、後述する転職エージェントのタイプ別に1〜2社を選ぶと良いでしょう。

転職エージェントを複数登録するメリット

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントに登録することが重要です。なぜなら、転職エージェントごとに非公開の求人案件を持っていたり、それぞれに得意な分野や強みが異なるからです。

そこで以下では、転職エージェントを複数登録するメリットを次の5つに分けて解説します。

  • より多くの非公開求人に出会える
  • 異なった視点から書類添削や面接のアドバイスを受けられる
  • 相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる
  • 各エージェントが得意な領域を使い分けられる
  • 無料で転職エージェントサービスをより多く利用できる

より多くの非公開求人に出会える

転職エージェントは、それぞれにWebサイトに掲載していない非公開の求人を保有しています。非公開求人については、一般的に求人を出す企業側が求人情報を非公開にする理由があるからです。

非公開求人を出す理由には、主に次の3つがあります。

  • 早く採用を決めたい
  • 事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい
  • 企業の内外に求人を知られたくない

それぞれ解説します。

早く採用を決めたい

企業が非公開の求人を出す理由の1つ目は、企業が早く採用を決めたい場合です。

⼈気の企業や職種の求人をおこなう場合、求⼈募集を一般公開することで応募が殺到してしまい、人選に多大な時間がかかる可能性があります。そこで急いで社員の補充をおこないたい企業は、転職エージェントに人材の絞り込みを依頼し、早いだけでなく、ミスマッチのリスクの低い採用活動を実施するのです。

そのため、仕事の経験豊富な転職人材は、非公開求人を紹介してもらえる確率が高くなるでしょう。

事業戦略に関わるプロジェクトの重要な人材を採用したい

企業は、競合他社に漏らしたくない極秘プロジェクトや、事業戦略に関わる重要な案件を進める際に、新たな人材を採用するケースがあります。

このような場合に、採用情報を公開して求人を行うことで、外部にプロジェクトの内容を予測されるリスクが生じます。そこで求人情報を非公開にして、転職エージェントに高いスキルを持つ、経験豊富な人材を直接マッチングしてもらうのです。

このような仕事を紹介してもらえれば、転職先の企業でも比較的重要なポストを任される可能性が高くなるでしょう。

企業の内外に求人を知られたくない

企業が求人募集を行う際に、自社の内外に知られたくないケースもあります。例えば、社外から役員を採用したいときや、早期退職者を募集している企業が新規採用の求人を行う場合などです。このような企業においては、既存の社員だけではなく、社内外のステークホルダーに知られないように求人をおこないます。

このようなケースでは、企業が特定の転職エージェントに絞って求人募集を出すケースが多いため、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

異なった視点から書類添削や面接のアドバイスを受けられる

複数の転職エージェントに登録すれば、それぞれのエージェントに所属するキャリアアドバイザーからのサポートを受けることができます。

それぞれのキャリアアドバイザーの異なった視点から、応募書類の添削や面接のアドバイスを受けられるのもメリットの1つです。

複数のキャリアアドバイザーにこれまでのキャリアを相談することにより、自分では気づけなかった仕事の強みや弱みを顕在化することができ、有利な転職活動に役立てることも可能です。

初めての職種に転職したいとお考えの方や、潜在的な自分の強みを顕在化したい方は、ぜひ複数の転職エージェントに登録して、異なったキャリアアドバイザーからのアドバイスを参考にしましょう。

相性の良いキャリアアドバイザーが見つかる可能性が高くなる

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談をする際に、どうしても相性が合わないと感じるケースもあるでしょう。しかし、キャリアアドバイザーとの相性は、質の高い転職活動に欠かせない要素です。

相性の良いキャリアアドバイザーとは、求職者の希望をしっかりと把握し、質の良いマッチングを実現してくれます。また内定後の就業条件も、できるだけ求職者に有利となるような交渉をおこなってくれるでしょう。

このように、複数の転職エージェントに登録し、複数のキャリアアドバイザーを比較するのも重要な転職活動の1つです。

相性の良い信頼できるキャリアアドバイザーに出会うことで、あなた自身の転職活動に対するモチベーションも上がることでしょう。

各エージェントが得意な領域を使い分けられる

転職エージェントは、それぞれに得意な領域が異なるのが一般的です。

例えば、幅広い職種を対象に転職サポートをおこなうエージェントもあれば、IT関連に特化したエージェントなどもあります。

もし求職者が「IT企業での実績が豊富なので次もIT関連に転職したいけど、もし前職の経験を活かしつつ、他の条件の良い職種があればチャレンジしたい」といった場合には、1社のエージェントだけに限定してしまうと、満足のいく転職活動ができない可能性があります。

そこで転職エージェントの得意な領域に合わせ、エージェントを使い分けることで、転職活動を効率的に進められるでしょう。

無料で転職エージェントサービスをより多く利用できる

求職者が転職エージェントを利用する際は、原則無料です。

転職エージェントを無料で利用できる理由は、転職エージェントが求職者を紹介して就職が決まった際に、企業から成功報酬を受け取っているからです。そこで求職者は、上記のようなメリットをより多く享受するために、複数の転職エージェントに登録しておくことが大切です。

近年は、働き方改革やワークライフバランスなどの考え方が浸透したこともあり、転職希望者が増加しています。そこで、少しでも有利に転職活動を実施できるように複数の転職エージェントに登録し、求職者自らが積極的に転職活動を行うようにしましょう。

上記のように、複数の転職エージェントを活用することで、より有利に転職活動をおこなうことができます。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

28歳での転職時に男女別の注意点と成功のポイント

28歳の転職の注意点を男女別に解説します。男性と女性で転職時に気を付けたいポイントや考えるべきことがありますので確認しておきましょう。

【男性版】キャリアアップやライフプランを意識する

28歳の男性の転職では、今後のキャリアアップも視野に入れた転職をすることが大切です。

20代後半から30代前半は役職に就く人も増えてくるため、より会社のために成長してくれる人が採用されやすいと予想できます。

そのため、今後長く働くことのできる職種や業種であるかといった点も考えておくと、転職が成功しやすいです。

また28歳は結婚などのライフイベントも考えていく年齢となります。すでに結婚している人は、転職によって年収が下がったり、生活リズムが変わったりするなど、家族に影響が出ることも予想されます。

28歳の転職では今後のキャリアやライフプランを意識することが大切です。

【女性版】女性の働きやすさを重視して転職先を選ぶ

28歳の女性の転職では、キャリアアップや結婚、出産など、自分のライフプランに沿って考えることをおすすめします。

キャリアを重視する女性が転職するにあたって、女性が活躍できる社風かどうかが大きなポイントとなります。特に古い体質の会社では、女性が管理職に昇格する事例が少ない会社もあることから、事前に女性の働く環境などをリサーチしておくとよいでしょう。

また、これから結婚や出産を考えている人は、転職先の企業が育児休暇や出産休暇の制度を導入しているかも重要なポイントとなります。最近では多くの企業が育休や産休制度を導入していますが、中にはそれらの制度について消極的な企業もあるため注意が必要です。

企業の情報については転職エージェントに相談することで知ることができるケースもありますので、不安に思うことなどはアドバイザーに相談しておくとよいでしょう。

28歳で転職を考えるべき人とは?転職を決意すべきケース5つ

転職をしたいと考えていても、「今のタイミングで転職して上手くいくだろうか」「今の職場にいた方が良いのではないだろうか」と悩んでしまう人もいるでしょう。

そこで28歳になって転職を考えるべき、または考えた方が良い人の特徴について解説します。

現職での実績がある

現職で実績をあげている人であれば、転職を考えてもよいでしょう。

20代のうちに仕事で何らかの成果や実績をあげていると転職市場でも有利になります。営業成績や成果を表すデータなど、イメージしやすい実績であれば大きなアピールポイントになります。

反対に前職でアピールできる実績がない場合は、実績に代わるアピールポイントを探す必要がありますので、転職のハードルも高くなることが考えられます。

今後の年収・キャリアアップが見込めない

企業の体制や評価制度、政治によって、今後の年収アップやキャリアアップが見込めないという場合は、転職によってキャリアアップを図るのも一つの手です。

特に年功序列の組織体制であれば、長く勤務することで年収や役職が上がっていきますが、仕事の頑張りがすぐに反映されるわけではありません。

そのため、若いうちから色々な仕事にチャレンジをしてキャリアを積んでいきたいと考えている人は転職を考えてもよいでしょう。

パワハラやセクハラなどの職場環境の問題がある

企業で生じる問題の一つとして、パワハラやセクハラの問題があります。社内での問題はすぐに解決することが難しく、上司や同僚に相談ができないという人もいるでしょう。そのような環境でハラスメントに対してストレスを抱えているのであれば、精神的な疾患などを発症する恐れもありますので、転職を考えた方がよいでしょう。

パワハラやセクハラが原因の転職の場合は、転職理由としてマイナスになりにくいです。ただし、次の職場ではどう仕事と向き合い、活躍していきたいかを考えておくことは重要です。

早めに転職活動をおこない、環境を改善できるようにしてください。

自分の労働への評価が適切ではない

現職において、自身の労働への評価が適切でないと感じている方も、転職を考えるきっかけの1つとなります。企業によっては、いくら業績を上げても昇進しない、給与に反映されないなどといったケースもあるでしょう。

また、今後のキャリアアップが見込めないような企業では、そもそも仕事に対するモチベーションが上がらなくなるなどといった、未来に対してネガティブになってしまう職場環境もあります。

このような状況下にある方は、転職エージェントに登録して、現職で働きながら転職活動をおこなうことをおすすめします。

転職の明確な理由がある

将来のビジョンややりたいこと、転職の理由が明確であれば、転職成功しやすくなるでしょう。企業側にとっても採用後のイメージがしやすく、ミスマッチも起こりにくくなると考えられます。

ただし、個人的な理由で転職回数が多い場合は、明確な理由があっても採用されにくくなるかもしれません。

28歳の未経験者におすすめの職種は?

一般的に、未経験者は以下のような仕事で採用されやすいといわれています。

  • 慢性的に人手不足である
  • 専門的なスキル・資格・学歴が必要とされない
  • 社内の教育体制が整っている
  • 人柄が評価のポイントになる

以上の点をふまえて、28歳の未経験者におすすめの職種を紹介します。志望職種を迷っている方は参考にしてください。

ITエンジニア

ITエンジニアは、専門職としてのイメージが強い仕事ですが、実は未経験者を採用する企業も多い職種です。近年、IT技術は飛躍的な発展を遂げており、それらに対応できる十分な人材の確保・育成が業界全体の急務となっているためです。

ただし、職務未経験であっても、基本的なプログラミングスキルやITの知識は多くの企業で求められます。

現職を続けながらオンラインのプログラミングスクールや独学などで学習し、スキルを身につけてから転職活動に移行するのがおすすめです。

教育体制が充実している企業を選択すれば、入社後も着実に力をつけていけるでしょう。

【関連記事】働きながら学べる社会人におすすめのプログラミングスクール8選

営業

営業職はほとんどの企業で必須とされる職種であるため、求人が多く、未経験者を歓迎する企業を見つけやすいでしょう。

営業職に特別な資格は必要ありませんが、顧客の課題を発見する「洞察力」や新しいサービスを紹介する「提案力」、顧客から信頼を得るための「コミュニケーション力」が求められます。

現職と関連のある業界であれば、ある程度の知識が備わっているとみなされ、高い評価につながるはずです。

基本的なビジネスマナーが身についている28歳の人材は、即戦力になれる人材として期待される可能性もあります。

トラックドライバー

インターネットショッピングの普及とともに、運輸業界の人手不足は深刻化しており、なかでもドライバーの増員が業界全体の課題となっています。2024年4月には、働き方改革によってドライバーの時間外労働時間に制限が設定されるため、経験を問わず人材の確保が急がれている職種です。

トラックドライバーは基本的に一人で運転する時間が長く、とくに現職で人間関係に悩まされている方は居心地の良さを感じやすいかもしれません。

運転だけでなく、荷物の積み下ろしも職務のひとつとなるため、体力に自信がある方におすすめです。

介護職

介護職も、人材の確保が急がれており、未経験者が採用されやすい仕事です。

2023年時点において、全人口に占める65歳以上の高齢者の割合は29.1%と過去最高をマークしており、2065年には38.4%に達すると予想されています。これは、約2.6人に一人が65歳となることを意味する数値です。介護の仕事は将来的にも需要が高く、長く続けられる仕事といえます。

介護職では、目の前の利用者やその家族から直接感謝の気持ちを受け取れるため、人の役に立つ仕事がしたい方に向いています。

入職には簡単な資格の取得が求められますが、採用時には人柄が重視されるケースが多く、未経験者でも始めやすいでしょう。

【参考記事】統計トピックス No.138 統計からみた我が国の高齢者-「敬老の日」にちなんで-(2023年)|総務省
第1章 高齢化の状況(第1節 1)|令和4年版高齢社会白書(全体版)|内閣府

製造職

製造職は、転職活動の時点で専門的な資格を必要とされることが少なく、未経験者が挑戦しやすい仕事のひとつです。一定以上の品質レベルを維持するため、多くの工場ではマニュアルが完備されており、教育体制も充実しているといえます。

製造職には、組立、検査、加工、梱包などのさまざまな仕事があるのが特徴です。入社後に資格を取得すれば、任される仕事の範囲が広がり、キャリアアップにつながるケースもあるでしょう。

雇用形態や製品は求人によって異なるため、求人内容をよく理解したうえで応募するように注意してください。

28歳におすすめする転職エージェント

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強みがあります。例えば「求人数が多い」「20代の転職に強い」などです。そのため自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

28歳から転職をする際のよくある質問【Q&A】

ここでは、28歳で転職をする方に多い質問を取り上げて、解説していきます。

Q.転職回数が多い場合は採用されにくくなる?

短期間に転職を何度も繰り返していたり、明確な転職理由がない場合には、転職を希望する企業に採用されにくくなる可能性があります。

そこで転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談して、自分に合いそうな転職先を紹介してもらいながら、面談や転出書類の作成方法などの指導を受けると良いでしょう。

Q.28歳女性の転職は難しい?

28歳の女性でも、転職は十分可能です。

ただし、面接で今後のライフプランを聞かれた場合、結婚や出産について問う意図があると考えられます。あらかじめ、高評価につながるような受け答えを用意しておきましょう。

Q.28歳で2回目の転職は多い方?

28歳で2回目の転職は多いとは言えないでしょう。ただし「なぜ転職したか」という理由については、明確に説明できることが大切です。

「前職で経験したことをさらに活かせる職種に就きたい」や「キャリアアップのための資格を取得するために退職した」など、転職先にポジティブな印象を与えるような説明ができれば問題ないでしょう。

ただし、嘘は禁物です。採用担当者に質問されてもしっかりと回答できるように、キャリアアドバイザーと面談の練習をしておくことも重要です。

Q.28歳からでも異業種への転職は可能?

28歳から異業種へ転職することは可能です。特に30歳までの転職では、現職の経験やスキルを活かした異業種への転職に最適なタイミングと言えるでしょう。

なぜなら、採用する企業にとっては、ある程度の社会経験とビジネスマナーを習得した伸びしろのある人材に、大きな期待ができるからです。

そこで、自分の能力や経験を活かせそうな転職先がある場合には、積極的に転職活動をおこなってみると良いでしょう。転職エージェントを活用すれば、現職で仕事をしながら転職活動を並行して行えるので、おすすめです。

Q.28歳は年齢的に転職は最後にした方がいい?

28歳だからといって転職の最後のタイミングと捉える必要はありません。30歳を超えると、転職先で「即戦力」を期待されるケースが増えるものの、ハイクラスな転職ができることも少なくないからです。

そこで28歳の転職では、今後のキャリア形成をしっかりと見据え、よりステップアップできそうな企業を選択すると良いでしょう。

Q.無資格の場合年齢的に転職は難しい?

28歳の転職には、必ずしも資格が必要というわけではありません。あるに越したことはありませんが、資格を重視しない業種や職種はいくらでもあります。

大切なことは、これまでの経験やスキルです。そこで転職エージェントに相談して、ご自分のキャリアを活かせる転職先を探してみましょう。

Q.28歳で公務員に転職できる?

公務員は、28歳の転職先として選択肢に入れることが可能です。

多くの自治体では、公務員試験の上限が29歳〜30歳に定められており、28歳の方にもチャンスが広がっています。 公務員試験の準備には、一般的に半年〜1年程度の時間が必要だといわれています。

応募先の自治体の試験日程を確認し、計画的に勉強を進めるようにしてください。

Q.高卒の28歳でも転職できる?

高卒の方は、社会人として働き始めてから10年近くが経過しており、これまで積み上げてきた経験は何よりの強みとなります。実績や経験を具体的に述べて、即戦力になり得ることをアピールしましょう。

ただし、応募資格が「大卒以上」となっている場合、応募は難しいかもしれません。

Q.28歳フリーターから正社員に就職できる?

28歳のフリーターから正社員への就職は不可能ではありませんが、ハードルが高いのが事実です。

フリーターの就職支援を得意とする就活エージェントを利用し、フリーターの採用に前向きな企業を教えてもらうのがいいでしょう。

【関連記事】フリーターから正社員は難しい?就職できたリアルの体験談を元フリーターが解説

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

まとめ|未経験・スキルなし28歳での転職は厳しい?遅い?

この記事では28歳からの転職を成功させるためのポイントについて解説してきました。

いくつかのポイントさえ押さえてしまえば、28歳からの転職は難しくありません。

ここで解説した内容を実践して、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

\ 今すぐ転職しなくてもOK /
簡単な質問に答えて、現在の
あなたの市場価値がわかる

 

おすすめ度 ★5

 

ミイダス
無料診断する >
  • 7万人の転職データから市場価値(年収)を算出
  • 向いている仕事、ストレス耐性なども分析
  • 登録なし、所要時間5分でOK!

 

おすすめ度 ★4.8

 

ビズリーチ
無料診断する >
  • 質問に答えるだけで自動で職務経歴書を作成可能!
  • 登録後にスカウトを受け取ることで、今の転職市場価値がわかる
  • ハイクラス管理職やエグゼクティブに特化

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。