20代後半の転職事情|20代前半との違いや転職ポイントも合わせて解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

20代後半になると20代前半と転職事情も変わってきて、今までとは違った戦略を立てた転職活動が必要になってきます。

結論からお伝えすると、20代後半は転職もしやすい年齢層です。しっかり準備して挑めば今よりも良い職場で働けるチャンスは大いにあります。

ぜひ参考にしていただき、転職を成功させるヒントにしてみてください。

20代後半(年齢別)の転職
25歳の転職26歳の転職27歳の転職28歳の転職29歳の転職

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

20代前半と後半の転職活動の違い

20代前半の転職と20代後半の転職事情には、大きな違いがあります。

転職のしやすさに関しては、20代前半の方が有利ですが、20代後半の転職事情をしっかり理解してアプローチすれば、十分に転職を成功させられるチャンスがあります。

主な違いとして、以下の2つがあります。

20代前半20代後半
評価ポイントポテンシャルや人柄重視経験が求められ始める
社会経験1から教えてくれることもあるビジネスマナーはできて当たり前

以下で、それぞれがどのように影響するのかを解説しますが、結論から言うと、20代後半の転職では、これまでどのような働き方をしてきたかをしっかり見られるようになってきます。

スキルや実績を磨いてきた方は、十分に成功させやすいのですが、ただ何となくで働いていた方は、20代後半になって転職で少し苦戦してしまうかもしれません。

評価ポイントの違い

20代前半と20代後半では、評価されるポイントが違います。

20代前半は、社会人経験も少ないため、専門知識よりもポテンシャルで評価されます。

一方で、20代後半は、前職で培った経験やスキルが評価ポイントとなり、ポテンシャルに重点を置いた求人が少なくなる傾向です。

求人の幅広さでいえば、ポテンシャルで評価される20代前半の方が有利といえるでしょう。

社会経験の違い

20代前半と20代後半では、社会経験も異なります。そのため社会経験が多い傾向にある20代後半に対する見方は、20代前半よりもシビアになりがちです。

20代前半ならば、ビジネスマナーは最低限あれば良いですが、20代後半はビジネスマナーができていて当然という見られ方になります。

前職でビジネスマナーを培っていない20代後半は、転職活動を開始する前に基本的なビジネスマナーを会得しておく必要があります。

20代後半の転職は厳しい?20代後半の転職事情

20代後半からの転職事情について、さらに次の3つのポイントからも見ていきましょう。

20代後半と一重にいっても、未経験からの転職や女性の転職などで状況は異なります。

また、20代後半からの転職で年収がどのように変化するかも合わせて、以下で解説します。

年収の変化|年収アップしやすい

20代後半の転職では、年収アップを実現しやすいです。

転職サービスの『doda』が調査したところ、以下のような結果になりました。

引用元:doda|転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策

20代後半で年収があがりやすい要因は、企業の評価基準が大きく関係しています。

年功序列型の企業で働いていた場合では、実力が年収に反映されるわけではありません。

しかし、実力や実績を評価対象としている企業に転職すれば、年収アップが見込めます。

過去のスキルや実績ありきにはなりますが、20代後半のキャリアアップ転職では年収アップする可能性が高いといえるでしょう。

未経験からの転職事情|十分に可能

20代後半で、未経験の業種や職種への転職は可能です。

さらに、30代でも未経験業種・職種への転職は難しくありません。

転職エージェント『ビズリーチ』が「未経験の業種・職種に転職をしたときの年齢」を調査したところ、以下のような結果になりました。

20代29%
30代35%
40代25%
50代11%
出典:ビズリーチ|20代後半の転職は厳しい? 20代の転職のポイントをご紹介(2021年)

未経験への業種・職種への転職に成功している年齢は、30代が最も多く、20代が2番目です。

この結果から、20代後半の未経験業種・職種への転職は、難しくないといえるでしょう。

ただ、上でも触れたように20代後半の転職では徐々に経験者が求められ始めます。未経験職に転職する場合も、今までの経歴を活かせるような仕事や、同業界の別職種など、これまでの職歴を活かせる転職だと成功しやすくなります。

20代後半女性の転職事情|結婚・出産を敬遠されるケースがある

20代後半の女性の転職は、比較的厳しい側面があります。

女性の出産や結婚について、理解のある企業も増えてきましたが、女性の採用についてリスクを感じる企業もあるのが現実です。

20代後半になると、20代前半と比べて結婚や妊娠の可能性が高くなるため、企業としては産休や育休を考慮しなければいけません。

20代後半の女性の場合は、女性採用を積極的におこなっている企業選びが重要になるでしょう。

男女別20代後半の転職事情|成功割合や転職事例を解説

男女別に、20代後半の転職成功割合についてのデータを紹介します。データを見る限りでは、20代後半の転職は決して難しくありません。

以下では、20代後半の転職成功割合や転職事例を見ていきましょう。

20代後半男性の転職事情

転職エージェント『doda』の調査では、20代後半から30代で転職に成功しているというデータがあります。

引用元:doda|転職成功者の平均年齢調査(2021年)

上記のデータから、30代前半の転職成功者が最も多いとわかります。さらに、年代別の転職成功者の割合を見てみましょう。

引用元:doda|転職成功者の平均年齢調査(2021年)

2020年、2021年ともに、転職成功者の割合は、20代後半が約半数を占めています。

上記の結果から、20代後半男性は転職しやすいといえるでしょう。

20代後半男性の転職成功事例

20代後半男性の転職成功事例をいくつか紹介します。 転職成功事例から、自身の転職活動をイメージしてみましょう。

将来は会社経営に関わりたいというビジョンを描き、営業をしながら経営企画の経験も積めるスタートアップへ転職。

引用元:リクルートエージェント|20代後半は転職のチャンス?30歳を前に可能性を広げるキャリアの考え方

上記のように、転職に成功している20代後半男性は多いです。

年収アップに成功している人もいれば、自分のキャリアに合わせた転職に成功している人もいます。

20代後半での転職は、将来のためのチャンスといえるでしょう。

20代後半女性の転職事情

20代後半の女性でも、20代後半は転職しやすい年齢といえます。

転職エージェント『type女性の転職Agent』の調査によると、20代後半をターゲットとした求人数が多いとわかりました。

引用元:type女性の転職エージェント|20代女性が転職する前に知っておくべきこと-(2021年)

調査結果では、25歳以上から一気に求人数が増える傾向です。ただし、未経験からの転職の場合は求人数が少なくなります。

引用元:type女性の転職エージェント|20代女性が転職する前に知っておくべきこと-(2021年)

「未経験の方でも応募可能」としている求人は、25歳から減少していきます。

上記の結果から、20代後半の女性は未経験職種への転職は避け、できるだけ経験している職種への転職を検討した方が良いでしょう。

また、上でも触れたように、20代後半女性の結婚・出産を敬遠している企業があることも事実です。

特に結婚や出産・子育ても視野に入れている方は、『type女性の転職Agent』などの女性向け転職サービスを活用して、女性に対して理解が進んでいる企業を中心に転職先を探してみることをおすすめします。

20代後半女性の転職成功事例

20代後半女性の転職成功事例をいくつか紹介します。成功事例とともに「どんなポイントで転職したのか」を参考にしてください。

いずれも、転職エージェントを利用して、転職に成功された人の事例です。

良いご縁で今の仕事に携わることができ、転職して良かったと思います。働き方の面でも、遅くとも20時には退社するようになっていて、産休から戻られた方もいらっしゃるので、今後どのように働いていくかも長い目で考えられる環境になりました。転職活動は自分と向き合うきっかけになりました。自分がどうしたいのか問い、世間体や周囲の意見に左右されることなく、自分が良いと思うところで働くことが重要だと思います。[後略]

引用元:type女性の転職エージェント|株式会社ビービットへ転職した方のインタビュー

女性、同年代ということから、ご自身や周りの方の様子を踏まえて全国転勤がある営業職は負担が大きいのではないか。業務でやりがいを得られなくとも、前職より時間に余裕ができる分プライベートの充実が図れるのではないか。とアドバイスいただきました。[後略]

 引用元:マイナビエージェント|転職成功事例

女性の転職成功事例では、自身が望む働き方の他、プライベートを重視している人も多いです。

転職エージェントを利用することで、仕事もプライベートも満足できる転職に成功しています。 20代後半の女性は、転職が今後の人生を左右します。

女性としてのキャリアを考えるため、転職エージェントを利用し、女性採用に理解のある企業を探すと良いでしょう。

20代後半の転職失敗パターン

20代後半からの転職に不安を感じている人は、転職に失敗しているケースを参考にしてみましょう。

主な失敗パターンとして、以下4つが挙げられます。

転職するか迷っている人または転職で失敗したくない人は、それぞれを参考にしてください。

会社とのミスマッチ

20代後半からの転職で気を付けたいのが、会社とのミスマッチです。

20代後半だからといって焦って転職活動をすると、会社の情報や求人情報をしっかり確認せずに応募してしまい、以下のようなミスマッチを起こす可能性があります。

  • 希望していた職種と違う
  • 会社の文化と合わない
  • ブラック企業だった

20代後半は、20代前半と比べれば、転職活動を迅速に進めた方が良いです。

しかし、転職後に後悔しないよう、焦らず慎重に転職活動をおこなわなければいけません。

転職の目的が曖昧

20代後半では、転職の目的をハッキリさせておかなければいけません。

失敗ケースとして多いのが「今の会社を辞めたいから転職する」といった理由です。

明確な目的がなく転職をするだけでは、同じように転職を繰り返してしまう可能性があります。

そのまま30代に突入すると、職歴が無駄に増えて「仕事をやめやすい人」と判断され、さらに転職が難しくなるでしょう。

20代後半は、今後のキャリア形成する上で重要な年齢です。

そのため、なんとなくの転職ではなく、将来を考えた転職活動をおこないましょう。

年収にこだわりすぎてしまう

年齢に限らず、年収にこだわりすぎると、転職に失敗する可能性が高いです。

年収は、その人の貢献に対して支払われる額なので、最初から高い年収は望めません。

また、20代後半という比較的若い年齢で、高額な年収をもらっている人は少ないです。

そのため年収にこだわりすぎてしまうと、転職先が見つからなかったり、入社後に自分のスキル以上の仕事を任せられたり、様々な失敗に繋がります。

もちろん年収は重要な部分ですが、優先順位として1番で考えないようにしましょう。

転職癖がついてしまう

20代後半で注意しておきたいのが、転職癖です。

20代前半と比べて不利ではあるものの、30代や40代と比べれば、20代後半は転職しやすい年齢といえます。

前職で専門性の高いスキルを学んでいれば、比較的簡単に転職できてしまうでしょう。

しかし、転職が簡単にできてしまうと、転職癖がついてしまう可能性があります。

転職癖がついてしまえば、ストレス耐性がなくなり、すぐに転職するようになってしまいます。また、転職回数によっては、今後の転職活動に影響を及ぼしかねません。

このような失敗をしないためにも、転職の目的を明確にさせておきましょう。そうすれば転職癖は付かず、目標に向かって進み続けることができます。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

20代後半の転職者に求められるもの

20代後半で転職に成功するためには、主に以下の3つが求められます。

20代前半とは異なり、20代後半は即戦力になるかどうかが大きいでしょう。

20代後半は「これから育てていく人材」ですが、20代後半は「どのように活躍してくれるか?」を見られるためです。

具体的に、どのような部分を求められるのか、以下で解説します。

即戦力

全ての企業ではありませんが、20代後半では即戦力を求められる傾向が高いです。

20代後半は、比較的早い段階ではありますが、社会人としての基礎はできていると判断されます。

そのため、1から全てを教えるのではなく、ある程度のスキルがなければ転職に不利になってしまうでしょう。

専門的なスキルがない場合でも、一定のビジネススキルや社会人としての基礎は習得しておくべきです。

ポテンシャル

20代後半では、ポテンシャルの高さを求められる傾向が高いです。

「ポテンシャルが高い」というのは、主にその人の「潜在能力が高い」という意味を指します。

つまり、自己分析能力や向上心など、元々持っているその人の性質です。

とくに未経験業種・職種への転職では、迅速に仕事を覚えたり、社内に馴染んだりしなければいけません。

30代まで時間のない20代後半では、とくにポテンシャルを重要視されるでしょう。

これまでの経験やスキル

20代後半に限りませんが、これまでの経験やスキルも求められます。

企業としては「これまでの経験やスキルをどのように自社で発揮してくれるか」が重要なのです。

たとえば「前職でどのような役職についていたのか」「どのようなプロジェクトを任せられていたのか」は、採用において重視されるでしょう。

必ずしも経験やスキルがなければいけないわけではありませんが、転職先の会社で活かせる経験やスキルがある方が、転職には有利です。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

20代後半の転職で取得しておきたい資格

20代後半の転職で、有利になりやすい資格を紹介します。

有利になりやすい他、取得しやすい資格でもあるので、資格取得を検討している人は参考にしてください。

ただし、どの資格でも取得しておけばよいわけではありません。

自身の目指す転職先に必要な資格を見極めながら、資格取得を検討してみましょう。

プログラミング

IT企業への転職なら、プログラミングに関する資格を取得しておきましょう。

ただし、プログラミングの資格といっても、何系のプログラマーかによって、取得しておくべき資格は異なります。

最低限でも取得しておきたい資格は「基本情報技術者試験」です。

基本情報技術者試験では「Java」や「C言語」など、プログラミングの最低限の知識を得られます。

その他、業種別の資格は、以下のとおりです。

職種資格名
Webプログラマー・Oracle 認定 Java資格
・PHP技術者認定試験
・Ruby技術者認定試験
ゲームプログラマー・C言語プログラミング能力検定試験
・Unity認定試験
アプリケーションプログラマー・システムアーキテクト試験
・Android技術者認定試験
インフラ系プログラマー・LinuC
・MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)
・ORACLE MASTER(オラクルマスター)
・OSS-DB技術者認定資格

上記の資格は、専門的な知識が必要になり、学習時間も確保しなければいけませんが、基本情報技術者試験であれば2~3ヵ月の学習期間で取得可能です。

IT系への転職を検討しているのであれば、基本情報技術者試験だけでも取得しておきましょう。

簿記

簿記は、経理や会計の仕事でも生きる資格です。

簿記を持っていれば、基本的にはどんな職業でも歓迎されます。

ただし、転職に有利になる簿記の資格としては、簿記2級以上です。初級や3級では、あまり役に立ちません。

2級以上でも、2ヵ月ほどの学習で取得できるので、転職活動と並行しながら取得を目指してみましょう。

宅建士

宅建士は、幅広い業界で使える資格です。そのため、転職にも有利に働きます。

宅建士の資格が役立つ業種は、主に以下の5つ。

宅建士資格が役立つ業種
  • 不動産業界
  • 金融業界
  • 建築業界
  • 保険業界
  • 飲食業界

たとえば、飲食業のようなテナントを借りる場合にも役立ちますし、金融業で不動産担保を取る際にも役立ちます。

3~4ヵ月の学習で取得できるので、転職前に取得しておくと良いでしょう。

TOEIC

TOEICは、主に外資系の仕事に有利です。

近年では海外と取引をする企業は多くなっているので、幅広い業種で歓迎されるでしょう。

ただし、TOEICの点数が大きく影響し、転職に有利になるのは700点以上からです。

IIBCの「英語活用実態調査2019年度」によると、企業が海外部門の社員に期待するTOEICスコアは、690点でした。

出典:IIBC|英語活用実態調査2019

外資系企業へ転職したい人にとっては、TOEIC700点以上は必須といえるでしょう。

さらに、応募者の多い企業では、TOECIのスコアを採用基準にしている場合もあるため、取得しておくべき資格といえます。

20代後半が転職しやすい職種

20代後半で転職しやすい職種として、主に以下の7つがあります。

上記の企業や職種は、人材不足であったり、未経験可だったりと、転職しやすい傾向にある職種です。

なぜそれぞれの職種が転職しやすいのか、以下で解説します。

営業

営業職は、未経験でも転職しやすい職種としておすすめです。

営業職は教育体制が整っているため、未経験でも即戦力になりやすいからです。

新人に対してのロープレや訪問同行などを実施している企業が多く、実際に仕事をしながら知識を得られます。

とくに20代後半で、ある程度のビジネスマナーやコミュニケーション能力があれば、転職しやすいでしょう。

【関連記事】営業職は未経験者でも転職しやすい?営業の仕事内容と必要スキル、転職時の注意点を解説

介護

介護業界は、慢性的な人手不足であるため、転職しやすい業界です。

実際に、公共財団法人介護労働安定センターの調査によると、人手不足で悩んでいる介護施設は55%にものぼりました。

出典:公共財団法人介護労働安定センター|令和元年度「介護労働実態調査」の結果

また、介護スタッフの多くは30代~50代など、比較的年齢層が高めであるため、20代後半でも歓迎されます。

さらに、資格支援をおこなっている施設も多いため、今後介護の資格を検討している人にもおすすめの業界です。

エンジニア

エンジニア業界は、若手の需要が高い業界です。そのため、20代後半でも、転職しやすいといえます。

さらに、エンジニア市場は慢性的な人手不足であるため、未経験でも採用されやすいです。

ただし、資格を取得しておいた方が有利になるので、基本的な「基本情報処理技術者」の資格は、取得しておいた方が良いでしょう。

事務職

事務職は、過去に資料作成などの業務をおこなっていた人ならば、転職に有利です。

専門的な知識がなくても、一般的な事務処理能力があれば、採用されやすいでしょう。

また、比較的若手であるほど採用される傾向が高いため、20代後半にはおすすめの職種です。

医療や法律など、専門的な事務職をおこないたい場合は、それぞれに合った資格を取得しておきましょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は、若さと熱意があれば、転職しやすいです。

ベンチャー企業は、常に新しいビジネスモデルを検討しているため、若く斬新なアイディアを持っている人を歓迎する傾向があります。

「これから一緒に学びながら成長していこう」というビジネススタイルであるため、未経験でも問題ありません。

ただし、これから成長する企業であるため、年収には期待できない場合があります。

ベンチャー企業に転職する際は、事前の下調べをしておきましょう。

人材サービス業

人材サービス業は、人材派遣や人材紹介など、企業と人材をマッチングさせる仕事です。

企業の人手不足が問題となっている昨今では、人材サービス業界の需要も高まっています。

人材サービス業界に転職するためには、特化した専門的な知識を求められますが、必ず求められるわけではありません。

どちらかというと、人柄や熱意が重視される業界であるため、未経験でも転職しやすいです。

IT・Web

IT・Web業界は、慢性的な人手不足です。

総務省の調査では「DXを進める上での課題(日本企業)」として、人材不足が53.1%として圧倒的でした。

出典:総務省|情報通信に関する現状報告(2021年)

そのため、未経験であっても、将来性に期待した「ポテンシャル採用」を積極的におこなっています。

20代後半であれば、イチから学んでも戦力になる年齢なので、転職しやすい業界といえるでしょう。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

20代後半の転職ポイント

20代後半から転職するポイントについて解説します。

少しでも採用される可能性を高めるため、あるいは転職に失敗しないためのポイントとして、以下を参考にしてください。

なぜ「上記のポイントが大事なのか」「具体的にどのようなことをするべきなのか」を以下で解説します。

将来のビジョンを明確にしておく

転職失敗パターンの項でも記載しましたが、曖昧な理由での転職は失敗につながります。

そのため「将来自分がどうなりたいのか」「何を大切にしたいのか」を明確にして転職活動をおこないましょう。

たとえば、将来起業したいのであれば、会社をイチから成長させるようなベンチャー企業への転職が向いています。

専門的なスキルを身につけていきたいのであれば、専門資格を必要とする介護やIT・Web職が向いています。

自身の将来像を描き、達成に近づくような転職活動をおこないましょう。

企業の情報収集をしておく

転職に失敗しないためには、企業の情報収集を入念におこなっておくことが大切です。

企業の情報を調べておけば、面接でも好印象を与えられます。さらに入社前にミスマッチを防ぐための手段ともなり得るでしょう。

年齢に限らず、転職の際には企業の情報収集をおこなっておきましょう。

経験の棚卸をしておく

面接の際には、自分にどのようなスキルや経験があり、それがどのように役立つのかをアピールしなければいけません。

そのために、経験の棚卸が必要です。

主に、以下のような経験を振り返り、書き出してみましょう。

経験の棚卸で振り返るポイント
  • どんな業界を経験しているか
  • どんな業務を担当してきたか
  • 組織のなかでどんな役割を果たしてきたか
  • 過去の成功体験や成功した要因

これらは、自分の長所を伝える上で重要な情報になります。

面接でも問われる内容なので、すぐに答えられるように用意しておきましょう。

20代後半の転職は転職エージェントがおすすめ

20代後半からの転職は、転職エージェントの利用がおすすめです。

20代後半という比較的若い年齢では、具体的なキャリアプランや経験の棚卸が苦手な人もいるでしょう。

転職エージェントであれば、先述した「キャリアプラン」「企業の情報収集」「経験の棚卸」まで、専任のアドバイザーが一緒におこなってくれます。

さらに、面接対策や書類添削までおこなってくれるため、転職活動を進めやすいです。

以下では、20代後半におすすめの転職エージェントを紹介するので、ぜひ利用を検討してみてください。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と内定率に定評

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、求人数NO.1の転職エージェントです。業界最大級の求人数でありながら、内定率も高いことから、質量ともにそろった転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは提案力に定評があります。採用担当者にあなたのことを売り込み、給与交渉にたけています。

リクルートエージェントは転職活動を始めたときにまず最初に登録するエージェントとしておすすめです。

doda|求人数最多の転職サイト・幅広いキャリアの選択が可能

doda

doda』はパーソルキャリアが運営する転職サイトで、エージェントサービスの機能もあわせ持っています。

『doda』では、企業から直接オファーが届くスカウトサービスや年収診断、キャリアアップ査定といったツールも利用できるので、自分の市場価値を客観的に知ることができます。

自分の市場価値を手軽に知りたい方は登録してみてもよいかもしれません。

マイナビエージェント|面接対策・内定後の定着率に強み

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は、20代から高い支持を得ている転職エージェントです。充実したサポート体制と高い内定率に定評があります。

キャリアアップのためには、20代のうちに多くのスキルや経験を積むことが大切です。 マイナビでは、目先の結果だけではなく、5年、10年先を見据えたカウンセリングをおこないます。

エージェントに将来のキャリアを相談したい方におすすめです。

※女性で、事務職・販売・サービス職の方はこちらから

20代後半は転職のチャンス

20代前半と比べると厳しくなりますが、20代後半は決して転職が難しい年齢ではありません。

30代以降になると、さらに転職は難しくなるので、20代後半が転職のチャンスといえるでしょう。

現在20代後半で転職に迷いを感じているのであれば、機会を逃さないように、すぐに行動を始めてください。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。