JACリクルートメントの評判は最悪?登録前に見たい口コミまとめ|転職成功のコツも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

JACリクルートメントの評判に良い口コミと悪い口コミがあるけど、実際はどうなの?

JACリクルートメントって使っても大丈夫?

といった疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

JACリクルートメントは、ハイクラス求人や外資・グローバル系が得意な転職エージェントです。

オリコン顧客満足度調査では、2019年から2023年のハイクラス・ミドルクラス転職で5年連続1位を獲得しています。

おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職ランキング・比較 オリコン満足度調査
(参照元:おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職ランキング・比較 オリコン満足度調査

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラス転職を目指す人にとって、魅力的なサービスを提供しています。

しかし、JACリクルートメントを利用した評判の中には、悪い口コミがあり、活用するのに一歩踏み出せない場合もあるでしょう。

そこで本記事では、JACリクルートメントの評判から分かるメリットやデメリット、活用がおすすめな人について解説します。

JACリクルートメントを最大限活用し、転職を成功させる方法も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

JACリクルートメントの良い評判・口コミから分かるメリット

JACリクルートメント

JACリクルートメントの良い評判・口コミから分かるメリットは、下記のとおりです。

JACリクルートメントの良い評判・口コミ
  • ハイクラス向け求人の紹介が受けられる
  • 外資系・グローバル企業へ転職できる可能性がある
  • 地元へのU・I・Jターンができる
  • 複数の面談方法から選択できる
  • 支援実績が豊富で信頼できる
  • 専門性に特化したアドバイスを受けられる
  • 企業と求職者の担当が同じになる

JACリクルートメントを利用した人からは、さまざまな評判が寄せられています。JACリクルートメントを利用するうえで、気になる部分の評判があれば、より参考にできるでしょう。

JACリクルートメントの評判が気になる場合は、ぜひ参考にしてください。

ハイクラス向け求人の紹介が受けられる

20代男性

私がJACリクルートメントを利用しようと思ったキッカケは、他の転職エージェントに比べても求人の質が高いという評判があったからです。実際、幹部候補の求人が多数有り、自分的にはまあまあ選びやすくはありました。

30代女性

ハイクラス求人が目的でJACリクルートメントを利用しました。ハイクラス求人の多さはもちろんでしたが、それぞれの求人企業によって専門の担当の方が違っていたので、より一層深い情報やサポートがあり助かりました。

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントは、高いスキルや経験を持つ専門職や管理職を対象としたハイクラス向け求人の紹介が受けられるため、多くの利用者から好評を得ています。

ハイクラス求人は、高い給与やキャリアアップのチャンスが提供されるため、多くの人にとって魅力的な選択肢となるはずです。

JACリクルートメントは、幅広い業界や職種のハイクラス求人を取り扱っており、求職者に適した求人を提供しています。

ただし、ハイクラス求人の紹介を受けるには、自身のスキルや経験を正確にアピールし、希望条件を明確に伝えることが重要です。

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは、求職者の強みやキャリアゴールを理解し、適した求人を選定して紹介してくれます。

前職で実績を残しているのに待遇が上がらないと悩む場合は、JACリクルートメントのハイクラス求人を利用しましょう。

外資系・グローバル企業へ転職できる可能性がある

30代男性

実績やスキルにも自信があり、海外進出をしたいと考えていたので、外資系にも強いJACリクルートメントを利用しました。アドバイザーの方は外資系に関しても知識が高く、情報量も豊富だったので心強かったですし、こちらとしても不安があった中で背中を押してもらえ、無事に転職ができたので助かりました。

20代男性

JACリクルートメントを利用した経緯は、海外での就職を目指していたためです。JACは海外での求人情報が充実しており、自分の希望する条件に合った求人を見つけることができました。また、面接対策や書類作成などのサポートも行ってもらい、海外就職に関する不安点を解消することができました。利用してみて感じたのは、海外就職に特化したサービスで、求人情報の充実度やエージェントのサポートにおいて、非常に高いレベルのものだと感じました。

※ユーザーアンケートより抜粋

転職エージェントには、それぞれ保有している求人に特徴があり、紹介できる幅が決まっています。その中でも、外資系やグローバル企業を求人紹介できる転職エージェントは少ない傾向にあります。

JACリクルートメントは、外資系やグローバル企業の求人を豊富に抱えているため、海外に関わるビジネスに挑戦したい人にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

そもそもJACリクルートメントは、1975年に英国初の日系人材紹介会社として誕生した背景があり、現在は下記11の国でサービスを提供しています。

JACリクルートメント12カ国拠点一覧
  • 日本
  • シンガポール
  • マレーシア
  • インドネシア
  • タイ
  • 香港特別行政区
  • 韓国
  • ベトナム
  • インド
  • 英国
  • ドイツ
  • アメリカ

外資系やグローバル企業は、国内外で多岐にわたるビジネスを展開し、幅広い業界で高度な専門知識や国際的な視野を持つ人材を求めています。

条件が難しい企業へ転職するには、エージェントが持つ専門的なサポートが欠かせません。

JACリクルートメントは、外資系・グローバル企業との強固なパートナーシップを築いているため、転職するための情報を提供できます。

また、求職者が外資系・グローバル企業に対するアピールを高めるサポートも実施しているので、安心して進められるでしょう。

複数の面談方法から選択できる

20代男性

10年勤務した会社からの転職先を探すために登録しました。 まずオンラインでの面談があり、希望の条件や仕事内容を聞かれました。 その後いくつか案件を紹介していただきました。

※ユーザーアンケートより抜粋

求職者のスタイルに合わせてJACリクルートメントでは、対面での面談やオンラインでの面談、電話での相談など、求職者の都合・状況に合わせて異なる方法で面談できます

オンラインでの面談できるため、遠方に住んでいる求職者や仕事や家庭との両立が難しい方でも、手軽にキャリア相談を受けることができます。

自分が希望する転職スタイルに合わせて進められるのは、求職者にとって大きなメリットになるでしょう。

支援実績が豊富で信頼できる

20代男性

年収アップが目的でJACリクルートメントを利用しましたが、本当に納得できる提案ばかりしてもらえた印象を受けましたし、求人紹介も先ずミスマッチがなかったので、不満に感じることがない程に満足度は高かったです。

30代男性

30代になりスキルにもある程度自信が付いてきたので、そろそろキャリアアップをしたいと思いJACリクルートメントを利用しました。先ず非公開求人の多さには驚きましたし、年収も1000万円を超える求人がとても充実していたので、選択肢は非常に広がりました

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントは、長年のキャリアアドバイザーの経験を活かし、多くの転職成功事例を持っています。ハイクラス・ミドルクラス転職の実績は、下記のとおりです。

  • 30代男性:年収1,000万円から年収1,200万円へ転職
  • 20代男性:年収1,000万円から年収1,000万円+インセンティブ

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職支援実績が豊富なため、同じような状況やキャリア背景を持つ人がどのように進めたいのかによって、的確なアドバイスが可能です。

転職支援実績があるサービスは、安心して利用できるのも大きなメリットです。とくに、ハイクラス・ミドルクラスの転職は、本当にできるのか心配になるケースが多くなります。

JACリクルートメントは、転職するために必要な行動を網羅しているので、大手や外資系、グローバル企業に挑戦したい場合は、よりメリットに感じるでしょう。

専門性に特化したアドバイスを受けられる

30代女性

キャリアプランを考えていると、今ハイクラスに転職しないと先が見えないと思ったので、JACリクルートメントを利用しました。こちらとしても早く転職をしたかった中、スピーディーな対応をしてもらえましたし、改めてキャリアプランを見直しながら転職する事ができたので、非常に助かりました

20代男性

30代後半になり、将来の事を考えて年収を上げたいと思いJACリクルートメントを利用しました。やはり転職に特化されている会社なので、アドバイザーの方もピンポイントな対応をしてもらえましたし、ハイクラスな外資系企業に転職ができ非常に満足でした。

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントは、各業界・職種、企業における転職サポートを徹底するために、約1,200名のキャリアアドバイザーが所属しています。

JACリクルートメントでは、医療業界や金融業界の求人情報や転職市場の動向を理解しているアドバイザーが、適切なアドバイスを提供してくれます。

求職者は専門性に特化したアドバイスを受けることで、より具体的な方向性を持ち、的確な転職活動を進められます。

専門職に転職したい人にとって、各業界・職種・企業に精通しているキャリアアドバイザーのサポートを受けられるJACリクルートメントは、魅力的なエージェントとなるでしょう。

企業と求職者の担当が同じになる

20代男性

ハイクラス求人が目的でJACリクルートメントを利用しました。ハイクラス求人の多さはもちろんでしたが、それぞれの求人企業によって専門の担当の方が違っていたので、より一層深い情報やサポートがあり助かりました

※ユーザーアンケートより抜粋

従来の転職活動では、求職者が応募した求人情報や企業に対して面接を行うときに、人材紹介会社と企業の担当者が異なるケースが一般的です。

JACリクルートメントでは、求職者と企業の担当が同じになるため、双方の間で円滑なコミュニケーションが取りやすくなります。

たとえば、求職者が自分の希望や強みを正確に伝えることができ、企業のニーズと一致した場合、効果的なマッチングが実現しやすくなります。

企業に関する詳しい情報が聞くことができれば、転職後のミスマッチも防げます。

求職者と企業のニーズを的確に把握し、活用して最適なマッチングを実現できる点は、JACリクルートメントの強みです。

同じ担当者が求職者と企業の双方に対応することで、信頼感や透明性が高まり、転職成功へと導くでしょう。

地元へのU・I・Jターンができる

JACリクルートメントは、地元へのU・I・Jターンを考えている人にとっても有益な転職エージェントとして評価されています。

Uターン:転職を機に地元に戻る

Iターン:自分が住んでいる地域で転職する

Jターン:過去に住んでいた場所に転職する

JACリクルートメントは、下記の地域に拠点を置いており、それぞれに精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、地元の求人や企業事情について的確な情報提供を行っています。

12ヵ所の国内拠点一覧

東京本社(東京都千代田区)、東北支店(宮城県仙台市)、北関東支店(埼玉県さいたま市)、横浜支店(神奈川県横浜市)、静岡支店(静岡県静岡市)、浜松支店(静岡県浜松市)、名古屋支店(愛知県名古屋市)、京都支店(京都府京都市)、大阪支店(大阪府大阪市)、神戸市(兵庫県神戸市)、中国支店(広島県広島市)、福岡支店(福岡県福岡市)

全国に12ヵ所の拠点を作っているからこそ、U・I・Jターンを可能としています。

JACリクルートメントでは、求職者の想いに答えられるように、柔軟な対応ができるように準備しています。

「地元に転職したい」「いままでお世話になった地域に還元したい」などの想いがあり、U・I・Jターンを検討している場合は、ぜひJACリクルートメントを利用ください。

調査期間:2023年4月13日〜2023年4月27日
調査対象:JACリクルートメント利用者男女100名
調査方法:インターネットによるアンケート

JACリクルートメントの悪い評判・口コミのデメリット

JACリクルートメントの悪い評判・口コミのデメリットは、下記のとおりです。

JACリクルートメントの悪い評判・口コミ
  • 経歴・スキル・実績によって紹介できる求人数が減る
  • 大手に比べると求人数が劣る
  • 担当者によってサポートの質が下がる

JACリクルートメントを利用する場合は、悪い評判も把握したうえで総合的に判断することをおすすめします。なぜなら、JACリクルートメントにも、支援できる求職者とできない求職者に分かれるからです。

JACリクルートメントが自分に合うか見極めるためにも、ぜひ参考にしてください。

経歴・スキル・実績によって紹介できる求人数が減る

30代女性

ハイキャリア案件が多いと聞いていたので、転職の為にJACリクルートメントを利用しました。コンサルタントの方はキャリア相談にも親身に乗ってもらえましたが、条件が厳しく応募すらできない案件ばかりだったので、非常にハードルの高さを感じました

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントの悪い評判や口コミのひとつとして、求職者の経歴やスキル、実績に合った求人情報を得るのが難しいという指摘があります。

自分に合う求人がない場合、自身の能力を最大限に活かせるような職種に出会うことができない可能性があります。

しかし、求職者のスキルや経験、実績によって紹介できる求人数が限られてしまうのは、JACリクルートメントだけでなく、転職エージェント業界全体で起こりえる現象です。

転職エージェントは、それぞれによってコンセプトが決められており、支援できる求職者を絞っています。

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職に特化しているため、スキルや経験、実績が求められます。

スキルや経験、実績に自信がない求職者は、他の転職エージェントを併用し、JACリクルートメントから紹介される求人と比較・検討することで、自分に合う企業を見つけられます。

自分のスキルや経験を客観的に評価してほしい場合は、ハイクラス・ミドルクラスの支援を得意としてるJACリクルートメントに相談すると、どのくらいの条件で転職できるかアドバイスをもらえるでしょう。

大手に比べると求人数が劣る

20代男性

友人の紹介で登録してみましたが、自分の武器が明確な人向けなサービスなのかなと思いました。
私は、年齢、経歴、実績と考慮して、
自身の希望に合致した求人がなかったようで紹介してもらえませんでした
一つの職種で長くキャリアを積んだスペシャリストでないと相手にしてもらえない印象を受けました。

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントが紹介できる求人数は、約35,000社になるため、大手と比べてしまうと少なく感じてしまうでしょう。JACリクルートメントが保有している求人数が少ない理由は、大手や優良企業に特化し、さらに厳選しているからです。

また、非公開求人が65%になっているので、JACリクルートメント経由でしか転職できない企業が多くあるのも特徴です。

求職者視点から見ると、求人数が少ない転職エージェントは、適切な職種や条件にマッチする求人情報を見つけるのが難しくなるかもしれません。

とくに、特定の業界や職種を希望する場合、選択肢が限られることで、理想的な転職先を見つける難度が上がる可能性があります。

JACリクルートメントから紹介を受ける求人数が少ないと感じるときは、他の転職エージェントを併用することで、問題を解消できるだけでなく、より自分に合う転職先を見つけられるでしょう。

担当者によってサポートの質が下がる

30代女性

高収入の仕事に転職できればと思いJACリクルートメントに登録しました。他ではあまり見ない求人も様々にありましたし、担当の方も知識が豊富で頼りにはなりましたが、とにかく上から目線でものを言われるばかりだったので、非常に相談しにくかったです。

※ユーザーアンケートより抜粋

JACリクルートメントを含む人材紹介プラットフォームでは、求職者が適切な求人情報を見つけるためのサポートが重要です。

しかし、JACリクルートメントの悪い評判や口コミの中には、担当者によってサポートの質が下がるという指摘が見られます。

担当者によってサポートの質が落ちるのは、JACリクルートメントだけでなく、他の転職エージェントでも起こる可能性がある現象です。

転職エージェントは、一人ひとりによって特徴が異なります。JACリクルートメントを利用する人の中には、担当者との相性が悪く、サポートの質が悪いと感じるときもあるでしょう。

もし、転職エージェントのサポートの質に問題があると思ったときは、遠慮なく変更申請を行いましょう

基本的に、転職エージェントの変更を申し出れば、違う担当者を紹介してくれます。ただし、変更をするときに詳しい理由を伝えないと、相性が良い担当者と出会えない可能性があります。

どのような部分でサポートの質が悪いと感じたのか明確にできれば、JACリクルートメント側も理解でき、より適切なエージェントを紹介できるでしょう。

調査期間:2023年4月13日〜2023年4月27日
調査対象:JACリクルートメント利用者男女100名
調査方法:インターネットによるアンケート

JACリクルートメントがおすすめな人の特徴3つ

JACリクルートメントがおすすめな人の特徴は、下記のとおりです。

JACリクルートメントがおすすめな人の特徴3つ
  • スキル・経験・実績を活かしてハイクラスの転職を目指したい人
  • 外資・グローバル系の企業へ挑戦したい人
  • マイペースで転職活動を進めたい人

JACリクルートメントは、ハイクラス求人や外資・グローバル系が得意な転職エージェントです。オリコン顧客満足度調査では、2019年から2023年のハイクラス・ミドルクラス転職で5年連続1位を獲得しているほどです。

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスの転職支援実績も豊富で、多数のエージェントが在籍しています。

上記の特徴に該当する人で、JACリクルートメントの活用を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

(参照元:おすすめのハイクラス・ミドルクラス転職ランキング・比較 オリコン満足度調査

スキル・経験・実績を活かしてハイクラスの転職を目指したい人

JACリクルートメントは、スキルや経験を活かしてキャリアをさらに高めたい人におすすめです。とくにハイクラス・ミドルクラスの転職を考えている人にとって、JACリクルートメントのサポートは有益になるでしょう。

スキルや経験を活かしてハイクラスの転職を果たすためには、志望先の求人に関する情報収集が不可欠です。

JACリクルートメントは、幅広い業界や職種の求人情報を提供しており、求職者が自身のスキルセットに合ったポジションを見つけやすい環境を整えています。

ハイクラスのポジションでは、求人情報の質が高く、企業側も優れた人材を採用したいというニーズが強い傾向にあります。

過去の実績や成果が評価されるポジションでは、自身の実績を適切にアピールすることが重要です。

JACリクルートメントは、求人情報のマッチングだけでなく、応募書類のアドバイスや面接対策などもサポートており、求職者が自身の実績を効果的にアピールできるよう支援しています。

ハイクラス・ミドルクラスに転職する方法を網羅的に知っているJACリクルートメントは、キャリアアップをした人にとって重要なパートナーになるでしょう。

外資・グローバル系の企業へ挑戦したい人

JACリクルートメントは、外資・グローバル系の企業との強いパートナーシップを持っており、ネットワークを活用して求職者に適切な求人情報を提供しています。

とくに外資系企業は、国内外における拠点展開が多いため、異なる地域でのチャンスも広がっています。

JACリクルートメントは、求職者が自身のスキルや経験を最大限に活かし、外資・グローバル系企業での転職を成功に導くためのサポートが得意です。

外資・グローバル系の企業からは、高い国際性と専門性を求められるため、スキル・経験・実績を的確にアピールする必要があります。

JACリクルートメントでは、求職者のスキルや志向に合わせて、外資・グローバル系企業にマッチした求人情報を提案し、適切なキャリアパスの構築を支援できます。

そのため、外資・グローバル系の企業への挑戦を考える人にとってJACリクルートメントは、魅力的な求人情報とサポートを提供する転職エージェントとなるでしょう。

マイペースで転職活動を進めたい人

ハイクラス・ミドルクラスへの転職は、決して簡単ではありません。JACリクルートメントは、大手や外資・グローバル系に転職する難しさを知っています。

JACリクルートメントでは、求職者が自分のペースで求人情報を収集し、検討するための環境を提供しています。ただし、求職者が早急に転職したい場合は、希望に合わせたサポートが可能です。

しかし、ハイクラス・ミドルクラスへの転職では、事前に準備が重要になるので、焦って活動をしてしまうと、書類や面接対策がおろそかになる可能性があります。

ハイクラス・ミドルクラスへ転職するには、それ相応の時間が必要です。

JACリクルートメントでは、求職者のスケジュールに合わせて情報収集や応募を進められるため、忙しい日常生活の中でも無理なく転職活動を進められます。

マイペースでハイクラス・ミドルクラスへの転職を目指したい人は、JACリクルートメントの利用が適しているでしょう。

JACリクルートメントの登録から内定までの流れ

ここでは、JACリクルートメントの登録から内定までの流れを解説します。どのような流れで転職活動が進むのか気になる方はぜひ参考にしてください。

  1.  会員登録
  2.  カウンセリング・面談
  3.  求人の紹介
  4.  応募書類の添削・面接対策
  5.  内定・入社
  6.  アフターフォロー

会員登録

まずはJACリクルートメントの公式ホームページから、無料の会員登録をおこないます。直近の業種や住まいの地域、年収、メールアドレスを入力して仮登録をおこないましょう。

メールで本登録用のURLが送られてくるため、内容にしたがって本登録をおこなってください。

本登録では、氏名や生年月日といった個人情報から、Web履歴書、職務経歴書のデータを入力していきます。

Web履歴書と職務経歴書は後から再入力できるので、時間のない方は仮入力でもかまいません。また、時間がない場合は、入力が簡単になるサンプルの活用もおすすめです。

会員登録が完了したら、JACリクルートメントの担当者からメールや電話がきます。ここで、今後の流れの説明を受けたり、カウンセリング・面談の日時を決めたりすることになります。

転職活動の進め方やスケジュール感、転職の意思などを聞かれる可能性があるので、面談前に軽く自己分析しておくのがおすすめです。

カウンセリング・面談

JACリクルートメントのカウンセリング・面談は、対面・電話・オンラインの3種類から選べます。担当者との相性は、転職というこれからの人生を大きく左右する出来事の成否に関わってきます。可能な限り対面かオンラインで、お互いの顔を見てコミュニケーションを取るのがおすすめです。

求人の紹介

希望条件や転職活動のスケジュール感を話し合ったら、担当者が条件に合う求人を紹介してくれます。さまざまな求人の中で、気になった点を聞いておきましょう。

応募書類の添削・面接対策

JACリクルートメントを利用するひとつのメリットとして、ハイクラス・ミドルクラスに特化した担当者によるサポートが挙げられます。応募書類の添削や面接対策をしてもらうことで、選考に通りやすい書類を作成できるでしょう。

内定・入社

実際に選考が進んでいき、内定を獲得したら内定を承諾するかどうか、選考状況によっては保留するかどうかを選ぶことになります。内定後におこなう現職の退職手続きサポートもおこなっているので、ぜひ利用してみましょう。

アフターフォロー

JACリクルートメントでは、入社後のアフターフォローも整備されています。キャリアに関する相談や、キャリアアップのためのビジネスセミナーなど、転職先が決まってからも継続したサポートを受けられるのが魅力です。

JACリクルートメントを最大限活用する5つの秘訣

JACリクルートメントを最大限活用する秘訣は、下記のとおりです。

JACリクルートメントを最大限活用する5つの秘訣
  • 担当者とこまめに連絡を取る
  • スキルや経歴は正直に伝える
  • いつまでに転職をしたいのか明確にする
  • 転職エージェントのアドバイスを鵜吞みにしすぎない
  • 転職エージェントを併用する

JACリクルートメントのサービスをより充実して活用し、ハイクラス・ミドルクラスへの転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてください。

担当者とこまめに連絡をとる

JACリクルートメントを最大限に活用する秘訣は、担当者とのこまめな連絡を取ることです。転職活動は、情報収集や面接のスケジューリング、応募書類の提出など、多くのタスクが組み合わさります。

担当者との定期的な連絡では、自身の転職活動の進捗状況を共有したり、疑問や不安を解消したりすることで、よりスムーズな活用ができます。

担当のエージェントとの連絡は、遅くとも3日に1回のやり取りを行いましょう。

JACリクルートメントは、ハイクラス・ミドルクラスへの転職を成功させるために、求職者のスピード感に合わせてサポートしてくれます。

担当のエージェントとこまめに連絡を交わし、協力的なコミュニケーションを心掛けることで、JACリクルートメントを効果的に利用できるでしょう。

スキルや経歴は正直に伝える

ハイクラス・ミドルクラスへ転職するために、スキルや経験、実績を盛るのはNGです。

転職エージェントは、求職者から得た情報をもとに求人を紹介します。また、求職者の情報をもとに推薦状を提出するため、そのままの経歴が伝わります。

仮に、嘘の情報がバレてしまうと、志望先から不合格になるだけでなく、JACリクルートメントを利用できなくなる可能性があるでしょう。

ハイクラス・ミドルクラスへ転職したいからといって、スキルや経験、実績に嘘をつくと、大きなリスクを抱えることになります。

JACリクルートメントのサポートを最大限に活用するためにも、自分の情報は包み隠さず正直に伝えることが大切です。

いつまでに転職をしたいのか明確にする

JACリクルートメントを最大限に活用するには、転職の目標時期を明確に定めることが重要です。JACリクルートメントは、求職者のプロフィールや希望条件をもとに、適切な求人情報を提案してくれます。

転職する時期を明確に設定することで、求職者のスケジュールに合わせて進めることができます

また、転職時期が決まっている求職者を優先的にサポートしてくれるため、いつまでに転職するのか明確にしておきましょう。

ただし、転職する時期を決める際は、現在の職場やプライベートの状況を考慮する必要があります。

予定の変更が難しい時期や、プロジェクトの区切りなどを踏まえて、転職の適切なタイミングを検討しましょう。

転職エージェントのアドバイスを鵜吞みにしすぎない

転職エージェントは、求職者に対して求人情報の提供や活動のサポートを行う専門家です。

しかし、転職エージェントのアドバイスを受けるときは、鵜吞みにしすぎないことが重要です。

なぜなら、転職エージェント自身の経験をもとにしたアドバイスであるため、一人ひとりの状況やニーズに合わない場合もあるからです。

求職者の経験やスキル、キャリアの目標は多様であり、一人ひとり異なるため、同じアドバイスが必ずしも最適とは限りません。

転職エージェントのアドバイスを、自身の状況や希望に合っているか取捨選択することが大切です。

必要であれば、転職エージェントとのコミュニケーションを通じて詳細を共有し、より適切なアドバイスをもらいましょう。

JACリクルートメントは求職者とのコミュニケーションを重視し、個別のニーズに合わせたサポートを提供しています。しかし、最終的な判断は求職者自身が行うべきです。

JACリクルートメントを活用するときは、担当エージェントのアドバイスを参考にしつつ、自身の意見も持つようにしましょう。

他の転職エージェントと併用する

JACリクルートメントは、求人情報の収集やスキルマッチング、面接のサポートなど、転職活動のあらゆる段階でサポートしてくれます。

ただし、JACリクルートメントの求人はハイクラス・ミドルクラスが多いため、求職者によっては合わない可能性があります。複数の転職エージェントを活用すれば、ハイクラス・ミドルクラスだけでなく、他の求人も比較・検討できるはずです。

ハイクラス・ミドルクラスだけの求人に絞ってしまうと、自分の選択肢を狭くしてしまう可能性があるでしょう。

複数の転職エージェントから求人紹介を受ければ、より相性の良い企業を見つけられます。転職エージェントの意見を多角的な視点から受ければ、より質の高い転職活動ができます。

JACリクルートメントを活用するときは、他の選択肢も増やせるように、複数の転職エージェントを併用しましょう。

JACリクルートメントと併用したいおすすめの転職サービス4

ここでは、JACリクルートメントと併用したいおすすめの転職サービスを4つ紹介します。

  • ビズリーチ
  • パソナハイクラス
  • doda
  • リクルートエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

評判・口コミ

ハイクラス求人への転職を検討している際に、広告をFacebookで見かけたので、登録しました。

他社の紹介サービスも活用していましたが、年収800万以上の求人数が圧倒的でした。ハイクラス求人に特化されていることもあり、サポートの方からも、多くのノウハウを教えて頂きました。

30代での転職は非常に悩みましたが、ビズリーチと出会えたことで、転職の踏ん切りがつきました。初めての事で戸惑うことばかりでしたが、最後までアドバイスを下さり、感謝しています。

ありがとうございました。

引用元:ビズリーチの口コミ・評判|みん評

今まで仕事で培ってきたスキルを次の仕事でも活かしたかったので、マッチング率が高いと評判の転職サイトに登録しました。

登録時に作成した職務経歴をベースに企業側からスカウトメールが届く仕組みなので、いかに完成度の高い職務経歴書を書くかが肝要だと思います。

年収の高い求人に応募するには有料会員になる必要がありますが、会費に見合った求人があるので、職歴やスキルに自信があり、収入アップを狙う人は断然有料会員がオススメです。

私も有料会員になり、仕事を探した結果、前職の経験を活かせる仕事に就く事ができ、年収も2割ほどアップしました。この転職サイトを使って、満足のいく転職活動ができたと思っています。

引用元:ビズリーチの口コミ・評判|みん評

私はプロフィール作成で手こずりました。

何度入力しても、プロフィールに不備があると表示され、そこをタップすると、具体的な解決方法が記されておらず、仕方なく自力で入力を繰り返した結果、要らない職歴を入力してしまうミスまでしてしまったため、サポートデスクを探し、メールにて数回そのメッセージを添付して回答を求めたのですが、その回答も的を得ておらず、欲しい回答がいただけませんでした。こんな質問をするのは私だけなのかなと思いました。やり取りは3回ほど続いたのですが、本日見てみると、最後通告のように「数ある中から選んでくださってありがとうございます、ご期待に添えず申し訳ございません。ご理解ください」とのこと。え?私はビズリーチを使えないってこと?と思い、せめて質問にだけは回答してくださいとメールしたのですが、返答はありませんでした。ネットでも評判良いし、CMもやってるので、信用していたので、すごくがっかりしています。もっと利用者のことを考えてサポート体制を強化してください。

引用元:ビズリーチの口コミ・評判|みん評

口コミでは、ミドル世代からの転職に成功した例や、収入が上がったという声が多く見受けられます。ただし、プロフィール作成でパソコンやスマートフォンの操作スキルが求められるほか、有料会員でないと年収が高い求人に応募できないといった意見も確認されました。

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

評判・口コミ

転職エージェントは多くなっておりますが、キャリアアドバイザーのサービス内容が充実しているということでパソナキャリアを選択しました。1度転職に失敗していたために、転職に対して不安を感じることが多かったのですが、キャリアアドバイザーの方に色々と相談しアドバイスをもらえたことで、自信をもって転職に臨むことができたのです。やはり転職エージェントを選択する際には信頼できるアドバイスがもらえる所を見つけるということが大切になるのだと実感しています。

引用元:パソナキャリアの口コミ・評判|みん評

転職活動期間にお世話になりました。大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。

面接が苦手でうまく思ったことが伝えられない、といったことにも親身になって相談にのってくださいました。転職活動期間は長引けば長引くほどマイナス思考になりがちですが、こちらのコーディネーターさんはどの方も近い距離で色々な面においてアドバイスをくださいます。今は、長期雇用の派遣で安定していますが、また何かの際には真っ先に連絡したいと思わせてくれる会社です。

引用元:パソナキャリアの口コミ・評判|みん評

担当者次第かもしれないが、エージェント、そしてキャリアアドバイザーとしての意識がとても低く感じた。

応募者やその方の個人情報や職務経歴書などを、ただのデータとしてしてしか扱っていない。

その為、エージェントとしては有るまじきミスをしたのだろう。

速やかに退会をしたが、こちらを選んでしまった私のミスでもあったので、今後は慎重になろうと思う。

引用元:パソナキャリアの口コミ・評判|みん評

口コミでは、サービス内容の良さや、適切なアドバイスが高い評価を得ています。担当者の良し悪しがあるという声が見受けられましたが、これはパソナキャリアだけの問題ではなく、転職エージェント全体に共通する問題点です。

担当者に不満を感じる、相性が悪いと感じる場合は、窓口からサポートスタッフに相談しましょう。

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

評判・口コミ

年齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。マッチングしている企業様からメールがかなりの量来るので諦めずに続けられました。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判|みん評

大卒後、契約社員と派遣社員を1年ずつ経験しただけのスキルの足りない私でしたが、契約や派遣の危うさを感じ、何とか今のうちに正社員になりたいとエージェントに複数申し込みました。 中でも、DODAは、一番スピード感があり、コーディネーターさんも親身になって相談に乗って下さり、圧倒的な求人案件の量で、一日も早く転職を決めたいと思ってる方には絶対にお勧めしたいです。私は企業に応募してから2週間で正社員として内定を貰えました。自分のやりたかった職種ですし、内定承諾時に送られてきた採用条件も驚く程良いもので、年収は百万円位上がる予定です。企業もDODAだけの優良企業も多くあり、あまりにも私が内定頂いた企業も条件が良かったので、最初は不安でしたが、いざ出社してみると皆さん感じが良く、とても良い環境でお仕事させて頂いています。 正社員になれて本当に良かった、DODAにお世話になって本当に良かったと、今は感謝しかないです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判|みん評

会員登録後、いきなりフリーダイヤルでの着信が掛かってきた!

しかもその転職サイトに連絡先等掲載されていない。

後でそのフリーダイヤルで検索したらdodaであることが判明。

てかこんな対応の仕方あり得ない。発信地域も特定できず恐怖を感じた とりあえず電話してみたところ喋り方にしては、全くキャリアコンサルタントというイメージではなく、更に語尾の話し方が荒くこの女性担当者で大丈夫か~?と寒気感じるようになった

しかも別の日に30分も電話面談なんてとても無理。対面面談してくれないのか~?とだんだん気持が冷めたのでもうこのサイト辞めたろで即退会した

引用元:doda/デューダの口コミ・評判|みん評

口コミでは、スピーディーなスケジュール感や、転職活動で必要なことを事前に教えてくれるといった声が見受けられました。会員登録をすると案内の電話がかかってくる可能性がある点は理解しておく必要がありそうです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

評判・口コミ

リクルートというネームバリューがあることと、求人情報の多さから信頼できると感じ、リクルートエージェントを利用しました。実際に面談をしてもらって感じたことは、まずこっちの意見をしっかり聞いて下さることと寄り添う姿勢で決して押しつけのようなことはされなかったことが好印象でした。というのも、面談時に現職で大分参っていて、精神的に疲れ切っており、正常な判断が出来る状態ではありませんでした。とにかく今の状況から逃げたいという思いで心身ともボロボロの状態で面談してもらったのですが、転職はいつでも出来るから焦らず今はとにかく休養をとった方が良いと親身になって心配して下さったのが印象でした。決して転職活動を勧めるのではなく、今の状況に合わせたアドバイスをして下さったことと、現職に戻ることが出来るようになるにはどうしたら良いかと本当に私にベストな選択肢はどれかと一緒に歩いて下さっている感じがして救われました。

引用元:リクルートエージェントの口コミ・評判|みん評

転職エージェントはサイトによって癖があることが多く、使い方が分かるまで上手く仕事を探せなかったりします。自分は二三のサイトを利用したのですが、一番使い勝手が良かったのがクルートエージェントでした。

まず、最初に使い方の説明を見たのですが、シンプルなインターフェースなので説明無くても全然利用出来ます。時期、場所、職種等々、大雑把な条件から仕事を探して、徐々に贅沢していく感じの使い方で自分好みの仕事が探せるのでかなりオススメです。

引用元:リクルートエージェントの口コミ・評判|みん評

当初の面談ではすごく親身になって下さり、期待が持てた。 しかし、担当者の休みが多くとにかく引き継ぎができていない。

とりあえず口は達者であなたの1番のサポーターです!といった意気込みのくせして、行動は全く。第一志望の最終面接結果のお知らせすら、問い合わせないと知らせてくれない。

(代理人に、あー多分落ちていると思います。と言われ志望度が高かった分、人の努力をなんだと思っているのかと腹が立ちました)

そこから、ここは使わないと思い他社に切り替え内定を頂きました。そのため、リクルートエージェントに今選考中の辞退希望を連絡をしたところ、かなり早口で「お力になれず残念でーす、ではこれにてサービスも終了させて頂きますねー。」と適当に終わらされました。総じて、期待が無くなれば雑に扱われるイメージです。かなりショックでした。

引用元:リクルートエージェントの口コミ・評判|みん評

口コミでは、豊富な求人量や状況に応じたアドバイス、わかりやすいサイトデザインが高い評価を得ています。担当者ごとの引き継ぎが上手くいっていない、連絡がないといった意見も見受けられました。万が一担当者の言動に不安を覚えたら、窓口から担当者変更の相談をするのがおすすめです。

JACリクルートメントを活用して転職活動を成功させる7つのポイント

転職活動を成功させるポイントは、下記のとおりです。

転職活動を成功させる7つのポイント
  • 徹底的な自己分析をする
  • 転職理由と退職理由に一貫性を持たせる
  • 転職理由を明確にする
  • 自分の市場価値を見極める
  • 職理由はポジティブに伝える
  • 譲れない条件と妥協できるポイントに分ける
  • 入念な準備をしておく

「転職してよかった」と思える企業へ転職を成功させるためにも、ぜひ参考にしてください。

徹底的な自己分析をする

転職活動を成功させるための第一歩は、徹底的な自己分析です。

どのような仕事や職場が自分に適しているのかを理解できれば、的確な転職先を見つけるための軸が定まります。

自己分析を行うときは、下記のポイントを深掘りすることが重要です。

自己分析で深掘りすべきポイント
  • スキルと経験の整理
  • 価値観と目標の明確化
  • 業界や職種への興味・関心
  • 強みと改善点の認識

自己分析は、転職活動の方向性を明確にし、無駄な努力や失敗を減らすための重要な準備です。JACリクルートメントでは、自己分析の結果にもとづいて適切な求人情報を提供するサポートを行っています。

自己分析をしっかりと行い、自分自身を深く理解したうえで転職活動に臨むことが、成功への近道となるでしょう。

転職理由と退職理由に一貫性を持たせる

転職理由と退職理由に一貫性を持たせる理由は、信頼性を高め、採用で有利な印象を与えられるからです。一貫性のない理由を提示すると、採用企業から信頼性を欠く候補者として評価される可能性があります。

たとえば、現職での退職理由が「成長機会の不足」とされている場合、転職理由も「自身の成長を追求するため」などの一貫性のある理由にすることが重要です。

転職理由と退職理由に一貫性を持たせれば、求職者が自身のキャリアを真剣に考えていることや、目標に向かって計画的に進んでいることが伝わります。

企業側としては、素直で謙虚に行動できる人材を求めます。なぜなら、仕事で嘘をつかれると、社内でのコミュニケーションやクライアント先に迷惑をかける可能性があるからです。

転職理由と退職理由を聞かれたときは、具体的な事例や実績を交えて説明することで、より説得力を高められます。

納得する転職活動にするためにも、一貫性のある理由を提示し、志望先の企業から信頼を得られるようにしましょう。

転職理由を明確にする

転職活動を始める際は、なぜ転職したいのかを明確にしておきましょう。

転職したいと思った理由から、どういうキャリアを形成したいのか見えてきたり、次の会社の志望理由が見えてきたりするからです。

たとえば今よりも収入を上げたいから転職するのであれば、高収入・高待遇という条件の中から希望の求人を探せます。

通勤時間を減らしたいと考える方は、エリアを絞ることや「駅から近い」「リモートワーク可能」などの条件を設定できます。

なんとなく転職したいといった曖昧な理由では、スケジュール感も定まらず、転職エージェントの担当者からの対応優先度が下がる可能性があります。

また、転職したい明確な理由がないと、次の会社でミスマッチを起こし、また転職活動をするといった流れに陥る可能性があるため注意しましょう。

自分の市場価値を見極める

転職活動で重要なのは、自分にどの程度の市場価値があるのかを正しく把握することです。

これに関しては一人で転職活動をするよりも、第三者である転職エージェントのキャリアアドバイザーにアドバイスを得た方が、より正確に自分の市場価値を知ることができます

20代の転職では、やる気やポテンシャルを評価されることが多いですが、30代・40代以降になると即戦力となるスキル・経験が求められる傾向にあります。

自分の市場価値が企業の求める水準に満たない場合、採用される可能性が低くなるので、企業の欲しい人材と自分に大きなギャップはないか把握しておきましょう。

退職理由はポジティブに伝える

退職理由は人それぞれですが、伝え方によって企業の採用担当者が受けるイメージが変わる点に注意が必要です。

ネガティブな退職理由をありのまま伝えては、今後同じような悩みが生まれた際にすぐ退職されると思われてしまいます。

マイナスな印象を採用担当者に与えないよう、ポジティブな表現を心がけましょう。たとえば、「残業が多かった」「給与が低かった」といった直接的な表現は避けた方が無難です。

以下の表に、ネガティブな表現からポジティブな表現に変換する際の例をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

NGな伝え方 改善した表現例
給与が低い 正しく評価してもらえなかった。
成果・貢献度に見合う評価を受けられなかった。
希望する仕事ができない そのまま伝えても問題ないが、前の会社(今の会社)の不平不満にならないよう注意。
人間関係のトラブル 直接的な表現は避けて、人間関係をきっかけに業務内容などをあらためて考えるようになったことに焦点を当てる。
体調不良 そのまま伝えても問題ないが、前の会社(今の会社)の不平不満にならないよう注意。
残業が多い やりたいことや、目標のための勉強時間、準備する時間が取れない。
勤務時間や労働条件が合わず、仕事と家庭の両立が難しい。

譲れない条件と妥協できるポイントに分ける

幹部候補や役員クラスの求人となると、ポストが限られてきます。その中でさらに譲れない条件を加えると、求人が見つからない可能性があります。

可能な限り譲れない条件と、妥協できるポイントに分けましょう。

たとえば「絶対に給与水準は落としたくないが、勤務地は関東ならどこでも良い」といった条件に分けておくと、転職エージェントの担当者が紹介できる求人が増えます。

入念な準備をしておく

転職市場は目まぐるしく変動するものです。つい先日までは多数の求人が用意されていたのに、もう埋まってなくなってしまったというケースはよくある例です。

与えられたチャンスを活かすために、書類の添削や面接対策を受けておくなど入念な準備をしておきましょう。

JACリクルートメントのよくある質問

ここでは、JACリクルートメントのよくある質問をまとめているので、気になることがある方はぜひ参考にしてください。

JACリクルートメントは電話での登録は可能?

JACリクルートメントへの登録は、Webの入力フォーム限定です。電話での申し込みはできません。ただし、カウンセリング・面談に関しては、対面、電話、Web3種類から選べます。

JACリクルートメントは年齢制限はある?

年齢に関わらず登録自体はできますが、求人によっては相応のキャリアを要するものがあります。あまりにも若いと、すぐに応募できる求人がないといったケースもあり得るので注意しましょう。

JACリクルートメントに登録したらどのくらいで連絡が来る?

登録から1週間後を目安に連絡がきます。その間に応募できる求人を探してくれているので、履歴書や職務経歴書を準備しておきましょう。

JACリクルートメントは最悪って本当?

JACリクルートメントはハイクラス向けの求人を多く取り揃えている転職エージェントです。

外資系やグローバル企業など専門性に特化した担当者がサポートしてくれます。口コミを鵜呑みにしすぎず、まずは実際に利用してみることをおすすめします。

JACリクルートメントに登録すると転職していることがばれる?

結論、JACリクルートメントに登録したからといって、転職活動をしていることがばれることはありません。

転職活動をしていることがばれるケースは、求職者が原因であることがほとんどです。

以下の記事でどんな場面で転職活動をしていることがばれるタイミングについて解説しています。

あわせて読みたい
転職サイトへの登録は会社にバレる?バレずに済む5つの方法や注意点を解説 「転職サイトに登録すると会社にバレるってホント?」 といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 結論、転職サイトを利用したからといって、バレる可能性は...

JACリクルートメントから紹介された求人は応募必須?

紹介された求人に応募するかどうかは、求職者本人の意思で決められます。応募を強制されることはないので、安心して利用しましょう。

JACリクルートメントから求人が紹介されないことはある?

JACリクルートメントはハイクラス向けの転職エージェントです。求職者のスキルや経験が足りていない場合は、紹介できないかもしれません。

もし登録して求人が紹介されない場合は、「リクルートエージェント」「doda」に登録しましょう。

JACリクルートメントは新卒でも利用できる?

登録自体は可能ですが、求人の多くが一定の社会人経験、キャリアを要するため、紹介可能な求人がないことがほとんどです。

JACリクルートメントの非公開求人は見られる?

JACリクルートメントでは、応募可能な求人のみ非公開求人の閲覧が許可されています。全ての非公開求人を見ることはできません。

【参考記事】JACリクルートメント https://www.jac-recruitment.jp/faq

まとめ|JACリクルートメントの評判は高く人気がある

JACリクルートメントの評判をまとめると、下記のとおりです。

良い評判・口コミ悪い評判・口コミ
ハイクラス向け求人の紹介が受けられる
外資系・グローバル企業へ転職できる
複数の面談方法から選択できる
支援実績が豊富で信頼できる
専門性に特化したアドバイスを受けられる
企業と求職者の担当が同じになる
地元へのU・I・Jターンができる
経歴・スキル・実績によって紹介できる求人数が減る
大手に比べると求人数が劣る
担当者によってサポートの質が下がる

JACリクルートメントの特徴は、ハイクラス・ミドルクラスの求人が多く、専門的なアドバイスを受けられる点です。

求職者の中には「前職で結果を出しているのに待遇が変わらない」「いままでの経験を活かして外資・グローバル系企業に挑戦したい」といった思いを抱えている場合もあるでしょう。

このように、いままでよりもキャリアアップしたい意思がある人は、JACリクルートメントがとくにおすすめです。

自分の可能性を広げるためにも、JACリクルートメントに登録し、新しいキャリアへ向けて挑戦しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。