第二新卒の転職事情|大手は無理?内定獲得のコツやおすすめのエージェントを紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

第二新卒は転職市場でニーズが高く、自発性や企業への適合性を評価される傾向にあります。しかし、さすがに大手企業への転職となれば「無理」と考える方も多いでしょう。

たしかに、第二新卒で大手企業へ転職するのは、簡単ではないかもしれません。そのような状況で内定を獲得するためには、戦略的な転職活動が必要です。

この記事では、大手企業を目指す第二新卒が「無理」といわれる理由や、内定を勝ちとれる人の特徴、大手への転職を成功させる方法などを解説します。

第二新卒で大手企業を目指している方や、転職事情を把握したい方は、参考にしてみてください。

目次

第二新卒が大手へ転職するのは無理なのか?

結論、第二新卒は大手企業へ転職できます。なぜなら、大手企業のなかには、新卒採用時に確保できなかった将来性のある人材を得るために、第二新卒を積極的に募集する企業があるからです。

第二新卒は前職で多少のビジネスマナーを習得している点や、フレッシュで柔軟性の高い点が評価されやすく、転職市場では需要が高い傾向にあります。また、企業側からすれば、中途枠で通年採用できる点も魅力といえます。

第二新卒で大手企業への転職を目指したいなら、自身の有利な状況を活かした転職活動をおこなうことで、内定の可能性がアップするでしょう。

ただし、大手企業のキャリア採用となれば、応募者が殺到して競争率が高いのも事実です。たとえ第二新卒でも、簡単には内定を勝ち取れるわけではないため、戦略的な転職活動を進める必要があります。

そもそも「第二新卒」とは?

そもそも「第二新卒」とは、どのような人材を指すのでしょうか。ここでは、第二新卒の定義や混同しやすい用語との違いを解説します。

第二新卒の定義

「第二新卒」とは、専門学校や大学を卒業後、企業に就職して23年経過した転職志願者をいいます。具体的な年齢は出身校によってさまざまですが、高卒なら21歳前後、大学卒であれば25歳前後の人材を指します。

いずれにしても、一度は就職して社会を経験したうえで転職する人物が該当し、通常の中途採用のなかでも「第二新卒」と分類されるのが特徴です。

【参考記事】若年者雇用を取り巻く現状|厚生労働省

新卒・既卒・中途との違い

第二新卒と混同されやすい言葉には「新卒」「既卒」「中途」が挙げられます。これら3種類の用語は、就職活動をおこなう際に以下のように区別されます。

  • 新卒・・・各学校を卒業後すぐに企業へ入社する人
  • 既卒・・・卒業後の就職経験が一度もない人
  • 中途・・・就職経験があり、ある程度のスキルと経験を備えている人

またこれらの用語は、求職者の即戦力や将来性への期待を企業が判断する際の指標にもなります。採用担当者がそれぞれに求める要素は異なりますが、企業での長期キャリア形成を図る点では新卒と第二新卒のニーズが高いといえるでしょう。

第二新卒が大手企業を目指す4つのメリット

第二新卒で大手企業を目指す方のなかには「年収アップを図れそう」「安定して働けそう」など、転職によって得られるメリットを漠然としか考えられていない方もいるでしょう。そのような状態では、転職活動がうまくいかないと、すぐに諦めてしまう可能性があります。

ここからは、大手企業へ転職するメリットを4つ挙げて解説します。大手を目指す理由を明確にするためにも、詳細をチェックしておきましょう。

教育・研修制度をきちんと受けられる

大手企業に入社すると、きちんとした教育・研修制度を受けられる可能性があります。大手は社員数が多いため、統率を図ったり従業員のレベルを一定以上に保つ目的で、従業員に対する教育・研修制度が整っています。

第二新卒は社会経験があるとはいえ、前職での教育が甘いと十分なビジネスマナーが備わっていない可能性があります。

早い段階でビジネスの基礎や基本を学べていれば、経歴を重ねていくうえでキャリアの選択肢も広がるでしょう。

周囲から「きちんとしている」という印象をもってもらえれば、社会人としての信頼性もアップします。

スケールの大きい仕事に携われる

第二新卒で大手企業に勤めると、中小企業よりもスケールの大きいプロジェクトに携われる可能性があります。なかには有名企業とのコラボレーションや、メディアに注目されるような仕事もあるかもしれません。

そのような業務に関わると、やりがいや達成感を得られるでしょう。仕事に対する自信もつき、モチベーションを維持しながら業務にあたれるはずです。

将来的に転職を考えるときにも、それらの経験をアピールすれば、さらなるキャリア形成も目指しやすくなります。

福利厚生が充実している

大手企業は中小企業に比べて、福利厚生が充実している傾向にあります。

以下は、大手企業の福利厚生制度に含まれる要素の一例です。

福利厚生の例
  • フレックスタイム・時差勤務・在宅勤務の導入
  • 宿泊施設やレジャー施設の割引
  • 家事代行サービスの利用
  • ファミリーデーの実施
  • 朝昼晩3食の無料提供
  • 年間休日120日以上
  • 資格取得の支援
  • 社内託児所完備
  • 従業員持株会
  • 社員寮完備 など

その他、給与水準が高かったり社員の評価制度が整っていたりするのもメリットです。

第二新卒で大手企業へ入社すると、仕事だけでなく暮らしや心身の健康までも充実するでしょう。

安定して働ける

大手企業は知名度が高いため、安定性にも優れています。誰もが知っている企業だからこそ社会的信用を得やすく、突然の倒産や解雇のリスクは低い傾向にあります。

また、勤続年数が長いと年収増加も図れるため、住宅ローンなどの巨額審査もとおりやすくなるでしょう。

第二新卒という早期段階で大手企業に入社できていれば、働きやすさとあわせて将来的な安心感も得られるはずです

第二新卒が大手企業を目指す3つのデメリット

第二新卒で大手企業へ転職すると多くのメリットを得られますが、デメリットの存在も忘れてはいけません。ここでは、転職における懸念点を3つ挙げて解説します。

「イメージと違った」「大手はやめておけばよかった」などの事態を防ぐためにも、詳細を確認しておきましょう。

簡単に出世できないケースが多い

大手企業は、中小企業に比べて簡単に出世できないケースがあります。大手は古くからの慣習を大切にする傾向があり、社員個人の成果や実力よりも社歴重視で年収・職位が上がる可能性があります。

第二新卒で大手企業を目指す方のなかには「さらにキャリアを伸ばしたい」「年収アップを図りたい」などの目標を掲げて転職活動をおこなう方も多いでしょう。

大手企業で出世街道を進むためには、同世代のライバルよりも功績を残したりリーダーシップを発揮したりするなど、常に上を目指す姿勢を崩さないことが大切です。

それにより、年功序列制度を採用している企業でも、個人の能力を評価してくれるかもしれません。

業務幅が狭くなる可能性がある

大手企業では大規模プロジェクトに関われる一方、携わる人数の多さから業務が細分化される傾向にあります。そのため、社員一人ひとりが担う業務幅が狭く、思うようなスキルを習得できない可能性があるのも事実です。

とくに第二新卒のような若手社員の場合、たとえ大きなプロジェクトに携われても裁量権がなかったり、簡単な事務作業を任せられたりするケースも少なくありません。

「さまざまな業務に挑戦したい」と考えて大手企業へ転職するとイメージの相違を引き起こす可能性があるため、本当にやりたい仕事に就けるのか慎重に検討したうえで転職先を選ぶのが良いでしょう。

もし「経営陣と近い距離感で働きたい」「裁量権をもって仕事をしたい」と考えるなら、大手企業よりも中小企業を目指すのが良いかもしれません。

転勤を視野に入れる必要がある

大手企業は全国・海外へ展開しているケースも多く、転居をともなう転勤や異動を視野に入れる必要があります。

とくに柔軟性が期待される若手時代は転勤によって得られるスキルも多いため、相応の覚悟をもって転職活動をおこなう必要があるでしょう。

「今の居住地から離れられない」「地元を出たくない」など、転居したくない理由のある方は、大手企業に転職するとデメリットを感じる可能性があります。

第二新卒が「大手への転職は無理」といわれる理由

前述のとおり、第二新卒で大手企業を目指すのは可能です。しかし、内定獲得までは難航するケースが多く、決して簡単なものではありません。

さらに、転職市場では第二新卒の大手転職が「無理」という声もあり、不安になる方もいるでしょう。

以下は、第二新卒が大手企業に転職するのが難しいといわれる理由の一例です。

  1. 企業から「すぐに辞める」と思われているため
  2. 求職者の志望理由が明確でないため
  3. 求職者の実務経験が不足しているため
  4. 応募者が殺到しやすいため

理由を把握して対策を打つためにも、詳細を確認しておきましょう。

企業から「すぐに辞める」と思われているため

第二新卒が大手企業へ転職するのが無理といわれるのは、「早期リタイア」の可能性を恐れているからと考えられます。

第二新卒は新卒同様のフレッシュさと行動力を評価されるものの、そもそも前職での経歴が浅いため、採用担当者から「また短期間で辞めるかもしれない」と不安視されるケースがあります。

なかでも前職を1年たらずで退職している方だと、仕事に対する飽きっぽさを危惧されることもあるでしょう。大手企業に限らず、多くの企業は第二新卒に対して早期退職のリスクを考えながら採用活動をおこなっています。採用コストや労力が無駄になるような人材は、避けられる傾向にあるのも事実です。

企業から「すぐに辞めるかも」と思われる第二新卒者は、内定を獲得しにくい傾向があるため、大手への転職は無理といわれるのでしょう。

求職者の志望理由が明確でないため

第二新卒の大手転職が無理といわれる理由には、求職者の志望動機が明確でない点が挙げられます。

たとえば、以下のような理由で大手企業を目指している方がいれば、注意が必要です。

  • 大手企業は福利厚生や給与・賞与などの待遇が良いから
  • 大手企業で働くと周囲から羨ましがられるから
  • 大手企業に憧れているから など

上記のような動機で転職活動を進めると、面接官から志望理由を聞かれた際に納得を得られないだけでなく「甘すぎる」とマイナスに評価される可能性があります。また「うちじゃなくても良いのでは?」と思われてしまうと、内定獲得にも至りません。

第二新卒が大手企業を目指す場合は、その企業でなければいけない理由を退職の原因とあわせて伝えるのがおすすめです。

志望理由と退職理由に一貫したエピソードがあれば、面接官に納得感のあるアピールができるでしょう。

求職者の実務経験が不足しているため

第二新卒者の大手転職が無理といわれる3つ目の理由は、求職者の実務経験が大手企業の採用基準に達していないためです。

第二新卒の採用窓口となるキャリア採用では、募集要項に「未経験者OK」や「経験者優遇」などの求める人物像が明確に記されていることが多くあります。

このようなとき「未経験者歓迎」と掲載された求人であれば、第二新卒の人柄やスキル次第で大手企業の内定獲得も見込めるでしょう。

しかし「〇〇経験✕✕年以上」や「経験者優遇」などの場合は、前職が同じ業界であっても、第二新卒=経験不足と判断され、採用を見送られる場合があるのです。

大手企業では即戦力の人材が求められる傾向にあり、実務経験が条件に達していないと、その時点で受け入れてもらえない可能性があります。

社会人経験の乏しい第二新卒者にとって、経験値が重要視される求人では、選考がうまく進まない場合があると理解しておくのが良いかもしれません。

応募者が殺到しやすいため

大手企業は第二新卒だけでなく、多くの求職者から人気があります。採用窓口には求人募集が掲載されるたびに多くの応募者が殺到するため、まずは書類選考でふるいにかける企業も少なくありません。

そのような状況を第二新卒が勝ち抜くためには、多くの応募者がいても埋もれない、なんらかの武器をもって転職活動をおこなう必要があります。

学歴で不利になる可能性があるなら、職歴や過去の功績をアピールするなど、自身を魅力的に見せられるよう戦略を練るのが良いでしょう。

第二新卒で大手企業への転職をかなえやすい人

第二新卒が大手企業に転職するのは無理と思われがちですが、すべての人が難しいわけではありません。

以下は、大手企業への転職をかなえやすい人の特徴です。

  1. キャリアイメージをもっている人
  2. 即戦力になる可能性がある人
  3. 前職での経験を活かせる人
  4. 転職理由がポジティブな人
  5. 学歴が高い人

企業が第二新卒に対して求めるものを理解し、効果的な転職活動を目指しましょう。

キャリアイメージをもっている人

多くの大手企業は、将来的なキャリアイメージをもっている人材を好む傾向にあります。

そのため、企業に入社して何を成し遂げたいのか、どのような分野でスキルを伸ばしていきたいのかなど、やりたいことを具体的にイメージできていると内定率がアップする可能性があります。

また、入社の目的や目標となるキャリアが明確だと「主体的に取り組んでくれそうだ」「長く働いてくれる意思がある」と、評価してもらえる場合があります。

面接で必ずキャリア形成について問われるわけではありませんが、自身の将来像をきちんとイメージできている方は、どのような質問に対しても明確に回答でき、面接官に良い印象を与えられるでしょう。結果的に、大手企業からの内定獲得につながります。

即戦力になる可能性がある人

大手企業を含め、多くの企業はキャリア採用者に対して即戦力になることを期待しています。しかし、第二新卒の場合は社会人経験が浅いため、入社後すぐに実力を発揮できるとは思っていません。

第二新卒の場合は、将来的に即戦力となって活躍できるかどうか見極め、人材の内にあるポテンシャルを評価して採用に至ります。

もし、自身の可能性をアピールしたい場合は、仕事に対する前向きな姿勢や、少ない社会人経験のなかでも評価された実績を、面接官へ伝えましょう。そのほか、ビジネスマナーが備わっている様子や高いコミュニケーション能力をアピールできれば、即戦力になり得る人材と判断してもらいやすくなります。

第二新卒特有のポテンシャル採用で大手企業へ入社できる確率が高まるでしょう。

前職での経験を活かせる人

キャリア採用では、面接時に「業務中の失敗をどのように乗り越えてきたか」と尋ねられる場合があります。このとき、社会人経験の未熟な第二新卒だと、うまく答えられないケースもあるでしょう。

しかし、曖昧に返答したり過去のエピソードを話したりできない方は、経験を活かせられない人と判断される可能性があります。

また、自己分析や面接対策が不十分と解釈されれば、入社意欲の低さを理由に採用を見送られるケースもあるでしょう。

大手企業での面接に臨む際は、前職での実務経験をしっかり振り返り、失敗から学んだことや乗り越えたこと、そのときにおこなった工夫などを伝えられるよう、準備しておきましょう。

前職での経験を糧に業務へ取り組めることをアピールできれば、面接で高評価を得られるはずです。

転職理由がポジティブな人

第二新卒のなかでも転職理由がポジティブな方は、大手企業からの内定を獲得しやすくなります。

そもそも第二新卒は前職を13年程度で辞めているため、長く働いてくれるかどうかという面ではあまり信用されていません。

また、転職理由には求職者の不満が含まれるケースが多く、発言からネガティブ思考や責任転嫁する様子が感じられる方は低評価になります。

面接官が転職理由を尋ねる背景には、求職者の人柄や企業とのマッチング度を探る目的があります。たとえ転職理由に残業の多さや人間関係のトラブルなどがあっても、ネガティブ発言を避け、前向きに言い換えられるよう準備しましょう。

「ここが嫌だった=このようになりたかった」という視点で考えると、ポジティブな転職理由を伝えられるはずです。

さらに「前職では〇〇に物足りなさを感じていたため、御社へ転職して実現させたいです」など、志望動機に絡めた流れにできると、応募企業に対するメッセージ性を高められるでしょう。

学歴が高い人

大手企業の求人募集には応募者が集まりやすく、書類選考である程度ふるいにかける企業も多くあります。その場合、職歴の乏しい第二新卒が注目されるのは学歴です。

学歴の高さは人物評価に比例しやすく、企業が求める条件とあまりにもかけ離れている場合は、書類選考で採用を見送られる可能性があります。

もちろんすべての企業にいえることではありませんが、大手企業を目指すなら、そのような厳しい現実も知っておく必要があるでしょう。

第二新卒が大手企業への転職を成功させる7つの方法

第二新卒で大手企業への転職をねらうなら、念入りな準備のもとで戦略的な転職活動を進めるのが重要といえます。以下は、大手企業への転職を成功させる7つの方法です。

  1. 自己分析する
  2. 転職時期を見計らう
  3. 徹底的に企業分析する
  4. 選考対策をきちんとする
  5. 中長期的なキャリア像をもつ
  6. 筋道立てた転職理由を考える
  7. 転職エージェントを利用する

詳細を解説します。

自己分析する

大前提、転職活動には自己分析が不可欠です。自身の経歴を振り返ると同時に強みや弱みを洗い出せば、メッセージ性の高い志望動機や転職理由を作れるようになります。

また、得手不得手や目指したいキャリア像が明確になっていれば、大手のなかでも自身のスキルを活かせる企業へ応募できるでしょう。

一人で自己分析するのが難しい場合は、家族や友人などの第三者へ尋ねるのもひとつの方法です。自身と向きあう時間を設け、客観的な意見も参考にしながら自己分析をおこないましょう。

転職時期を見計らう

第二新卒が転職活動を効果的に進めるなら、募集が増えやすい時期をねらうのがおすすめです。

一年のなかでも企業の採用活動が盛んになるのは、以下の3シーズンと考えられます。

採用活動が盛んなシーズン
  • 3月
  • 1~2月
  • 7~9月

これらの時期を見計らって転職活動をおこなえば、大手企業の求人を見逃さず応募できるかもしれません。

また、ねらった期間内に内定を勝ち取るためにも、自己分析や書類作成などは応募時期から逆算して進めておくことが肝心です。

徹底的に企業分析する

第二新卒が大手企業の転職を成功させるためには、志望企業の募集要項だけでなく、コーポレートサイトや口コミ・SNSなどを駆使して徹底的な企業分析をおこなうことが大切です。

さまざまな視点で企業研究ができていれば、深掘りすることで出てきた疑問・質問を面接官へ尋ねることができます。企業カラーに触れた質問によってきちんと準備してきた様子をアピールできれば、面接官から高評価を得られるでしょう。

また、企業分析によって不安や疑問点が生じれば、早期解決によって入社後のイメージ相違を防ぐことにもつながります。他社との違いも明確にできるなど、企業分析によるメリットは多いといえるでしょう。

志望動機の説得力もアップし、大手企業からの内定獲得に一歩近づけるはずです。

選考対策をきちんとする

第二新卒は職歴が不十分なため、選考対策の度合いが内定を左右するといっても過言ではありません。

大手企業へ入社したいなら、以下は不可欠といえます。

  • 誤字脱字のない履歴書
  • アピールポイントがまとまった職務経歴書
  • 企業の「求める人物像」を押さえた受け答え など

これらの対策を一人でおこなうのは、労力をともなう可能性があります。大手企業に対して、自身を好感度の高い人物と印象付けるためにも、家族や友人などの意見を参考にするのが良いでしょう。

より戦略的な選考対策をおこないたい場合は、転職エージェントにサポートを依頼するのもおすすめです。

中長期的なキャリア像をもつ

大手企業への転職を目指すなら、その企業でしか成し遂げられない中長期的なキャリア像を明確にもつのが大切です。

大手企業には応募者が集まるため、大勢の中からひときわ目立った志望動機やキャリア像がなければ、面接官の印象に残りません。

たとえば、5年後や10年後にどのような姿で活躍したいのかを考えられていれば、その目標から逆算したキャリアプランを具体的に描けるようになります。

入社後すぐに取り組みたいことに加え、将来のビジョンまで伝えられると、面接でプラスに働くでしょう。

筋道立てた転職理由を考える

たとえ応募書類の完成度が高く、面接で好感度の高い応対ができていても、まとまり感のない転職理由を伝えるとマイナスに評価される可能性があります。

たとえば、前職の不満などネガティブな転職理由を述べた場合「自社でなくても良い」と判断されるだけでなく、人物評価も下がるため注意が必要です。

大手企業への入社を目指すなら「理想のキャリアプランを追うためにも転職が必要だった」とし、応募企業で何を目指し行動するのかを転職理由と絡めて伝えましょう。

道筋を立てた転職理由と志望動機を用意できると、面接官から納得を得やすくなります。そうすれば、第二新卒という未熟な立場でも、大手企業からの内定獲得に近づけるかもしれません。

転職エージェントを利用する

戦略的な転職活動によって大手企業からの内定を獲得したいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。

なかでも第二新卒の転職に特化したエージェントを利用すれば、社会人経験の浅い方でも自身を魅力的にみせるコツを教えてもらえる可能性があります。

また市場には出回っていない非公開求人を紹介してもらえたり、自己分析や選考対策のサポートをしてくれたりするなど、多くのメリットを得られます。

初めての転職でどのように準備すべきかわからない方や、大手企業に挑戦したい方は、転職エージェントを活用して転職活動を有利に進めましょう。自力で調べて準備するよりも、自信をもって活動できるはずです。

第二新卒が大手への転職に活用できる転職エージェント5

ここからは、第二新卒の転職活動におすすめの転職エージェントを5社挙げ、それぞれの特徴を解説します。自身に合ったエージェントに依頼するためにも、参考にしてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒やフリーター・既卒などの若手世代の転職に特化したエージェントです。未経験OKの求人を多く扱っており、利用者の8割が大手企業への就職を実現しています。

また、キャリアアドバイザーの丁寧なヒアリングを経て、求職者の性格や経歴に合った仕事を紹介してもらえるため、入社後のミスマッチを不安視する必要もありません。書類通過率96%以上・内定率80%以上という高い実績を誇りながらも全サービスを無料で利用できるなど、活用するメリットは大きいといえるでしょう。

公式サイトには「最短2週間で内定」と掲載されており、とくに短期間での転職を目指したい方にはおすすめの転職エージェントです。

サービス名 ハタラクティブ
サービス内容 転職相談・適職診断・求人紹介・応募書類の添削・面接対策など
求人数 991件
対応地域 北海道・宮城・東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城・群馬・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・広島・岡山・福岡
利用料金 無料
運営会社 レバレジーズ株式会社
ホームページ 公式サイト
※2023年12月時点

就職Shop

就職Shop

就職Shopは、リクルートが運営する20代向けの転職エージェントです。利用者の9割が20代となっており、第二新卒のほか、フリーターや既卒の方も利用できます。

就職Shopの特徴は、取り扱う求人の100%が独自の基準をクリアした安心度の高いものという点です。就職Shopのスタッフが直接企業を訪問し、労働環境や職場の雰囲気・教育体制などをチェックしているため、求人票からはわからない企業の内情まで押さえた転職活動を実現できます。

また、登録者はキャリアアドバイザーとの面談後、書類選考なしで面接に臨めるのもメリットです。応募書類を作成する手間が省けるだけでなく、転職活動にかかる期間も短縮できるなど、転職活動をスピーディーに進めたい方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

自己分析や面接対策もサポートしてもらえるため、初めての転職活動でも安心して選考に挑めます。

サービス名 就職Shop
サービス内容 キャリア相談・求人紹介・面接対策・セミナー開催など
求人数 非公開
対応地域 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルート
ホームページ 公式サイト
※2023年12月時点

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20

マイナビジョブ20‘sは、20代の第二新卒や既卒向けの転職エージェントです。20代の転職サポート実績が豊富なため、若手人材の悩みに寄り添った丁寧なカウンセリングや選考対策をおこなってくれます。

また、未経験OKの求人が全体の75%を占め、なかには大手企業や優良企業の求人も含まれるのが魅力です。大手人材サービスを提供するマイナビグループのノウハウを備えているため、利用すれば満足度の高い書類添削や面接対策・求人紹介を受けられるでしょう。

入社後の定着率も95%と高く、ミスマッチの少ない転職を目指したい方におすすめの転職エージェントといえます。

サービス名 マイナビジョブ20’s
サービス内容 キャリア相談・求人紹介・選考対策・企業との各種交渉など
求人数 5,675件
対応地域 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビワークス
ホームページ 公式サイト
※2023年12月時点

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC

就職カレッジは「就職後も安心して、長く働き続けられること」をモットーに掲げ、20代の就職・転職に特化したサービスを提供する転職エージェントです。登録すれば、ビジネスマナーや内定獲得スキルを学べる無料講座を受講でき、書類選考なしで優良企業との面接に臨めます。

また、就職成功率は81.1%と高く、入社後の企業定着率も92.2%を誇るなど、充実した社会人生活を満喫できるサポート体制が整っているのが魅力です。

優良企業で将来を見越したキャリア形成と年収アップを図りたい方は、就職カレッジの利用がおすすめといえるでしょう。

サービス名 就職カレッジ
サービス内容 キャリア相談・無料就職講座の実施・選考対策・面接会の実施など
求人数 非公開
対応地域 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社ジェイック
ホームページ 公式サイト
※2023年12月時点

キャリアスタート

キャリアスタート

キャリアスタートは、おもに18歳~25歳前後の第二新卒・フリーターの転職に特化したエージェントです。未経験者OKの求人を多く抱え、スキルや経歴に自信のない方でもさまざまな職種へチャレンジできます。

また、登録するとサポート実績の豊富なキャリアコンサルタントから、マンツーマンの支援を受けられる魅力があります。自己分析やキャリア相談・模擬面接など、求職者一人ひとりと向き合ったサポートをしてくれるため、満足のいく転職活動を目指せるでしょう。

内定後の条件交渉まで担ってくれるため、初めて転職活動をおこなう方にとって心強い存在となるはずです。

サービス名 キャリアスタート
サービス内容 転職相談・求人紹介・応募書類の添削・面接対策・企業との各種交渉など
求人数 非公開
対応地域 北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・福岡
利用料金 無料
運営会社 キャリアスタート株式会社
ホームページ 公式サイト
※2023年12月時点

最後に|第二新卒で大手企業をねらうなら転職エージェントの活用がおすすめ

第二新卒は社会人経験が浅いとはいえ、多くのポテンシャルを内に秘めた人材です。大手企業への転職を目指す場合、周囲から「無理」といわれる可能性もありますが、決して転職できないわけではありません。

しかし、第二新卒の応募窓口となるキャリア採用には、中途採用や既卒を含めた多くの求職者が殺到するため、戦略的な転職活動が求められるのも事実です。

第二新卒で大手企業をねらうなら、20代の転職に特化した転職エージェントを利用して転職活動の効率化を図りましょう。

それにより、一人だと難しく感じる自己分析や応募書類の作成・面接対策なども万全に準備でき、面接官に好印象を与えられるはずです。

初めての転職活動でも安心して進められるなど、転職エージェントを活用すれば多くのメリットが得られるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。