趣味を優先して仕事を選んでもいい?仕事選びのポイントやおすすめの仕事を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「もっと趣味に時間やお金を費やしたい」といった思いが強くなってくると、趣味を優先させるために転職を検討する方もいるでしょう。

趣味やプライベートを優先できる仕事とは、一体どのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、趣味を優先できる仕事選びのポイントや、おすすめの仕事を紹介します。また、趣味を優先できる仕事に転職する際の注意点についても解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

趣味を優先できる仕事選びのポイント

趣味を優先できる仕事を選ぶには、知っておきたいポイントが5つあります。

これから紹介するポイントをクリアしていれば、趣味を優先できる仕事が見つかる可能性が高いので選ぶときの参考にしてください。

リモートワーク可能

趣味やプライベートを優先させるなら、リモートワーク可能な仕事がおすすめです。

会社への出社が必須な職場だと、働く時間や場所に縛りがあります。

リモートワークが可能な職場であれば在宅勤務が可能なので、子供を保育園に預けられないときでも自宅で見ながら仕事ができます。

会社に出社する必要がないため通勤時間が必要なく、通勤ラッシュに疲れてしまうこともありません。勤務時間が終了したらすぐにプライベートの時間になるため、趣味や家族との時間を増やすことができます。

副業から始められる

趣味やプライベートを充実させるために転職を考えていても、すぐに転職先が見つかる保証はありません。転職の決断に迷う方は、現職を続けながら副業から始められる仕事をしてはいかがでしょうか。

副業として始められる仕事を続けたい・合っていると思えるならば、フリーランスとして開業するのも手段のひとつ。

フリーランスであれば自由な働き方ができるので、趣味やプライベートを充実させることが可能です。フリーランスについては本記事後半で詳しく解説するため、ぜひ最後までご覧ください。

また、副業として始めることで、今よりも収入アップにつながります。現職が副業OKの会社ならば、自分にできそうな副業を始めてみることをおすすめします。

安定した収入を得られる

趣味やプライベートを充実させるには、職場環境も大切ですが同じくらい収入も大切です。

収入が少ないと使えるお金が限られるため、趣味にある程度お金を使いたいと考えているなら安定した収入を得られる仕事を探しましょう。同年代よりも平均以上の収入があれば、趣味にもある程度のお金をまわせるはずです。

平均年収については、以下の表を参考にしてください。

年代平均年収男性平均女性平均
20代352万円377万円329万円
30代447万円494万円383万円
40代511万円585万円410万円
50代以上607万円674万円434万円
参考元:doda平均年収ランキング最新版

現職の年収が平均年収よりも大きく下回っていて昇給が望めないのなら、転職を検討したほうが趣味にお金を費やせるでしょう。

しかし、年収が高いからといった理由だけで転職すると趣味やプライベートの時間が確保できなくなることもあるため、転職先選びは慎重に行ってください。

残業が少ない

趣味やプライベートの時間を確保するには、残業が少ないこともポイントです。

残業が少ない仕事であれば、仕事が終わってからでも充実した時間を過ごすことができます。スキルアップのために時間を使うこともできれば、友達とご飯を食べにいくことも可能です。

残業が少ないホワイト企業を見つけるには、残業時間は20時間未満であることを目安に探してみてください。20時間未満であれば1日1時間ほど、もしくはそれ以下の残業時間になるため、退社後でも趣味やプライベートの時間を確保できます。

休みを取得しやすい

休みが取得しやすいことも、趣味やプライベートの時間を充実させるために重要です。

休みを取得しやすい仕事を探すなら、有給消化率に注目してみましょう。

厚生労働省の調査によると、令和4年度の平均有給消化率56.6%と結果が出ています。有給は一定期間働いている方なら誰もが取得できる制度ですが、現状ではおよそ半分の方しか消化できていないようです。

そのため、仕事を選ぶ際は、有休消化率を確認することがポイントです。有給が消化しやすい仕事であれば、そもそもの休日日数が多くなるため、趣味やプライベートを楽しむ時間を十分確保できるでしょう。

休みを平日にまとめて取得すると、安い時期に旅行に行くことも可能です。ホテルや飛行機などはオンシーズンとオフシーズンの金額に大きな差があるため、お得に旅行を楽しめるでしょう。

また、風邪を引いたときや、結婚式や葬式などの休まないといけない状況になったときでも、休みが取りやすい会社であれば気を使わずに休むことができます。

参考:令和4年版過労死等防止対策白書|厚生労働省

趣味を優先したいならWeb業界がおすすめ

趣味を優先させたい方は、Web業界への転職をおすすめします。

ここからは、Web業界のメリットや趣味を優先できる仕事を紹介していくので、早速チェックしていきましょう。

Web業界のメリット

Web業界は多くの場合リモートワークが可能であり、副業から始められる仕事も多いため、趣味を優先できる仕事には最適です。需要が拡大している業界なので、仕事がたくさんあることもメリットのひとつ。

また、完全未経験でも始めることができ、努力を続けると数ヶ月で即戦力になれることもあります。未経験でも副業の実績があると転職や独立に役立つので、特にフリーランスをめざしている方におすすめです。

平均給与はほかの業界よりも高い傾向があり、副業でも月収20万円を超える方が珍しくありません。

インターネット環境とパソコン1台あれば仕事ができるため、設備投資がいらないところも嬉しいポイントです。

趣味を優先できるWeb業界の仕事

では、趣味を優先できるWeb業界の仕事を紹介していきます。

どの仕事も未経験から始めることができ、数年続けることでフリーランスとして開業可能なものを選びました。まずは副業から始めたい方もぜひ参考にしてください。

Webライター

WebライターとはWeb上に公開する記事を書く仕事であり、専門的な知識や経験がなくても始められます。

フリーランスとして活躍することも可能なWebライターは、在宅ワークなので主婦の方でも活躍できる仕事として人気です。

Webライターといっても、さまざまな種類があり、おもに以下の4つにわけられます。

  • セールスライティング
  • SEOライティング
  • 取材ライティング
  • コピーライティング

簡単に説明すると、セールスライティングは商品を紹介する記事を執筆します。ユーザーに購入を促すために、アイテムの魅力や性能を伝えます。

SEOライティングは、検索エンジンの最適化を意識してWebサイトが検索上で上位になる記事を書くことです。WebライターをするにはSEOの知識が必須であり、募集している仕事も多くあります。

取材ライティングはクライアントにインタビューして記事を執筆します。取材対象は人だけでなく、ものや施設のケースもあります。

コピーライティングとは広告宣伝のために文章を書くことを指し、企業や商品の知名度を向上させるために役立ちます。

Webライターは副業やフリーランスで始めると、早ければ1ヶ月で稼ぐことができる仕事です。在宅ワークで時間の融通が効くため、趣味やプライベートを充実させることができるでしょう。

また、ファッションや子育て、旅行など、さまざまなジャンルで執筆できることもWebライターの魅力です。気になっている方は自分の興味のあるジャンルでの執筆を始めると、Webライターの楽しさがわかるかもしれません。

Webデザイナー

Webデザイナーも趣味を優先できる仕事としておすすめであり、在宅ワークができる副業としても人気です。

Webクリエイターやホームページデザイナーとも呼ばれるWebデザイナーは、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを制作します。ほかにも、バナー制作やWebサイトのロゴデザインなども、Webデザイナーの仕事です。

Webデザイナーも特別な資格は必要なく、知識やスキルがあれば未経験でも働くことができます。

しかし、HTMLやCSSを使ってWebページをコーディングすることもあるため、HTMLやCSSなどの基本的なスキルは必要になります。

Webデザインのスキルがあれば、転職活動にも役立ちます。副業でも月20~30万円ほど稼ぐことも可能なので、趣味にお金がかかる方は検討してはいかがでしょうか。

Webマーケター

在宅で高収入をめざしたいなら、Webマーケターの仕事がおすすめです。

Webマーケターは商品やサービスを多くの消費者に認知してもらうために、市場調査や分析、広告宣伝活動などを行います。

Webマーケターは商品やサービスの売り上げに直接関係していることもあり、給与水準が高い魅力があります。また、Web業界においても需要の高い仕事なので、スキルを磨けば未経験からでも高収入をめざせます。

しかし、まったくの未経験からWebマーケターを始めることは難しいので、それなりの知識やスキルが必要です。成果が出るまで時間がかかることも珍しくないので、高収入を得るためには長期戦になるかもしれません。

ブロガー

続いて紹介したいのは、ブロガーの仕事です。ブログではおもに広告収入によって収入を得ます。

広告収入を得る方法は、以下の3つあります。

  • クリック型広告
  • アフィリエイト
  • 純広告

クリック型広告はブログに広告を設置し、ブログの閲覧者が広告をクリックすると報酬が発生する仕組みです。

アフィリエイトはクリックだけでなく、商品が購入されたりサービスに申し込まれたりなど、成果につながった場合に報酬が発生します。

純広告は、広告主からブログに広告を掲載して欲しいと依頼があると掲載費をもらえます。

ブログは副業として始める方が多く、未経験でも1年後には月10万円以上の収入を得ている方が珍しくありません。

収入を得るためには記事を毎日更新することが有効なので、最初のうちは記事を根気強く生産する必要があります。

しかし、継続して記事をある程度生産できたなら作業が少なくなるため、趣味やプライベートに時間をかけることが可能です。

Instagram運用・運用代行

最後にご紹介するのは、Instagramの運用や運用代行をして稼ぐ仕事です。Instagramを運用して稼ぐにはInstagramを利用して集客を行い、訪問してきたユーザーを対象に商品やサービスを紹介します。

Instagramで収入を得る方法は、具体的にわけると以下の4通りです。

  • アフリエイト
  • 投稿写真の販売
  • 自作の商品を販売
  • PR案件

アフリエイトはブロガーと同じ仕組みですが、Instagramではフィード投稿やストーリーズで商品やサービスを紹介します。プロフィールに掲載したURLに誘導する方法もあります。

投稿写真を販売するには、PIXTAやshutterstockなどのフォトサービスにクリエイター登録を行い、サービスの審査に通過します。カメラの撮影やイラストが得意な方に向いているでしょう。

自作の商品販売は、BASEやSTORESなどのサービスに登録してECサイトを作成します。作成後はInstagramのショッピング機能を利用してECサイトに誘導します。

自分の商品を持っていない方でフォロワー数が多いなら、PR案件がおすすめ。企業の商品やサービスを自分のアカウントで紹介し、収益を獲得します。

InstagramはSNSのなかでも群を抜いてユーザー数が多いため、Instagram運用代行を募集している企業も少なくありません。

運用代行では企業に代わって自社アカウントで原稿や画像の作成、投稿作業、コメントの返信などを行います。

記事の投稿・画像作成だけでも月10万円前後になるため、フリーランスとしても十分に稼ぐことができるでしょう。

趣味を優先できる仕事(Web業界以外)

続いては、Web業界以外で趣味を優先できる仕事を5つ紹介していきます。

Web業界は苦手だと感じる方は、ぜひ参考にしてください。

事務

残業が少ない事務の仕事は、趣味やプライベートの時間を確保しやすい仕事といえます。

おもな仕事内容は以下のとおりです。

  • 書類作成
  • データ入力
  • 伝票作成・整理
  • ファイリング
  • 備品管理・発注
  • 電話・メール対応
  • 来客応対

事務の仕事はルーティンワークになっていることが多いため、1日のスケジューリングをうまくできれば基本的に定時で帰ることができます。求人数も多く未経験でも挑戦しやすい職種なので、異業種からでも挑戦しやすいでしょう。

事務といっても、一般事務・経理事務・営業事務・医療事務・総務事務などさまざまな種類があるため、自分に合うものを調べてみましょう。

警備員

人々の安全を守る警備員の仕事は、働く時間に融通が効きやすいので平日の昼間を趣味の時間にあてることも可能です。

深夜の数時間だけ働いたり、10時間以上労働した場合は2日間まとめて休んだりすることができるので、趣味で遠征に行くこともできるでしょう。

仕事内容はルーティンワークがほとんどであり、忍耐力や集中力があれば特別なスキルは必要ありません。警備業界は少子高齢化の問題で人手不足の状態なので、求人募集が多く働き口には困らないでしょう。

きつそうなイメージのある屋外警備ですが、天候や状況次第で早く終わることも少なくありません。早く終わっても日給を保証してもらえるケースが多いため、お得に稼げることもあります。

タクシードライバー

タクシードライバーの仕事も、趣味やプライベートの時間を確保しやすい仕事のひとつ。一般タクシーなら運転免許があれば未経験でも始めやすい仕事なので、今と違う仕事を探している方にもおすすめです。

給料は歩合制を取っているケースが多く、人を乗せただけ給料が上がっていくシステムを採用しています。タクシーの利用頻度が高い地域や、タクシーを利用する機会の多い夜間や休日を狙って働くと、より高い報酬が期待できます。

タクシードライバーは隔日勤務が主流になっており、だいたい20時間ほど働くと出勤終わりの日(出勤日の翌日)は休日になります。

勤務時間は長いですが、その間3時間ほど休憩が入るので、自由な時間を過ごしやすいといえるでしょう。休日の取り方も基本的に自由なので、趣味のために休日を取得することも比較的容易です。

コールセンタースタッフ

続いて紹介するのは、コールセンターの仕事です。コールセンターは電話を通してお客様とやり取りをする仕事であり、大きくわけてインバウンドとアウトバウンドの2種類があります。

インバウンドはお客様からの電話に対応する受け身の業務で、おもに問い合わせや質問、意見などの用件でかかってきます。

アウトバウンドはこちらからお客様に電話をかけるため、能動的な業務になります。いわゆる営業電話のことで、自社サービスや商品を売り込むことが目的です。

コールセンターの仕事は未経験でも可能であり、年齢制限はありますが特別なスキルや資格はいりません。お客様と直接会うことはないため、自分の好きな髪形や服装で出社できるのもコールセンターの仕事の魅力です。最近では在宅コールセンターの求人募集も増加しており、リモートワークで働くことも可能です。

コールセンターのなかには、土日や夜間勤務できるところも少なくありません。

出社する場合でもシフト制なので、自分の好きな時間に働くことができます。残業はほとんどなく、時給も高い傾向があるため、趣味に時間もお金もかけたい方には最適の仕事といえます。

しかし、コールセンターの仕事はクレーム対応を避けられない可能性があります。ストレス耐性が強い方や仕事と割り切って考えられる方であれば、向いている可能性があるので検討してみてください。

公務員

仕事もプライベートも充実させたい方は、公務員をめざしてはいかがでしょうか。公務員といってもさまざまな種類がありますが、国や地域のために働くため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

公務員の魅力は、民間企業よりも安定した収入を得られることです。年功序列で給料が上がっていくため、将来も安定した生活を望めるでしょう。また、公務員は福利厚生が充実していることから、有休を消化しやすいといったメリットがあります。休みが取りやすいと、趣味と仕事をバランスよく楽しむことができるでしょう。

特に地方公務員であれば、役所が定時に閉まるので残業がほとんどないことも珍しくありません。

しかし、国家公務員になると、多忙な職種があるため転職をするなら念入りに下調べをする必要があります。

公務員になるためには試験に合格する必要がありますが、社会人経験者枠では年齢制限が59歳となっている自治体も多くあるので今からでも十分に挑戦できます。

趣味を優先できる仕事に転職するときの注意点

勢いで転職を決めてしまうと、思っていた状況と違うといったミスマッチが起こりかねません。

趣味を優先できる仕事に転職を考えている方は、これから紹介する3つの注意点を理解しておきましょう。

収入が減る可能性がある

現職よりも収入を上げたいのなら、大手企業や専門的スキルが必要な業種に挑戦する必要があります。趣味に時間を費やすために、休日の取りやすさを重視した結果、収入が減ってしまうかもしれません。

収入が減ってしまうと今よりも自由に使えるお金が少なくなり、趣味にあてるお金が限られてしまうでしょう。時間は確保できても趣味にお金が使えないと、転職したことを後悔する恐れがあります。

収入を減らしたくない方は、副業から始められる仕事を探してみましょう。本記事でも紹介したWeb業界の仕事であれば、パソコンとインターネット環境が整っていればすぐに始められるので検討してみてください。

未経験の仕事は採用が難しい場合がある

未経験歓迎と求人票に掲載されていても、応募者が複数いるならスキルや実績がある方が採用される可能性が高いです。そのため、まったくの未経験の分野に挑戦する場合は採用が難しい場合があることを覚悟しておきましょう。

未経験の仕事でも、副業で挑戦した仕事であれば実績としてアピールできます。挑戦したい仕事が副業から始められるなら、ぜひ実績を作ってからチャレンジすることをおすすめします。

副業以外では、仕事に関連する資格取得も有効です。たとえばWebデザイナーを希望しているなら、国家資格であるWebデザイン技能検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。独学が難しい場合は、資格スクールや通信講座の受講などを利用してみましょう。

思うように休みが取れないこともある

趣味の時間を確保するために、休みを取りやすい職場に転職をしようと考える方もいるかもしれません。しかし、求人案内で有給取得率や年間休日数に問題がなくても、実際入社してみると思うように休みが取れないこともあります。

繁忙期や閑散期の差が激しい業界の場合、繁忙期には休みを取ることが難しいケースが多いです。そのため、繁忙期になると趣味に使える時間が限られてしまうでしょう。

このような事態を防ぐためには、1年中の仕事量が安定している転職先を選ぶようにしましょう。本記事で紹介したなかでは、事務や公務員の仕事が年中安定している業界といえます。

ほかにも、転職してすぐは有休がつかないこともあり、休みを取るには無給になる可能性があります。また、入社してすぐは覚えることがたくさんあるので、休みの申し出自体難しいと感じるかもしれません。

休みが取りやすいかどうかは、職場の雰囲気によるものも大きいため、入社しなければわからないことでもあります。

そのため、面接時にはオフィスを見学させてもらったり、人事担当に話を聞いたりなどして、転職先の雰囲気を確かめることも大切です。

趣味を優先させるならフリーランス

会社や団体組織に属さないフリーランスは、個人で仕事を請け負います。フリーランスは自由な働き方が可能なことから、働く方が近年増加しています。自分のペースで働けるフリーランスであれば、仕事よりも趣味の時間を優先することができるでしょう。

しかし、フリーランスはメリットだけではなく、デメリットもあります。

フリーランスをめざすか検討している方は、メリットだけでなくデメリットについても理解して、慎重に決断するようにしましょう。

フリーランスのメリット

まずは、フリーランスで働くメリットを3つ紹介していきます。

自由な働き方が可能

勤務時間や場所が決まっていることの多い会社員と違って、自由な働き方ができるのはフリーランスの魅力のひとつです。受注した仕事を納期に間に合わせればいつ休んでもいいため、平日を趣味の時間に費やすことも可能です。

働く場所も問わないフリーランスの仕事は、自宅だけでなくカフェやコワーキングスペースで仕事をすることもできます。仕事をするために設備や環境が整っていれば海外で働くこともできるため、海外旅行中に仕事をする方もいます。

通勤をする必要がないので都心の満員電車に揺られながら通勤していた方は、ストレス軽減にもつながるでしょう。また、通勤がないと天候や災害による影響を気にしなくていいこともメリットです。

人間関係のストレスが軽減する

会社員であれば苦手な方とでも、どうしても仕事で関わらないといけない場面があるでしょう。個人で仕事をするフリーランスであれば、人間関係の煩わしさに悩まされなくて済みます。上司がいない・嫌なものは避けることができるのは、フリーランスならではのメリットといえます。

人間関係による悩みがないと、集中して仕事に打ち込めるようになるでしょう。実際に職場の人間関係に悩んだ結果、フリーランスとして働くことを決めた方もいます。

趣味やプライベートを両立しやすい

仕事の時間を自由にできるフリーランスなら、趣味やプライベートの両立が可能です。

休日が決まっていないので、平日に用事があれば休むことも簡単にできます。会社員であれば周囲に合わせて休みが取りづらいと感じる方も多いですが、フリーランスであれば人に気を使う必要なく休めます。

また、女性の場合は出産や育児などのライフイベントが起こると、仕事に不安を感じる方が少なくありません。

フリーランスであれば在宅で仕事ができ、仕事量も調節できるので、妊娠中や子育て中でも無理なく仕事をすることができます。

フリーランスのデメリット

続いては、フリーランスのデメリットについて紹介します。メリットだけを考えていると、フリーランスになったときに大変な思いをする恐れがあるため確認しておきましょう。

収入が安定しない

会社員であれば毎月一定の給料が保証されていますが、フリーランスの給料は自分が獲得した仕事次第になります。毎月仕事に恵まれるとは限らないため、収入が安定しません。

また、突然クライアントから契約を打ち切られるケースもあるため、期待していた収入が得られないこともあります。

安定した収入を得たいのであれば、フリーランスよりも会社員のほうが圧倒的に優位といえます。しかし、フリーランスなら、自分の努力次第で会社員よりも多くの収入を得ることが可能です。

そのため、フリーランスとして働くならば、収入に変動があることを覚悟しておきましょう。

事務作業もすべて自分でおこなう必要がある

会社員であれば保険や税金などの手続きを会社に任せておくことができますが、フリーランスになるとすべて自分でおこなわなければいけません。保険や税金の支払いも、収入のなかから自分で行います。

請求書の発行や確定申告も自分でおこなう必要があり、仕事以外に手間のかかる作業が発生します。税金関係は複雑な手続きと感じることも多いため、作業を苦と思う方が少なくありません。

社会保障が少ない

会社員よりも社会保障が少ないのも、フリーランスのデメリットといえます。まず健康保険では、フリーランスが入る国民保険は、社会保険とは違って傷病手当金を受給できません。

次に年金ですが会社員であれば国民年金と厚生年金に加入できるため、老後は老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取れます。フリーランスは国民年金にしか入れないので、将来受け取る年金額が会社員よりも少なくなるのです。

ほかにも、会社員にはある有休制度が使えないなど、さまざまな社会保障が少なくなります。

また、社会的信用が低くなる場合も多く、住宅や車などの大きなローンを組むときは、審査に落ちるリスクもあります。

ライフワークバランスを保てる仕事を探すなら転職エージェントに相談してみよう

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

最後に|趣味の時間を確保できる最善の仕事を選んでみよう

リモートワーク可能だったり、休日を取りやすかったりする仕事であれば、趣味を優先して仕事をできる可能性が高いです。

Web業界の仕事ならば、趣味を優先しやすい環境が整っているので転職を検討している方は参考にしてください。

Web業界以外でも職種によっては趣味を優先して仕事をすることができるため、自分に合う仕事を探してみましょう。自由な働き方をするならフリーランスが最適ですが、デメリットもあるので慎重に判断するようにしましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。