23歳でも転職はできる?高卒や大卒1~2年目で成功させるコツを解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

23歳での転職は早い?イメージしてた仕事内容と違った…

新卒で入社したブラックだった会社を辞めたい

新卒で就職した会社に上記のような問題があり、転職したいと思う23歳の方も多いのではないでしょうか。

しかし、23歳という若さで転職ができるのか、今後のキャリアに悪影響にはならないのかと不安視する場合も多いでしょう。

しかし、23歳は社会人経験が少なくとも、ポテンシャルで採用されるなどのメリットがあるため、転職が不利になるわけではありません。

23歳で転職を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

目次

23歳の転職事情

「23歳での転職はやはり早すぎるのではないか?」「すぐに辞めるのでは?」とみなされてしまうのではないかという不安を抱える方は多いです。

そこで、実際にはどのような影響があるのか、やはり上手くいかないのかということをデータなどを通して客観的に解説します。

23歳の転職割合

厚生労働省が調査した令和2年度の学歴別就職後3年以内の離職率の推移によると、大学卒23歳の離職率は10.6%です。厚生労働省の結果から、10人中1人が23歳で離職し、退職していることがわかります。

引用元:令和2年度 学歴別就職後3年以内離職率の推移 厚生労働省

入社して1年で会社を辞めているということは、入社前に想像していた仕事や環境とのギャップが原因で転職活動をしている方が多く、23歳で転職することは決して珍しいことではありません。

23歳の転職の現実をデータで考えてみる

23歳の転職事情について考えていきましょう。23歳は大卒で就職した場合、多くは1年目の途中から2年目にあたる年になります。

dodaという大手転職サイトが調査した転職に成功者の年齢の割合では、転職を希望した人のうち、24歳以下は転職市場全体の9.2%にしか満たない数字となっています。

最も多い25~29歳での転職割合が40.5%ですから、多くの人が2~3年は同じ会社でキャリアを積んでから転職に踏み切るといったケースが多い傾向にあることがわかります。

これは23歳での転職の難易度が高いことが分かります。

年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

引用元:年代別転職のポイントも解説! コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】|doda

しかし、厚生労働省が発表している短大卒・新卒社員の平均離職率のデータによると、1年以内が17.4%、2年以内が30.2%、3年以内が41.3%となっています。

また、大学卒新卒社員の平均離職率は1年以内が11.3%、2年以内が22.3%、3年以内が32.3%となっており、それぞれ新卒で入社した会社を3年以内に辞めてしまうという人が多いようです。

そもそも、この表における24歳以下の人数は他の年齢層と比較すると母数が少ないはずです。

大学への進学率はおよそ50%程度と言われていますが、4年生大学卒の社会人が社会人になるのは最低でも22歳で、浪人や留年経験者、大学院卒の社会人はまだこの母数の中に出揃っていないでしょう。

そう考えると、転職成功者の数が20代後半より少ないのは当然です。

23歳で転職を検討する理由とは

23歳の人が転職を検討する理由について、厚生労働省の調査データ(※)によると以下の理由によって転職を考える人が多いようです。

  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 給与が少なかった
  • 仕事内容に興味を持てなかった
  • 労働条件が悪かった

20歳~24歳の男女ともに転職理由として多かったのは「給与が少なかった」「労働条件が悪かった」という理由です。

正社員として初めて採用される人がほとんどと想定される年代ですが、給与や労働条件が理想と異なっていたと考えてしまう人も多いのではないかと考えられます。

よくあるのが、内定を承諾した時に聞いていた労働条件とは実態が大分異なるブラック企業だったというケースです。

また、同じく新卒として就職した同級生の給与と比較してしまう人もいるかもしれません。

仕事を経験する中で本当にやりたい仕事が見えてきたり、仕事選びの実態が見えてくる中で、第二新卒のうちに、「新しい職種にチャレンジしてみたい」「自分にあった企業を探したい」「新卒採用で失敗した企業に再挑戦したい」と考える人も増えているようです。

参照:厚生労働省「令和2年雇用動向調査  転職入職者の状況

23歳の転職に必要なスキルや資格は?

23歳の転職では、多くの場合においてスキルや経験が充分にあるということは言えないでしょう。少なくとも、即戦力になれるような人はごく一握りのはずです。

そのような方は何も気にすることなく、スキルと実績を活かして転職しましょう。即戦力としての活躍を期待できます。

問題は、スキルも経験も不充分なのに転職をしたい場合です。そのような場合は、ポータブルスキルを意識しましょう。新しい環境でもすぐに活用できるスキルがあると採用されやすいです。

たしかに、現職と同じ職種で転職をする場合は一定の経験やスキルが評価され、ある程度は即戦力を期待して採用されるケースもあります。

しかし、未経験の職種での場合と同様に、まだ30代のような高い習熟度のスキルを期待されているとは考えにくいです現実には、ポータブルスキルなどを参考にした汎用的なスキルが重要視されることが多いです。

引用:ポータブルスキル│厚生労働省

2回目や3回目の転職は不利になることがある

23歳は転職のチャンスが多くなりますが、2回目や3回目の転職の場合は不利となってしまう可能性があります。

23歳で転職回数があまりに多い人は、「仕事が長続きしない」「何か問題があるのではないか」といった早期離職の不安を企業に与えてしまうことがあります。

何らかの理由で転職を繰り返している場合は、採用担当者が納得できる理由を用意しておきましょう。

明確な理由があり、その意図を正しく伝えることができれば大きなマイナスにはならないこともあります。

23 歳の求職者に企業が求める3つのスキル・能力

23歳の求職者に企業が求めるスキル・能力は、下記のとおりです。

23歳の求職者に企業が求める3つのスキル・能力
  • ビジネスマナー
  • 仕事への熱意
  • 素直で謙虚な姿勢

企業が23歳に求めるスキル・能力を把握しておくと、自己アピールに取り入れることができるため、転職できる可能性が高まるでしょう。

23歳で転職を考えている場合は、ぜひ参考にしてください。

ビジネスマナー

企業が23歳の求職者に求めるスキル・能力のひとつは、ビジネスマナーです。ビジネスマナーは、職場環境で円滑なコミュニケーションを図り、仕事を進めていくために欠かせません。

23歳はビジネススキルや経験が豊富にあるわけではないため、他の部分で差別化をしないと転職できる可能性は低くなります

ビジネスマナーがない23歳は、22歳の新卒者と同じだと思われてしまう場合もあるでしょう。

企業側としては、22歳と23歳にあまり違いを感じないため、より魅力的だと思う人材を採用するはずです。

23歳は、1年とはいえ社会人としてビジネスマナーを学んでいるため、十分にアピールできます。

企業側も、ビジネスマナーを学んでいることで、すぐに実務の研修に移れるため、22歳の新卒者よりも採用するメリットを持つでしょう。

ビジネスマナーは職場内外での信頼感や印象を左右する要素でもあります。

仕事への熱意

企業が23歳の求職者に求めるスキル・能力のひとつは、仕事への熱意です。求職者が仕事への熱意を持つことは、企業にとっても魅力的な要素となります。 

熱意のある求職者は、新しい課題やプロジェクトに対して積極的に取り組み、主体的に行動する傾向があります

また仕事への熱意を持つ人は、自己成長への意欲が強い傾向もあります

新しいスキルや知識を積極的に学び、自身の能力を高めようとする姿勢が企業にとって魅力的です。

なぜなら、成長意欲が高い人材は、変化の激しいビジネス環境においても柔軟に対応し、次のステップへ進む能力を持っているからです。

このように熱意のある人材は企業にとって需要の高い人材であるため、採用される可能性が高まります。

仕事への熱意をアピールするには、自身のやりがいや目標を明確にし、努力する姿勢を示すことが重要です。

素直で謙虚な姿勢

企業が23歳の求職者に求めるスキル・能力のひとつは、素直で謙虚な姿勢です。

素直で謙虚な姿勢は、自分の知識や経験に固執せず、他人の意見や指導を受け入れ、常に向上心を持ち続ける態度を指します。 

新しい環境や業界に挑戦するときは、未知の領域であるケースが多いため、素直な姿勢が重要です。

ビジネスでは、過去の経験や知識にとらわれず、新しい情報を学び続け、変化に適応することが求められます

今までのやり方に固執して、自分のやり方を貫き通す人では、チームとしてうまく回りません。 

そのため、企業のやり方や文化を受け入れやすい素直で謙虚な姿勢を持つ23歳は採用されやすいでしょう。

素直で謙虚な姿勢をアピールするには、自己評価を客観的に行い、改善点を受け入れる姿勢を持つことが重要です。

素直で謙虚な姿勢を持った23歳は、長期的なキャリア形成においても成功しやすく、成長を続ける人材として企業内で高く評価されるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

23歳で転職するメリット4つ

23歳で転職するメリットは、下記のとおりです。

23歳で転職する4つのメリット
  • ポテンシャル採用が期待できる
  • キャリアプランが失敗するリスクを抑えられる
  • 社会人経験をアピールできる
  • 未経験異業種にもチャレンジできる

23歳で転職するメリットを理解していると、将来像に合わせて適切な判断が行いやすくなります。

一方で、メリットを知らないまま23歳で転職すると、後で「もっと良い選択肢があったかも」と後悔する可能性があるでしょう。 

23歳は将来のキャリアを描くうえで重要な時期です。自分にとって適切な判断をするためにも、23歳で転職するメリットを把握しておきましょう。

ポテンシャル採用が期待できる

23歳で転職するメリットのひとつは、ポテンシャル採用が期待できることです。23歳は、たとえ経験がなくても求職者の今後の成長や能力を見越してポテンシャルで採用されることがあります

若い世代はまだキャリアのスタート地点であるため、その分まだ伸びしろが大きいと捉えられます。

企業がポテンシャル採用を重視する理由は、将来のリーダーやエキスパートを育てるためです。

企業は未経験者であっても、その人の意欲や学習能力、成長意欲を重要なポイントとして評価し、将来のポジションに期待するケースがあります。 

30代以降になると、スキルや経験、実績を求められるため、23歳にとってポテンシャル採用があるのは大きなメリットです。 

ポテンシャル採用の対象になる23歳は、積極的に転職をしても良い時期と言えるでしょう。

高橋 宇内氏

ポテンシャル採用は、23歳だからこその武器です。スキルや経験を重視される前に、自身のポテンシャル採用をアピールして転職活動を行いましょう。

キャリアプランが失敗するリスクを抑えられる

キャリアプランが失敗を抑えられるのも、23歳で転職するメリットです。23歳という若い年齢での転職は、キャリアのスタート地点であり、長い職歴がない状態です。

この時点での転職は、以前の経験やスキルが限られているため、未経験の業界や職種に挑戦するケースが多くなります。

そのため、もし23歳での転職が失敗に終わってしまったとしても、将来的なキャリアへの影響は少ないと言えるでしょう。

また、若い時期に転職をすることで、失敗から学ぶ経験を得られます。

失敗は成功への道として捉えられる場合があり、さまざまな経験を通じて成長できます。さらに、若いうちはまだ選択肢が広く、失敗から立ち直る機会もあるはずです。

23歳での転職を失敗しても、将来のキャリアにとって貴重な学びとなる可能性が高いでしょう。

若いうちはキャリアの幅を広げるチャンスがあり、未経験の領域にチャレンジできるタイミングでもあります。

失敗のリスクを抑えられるというメリットは、若い世代が転職を検討するときに心強いポイントです。

未経験の業界や職種への挑戦によって失敗する可能性も考えられますが、若いうちにさまざまな経験を積むことで、将来のキャリアにおいて貴重な教訓と成長を得られるでしょう。

高橋 宇内氏

23歳で転職をすることで、自分がいままで知らなかった体験に出会える可能性もあります。若いうちにしかできない経験があるのも、23歳で転職するメリットでしょう。

社会人経験をアピールできる

社会人経験をアピールできるのも、23歳で転職するメリットです。23歳という年齢は、新卒から1〜2年が経過しているため、社会人としての経験があります。

前職での業務経験やプロジェクト参加など、社会人としてのスキルや成果を積み重ねてきたことを、新たな職場でも活かすことができます

これまでの経験を通じて、業務の進め方やビジネスマナーなど、仕事を進めるうえでの最低限のスキルを習得しているため、入社してすぐ業務に取り掛かることができます。

また、社会人経験を持つ23歳の転職者は、自己成長への意識が強い傾向にあります。

前職での経験を振り返り、自身の成長や課題を見つけているため、新しい職場でも自己成長への意欲を持ち、積極的に学び成長する姿勢をアピールできるでしょう。

ポテンシャル採用に加え社会人経験があることは、企業にとってもメリットになるため、採用される確率も高まるでしょう。

23歳は社会人経験が1年と短いですが、新卒と比べると大きな違いです。1年間で得たことを振り返り、自身の強みや経験をアピールしましょう。

未経験異業種にもチャレンジできる

未経験異業種にもチャレンジできるのも、23歳で転職するメリットです。23歳の転職者は、これから時間をかけて知識や経験を積むことができるため、未経験の業界や職種にもチャレンジできます。 

また、柔軟かつ積極的な姿勢を持っている傾向があることから、自社で育成し将来的に活躍してもらおうと考える企業も多いでしょう。

23歳はさまざまな業界・職種に挑戦できる年齢です。30代になってしまうと、スキルや経験が重視されてしまうため、未経験業種に転職するのは困難です。

そのため、23歳が未経験業種にチャレンジできるのは、大きなメリットと言えます。若いうちにさまざまな経験を積むことで、将来的なキャリアの幅も広げられるでしょう。

高橋 宇内氏

23歳という若さは、社会において貴重な武器です。若さは転職活動において有利になるケースも多いため、積極的に活用しましょう。

23歳での転職を成功させる人の特徴3つ

23歳での転職を成功させる人の特徴は、下記のとおりです。

23での転職を成功させる人の特徴3つ
  • 強みや弱みを把握している人
  • 転職の目的を明確にしている人
  • 企業が求める人物像を理解している人

成功する人の特徴と、自身の現状を照らし合わせると、転職できる可能性を把握できます。

上記に該当していない場合は、成功させるための改善をする必要があります。該当している場合は、上記の具体的な理由を知っておくと、成功率をより高められるでしょう。

強みや弱みを把握している人

自身の強みや弱みを把握している人は、23歳での転職を成功させる人の特徴です。自身の強みや弱みを正しく把握して、客観的な視点で自己評価できている人は、自分にあったキャリアを選ぶことができます。

自分の強みを知ることで、活かすポジションや職種を選択し、転職先での成功への道を見つけられます。

また自分の弱みや苦手なことが理解できていると、自分とは合わない企業に入社するリスクを抑えることもできます。

企業が求めている人物像に対して、自分の強みをアピールすることができれば、希望している企業から内定を獲得することができるしょう。

そのため、23歳で転職を成功させるには、自分の強み・弱みを把握していることが重要です。

自身の強みと弱みを正直に認識し、活用する方法や改善策を見つけ出すことが、転職先での成功に繋がる大切なステップとなるでしょう。

転職の目的を明確にしている人

転職の目的を明確にしている人も、23歳での転職を成功させる人の特徴です。転職の動機や目的を明確にすると、ターゲットにすべき職種や業界、企業を的確に把握できます。

また、転職の目的が明確であれば、達成に向けて具体的な行動計画を立てられるでしょう。

たとえば、40代までにIT技術を持ったスペシャリストになる目標がある場合は、達成できる企業を選ばなくてはいけません。

もし目標が達成できない企業を選択してしまうと、違う企業へ転職し直す必要があります。

このように転職の目的を明確にすれば、必要なスキルや知識の獲得、資格の取得など、達成するために必要なステップも明らかになります。

転職の目的を明確にするには、自分自身の価値観やキャリアビジョンを考え、どのような職場環境・仕事内容が合っているかをよく考えることが大切です。

将来的なキャリアの方向性や目標をしっかり定め、達成のために進んでいく意志を示すことで、転職活動をより成功させられるでしょう。

企業が求める人物像を理解している人

企業が求める人物像を理解している人も、23歳での転職を成功させる人の特徴です。

転職活動は、自分のスキルや経験をアピールするだけでなく、企業側のニーズや期待する人物像に合わせて自己アピールを行うことが求められます。

求める人物像を理解すると、自分のスキルや特徴をどのようにアピールすべきかが明確になります。

23歳での転職を成功させるには、企業が求める人物像と自分の強みを結びつけて、志望企業にとって価値のある存在であることを示すことが重要です。

また、企業の文化や価値観を把握することで、自分自身と合うのか判断できます。

23歳での転職に失敗する人に多いのは、働いてからミスマッチに気づくことです。

転職後に後悔しないためには、企業の公式ホームページやSNS、口コミ・評価サイトなどを通じて最新情報を収集し続ける必要があります。

企業の情報を集めると、書類や面接でアピールする材料を増やすこともできるでしょう。 

23歳での転職を成功させるには、求める人物像に合わせたアピールを行うことが欠かせません。

自分自身を客観的に見つめ、企業が求める価値やマインドセットを理解することで、転職活動の成功率を高められるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

23歳での転職に失敗する人の特徴3つ

23歳での転職に失敗する人の特徴は、下記のとおりです。

23での転職に失敗する人の特徴3つ
  • 1年で2・3回以上の転職を繰り返している人
  • 好条件を希望する人
  • 退職理由がネガティブな人

23歳での転職を失敗させないためにも、成功だけでなく上記の特徴も把握しておきましょう。

1年で2・3回以上の転職を繰り返している人

1年で短期間の転職を繰り返している人は、23歳での転職に失敗する人の特徴です。短期間に複数回の転職をすると、企業にとって採用するリスクが高まります。

人件費や採用コストをかけて採用活動しているなかで、何度も転職を繰り返している人材を企業はなかなか採用しにくいものです。

そのため、入社後に再転職する可能性が高いと判断されると、採用される可能性は低いでしょう。

また、短期間での転職を繰り返すと、新しい職場に慣れる前に退職するため、成果を上げるのが困難です。結果として、自身の成長やスキルの向上が十分に行われず、求職者としての競争力が低下します。

1年間で短期間の転職を繰り返すことは、企業に悪い印象を与えやすくなります。

23歳での転職成功を目指すなら、長期的な視点でキャリアを構築し、知識や経験を深めていくことが重要です。

好条件を希望する人

好条件を希望する人も、23歳での転職に失敗する人の特徴です。好条件を求めること自体は悪いことではありませんが、スキルや経験、実績が伴わない状態で求めるのはおすすめしません。

たとえば、スキルや経験が伴っていないのに「年収500万円ほしい」「ずっと在宅ワークがいい」といった好条件を希望しても、企業の業績に貢献できなければ、採用される可能性が低いでしょう。

好条件で転職をするには、それなりのスキルや経験、実績が必要です。

また、好条件を追求すると、他の面に目が行き届かなくなる場合があります。企業選びは単に給与だけでなく、職場の文化や仕事内容、成長機会なども考慮すべきです。

自身が満足できない環境や職務内容は、好条件があっても長続きしないため、転職を失敗させる原因となります。

そのため、好条件を重視しすぎることは、転職の失敗に繋がる可能性があります。

給与や待遇は大切ですが、自身のスキルや価値観と合致する企業を選ぶことが成功への近道です。

退職理由がネガティブな人

 退職理由がネガティブな人も、23歳での転職に失敗する人の特徴です。ネガティブな理由で会社を辞めていた場合、他責思考が強いと判断される傾向があります。

 たとえば「職場の人間関係が悪かった」「仕事内容だけが合わない」など自分以外に責任をあると考える人は、転職先でも同様の問題が起きる可能性があります。

企業は長期間働いてもらいたいため、前職での不安定な状況やトラブルが続いていた人に対しては、警戒感を持ちます。そのため、ネガティブな退職理由を持つ人は、採用されにくいでしょう。

23歳での転職を成功するには、前職での退職理由を「新しい業界・職種に挑戦したいと思ったから」などと、ポジティブであることが大切です。

たとえ前職に問題があったとしても、ポジティブに解決しようと努力した姿勢や、成長のために新たなチャレンジを求める姿勢をアピールすることは重要です。

23歳で転職した人の感想を実際に見てみよう!

23歳で転職を経験した人が実際にその後どうなったのか、どのような苦労をしているのかを知ることは重要です。

Twitterで23歳での転職に関わる投稿を収集したので、自分の先を行く人を見て、転職をするべきか、今の職場を継続するべきか判断するための参考にしてみましょう。

23歳転職での苦労の声

やはり、何の苦労もなく転職を成功させている方は少ないのでしょう。

23歳で転職をした過去を振り返ると、やはり苦労をしたという方の投稿がありました。また、経験した内容と退職理由を明確に答えられないと面接でも上手くいかないようです。自身が、面接をする際の参考にしてみましょう。

転職に成功して良かったという声

転職をして良かったという声が目立ちました。

23歳で転職して次の4月から転職先での勤務が決定している人や、23歳で頑張って転職した結果として社長秘書になったり、その後独立している人の投稿があったので見てみましょう。

23歳で転職することにとやかく周りが言うかもしれませんが、自分の人生を決めるのは自分です。流されないことが大事です。

ただし、ただ転職をすれば良いという話ではなく、将来性や今後身に付けたいスキルなどを、最終的に自分で考えた上で決断をするということが重要です。

【体験談】キャリアアドバイザーが語る!23歳の転職で必要な準備

高橋 宇内氏

私がいままで見てきた23歳の転職者の中にも、成功する人と失敗する人がいました。成功する人は、事前の準備を徹底的に実施している傾向があります。

転職活動における選考は大きく分けて「書類」と「面接」の2つです。志望先に採用してもらうためには、書類と面接選考で、自分が魅力的であるとアピールしなくてはいけません

ここで忘れてはいけないのは、企業というのは学ぶ場ではなくいままでの経験・スキルを活用し、会社に貢献をする場です。たとえば、下記のような志望理由だった場合、ほとんどの企業は前者を採用するでしょう。

前職で培ったIT技術をもとに、御社の開発事業に貢献したいです

御社には〇〇といった技術があり、とても興味があるため深く学びたいです

企業側としては、自社に貢献してくれる人材を採用したいと思っているため、いままでの経験やスキルをアピールしてくれる人を選ぶはずです。

23歳での転職に成功する人は、過去の経験を徹底的に振り返り、何かしらで貢献できないか考え抜きます。しかし、社会人経験が1年であるため、アピールできる経験やスキルがないと悩む場合も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、転職エージェントです。社会人1年目の場合、自分にどのような武器があるのか明確に深掘りできないケースがほとんどです。

転職エージェントは、転職活動で活かせる経験やスキルを徹底的に深掘りしてくれるため、自身の武器を見つけやすくなります。

23歳での転職を成功させるには、企業が「採用したい」と思う武器をアピールすることが重要です。

一人では不安・心配だと思う場合は、転職エージェントを積極的に利用して進めましょう。他にも大切なポイントを解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

23歳の転職を成功させる5つのポイント

23歳の転職を成功させるポイントは、下記のとおりです。

23歳の転職を成功させる5つのポイント
  • 転職したい理由を明確にする
  • 自己分析をする
  • 前向きな理由を伝える
  • 在職中に活動する
  • 転職エージェントを利用する

23歳で転職を成功させたい方法を詳しく知りたい場合は、ぜひ参考にしてください。

転職したい理由を明確にする

23歳の転職を成功させるには、まず転職したい理由を明確にしましょう

なぜ転職するのか理由を明確にすることで、転職先に求める条件を決めることができます。

なんとなく転職をしていては、志望動機を聞かれた際に論理的に答えることができません。

 また、転職したい理由を明確にすることによって、自身のモチベーションを高められるでしょう。

転職活動は多くの労力や時間を要するものであり、過程での困難や壁にぶつかるときもあるかもしれません。しかし、転職したい理由を把握しておけば、目標に向かって進んでいく意欲を保てます。

23歳での転職を成功させるには、転職したい理由を明確にし、自身のキャリアビジョンと照らし合わせながら進めていくことが大切です。

企業が納得する転職理由を伝えることで、成功する可能性をさらに上げられるでしょう。

関連記事:新卒1年目の転職はなぜ厳しい?転職リスクと成功ポイントを徹底解説

自己分析をする

23歳での転職を成功させるには、自己分析を徹底的に行うのもポイントです。

自己分析は、自身の性格・経験・価値観などを客観的に見つめ直し、どのような職種や環境が合っているのかを理解するプロセスです。

自己分析を行うことで、自身の強みや弱み、興味・関心を明確にできるため、どの職種や業界に転職をすればいいのか見えてきます

自己分析を通じて、自身の成長の方向性を把握し、将来のキャリアビジョンを明確にすることも可能です。

自己分析は、志望先の企業にアピールできる経験やスキルを明確にするだけでなく、転職後のミスマッチを防ぐためにも役立ちます。

仮に転職できたとしても、自己分析を妥協すると「思った企業じゃなかった」「キャリアビジョンが叶えられない」などと、後になって後悔する可能性があります

23歳はこれからのキャリアを形成する重要な年齢です。自身のキャリアビジョンを最短で叶えるためにも、自己分析を徹底的に行いましょう。

転職理由を前向きに伝える

23歳での転職を成功させるには、志望先の企業に対して、なぜ働きたいのか、どのような価値を提供できるのかなど、前向きな転職理由を伝えるのもポイントです。

前向きな理由を示すことで、あなたの意欲や熱意が伝わり、採用される可能性が高まります。

前向きな転職理由を伝えるには、自己分析に加え、企業研究が必要です。

志望企業の事業内容やカルチャー、価値観を理解することで、なぜその会社に興味を持っているのかを具体的に説明できます。

また、転職先での成長や貢献についても伝えましょう。あなたのスキルや経験を活かして、どのように企業に貢献できるのか、具体的なアイデアを示すことが重要です。 

そのため、23歳での転職を成功させるには、前向きな理由を伝え、企業に貢献したいという姿勢をアピールしましょう。

在職中に活動する

23歳での転職を成功させるには、在職中に活動するのもポイントです。在職中に活動を進めることで、スムーズな転職を実現しやすくなります。

在職中に転職活動を行うメリットは、現在の職場での安定した収入があるため、焦らずに転職先を選ぶことができる点です。

失業中の人と比べて、経済的なプレッシャーや焦りが少なく、選択肢を広げながら最適な転職先を見つけられます。

在職中ではなく、退職してから転職活動をするデメリットを理解しておくと、決断が行いやすくなるはずです。退職してから転職活動をするデメリットは、下記のとおりです。

  • 金銭的な余裕がなくなる
  • 転職先が決まらないストレスが溜まる
  • 本来の目的を失う可能性がある

上記のように、退職してから転職活動を実施すると、さまざまなリスクが高まります。23歳での転職を成功させるには、在職中に活動し、焦らないことが大切です。

関連記事:働きながらの転職は難しい?辞めてから転職すべきか徹底検証

転職エージェントを利用する

23歳での転職を成功させるには、転職エージェントの活用もポイントです。

とくに、23歳が転職を検討するときは、転職エージェントの専門的な知識やネットワークを活かすことで、よりスムーズで効果的な活動を進めることを推奨します。

転職エージェントは、求人情報の提供だけでなく、転職活動をトータルでサポートしてくれます

転職エージェントはあなたのスキルや希望条件をヒアリングし、適切な求人案件を提案してくれます。自分だけでは気づかないような適切な求人情報を収集し、選択肢を広げる手助けをしてくれるでしょう。

また、企業との間に仲介役として入り、選考プロセスのスケジュール調整や求人内容の説明なども行ってくれます。

未経験の業界や職種への転職を考えるときは、専門的な知識を持っている転職エージェントからの情報提供は効率的に進めることができるでしょう。

ただし、転職エージェントを利用するときは、口コミや評判を調べたり、複数のエージェントと面談を行ったりして、信頼できる担当者を選びましょう

また、担当の転職エージェントに自分の希望や要望をしっかり伝えることで、より適切な求人情報を提供してもらえます。

転職エージェントは、23歳が転職活動を成功させるために重要なパートナーとなります。

専門的なアドバイスを受けながら、自分に合った転職先を見つけるためのサポートを受けることで、よりスムーズかつ効果的な転職活動を進められるでしょう。

23歳で未経験転職を目指す方におすすめの転職エージェント

23歳で未経験転職を目指すのであれば、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトで評判が良いエージェントやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強み、特化している業界などがあります。

たとえば「求人数が多い」「第二新卒の転職に強い」などです。そのため転職希望者の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職先からの内定に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • レジュメ登録であなたの市場価値が分かる
  • 自分でキャリアアドバイザーを選べる
  • 3人に2人が年収アップを実現

ビズリーチは、転職するかどうか考えている20代におすすめの転職エージェントです。

企業からスカウトメールが届く「スカウト型」であるため、自分の市場価値を把握することができます。

こんな方におすすめ
  • 転職できるか自分の市場価値を確かめたい方
  • 自分でキャリアアドバイザーを選びたい方
  • まだ転職するかどうか決めかねている方
ビズリーチの詳細情報
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
ビズリーチの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 キャリアの選択肢が広がった

無課金でもハイクラス転職が行えると聞いたので、ビズリーチを利用したした。自分に合ったスカウトはもちろんでしたが、他にも可能性が広がる求人を紹介してもらえましたし、臨機応変な対応をしてもらえ助かりました。

 仕事が忙しくても転職活動できる

ビズリーチは、登録した履歴書的な資料を先方が見た上で連絡をもらう形になっているので、多忙な方など、自分から能動的に転職活動をすることが難しい方にお勧めできます。

プレミアム会員にならないと一部のオファーが見れない

今の仕事に飽きてきたため登録し実際に転職活動しています。良い点は高年収案件が多い点、悪い点は課金しなければ閲覧できないオファーがある点です。ただし、他の転職サイトは高年収案件が少ないので、課金ありきでもビズリーチ一択だと感じています。


関連記事:ビズリーチの評判・口コミまとめ|利用の流れや活用のコツを紹介

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:ビズリーチ利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を保有
  • サポート期間に制限がなく納得がいくまで転職活動を続けられる
  • 業界ごとにキャリアアドバイザーがサポート

マイナビエージェントは、20代から高い支持を得ている転職エージェントです。

目先の結果だけではなく、5年、10年先を見据えたカウンセリングをおこなうなど、充実したサポート体制と高い内定率に定評があります。

こんな方におすすめ
  • 年収アップしたい方
  • 職場環境を改善したい方
  • キャリアプランを相談したい方
マイナビエージェントの詳細情報
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
マイナビエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
自分の向き不向きまで教えてくれた

20代で初めて転職するにあたって、右も左も分からなかったため有名で大手のマイナビエージェントさんに登録しました。最初に電話でやり取りさせてもらった女性の方は大変良い方で、こちらの職場環境の現状を聞いて共感してくださったり、〇〇さんのスキルや性格からするとこういう職種が向いていると思いますと教えてもらえたのが嬉しかったです。他社さんのエージェントは、ただこういう案件がありますと提示してくださるだけですが、向き不向きも教えてもらえたのが個人的にはありがたかったです。

自分に向いている仕事が見つかった

私は20代で年収が低く、年収を上げたいと思い、マイナビエージェントに申込しました。転職となるとハードルが高く、最初何をすればいいのか、自分にどんな仕事ができるのか分からずにいましたがマイナビエージェントに相談し、親切にサポートしていただき無事転職し年収を上げることができました。今では非常に満足しています。

 連絡の頻度が多い

担当の方はとても親身になって対応してくれたのですが、連絡が密にあったのでもっとマイペースに進めたかった私にとっては少しストレスに感じました。でも結果的には希望の転職先に就職が決まり満足しております。


関連記事:マイナビエージェントの評判はひどい?口コミや利用におすすめな人を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年3月26日
調査対象者:マイナビエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 電話・オンラインで相談できる
  • 約3人に2人が年収アップ

リクルートエージェントは、圧倒的に求人数が多いのが特徴の転職エージェントです。

年収や入社後の条件など、転職希望者本人から企業へは直接言いづらいことも、交渉代行してくれるのもポイントです。

こんな方におすすめ
  • 初めての転職で進め方が分からない方
  • どんな業界・職種に転職するか決まっていない方
  • 年収アップ・キャリアアップしたい方
リクルートエージェントの詳細情報
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
リクルートエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
登録がカンタン!

そろそろ転職しようかなと考え、転職サービスを調べるとリクルートエージェントを知りました。 早速、その日のうちに会員登録をしましたが、想像より簡単ですごく助かりました。

地方の求人数が多い

田舎でも比較的求人を多く取り扱っている点や費用が掛からずキャリアカウンセラーがサポートをして下さる点は良いと思います。

 自分に合う求人が紹介されなかった

担当の方は熱心に対応はされていたものの、サポートと言うよりかはノルマで求人紹介をしているだけのような感覚だったので、正直信頼ができなかったです。


関連記事:【独自調査】リクルートエージェントの評判はひどい?口コミから実情を調査

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:リクルートエージェント利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

23歳の転職で意識すべき5つの注意点

23歳の転職で意識すべき5つの注意点は、下記のとおりです。

23歳の転職で意識すべき5つの注意点
  • 給料や待遇だけを意識しない
  • 退職の手続きは計画的に進める
  • キャリアプランを考えておく
  • 今の職場でのスキルアップも考えておく
  • 学歴によって応募できる求人が制限される

上記の注意点を理解しておくと、23歳での転職における失敗するリスクを減らせるでしょう。

給料や待遇だけを意識しない

23歳の転職では、給与や待遇だけを意識しないように注意が必要です。給料や待遇は、転職先を決めるひとつの要因ではありますが、将来の成長・キャリアビジョンを叶えられる環境も重要な要素です。

たとえば、転職先で学べる経験やスキルを磨ける環境が整っているか、自分の興味・適性に合った業務内容か、職場の雰囲気は良好かなど、給料だけでは測れない面もあります。

とくに若い世代の場合、将来的な成長の機会やキャリアパスがあるかどうかが重要なポイントです。

仮に、給料や待遇が高くても、スキルや経験が成長せず、将来的なステップアップの機会が限られている場合は、長期的なキャリアの形成が限られてしまう可能性があります。

また、転職先の企業文化や価値観にも注意が必要です。自分の価値観や意欲に合った企業で働くことは、モチベーションを維持するために大切です。

給与や待遇だけを重視して入社すると、文化や環境に合わない場合、ストレスや不満が生じる可能性があります。

23歳での転職は、さまざまな要素で決められますが、短期的ではなく長期的なキャリアを意識して選択することが、ミスマッチを防ぐ要素になるでしょう。

そのため、23歳の転職活動では給料や待遇だけでなく、将来の成長やスキル獲得の機会、企業文化、職場環境にも目を向けることが大切です。

関連記事:第二新卒の年収アップは実現可能?平均年収や成功させるコツを解説

退職の手続きは計画的に進める

 23歳での転職では、退職の手続きを計画的に進めるのも注意点です。転職をする人の中には「退職するから適当に手続きすればいいか」と、退職手続きを安易に考えるケースがあります。

退職手続きは、提出する期限や方法が企業によって決められており、規則に違反してしまうと法的処罰になる可能性もあります。

また、企業同士の繋がりは意外と狭いものです。退職手続きで会社のルールを守らなかったなどのトラブルが起きてしまうと、転職先の企業にも広まっているかもしれません

現在の企業と良好な関係を保ち円満退職をするためにも、退職の手続きを計画的に進め、迷惑をかけないことが大切です。

2ヶ月前に退職届をしなければいけないなど社内によってルールは様々です。雇用契約書などに記載がある情報をもとに、適切な方法で進めましょう。

また、退職をするときは、引き続き業務やお世話になった上司・同僚への感謝の気持ちを示すことも重要です。

業務の品質を維持し、同僚や上司との協力関係を大切にする姿勢は、転職先に対しても良い印象を与える要因となります。

23歳で転職をする場合、退職を安易に考えてしまうケースもありますが、計画的に進め円満退職を目指しましょう。

キャリアプランを考えておく

23歳で転職をするときは、キャリアプランを考えておくのも注意点です。

転職では、次の仕事を見つけるだけでなく、自身の長期的なキャリアの方向性を把握し、着実に進んでいくための計画が必要です。

自分がどの業界・職種に合っているのか、どのような強みを活かせるのかを考えることで、具体的なキャリアプランを描けます。

23歳の転職では、長期的なキャリア目標を設定することが重要です。

将来的にどのようなポジションや役割を果たしたいのか、どのスキルを磨いていく必要があるのかを明確にすることで、自分に合った転職先を見つけやすくなるでしょう。

転職は単なる仕事の移動だけでなく、自身のキャリアを形成していくうえで大切なステップのひとつです。

とくに、23歳は将来のキャリア形成をする重要な時期です。将来を見据えたキャリアプランを考え、達成するための自己分析や企業選びをすることで、より充実した職業生活を築けるでしょう。

今の職場でのスキルアップも考えておく

23歳の転職は、今の職場でのスキルアップを考えておくのも注意点です。

23歳での転職は、ポテンシャル採用を行っている企業がある一方で、スキルや経験を重視しているケースもあります。

志望する業界や職種、企業がポテンシャル採用を行っていない場合、すぐに転職できるとは限りません。

場合によっては、23歳での転職活動が長引き、今の職場で働く時間が長くなる可能性もあります。

23歳で転職をするときは、今の職場で働くことも考慮する必要があるでしょう。 

今の職場で働き続けスペシャリストになるのも手段のひとつです。特定のスキルを持ったスペシャリストになれば、好条件で転職できる可能性が高くなります。

23歳の転職は、さまざまな選択肢を取れるのが特徴です。

職場環境や人間関係が好きな企業であれば、23歳で転職するのではなく、スペシャリストとしてスキルを身につけてからでも遅くないでしょう。

学歴によって応募できる求人が制限される

23歳の転職は、学歴によって応募できる求人が制限されるのも注意点です。学歴は、求人応募時に重要な要素のひとつとされています。

とくに、大学卒業の有無や学位のレベルは、一部の企業や職種で重要視されます。

なぜなら、企業は学歴を指標として応募者の基礎的な知識やスキルを判断するためです。

23歳は、新卒社員と年齢があまり変わらないため、学歴で判断されるケースもよくあります。

ビジネスマナーなどがあったとしても、学歴の条件が厳しい企業や職種では、特定の学位を持たない場合に応募が難しい場合があります。

一方で、学歴だけが判断材料ではないことも覚えておくべきです。実務経験や実績、スキルセットなど、他の要因も求人選考に影響を与える可能性があります。

とくに、技術系の職種や実務経験を重視する企業では、学歴よりも実際のスキルや経験が重視される傾向があります。

学歴や職務経験に自信が持てない場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。転職エージェントを利用することで、自分に合った求人と出会える可能性が高まるでしょう。

23歳の転職でよくある質問

23歳の転職でよくある質問は、下記のとおりです。

第二新卒枠はいつまで使えますか?

学校を卒業し、就職してから3年以内です。

未経験業界・職種でも転職できますか?

23歳はポテンシャル採用の対象になる年齢なので、十分に可能でしょう。

関連記事:20代で未経験の職業に転職できる?転職を成功させるコツやおすすめ職種を解説

資格は取得した方がいいですか?

資格を取得した方が、特定の知識やスキルがある証明になるので、転職できる可能性は高まるでしょう。ただし、資格によっては取得に時間を要するので、自身の状況に合わせて判断しましょう。

23歳で転職2回目だと厳しいですか?

23歳大卒で社会人経験が2年未満での転職となると厳しいのが現実です。早期離職の懸念点から企業としては採用を見送る可能性が高いでしょう。

一方高卒で社会人経験が5年ある方であれば、転職自体は可能ですが、転職理由が明確になっていないと大卒同様に採用されない可能性があります。

まとめ|23歳で転職するには事前の対策が必須!

23歳で転職を成功させるには、下記の事前対策が必要です。

23歳で転職する事前対策
  • 転職したい理由を明確にする
  • 自己分析・企業研究をする
  • ポジティブな退職理由を伝える
  • 在職中に活動する
  • 転職エージェントを利用する

 23歳は、社会人が始まったばかりの年齢になるため、新しい業界や職種にチャレンジできるチャンスがあります。

しかし、転職をするために事前の準備を行わない場合、望んだキャリアを描けない可能性があるでしょう。

23歳での転職を成功させるには、上記の対策を実施することが大切です。とくに、転職に関する知識がない23歳は、プロの力を頼るのがおすすめです。

転職エージェントをうまく活用し、納得する企業に転職しましょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。