27歳の転職は遅い?スキルなしでも異業種未経験転職を成功させるポイントを男性・女性別に解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

27歳と言えば、新卒で入社してから4~5年が経過し、仕事にも慣れてくる頃ではないでしょうか。

勤続年数が上がるにつれて責任ある仕事を任されるようになり、より頑張ろうと思う人がいる一方、転職を考える人が多いタイミングでもあります。

「未経験だけど、他にやりたいことがある」
「もっと条件のよい職場で働きたい」

転職理由は人それぞれですが、27歳での転職は決して遅いわけではなく、スキルや経験が十分に身に付いているため、転職市場において需要の高い年齢です。

自分では転職できないと思っていても、転職活動してみるとあっさり転職先が決まってしまうケースもあります。もう手遅れなのかと思うのではなく、一度転職エージェントに登録してみて、転職できるのか相談してみてください

この記事では27歳での転職がおすすめできる理由と転職を成功させるためのコツなどについて紹介します。

転職を成功させるためには、あなたにあった転職エージェントを見つけることが重要です。以下のツールであなたにピッタリの転職エージェントを診断してみてください。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

関連記事:20代転職サイトおすすめ比較ランキング【前半後半や女性向け】

目次

27歳での転職は手遅れ?実際の転職事情とは

まずは27歳の転職状況について解説します。厚生労働省によるデータでは、25~29歳の転職者の割合は全体に対して男性が11.6%、女性が13.3%となっています。

-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

引用元:-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

男女ともに10%を超える転職率となっており、特に女性の転職率は19歳以下に次いで高い数値となっています。数年間の社会人経験を積み、自分のキャリアについて考え直す時期であることが考えられます。

30歳を超えると転職率が下がる傾向がありますので、転職を考えている人は20代のうちに活動をした方が転職しやすいといえるでしょう。

27歳男性の転職理由

厚生労働省の調査データ(※)によると25~29歳男性の転職理由で多かった理由が以下となります。

  • 給料等収入が少なかった(14.8%)
  • 仕事の内容に興味を持てなかった(10.1%)
  • 会社の将来が不安だった(9.5%)

27歳で転職する人は「給与」や「仕事内容」に対する不満や悩みを抱えていることが考えられます。他の企業や職種と比較をすることで、自身のキャリアについて見直す機会が増えているようです。

そのため、未経験職種への転職を希望する人も多いと考えられます。後述しますが、27歳は未経験への転職もしやすい年齢といえますので、転職のポイントをしっかり押さえておくとよいでしょう。

27歳女性の転職理由

厚生労働省の調査データ(※)によると25~29歳女性の転職理由で多かった理由が以下となります。

  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった(14.8%)
  • 結婚(10.0%)
  • 職場の人間関係が好ましくなかった(7.9%)

27歳女性の転職理由で多いのが「労働条件」になります。残業の多さや休日出勤などでプライベートの時間が取れないことなどが理由となりそうです。

また20代後半になると結婚によって生活スタイルや居住地が変わり、転職を考える人も増えていきます。

転職率は19歳以下に次いで高い数値となっているため、転職はしやすい年齢と言えるでしょう。

-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

引用元:-令和3年雇用動向調査結果の概況-│厚生労働省

関連記事:27歳女性が転職するのは難しい?成功するコツを紹介

27歳で転職するメリット

27歳で転職するメリットについて解説します。

転職者比率が高い

27歳の転職は企業も積極的に採用をおこなう傾向があるため、転職率も高くなりやすいです。下図は2010年から2021年までの転職者の推移を統計局が調べたものです。

労働力調査(詳細集計)|総務省統計局

引用元:労働力調査(詳細集計)|総務省統計局

2010年の283万人を境に転職者の数は年々増加傾向にあり、2020年以降は感染症の影響もあり転職者数が減少していますが2021年は288万人が転職を経験しています。

労働力調査(詳細集計)|総務省統計局

引用元:労働力調査(詳細集計)|総務省統計局

このうち転職者の性別や年齢で分けて見たとき、25~34歳の転職者数が最も多くなっています。

そのため27歳という年齢は転職のタイミングに適していると考えることができます。

このような転職データは企業も把握しているため、27歳というピンポイントの採用ではないものの、20代後半から30代前半までの人材を積極的に採用したいという意図があります。

社会人としての経験と若さが評価される

同じ20代である新卒とは違って、社会人としての経験がある27歳は企業に重宝されやすくなります。しかも、まだまだ若さで活気に溢れている部分がありますので、中途での採用を考えている会社としても育てやすい年代だと思っている傾向にあります。

30代ともなれば、経験だけでなく実績もあるだけに前職でのやり方に固執しがちですが、27歳であれば、新しいことを素直に取り入れてくれると考えるからです。

未経験職種や異業種にも転職しやすい

27歳という年齢は、未経験職や異業種への挑戦も十分可能と言えます。もちろん、前職の経験を活かして、同業界・同職種へ転職することもできるでしょう。しかし、30歳を目安に未経験職への転職は難しくなると言われており、チャレンジできるのは最後の機会かもしれません。

27歳で未経験の業界へ転職をしたとしても、仕事に慣れてきた頃にはまだ30代前半ですので、会社としても、十分将来性を見越して採用することができます。

キャリアアップを狙いやすい

今の業界・職種に特に不満がなければ、今まで培ったキャリアを活かして、年収が高い会社への転職を狙うことも可能です。似たような仕事をしてきた人であれば、即戦力として期待できますし、前職自体に輝かしい成績があるのであれば、年収の交渉をすることもできるでしょう。

例えば、下記はリクナビNEXTの『27歳』と条件を絞った結果求人情報の結果です。社員のモデルケースとして『27歳』の事例を紹介している企業が多いことからも、近い年齢の人材を採用したいという意図が見て取れます。

関連記事:20代後半の転職事情|20代前半との違いや転職ポイントも合わせて解説

27歳で転職するデメリット

次に27歳で転職するデメリットについても解説していきます。

転職の競争率が高い

デメリットの1つ目は「転職の競争率が高い」ことです。27歳は同世代で転職を考えている人が多いため、人気の職種や企業の競争率が高くなりやすいです。

その分27歳前後の求職者を積極的に採用している企業も多いため転職率自体は高いですが、専門的なスキルや前職での実績がある人の方が転職に成功しやすいと考えられます。

年収が下がる可能性がある

デメリットの2つ目は「年収が下がる可能性がある」ことです。特に未経験転職や中小企業への転職の場合は、前職よりも年収が下がる可能性があることを覚えておきましょう。

年収を下げたくないという人は、年収アップを軸に転職活動をおこなうようにしましょう。また、転職エージェントを活用することで年収の高い非公開求人を紹介してくれることもありますのでおすすめです。

27歳での転職で年収アップは期待できる?

27歳で転職をした際には、年収がアップするケースもあれば年収がダウンするケースもあります。

しかし、27歳での転職で年収がアップしやすいケースとアップしにくいケースに特徴は存在します。

年収がアップしやすいケースの特徴としては、

  • マネジメント経験がある
  • 実績やスキル、資格などを保有している

といったケースで、27歳と若い年齢ながら即戦力として企業が期待を持てるケースです。

反対に年収がダウンしやすいケースの特徴は、

  • 未経験職種への転職
  • 転職回数が多い

といったケースとなりますので、年収を気にしての転職の際には上記は注意すべき点になります。

関連記事:20代後半の平均年収は?年収アップの4つの方法

27歳で転職が成功しやすい人の特徴

27歳は転職に向いている年齢と言えますが、転職に成功しやすい人のポイントがあります。以下の特徴に当てはまる人は転職に有利と考えることができますのでチェックしてみましょう。

実績やスキルがある

すでに前職で実績やスキルを身に付けている人は転職に成功しやすいです。27歳は将来性やポテンシャルを評価されることも多いですが、前職で利益に貢献した実績や転職先で活かせるスキルを持っている人は採用されやすい傾向があります。

アピールできる実績や活かせるスキル、資格を持っている人は、面接時に積極的に伝えてみるとよいでしょう。

マネジメント経験がある

27歳でマネジメント経験がある人は転職先での活躍が期待されやすいです。20代の内から部下やチームを牽引した経験は、次の職場でも活かすことができるでしょう。即戦力として活躍を期待されるため、交渉次第では年収アップを狙うこともできます。

また前職で役職がなくても、新卒社員の研修を行っていたり、何かしら先頭に立ってプロジェクトや案件をまとめたりといった経験は採用で評価されやすいです。自身の経験について事前にまとめておくとスムーズな転職活動が可能です。

将来のキャリアアップを考えている

現在の会社でキャリアアップが難しいと考えている人は、転職によって将来のキャリアアップを狙ってもよいでしょう。大手企業や年功序列の制度が根付いている会社では、若手社員が出世しづらい体制になっていることがあります。

今後どのようにキャリアアップをしていきたいのかを明確にしておくことで、どのような規模の会社が良いのか、どのような職種が良いのか、といった点を考えやすくなるでしょう。

異業種へチャレンジしたいと考えている

異業種にチャレンジしたいと考えている人は、20代のうちに転職することをおすすめします。30歳を超えると経験のない業種では採用されづらくなるケースも多く、後から「20代の時に転職しておけばよかった」といった後悔をしてしまう可能性があるためです。

27歳であれば未経験の業種でも、ポテンシャルを評価されて採用される可能性が高いこともメリットと言えます。業種が異なっていても前職での経験やスキルが評価されるケースがあるため、働きたい業種があればぜひチャレンジしてみましょう。

27歳で転職が失敗しやすい人の特徴

次に、27歳で転職に失敗しやすい人の特徴について解説していきます。27歳は転職のタイミングに適していますが、以下の特徴に当てはまってしまうと評価が下がる可能性があるため注意しましょう。

ビジネスマナーが備わっていない

27歳になると基本的なビジネスマナーは備わっていて当然と考えられます。そのため面接時などにビジネスマナーが備わっていないと思われてしまうと、採用につながらない可能性があります。

基本的な会話やメールのマナー、服装や書類の作り方など、不安な点がある人は転職前に一度確認しておくとよいでしょう。

明確な目的やビジョンがない

今後の目的やビジョンが明確でない場合、転職で失敗してしまうことがあります。今後のビジョンが明確であれば、採用する企業側が入社後の活躍をイメージしやすくなるため期待値が高くなりますが、転職理由や今後のビジョンが明確でない人は不安に思われてしまう可能性があります。

まだ将来のビジョンやキャリアプランが定まっていない人は、転職前に自己分析などをおこなうとよいです。

現職から逃げるために転職したいと思っている

「今の仕事がつらい」といった理由だけで転職してしまうことはあまりおすすめできません。明確な理由がなく会社を選んでしまった場合、また同じ状況になってしまう可能性があるためです。

もちろん上司や同僚との人間関係に悩んでいることを理由とした転職自体に問題はないのですが、何かしら今後のキャリアや目標をもって転職活動をするとよいでしょう。

27歳で転職を成功させるためのコツ

いくら27歳が転職に成功しやすい年代とはいえ、何の対策もしないでいれば失敗に終わってしまうでしょう。この項目では、転職を成功させるための4つのコツについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職理由を明確にする

自分が望んでいる会社への転職を成功させるためにも、転職理由を明確にしておく必要があります。転職理由をなぜ企業が聞くかというと、前職を辞めた理由、自社に応募した志望動機を知りたいからです。

もし転職者が「今の仕事が嫌になったから」というような理由だけで、転職を考えていた場合、採用後に同じような不満を抱えて辞めるリスクが考えられます。

人を採用するのにも費用がかかっているため、会社としてはできる限り長く勤めて欲しいと考えており、すぐに辞めるかもしれない人は雇いづらいのです。

そのため、転職理由を伝える際は、具体的かつ前向きな内容になるようにしましょう。

プライベートのこともよく考える

将来結婚の予定があるのかということや、実家を離れても問題ないかということも踏まえた上で転職活動をするべきです。プライベートの予定次第では、転勤や異動がある会社へ入社するわけにはいかないでしょうし、残業が多い会社に転職するのも難しいでしょう。

仮に将来のことをよく考えずに転職をしたとしても、すぐに辞めなければいけないかもしれないので、気をつけておきたいところです。

これまでの実績をアピールする

確実に転職を成功させるためには、27歳という若さだけでなく、前職時代の実績についてもアピールすることが大切です。

例えば、
「社内での営業成績が年間で1位になり表彰された」
「入社3年目の時に部下の教育を任された経験がある」
というようなことです。

とはいえ、実績を伝えるだけでは、ただの自慢話と捉えられかねません。

どうやって成果を出したのか、その経験を転職先でどう活かせるかということが大事です。

関連記事:20代後半でも資格なしで転職はできる!転職でスキルより重要な事とは?

将来性がある会社かどうか

条件がよい会社であれば、すぐにでも転職をしたいと思うかもしれませんが、まずは応募先の経営状態を確認しておきましょう。会社が赤字続きであり、今にも倒産しそうな状況なのであれば、せっかく転職ができたとしてもリストラや倒産による解雇を通知される恐れが出てきます。

上場企業であれば、ホームページにIR情報を公開しているケースが多いので、その中にある貸借対照表の負債の比率が大きかったり、損益計算書の経常利益が3年以上赤字続きであったりするようであれば、経営状態が危ういと判断した方がよいでしょう。

27歳での転職時に男女別の注意点と成功のポイント

27歳の転職の注意点を男女別に解説します。男性と女性で転職時に気を付けたいポイントや考えるべきことがありますので確認しておきましょう。

【男性版】27歳の転職における注意点

27歳の男性の転職では、今後のキャリアアップを見据えた転職ができるようにしましょう。

新卒から同じ企業で働いている人であれば、20代後半や30代前半で責任のある役職に就くことも多くなります。転職をすることで同世代よりもキャリアアップが遅くなる可能性もありますので、今後長く働き続けられそうな職種や企業を選ぶとよいでしょう。

また27歳は結婚などのライフイベントも考えていく年齢となります。すでに結婚している人は、転職には年収が下がったり生活リズムが変わったりなど、家族に影響が出ることも予想されます。

27歳の転職では今後のキャリアアップやライフプランを意識することが大切です。

【女性版】27歳の転職における注意点

27歳の女性の転職では、キャリアアップや結婚、出産などの今後について考えることが大切です。

今後のキャリアアップを考えての転職であれば、女性が活躍できる社風かどうかが大きなポイントとなります。特に古い体質の会社では、女性が管理職に昇格する事例が少ない会社もあることから、事前に女性の働く環境などをリサーチしておくとよいでしょう。

これから結婚や出産を考えている人は、転職先の企業が育児休暇や出産休暇の制度を導入しているかも重要なポイントとなります。最近では多くの企業が育休や産休制度を導入していますが、中にはそれらの制度について消極的な企業もあるため注意が必要です。

企業の情報については転職エージェントに相談することで知ることができるケースもありますので、不安に思うことなどはアドバイザーに相談しておくとよいでしょう。

27歳におすすめする転職エージェント

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強みがあります。例えば「求人数が多い」「20代の転職に強い」などです。そのため自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職を成功に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

まとめ|27歳の転職は遅い?スキルなしでも異業種未経験転職を成功させるポイント

27歳は転職がしやすい年代であることは間違いありませんが、それを過信していては失敗する可能性が高くなります。しっかりと自分の実績をアピールしていくことが大切です。

初めての転職という人ほど不安な気持ちが大きいと思いますので、転職エージェントを利用して、自分の悩みを相談しながら、転職活動を進めた方が安心できるかと思います。自分に合った会社に出会うことができたのであれば、今まで以上に仕事に打ち込めるでしょう。

また、27歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

27歳で初めての転職という人もいるかもしれません。転職は職務経歴書の書き方や面接対策などの準備をするだけで転職成功率がアップするためです。転職エージェントは転職に関するアドバイスや書類添削などをおこなってくれるため、不安や疑問点も相談しやすいでしょう。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。27歳以上での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「type転職エージェント」「マイナビエージェント」を利用するのがおすすめです。

ここで解説した内容を実践して、ぜひ理想の内定を勝ち取ってください。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。