25歳未経験やスキルなしで転職は手遅れ?厳しい?遅い?異業種への転職成功のコツを解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「25歳スキルなしでの転職はもう手遅れ?」

「25歳でも未経験の業界や異職種への転職は厳しいよね?」

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

結論、25歳は未経験や異業種でも転職しやすい年代であるため、今の会社でいいのか悩んでいる方は転職活動を始めることがおすすめです。

また26歳以降はスキルや経験が求められ、転職の難易度が上がります。

転職を考えているのであれば、25歳の今始めることが重要です。

転職活動を成功させるためには、転職エージェントのサポートを受けることがおすすめです

本記事では25歳の転職が手遅れではなく、未経験や異業種への転職ができる理由を解説します。

20代後半になると、スキルや経験が求められるため転職するのが手遅れになる可能性もあります。

しかし、25歳であればポテンシャル採用として転職できるため、まずは転職エージェントに登録してどんな求人があるかチェックすることから始めてみましょう

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

目次

25歳未経験やスキルなしでも転職は手遅れではない理由

25歳は転職をする上で最適な時期ですが、なぜこの年齢での転職がおすすめと言えるのでしょうか。それは以下の通りです。

  • 第二新卒は転職市場での価値が高い
  • 未経験や異業種への転職成功率が高い
  • 失敗してもチャンスが充分に残っている
  • 社会人経験を評価されやすい
  • 前職での社会人経験を活かして企業選びができる

この5つの理由についてそれぞれ詳しく解説します。

第二新卒は転職市場での価値が高い

第二新卒を歓迎している企業は非常に多くあります。なぜなら、第二新卒は今後の成長を期待してもらいやすいからです。スキルの方向性や伸びしろがある程度固まってしまっている30代や40代よりも、時間をかけて育成することで10年後に会社に貢献することを見込みやすいのです。

これまでに実績やスキルがなくても未来の可能性を見込んで採用することをポテンシャル採用と言います。

第二新卒には、ポテンシャル採用がされやすいといった特徴があります。25歳は第二新卒に含まれる年齢であるため、面接では将来性に期待してもらいやすいように話すことがポイントです。

新卒で入った会社で目立った実績がないからといって過剰に盛って話すことよりも、熱意やキャリアプランが明確であり、面接する企業と合致してさえいれば採用される可能性は充分に期待できるでしょう。

未経験や異業種への転職成功率が高い

前項では第二新卒がポテンシャル採用であることを解説しました。

採用で期待されていることが『今後の可能性』であるため、未経験・異業種転職にも成功しやすいといえます。30代になると実績やスキルなどが重要視されますが、20代の中でも特に第二新卒の転職ではメインがスキル勝負ではなく、将来性を期待されやすいためです。

そのため、新卒で入社し働いていた会社で働く中で本当にやりたいことが見えてきたという方は、たとえそれがいまの仕事のスキルを活かせなさそうだと感じても、諦める必要はないでしょう。やりたいことがある方は、ポテンシャル採用の対象となる25歳という時期を活かして未経験転職にも積極的にチャレンジしてみましょう。

失敗してもチャンスが充分に残っている

25歳での転職は失敗することの重大さが30代になってからのそれとは格段に違います。

もし仮に、次の転職先で合わなかったり、実績を満足に出せなかったとしてもまだ転職をするチャンスが残っているため、充分リカバリーすることができます。

しかし、スキルなどを重視した上で採用されることになる30代以降での転職では、もし実績不振などで失敗してしまった場合、結果や数字の責任が問われるようになってきます。そのため、初めての転職が30代や40代で、自分のスキルを見誤ってしまった場合は非常に苦労することになるでしょう。

一方で、25歳の転職であれば現段階での転職経験が糧となり、ポテンシャルで採用し直してもらったり転職先で獲得したスキルを活かしてキャリアアップをするという選択肢が残されています。

今後、いずれかのタイミングで転職することを考えている場合は、第二新卒枠である25歳の段階での転職は将来のリスクヘッジとなるでしょう。

社会人経験を評価されやすい

25歳は基本的に一定の社会人経験を積んでいるため、汎用的なビジネススキルは既に身に付けている方が多いです。初歩の初歩から習得する必要のある新卒社員と比べて、20代での転職者の方が直接実績に繋がりにくい教育に力をかける必要性が比較的低くなることも企業にとってのメリットです。

特別なスキルをもっていなくても、社会人としての経験などをアピールすることで、転職成功率がアップするでしょう。もし前職がブラック企業などで、3年間激務に耐え抜いたのであれば、その経験も強みとしてアピールすることができます。

社会人経験を評価されやすくするためには、最低限のビジネスマナーやコミュニケーション能力を備えておくことが重要です。特に面接時にはよく見られるポイントですので、ぜひ意識してみましょう。

前職での社会人経験を活かして企業選びができる

前職での経験を活かして転職先を探すことができるのも強みといえます。

新卒のときはとりあえず内定が出たから入社した方や、企業のイメージだけで入社を決めたという人も少なくはありませんが、社会人として働く中で自分の強みや弱みを理解するようになります。その認識のもと企業選びができるため企業とのミスマッチを防ぐことができ、より自分のキャリアアップを実現しやすくなります。

また、面接で自分自身の経験を基に「なぜこの職種を選んだのか」「なぜこの業界に興味をもったのか」といった質問に回答することができるので、面接官にも転職理由が伝わりやすくなるでしょう。

未経験やスキルなしから異業種を目指す25歳によくある転職理由

他の転職者の人がどのような理由で転職を検討しているのかを知るということは重要なことです。

25歳で転職を検討する理由について、厚生労働省の調査データ(※)によると主に以下の理由によって転職を考える人が多いようです。

  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 給料等収入が少なかった
  • 労働時間、休日等の労働条件が悪かった
  • 会社の将来が不安だった
  • 仕事内容に興味を持てなかった

この主な5つの退職理由について表にまとめてみました。

退職検討理由男性女性
職場の人間関係が好ましくなかった15.2%14.6%
給料等収入が少なかった12.8%11.2%
労働時間、休日等の労働条件が悪かった11.2%9.8%
会社の将来が不安だった10.7%8.8%
仕事内容に興味を持てなかった9.0%7.0%

25歳の男女ともに転職理由として最も多かったのは「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由です。

25歳になると社会人2~3年目の方が多く、さまざまな上司や同僚とかかわることが多くなります。また、それ以外にも下の年齢にも人間関係が形成されるため、板挟み状態の方もいるでしょう。

こういったことから、人間関係の悩みも発生しやすくなるという背景があるようです。

また「給与」「労働条件」といった待遇や、「仕事内容」「会社の将来」といった将来の働き方について考え始める年齢となるため、25歳のタイミングでキャリアチェンジをしたい人が増加するといえるでしょう。

参照元:厚生労働省「令和2年雇用動向調査  転職入職者の状況

手遅れになるかも?転職した方がいい25歳の特徴3選

25歳で転職した方がいい人の特徴は、下記のとおりです。

  • ハラスメントを受けた人
  • 挑戦したい目標・目的ができた人
  • 仕事で体調を壊す人

25歳で転職をするか判断ができていない場合は、本記事で解説する特徴を参考にしてください。

ハラスメントを受けた人

ハラスメントを受けた人はもちろん、ハラスメントが起きている職場でも転職を推奨します。ハラスメントが起きるということは、企業や労働環境に問題がある可能性が考えられます。

先輩社員から故意的ないじめを受けるなどのハラスメントが起きているケースもあるでしょう。ハラスメントが起きている企業からは転職すべきです。

ハラスメントが起きた場合は、人事部や専門家に相談し、やれるだけの改善策を考えることが大切です。

もし、ハラスメントを改善しようと試みても変化がない場合は、25歳でも転職をしましょう。

挑戦したい目標・目的ができた人

25歳で転職を考える方の中には、新たな目標や目的ができたというケースもあります。これまでの社会人経験を通じて、興味や関心が変化したり、新たな道を歩んでみたいと思ったりすることは珍しくありません。

25歳で新しい挑戦をしたいと思う場合は、転職すべきです。

25歳は未経験職種にまだ挑戦することができます。しかし20代後半や30代になると、今まで経験した業務に関わる仕事でないとなかなか転職することは難しいでしょう。

25歳で新しく挑戦したい目標や目的ができた場合は、最後のチャンスと捉えて、積極的に行動するべきです。

仕事で体調を壊す人

仕事が原因で体調を壊す人は、早急に転職するべきです。

仕事で体調不良になる人は、早急に対処しないとうつ病などの病気になり、社会復帰に時間を要する場合があります。最悪の場合、トラウマで社会復帰ができなくなる可能性もあります。

体調不良になってしまった人は、どのような部分が原因なのか調べることが重要です。体調不良になる原因を掴めないと、転職しても同じ状況になる場合も考えられます。

転職後に後悔する状況を作らないためには、仕事で体調不良になった原因を分析し、その環境がない会社を選ぶ必要があります。

仕事での体調不良であなたの人生を壊さないためにも、健康状態に異常があった場合は、早急に転職しましょう。

25歳で転職しても厳しい人の特徴3選

25歳で転職ししても厳しい人の特徴は、下記のとおりです。

  • 仕事への不満が人間関係だけである人
  • 仕事が合わない人
  • 明確な転職理由がない人

上記に該当する場合、すぐ転職することは推奨しません。理由についてそれぞれ詳しく解説するので、参考にしてください。

仕事への不満が人間関係だけである人

仕事への不満が人間関係だけである人は、25歳での転職は推奨しません。なぜなら、人間関係だけが嫌な場合は、解決できる可能性があるからです。

現職の業務内容や環境が求めていた職場だった場合、人間関係だけの問題で転職するのはもったいないでしょう。

いまの職場が好きで人間関係だけに不満があるときは、信頼できる上司に相談したり、人事異動をお願いしたりなど、やれるだけの対策を講じることが大切です。

仮に、自分にできる対策をしても、何も変わらない場合は、転職を推奨します。25歳での転職は、スキルや経験が不十分である可能性も考えられるため、望む条件がある会社に転職できるとは限りません。

そのため、現職の仕事内容や環境は好きで、人間関係だけが嫌な場合は、転職しないで済む解決方法を探すことが大切です。

仕事内容が合わない人

仕事内容だけが合わない人も、すぐ転職するのではなく、解決方法を見つけてから検討する必要があります。その理由は、転職の面接で「退職した理由は何ですか?」と質問をされたときに、仕事内容だけが合わなかったと伝えると、企業に低い印象を与えてしまうからです。

仕事内容だけが合わないと聞いた面接官は「うちでも合わなかったら辞めるの?」と思うかもしれません。面接官に不安要素を与えてしまうのは、不合格になる要因のひとつです。仕事内容だけが合わない場合は、現職で解決できる方法がないか模索することが大切です。

仕事を3年間経験すればある程度の業務内容は把握できるため、何が合わなかったのか原因が分かるはずです。仕事内容を変えるだけであれば、部署異動願などでジョブチェンジをする選択肢も可能です。仮に、いまの会社で自分に合う仕事内容がない場合は、なぜ違うのか考えるようにしましょう。

仕事内容が合わない理由を不透明にしたままだと、転職後に同じ繰り返しをするケースも考えられます。面接官としても、納得する理由が聞けないと採用するメリットは感じられないでしょう。

仕事内容だけが合わない人は、まず自社内で解決できる方法を探し、行動することが大切です。それでも仕事内容が合わない場合は、理由を明確にしてから転職を検討しましょう。

明確な転職理由がない人

明確な転職理由がない25歳の人は、現職でスキルや経験を積んだ方がいい可能性があります。そもそも、明確な理由がない状態で転職をしても、同じ状況になるケースがほとんどでしょう。

「何となく転職したい」といった理由で転職をすると、辞め癖がつき短期間で何度も繰り返す場合もあります。短期間で転職を繰り返すと、企業にとって採用のリスクが高く、転職の難易度が高くなってしまいます。

明確な転職理由がない場合は、現職でスキルや経験を磨き、挑戦したい目標や目的が見つかってから行動するようにしましょう。

手遅れ?25歳の転職事情

25歳で転職を検討している場合、市場動向が気になる方もいるのではないでしょう。ここからは、25歳の転職事情を徹底解説します。

25歳での転職成功率や平均年収、役立つ資格などを解説するので、ぜひ参考にしてください。

20代の転職成功率がもっとも高い

厚生労働省が令和元年度に調査した、中途採用に係る現況等についての発表によると、下記のような結果がわかりました。

【20代の転職成功率】
  • 15~24歳:60.7%
  • 25~29歳:50.3%

【参照元】中途採用に係る現状等について 厚生労働省

厚生労働省の調査結果からみると、20代の転職成功率が高いことがわかります。とくに、20代前半から20代半ばにかけた「第二新卒」といわれる世代は、転職成功率が高い傾向があるようです。

そのため、25歳での転職は、積極的に採用されるチャンスがあると言えるでしょう。

25歳の平均年収

25歳の平均年収は、下記のとおりです。

性別平均年収
男性303.9万円
女性283.4万円
【参照元】令和3年賃金構造基本統計調査 厚生労働省

25歳の学歴別平均年収は、下記のとおりです。

 高校専門学校高専・短大大学大学院
男女平均238.8万円256.9万円252.8万円275.2万円294.0万円
男性281.4万円288.8万円299.6万円320.4万円337.2万円
女性242.4万円284.8万円276.1万円302.7万円325.0万円
【参照元】令和3年賃金構造基本統計調査 厚生労働省

学歴が上がるごとに平均年収が高くなる傾向があります。女性よりも男性の方が高い年収であることもわかります。

25歳の未経験転職に役立つ資格

25歳から未経験業界・職種へ転職するときに役立つ資格は、下記のとおりです。

  • TOEIC800点以上
  • 宅地建物取引士
  • 簿記3級以上
  • MOS検定
  • ITパスポート
  • ファイナンシャルプランナー(FP)3級以上
  • 秘書検定
  • 日経TEST
  • 社会保険労務士
  • マーケティング検定

上記の資格は、現職を続けながらでも取れる可能性が高い資格です。挑戦したい業界・職種に関係する資格がある場合は、取得を目指すのもいいでしょう。

25歳で未経験やスキルなしから異業種に転職する際の注意点

最後に25歳で未経験や異業種に転職する際の注意点にについて解説します。転職は成功すると自身のキャリアアップにつながりますが、進め方を間違えるとデメリットにもなりかねません。

以下のポイントを理解し、転職に失敗しないよう注意していきましょう。

未経験や異業種への転職は年収が下がる可能性がある

未経験での転職は年収が下がる可能性があります。実績が少ない25歳は最初の評価が新卒社員と同等になることも少なくないため、現職でもらっている給与よりも少なくなるケースは考慮しておきましょう。

また、大手企業から中小企業やベンチャー企業に転職する場合も注意が必要です。大幅に給料が下がってしまったり、福利厚生などの面でも大きく環境が変わってしまうこともあります。

もちろん転職先で活躍して評価が上がることで年収アップにつながる人も多くいますので、給与をモチベーションに働くのもよいです。未経験転職の場合は一旦年収が下がるということを理解したうえで検討するとよいでしょう。

退職の手続きは計画的に進める

退職に向けた手続きは計画的にスケジュールを組んで進めていきましょう。退職を申し出る場合は、就業規則に記載されている退職に必要な期間を確認しておきましょう。その際に引継ぎや有給消化などをふまえて、退職までのスケジュールを組むようにしてください。

転職先へ入社予定日を伝える必要がありますので、退社日などについても明確に現職の企業に確認しておくことも重要です。

転職回数があまりに多くなると不利になる

転職回数があまりに多くなると次回の転職の際などに不利になる可能性があります。未経験転職の場合は、働いてみないとわからないことも多いはずですが、入社後のミスマッチが起こらないように事前の調査が必要となります。

25歳など20代のうちはあまり意識しないかもしれませんが、30代になると転職回数の多さが懸念されやすくなります。特化したスキルや資格をもっていない場合は、なおさら転職に不利になってしまうこともあるでしょう。

すでに複数回転職を繰り返している人は、企業側が納得できる転職理由を用意しておくことが重要です。理解してもらえる理由であれば、20代後半のうちはマイナスになりづらいため、そういった質問に対する準備をしておくと安心です。

学歴によって応募できる求人が制限される

高卒や大卒などの学歴によって、応募できる求人が制限される可能性があります。もちろん高卒の人の方が社会人歴が長く優遇される企業もありますが、高卒や既卒がNGの企業も少なからずありますので求人情報はよく見ておくことが大切です。

25歳で未経験の業界や異業種への転職を成功させる5つのポイント

25歳で未経験転職を成功させるためには、重要となるポイントやコツを押さえておくことが大切です。第二新卒が未経験転職をしやすいとはいえ、ただ面接を受けているだけ採用されるわけではありません。

25歳で未経験転職を成功させるポイントは以下になります。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 自分の強みやスキルを整理しておく
  • 転職理由を前向きに伝える
  • 転職活動は在職中におこなう
  • 転職エージェントを活用する

転職したい理由を明確にする

1つ目のポイントは「転職理由を明確にする」ことです。

漠然とした理由や勢いだけで転職を決めてしまうと、転職先でも同じような状況になり仕事が長続きしない、といったことになりかねないためです。

また、25歳を超えて年齢を重ねると求められるスキルや実績が増えていきます。今後のキャリアプランをふまえて、長く活躍できる業界や職種を選択することも重要です。自分の強みや目標を一度見直してみることで、将来につながる転職活動をおこなうことができます。

25歳は仮に転職が上手くいかなくてもやり直しが効く年齢ですが、転職するべき理由や転職先でどのように活躍したいのかをまとめておくことで、より自分に適した企業を見つけることができるでしょう。

高橋 宇内氏

転職の面接では、求職者が話すことに嘘がないかの確認もしています。退職理由と転職理由に一貫性がないと、嘘をついていると判断される可能性があるので、話す内容を整理しておきましょう。

自分の強みやスキルを整理しておく

2つ目のポイントは「自分の強みやスキルを整理しておく」ことです。

25歳の転職活動ではアピールできる実績や経験が不足している人も多いため、仕事に活かせる強みやスキルを伝えることが重要となるためです。

そのために必要となるのが「自己分析」です。

自己分析とは、仕事上の経験や転職目的だけでなく、過去の経験から自分の得意なことや苦手なこと、将来の目標など自分自身のキャリアにつながる要素を分析していくことです。

自己分析をおこなうことで本当に自分に向いている職種や仕事内容が明確になるため、企業にアピールするべきポイントが見えてくるでしょう。

強みやスキルを整理したら、どのように採用担当者にアピールするのかを決めていきましょう。自己分析やアピールの仕方が分からない人は、転職エージェントなどの転職サービスを活用するのも一つの方法です。

高橋 宇内氏

企業が求めるスキルがあることをアピールできれば、転職に成功できる可能性が高くなります。そのためには、自分のスキルを棚卸し、企業ごとに見極めるようにしましょう。

転職理由を前向きに伝える

3つ目のポイントは「転職理由を前向きに伝える」ことです。

前職の退職理由がネガティブな理由である人も多いはずですが、企業側からの印象を良くするためにはポジティブな転職理由に落とし込んでいくことが重要となるためです。ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまった場合、転職先の企業から「また同じ理由で辞めるのではないか」と早期離職を懸念されてしまうリスクもあります。

ポジティブな転職理由の例としては、「前職の経験を活かして活躍していきたい」「前職で働く中で本当にやりたい仕事が見つかった」などのやる気や意欲が感じられる内容が考えられます。

前述した25歳の退職理由で最も多かった「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由についても、「チームで協力し合って成果が出せる環境に身をおきたい」といった理由に変換することで、採用担当者からの印象アップにつながる可能性があります。

高橋 宇内氏

企業としては、入社後に活躍してくれる人材を求めています。転職前から前向きな姿勢を伝えられれば、好印象を持ってくれる可能性があるでしょう。

転職活動は在職中におこなう

4つ目のポイントは「転職活動を在職中におこなう」ことです。

時間の余裕などを考えて退職後に集中して転職活動をおこなった方がよいと思う人もいるかもしれません。しかし転職活動がどのくらいで終わるのかが明確でないため、転職先が決まってから退職手続きをした方が安心です。

「現在の職場にいるのがつらい」などの理由から早急に会社を辞めてしまう人もいますが、転職活動が長期戦となった場合に気持ちや金銭面で余裕がなくなってしまう可能性もあります。また、離職期間が長引くことで転職に不利になることもありますので注意が必要です。

転職先の企業が退職にかかる期間を考慮して入社日を設定してくれることも多いため、転職活動を在職中に終わらせておくとスムーズに転職することができるでしょう。

高橋 宇内氏

退職してから転職活動をすると本来の目的を見失いがちです。納得した会社に転職するためにも、在職中に活動することを推奨します。

転職エージェントを活用する

5つ目のポイントは「転職エージェントを活用する」ことです。

転職活動をより効率的におこないたいのであれば、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。自分の担当者に現職の状況や希望条件などを詳細に伝えておき、マッチした企業を紹介してもらうことができます。

履歴書の書き方や面談時のアドバイス、自己分析や適職診断などで、転職活動をより有利に進めることもできます。

さらに、転職エージェントでは、一般には公開されていない非公開求人を多く持っているところもあるので、よりよい企業への転職を希望するなら、転職エージェントは最適です。

高橋 宇内氏

転職エージェントのサポートは、さまざまな場面で頼りになります。25歳での転職は不安や悩みを持ちやすいので、転職エージェントに頼れる部分は力を借りましょう。

関連記事:転職サイトおすすめ比較ランキング【最新版】業界別・職種別に解説

関連記事:転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年5月】人気大手18社の選び方を年代・職種別に一覧で解説

25歳での転職を目指す方におすすめの転職エージェント

25歳で転職を目指すのであれば、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強み、特化している業界などがありますそのため自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職先からの内定に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

25歳での転職を目指す方におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 即戦力人材に特化した転職エージェント
  • 優秀なヘッドハンターが多数在籍
  • ビズリーチ独自の有料プラン

ビズリーチは即戦力人材の転職に特化した転職エージェントです。

大手企業といったハイクラスの転職から、ベンチャー企業や中小企業の転職まで、幅広い求人を取り扱っています。

ビズリーチは、厳選した企業と直接コンタクトが取れるので、効率的な転職が可能となっています。

優秀なヘッドハンターが多数在籍しており、転職活動のサポートをしてくれるので、安心して転職活動ができるでしょう。

またビズリーチには独自の有料プランが存在し、有料プランに加入することで、すべてのサービスが受けられます。

転職活動の幅が広がり、効率よく転職がおこなえるので、ぜひビズリーチの利用を検討してみてください。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数120,911件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:ビズリーチの評判・口コミからわかるメリットと注意点を解説

 マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 初めての転職でも安心して利用できる
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 充実したサポートが受けられる

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントです。

マイナビエージェントの特徴は、やはり求人数の量でしょう。

さまざまな業界の求人が充実しているので、さまざまな業界の求職者の方に利用してもらうことが可能です。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、書類添削や面接対策で的確にアドバイスがもらえます。

初めての転職でも気軽に利用できるので、ぜひ利用してみましょう。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

 リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 多数の非公開求人
  • 充実したサポート
  • 実績が豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍

リクルートエージェントは転職支援実績で高い評価を受けている転職エージェントです。

高い評価を受けている理由として、多数の非公開求人を保有していたり、実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍している点が挙げられます。

リクルートエージェントは多数の非公開求人を保有しており、普段出会えないような求人に出会えるチャンスがあるのです。普段出会えない求人に出会うことで、キャリアアップできる可能性が生まれるのです。

また、実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍していることで、各業界に適したサポートやアドバイスを受けられます。

また、初めての転職でも利用できるので、サポートを受けながら転職活動をしたいという方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年6月3日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

25歳未経験やスキルなしからの転職でよくある質問

25歳の転職でよくある質問と回答は、下記のとおりです。

25歳でも未経験の業界や異業種に挑戦できる?

できます。ただし、転職前に自己分析や企業研究といった準備が必要です。

未経験やスキルなしからの転職ではどんな準備が必要?

自己分析と企業研究はしておきましょう。

自己分析では、強みやスキル、経験などを明確にし、自分を採用するメリットを与えます。企業研究では、会社が求める人物像や事業内容を理解し、採用後に活躍してくれるイメージを与えられるようにしましょう。

25歳未経験やスキルなしでも転職で年収を上げることは可能ですか?

可能です。ただし、未経験業界や職種は難しくなるでしょう。

企業側が納得する退職理由がありますか?

「挑戦したい目標・目的ができた」と伝えるのが無難でしょう。

まとめ|25歳未経験やスキルなしでも転職は手遅れではない

25歳で未経験職への転職を成功させるためには、下記のポイントを押さえておきましょう。

  • 転職したい理由を明確にする
  • 自分の強みやスキルを整理しておく
  • 転職理由を前向きに伝える
  • 転職活動は在職中におこなう
  • 転職エージェントを活用する

25歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

25歳で初めての転職という人もいるかもしれません。転職は履歴書や職務経歴書の書き方、自己分析、面接対策などの準備をするだけでも転職成功率はアップします。キャリアアドバイザーは、転職に関するアドバイスや書類添削などの転職ノウハウを教えてくれるため、不安や疑問点も相談しやすいでしょう。

なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。25歳での転職では、本記事で紹介した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

30代になると転職の難易度が上がるため、25歳はチャレンジできる残り少ないタイミングです。いつか後悔することがないよう、全力で転職活動に臨みましょう。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。