24歳の転職は遅い?学歴別・男女別の転職成功のポイントについて解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

24歳になると、今後のキャリアアップや未経験転職を考えて転職活動をおこなう方が増えてきます。

24歳は社会人経験が少なくてもポテンシャル採用がされやすいなどのメリットがあります。

しかし、中には1~2年で新卒の会社を辞めて転職することに不安を感じている方も多いはずです。

この記事では24歳の転職のメリット・デメリットや学歴・男女別の転職成功のポイントを解説します。転職に迷っている方はぜひ確認しておきましょう。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点

関連記事:20代転職サイトおすすめ比較ランキング【前半後半や女性向け】

目次

24歳の転職は遅い?|24歳の転職事情とは

専門学校や大学を卒業して、苦労の末に掴み取った今の職場。そろそろ仕事にも慣れてきたという年齢でもある24歳ですが、実際のところの転職状況はどんなものなのでしょうか。

厚生労働省が発表している短大卒新卒社員の平均離職率は、1年以内が17.4%、2年以内が30.2%、3年以内が41.3%となっています。
また、大学卒新卒社員の平均離職率は
1年以内が11.3%
2年以内が22.3%
3年以内が32.3%
となっており、それぞれ新卒で入社した会社を3年以内に辞めてしまうという人が多いようです。

しかし、大手転職サイトが調査した転職に成功したといえる年齢の割合では、転職を希望した人のうち、24歳という年齢は全体の9.3%にしか満たない数字となっています。

最も多い25~29歳での転職割合が37.9%ですから、多くの人が3年は同じ会社でキャリアを積んでから転職に踏み切るといったケースが多い傾向にあります。

24歳で転職することに迷ったときに考えたいこと

社会人経験もまだ浅い24歳という年齢は、転職を考えるにはやや時期尚早ともいえます。
短期間で就職先を退職したというマイナスイメージは、理由によっては敬遠されてしまう場合もあるでしょう。

もし、具体的な不満が見当たらず、なんとなく転職したいという考えなのであれば、最低3年は同じ場所に勤めてキャリアを積んだほうが後の転職にも有利となることでしょう。

ただし、就職した企業がブラック企業であった、残業による過重労働を強いられている、パワハラやセクハラをうけているなど、健康や心身に支障をきたすような事情なのであれば、無理はしないこと。

相談相手がいるなら、すぐにでも心のうちを打ち明けてみてください。

耐えられない状況が続くようなら、タイミングを見て転職に踏み切るのがよいでしょう。

関連記事:20代で転職したいけどスキルがない時の対策とは?20代前半・後半別や男女別のポイントも解説

異業種へ転職するなら若いうちがおすすめ

数年で会社を辞めるということは、これからの自分の将来の大きな転換になることは間違いありません。

もし、何らかの夢があって、その夢のために転職をしたいというなら若いうちがおすすめです。

24歳は第二新卒という枠組み

第二新卒は23~25歳までの年齢層の人たちのことで、どちらかというと、同じ会社で3年間勤めてキャリアを積んだ25歳が最大のライバルになるかもしれません。

その職種や企業に対する意欲と熱意をしっかり伝えること、この会社で何がしたいのか、将来どんな活躍をしたいと考えているのかなどを具体的にアピールし、企業側に評価してもらうことが大切です。

新分野への転職は、20代後半では不利に

また、新しい分野への転職は、20代後半になるにつれて不利になる傾向が見られます。
中途採用する企業側から見れば、未経験者を雇うよりも、即戦力になる経験者を優遇するのは当然です。

第二新卒である24歳という若い年齢なら、将来的な戦力として育成できるという判断のもと、未経験でも雇ってくれる企業はたくさんあります。

また、必要なスキルや資格を身につけることで、より有利な転職活動ができます。

関連記事:20代の転職は厳しい?成功のポイントや未経験から挑戦できる職種も紹介

24歳での転職において未経験でも転職しやすい業界は?

24歳であれば、職種としてスキルがなく未経験であっても転職がしやすい業界もあります。
一例ではありますが、一般的に転職しやすい業界をご紹介します。

ブライダル・ホテル業界

新型コロナウイルスによる規制が解除されつつあり、観光客や結婚式を挙げる人が増加してくることが予想されます。サービス拡大に伴う人員募集を進めている業界のため、未経験でも歓迎している業界と言えます。

販売・アミューズメント

専門的な知識がなくても人とのコミュニケーションなどがちゃんととれれば誰でもでき、個性的な人が採用されやすい傾向にあります。

配達・ドライバー

工場のラインではなく、宅急便などの配送、宅配ドライバーなどが含まれる職種です。運転免許が必要とされますが、多くの人が持っているかと思いますので未経験から転職するのであれば、比較的狙い目と言えます。

介護・福祉業界

営業職と同様に介護職も人手が足りていない業界になりますが、募集する人も少なく高齢化に向けてより一層、今後、人手不足に拍車がかかるでしょう。

一般的に介護職は安月給のイメージがありますが、人手不足に伴い今後、給料が高くなる見込みのある業界です。

女性が中心に活躍する業界でもあるので、30代以降の女性が未経験者として転職する上で最適な業界ともいえます。

仕事をしながらヘルパーの資格を取ることもできる上に、未経験者でも昇進が望める職種でもあるので、30代の転職希望者は一度、検討してみてもいいかもしれません。

IT・WEB業界

近年、2~5%程度の成長を続けるIT関連市場。
AIの発展により消える職業もあるといわれるIT・WEB業界。30代からの転職ではちょっと遅いという所感ですが、20代の未経験者を育てていこうと考える企業は多くいます。

20代の未経験者がIT業界への転職を目指すのであれば、経験を活かせる職種の求人に応募するのが確実です。

また、未経験からエンジニアやプログラマーを目指すのであれば、独学でもスクールに通うでも良いので、プログラミングの勉強を始めましょう。

24歳で転職するメリット

24歳での転職は、第二新卒として社会人経験や将来へのポテンシャルを期待されるといったメリットがあります。

そのため24歳のメリットや強みを活かした転職活動ができるよう準備をしておくことが大切です。

社会人経験を評価してもらいやすい

メリットの1つ目は「社会人経験を評価してもらいやすい」という点です。24歳は第二新卒として扱われることが多く、社会人としての経験がありながら、伸びしろがある世代として評価されることがあります。

そのため、前職での経験や自分の強みなどをまとめておくとよいでしょう。社会人としてどのようなスキルを身に付けているのか、といった点も転職先で活躍できるかどうかの判断基準となります。

未経験職種にチャレンジできる

メリットの2つ目は「未経験職種にチャレンジできる」という点です。実績やスキルが少なくても、ポテンシャル採用がされやすい24歳は未経験の職種や業種にチャレンジしやすい年齢といえます。

一般的に中途採用をおこなう企業は即戦力の人材を求めます。20代後半になるとこれまでの経験が評価されなければ採用されることは難しいですが、24歳で意欲があり人間性を評価してもらうことができれば、将来性を期待してもらえることもあるでしょう。

そのため、未経験職種にキャリアチェンジしたいと考えている人は20代前半での転職を考えておくことをおすすめします。

関連記事:20代で未経験の職業に転職できる?転職を成功させるコツやおすすめ職種を解説

転職失敗のリスクが少ない

メリットの3つ目は「転職失敗のリスクが少ない」ことです。24歳の転職で失敗したとしても、20代前半であれば再度転職にチャレンジすることができると考えられるためです。

もちろん転職回数が増えすぎてしまうと、早期離職を懸念されて採用を見送られることもありますが、ミスマッチなど明確な理由があれば大きく悪影響を及ぼすことが少ないでしょう。

20代後半や30代になってからの転職失敗はリスクが大きいですが、24歳であれば未経験職種にチャレンジするなどの思い切った転職も可能といえます。

24歳で転職するデメリット

24歳で転職するデメリットもあります。第二新卒といっても、企業から必ずしも歓迎されるわけではなく、早期退職や実力不足を懸念されることがあるためです。

24歳の転職でも油断せず、注意点への対策や事前準備を入念に行いましょう。

早期退職の傾向を不安視される

デメリットの1つ目は「早期退職を不安視される」ことです。例えば、24歳で転職をする人は新卒の会社を2年足らずで退職していることとなります。明確な理由があっての転職かもしれませんが、次の仕事も2~3年で辞めてしまうのではないか、と企業側から心配されてしまう可能性もあります。

忍耐力がないと思われないためには、明確な「転職理由」と「志望動機」を用意しておくい必要があります。この2点があいまいな状態だと、早期退職の懸念をもたれてしまいますので事前にしっかりまとめておくと良いでしょう。

スキルや実績が不足している

デメリットの2つ目は「スキルや実績が不足している」ことです。数年間社会人経験を積んでいるとはいえ、20代後半や30代と比較するとスキルや実績でアピールできる点が少ない人が多いと予想されます。24歳では既卒でフリーターとして働いていて、正社員への転職を考える人もいるはずですので、スキルや実績不足で悩む人もいるでしょう。

24歳はこれからの成長も期待されやすい年齢ですが、自分の強みや前職で活躍した経験などを上手くまとめておき、積極的にアピールしていくようにしてください。

24歳の転職で失敗しやすい人の特徴

24歳での転職に失敗しやすい人の特徴について解説します。転職に失敗しやすい人は以下の特徴がありますので、自分が当てはまっていないかを確認しておきましょう。

年収を重視している

転職に失敗しやすい特徴の1つ目は「年収を重視している人」です。

転職理由として給与面をあげる人は多いですが、希望年収が高すぎたり、自分の市場価値に見合っていない待遇を希望したりする人は、転職先がなかなか見つからないということが考えられます。

特に24歳は即戦力としてではなくポテンシャルを見込んでの採用も多い年齢です。そのため最初から高い給料を重視して転職活動するのではなく、自分のやりたい仕事やキャリアプランをよく考えたうえで転職活動をおこなうとよいでしょう。

関連記事:20代の転職は3割が年収下がる?年収ダウンを最大限防ぐポイント

企業や業界の知識が不足している

転職に失敗しやすい人の特徴の2つ目は「企業や業界の知識が不足している人」です。企業や業界の知識が少ない人は、本当にこの業界で働きたいのかという点を疑われてしまう可能性があります。

企業の事業内容や特徴、業界の転職市場のことなどは最低限調べておくようにしましょう。自分で調べきれない人や調べ方が分からない人は、転職エージェントなどに相談してみるとよいです。

明確な転職のビジョンがない

転職に失敗しやすい人の特徴の3つ目は「明確な転職のビジョンがない人」です。まだ若手とはいえ、明確な退職理由や志望動機がないまま面接を受けてしまうと、企業側に転職者の熱意や意欲が伝わりづらく採用を見送られてしまうことも考えられます。

また、明確な転職のビジョンがない人は、転職先で嫌なことや不満があるとすぐに転職を考えてしまう傾向もあります。

転職活動をおこなう前に「なぜ転職がしたいのか」「今の問題や課題は転職によって解説できるのか」といった点について一度考えてみるとよいでしょう。

24歳転職における学歴別のポイント

学歴別で見た24歳の転職のポイントについて解説します。

高卒・専門卒

高卒や専門卒の人は、大卒の人と比べると社会人経験を積んでいるため、前職での経験やスキルなどをアピールしやすいです。仕事での実績だけでなく、上司との付き合い方など人間性も重視されることもあるため、コミュニケーション能力なども評価されやすいといえます。

専門卒の人は、専門的な知識や資格をもっている人も多いはずです。そういった知識や資格を活かせる企業であれば積極的にアピールしてもよいでしょう。

関連記事:20代高卒におすすめの転職エージェント14選|選び方や活用法も紹介

大卒・大学院卒

24歳で大卒の人の場合、新卒の会社を1~2年で辞めていることになります。そのため転職活動では早期離職の不安を持たれないように、明確な転職理由や志望動機を伝えることが重要です。

例えば、前職で経験したことを活かして次の職場で活躍したいといった前向きな理由を伝えられるとベストです。

また将来性を期待されての採用も多い年齢となりますので、自分のキャリアプランなどを具体的に考えておくことも大切になります。

24歳転職における男女別のポイント

学歴別で見た24歳の転職のポイントについて解説します。

24歳男性の転職

24歳男性で今後のキャリアアップを考えている人は「実力が評価されやすい会社」を選ぶとよいでしょう。実力が評価されやすい会社であれば、20代のうちから出世できる可能性があるためモチベーション向上や年収アップを期待することができます。

転職を考えている企業の社風や体制などはホームページや求人情報をチェックしておき、より詳しい情報が欲しい場合は転職エージェントへの相談がおすすめです。

24歳女性の転職

24歳女性でキャリアアップを考えている人は、男性同様に実力が評価されやすい会社を選ぶとよいです。しかし、企業によっては女性が活躍しづらい体制となっているところもありますので、事前に調べておく必要があります。

女性が活躍しづらい企業の特徴として、結婚や出産で職場を離れることを懸念しているケースがあります。20代のうちに育成をしても、20代後半や30代で辞められてしまうことを不安に思っている場合、キャリアアップが思い通りにいかない可能性があります。

そのため転職活動では、育休や産休などの利用がしやすい企業を重点的に調べておくと良いでしょう。また実際に女性が活躍しているかどうか知りたい人は、OB訪問や転職エージェントへ相談してみることをおすすめします。

24歳での転職を成功させるためのポイント5つ

社会に出て多くの人たちと出会い、いろいろな職種を見たり聞いたりすることで、異業種や他の会社に興味がわくこともあるでしょう。

本当に自分がやりたいということを見つけ、24歳での転職を決心したなら、転職を成功させるために必要な5つのポイントを抑えておきましょう。

やりたいと思うことへの努力を惜しまない

もし、転職したいと思う職種や業種、仕事をしたいと思える企業が決まっているのであれば、それに向けての努力を惜しんではいけません。

特に異業種への転職を挑戦する場合は、覚えてなければならないことは山のようにあることでしょう。

資格取得を必要とする業種なら、それに向けての勉強を始める、インターネットや図書館を利用して希望する職種についての情報を集めるなど、転職してから「しまった!」と思うことがないように、十分な下調べをしておく必要があります。

自分のアピールポイントを明確に

大学の就職活動中に、自己分析などをおこなったという人もいることでしょう。しかし、学生と社会人になってからの価値観やものの考え方、捉え方は変化していることもあります。

転職エージェントやインターネット上に公開されている無料ツールなどを利用して自己分析・適職診断をおこなってみましょう。

その上で、自分の強みと弱みを理解し、どんな点が自分のアピールポイントになるのかを明確にしておく必要があります。

転職先企業への履歴書には、アピールポイントや志望動機を書く欄が設けられており、面接時には最も重要視されるポイントでもあります。面接官に具体的なアピールができるよう、分かりやすく簡潔な自己PRを意識しましょう。

自分の希望条件をわかりやすくまとめる

転職サイトや転職エージェントを利用する場合、必ず自分の希望条件が必要となります。効果的にサービスを利用するコツは、あらかじめ自分が希望する条件を細かくメモしておくことです。

すべてが叶うということではありませんが、書き出した希望条件の中で優先順位をつけ、妥協できる点、できない点を整理しておけば、転職活動時にあれこれと迷う必要もありません。

希望する企業が求める人材を理解する

自分がなりたい職種や、転職先として希望する企業が求める人材はどんな人なのかを事前に知っておくことはとても大切です。

転職後にどんなスキルが必要か、どんな人たちが働いているのか、どんな人とのかかわりがあるのか。インターネットや知人や友人を通して、実際にそうしたところで働く人たちの声を聞いてみるのもよいでしょう。

その企業がどんなところなのかもあらかじめ知っておけば面接時の強い味方になってくれます。

企業の経営方針や経営状況、業務内容や社会活動など、あらゆる情報を網羅するくらいの意気込みが必要です。

その上で、企業が求める人材に対し、自分はどんな努力をしているのかということが強いアピールポイントとなります。まずはできるだけ多くの情報を集めること。自分の目でひとつひとつ確認していくことが最も重要です。

第二新卒に強い転職エージェントを利用する

転職活動をより効率的におこないたいのであれば、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。自分の担当者に現職の状況や希望条件などを詳細に伝えておき、マッチした企業を紹介してもらうことができます。

履歴書の書き方や面談時のアドバイス、自己分析や適職診断などで、転職活動をより有利に進めることもできます。

さらに、転職エージェントでは、一般には公開されていない非公開求人を多く持っているところもあるので、よりよい企業への転職を希望するなら、転職エージェントは最適です。

関連記事:第二新卒におすすめ転職エージェント20選徹底比較

24歳が転職をする際に活用したい転職エージェント3選

転職エージェントの選び方について考えたことはあるでしょうか。とりあえず検索上位サイトで評判が良いエージェントやCMなどで有名なエージェントに登録するという人も多いはずです。

しかし、転職エージェントには各社それぞれ異なった特徴や強み、特化している業界などがあります。例えば「求人数が多い」「20代の転職に強い」などです。そのため自分の状況や希望に合った転職エージェントを探すことで、転職先からの内定に近づけることができるでしょう。

この項目では、おすすめの転職エージェントの特徴と組み合わせを紹介しますので、参考にしてみてください。

求人数が多く未経験でも転職活動しやすい転職エージェント

求人数が豊富な転職エージェントは、転職先の選択肢が広がるだけでなく、未経験OKの企業に出会えるチャンスも多くなります。24歳での転職を検討している人におすすめの求人数の多い転職エージェントは以下の2社になります。

エージェント名特徴
リクルートエージェント2023年3月30日時点で35万件以上の求人数と専門コンサルタントの手厚いサポート
doda大手・優良企業の求人多数
スピーディな転職活動をしたい人向け

第二新卒の転職に強い転職エージェント

24歳で転職をする場合、第二新卒の転職に強い転職エージェントを活用するのも有効です。第二新卒向けの転職アドバイスや求人紹介を受けることができますので、ぜひ活用してみましょう。

24歳の転職で特におすすめの転職エージェントは以下の2社です。

エージェント名特徴
タイプエージェント20代から30代の支持が高い転職エージェント
IT企業への転職や年収をアップしたい人にもおすすめ
マイナビエージェントサポート体制が充実しているため20代の転職におすすめ

まとめ

24歳での転職は、未経験転職にチャレンジしやすいなどのメリットがあります。その反面、社会人経験不足や早期離職の懸念をもたれることもありますので、入念な転職準備が重要となります。

24歳でスムーズな転職を目指すのであれば、転職エージェントなどの転職サービスの利用をおすすめします。

4歳で初めての転職という人もいるかもしれません。転職は職務経歴書の書き方や自己分析、面接対策などの準備をするだけで転職成功率がアップするためです。転職エージェントは転職に関するアドバイスや書類添削などの転職ノウハウを教えてくれるため、不安や疑問点も相談しやすいでしょう。
なお、転職エージェントはたくさんあり、それぞれで特徴や強みが異なります。24歳での転職なら、この記事で紹介した「リクルートエージェント」「doda」「type転職エージェント」「マイナビエージェント」を利用するのがおすすめです。

 

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
公開求人数
36.9万件
非公開求人数
22.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
公開求人数
6.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.2
公開求人数
23.0万件
非公開求人数
3.4万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
公開求人数
1.3万件
非公開求人数
1.8万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年1月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年1月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
5.0
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.6
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.2
口コミを読む
  • 比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
  • テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
type転職エージェントtype転職エージェント
4.0
口コミを読む
  • サイトがシンプルな作りで見やすい。
  • 関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年1月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。