25歳女性は転職に有利!失敗しないコツやおすすめの仕事・資格を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

社会人生活にも慣れてくる25歳女性のなかには、転職を検討する方も珍しくありません。25歳なら転職活動自体が初めての方も多く、何を始めればいいのかわからない方もいるでしょう。

本記事では、25歳女性が転職で成功する方法について詳しく解説します。25歳という年齢だからこそおすすめしたい仕事や資格についても紹介するので、転職しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

目次

25歳女性の転職事情

大卒で新卒入社した方であれば、25歳は社会人経験が3年ほどになる年齢です。

ある程度仕事に慣れ、次のステップに進もうと考えている人も多いと思いますが、そもそも25歳という年齢は転職市場でどのような評価がされるのでしょうか?

この時期によくある転職理由と共に解説します。

25歳女性は転職しやすい年代

25歳は転職市場において「若手人材」に該当し、非常に有利な立場といえるでしょう。なぜなら、25歳の女性は若さゆえのポテンシャルと、社会人としての基礎を併せ持っているとみなされるからです。

「3年での転職は忍耐力がないと判断されるのでは?」と不安を感じる方がいるかもしれませんが、初めての転職であれば不利になることは少ないでしょう。

25歳は新卒採用をする余裕がない企業や、ある程度実務経験がある若手を求めている企業に特に重宝されます。

また、未経験の業種も選択できる年齢なので、広い視野で転職できる大きなチャンスを持っています。

25歳女性が転職する理由

25歳女性が転職するには、一般的に以下の理由が多いようです。

25歳女性が転職する理由
  • 給与に不満がある
  • 人間関係の不満
  • 他にやりたいことが見つかった
  • 新しいことにチャレンジしてみたい

25歳になると、企業によってはリーダーや後輩育成などの業務を任される人も出てくるでしょう。

一方で、入社したときとほぼ変わらない仕事内容に飽き飽きしている人もいるかもしれません。3年ほど社会経験を積んだ25歳は、同期や学生時代の友人とのキャリアの差を感じ始める年代でもあり、これからのキャリアを考えて転職を検討する方も少なくありません。

また、新卒時に希望していた業種に再チャレンジしたくなる年代でもあります。

キャリアアップするにせよ、キャリアチェンジするにせよ、25歳という年齢は武器になるため自信を持って行動しましょう。

25歳女性が転職で有利な理由

25歳女性は転職で有利な立場だと紹介しましたが、理由はどうしてなのでしょうか。

ここからは、25歳女性が転職で有利な理由を3つ紹介していきます。理由を知ることで、面接時のアピールに役立ちますのでぜひご覧ください。

ポテンシャルで採用してもらいやすい

若手人材として扱われる25歳女性は、ポテンシャルを重視した採用があるため転職で有利な立場といえます。30代を超えると実績やスキルを重視されるため、人によっては転職が難航してしまうことがあるでしょう。

また、25歳という若さなら、未経験や異業種への転職をするにも最適な時期です。

未経験の仕事に挑戦するときは、前職で培ってきた経験をどのように活かせるのかを説明できると、さらに採用率はアップするでしょう。

企業からの需要が高い

25歳女性の転職における魅力は、若さだけではありません。3年ほどの社会経験があるからこそ、社会人としてのマナーや基礎知識を身に付けているところも強みになります。

新卒採用の場合では、ビジネスマナーなど基本的なことから教える必要があり、、手間や時間がかかります。

しかし、25歳の場合では一般的な社会人スキルが備わっていることや、若さゆえの柔軟さを評価されて転職に有利になります。

転職に失敗しても挽回できる

たとえ転職先選びに失敗してしまっても、25歳であればまだ挽回できる年齢です。

年齢を重ねると転職自体が難しくなるため、失敗したときのリスクは大きいですが、25歳であれば一般的にどのような業種でも需要が高いため、失敗を恐れず転職するチャンスです。

25歳女性が転職で成功をする方法

25歳女性の転職は有利ではあるものの、転職が成功するかどうかは事前の準備次第です。

25歳だと転職活動が初めての方もいると思いますので、これから紹介する方法をぜひ実践してみてください。

自己分析を徹底する 

就職活動では学生時代の経験をアピールしますが、転職活動では前職での経験や培ったスキルをアピールするのが効果的です。

前職でどのような経験をし、それを転職先でどう活かすのか、どのようなキャリアを実現したいのかは、自己分析をおこなうことで明確にできます。

軸を明確にすることで、自信と根拠を持って転職活動を進められるようになるため、ぜひ以下の手順でおこなってみましょう。

1.転職理由を洗い出す

転職理由は、企業選びや目指したいキャリアを考えるうえでのカギとなります。転職先で同じような悩みにを抱えないためにも、転職理由をしっかり考えておきましょう。

2.就職してから学んだことや成功体験・失敗体験を洗い出す

社会人になってから学んだことや実績は転職活動において武器となります。また、失敗体験も「この点が良くなかった」と反省し「今であればこのように対応する」などの対策を考えられればアピール材料になることもあります。付随するエピソードなども具体的に洗い出しましょう。

3.転職理由を深堀りする

1で挙げた転職理由をさらに深堀りします。「なぜそれが嫌なのか」「どのようになれば前向きに働けるのか」と掘り下げていくことで、次の仕事に求めるものや将来目指したいキャリア像が明確化していきます。

4.アピールポイントを整理する

3で次の仕事に対して求めるものがわかったら、2で洗い出した自分のアピール材料をどのように活かせるかを考えます。自分のキャリアだけでなく、「企業の成長にどれだけ貢献できるか」という観点で考えることも大切です。

自己分析は志望動機や自己PRのベースとなります。また自己分析がしっかりできていれば、面接の場で何を聞かれても信憑性を持って答えられます。時間をかけてじっくり取り組みましょう。

優先順位を明確にする

転職で成功するには、次の職場に希望する条件を明確にすることがカギとなります。

ただし、すべての希望条件を満たす転職先を探すのは至難の業です。優先順位を明確にし、MUST条件・MORE条件に分けておくことで企業選びがスムーズに進みますよ。

希望条件については、以下を参考にしてください。

希望条件の例
  • 安定企業(従業員数、創業年、株価など)
  • 休日休暇について(土日祝日、平日休み、年間休日数、シフト制、有給取得率など)
  • 勤務時間(残業時間、夜勤、始業・終業時間、フレックスなど)
  • 転勤の有無
  • 雇用形態
  • 女性の働きやすさ(産休・育休の取得実績、時短勤務、リモート勤務など)
  • 給与・待遇(年収〇万円以上、住居手当、賞与の有無など)

希望条件を決めるときは自己分析と同様に具体的な内容まで落とし込むことが大切です。「安定企業が良い」だけでなく、どんな要素があれば「安定企業」なのかまで考えましょう。

また25歳であれば将来的に結婚や出産などを考える時期でもあります。入社直後だけではなく、将来的な要素も含めて検討することも大切です。「ライフイベント後も長く働くために必要な要素」という観点でも希望条件を洗い出しましょう。

とはいえ、あくまでも優先順位であり、すべてを必須条件とすると転職先選びに苦戦するので注意が必要です。

下準備をしっかりおこなう

下準備をしっかりおこなうことは、転職を成功させるための必須項目です。必要な下準備は以下の通りです。

企業を入念に下調べする

転職を後悔する理由の多くは、入社後に起こるミスマッチが原因です。ミスマッチを起こさないためには、応募段階で企業の下調べを入念におこなうことが重要です。

下調べするには求人内容はもちろん、転職先の評判や口コミが見れるサイトを参考にしてください。また調べてもわからなかった点はメモしておき、面接で質問しましょう。

面接のポイントをおさえる

採用を獲得するには、面接で好印象を持ってもらう必要があります。マイナスな印象を与えないためには、以下のポイントをおさえておきましょう。

  • 到着は面接時間の510分前
  • ハキハキと大きな声で挨拶をする
  • 匂いにも気を遣う
  • 清潔感のある身だしなみ
  • 挙動不審な態度を取らない
  • 採用担当者の話をきちんと聞く
  • 正しい言葉遣いをする

企業や業種によってはフランクに面接をおこなう場合もありますが、最低限のマナーは守らなければいけません。

特に第一印象は採用に大きく影響するので、少しでも面接で良い印象を与えられるように努力しましょう。

転職エージェントに登録する

自分をうまくアピールする自信がない方や転職に迷っている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

登録をするとキャリアアドバイザーにキャリア相談ができるため、転職についてアドバイスをもらえます。また、転職エージェントでは、転職サイトに掲載されていない求人を紹介してくれることもあり、自分にマッチする転職先が見つけやすくなります。

他にも、転職エージェントは求人の検索や面接日程の調整、面接や履歴書指導も無料でおこなってくれるなど多くのメリットがあります。

自分ひとりでの転職活動が不安なら積極的に活用してみてください。

女性におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性に特化した転職支援
  • ワークライフバランスを重視した転職も可能
  • 面接のためのメイク指導あり

 

type女性の転職エージェントは、女性の転職支援を専門とした転職サービスです。

 

女性ならではの転職事情に精通したキャリアアドバイザーから専任でサポートを受けられ、たとえば「子育てと両立したい」「残業なしがいい」「キャリアアップしたい」などの悩みも気軽に相談できます。

 

年間1万人以上(※1)の女性のキャリアカウンセリングをおこなっているとあって、女性に寄り添った転職サポートに期待できるでしょう。

 

求人への応募や応募書類の添削、面接対策などのサポートのほか、女性のための身だしなみやメイク指導もあり、typeならではのサービスで女性の転職活動を心強く支援してくれます。

 

(※1)type女性の転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type女性の転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 女性ならではの悩みを相談できる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 転職活動に合うメイクを教えてもらえる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

転職エージェントに登録する手順

転職エージェントに登録する手順を紹介していきます。スムーズな転職活動をおこなうために、早速チェックしていきましょう。

登録

転職エージェントを利用するには、インターネット上で登録をおこないます。氏名・年齢・学歴・職歴・転職を希望する時期・希望勤務地・年収などを登録フォームに入力します。

キャリアアドバイザーと面談

登録後は、担当のキャリアアドバイザーからの連絡を待ちましょう。連絡が来たら面談日程を決め、履歴書や職務経歴書を持参して面談をおこないます。面談は対面以外に、オンラインや電話でおこなうケースもあります。

求人紹介

登録時の申込内容から、転職エージェントが条件に合う求人を紹介してくれます。履歴書や職務経歴書の書き方について具体的なアドバイスをおこなってくれるため、書類添削を受けて効率的に進めましょう。

応募・選考

気になる求人があれば、キャリアアドバイザーを通して応募をおこないます。キャリアアドバイザーは企業の内部情報まで把握していることが多いため、その企業ならではのアピール方法などを聞くことも可能です。

また、面談の日程調整もキャリアアドバイザーが担ってくれるため、応募者は転職活動の手間を省くことができます。

内定・退職・入社手続き

無事内定となったら退職し、新しい職場に入社手続きをおこないます。年収や雇用条件などデリケートな交渉はキャリアアドバイザーに任せることもできます。

また、退職時のトラブルについても相談できます。退職の意志を伝えるタイミングやどのような言葉を伝えるべきかわからない方は相談してみましょう。

入社後のサポートがある転職エージェントもあるので、登録するときにチェックしてみてください。

25歳女性におすすめの仕事

ここからは、25歳女性におすすめの仕事を紹介していきます。転職を機にキャリアチェンジしたいと思っている方は、参考にしてみてください。

事務職

事務職は比較的残業や休日出勤が少なく、年齢問わず人気の職種です。人気の職種ゆえに狭き門ではありますが、20代であれば未経験からキャリアチェンジできる求人も多くあります。

転職市場でよく登場する事務職は以下のようなものがあります。

一般・OA事務

一般・OA事務は、企業を運営するうえで必要な事務や庶務全般を担います。パソコンを使用したデータ入力や来客・電話対応など、いわゆる「事務職」らしい仕事をするのがこのポジションの特徴です。未経験から応募できる求人も多くあります。

営業事務

営業部で営業職のサポートをすることが営業事務の仕事です。仕事内容は見積書や納品書、契約書などの書類作成業務の他に、商品の受注手配や在庫管理などがあります。

クライアントと直接やり取りすることもあるので、コミュニケーション能力も必要になります。

経理事務

経理事務は企業の経理や会計、財務を担当し、出入金管理、伝票の仕分け処理、帳簿作成、各部署の経費生産などが業務となります。

企業の規模やフェーズによっては上場時の手続きなど難易度の高い業務もあるため、未経験から専門スキルを身につけることも可能です。

医療事務

医療事務は病院でのレセプト業務が仕事です。具体的には、来院された患者さんの受付、電話対応、診療報酬書の作成、カルテ整理などです。

無資格でも目指せますが、医療事務の資格を取得していると転職する際に有利になります。

営業職

収入アップを目指している方は、成果を給与で還元してもらえる営業職を検討してはいかがでしょうか。

営業職は歩合制を採用している企業が多くあるので、成果を出すほど給与アップにつながります。しかし、歩合の要素が強い給与体系だと、基本給が少なかったりノルマがかせられたりすることがあるので人によってはストレスになる可能性があります。

営業職は顧客とコミュニケーションを取ることが仕事なので、人と話すことが好きな方におすすめです。転職をするなら、自分が興味のある商材やサービスを扱っている企業を選ぶといいでしょう。

技術職

エンジニアやWebデザイナーなど、専門的なスキルがつく技術職も20代の女性におすすめの職業です。女性の場合、結婚や出産で一度退職してしまっても、専門スキルを身に付けていれば再就職を有利に進められるでしょう。

また、業態的にリモートワークやフレックスなど、柔軟な勤務体系にしやすい点も魅力の1つです。

25歳であれば未経験OKの求人も珍しくないため、新しいことにチャレンジしたい方にぴったりです。

25歳女性におすすめの資格

転職において資格取得を検討している方もいるのではないでしょうか。ここからは、25歳女性におすすめの資格を5つ紹介するので参考にしてください。

MOS

MOSは「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の略称で、パソコンスキルを証明する資格として人気があります。パソコンやソフト、テキストがあれば独学で取得することもできますが、不安な方はパソコンスクールや通信講座がおすすめです。

MOSの一般レベルであれば難易度はそこまで高くなく、初心者の方でも合格を目指せます。事務職や営業職への転職に役立つため、興味のある方は調べてみてください。

TOEIC

TOEICは160の国で実施されている世界共通の実施テストであり、英語のコミュニケーション能力を判定できます。グローバル化が進んでいる現代では、社員の実力を診断するためにTOEICを使用することもあります。学習スケジュールを立てられて、モチベーションを維持できるのであれば、独学でも挑戦できる資格です。

600点以上であれば転職に有利になり、語学力が必要な職場で活かすことができるでしょう。求人によってはTOEIC700点以上を応募条件にしている企業もあります。

簿記検定

簿記は経理や会計業務の実務において役に立つ資格であり、全国どこでも通用するため高いニーズがあります。簿記検定には種類がいくつかありますが、転職で役立てるには日商簿記2級以上を目指しましょう。

2級以上に合格できれば、事務職・経理・会計事務所などへの転職で有利になります。

市販のテキストを利用して計画的に学習できる方なら独学でも合格できる可能性はありますが、初心者でも合格可能な3級と比べると難易度は高いため、オンラインスクールなども検討するといいでしょう。

医療事務

安定を重視している方は、医療事務の資格がおすすめです。

医療事務の資格に年齢制限はなく、全国に需要があるため転職先が見つかりやすいのも魅力です。資格を持っていれば相応の知識があると判断されるため、転職に役立ちます。

テキストや問題集を購入して計画的に学習を進められるなら、独学で合格することも不可能ではありません。しかし、わからないところがあっても自分で解決しなければいけないので、不安な方は専門学校や通信口座を利用しましょう。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPはお金のエキスパートであることを証明する資格であり、相談者にお金についてのアドバイスをする仕事です。数字に強い方やお金のことを考えても苦にならない方に向いています。

金融業界・銀行・保険・証券会社・不動産業界への転職に有利で、将来的に独立開業をしたい方にもおすすめです。

FPは国家資格ですが比較的取りやすく、きちんと勉強すれば独学でも合格できるでしょう。しかし、独学だと法改正の情報も自分で収集する必要があるため、こまめにチェックする必要があります。

最後に|25歳女性は転職するのにベストなタイミング!

25歳女性は転職市場において価値が高く、転職するにはベストタイミングといえます。未経験や異業種への転職も十分可能であり、新しいことにチャレンジしたい方は積極的に行動に移してみましょう。

転職で成功するには転職先選びが重要なので、自己分析をおこない優先順位を明確にして自分がどのようになりたいのか考えることがポイントです。

今と違う仕事をしてみたい方は、本記事で紹介したおすすめの仕事や資格をチェックしてみましょう。25歳であれば万が一失敗したとしても需要が高いため、次の転職先を見つけることも難しくありません。

ぜひ年齢を味方にしながらやりたいことに向かって進んでみてください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。