新卒1年目の転職はなぜ厳しい?転職リスクと成功ポイントを徹底解説

高橋宇内
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「新卒1年の転職が厳しい理由ってなに?」

「新卒1年目で転職するために必要なことが知りたい」

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

実際、企業として早期離職の懸念から新卒1年目の転職希望者を採用しにくいのも事実です。

とはいえ、新卒1年目でも、スキルや経験より「ポテンシャル」をアピールすることで転職することは可能です。

新卒1年目の転職に不安や悩みを抱える方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

新卒1年目でも転職は可能

新卒1年目でも転職は可能です。

「職業経験が少ない」ことが懸念点として挙げられますが、求人企業によっては若い人材を求めていることもあり、自身のスキルや能力に合った求人が見つかる可能性があります。

新卒1年目で転職を考える際には、キャリアアップのチャンスや自分自身のキャリアビジョンとのマッチング、年収や福利厚生などが主な検討ポイントとなりますので、自分自身のニーズや希望に合った求人を探してみてください。

また、新卒1年目で「特別なスキルや経験がない」ことを理由に、転職を諦める人がいますが、多くの求人企業はスキル・経験よりもポテンシャルやスキルセット、能力などを重視しています。

新卒1年目であっても、学生時代に積み上げたスキルや経験、実績、ボランティア活動などが求人企業にとって魅力的なポイントとなる場合もあるため、自分自身のスキルや能力に自信がある場合は、転職を検討しても良いでしょう。

新卒1年目の転職では、適切なアピール方法を見つけ、自分自身の魅力をしっかりと伝えることが大切です。

新卒1年目の転職が厳しいと言われる理由

新卒1年目の転職の難易度が高い、厳しいと言われる理由として、主に以下の3つの理由が挙げられます。

新卒1年目の転職が厳しいと言われる理由
  • 企業の採用担当者がネガティブな印象を抱いてしまう
  • 納得できる転職理由を用意しにくい
  • 第二新卒の転職市場で価値を測られる

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

企業の採用担当者がネガティブな印象を抱いてしまう

企業の採用担当者の立場に立つと、ポジティブな印象とネガティブな印象の2つが存在します。

ポジティブな印象としては「成長意欲の高い人材」になりますが、ネガティブな印象としては「忍耐力がない」「継続力がない」といったものが該当します。

ただし、ピンチはチャンスとして捉えることもでき、企業の採用担当者に納得できる転職理由を説明できれば、「意志の強い人材」「成長意欲の高い人材」として印象付けることが可能です。

納得できる転職理由を用意しにくい

新卒1年目の転職理由を「スキルや経験」に絞ってしまうと、どうしても第二新卒の転職市場で能力差を比べられてしまいます。

企業の採用担当者に納得できる転職理由を説明できない場合は、当然アピール不足に当たるため、不採用になってしまうでしょう。

新卒1年目の転職希望者は、自己分析を徹底すると同時に、第二新卒の転職市場価値における自身の価値、新卒1年目だからこそアピールできるポイントを探すことが大切です。

第二新卒の転職市場で価値を測られる

第二新卒の転職市場では、入社2年目、入社3年目の人材とスキル・経験が比較されます。

自身が保有する資格や学生時代までの取り組み実績があれば他の第二新卒者との差別化を図れますが、そのような特筆すべきアピールポイントがない場合はなかなかスキル・経験の面で勝負することができません。

新卒1年目の転職を成功させるには、新卒1年目の人材が持つ客観的なアピールポイントを理解し、自身の中でどう咀嚼するかに重きを置く必要があります。

単純にスキル・経験の差で比較されないために、アピール方法の工夫が重要です。

新卒1年目で転職した方が良いケース

新卒1年目の転職は様々なリスクがともない、思うような転職活動ができないケースもありますが、それでも以下のようなケースに遭遇している場合は転職した方が良いでしょう。

新卒1年目で転職した方が良いケース
  • 職場の労働環境が悪い
  • 社風・カルチャーが合わない
  • 実務を行う中でやりたいことが変わった
  • 企業・事業の将来性に不安を感じる

それぞれ詳しく解説していきます。

職場の労働環境が悪い

職場の労働環境が悪い場合は、新卒1年目であっても転職を検討した方が良いでしょう。

例えば、上司や会社からのパワハラ・セクハラが酷い場合や、残業や休日出勤、サービス残業が多い場合など、入社前には知り得なかった精神的、身体的に追い詰められそうな状況に陥った際には、自身の日々の業務に悪い影響を与えかねないため、転職を検討するのがおすすめです。

社風・カルチャーが合わない

社風・カルチャーが合わない場合も転職を検討した方が良いでしょう。

社風・カルチャーは職場における働き方や、成長機会の提供パターン、プライベートの過ごし方等にも影響を与えます。

入社した企業の社風・カルチャーにストレスを感じる場合は、思うような社会人生活を送れない可能性もあるため、早いうちにキャリアプランを修正するためにも転職を検討しましょう。

実務を行う中でやりたいことが変わった

実際に仕事を行う中でやりたいことが変わってしまうことがありますが、そのような場合にも転職を検討した方が良いでしょう。

転職は自身のキャリアプランを成功に導くための機会・チャンスといえます。

したがって、現職に満足できない場合は、自身が再度描いたキャリアプランに進むために転職を検討しましょう。

企業・事業の将来性に不安を感じる

企業や事業のビジネスモデルや業務内容、日々の業務で感じる印象から、将来性に不安を感じることもあるでしょう。

そのような場合は、たとえ新卒1年目であっても転職を検討した方が良いかもしれません。

新卒1年目は一般的に社会人経験が少ないため、企業や事業の将来性を正確に認識することは難しいかもしれませんが、何か決定打となる出来事があった場合には検討しても良いでしょう。

個人で改善できることの限界や、何か起きてしまった後には遅いこともあるため、組織の将来性に不安を感じる場合は転職が自身を救うポイントになります。

新卒1年目で転職しない方が良いケース

一方で、新卒1年目で転職しない方が良いケースもあります。

新卒1年目で転職しない方が良いケース
  • なんとなく仕事がつまらないと感じる
  • やりたい仕事を任せてもらえない
  • 思うような結果が出ない
  • 現状で出来ることをやり切っていない
  • 入社して半年を経過していない

一部「新卒1年目で転職した方が良いケース」と重なるものがありますが、新卒1年目の転職はそれだけ判断を慎重に行う必要があるということです。

転職後の様々なリスクを考慮し、新卒1年目の転職は控えておこう」と判断するのも、立派な選択であることを自覚しておきましょう。

なんとなく仕事がつまらないと感じる

普段の仕事が「なんとなくつまらない」と感じる時に転職を思いつきますが、そのような状態では転職しない方が良いでしょう。

なぜなら、転職の動機が曖昧で、自身を納得させられる転職理由を見つけられていないからです。

そもそも転職の主人公は自分であり、転職後のキャリアプランに責任を持つのが自身であることをしっかりと認識できていない状況といえます。

そのような状況で転職してもより良い職場を見つけられる可能性は低いため、今の職場でモチベーションが上がる方法を模索すると良いでしょう。

やりたい仕事を任せてもらえない

やりたい仕事が任せてもらえない場合は、「その仕事が今の自分に必要なものかどうか」をしっかりと吟味することが重要です。

やりたい仕事を任せてもらえない状況は、転職理由として十分な動機になりますが、その状況下で「自分がどう感じているのか」を大切にすると良いかもしれません。

例えば「熱量とモチベーションは高く維持できているのに、なかなかやりたい仕事を任せてもらえない」という状況であれば、他の企業に転職することで、すぐにその仕事を任せてもらえる可能性があります。

反対に「今やっている仕事よりはあの仕事の方が、どちらかといえばやってみたい」という状況であれば、転職活動でモチベーションを高く維持することができず、転職先企業でも納得いく仕事が任せてもらえない可能性があるでしょう。

思うような結果が出ない

新卒1年目ではなかなか思うような結果が出ないため、満足いく結果が得られないことを理由に転職に踏み切るのはリスクが高いといえます。

転職には相応のリスクがともなうため、思うような結果が出ないからすぐに転職を検討するのではなく、「どうすれば成果を出せるか」「どうすれば自身が納得できる仕事ができるか」に集中すると良いでしょう。

数年キャリアを続けることで、現状の打開策やポジティブな転職理由が見えてくるかもしれません。

現状で出来ることをやり切っていない

新卒1年目の人材が触れられる業務の範囲は限られているため、転職したいと考える人材は「現状で出来ることを全てやり切ったかどうか」を確認しましょう。

改善できるかもしれない方法を試さずに、見切りをつけて転職活動に踏み切ると、転職後に後悔の種となってしまうことがあります。

元々やりたい仕事に就けている場合は、尚更できることを全てやり切って改善を図ることが重要です。

入社して半年を経過していない

入社して半年を経過していない場合も、転職を検討した方が良いでしょう。

入社して数ヶ月間は研修期間が設けられ、その企業で働くための基礎・基本を教わる機会となります。

そのため入社半年での転職となれば、転職希望者本人も多くのことを経験していないため、採用企業の担当者を納得させられる転職理由を見つけられないでしょう。

ただし、先述したように「職場の労働環境が悪い」「社風・カルチャーが合わない」といった理由がある場合は、転職を検討して良いかもしれません。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

新卒1年目で転職する3つのリスク

新卒1年目で転職しようと思っている方は、今後のリスクも考えなくてはいけません。

リスクを考えずに新卒1年目で転職をすると、就職後に後悔する可能性があります。

本記事では、新卒1年目の転職で考えられる、下記3つのリスクについて解説します。

新卒1年目で転職する3つのリスク
  • 年収・待遇が下がる可能性がある
  • 新卒時に比べて求人数が減っている
  • 理想のキャリアプランを歩めない可能性がある

新卒1年目で転職を考えている方は、上記のリスクを把握したうえで検討するのがおすすめです。

それぞれのリスクについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

年収・待遇が下がる可能性がある

年収や待遇が下がる可能性があるのは、新卒1年目で転職をするリスクのひとつです。

スキルや経験が少なく、勉強中の人

すでにスキルや経験が身につき、即戦力として活動できる人

仮にあなたが面接官だった場合、後者のスキルや経験がある人のほうが待遇を良くするはずです。

即戦力となる人に高待遇を与える企業が多いため、まだ実力がない新卒1年目の人は、年収が下がる可能性があります。

新卒1年目で年収や待遇を求めて転職をすると、期待とは違った結果になる可能性があるので、好条件を希望するのはおすすめしません。

高橋 宇内氏

新卒1年目で年収や待遇を気にすると転職に失敗しやすいです。

なので、新卒1年目で転職をする方は「年収や待遇が下がる可能性がある」と思って活動するのがいいでしょう。

新卒時に比べて求人数が減っている

新卒時に比べて求人数が減っているのも、新卒1年目で転職するリスクです。

企業側は新卒1年目に対して「すぐ辞めるのでは」と考えるので、求人数が少ない傾向にあります。

しかし、社会人経験があり、ビジネスマナーが身についている新卒1年目の人材を求めている企業もあります。

そんな企業が第二新卒に求めるのは、ポテンシャルや素直さ、仕事への熱意です。

希望する企業に明確な目的や意志、伸び代に期待できるポテンシャルを伝えられると、転職に成功する確率は高まります。

また、企業に転職理由を伝えるときは「なぜ仕事内容を変えたいのか」といった部分を具体的に説明するのがポイントです。

高橋 宇内氏

新卒1年目の転職で失敗する人は、転職理由があいまいなケースがほとんどです。

具体的な理由を説明できれば、他の新卒1年目と差別化できるので、転職に成功しやすくなります。

理想のキャリアプランを歩めない可能性がある

理想のキャリアプランを歩めない可能性があるのも、新卒1年目で転職をするリスクです。

というのも、30代の転職者であれば、今までのスキルを活かした職種に就く可能性が高いでしょう、

しかし、まだスキルや経験が身についていない新卒1年目の方は、自分がやりたい職種以外に配属されるかもしれません。

新卒1年目で転職を考えている方は、目先の目的ではなく、長期的に考えるのがおすすめです。

明確な企業を決めるのではなく、業界や職種を幅広く考えるといいでしょう。

高橋 宇内氏

新卒1年目の転職で失敗する人は、理想を高く持ってしまいがちです。

なので、新卒1年目の転職では、下積み時代だと思って活動する方が、成功しやすいでしょう。

新卒1年目の転職で成功する人の5つの特徴

新卒1年目で転職を成功させている人の特徴は下記のとおりです。

新卒1年目の転職で成功する人の5つの特徴
  • キャリアビジョン・キャリアプランが明確にある
  • 仕事に対して溢れる熱意がある
  • 自責思考で物事を捉えている
  • 常に情報収集を行っている
  • 転職エージェント・転職サイトを活用している

新卒1年目で転職を成功させた人のマネをすれば、内定をもらえる確率も高まります。

新卒1年目の転職で成功確率が上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャリアビジョン・キャリアプランが明確にある

キャリビジョンやキャリアプランがある人は、新卒1年目の転職で成功する人の特徴です。

企業側としては、長期的な就職を望んでいるため、将来を見据えた働きができる人材を求めるからです。

そのため、新卒1年目の転職に苦戦する人は、具体的なキャリアビジョンやキャリアプランが説明できていない可能性があります。

しかし、キャリアビジョンやキャリアプランのイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。キャリアビジョンは漠然とした理由でも問題ありません。

たとえば「年収1,000万円稼ぎたい」「高層マンションに住みたい」といった理由です。

まず、年収1,000万円を達成するには、どんな仕事につき、どんなスキルを取得すべきなのか考えます。このように逆算して組み立てるのがポイントです。

キャリアビジョンやキャリアプランを逆算して考えられる人は、新卒1年目の転職でも成功する可能性が高いです。

高橋 宇内氏

新卒1年目の転職でより成功確率を上げたい方は、あなたのキャリアビジョンと会社のキャリアビジョンが共通している企業を選びましょう。

企業としては、同じ志を持った人材と活動したいと考えているからです。

仕事に対して溢れる熱意がある

新卒1年目の転職で成功する人は、仕事に対して溢れる熱意がある方です。

熱意が強い人は、就職後に貢献してくれる可能性が高い傾向があるからです。そのため、企業側は自社で働きたい意欲がより強い人を採用します。

企業が新卒1年目に求めるのは、スキルや経験ではなく「素直さ」や「向上心」です。

具体的には以下のような例文が、熱意が伝わりやすいでしょう。

「新卒で入社した企業は、就活に失敗し志望していた業界とは異なる会社です。1年間全力で働いたのですが、どうしても志望する業界への就職が諦めきれず転職を決意しました。御社には、私が思い描くキャリビジョンの環境があります。そのため、目標を達成するためにも、全力で活動し御社に貢献したと考えております。」

上記のように、仕事に対する自分の想いを伝えると、面接官側は「目標のために貢献してくれるんだね」と熱意が伝わりやすく、採用される可能性が高まります。

このように、新卒1年目で転職を成功させている人は、熱意を込めた理由を話しているのが特徴です。

高橋 宇内氏

新卒1年目で転職を成功させたい人は、変に小細工するのではなく、熱意や素直さ、向上心など、若年層だからこそある武器を活用しましょう。

自責思考で物事を捉えている

新卒1年目で転職を成功させる人は、自責思考で物事を捉えています

企業側としては、主体的に考えられる人材を求めているからです。

他責思考の方は「景気が悪いから」「顧客が話を聞いてくれないから」など自分以外に原因があると考える傾向にあります。

一方、自責思考を持っている人は現状の結果に対して、自分が変えられることについて、考えて行動できます

自責思考で物事を捉えている人のほうが、成果を出しているのは明らかでしょう。

高橋 宇内氏

新卒1年目で転職を考えている人は、自責思考を持った人は少ないです。

なので、新卒1年目から自責思考で行動ができると、採用される可能性が高まります。

常に情報収集をおこなっている

常に情報収集を行っている方は、新卒1年目の転職で成功しやすくなります。

企業に関わる情報を集められれば、その会社が求める人物を把握でき、的確にアピールできるからです。

社会人になると、自社だけではなく、他社や業界に関係する最新の情報を集める能力が必要です。

そのため、情報収集ができていると、面接官から高評価を得られます。

また、情報収集がきちんとできていれば、入社後のミスマッチを防げます。

情報収集する際は、以下の方法がおすすめです。

求人サイト・業界や職種別に情報収集をしたい
転職エージェント・求人について詳しく知りたい
・業界や業種の市場動向を知りたい
ビジネス雑誌・転職先の状況を詳しく知りたい
・志望する業界や業種の調査をしたい
企業のホームページ・企業の研究を行いたい
SNS・企業の雰囲気を知りたい
・他の転職者からの情報を集めたい
ハローワーク・地方の求人情報を知りたい

上記の方法によって、転職先の企業だけでなく、業界や業種についての情報収集ができます。

新卒1年目で転職を成功させるには、企業だけでなく、業界などに関する調査も大切です。

高橋 宇内氏

企業についての情報が集められると評価は高くなります。

それ以上に評価を上げるのであれば、業界や業種の市場調査が必要です。新卒1年目で転職を成功させるためにも、情報収集はしっかり行いましょう。

転職エージェント・転職サイトを活用している

新卒1年目で転職に成功する人は、転職エージェントや転職サイトを活用しています

転職エージェントや転職サイトを利用することでは、効率よく企業や業界について情報を集めることができます。

また、新卒1年目で転職をする場合は、とくに転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、近年の動向から、成功するためのポイントを熟知しています。

転職エージェントの中には、その知識を活かした履歴書や職務経歴書の添削、面接選考対策などを実施しています。

転職エージェントを選ぶときは、志望する企業や業界のサポート実績があるエージェントがおすすめです。

サポート実績がある転職エージェントであれば、より成功するための方法を詳しく知っているので、合格率が上げることができます。

さらに転職サイトも併用しておくと、転職エージェントから紹介された企業が合わなかったとき場合、自分で転職活動を進めることができます。

高橋 宇内氏

転職エージェントの中には、無理やり企業を紹介しようとする場合があります。

その場合は、すぐ違うエージェントを活用するか、担当者を変えてもらいましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

新卒1年目で転職を成功させるコツ9選

本記事では、新卒1年目で転職を成功させるコツを9つ解説します。

コツを把握しているか否かでは、希望する企業への転職成功率が変わります。

新卒1年目で転職を成功させるコツ9選
  • 「転職とは何か」を理解する
  • 転職理由を明確にする
  • 新卒1年目の強みをアピールする
  • 業界・企業分析を徹底する
  • スキル・経験の棚卸をする
  • 一時的な年収ダウンを許容する
  • ベンチャー企業や第二新卒を歓迎する企業も視野に入れる
  • 転職時の希望条件に優先順位をつける
  • 転職エージェントをフルに活用する

これから転職を考えている新卒1年目の方は、ぜひ参考にしてください。

「転職とは何か」を理解する

新卒1年目で転職を成功させるには、転職とは何か理解する必要があります

転職は新卒とはアピール内容が異なるからです。新卒1年目だと、就職活動と同じような対策を取ってしまうのはよくあるケースです。

しかし、新卒1年目の転職でアピールすべき内容がわからない方も多いのではないでしょうか。

新卒1年目の転職では、下記のアピール内容が高評価に繋がります。

  • ポテンシャル(熱量・主体性・論理的思考力)
  • 転職しなければいけない理由
  • 転職後のキャリビジョン・キャリアプラン

とくに意識すべきポイントは「論理的思考力」です。

新卒採用であれば、熱量や素直さをアピールすることで内定をもらえる可能性があります。

高橋 宇内氏

新卒1年目の人にありがちなのは、就活の延長線で活動してしまうことです。

新卒採用と中途採用では、企業が求める人物像は全く異なるので、アピール内容に注意しましょう。

転職理由を明確にする

新卒1年目で転職を成功させるには、転職理由を明確にする必要があります

企業側は、入社する具体的な理由を知りたいからです。

転職理由を明確にするときは、自己分析がおすすめです。

自己分析を行えば、自分がなぜ転職をしたいのか明確になり、希望する企業や業界、条件が決まってきます。

一方で、自己分析を怠ってしまうと、転職理由がハッキリせず、面接官に質問されても答えられず不合格になる可能性があります。

転職先が決まらない状況が続くと、徐々に目的を失い、企業選びが適当になってしまうのはよくあるケースです。

企業選びに失敗して、短期間で転職を繰り返すと、企業からは「またすぐに辞めるのでは」と思われるので、さらに転職難易度が高くなります

このように、転職理由が明確にならないと、悪循環に陥ってしまうため、新卒1年目で転職を成功させるには、自己分析で転職理由を明確にしなくてはいけません。

第二新卒の転職理由については、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参照してください。

【関連記事】第二新卒の転職理由とは?履歴書の書き方や面接時の回答方法のコツも解説

新卒1年目の強みをアピールする

新卒1年目の転職を成功させるには、新卒1年目だからこその強みをアピールする必要があります

新卒1年目でスキルや経験をアピールしても採用される可能性は低いからです。

また、企業側が新卒1年目を採用するメリットについてアピールできれば、より成功率が高まります。

企業側が新卒1年目を採用するメリット
  • 柔軟性がある
  • 素直さがある
  • 就業意欲が高い
  • 自社の色に染めやすい
  • 基本的なビジネスマナーが身に付いている

上記の中から、新卒1年目としてアピールできる内容を決めます。

また、企業が新卒1年目を採用するデメリットを理解した上で、熱意を伝えらえるとより成功率が上がります。

企業側が新卒1年目を採用するデメリット
  • すぐに辞めるかもしれないリスクがある
  • 即戦力として活動できない

新卒1年目の方は、上記のデメリットを素直に認めてどのように改善できるか熱意を伝えると、好印象を与えられます。

新卒1年目にしかない強みをアピールするときは、企業側のメリットとデメリットを理解したうえで、伝えるようにしましょう。

高橋 宇内氏

新卒1年目の転職で失敗する人は、自分のことばかり考えてしまいがちです。

企業が採用するメリットを提示するのがとくに大切です。

業界・企業分析を徹底する

新卒1年目の転職を成功させるには、業界や企業分析を徹底的に行う必要があります

企業の面接では、志望する会社と業界についての質問が多くなるからです。

新卒1年目は社会人経験が浅いため、業界や企業に関する知識は、他の転職者と比べて劣ってしまいます。

そのため、他の転職よりも業界や企業分析を徹底的に行わなければいけません。

業界や企業分析のイメージをつけるために、新卒1年目の転職面接でよくある質問を紹介します。

新卒1年目の転職面接でよくある質問
  • 入社後はどんな仕事がしたいと考えていますか
  • その仕事には何が必要だと思いますか
  • 当社にはどのような印象をお持ちですか
  • 仕事に必要な価値観を教えてください
  • 当社と業界の現状ついて意見を聞かせてください
  • 当社で叶えたい目標や夢があれば教えてください

こうした質問に対してスムーズに回答するために、業界や企業分析が必要です。

また、業界や企業分析を行うと、より理解度が深まるので、入社後のミスマッチも防げます

新卒1年目の転職を成功させたい方は、業界や企業分析を怠らずに実施しましょう。

高橋 宇内氏

新卒1年目の転職を成功させるには、業界や企業分析がとくに重要です。

分析を怠るとミスマッチになる可能性も高く、早期離職に繋がります。

転職は目先だけでなく、長期的な目線で考えるようにしましょう。

スキル・経験の棚卸をする

新卒1年目の転職を成功させるには、スキルや経験の棚卸をする必要があります

スキルや経験の棚卸をすれば、企業が求める内容に合わせてアピールできるからです。

たとえば、下記のような転職理由だった場合、どちらを採用したいと思うでしょうか。

企業が求める人物像に合った内容でアピールできる人

自分が得意としていることだけをアピールする人

上記の場合、企業が求める人物像に合った内容でアピールできる人を選びます。

企業としては、ミスマッチによって早期離職をしてほしくないからです。スキルや経験の棚卸をすれば、企業が求める人物像によって、臨機応援に対応できます。

また、スキルや経験の棚卸をすることは、自分のアピールポイントが明確になり、面接対策としても有効です。

高橋 宇内氏

スキルや経験を棚卸すると、自分の「武器」が明確になるので、より磨き上げることができます。

専門性が高くなれば、高年収・高待遇が期待できるので、スキルアップをするためにも、棚卸をしておきましょう。

一時的な年収ダウンを許容する

新卒1年目の転職を成功させるには、一時的な年収ダウンを許容する必要があります

新卒1年目は、スキルや経験が少なく、企業からの評価も低いからです。

企業側はポテンシャルを見込んで新卒1年目の転職希望者を採用します。

年収が上がるケースは今までの経験を活かして転職するのがほとんどです。

スキルや経験がまだ身についていない段階では、年収が上がらないことは事前に頭に入れておきましょう。

高橋 宇内氏

新卒1年目で転職するときは、年収ではなく自分のスキルアップに繋がるかが大切です。

スキルが上がっていけば、自然と高年収になるので、若年層のうちはとにかく能力アップのために活動しましょう。

ベンチャー企業や第二新卒を歓迎する企業も視野に入れる

新卒1年目の転職を成功させるには、ベンチャー企業や第二新卒を歓迎する企業も視野に入れる必要があります。

新卒1年目だと採用される可能性も低くなるので、より幅を広げるためです。

新卒1年目で転職をするのが難しいのは「有名大手企業」と「メガベンチャー企業」です。

有名大手企業とメガベンチャー企業は、第二新卒の枠ではなく、専門的な知識を持った中途採用を行っています。

そのため、スキルや経験が劣っている新卒1年目で、高待遇が得られる企業に転職をするのは困難です。

有名大手企業やメガベンチャーだけに絞るのではなく、新卒1年目の採用を行っている企業も選択肢に入れるのが重要です。

高橋 宇内氏

新卒1年目でも、有名大手企業やメガベンチャー企業に行きたい、という気持ちもわかります。

しかし、スキルや経験が身に付いてからの方が、より確実に転職できるので、まずは自分磨きから始めるのがいいでしょう。

転職時の希望条件に優先順位をつける

新卒1年目の転職を成功させるには、希望条件に優先順位を決める必要があります。

優先順位を決めると、就職後ミスマッチを防いだ転職ができるからです。

新卒1年目の転職で失敗しやすい人は、優先順位に偏りがある可能性が高いと考えられます。

たとえば、新卒1年目の転職理由が下記のような優先順位だった場合、どちらが成功しやすいでしょうか。

Aさん・給与福利厚生
・ワークライフバランス
・仕事内容
・企業の雰囲気
Bさん・成長できる環境
・仕事内容
・企業の雰囲気
・給与
・福利厚生

新卒1年目が上記のような優先順だった場合、成功する可能性が高いのはBさんです。

新卒1年目はスキルや経験が劣るため、待遇を優先的に考えても採用される可能性は低くなります。

新卒1年目で重要視しなくてはいけないのは、成長できる環境があるかです。

また、給与ばかりに目がいくと、仕事内容や会社の雰囲気にミスマッチが起きる可能性も考えられます。

新卒1年目で転職をする場合は、自分の実力に応じた優先順位を決められるといいでしょう。

高橋 宇内氏

優先順位を決めるときは「キャリアビジョン」をもとに考えるのがおすすめです。

将来の目標を達成するには、いま何が必要なのか考えられると、面接官からも高評価を得られます。

転職エージェントをフルに活用する

新卒1年目の転職を成功させるには、転職エージェントをフルに活用する必要があります。

新卒1年目の転職は、新卒採用と中途採用含めた中でも、とくに難しいからです。

そのため、新卒1年目の転職を1人で始めようとしている方は、転職エージェントを活用して進める方がいいでしょう。

転職エージェントは、近年の転職市場の動向から、成功するための転職方法を網羅しています。

また、専門的な知識を持っているため、より効率的な活動が可能です。

転職エージェントによっては、履歴書や職務経歴書の添削、面接選考などのサポートも実施しています。

転職エージェントを選ぶときは、志望する企業や業界へのサポート実績があるエージェントがおすすめです。

志望する企業や業界へのサポート経験があれば、より具体的なアドバイスを得られます。

また、その企業や業界に関する、メリットやデメリットも知っているため、相性を確かめられるでしょう。

高橋 宇内氏

本記事では、上記の理由に該当する転職エージェントを5選に厳選して紹介します。

新卒1年目で転職を成功させたい方は、ぜひ利用してください。

新卒1年目のビジネスパーソンにおすすめの転職エージェント4選

新卒1年目のビジネスパーソンにおすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

新卒1年目のビジネスパーソンにおすすめの転職エージェント

これらの転職エージェントは、20代や第二新卒の転職をメインにサポートしています。

就労経験の短さから、キャリアビジョン・キャリアプランの描き方が分からないビジネスパーソンにも丁寧に教えてくれるため、適性が分からない人にも利用をおすすめできます。

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC

就職カレッジは、20代の転職サポートに定評がある転職エージェントです。

フリーターや大学中退者、高卒、第二新卒といった社会人経験の少ないビジネスパーソンをサポートし、未経験から正社員就職を目指す活動を行っています。

2005年から始まった当サービスで、現在33,000人以上が正社員就職を果たし、新たなキャリアを歩んでいます。入社後定着率92.21%と、高い支援実績を残している転職エージェントです。

入社までのサポートはもちろん、入社後の悩み相談も実施しているため、長く外部の専門家にサポートしてもらいたいビジネスパーソンにおすすめできます。

サービス概要
サービス名就職カレッジ
運営会社株式会社ジェイック
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域東京、大阪など全国
公式サイトhttps://www.jaic-college.jp/

関連記事:就職カレッジの評判・口コミはやばい?やめとけ?使いこなすコツを担当者へインタビュー

キャリアスタート

キャリアスタート

キャリアスタートは「すべての若者が輝く社会を作る」をコンセプトに掲げる転職エージェントで、新卒就職支援と第二新卒・既卒支援の二軸運営を特徴としています。

サービス登録者数68,165名で、内定率86%、定着率92%と、求職者ニーズとの高いマッチングが魅力の転職エージェントといえます。

また、転職エージェントならではの非公開求人・高待遇求人の紹介などにより、年収が上がった割合が83%を越えています(前職年収300万円以下の人材が理論年収300万円以上の転職を実現した割合)。

特に求職者ニーズと求人のマッチング精度の高さに人気があるため、求人数よりも自身に合った求人を紹介してもらいたい人におすすめの転職エージェントです。

サービス概要
サービス名キャリアスタート
運営会社キャリアスタート株式会社
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://careerstart.co.jp/

関連記事:キャリアスタートの評判・口コミはやばい?サービスの特徴や利用するメリット・デメリットを徹底解説

安定のお仕事

安定のお仕事

安定のお仕事は、20代の未経験転職に特化した転職エージェントです。

フリーター・第二新卒・非大卒の人材をメインに転職サポートを行っており、正社員への転職をアシストしています。

求人数は1万件以上、内定取得率98%、定着率95%と、高い就職支援実績を保有しているのが特徴です。

他の20代特化型の転職エージェントと比較して特筆すべき点として「ホワイト企業への就職に力を入れている点」が挙げられます。

大企業やメーカー、官公庁で正社員として働きたい人材を強くサポートしており、「残業が少なく、年間休日120日以上」といった高待遇求人を多く保有しています。

スキル・経験は少ないが、大企業・メーカーなどでホワイト社員として働きたい方におすすめの転職エージェントです。

サービス概要
サービス名安定のお仕事
運営会社株式会社安定のお仕事(MAPグループ)
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://map-on.co.jp/antei

【関連記事】安定のお仕事のリアルな評判・口コミからわかるメリットとデメリット

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する業界最大手の転職エージェントです。

圧倒的な求人数と転職支援実績で、業界不動の人気を誇っています。キャリアアドバイザーによる応募書類の添削、面接対策、独自調査で蓄積された業界分析・企業分析情報の提供など、幅広くサポートしてくれるのが特徴です。

保有する非公開求人も多いため、転職を機にキャリアアップを図りたいビジネスパーソンは、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーから業界事情をヒアリングし、自信が描くキャリアビジョン・キャリアプランに沿う求人を紹介してもらうのがおすすめです。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数395,821件
非公開求人数347,727件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年5月15日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

新卒1年目におすすめの転職エージェント活用法

新卒1年目のビジネスパーソンにおすすめの転職エージェント活用法が下記になります。

新卒1年目におすすめの転職エージェント活用法
  • すぐに転職したい旨を伝える
  • 担当者との連絡はこまめに行う
  • 面接対策を徹底する
  • 応募書類の質を高める
  • サポートが弱い担当者はすぐに変えてもらう
  • 複数の転職エージェントに登録する
  • 転職サイトも活用する

それぞれ詳しく解説します。

すぐに転職したい旨を伝える

初回面談時や、メッセージのやり取りの中で、担当者に「すぐに転職したい旨」や「転職に対する熱意」を伝えることが大切です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは何十名・何百名の求職者を担当しているため、全ての求職者に等しく対応するのではなく、優先順位をつけて対応しています。

対応する優先順位の高い求職者は、当然転職する見込みが高い人になるため、「条件に合う求人があればすぐに準備を始めたい」といった意思を伝えることがポイントになります。

初回面談時には希望条件や保有スキルもしっかり伝えることが大切です。

担当者との連絡はこまめに行う

担当者との連絡をこまめに行うことで、転職への熱意を伝えることができます。

初回面談が終わった後も疑問点や質問などをメッセージで送り、フィードバックに対して行った行動などを報告しましょう。

求人紹介などが順調に進めば、応募書類の添削や面接対策など、必然的にコミュニケーションが増えていくため、はじめにいかに多く連絡が取れるかが肝になります。

面接対策を徹底する

個人の経験にもよりますが、新卒1年目のビジネスパーソンは面接など、対人コミュニケーションの場数を踏んでいないため、他の第二新卒よりも面接対策に力を入れましょう。

転職では新卒入社とは違い、「何をしてきたか」よりも「これから何ができるか」を細かく聞かれることになります。

したがって、転職理由を明確にし、応募先企業に貢献できる人材であることをアピールできるようになる必要があります。

応募書類の質を高める

特筆すべきスキル・経験がなくても、応募書類の質は高めることができます。

例えば業界・業種でよく使われる文章の言い回しや、採用担当者が聞きたい内容などは、転職エージェントのキャリアアドバイザーがよく知っています。

したがって、応募書類の内容も添削してもらい、どのような表現に調整すると良いのか、といった細部にまで気を配ることが重要です。

サポートが弱い担当者はすぐに変えてもらう

初回面談時のアピールを怠ったり、普段のコミュニケーションを疎かにしたりしていると、担当者のサポートが弱くなってしまうことがあります。

転職エージェントを利用する目的は、効率的に待遇条件の良い求人と出会うことであるため、サポートが弱い担当者に時間を使うのはもったいないことです。

そうした状況に陥ってしまった場合は、運営側に担当者変更の依頼を行うか、他の転職エージェントを活用すると良いでしょう。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントには、幅広い求人を紹介する総合型転職エージェントと、特定の分野・領域に精通している特化型転職エージェントの2つがあります。

しっかりとキャリアビジョン・キャリアプランを描き、進むべき道が決まっているビジネスパーソンは本命を特化型転職エージェントで想定し、幅広い求人に触れるための手段として総合型転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

また、複数の転職エージェントに登録しておくことで、担当者のサポートが弱い場合でも、もう一方の転職エージェントでスムーズに転職活動を進めることができます。

時間を無駄にしないためにも、リスクヘッジとして複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

転職サイトも活用する

より多くの求人に触れるために、転職サイトの活用もおすすめします。

業界や業種、雇用条件などをフィルタリングすることで、希望に合った求人を効率的に探すことが可能です。

転職エージェントでサポートを受けると同時に、自信でも情報収集を行うことがポイントになります。

新卒1年目の転職でよくある質問

最後に新卒1年目の転職でよくある質問にお答えします。

どのタイミングで転職するのがおすすめ?

新卒1年目でも転職はできますが、2~3年目がおすすめです。

1年間を通して相性が悪いと感じた場合、すぐにでも転職をしたいと考える方が多いですが、2~3年目の方がスキルや経験が身に付くので、転職しやすくなります。

スキルや実績がなくても転職は可能?

可能です。ただし、企業の選択肢はかなり狭くなると予測されます

というのも、スキルや経験がない人材を中途採用するメリットが少ないからです。

なので、スキルや経験が身に付いたタイミングで転職するのがいいでしょう

在職中に転職活動したほうがいい?

在職中の転職活動がおすすめです。

新卒1年目で転職をする場合、すぐに就職先が決まる可能性は低いからです。

新卒1年目で転職する方は、長期的な活動を考えましょう。

まとめ|新卒1年目の転職を成功させるには事前の準備が大切

新卒1年目で転職を成功させるには、書類選考や面接選考対策などの事前準備が大切です。

新卒1年目の転職は難しいと解説しましたが、きちんと自己分析を行い、情報を集め、選考対策ができれば成功します。

新卒1年目の転職に不安や悩みを抱える方は、転職エージェントに相談して、より成功率が高まる活動をしましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。