50代転職の現実は厳しい?厳しい理由や成功させるコツを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

50代は主に役職に就いたり、中間管理職などのポジションに定着したりしている年代です。

50代の転職は一般的に厳しいといわれています。一方で、50代で転職を成功させている人がいることも事実です。

では、50代転職の現実はどうなのでしょうか。

本記事では、50代転職の現実について紹介し、転職成功のコツや注意点について解説します。

50代で転職を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

関連記事:50代におすすめ転職エージェント18選|転職成功のコツを徹底解説

目次

50代転職の現実は厳しい?

一般的に50代の転職は厳しいといわれています。

主に年齢が理由といわれていますが、他の要因について解説していきます。

関連記事:50代からの転職は無理といわれる5つの理由!必要なスキルや資格を徹底解説

50代の人材を求める会社が少ない

50代転職の現実として、50代などのミドル層の採用に積極的な企業が少ないことが挙げられます。

※厚生労働省「中途採用に係る現状等について(令和元年)」をもとに作成

上記のように、35歳以上の人を「積極的に採用したい」「良い人がいれば採用したい」という回答が半分以上なのに対し、50代以上は「採用を考えていない」が過半数の結果になりました。

このようにミドル層の転職は、採用ニーズが低い傾向にあります。

ハイレベルのスキルを求められる

50代の転職ではハイレベルなスキルが求められます。

企業は即戦力となる50代の人材に期待しており、特に専門知識や豊富な経験をもつ人材を重視する傾向です。

以下のグラフでも、スキルをもつ50代の方が活躍しているとわかります。

引用元:一般社団法人日本人材紹介事業協会|活躍するシニア 5つのタイプ

たとえば、特定の業界でのマネジメント経験や最新の技術トレンドに対応できるスキルが求められるケースが多いです。

これらのスキルがないと、50代の転職は難しいでしょう。

特に、未経験の仕事に挑戦するのは難しいです。未経験の仕事は、育成した後に企業に長く貢献できる20代を採用する企業が多いためです。

そのため、50代の転職では即戦力として活躍できるハイレベルのスキルが求められます。

若年層に比べて年収が高い

50代の転職者は、若年層に比べて年収が高い傾向があります。

これは長年の経験や実績に基づくもので、企業もその価値を認識しています。

20代と50代の平均年収
  • 20代:375万円
  • 50代:602万円

【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

しかし、50代の高い年収が転職活動の障害になることもあります。

入社して必ず活躍できるとは限らないため、50代の転職者に高い給与を支払うことに慎重になる場合があるためです。

50代の転職では自身の市場価値を正しく理解し、年収に見合ったスキルを身につけていることをアピールすると転職に成功しやすいでしょう。

後述する「50代の転職におすすめの転職エージェント」で自身の市場価値や、転職しやすい仕事を提案してもらえる可能性があるため、利用してみてください。

定年退職までの勤続年数が短い

定年退職までの勤続年数が短いことも50代の転職が難しい理由のひとつです。

仕事を覚えても約10年ほどで定年退職を迎えてしまいます。

採用コストに対する利益を考えると、仕事を覚えてきた段階で退職を迎えることは、企業側にメリットがあまりありません。

企業側は、「長く働いてほしい」と考えているため、若手を選ぶ傾向にあります。

体力低下や健康面が企業から不安視される

年を重ねるごとに体力が衰えてしまうことも、50代の転職が難しい要因です。

若手と比べると、「職場への適応や仕事に慣れるまでに時間がかかるのでは」と心配される場合があります。

もちろんスキルや経験にもよりますが、年を重ねるごとに転職が厳しくなることを念頭に置いておきましょう。

関連記事:50代で未経験転職は厳しい?スキルなしでも転職できる方法を解説

50代転職の実情

50代の転職が厳しいといわれていますが、実際の転職事情はどうでしょうか。

以下の項目について解説します。

労働環境や年収などの希望のこだわりが強い

50代の転職において、労働環境や年収等の条件へのこだわりの強い方が多い傾向にあります。

これまでの経験やなどのキャリアがあり、給料や労働条件を今までと同様か、それ以上の待遇を求めがちです。

50代の転職で前職と同じ待遇を求めるのは、厳しいといえるでしょう。

企業は50代の人材に、マネジメント能力やリーダーシップを求めているので、知識とスキルをアピールする姿勢が必要といえます。

50代で転職したいという方は増えている

50代の転職は増加傾向といえます。

(参考:労働力調査|総務省統計局

上のグラフを見ると、2017年から2019年まで上昇傾向になり、2020年から2021年で減少傾向となっていることがわかります。ですが、2022年から上昇をはじめています。

65歳以上の数値はほとんど変わりませんが、55~64歳以上は上昇傾向にあります。

つまり、50代の転職希望者が増えているのです。

50代の転職後の年収

50代の転職で年収はどのように変化するのでしょうか。

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況」によると、50代後半には各段に「年収が下がった」と回答した方が多くなる結果でした。

50代で転職を考えている方は、年収が下がる可能性があることを念頭に置いておきましょう。

参考:「令和3年雇用動向調査結果の概況」|厚生労働省

50代が転職にかかる期間

50代の転職は長期戦になる傾向にあります。

以下のデータを見ると、50代の方は約30%が転職に半年程度かかったと回答しています。

また、半数の方は半年未満で転職に成功していますが、中には1年程度かかっている方もいます。

1年程度かかる方の割合が他の年代よりも高いことから、転職に苦戦している方が他の年代よりも多いといえるでしょう。

転職にかかる期間はおおよそ半年ほど想定しておいたほうがよいかもしれません。

引用元:ミドルに聞く「転職活動期間」実態調査|エン・ジャパン

50代からの転職ですぐ決まる人の特徴

50代の転職は難しいといわれていますが、転職がうまくいっている方もいます。

転職がうまくいく人は以下のような項目の特徴があります。

経験や実績や資格を豊富に持っている

50代の転職がうまくいく方の特徴は、経験や資格が実績を豊富に持っている特徴があります。

経験やスキルを豊富に持っている方は、転職がうまくいくことが多いです。

経験や実績は50代だからこその強みといえます。

ここで重要なのが、その経験や実績をアピールすることです。

企業が50代に求めるものは経験値であり、評価される経験や実績を積んできた方は転職に成功しやすいです。

転職回数が多くない

転職回数が多くない方は転職がうまくいきやすい傾向にあります。

転職回数が多いと、「長く働いてくれない」といったマイナスな印象を与えてしまうリスクがあります。

むやみに転職するとこのような影響があるので、転職の際はしっかり検討してから行動しましょう。

マネジメント力に長けている

50代で転職がすぐ決まる方は、マネジメントスキルに長けている特徴があります。

企業が50代に求めるものは「組織管理力」です。マネジメントスキルは50代が他の年代と区別できる点であり、マネジメントスキルを持っていると採用を前向きに考えてもらいやすいです。

50代だと、経験やポジションから人をまとめる機会が多いため、企業は人をまとめられる能力を持つ人材を求めています。

転職をうまく進めるためにはマネジメントスキルを身につけるとよいでしょう。

50代からの転職でなかなか決まらない人の特徴

50代で転職が決まらない人は以下の項目の特徴に当てはまる方です。

それぞれについて解説します。

自分の市場価値を把握できていない

転職がなかなか決まらない方は、自分の市場価値を理解できていないという特徴があります。

自分の考えている市場価値と実際の市場価値に差があると、転職活動がうまくいかない傾向にあります。

自分の市場価値を理解することで、50代の転職を成功させられるのです。

「企業は何を求めているか」、この部分を理解し、自分の市場価値と照らし合わせましょう。

関連記事:自分の市場価値を知る方法は?すぐにできる調べ方やおすすめの診断サービスを解説

希望条件のこだわりが強すぎる

希望条件のこだわりが強すぎると50代の転職がうまくいきにくいです。

50代の方が転職をうまく進めるには、希望条件にこだわりをあまり持たず、年収や待遇が下がることを恐れずに転職活動をしていく必要があります。

転職成功率を上げるには、雇用条件や年収にこだわりをもたないことが大切です。

自分の強みが理解できていない

自分の強みが理解できていない方は50代の転職活動をうまく進められません。

転職の際に自分の強みを理解していないと、自身をアピールできず、企業にもどういった人材なのか理解してもらえません。

自分の強みは自己分析をおこなうと把握できます。自己分析をして自分の強みを理解しましょう。

周りの人に相談しない

転職について誰かに相談しない方は、転職がうまくいかない傾向にあります。

転職において誰かに相談することはとても重要です。

50代の転職者は自分の考え方が確立しており、周りの人に相談できない方もいます。

親しい人や家族に相談しアドバイスや体験談を聞いて、転職を進めていきましょう。

プライドが高い

プライドが高い方は、転職が決まらないケースがあります。

企業は新しい環境に適応できる人材を求めており、プライドが高いと「適応力が欠けている人」と判断されるからです。

たとえば、自分のやり方に固執しすぎて企業の新しい方針に順応できない場合、すぐに辞めてしまう可能性があるでしょう。

また、若い人材と仕事をする際に、意見の衝突やコミュニケーションの問題が生じ、チームワークが乱れることも考えられます。

プライドが高い50代の方はこうしたイメージをもたれやすく、なかなか転職できない場合があります。

50代で転職するときは柔軟性をもち、若い人材と一緒に働けることをアピールするのがコツです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

50代の転職で失敗しないために気をつけることとは?

50代の転職において注意しなければならないことがあります。

注意しなければならない点は以下の点です。

一人で転職活動を始めない

転職活動において、1人ではじめることはおすすめしません。

理由は客観的な視点で自分を見つめ直せないからです。

あくまで、主観的な分析となり、自分の強みやアピールポイントが明確化できません。

転職活動を進める際は、転職エージェントなどを活用すると客観的な視点で自己分析でき、転職活動を有利に進められます。

企業との相性を図る

入社前に企業との相性を入念に確認しておくことは重要です。

職場環境や人間関係、社内の雰囲気を知っておくことは入社前に知るべき点です。

雰囲気や人間関係が合わないと居心地が悪く感じてしまうので、社内の雰囲気や職場環境を知り、自分と企業との相性を確かめるようにしてください。

退職してから転職活動をはじめない

50代の転職は退職してから転職活動をしないようにしましょう。

退職してから転職活動をはじめてしまうと、収入が止まってしまい、早く決めなけらばならないというプレッシャーや不安定な収入によって安心して転職活動がおこなえません。

ですので、在職中に転職活動をおこなうことをおすすめします。

年収が下がる可能性も理解する

50代の転職では、年収が下がる可能性を理解しておきましょう。

企業のなかには経験豊富な50代の人材に高い期待を寄せる一方で、高い給料を支払うことをためらう企業もあります。

どうしても年収アップしたい場合は、初年度の年収を低めに打診して、成果に応じて昇給を求めると良いでしょう。

また、転職の選択肢を広げるためにも、現実的な年収の求人に応募するのがおすすめです。

自分のスキルや経験に見合った年収を把握して、それに見合った求人を探してみてください。

適正年収がわからない場合は、50代に強い転職エージェントに診断してもらえるため、利用してみましょう。

役職にこだわらない

50代での転職活動では、役職にこだわらないことが重要です。

長年のキャリアで管理職やリーダーのポジションを経験してきた方もいると思いますが、転職先では新たなスタートとなります。

まずは、企業での仕事に馴染むことを優先しましょう。

企業も50代の豊富な経験を求めていますが、最初から高い役職を約束することは稀です。

たとえば、最初は専門的なスキルを活かせるポジションで貢献し、その後の評価に応じて昇進を目指すと良いでしょう。

役職にこだわりすぎないことで、転職に失敗しにくくなります。

中小・ベンチャー企業も選択肢に入れる

50代の転職活動では、中小・ベンチャー企業も選択肢に入れてみてください。

大企業は新卒や若手の採用に力を入れており、50代の採用は難しい場合があるためです。

多くの中小企業やベンチャー企業は成長を目指しており、即戦力としての豊富な経験をもつ人材を求めています。

過去のプロジェクトで培った問題解決能力やリーダーシップを発揮できる場面があるでしょう。

自分の経験やスキルを活かし、中小・ベンチャー企業での活躍を視野に入れることで、転職の失敗を防ぎやすくなります。

関連記事:中小企業への転職におすすめの転職エージェントの選び方から求人の探し方まで解説
ベンチャー・スタートアップ企業向け転職エージェントおすすめ19選【比較】選び方や特徴・評判を解説

50代の転職を成功させるためのコツ

50代の転職をうまく進めるコツは何なのでしょうか。

以下の項目で解説します。

上記のコツを身につけることで、転職活動を有意義に進められますので、参考にしてみてください。

転職先に実績や経験・資格など有用なものをアピールする

転職先に有用な資格や経験・実績をアピールできると転職に成功しやすいです。

50代の転職において、経験やスキルは必須になります。

企業にアピールする際にも、具体的な実績などのアピール材料を用意しましょう。

どのように実績を獲得できたかなどを自分の言葉でアピールできれば、採用担当者からの好印象を得られます。

マネジメント経験をアピールする

50代の転職活動では、マネジメント経験をアピールしましょう。

マネジメントができると組織で成果を挙げられるため、多くの企業で需要があります。

具体的には、マネジメントスキルを活かしてどのようなプロジェクトを成功させたのか説明しましょう。

 マネジメント経験をアピールする例文

前職で、Web広告を使ったマーケティングプロジェクトのマネージャーを任された経験があります。

ABテストの結果や新しい施策をチーム全員に共有させ、週2回のミーティングも徹底しました。

その結果、Web広告を使って月に1,000名の見込み客リストを獲得できるようになりました。

このような経験を伝えるとマネジメントで貢献できることをアピールできて、採用される可能性が高まります。

転職先の選択肢を広げていく

50代の転職を成功させるコツとして転職先の選択肢を広げるとよいでしょう。

たとえば、大手企業だけではなくベンチャー企業や中小企業も転職の視野に入れることで、転職先の幅を広げられ、転職成功率を上げることが可能です。

将来性あるベンチャー企業には、大手企業から転職してくる方もいるので検討してみる価値は大いにあります。

転職条件に強いこだわりを持たない

転職条件に強いこだわりを持たないことは50代の転職においてのコツといえるでしょう。

転職活動において、こだわりが強すぎると転職先の幅を狭めてしまう可能性があります。

待遇や年収が下がることを許容して転職活動をおこなうことで、転職成功率を上げることが可能です。

転職エージェントを複数活用する

50代の転職で転職エージェントの利用は必要不可欠です。

転職エージェントを利用することで、書類添削や面接対策などのサポートを受けられるメリットがあり、求人の紹介やスカウトを受け取れることもあります。

日程調整や条件交渉など、自分では時間のかかる作業を転職エージェントが代行してくれるので、大きな負担がなく転職活動をおこなえます。

50代の転職活動を成功させるコツの1つといえるでしょう。

関連記事:転職成功には転職エージェントの複数利用がおすすめ!併用するデメリットや併用すべきタイミングも解説

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

【男性向け】50代からの転職におすすめの職種

50代の男性が転職する際、おすすめの職種は以下のとおりです。

50代男性の転職におすすめの職種

これらの職種は経験やスキルを活かせるだけでなく、需要も高いため、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

営業職

仕事内容新規顧客の開拓
プレゼンテーション
契約手続きなど
営業職の種類個人向けの営業
法人営業
ルート営業など
50代の平均年収695万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

営業職は50代の男性にとって魅力的な職種です。

営業職の魅力
  • 人材が不足しているため採用されやすい
  • 売上に応じてインセンティブが支給される企業が多い

令和6年4月の営業職の有効求人倍率は2.09倍です。

【参考記事】厚生労働省|一般職業紹介状況(令和6年4月分)について

一人の求職者に対して2件以上の求人がある状態なので、50代の方でも転職できるチャンスがあるでしょう。

また、多くの企業が営業力を重視しているため、営業職の経験者であれば即戦力として採用されやすいです。売上などの数値をアピールすると、採用担当者に対して自分の強みを伝えられます。

営業職の未経験者であっても、人脈が多ければ採用されることがあります。豊富な見込み客を期待できるため、興味を示す採用担当者もいるでしょう。

関連記事:営業職の転職に強いおすすめ転職エージェント徹底比較17選|失敗しない選び方と転職成功のコツを解説

製造業

仕事内容生産ラインでの作業
品質管理
機械のメンテナンスなど
製造業の種類自動車製造
電子機器製造
食品製造など
50代の平均年収481万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

50代で未経験から製造業に転職するのもおすすめです。

製造業は人材不足であり、新しい人材を積極的に採用する企業が増えています。

引用元:経済産業省|第2節 人手不足が進む中での生産性向上の実現に向け、「現場力」を再構築する「経営力」の重要性

令和6年4月の製造業の有効求人倍率は1.53倍で、人材不足であることがわかります

【参考記事】厚生労働省|一般職業紹介状況(令和6年4月分)について

製造業はチームワークが必要な仕事なので、50代の方がもつコミュニケーション能力やリーダーシップを活かせます。

これらのスキルを活かして新しいキャリアを始められるため、製造業がおすすめです。

関連記事:製造業に強いおすすめの転職エージェント11選!選び方や活用方法も解説

ドライバー

仕事内容自動車の運転
お客様の対応
車両の点検など
ドライバーの種類バス
タクシー
トラック
50代の平均年収453万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

50代の男性にとって、ドライバーも魅力的な仕事です。

物流業界は常に人手不足であり、50代の方でも転職しやすいです。

引用元:経済産業省・国土交通省・農林水産省|我が国の物流を取り巻く現状と取組状況

大型車両の運転経験や安全運転の実績がある方は、即戦力として採用されやすいでしょう。

定年後も継続して働けるケースが多く、年齢を重ねても長く勤められる職種です。

近年は免許の取得費用を負担してくれる企業も増えているため、普通自動車免許しか取得していなくても転職できることがあります。

ドライバー職は、50代の方がもつ経験やスキルを活かせる職種なので、新しいキャリアとしておすすめです。

【女性向け】50代からの転職におすすめの職種

50代の女性が転職する際におすすめの職種は以下のとおりです。

50代女性におすすめの職種

こちらもひとつずつ紹介していくので、転職の参考にしてみてください。

事務職

仕事内容電話応対
書類作成
データ入力
来客対応など
事務職の種類一般事務
医療事務
営業事務
経理事務など
50代の平均年収535万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

事務職は多くの企業で必要とされる仕事です。土日が休みで残業が少ない事務所が多いため、プライベートとのバランスをとりやすいのがメリットです。

以下のようなスキルがあれば、即戦力として採用される可能性があります。

事務職に必要なスキル
  • 電話対応力
  • パソコンスキル
  • 書類管理のスキル
  • コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が高く、チームの調整役としても活躍できる50代の女性におすすめの仕事です。

関連記事:事務職に強い転職エージェント・サイト4選【未経験OK】転職成功のポイントや注意点

サービス業

サービス業の種類販売スタッフ
旅館のスタッフ
飲食店のホールスタッフなど
仕事内容接客
レジ対応
清掃など
50代の平均年収462万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

サービス業は人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力や対人スキルが求められます。

50代の女性がもつ対人スキルや落ち着いた対応が評価されて、採用されることがあるでしょう。

また、パートタイムやシフト制の職場が多いため、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのも魅力です。

関連記事:接客業に強い転職エージェントおすすめ10選|選び方や必要なスキルを解説

介護職

介護職の種類施設介護員
ホームヘルパー
デイサービススタッフなど
仕事内容食事や入浴の介助
清掃や洗濯
レクリエーション活動など
50代の平均年収383万円(※)
(※)【参考記事】厚生労働省|賃金構造基本統計調査より計算

介護職も50代の女性におすすめの仕事です。

高齢化によって需要が高まっており、50代の女性にも働くチャンスがあります。

引用元:総務省統計局|人口減少社会、少子高齢化

介護職は未経験でも始められる職種であり、研修制度や資格取得支援が充実しているため、安心して新しいキャリアに挑戦できます。

また、介護職は人の役に立つ実感を得られる仕事であり、やりがいや達成感を感じやすいでしょう。

そのため、50代で転職を考える女性の方は、転職先のひとつとして検討してみてください。

関連記事:介護職向け転職エージェントおすすめ10選|資格・施設別に徹底比較【2024年最新】

50代の転職におすすめの転職エージェント

50代の転職に転職エージェントは欠かせないサービスです。ですが、さまざまな転職エージェントがあり、どれを利用すればよいかわからない方も多いと思います。

そこで、50代の転職においておすすめの転職エージェントをご紹介します。

関連記事:50代におすすめ転職エージェント15選|転職を成功させるポイントを解説

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチの特徴
  • ハイクラスから中小・ベンチャー企業まで幅広い求人を保有
  • ほかの転職エージェントにない有料プランの提供
  • スカウトサービスとヘッドハンターのサポートといった2種類の方法での転職が可能

ビズリーチは即戦力に特化した会員制の転職エージェントです。

ハイクラスからベンチャー企業、中小企業まで幅広く取り扱っています。

ビズリーチは独自の審査を通過した人材のみが登録でき、他の転職エージェントで出会うことのできない求人があることはビズリーチの強みといえるでしょう。

ミドル層の転職で多くの成功実績を獲得していることから、50代の転職でおすすめの転職エージェントといえます。

サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 初めての転職エージェントにおすすめ
  • 定評のあるサポート力
  • 夜間や、土日での利用が可能(9:30~17:30)

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントです。

マイナビエージェントはサポート力に定評があり、各業界に精通したキャリアアドバイザーが専任で最適な求人を提案してくれます。

さらに、求人票には載っていない情報を伝えてくれる企業担当アドバイザーが、転職活動を全面バックアップしてくれるというサービスは他の転職エージェントにない強みです。

夜間と土日も営業しているので、自分の都合のよいときに利用ができます。

50代で初めての転職を検討している方におすすめです。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数60,755件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 転職が初めての方におすすめの転職エージェント
  • 定評のあるサポート力

リクルートエージェントは総合型の転職エージェントです。

さまざまな業種の求人を保有しており、求人数は業界最大級を誇ります。

リクルートの独自サービスとして、会員登録した方のみ受けられる面接力向上セミナーを開催しており、充実したサポートを受けることが可能です。

そのほかに書類添削などのサポートが充実しており、転職エージェント選びで迷ったらリクルートエージェントを利用してみるとよいでしょう。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

doda

doda
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数
  • 転職市場に精通したサポート
  • 転職が決まるまで一切のサービスが無料

dodaは業界最大級の求人数を誇る総合型の転職エージェントです。

dodaはサポート力に定評があります。転職者に対し、キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当という専門スタッフが就いて、転職のサポートをおこないます。

採用プロジェクト担当は、企業の人事と同じ目線で求人を紹介してくれます。

直接採用担当者とコミュニケーションをとり、さまざまな事情に精通し求人情報に載らない情報を提供します。

また、転職が決まるまで完全無料といったサービスがほかの転職エージェントと違う部分でしょう。

50代で転職エージェント選びに迷ったら一度候補に入れてみてください。

サービス概要
サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 251,833件
非公開求人数 39,772件
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda.jp/
2024年7月1日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

50代転職においてよくある質問

ここでは、50代の転職でよくある質問に回答していきます。

50代で転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

50代の転職で管理職になれる?

50代の転職で管理職になることは可能です。

企業は50代の転職に対して組織を引っ張る人材を求めています。

マネジメントスキルを身につけると、より転職の際によい印象を与えることが可能です。

ぜひ身につけていきましょう。

50代未経験から別の業界に転職できる?

50代未経験から別の業界に転職することは可能です。

もちろん、資格やスキルが必要な業界もありますが、慢性的に人手が不足している業界などは比較的転職しやすいといえます。ぜひ検討してみてください。

50代女性の転職は男性に比べて厳しい?

50代女性の転職は男性に比べて厳しいといえます。

ですが、雇用形態や自分自身の持つスキルが活かせる仕事を見つければ、十分転職することが可能です。

50代女性の転職についてさらに知りたい人は以下の記事で詳しく掲載しているので、ご参照ください。

関連記事:50代女性で資格がなくても転職できる?おすすめの資格・成功のポイントを解説!

50代で転職するのはみじめ?

人によって、50代の転職がみじめと感じる人もいるそうです。

50代の転職がみじめにならないようにするための業種選びや、対処法について以下の関連記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:50代の転職はみじめと言われている理由は?| 特徴やみじめと思わないための方法も解説

50代で転職できる確率は?

厚生労働省の令和4年の調査によると、50代の転職率は以下のとおりです。

年齢男性女性
50〜54歳5.1%9.6%
55〜59歳5.7%7.3%
【参考記事】厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概況

50代全体では5〜9%の方が転職しています。

転職する方は決して多くありませんが、転職先の選択肢を広げ、自分のスキルを適切にアピールすれば転職に成功できる可能性があります。

年齢よりも経験やスキルを重視する企業であれば、豊富な経験や人脈、マネジメント経験などをアピールするのがコツです。

50代に強い転職エージェントを活用しながら、転職活動を進めていきましょう。

まとめ

50代の転職の現実は決して楽とはいえないでしょう。

ですが、新しいことに挑戦できる残り少ないチャンスともいえます。

もちろん、年収が下がってしまうなどのリスクもありますが、挑戦する価値は大いにあります。

スキルを取得する、自分のことを見つめ直すなどをおこない、よりよい転職活動をおこないましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
41.9万件
非公開求人数
36.2万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
6万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
25万件
非公開求人数
3.9万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。