50代で未経験転職は厳しい?スキルなしでも転職できる方法を解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

50代でも転職は可能?

50代で未経験の業界に挑戦できる?

転職は、20代や30代がおこなうケースが多いイメージをもたれがちです。

しかし、なかには50代の中高年でも転職を検討している人は少なからず存在します。

ただ、50代ともなると転職は難しいのではと考える人もたくさんいるのではないでしょうか。本記事では、50代の転職状況と、年齢に影響せずに転職できる方法を解説します。

現在、50代で転職を考えている方は、自分の求めている企業に出会うためにも内容を参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:未経験転職に強い転職エージェントおすすめ10選|未経験へ転職する時のポイント

目次

現在の50代の転職状況は?

転職を50代でおこなうのは、一般的には難しいといわれています。

厚生労働省により、令和4年度の「年齢階級別転職入職率」が男女別で調査されました。50代前半と後半の調査結果は以下のとおりです。

引用元:3 転職入職者の状況|厚生労働省
年齢転職率(男性)転職率(女性)
50~54歳5.1%9.6%
55~59歳5.7%7.3%

40代と比較しても転職率に大差はありませんが、20代や30代前半と比べると数%程度の差が出てきているのがわかります。

また、同じく厚生労働省が50代の人々が転職をおこなった理由を調査したところ、以下のような結果が出ました。

転職理由50~54歳
(男性)
55~59歳
(男性)
50~54歳
(女性)
55~59歳
(女性)
仕事の内容に興味を持てなかった1.8%4.7%4.6%8.4%
能力・個性・資格を生かせなかった6.7%3.4%7.7%3.9%
職場の人間関係が好ましくなかった14.9%4.8%12.4%12.1%
会社の将来が不安だった6.6%5.3%3.0%4.6%
給料など収入が少なかった5.0%12.1%3.9%5.7%
労働時間・休日などの労働条件が悪かった3.3%3.5%7.2%7.4%
結婚0.0%-0.2%0.0%
出産・育児----
介護・看護0.3%0.6%1.6%2.2%
その他の個人的理由14.7%16.3%25.7%23.3%
引用元:転職入職者が前職を辞めた理由|厚生労働省

50代の転職にはさまざまな理由が挙げられます。その他の個人的な理由を除き、ほとんどの年代で多かった転職理由が、職場の人間関係によるものでした。

50代後半の男性でとくに多い理由は、給料などの収入面が該当します。50代は定年退職までの期間が短い印象ですが、未だに仕事に関する将来を考えている人が多く存在します。

50代が未経験で転職するのは厳しいといわれる理由

転職を50代で検討すると、どうしても年齢の問題により厳しいのではという声は多くあがるでしょう。

しかし、50代の年齢で転職が難しいといわれるのには、ほかにもさまざまな理由が存在します。

考えられる理由は、以下のとおりです。

  • 年齢的に扱いづらいイメージがあるから
  • 中高年は積極的に採用されないから
  • 50代で未経験可能な求人が少ないから
  • 未経験の業界になじみづらい傾向にあるから
  • 定年までの期間が短くなるから

ひとつずつ解説します。

年齢的に扱いづらいイメージがあるから

50代での転職が難しいといわれる理由として、年齢的な問題が挙げられます。

50代となると、現役で働いている社会人のなかでは上の世代です。転職先の社員のほうが若い場合、業界のなかでは先輩だとしても、会社に馴染めないのではと思われる可能性があります。

また、50代ともなると、ほかの世代とくらべて生まれてきた時代が違います。過ごしてきた時代が違えば、常識や価値観などの相違もでてくるかもしれません。

企業側が、話が合わず衝突するリスクなどを考えていることが予測されます。

中高年は積極的に採用されないから

50代の転職が難しいといわれる理由として、中高年の採用を積極的におこなっていない可能性が考えられます。

厚生労働省が調査した「中途採用の年齢別の採用方針」では、以下のような結果が出ました。

引用元:中途採用の年齢別の採用方針|厚生労働省

求職者が35歳未満の場合、「積極的に採用を強化したい」と考えている企業は40%を超えています。しかし、45歳以上55歳未満では同割合が約3%、55歳以上では1%という数値が出ました。

以上の結果から、企業側は50代の求職者をあまり積極的に採用していないことが予測されます。

50代で未経験可能な求人が少ないから

転職が50代では厳しいといわれる理由として、未経験可能な求人が少ないことが考えられます。50代の場合、体力的な面も懸念されるため、未経験の仕事をいちから覚え直すのが難しいとされるためです。

未経験可能な求人は、基本的に若い世代を積極的に採用します。

扱いづらいイメージがある項目でも説明しましたが、50代相手に十分な指導などをおこなえる企業は少ないとされているのです。

未経験の業界になじみづらい傾向にあるから

50代の転職が厳しい理由として、未経験の業界になじみづらいことも予測されます。長年勤務していた職場から離れ、50代で新しい業界や職場で仕事をするとなると、なじむのに時間を要すると考えられるためです。

同業の仕事で職場のみを変える転職であれば、今まで培ってきた経験をもとに引き続き活躍ができるかもしれません。

しかし、未経験の職種になじむには、年齢的にも体力的にも難しい傾向にあります。未経験の業界に転職するのであれば、若い世代の方が有利といえるでしょう。

定年までの期間が短くなるから

定年までの期間が短くなるのも、転職が50代で難しいといわれる理由です。

定年までの期間が短くなればなるほど、転職先での長期的な活躍があまり期待されなくなり、採用率が下がるのではないかと予測されます。

積極的に採用している企業は、即戦力のほかに長い期間貢献してくれる人材を探しています。50代では、長くても10年前後の活躍しか期待されず、採用してもあまり意味を成さないのではと思われてしまうのです。

50代で転職活動をおこなう場合は、できるだけ長く働くことをアピールする必要があります。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職が失敗してしまう50代の特徴

50代で転職がうまくいかない場合、中高年ならではの原因も含めてなにかしらの理由があるかもしれません。

以下に、50代が転職に失敗するおもな原因を提示します。

  • 転職したい理由がネガティブ
  • 採用担当者への態度が悪い
  • 希望する年収が高いから
  • 転職理由と退職理由に一貫性がない

該当する項目に心当たりがある方は、特徴にあてはまらないよう転職に対する姿勢を改めましょう。

転職したい理由がネガティブ

転職活動に失敗しやすい50代の特徴として、転職理由にネガティブ要素が含まれすぎていることが考えられます。

転職理由があまりにもネガティブな場合、応募先の企業にもマイナスの印象が伝わり、採用される可能性が下がるためです。

人間関係がうまくいかなったり、仕事の要領がつかめなかったりなどネガティブな理由が重なると、悪い印象ばかりが目立ってしまいます。

実際に、転職したい理由がネガティブなものであったとしても、企業へはできるだけよい印象をもってもらえるよう伝え方を工夫しましょう。

採用担当者への態度が悪い

転職活動に失敗してしまう50代の特徴として、採用担当者への態度が悪いことも挙げられます。

年齢が高めなこともあり、自分よりも年下の採用担当者に対し大きな態度で接してしまうケースが該当します。大きな態度をとれば、当然ながら相手への印象は悪くなる一方です。

企業から採用されるためには、スキルや実績と同様に印象も考慮しなくてはいけません。企業側から悪い印象をもたれないためにも、第一印象は十分に意識しましょう。

希望する年収が高いから

転職に失敗してしまう50代の特徴として、希望する年収が高い原因も考えられます。ひと昔前までの企業では、給与形態に年功序列のような制度が設けられていました。

しかし、近年は実績により年収をあげていく「ジョブ型雇用」を採用する企業が増えています。年功序列で高めの収入を得ていた50代が、転職先にも同額程度の給与を求めた際、企業側の都合により採用できないケースがあるのです。

50代が転職を考えている場合、少なからず年収が下がってしまうのは想定する必要があります。

また、自らジョブ型の企業を避けてしまう人もいるかもしれません。転職活動の際には、自分で選択肢を減らす行為は控えましょう。

転職理由と退職理由に一貫性がない

転職したい理由と退職する理由に一貫性がないケースも、転職活動に失敗する50代の特徴です。

退職理由がネガティブだからといって、転職したい理由を無理に変えてしまうと、応募先の企業にうまく伝えられなくなります。

収入が低いために退職したにも関わらず、面接時に「この業界で働きたかった」などと伝えても、深掘りされた際にまともに答えられなくなります。

一貫性のない理由は、必ずどこかで気づかれるのです。転職を考えている方は、必ず退職理由と転職理由に一貫性をもたせるよう意識しましょう。

未経験でも転職をすぐに成功させる50代の特徴

転職に失敗する50代に特徴があるように、未経験でも転職を成功させる50代には特徴が存在します。

転職活動を成功させる50代の特徴は以下のとおりです。

  • キャリアの経験と知識が豊富な人
  • 条件を明確に決めている人
  • 人脈を幅広くもっている人
  • リファラル採用を視野に入れている人
  • 転職回数が少ない人

現在、50代で転職したいと考えている方は、上記の特徴にあてはまっていないかを考えてみましょう。

キャリアの経験と知識が豊富な人

50代で転職活動を成功させる人の特徴として、キャリアの経験と知識が豊富な人が挙げられます。

とくに50代のミドル世代の場合、応募先の企業に即戦力として活躍できる力と、企業に大きな貢献ができるほどの実績を求められます。

前職のキャリアで活躍できた実績があれば、「自分は前職でこれだけの結果を残してきた」と企業へアピールでき、大きな期待がもたれるでしょう。

転職活動を成功させたい50代の方は、できるだけ即戦力として働ける業界や職種を選ぶことが大切です。

条件を明確に決めている人

条件を明確に決めている人は、50代でも転職活動に成功できやすくなります。年収や働き方、求める社風などが決まっていれば、企業探しに手間がかからなくなるのです。

とくに、50代の場合は年齢を考慮して、体力への影響が少ない仕事や働き方を求めるケースが多いでしょう。自分で無理のない働き方を条件にくわえるのは大切です。

注意点として、あまりにも無茶な条件を多く設けるのは控えましょう。

前項でも説明したように、高すぎる年収などを求めると、採用される可能性が下がってしまいます。

人脈を幅広くもっている人

幅広い人脈をもっている人も、転職に成功できる50代の特徴です。人脈があれば、実績などを把握している知人により転職先を紹介してもらえるケースがあります。

50代は、すでに様々な人脈を形成している人が多い傾向です。また、仕事の関係により取引先の企業と付き合いのある人もいるでしょう。

転職を検討している方は、長年のビジネスライフで築き上げた人脈で、企業情報を仕入れるのもひとつの方法です。

リファラル採用を視野に入れている人

転職活動がうまくいく50代の特徴として、リファラル採用を視野に入れている人もあてはまります。

リファラル採用とは、社員が紹介した人材を企業側が採用する方法です。

ひとつ前の項で説明した広い人脈をもっている人のなかには、リファラル採用を経て転職を成功させたケースもあります。

リファラル採用を活用するには、前職の段階で転職活動についての相談をしておくのも効果的です。友人や知人、同僚などに自分の実績や専門とする業界を話しておくと、該当する企業を紹介してもらえるかもしれません。

リファラル採用で転職するには、日頃からのコミュニケーションが大切になります。50代の時点で転職を考えている方は、リファラル採用を視野に入れておくのもひとつの方法です。

転職回数が少ない人

50代で転職活動を成功させる特徴には、転職回数の少なさも関係します。

過去の転職回数が少ない人ほど、採用されるのは有利だと考えられるでしょう。転職回数が多い場合、ひとつの企業で長期的に勤務できない人だと判断され、採用にいたる可能性が下がってしまいます。

50代など年齢が高い人は、転職回数が少ない場合、ひとつの企業で長く活躍してくれると思われやすくなります。

すでに複数回の転職を経験している方は、回数が多くなった理由を企業からの印象を下げないように伝えることが大切です。

50代が未経験での転職を成功させる方法は?

年齢の問題も重なり、50代の転職は難しいといわれがちです。

50代の人たちが転職を成功させるには、さまざまな工夫をくわえる必要があります。

50代が未経験での転職を成功させる方法は以下のとおりです。

  • 資格を取得する
  • 年収や役職を広い視点で考える
  • できるだけ前職と同業の仕事に絞る
  • 転職活動は早めにはじめる
  • 転職エージェントを利用する

ひとつずつ解説します。年齢が原因で転職に失敗しないよう、できるだけ若い世代に差をつけましょう。

資格を取得する

50代が未経験で転職を成功させるには、資格を取得しておくとよいでしょう。

業界によっては、専門的な資格がなければできない業務が多く存在します。そのため、資格を取得している人を求めている企業も少なくありません。

不動産業界であれば宅地建物取引士、金融業界であれば証券アナリストやファイナンシャルプランナーが挙げられます。

資格があれば、即戦力が期待されるため年齢は関係ありません。また、応募先の企業に採用される可能性も高くなります。

50代で転職を成功させたい方は、希望している業界関連の資格を取得するよう努めてみましょう。

年収や役職を広い視点で考える

50代で未経験の転職を成功させたいのであれば、広い視点で役職や年収について考えることが大切です。現職の年収や役職にこだわりすぎてしまうと、採用できる企業が限られてしまいます。

とくに、長い間ひとつの業界や企業に勤めてきた場合、ほかの業界と関わらなかったぶん転職において視野が狭くなりがちです。

転職活動では、年収や役職よりも自身の経験と能力を最大限活かせる仕事や、やりがいをもてる仕事かどうかを考慮すべきでしょう。

転職先を探す際は現職よりも高い年収や、現在と同等または上の役職ばかりに目を向けないよう気をつけてください。

できるだけ前職と同業の仕事に絞る

50代で転職を実現させるためには、できるだけ前職と同業の仕事に絞るのも手段です。企業側が50代の求職者を採用する基準は、豊富な経験と専門的な知識を備えているかどうかが関係します。

未経験の職種の場合、はじめから教育をしなくてはならず、上の年代を指導できる企業は限られてしまうでしょう。しかし、経験済みの職種であれば覚え直すことも少なく、今までのキャリアを最大限に活かせると期待されるのです。

50代であっても、未経験の業種に転職できないとは限りません。

しかし、現在の職場を優先して変えたい方などは、できるだけ同業の仕事に絞るよう工夫してみてください。

転職活動は早めにはじめる

50代で転職を希望している方は、できるだけ早めに行動をとるようにしてください。年齢が高くなればなるほど、採用できる企業は限られてしまいます。

また、若い世代を優先して採用する企業が多い場合、年代が上の求職者はどうしても採用される確率が下がる傾向にあります。

内定をもらうまでに、長い期間がかかる可能性も否めません。

採用される難易度の観点から、転職活動は早めにはじめて少しでも遅れをとらないよう努めることが大切です。若い世代に先を越されないためにも、転職活動は早くおこなうよう心がけましょう。

あわせて読みたい
50代におすすめの転職相談先29選!相談先の特徴や注意点も解説 「50代で転職したいけど、誰に相談したら…」とお悩みの方も、いるのではないでしょうか。 「人生100年時代」とはいえ、50代は社会人としてある程度のキャリアを積んだ年...

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも、50代が転職を成功させる方法です。

転職エージェントに登録すれば、プロのキャリアアドバイザーによるサポートを受けられます。

履歴書の記載方法や、50代でも企業の目に留まるようなESの記載方法、面接の対策までおこなってくれます。また、求職者の希望をもとにおすすめの企業が紹介されるため、企業選びができるか不安な方にもおすすめです。

転職活動になれていない人でも安心できるサービスなので、自信のない方はぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

あわせて読みたい
50代におすすめ転職エージェント18選|転職成功のコツを徹底解説 転職したいけど、いまより年収は下げたくない 50代でも転職できるコツを知りたい といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。 50代になると定年退職まで数年に...

企業が50代の転職者に求める要素とは?

転職を50代でおこなうのは難しいとされていますが、企業側にも求めている人材は年代によって少なからず存在します。

本項目では、企業側がとくに50代に求める要素として、以下の例を挙げました。

  • 企業の経営視点で物事を考える力
  • マネジメント能力
  • 専門的な知識

上記の特徴を備えていれば、50代でも転職はうまくいくといえるでしょう。

企業の経営視点で物事を考える力

企業側が50代の転職者に求める要素として、経営視点で物事を考える力が挙げられます。

長年の勤続年数がある中高年は、企業の経営がどのように成り立っているのかがある程度わかるだろうと期待されるためです。

企業の利益になるにはどうすればよいか、どう働けば貢献できるかなどがわかっていると判断されれば、50代でも採用される可能性はあがります。経営視点に自信のある方は、面接などで十分にアピールしましょう。

マネジメント能力

マネジメント能力も、50代の転職者に求められるスキルです。

高い年齢になると、企業によっては管理職に就く人や上の役職に就く人が多くなる傾向にあります。ほとんどの企業が、50代という年齢を聞くと責任のある業務に携わってきたのではないかと期待するのです。

マネジメント能力をアピールする際は、どれほどの人数を管理してきたのか、関わってきたマネジメント業務と実績を具体的に話しましょう。

企業の目に留まるような実績が伝えられれば、採用される可能性は十分に高まります。

専門的な知識

専門的な知識も、企業側が50代の転職者に求める要素です。応募した求職者が中高年であった場合、企業側は即戦力と今までの経験を活かした活躍を期待します。

とくに、応募先の企業が取り扱っている業界関連の専門的な知識をもっていれば、採用される可能性は十分にあがるでしょう。

金融業界であれば経済や株に関する知識、医療業界であれば疾患や治療に関する知識など、それぞれで求められる知識があれば有利です。

50代の時点で転職を考えている方は、自分に備わっている知識を今一度確認しておきましょう。

【50代向け】転職活動の流れ

転職は、50代にもなると採用される可能性は下がってしまいます。

しかし、企業が求めるにニーズを十分に備え、きちんとアピールができれば転職は成功できるのです。

以下に、50代の年代に向けた転職活動の流れを紹介します。50代で転職を考えている方は、以下の流れを参考に実行してみてください。

自己分析をおこなう

ほかの年代にもいえることですが、転職活動をはじめる際は自己分析をおこないましょう。

自己分析は、自分の強みや弱みを再確認するための対策です。

過去に積み上げてきた実績や業務における経験、貢献できたエピソードなどをできるだけ具体的に思い出すようにしてください。具体的に挙げることで、自分に向いている業界や職種、アピールすべきポイントがわかるようになります。

企業側にもわかりやすく伝えるためにも、過去の実績でどのような結果が得られたのかまで思い出すことが大切です。具体的な事例を挙げることで、企業に十分なアピールができます。

企業に関する情報収集をおこなう

自己分析が終わったあとは、企業に関する情報収集をおこないましょう。

魅力的だと思う業界や企業を見つけ出し、採用動向や求人情報について調べるのです。

おすすめの情報源としては、企業のホームページやSNSが挙げられます。どのような職種を募集しているのか、どのような人材を求めているのかがわかるためです。

また、企業の雰囲気もつかみやすいので、応募すべきかの判断材料としても利用できます。

企業選びをおこなう

ある程度の情報収集が終わったあとは応募する企業を選んでください。とくに、情報収集の際に魅力的だと思った企業へ応募するのがおすすめです。

どうしても絞れない場合は、情報収集をおこなった全ての企業にエントリーしてもよいでしょう。

しかし、応募する企業が多くなるぶん、対策などに時間がかかるため転職活動が長引くおそれがあります。応募する企業の数は、極端に増えすぎないよう注意が必要です。

履歴書やESを記載する

応募する企業が決まったあとは、履歴書やESへの記載にうつります。

50代になると、多くの業務経験がある関係でたくさんの情報を記載することが予測されます。

注意点として、企業側が読みやすくなるように、箇条書きや段落分けなどの工夫を施しましょう。また、どのような活躍をしてきたのかがわかるよう、具体的な事例や得られた結果を記載するのもおすすめです。

履歴書やESをわかりやすくまとめるには、自己分析のデータが重要になります。転職活動は、最初から最後まで手を抜かずにおこなってください。

面接の練習をおこなう

履歴書とESの記載まで済んだ方は、面接の練習をはじめてください。

書類選考に通過したあとに練習をはじめる方もたくさんいますが、できるだけ早めにおこなう方が無難です。面接は、基本的に一次面接、二次面接、最終面接に分けられます。

50代の方が面接を受ける場合に聞かれることとして、以下の項目が予測されます。

  • 転職理由
  • 志望理由
  • 自己PR
  • マネジメント業務経験の有無
  • もち合わせている知識
  • 長所・短所
  • 希望条件

50代の場合は、多くのキャリアを積んでいるケースが多いため、練習の段階でどのように答えるかを整理しておくとよいでしょう。

企業へ応募する

ある程度の選考対策を済ませたあとは、企業への応募作業を進めてください。

企業側から返信が届いたのち、選考にうつります。

退職手続きをおこなう

無事に転職先が決まった際は、退職手続きをおこないましょう。退職届を出す時期は企業によって決められているため、転職活動をはじめる前に確認しておく必要があります。

注意点として、正式に内定が出るまえに退職届を提出するのは控えてください。無職の時期ができてしまい、次の就職先が決まるまで収入面が不安定になる可能性が出てきます。

転職活動と退職の手続きは、ともに入念なチェックを重ねて慎重におこなうことが大切です。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職したい50代の人に未経験でもおすすめできる資格

転職したい50代が保有しておくと便利な資格を紹介します。

以下の資格は、年齢関係なく取得できるうえ、もっているだけで企業からの採用率が高まります。転職を検討している50代は、資格の取得からはじめてみてもよいでしょう。

宅地建物取引士

転職を考えている50代におすすめの資格として、宅地建物取引士が挙げられます。宅地建物取引士は、年齢関係なく取得可能です。

不動産関連の企業では、国土交通省が定める人数分の宅地建物取引士を配置する義務が課せられています。

宅地建物取引士を所有している人を求める企業は多く存在するため、不動産業界では採用率が高まるでしょう。

中小企業診断士

50代の転職希望者におすすめの資格として、中小企業診断士も挙げられます。

中小企業診断士は、中小企業の経営に関する診断や助言をおこなう仕事です。

宅地建物取引士と同様、年齢に関係なく資格を取得できます。中小企業診断士の資格を保有していれば、コンサルティング業界での活躍が期待されます。

資格の取得を検討している方は、中小企業診断士の勉強をおこなうのもよいでしょう。

日商簿記

日商簿記もまた、50代の転職希望者にとっておすすめの資格です。

現在、簿記の資格保持者を求める企業は業種を問わずたくさんあるため、所持していれば採用率は高まります。

とくに、経済活動が活発な企業や店舗では、帳簿をつけるための技能は欠かせません。

年齢に関係なく取得できるので、興味のある方は資格の勉強をおこなってみましょう。

司法書士

転職したい50代の人には、司法書士の資格もおすすめです。司法書士も、試験に合格できれば年齢関係なく取得できます。

司法書士の資格があれば、司法書士事務所などへの転職が可能です。

司法書士は、不動産登記や商業登記といった登記業務をおこないます。活躍の場は大きく広がるので、安定した収入も期待できるでしょう。

注意点として、資格試験には筆記試験と口述試験があります。とくに筆記試験の合格率が低いため、かなりの勉強時間が必要です。

司法書士を目指す方は、十分な時間の確保を忘れないよう心がけてください。

転職したい50代の人に未経験でもおすすめできる業界

50代の時点で転職を成功させる方法として、資格取得のほかに業界選びも関係します。

以下に、おすすめできる業界を挙げました。

  • 運送業界
  • 介護業界
  • 自動車業界
  • 生命保険業界
  • 不動産業界

ひとつずつ解説します。

運送業界

50代の転職希望者におすすめの業界として、運送業界が挙げられます。運送業界は、企業によっては人手が足りておらず、中高年の需要が高いところも存在します。

ただ、50代になると体力面の問題から、できる仕事は限られるでしょう。

運送業界を志望する方は、よっぽど体力に自信がある方以外はできるだけ負担の少ない軽作業の職種を選ぶようにしてください。

介護業界

50代の転職におすすめの業界として、介護業界も挙げられます。

介護業界は、未経験でも積極的に採用している傾向です。また、人手が足りていない職場が多く、常に募集をかけているところも多く存在します。

転職を繰り返している方でも、正社員として採用される方はたくさんいるのです。

しかし、注意点として介護業界は体力をたくさん使う仕事が多くみられます。

ある程度の体力に自信のある方にはおすすめです。

自動車業界

自動車業界もまた、50代の転職におすすめの業界です。自動車業界は、地道な作業が多いイメージをもたれており、若手にはあまり人気がありません。

若い世代の転職希望者が多く採用されがちななか、自動車業界は若手との競争率に影響されにくいため、50代でも十分に狙える業界です。

ただ、自動車業界も体力をたくさん使う仕事のため、50代であれば肉体的に問題のない方におすすめできるといえます。

生命保険業界

50代で転職をおこなう方におすすめの業界として、生命保険業界も該当します。生命保険業界は、おもにセールス力などが求められる仕事であり、実力を重視している傾向にあります。

実力主義の業界では、年齢は関係なく実力のある人が重宝されるのです。書類選考や面接時に、話術ややる気をアピールできれば、50代でも採用される可能性は高まります。

実力では若い世代に負けない自信のある方は、生命保険業界への転職もおすすめです。

不動産業界

不動産業界も、50代での転職におすすめです。

不動産業界は、生命保険業界と同様に実力主義が根強い傾向にあります。年齢関係なく、高い実力をもっていると判断された人が採用されやすい業界です。

不動産業界で重視される項目として、どれだけ顧客に土地や家を売ることができたか、ひと月の間にどれほどの契約がとれたかなどが挙げられます。

コミュニケーションスキルと不動産に関する知識があれば、50代でも採用される可能性は高くなるといえます。

活躍できる自信のある方は、不動産業界への応募も検討してみましょう。

あわせて読みたい
50代におすすめの派遣会社ランキング!派遣で働くメリットや仕事を得やすい職種も紹介 早期退職やキャリアチェンジなどを理由に、50代から転職を志す人は一定数います。なかには、派遣社員として再スタートを切りたいと望む方もいるでしょう。実際、2017年...

最後に|50代未経験でも転職成功できる

転職を50代でおこなうのは、世間一般には厳しいとされています。年齢が高いこともあり、企業側がさまざまな不安要素を抱えるためです。

しかし、50代でも転職を成功させる方法はたくさん存在します。

おもに、以下の方法を実行すれば、転職を成功させられる可能性は高くなるでしょう。

  • 資格を取得する
  • 年収や役職を広い視点で考える
  • できるだけ前職と同業の仕事に絞る
  • 転職活動は早めにはじめる
  • 転職エージェントを利用する
  • 企業が求める要素を揃える
  • 今までの経験を十分にアピールする

50代で転職を考えている方は、できるだけ若い世代との差別化を図る手段を考えてください。うまく差別化ができれば、企業から注目されるかもしれません。

多くの工夫をくわえれば、50代でも転職を実現できるのです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。