50代からの転職は無理といわれる5つの理由!必要なスキルや資格を徹底解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

50代での転職は無理?

50代から転職を成功させる方法を知りたい

50代から転職活動を始めると、新しいキャリアや仕事に対する不安を抱える方も多いでしょう。

ミドル世代の転職は、若い世代のビジネスパーソンと比べて採用までの期間も長くなりやすい傾向があります。

そこで本記事では、なぜ50代からの転職が無理といわれるのかを解説します。転職を成功させるポイントや、ミドル世代に特化した転職エージェントも紹介します。

50代から転職して新たなチャレンジをする方は、無料で登録できる転職エージェントの活用を検討してください。

【関連記事】50代におすすめの転職サイトを紹介|選び方やメリット・デメリットを解説

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
目次

【結論】50代未経験でも転職は可能

結論、50代でも未経験の業界に転職は可能です。

平均寿命が伸びたことによる定年年齢の引き上げや、社内のDX(デジタルトランスフォーメーション)対応などで、多くの企業は人手不足が続いています。

総務省が発表した労働力調査によると、2012年~2022年の11年間で、国内の転職者数は286万人から303万人に増えました。2022年のデータを見ると、45歳~54歳で転職した人数が54万人、55歳~64歳で転職した人数も45万人おり、50代で転職する人は少なくありません。

一方、50代を採用する企業は即戦力での活躍を求めるので、未経験の業界に転職する際は新しい知識やスキルを身につける努力が必要です。

転職活動を成功させるためには、職務経歴書やキャリアプランの作成、転職エージェントの活用など、時間をかけて準備をしてください。

関連記事:50代で未経験転職は厳しい?スキルなしでも転職できる方法を解説

50代の転職が無理と言われる5つの理由

50代からの転職は、一般的に無理だと言われています。

理由は以下の5つです。

50代を積極的に採用する企業が少ないから

50代の転職者を積極的に採用する企業は少ない傾向にあるので、50代の転職は無理だと言われています。

厚生労働省が行った中途採用に係る現状の調査によると、35歳未満を積極的に採用する企業は43%ある一方で、45歳〜55歳を積極的に採用する企業の割合は3%となっています。

55歳以上を積極的に採用する企業は1%しかなく、年齢の高い転職者を求める企業は少ないです。

一方で、55歳以上でも良い人材であれば採用したいと考える企業は23%もあり、50代でもスキルや資格を保有する人材は転職が可能です。

参考資料:中途採用に係る現状等について|厚生労働省

採用から定年までの期間が短いから

50代で企業に入社した場合、採用から定年までの期間が短いので、転職は無理だと言われています。仮に定年年齢を65歳とすると、50歳で転職した場合は、実働期間が15年しかありません。

新卒で採用した場合は実働期間が40年以上もあるため、長期的に働いてほしい企業は若い世代を採用する傾向が強くなりやすいです。

一方で、平均寿命は年々伸びており、2040年には60歳~64歳の80%が働いているという予測もでています。

将来的に定年年齢の引き上げや定年を廃止する企業が増えていくと、50代を採用する企業は増えるでしょう。

参考資料:中途採用に係る現状等について|厚生労働省

年収が下がるリスクがあるから

転職後に年収が下がるリスクがあるので、50代の転職は無理だとも言われています。

とくに未経験の業界に転職する場合は、前職での実績や経験の評価が難しいので、企業は高い給与を支払うことに抵抗を感じてしまうでしょう。

また、転職後に正社員として雇用されなければ、年収が下がる可能性は高いです。

一方で、転職の目的がワークライフバランスを整え新しい挑戦を求めるのであれば、年収が下がっても転職に満足できるでしょう。

50代から転職する際は、求人情報で年収や雇用形態を確認し、年収が下がるリスクに備えてください。

社員の平均年齢と転職者の年齢が離れているから

50代の転職が無理だと言われる理由の一つに、社員の平均年齢と転職者の年齢が離れている事があげられます。

転職者の年齢と社員の平均年齢が離れると、業務で使用するツールや仕事の進め方などが一致せず、コミュニケーションが取りづらくなるからです。

転職後の職場では年下から仕事を教わる可能性も高く、年下から指示を出しづらいという考えから、企業が採用を見送る可能性もあるでしょう。

転職後は同僚と積極的にコミュニケーションをとり、年齢に関係なく仕事を教わる姿勢をアピールしてください。

30代や40代と比べて人件費がかかるから

50代は30代や40代と比べて人件費がかかるので、転職は無理と言われています。

国税庁が発表した民間給与実態統計調査によると、50歳〜54歳の平均給与は537万円、55歳〜59歳の平均給与は546万円です。

30代や40代と比べて50代の平均給与は高く、人件費を削減したい企業は50代の採用を避ける傾向があるでしょう。

一方で前職での経験やスキルを面接で伝え、企業へ価値を与えられることをアピールすると、年収が高額でも納得感を持って採用される可能性は高くなります。

関連記事:50代におすすめの転職相談先29選!相談先の特徴や注意点も解説

無理といわれる50代の転職成功確率をあげるポイント

50代が転職を成功させるポイントは、以下のとおりです。

これから転職活動を始める方は、5つのポイントを意識してください。

転職活動を長期的に行う

50代が転職するには、時間をかけて転職活動を行うことがポイントです。

転職を希望する企業や業界全体を長期的にリサーチすると、自分に最適な職場やポジションを見つけやすくなるからです。

企業の公式サイトや口コミサイトを確認し、企業理念や職場の雰囲気を事前にイメージしてください。

また、転職活動の期間を長く取ることで、転職先で必要なスキルや知識を学ぶ時間を確保でき、採用される確率は高くなるでしょう。

企業のニーズにあわせた転職活動を行う

企業のニーズにあわせた転職活動を行うことも、50代で転職を成功させるポイントです。

企業は業務上の課題を解決できる人材を求めており、自身の持つ経験やスキルを転職先のニーズにあわせると、採用される確率が高くなります。

転職活動を始めたら、企業のニーズを調べるために、求人情報の募集要項を確認してください。募集要項には応募資格や求める人物像、歓迎する経験などの項目が記載されています。

求人情報の内容を確認し、企業のニーズにあわせて転職活動を行うと、転職しやすくなります。

仕事で得た人脈を活用する

仕事で得た人脈を活用することも、50代で転職を成功させるポイントです。

これまでの取引先や顧客などに転職活動していることを相談すると、企業を紹介してもらえる可能性もあります。

また、現在働いている職場から転職した元同僚に連絡すると、相談に乗ってもらいやすいです。これまでの仕事で得た人脈を活用して、転職活動を進めてください。

関連記事:50代におすすめの転職相談先29選!相談先の特徴や注意点も解説

スキルや経験を活かせる企業を選択する

自身のスキルや経験を活かせる企業を選択すると、転職に成功しやすくなります。

転職サイトなどで求人情報を確認し、スキルや経験を活かせる企業をリサーチしてください。また、職務経歴書にはスキルや経験をわかりやすく記入することも重要です。

面接ではこれまでの実績をアピールすると、担当者に良い印象を与えられるでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用も、50代から転職を成功させるポイントです。

転職エージェントに登録すると、無料で担当者が転職活動をサポートしてくれます。

とくに50代は仕事や家庭で忙しく、転職活動に使える時間は限られています。

企業情報のリサーチや職務経歴書の作成、面接対策を効率化するためにも、転職エージェントの活用を検討してください。

50代におすすめの転職エージェント

50代が未経験の業界に転職する際に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントの担当者は求職者の年齢問わずサポートしてくれるので、ぜひ活用をしてください。

関連記事:50代におすすめのエージェント15選|転職を成功させるポイントを解説

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 111,434件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年4月15日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年4月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 71,822件(※1)
非公開求人数 14,493件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 382,338件
非公開求人数 334,322件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年4月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

50代の転職で求められる4つのスキル

50代が転職する際に、求められるスキルは以下の4つです。

上記のスキルを持っている方は、スムーズに転職活動を行えるでしょう。

マネジメントスキル

50代の転職で求められるスキルの一つに、マネジメントスキルがあります。

企業は若手社員の育成や、プロジェクトチームのマネジメントを50代に期待しているからです。

転職活動では、これまで部下を何人育成してきたかや、担当したプロジェクトチームの具体的な成果をアピールしましょう。

マネジメントスキルは幅広く使えるので、未経験の業界に転職する際もこれまでの経験を活かせます。

課題解決能力

課題解決能力も、企業が求職者に求めているスキルです。多くの企業は50代の豊富な経験や知識を活かして、業務上の課題を解決してほしいと考えています。

一般的な企業では、20代や30代で経営課題の解決を担当できる社員は少ない傾向にあります。

前職での経験や実績を面接で伝えると、採用される確率は高くなるでしょう。

コミュニケーションスキル

50代を積極的に採用する企業は、コミュニケーションスキルの高い人材を求める傾向があります。

柔軟にコミュニケーションを取れる人は、未経験の業界に転職してもスムーズに業務を進められるので、採用企業からの評価も高くなりやすいです。

職場で使用する連絡ツールやコミュニケーションツールにも適応し、スムーズな情報共有や意思疎通を図ることが求められます。

業界の専門知識

業界の専門知識を持つ転職者は、転職市場での評価は高いです。とくに現職と同じ業界に転職する際は、これまで培った知識や経験を活かせます。

業界の専門知識を持つ人材は、業務の効率化や新規事業の立ち上げなど、転職した企業の課題解決や新たな展開に貢献できる可能性が高いです。

今までの業務経験を活かせる業界や職種を選ぶことが50代の転職を成功させるために大切です。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点

50代の転職におすすめの資格5選

50代からの転職する際に、おすすめの資格は以下のとおりです。

資格を取得すると知識やスキルを獲得でき、新しい職場での信頼性や専門性を高められます。

普通自動車免許

普通自動車免許は、転職時に役立つ資格の一つです。

自動車免許を取得すると、運送業や配送業、車で取引先を訪問するルート営業など、多くの業界で活躍できます。

また、普通自動車第二種運転免許を取得すると、タクシーや運転代行などの仕事ができ、転職できる業界の幅は広がるでしょう。

普通自動車免許の取得は教習所に通い運転技術を学ぶ方法と、運転免許試験場で試験に合格する方法があります。

介護事務

介護事務の資格は、介護業界へ転職する際におすすめの資格です。

介護事務の資格には、以下のような種類があります。

  • 介護事務士
  • ケアクラーク
  • 介護事務管理士
  • 介護事務実務士
  • 介護保険事務士
  • 介護保険事務管理士
  • 介護報酬請求事務技能検定試験

多くの介護事務資格は受験するための条件がなく、未経験でも資格の取得は可能です。

資格を取得するには、スクールで学ぶ方法や通信講座を利用する方法があります。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーを取得すると、生命保険業界や不動産業界、コンサルティング業界などへの転職に役立ちます。

ファイナンシャルプランナーの資格を保有すると、お金に関する専門家として年金や保険、税制や生活設計など幅広いジャンルのアドバイスができるからです。

ファイナンシャルプランナーには国家資格と民間資格があり、以下の3種類から選べます。

  • FP技能士(国家資格)
  • AFP(民間資格)
  • CFP(民間資格)

国家資格であるFP技能士には有効期限がないので、一度取得すると生涯使える資格です。

AFPとCFPには有効期限があるので、2年ごとに資格を更新する必要があります。

ファイナンシャルプランナーの取得には年齢制限がないので、50代からでも資格取得を目指せます。

中小企業診断士

中小企業の経営に関するアドバイスを行う中小企業診断士も、50代の転職時におすすめできる資格です。

中小企業診断士を取得すると、コンサルティング業界や税理士事務所、商工会議所へ転職しやすくなるでしょう。

資格を取得するには筆記試験と面接試験に合格する必要があり、実務補修を受けると中小企業診断士として登録できます。資格取得後は5年ごとに更新作業があり、新たな知識の補充と実務能力を維持する必要があります。

中小企業診断士の取得にも年齢制限がないので、転職活動をしながら資格の取得も可能です。

宅地建物取引士

宅地建物取引士を取得すると、不動産業界への転職で採用される確率は高くなります。

宅地建物取引士の資格保有者は、不動産の売買や賃貸物件をあっせんする際に、以下の独占業務ができるからです。

  • 契約締結前に行う重要事項の説明
  • 重要事項の説明書面(35条書面)への記名
  • 契約に関わる重要な書面(37条書面)への記名

不動産会社の営業所では、5人に1人以上の割合で宅地建物取引士の保有者を勤務させる必要があり、資格取得後は不動産業界での採用率は高くなります。

年齢や学歴に関係なく取得できるので、50代からでも資格の取得を検討してください。

関連記事:女性の転職に有利な資格10選|資格を選ぶポイントや取得する秘訣も解説

50代の転職におすすめの業界7選

人材を求める企業が多く、50代が転職しやすい業界は以下のとおりです。

各業界の特徴を、詳しく解説します。

IT業界

IT需要の拡大や企業のDX対応が進んでおり、IT業界は人手不足の状態です。

IT業界はポテンシャルを重視して採用する企業も多く、転職できる可能性はあります。

具体的な業務は、Webサイト制作や情報処理、ITサービスの営業や販売などがあります。

自社のWebサイトやSNS運用、社員情報の管理などでパソコンを使う業務を担当していた方は、IT業界への転職を検討してください。

関連記事:IT業界で求められる人材とは?活かすべきスキルと志望動機について解説

物流業界

運送業界で働く人の平均年齢は高く、50代で活躍するドライバーも多いです。ドライバーの人数は年々減少しており、運送業界で働いたことがなくても転職しやすいでしょう。

また、2024年4月に施行される「働き方改善関連各法律」の影響で長時間労働は制限され、より健康的な労働環境が整いつつあります。

拘束時間や連続運転時間に制限があり、ドライバーは休憩時間を確保できるため、50代の転職にもおすすめできる業界です。

関連記事:物流業界に転職したい人におすすめ転職エージェント9選を徹底解説

介護業界

介護業界も、50代の転職におすすめできます。介護の仕事は未経験・無資格でも始められ、ほかの業界から転職する人も少なくありません。

主な仕事内容は高齢者の生活サポートで、食事や入浴の補助、相談相手やレクリレーションの実施などを担当します。

転職後に介護事務の資格を取得すると、介護に関する知識が増え、年収やキャリアアップにも繋がるでしょう。

関連記事:介護士におすすめの転職エージェント15選を徹底比較!失敗しない選び方も解説

自動車業界

自動車業界も、50代の転職におすすめです。自動車業界は若い人材が少なく、50代でも採用されやすいでしょう。

具体的な職種は、自動車や部品を製造する技術者やエンジニア、ディーラーでの販売や営業、事務作業などがあります。自動車業界が未経験でも仕事内容は多岐にわたるので、前職の経験を活かした転職が可能です。

とくに車の運転が好きな方は、熱意を持って仕事に取り組めるでしょう。

関連記事:期間工おすすめ13選|未経験でも働ける・正社員になれるメーカーをご紹介

生命保険業界

生命保険会社への入社時に資格を求められることは少なく、採用されやすい業界です。

生命保険業界では歩合制の給与を採用する会社も多く、契約件数が多いほど年収も増える仕組みです。

年齢に関係なく評価されるので、営業や販売の経験がある人は生命保険業界が未経験でも転職後に活躍できるでしょう。

保険募集人やファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、仕事の幅が広がりキャリアアップにもつながります。

関連記事:保険の営業職へ転職したい|保険営業の実態と転職を成功させるポイント

不動産業界

不動産業界も、未経験からの転職におすすめする業界です。

不動産営業の仕事は、固定給とは別に歩合給も支給される事が多く、成果をあげると年収も高くなるでしょう。

コミュニケーションスキルが高く営業の経験がある人は、未経験でも不動産業界へ転職しやすいです。

不動産が好きな方や学習意欲の高い方は、不動産の知識も増えて転職後も活躍できるでしょう。

関連記事:不動産業界の転職に強い転職エージェントおすすめ5社を比較|選び方と転職成功のコツ

コンサルティング業界

コンサルティング業界も、50代の転職におすすめできる業界です。

クライアント企業の課題を解決する仕事が多く、これまでの知識や経験を活かした仕事ができます。

特定の業務や業界を専門とする特化型コンサルティングファームは細分化が進んでおり、前職で学んだ知識や経験は転職後も高く評価されるでしょう。

課題解決能力やマネジメントスキルの高い方は、コンサルティング業界への転職をおすすめします。

関連記事:コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説

50代の転職に関するよくある質問

50代の転職に関するよくある質問は以下の6つです。

質問への回答を紹介します。

50代の転職理由は何ですか?

厚生労働省がおこなった調査結果を確認すると、50代の10%~15%は職場の人間関係が原因で転職をすることが分かりました。

50歳~54歳男性の14.9%、50歳〜54歳女性の12.4%が、職場の人間関係が好ましくなかったと回答しています。

すべての回答は、以下の表で確認してください。

転職理由50歳~54歳
(男性)
55歳~59歳
(男性)
50歳~54歳
(女性)
55歳~59歳
(女性)
仕事の内容に興味を持てなかった1.8%4.7%4.6%8.4%
能力・個性・資格を生かせなかった6.7%3.4%7.7%3.9%
職場の人間関係が好ましくなかった14.9%4.8%12.4%12.1%
会社の将来が不安だった6.6%5.3%3.0%4.6%
給料など収入が少なかった5.0%12.1%3.9%5.7%
労働時間・休日などの労働条件が悪かった3.3%3.5%7.2%7.4%
結婚0%0.2%0%
介護・看護0.3%0.6%1.6%2.2%
その他の個人的理由14.7%16.3%25.7%23.3%
参考:転職入職者が前職を辞めた理由|厚生労働省

その他の個人的理由には、定年や契約期間の満了、会社都合による退職も含まれています。

50代後半の男性では、給料などの収入面に不満を持っている人も多いです。

参考:転職入職者が前職を辞めた理由|厚生労働省

50代で転職するにはどれくらいの期間が必要ですか?

50代の転職活動期間は、半年を見込んで準備をしてください。

が発表した転職者実態調査によると、50歳~54歳の80%が前職を退職してから半年以内に転職をしています。

55歳〜59歳を見ても82%が半年以内に転職を成功させており、転職活動期間を半年ほど準備すると安心でしょう。

参考:転職者実態調査|厚生労働省

転職は何歳までなら大丈夫ですか?

日本には雇用対策法があり、年齢を理由に求職者を不採用にはできません。法律上は何歳でも転職できますが、60代中盤までを採用対象とする企業は多いです。

一方で、定年年齢の引き上げや定年を廃止する企業もあり、70代でも転職できる場合も増えてきました。

1ヶ月に働く日数や1日の労働時間を選べる仕事もあるので、ぜひ転職サイトや求人情報を確認してください。

50代女性の正社員の年収はいくらですか?

国税庁が発表した民間給与実態統計調査によると、50代女性の給与所得者の年収は50歳〜54歳で340万円、55歳〜59歳で329万円でした。

男性と比べて女性の平均年収は、年齢による差は少ない傾向があります。

ただ、上記の数字はあくまで平均値であり、職種や経験、資格や勤務地などによって年収は異なるでしょう。

参考:民間給与実態統計調査|国税庁

50代からの転職ですぐ決まる人はどんな人ですか?

50代からの転職ですぐに採用される人の特徴は、以下のとおりです。

  • 正社員での採用にこだわらない
  • 経験が豊富で即戦力として活躍できる
  • 幅広い人脈を持っている
  • 新しい知識や技術を学んでいる
  • 転職エージェントを活用している

とくに転職エージェントを活用すると、担当者が転職活動をサポートしてくれます。

企業の最新情報や面接対策をアドバイスしてくれるので、短期間で転職先を決めたい人は転職エージェントを活用してください。

関連記事:未経験転職に強い転職エージェントおすすめ10選|未経験へ転職する時のポイント

50代で転職するのはみじめですか?

50代から転職するのは、決してみじめではありません。

総務省が発表した労働力調査によると、45歳〜54歳の転職者は、2012年~2022年の11年間で14万人も増えています。

55歳〜64歳の転職者も11年間で7万人も増加しており、定年年齢の引き上げとともにミドル世代の転職は一般的になりました。

50代は人生経験や専門知識を活かして転職後も貢献できるので、自信を持って転職活動をしてください。

参考:労働力調査|総務省

50代未経験からでも転職エージェントを活用すると転職は可能

本記事では、50代が未経験の業界に転職するポイントや求められるスキル、転職時におすすめの資格を解説しました。

一般的には50代の転職は厳しいと言われますが、スキルや資格を持つ人材は、転職市場でも高く評価されています。

業界によっては人手不足が進み人材を求める企業も増えているので、年齢を気にせずに転職活動を進めてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。