転職相談は対面・メール・チャットどれにすべき?使いこなすコツも紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職に関する相談をしたいけど、どんな方法で相談をすればいいのか悩んでいませんか?

結論、対面でエージェントに相談に乗ってもらうのが基本です。対面のほうがメールや電話よりもお互いの認識の齟齬をなくすことができ、より的確なアドバイスをもらうことができます。

しかし、仕事が忙しく転職活動の時間が取れない方はメールやチャットでも相談に乗ってもらうこともできます。

そこで本記事では、年代やシーン別に、それぞれの相談方法を利用するときのポイントを紹介します。おすすめの転職相談先も掲載していますので、どこに転職相談をすれば悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

転職エージェントなら無料で相談できるうえに、あなたにあった求人紹介から面接対策・書類添削までも無料でサポートしてくれます

目次

転職相談は メールやチャットではなく対面が基本

転職相談は、オンライン環境やITツールが整備される前は、対面のやりとりが基本でした。対面することで、多くの情報を提供できるからです。

アメリカの心理学者のメラビアンが提唱した「メラビアンの法則」では、視覚情報と聴覚情報、言語情報の3つの要素がコミュニケーションに影響を与えるとしました。

視覚情報には服装や髪型などの見た目や表情、聴覚情報には声の大きさや口調、言語情報には会話の内容などが含まれています。最も強く伝わるのは視覚情報だといいます。

転職相談時には、対面することによって、転職希望者がどのような人であるのか、多くの情報が伝わります。言葉で説明しなくても、あるいは言葉では伝わらないような情報が、相談相手に届くのです。

対面の方法は、実際に時間と場所を定めて対面するだけでなく、ITツールを使って、オンラインでの対面も可能となりました。オンラインでの対面も、直接対面する場合と同様に、さまざまな情報が視覚により届けられます。

たとえオンライン上の対面であっても、直接対面をするときのように、身だしなみを整えて、相手に伝わる印象を意識することが大切です。いい印象を持ってもらうために、室内の照明を明るくしたり、きれいに撮影できるWebカメラや音声をクリアに伝えることができるマイクを導入したり、いろいろ工夫をしてみましょう。

現在は、オンライン上の対面だけでなく、転職相談がしやすい環境が整ってきています。たとえば、メールやチャット機能が備えられている転職相談先であれば、24時間365日、いつでも相談をすることが可能です。

対面での相談が基本ではありますが、対面相談をおこなった後は、転職希望者の置かれた状況により、さまざまなツールを駆使して細かな転職相談ができるようになりました。

転職エージェントなら無料メール相談OK

「メール」「対面」「電話」年代別おすすめ相談法

転職相談の方法は、先に紹介した通り、さまざまな方法があります。「メール」「対面」「電話」などを使った転職相談の方法について、20代、30代、40代の年代ごとにおすすめの方法を紹介します。

20代

どのような転職相談先で、どのような年代の場合でも、まずは相談相手と対面することが大切ではありますが、20代の転職希望者の場合、メールやチャットによる連絡は、ほかの年代よりもスムーズにおこなえるかもしれません。

生まれた時からインターネットやパソコン、スマートフォンなどのIT環境が備わっている「デジタルネイティブ世代」だからです。

ITツールに困難を感じることなく、使いこなしてコミュニケーションを図れるはずです。オンラインツールを使った対面相談であれば、直接対面するよりも、抵抗なく進めることができるでしょう。

あわせて読みたい
第二新卒の転職相談先おすすめ4選|よくある悩みやリアルな相談内容も紹介 第二新卒で初めて転職しようと検討している人の中には 「だれに相談すればいいのかわからない」 「ひとりで進められる自信がない」 といった悩みや不安を抱える方も多い...
あわせて読みたい
20代向け転職相談サービスとは?おすすめのキャリア相談先を紹介 「どうやって転職相談すればいいの?」 「20代におすすめの転職相談サービスはある?」 20代で転職を考えており、転職相談をどこでどのようにすればいいか迷っていませ...

30代

30代の方は、働き盛りの年代ともいえ、現職に勤めている状態では、転職相談をするタイミングがつかみづらいといえるでしょう。電話をかける時間帯や曜日が指定されている場合は、思うように連絡できず、ストレスをためてしまうかもしれません。

20代の方と同様に、いつでも連絡ができるメールやチャットなどが利用しやすいといえるでしょう。

あわせて読みたい
30代のキャリア相談先おすすめサービスを紹介!転職成功のポイントも解説 30代は結婚・出産・マイホームの購入・親の介護などのいろいろなライフイベントが重なる時期です。さらにこれまで働いていた企業でのポジションが変わり、転勤や人事異...
あわせて読みたい
30代女性向けの転職相談先を解説!キャリア相談で転職を成功させよう 30代といえば、結婚や出産を機に自分のキャリアを見つめ直したり、昇進や昇給の状況によっては、転職を考えたりする方も多い年代といえます。特に女性の場合、出産や育...

40代

職場で管理的な立場にいる40代の転職希望者の方であれば、転職相談を電話でおこなえる機会をつくりやすいのではないでしょうか。

電話での転職相談においては、声の張りや抑揚などで、相談相手に状況が伝わりやすいことがメリットです。

メモを取りながら電話でやりとりできればいいですが、難しい場合は、後から内容確認のためのメールを送ったり、あるいは送ってもらったりして、情報の共有を図りましょう。

あわせて読みたい
転職エージェントとの電話面談に必要な準備とは?聞かれる内容や活用方法を解説 「転職エージェントとの電話面談に不安がある」「効果的な電話面談をおこなうための方法がわからない」 転職エージェントと電話面談を予定している方の中には、このよう...

転職したい会社に直接メールする際の書き方と注意点

転職サイトや企業のホームページなどに掲載されている求人に応募する場合などは、企業と直接やりとりする可能性も大いにあります。

メールの基本的な形式は、ビジネスメールと同じですが、転職活動での違いもあります。基本的な書き方と共に、注意点をお伝えします。

メールは基本的には「件名」「宛名」「本文」「署名」で構成されています。普段、メッセージングアプリやチャットを使ったコミュニケーションが多い方は、メールの作成に少し戸惑うかもしれません。おさらいしてみましょう。

件名には用件と合わせて、氏名を書いておくのがおすすめです。相手は人事担当ですので、複数の候補者がいた場合、用件のみだと埋もれがちになってしまうからです。

宛名には企業名と部署名、担当者の氏名を記載します。敬称「様」を付けるのを忘れていないか、部署名や氏名が正確であるかなどを確認しましょう。

メールの本文には、あいさつと自分の氏名、資料請求や面談依頼などの具体的な用件、締めのあいさつを記載します。

最後に相手が連絡を入れるのに必要な電話番号やメールアドレス、住所、氏名などの署名を記載して完了です。

忙しい相手をのことを考えて、簡潔にわかりやすく用件をまとめつつも、丁寧な印象を与えるようなメールを作成しましょう。内容に誤りがあれば、何度もやりとりをする必要が出てきてしまい、印象を損ねる可能性もあります。仕事のメンバーとしてふさわしいと感じてもらえるように、スマートな対応を心掛けましょう。

メール相談も可能なおすすめの転職エージェント

メール相談も可能な転職相談先として、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントに相談するメリットについては後述しますが、転職活動に特化したサービスを使って、スムーズに進めていくことが可能です。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,742件(※2)
非公開求人数 17,998件(※2)
おすすめポイント
  • 一都三県での転職に強み
  • 営業、企画、ITエンジニアへの転職に強い
  • 後悔のない転職が実現できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

転職エージェントに相談するメリット5選

転職活動をするなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。メリットはいくつもありますが、大きく5つに分けて紹介します。

転職のプロに転職相談ができる

転職エージェントを利用すれば、転職活動のプロ・キャリアアドバイザーに相談できることが強みです。人生で何度も転職活動をしてきたという方でさえ「プロ」を名乗れるほどの転職経験を持っていることはまれでしょう。

多くの方が、転職活動においては素人なのではないでしょうか。たくさんの方の転職をサポートしてきた転職のプロに相談できることは、大きな支えになるはずです。

転職エージェントには、業界の専門知識を持ったキャリアアドバイザーが在籍している場合もあります。専門的なスキルが必要な職種や、特殊な業界への転職時には心強い存在です。

転職相談をした上でマッチした企業を紹介してくれる

転職者の興味・関心のみで転職先を検索していく転職サイトの利用のした方とは異なり、転職エージェントは、転職相談をした上で、転職希望者に合う企業を紹介してくれます。

転職希望者のスキルや得意分野を踏まえた上で、思わぬ企業を紹介してくれるかもしれません。一人でおこなう転職活動では出合えない仕事に触れるチャンスです。

書類の添削や面接対策も可能

転職エージェントは、転職相談と企業紹介だけではなく、応募書類の添削や面接対策にも対応してくれます。書類添削や面接対策を第三者の視点で対応してくれるため、自分を客観的に省みて、改善する機会になるでしょう。

転職希望者の多くは、現職で仕事をこなしつつ転職活動を進めるため、書類の添削や面接対策を十分にできない可能性が高いです。一人ではなかなか十分に準備がしづらい部分をサポートしてくれます。

企業との調整役をしてくれる

一人で転職活動をした場合、先に紹介したように電話やメールなどで企業と連絡を取っていく必要がありますが、転職エージェントを利用すれば、企業との調整役も担ってくれるため、転職活動がスムーズに進みます。

「応募先企業に面接スケジュールの依頼をしなければ」「失礼のない時間帯に連絡をしたいけれど、忙しくてできない」などといった、現職と転職希望先との調整に心を痛めなくて済みます。

無料で利用できる

最大のメリットは、転職エージェントを無料で利用できることです。転職希望者が料金を払わなくていいからといって、転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーが無償で働いているわけではありません。

転職エージェントは、企業の求人内容に合った人材を紹介し入社してもらうことで、企業から報酬をもらうシステムです。言い換えれば、転職エージェントは、企業にぴったりの人材を効率良く探し出し、企業にPRする、一連の流れを効率良くおこなうことで収益が上げられるしくみです。

転職希望者の希望やスキルと、企業側の希望する人材の条件をしっかりと把握することが大切です。無料であっても、転職希望者には懇切丁寧な対応をしてくれるのは納得がいくでしょう。

メール相談可能な転職エージェント以外の相談先

転職エージェント以外にも、メールなどで転職相談が可能な施設やサービスがあります。

ハローワーク

厚生労働省が管轄する公共機関であるハローワークでも、転職相談が可能です。ただし、メールのみで転職相談ができるかといえば、そうではありません。

まずは、最寄りのハローワークへ行き、求職申込書を提出する必要があります。求職者であることの手続きをおこなってから、転職相談ができるという流れです。

ハローワークのホームページや、施設内の端末で転職条件を入力・検索してヒットした求人内容について、詳細を問い合わせたり、未記載の内容について確認したりすることも可能です。

企業と求職者、ともに無料で利用できるため、地元の中小企業の求人も充実している傾向にあります。転職エージェントは、地方の企業の情報が少ない場合があります。

地方の企業に就職を希望する場合、ハローワークと転職エージェントを組み合わせて転職活動をすると、両者の弱みを補完し合いながら、転職活動を進められるでしょう。

有料の転職相談サービス

転職エージェントとは違ったタイプの転職相談サービスとして、転職希望者が料金を支払って利用するサービスがあります。さまざまなタイプの転職相談サービスが存在しますが、大まかには2種に分類できるようです。

スカウトやヘッドハンティングの機会を得るためのサービスと、キャリア形成を考える段階からサポートしてくれるサービスの2つです。

 

最初に紹介するのは、企業の採用担当者からスカウトを受けたり、ヘッドハンティングされる機会が得られたりする転職相談サービスです。転職希望者が料金を支払い、採用担当者がチェックする即戦力人材に登録され、ヘッドハンターが抱える非公開求人に応募できるといった権利を得られます。

専門職種や上位役職などに転職したい方におすすめなのがビズリーチです。3分の1以上の求人が年収1,000万円以上(2021年1月現在)とハイクラスで、経営幹部や管理職などのプロフェッショナル人材の求人を多数掲載しています。

ビズリーチ

導入企業数は累計23,500社(2023年1月現在)で、厳選された企業と直接コンタクトできるため、効率的に転職活動を進めることが可能です。

登録しているヘッドハンターは 6,200人(2023年1月現在)。転職のプロであるヘッドハンターに相談もできます。

無料で利用できる転職エージェントとは異なり、有料のプランを利用していることで、企業からは転職意欲が高い人物と見られるのは、メリットといえるでしょう。

ビズリーチを利用するには、まず職務経歴書を作成し、審査を受けることからスタートします。審査後に会員属性はハイクラスとタレントに分けられます。
会員ステータスは、有料のプレミアムステージと、無料のスタンダードステージが用意されています。両者は利用できるサービスが大きく異なりますが、プレミアムステージには1週間の無料期間が設けられています。

有料会員だけでなく、無料で利用できる会員制度も設けられていますので、まずは登録し、転職相談サービスを体験してみてはいかがでしょうか。

 

次に紹介するのは、キャリア形成の段階からサポートしてくれる転職相談サービスです。転職相談を十分におこない、じっくりと職業人生について考えてみたい方には、コーチングなどをしてくれるサービスもあります。

相談実績第1位※を誇るポジウィルキャリアは、定期的に研修を受けた専属キャリアトレーナーが、キャリアに特化したパーソナルトレーニングをおこなう転職相談サービスです。

ポジウィルキャリアでは、さまざまな心理学を活用したワークや分析を多数取り入れ、キャリアのパーソナル・トレーニングを実施しています。

キャリアのパーソナル・トレーニングの手順は、自己分析をおこなって人生のゴール設定をし、理想的な人生の状態と現状とのギャップ分析をへて、キャリア戦略を練ってから転職活動に挑みます。

転職したら終わりではなく、「入社後活躍サポート」も用意されています。自分が心から納得したキャリアを選択し、活躍するまで伴走支援をしてくれるのです。

オンラインで無料相談を実施しているため、目前の転職活動だけでなく、自分のキャリアについて相談したいと考えている方は、体験してみてはいかがでしょうか。

※調査方法:デスクリサーチ及びヒアリング調査(2021年9月24日〜10月8日)「キャリア・コーチングサービス」10社を対象にしたデスクリサーチ及び関係者へのヒアリング調査(株式会社ショッパーズアイ)。比較対象は、インターネット検索などのデスクリサーチおよび各社へヒアリングし対象企業を抽出。

最後に|転職エージェントを使いこなして転職活動を成功させよう

転職活動は、転職希望者が応募先企業の採用担当者にアプローチし、コミュニケーションを図っていくことで進んでいきます。転職エージェントのキャリアアドバイザーのような転職のプロが関わってくれることで、転職活動はぐんと進んでいくことは間違いありません

対面や電話、メール、チャットなどのツールを時と場合によって使いこなしながら、転職エージェントを味方に付けて、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。