教員から転職するのは難しい?年代別のポイントやおすすめ職種を紹介

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

教員から転職するのは難しいと聞くけれど、実際はどうなのだろうか

教員から別の職種に転職したい

など、転職を検討している教員の方もいるでしょう。

教員から他職種に転職することは、民間企業からの転職よりも難しいのは事実です。しかし、教員が転職するときに気をつけるポイントと転職先の選び方を押さえれば、転職に成功することも不可能ではありません。

この記事では、教員からの転職におすすめの職種や、年代別のアピール方法について詳しく解説します。手厚いサポートが受けられるおすすめの転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

教員からの転職を成功させるためには、今までの経験を活かせる求人に応募することが大切です。自分一人ではどんな会社が合っているのか分からない方は転職エージェントに一度相談してみてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:教員の転職に強い転職サイト5選|選び方や最大限利用するコツを解説

目次

教員からの転職が難しいとされるのはなぜ?

一般的に、教員から転職するのは難しいといわれています。教員はビジネス経験がないとみなされたり、多忙で転職活動に時間を割けなかったりするからです。

まずは、教員が転職するのは難しいといわれる理由を4つ紹介します。

1.民間企業よりも収入が高い場合が多いから

教員の給与は、一般的な民間企業よりも高額であるケースが多いのが現状です。教員と民間企業に勤める方の平均年収を比較すると、以下の表のようになります。

公立学校教員小・中学校教育職
※幼稚園を含む
666万円
高等学校教育職
※特別支援学校・専修学校・各種学校を含む
704万円
民間企業給与所得者443万円

【参考記事】
第5表 職種別職員の平均給与額|令和3年4月1日地方公務員給与実態調査結果|総務省 ※教育公務員の給与より、給与月額合計と期末手当・勤勉手当を合計して算出
令和3年分 民間給与実態統計調査|国税庁

上の表のように、教員と民間企業では平均年収に大きな違いがあるようです。

また、教員は年功序列で給与が上がっていくのが通常で、勤め先が倒産する心配もほとんどありません。そのため、銀行からの信用が厚く、住宅や車を購入する際にローンを組みやすいメリットもあります。

もし、教員が未経験の業種に転職すると、給与が現在よりも下がる可能性があり、転職後に待遇面で不満を感じられるかもしれません。

給与が低くなってでも転職したいと思うかどうかを慎重に判断することが大切です。

2.ビジネス経験が少ないと思われるから

教員は「ビジネス経験が少ない」と企業に判断されてしまう可能性があります。これは、業務の目的が教員と民間企業では異なるためです。

民間企業では、業績を上げて利益を追求する姿勢が求められます。一方、教員は子どもの指導や教育がメインの仕事となるため、通常は利益を追求する必要がないでしょう。

教員は収益向上を目的として業務をおこなった経験がないため、一般的なビジネススキルが身についていないと採用担当者に判断されるかもしれません。特に、転職市場では30代以上は即戦力として期待されるので、基本的なビジネスの考え方から教育しなければならない人材は対象外とされる可能性があるでしょう。

20代であれば将来性に期待されて採用される見込みはありますが、年齢が上がるにつれて、教員が民間企業に転職できる難易度は上がると考えられます。

3.年齢によっては転職先の選択肢が少ないから

前述したとおり、教員から民間企業に転職すると収入が下がる可能性があるうえ、一般的なビジネス経験が少ないことが転職のハードルとなります。

実際、全労働力人口に比べて、教員の転職率は以下のように低くなっています。

公立学校 小学校 0.46%
中学校 0.58%
高等学校 0.35%
全労働力人口 5.2%

【参考記事】
令和元年度学校教員統計調査(確定値)の公表について|文部科学省 ※学校種別ごとの転職者数÷本務教員数(【教員の年齢構成】の表を参照)×100で算出
IIA-第5       年齢階級別転職者数及び転職者比率|令和元年労働力調査年報|総務省

全体の転職率が5.2%であるのに対し、教員の転職率は1%にも満たないようです。民間企業への転職が難しいことも、教員の転職率の低さに影響しているのかもしれません。

20代であれば、一般的には職歴以上にポテンシャルや熱意が重視されるため、未経験の職種であっても採用が決まる可能性があるでしょう。

しかし、30代以降になると、経験やスキル、マネジメント能力が重視される傾向にあるため、ますます転職が難しくなると考えられます。志望職種によっては求人自体が少なく、選択の幅が狭くなるかもしれません。

転職後に「想像以上に給与が低い」「転職しないほうがよかったのではないか」などと後悔しないように、現状をふまえたうえで転職するかどうかを考えてみましょう。

4.転職活動に使える時間が少ないから

教員の仕事は多忙であるため、転職活動に思うように時間が割けないことも転職が難しい理由のひとつです。授業の準備のほかに、テストの作成や生徒指導、部活動の顧問などに取り組む必要があり、日々のタスクをやり遂げるだけで精一杯という方もいるでしょう。

さらに、クラス担任になった場合、よほどの理由がないかぎり学期の途中での退職は難しくなります。転職するのであれば、年度終わりの3月末で退職してから41日に入社するのが理想のタイミングです。

しかし、この時期は他業種からの転職希望者も多く、競争率が高いタイミングでもあるため、ほかの時期に比べて転職が難しくなる可能性も考えられるでしょう。

一度は転職を目指したものの、「忙しすぎて転職準備ができない」「生徒が卒業するのを見届けたい」などの理由で、転職活動開始のタイミングを逃してしまう方もいるかもしれません。

教員から転職したい人に多い4つの理由

一般的には転職のハードルが高い教員ですが、どのような理由から「転職したい」と考えるのでしょうか。

ここでは、教員に多い転職理由を4つ紹介します。

1.仕事量が多くプライベートの時間を確保しにくい

教員の仕事内容は多岐にわたります。クラスの担任や授業運営だけでなく、季節行事の実施や保護者対応など、一年中さまざまな業務に従事しなければなりません。

さらに、部活動の顧問を担当している場合には、練習や合宿などで土日祝日などにも時間を取られることがあるでしょう。

また、退勤後や休日であっても、授業の準備やテストの作成など、勤務時間内に終わらなかった業務に取り組まなければならないケースも起こり得ます。時には自宅でも仕事をする必要があり、プライベートの時間を確保しにくいことに不満を感じる方もいるでしょう。

土日に関係なく、プライベートの時間を削って仕事をしているにもかかわらず、公立学校の教員は教職員給与特別措置法により残業代が支給されません。勤務時間の長さからすると割に合わないと考え、残業代がもらえる民間企業への転職を決意する方もいるでしょう。

2.保護者の対応が精神的に辛い

生徒の指導だけでなく、保護者の対応も教師の仕事のひとつです。けがやトラブルなどの連絡や定期的な個人面談、通知表の作成だけでも人によっては強いストレスがかかります。

くわえて、クラスにモンスターペアレントに該当するような保護者がいる場合、精神的な負担は増大するでしょう。

担任であるかぎり、保護者対応からは逃れられないため、中には精神的に辛くなって退職に追い込まれる教員もいるかもしれません。

3.同僚との人間関係がうまくいかない

保護者だけでなく、同僚や先輩との人間関係がうまくいかないことも転職理由のひとつになり得ます。

人の出入りが少ない職員室で、学年主任や管理職、同僚と関係性が悪いと、精神的に辛くなることもあるでしょう。

苦手な同僚があまり関わりのない人であればなんとかやり過ごせるかもしれませんが、同じ学年のクラスを受け持っている場合、協力して学年運営をおこなわなければいけません。

さらに、民間企業と違い教員は生徒を指導する立場にあるため、若くても一人前の先生として厳しい目で見られる傾向にあります。経験年数を考慮されずに厳しく評価されると、気持ちがくじけてしまう場合もあるでしょう。

精神的に追い詰められてしまい、教員を辞めて別の環境で働きたいと考え、最終的に転職に至る方もいるはずです。

4.生徒の指導がうまくいかない

思うように生徒指導ができずに行き詰まってしまうことも、教員の転職理由として挙げられます。授業を妨害したり、こちらの言うことを聞かなかったりする問題児が在籍していると、クラスをうまくまとめられずに悩む方もいるでしょう。

教員は、多くの時間を教室で生徒たちと過ごします。毎日生徒との関係性づくりに苦心していると、やがて強いストレスを感じるようになり、転職を考え始めても無理はありません。

教員からの転職を成功させるポイント・コツ

このまま教員として働き続けるべきか、あるいは転職すべきか、じっくり考えて転職を決心したならば転職活動を始めましょう。

ここでは、教員からの転職を成功させるポイントやコツを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自己分析をおこないスキルの棚卸しをしておく

まずは、自己分析をしっかりおこない、転職したい理由や次の仕事で実現したいことを明確にします。さらに、スキルの棚卸しをおこない、自身の強みを見つけましょう。

転職の軸が定まらないまま、「今の職場が辛いから辞めた」「なんとなく教員を辞めたくなった」などと安易な気持ちで転職活動を始めてしまうと、転職後にミスマッチが起こり後悔する可能性が高くなります。

自分の経験やもっている知識、強みは何かを客観的に分析して、面接でアピールできるスキルは何かを明確にすることが重要です。たとえば、顧問をしている部活動のチームを全国大会に導いた経験などは、マネジメント能力をアピールする材料になり得るでしょう。

経験やスキルに合わない分野の職種に応募しても、採用される可能性は低くなってしまいます。自己分析とスキルの棚卸しをもとに、自身の長所や強み、スキルを把握したうえで、それらを活かせそうな求人に応募することが成功への近道です。

スキルや教員免許を活かせる転職先を探す

ビジネス経験の少なさから採用に不利だと思われがちな教員ですが、教員免許を活かせる転職先も多数存在しています。教員の仕事を通して培ったスキルを丁寧に振り返れば、それらを活かせる仕事を発見できるでしょう。

教員は生徒に勉強を教える力だけでなく、生徒を指導する過程を通して「コミュニケーション能力」が養われます。さらに、テストや教育カリキュラムを作成する「事務処理能力」、授業運営と生活指導など複数の仕事を同時にこなす「マルチタスク能力」などは、ビジネスの場面でも必要とされるスキルです。

「自分は教育関係の仕事にしか就けないのでは?」とあきらめずに、自分のスキルや教職で培った経験を企業にアピールできるようにしておきましょう。

転職エージェントを利用する

教員からの転職を決意したのであれば、転職エージェントにサポートしてもらうのも、転職成功のためのコツといえます。

転職エージェントでは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが自身の希望条件や経験に合った仕事を紹介してくれます。また、初めての転職で不安なときも、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

さらに、応募書類の添削や模擬面接など、転職に必要なさまざまなサポートを受けられるのが特徴です。

特に、教員の場合は民間企業よりも転職者が少ないため、周りに転職経験者がおらず、転職に必要な情報収集がしにくい方もいるかもしれません。

このような場合も、転職エージェントのキャリアアドバイザーは頼れる存在となって、志望業界や応募先企業の情報などを教えてくれるでしょう。

転職活動は自分ひとりでおこなわず、転職エージェントに登録して進めることをおすすめします。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

教員の経験やスキルを活かせるおすすめの職種

転職を決意したものの、教員からどのような職種に転職できるのか、疑問に思う方もいるでしょう。

ここからは、教員免許や教員の仕事を通して身につけたスキルを活かせる職種について紹介します。

塾や予備校の講師

人に教えることが好きな方には、塾や予備校の講師がおすすめです。教える場所が違うだけで教員のスキルをそのまま活用できるので、違和感なく転職しやすい職種であるといえます。

採用面接においても、どのような学校で何をどのように教えてきたのか、今までの教員としてのキャリアを存分にアピールできるでしょう。

塾講師の役割は、教えた生徒の学力を向上させたり、志望校に合格させたりすることです。結果が合格数や生徒の成績で明確に表れるうえ、塾や予備校によっては人気度も一目でわかるため、教員よりもシビアな面もあるでしょう。

また、授業の質の高さで集客する必要があるため、学校で教えていたとき以上にわかりやすい授業運営が求められる傾向にあります。

学校と同様に授業準備に時間を割く必要がある反面、おもしろい授業づくりができるようになると人気講師として年収が上がる可能性があり、やりがいにつながるメリットもあります。

事務作業や部活の顧問などの授業以外の業務が少ないため、教えることに専念したい方や、プライベートの時間を充実させたい方にもおすすめです。

塾によってはクラス担任制が導入されていることもあります。応募前に、求人票に掲載されている業務内容をしっかり確認しましょう。

家庭教師

家庭教師も塾講師と同様に、教員の経験をそのまま活かせるおすすめの仕事です。

塾や予備校の講師と異なり、生徒の自宅に出向いてマンツーマンで勉強を教えます。塾よりも保護者の対応が必要となりますが、教員時代の経験を活かせば問題なく乗り切れるでしょう。

家庭教師として働くには、家庭教師を派遣する会社に登録する、家庭教師斡旋会社の社員として就職するフリーランスで個人的に生徒を募集するなど、さまざまな方法があります。

近頃は授業の形態も変わってきており、近隣の家庭に訪問するだけでなく、全国の生徒を対象にオンラインで教える「オンライン家庭教師」も増加してきています。在宅で教師をしたい方にも働きやすい道が開けてきたといえるでしょう。

塾や予備校の講師と同様、家庭教師の役割は、主に生徒の成績をアップさせることや志望校に合格させることです。生徒一人ひとりとしっかり向き合って指導したい方は、やりがいをもって仕事ができるでしょう。

自分の都合に合わせて働く時間を決められるケースもあるようです。

公務員

公務員も教員からの転職におすすめできる職種です。

公立学校の教員は地方公務員の一種である「教育公務員」としての身分を有していますが、公務員になるには、新たに公務員試験を受験して合格することが必須条件となります。

試験は筆記試験と面接試験が実施され、教員から公務員に転職する場合は「一般枠」または「経験者枠」で受験できます。一般枠とは年齢の条件を満たしていれば、経験不問で受験可能な試験です。経験者枠は、社会人向けの中途採用試験となります。

公務員は民間企業への転職と違い、職歴よりも試験結果が重要視されます。そのため、教員からの転職においてデメリットといわれるビジネス経験不足などを指摘される可能性は低いでしょう。

また、公務員は民間企業より給与が安定している点も魅力のひとつです。比較的高収入である教員からの転職であっても、転職後に待遇面を不満に感じる可能性は低いと考えられます。

なお、公務員の試験には年齢制限があるので注意が必要です。地方自治体によって異なりますが、「一般枠」は30歳前後の方までを対象としていることが多いため、対象年齢を超えている方は受験できません。

一方、「経験者枠」なら一般枠よりも対象年齢が高く設定されており、自治体によっては59歳まで応募可能なところもあります。ただし、経験者枠の採用人数は一般枠に比べて少ないのが通常です。

公務員は人気の職種でライバルが多く、採用の難易度は高くなります。しかし、「地域に貢献したい」という気持ちがある方は、挑戦してみる価値があるでしょう。

営業職

教員は、日々多くの生徒の前で授業をおこなうため、プレゼンテーション能力が自然と養われます。プレゼンテーション能力を活かせる営業職も、教員からの転職に向いている職種のひとつです。

人前で話すのが得意であることは、お客様とコミュニケーションを取る機会が多い営業職において、大きなアピールポイントとなるでしょう。

教材販売会社や教育関係企業であれば、教員としての知識や経験も役に立つので、さらにおすすめできます。

教育とは全く異なる業種にチャレンジしたい場合でも、営業職であれば採用される可能性が比較的高いといえるでしょう。

教育関係企業の事務職

教育業界の仕事に就きたいのであれば、大学や塾の事務職員として勤めるのもおすすめです。教員の業務を通して、書類作成スキルやパソコンスキルなどの事務処理能力は身についているでしょう。さらに、教育現場であれば、学生カウンセリングや相談窓口で教員の経験を活かせる可能性があります。

ただし、大学職員は非常に人気が高い仕事です。安定性の高さから離職者が少なく、求人が出たとしても倍率が高いため、採用されるには狭き門を突破する必要があります。

大学職員になりたい方は、教員を続けながら求人が出るのを待って、内定をもらってから退職するのがおすすめです。転職エージェントに希望を伝えて、大学職員の求人が出たらすぐに対応できるように、日ごろから準備しておきましょう。

【年代別】転職活動のポイント

前述したように、教員からの転職は年代によって転職の難易度が異なります。ここでは、年代別の転職活動のポイントを紹介します。

20代はアピール次第で未経験分野にも挑戦できる

20代の転職では、ビジネス経験の有無をさほど問われない傾向にあります。逆に潜在能力を評価されやすいので、未経験の職種にチャレンジすることも可能です。

また、仕事に対する前向きな姿勢や熱意が評価されやすい点も20代の特徴といえます。教育業界以外に転職したい業界があれば、積極的に応募できるチャンスがあることも、20代ならではの強みです。

ただし、20代も後半になると経験を問われる比重が高くなるため、教員を通して身につけたスキルについて、しっかりと把握したうえで転職に臨むことが大切です。

初めての転職活動でも積極的に支援してくれる転職エージェントを利用して、自己分析やスキルの棚卸しをプロに相談してみるのも良いでしょう。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

30代は経験とスキルを活かした職種を狙う

30代の方は、教員としての経験とスキルが活かせる職種を狙うのがおすすめです。教育関連企業の社員や、塾講師、家庭教師など、教育現場に携わる職種であればスムーズに転職できるでしょう。

また、教員生活の中で積み重ねた知識やスキルを面接時にうまくアピールできれば、教育業界以外でも転職できる可能性はあります。

ただし、30代以降の未経験業種への転職は、一般的にはハードルが高いと認識しておくことも必要です。教員の30代の給与は民間企業よりも高額であることが多く、たとえ採用されたとしても、転職後に給与が下がり不満を感じるかもしれません。

給与よりも業界や業務内容を重視した転職を考えている場合をのぞき、安定した待遇の職場で働きたいのであれば、スキルや経験を活かせる教育業界の仕事に応募することをおすすめします。

40代以降は教育業界への転職が現実的

40代以降の転職はさらにハードルが高くなり、難易度が上がるのが現状です。ほぼ未経験業種への転職は厳しいと考えたほうがよいでしょう。教育業界に絞って転職活動をおこなうのが、一番転職が成功しやすい選択肢となります。

40代以降の求人は管理職やマネージャー職など上位の業者が多いため、教員以外のビジネス経験がないことがネックとなりがちです。とはいえ、豊富な教員経験を活かしたコンサルティング業務など、教育業界で培った実力を発揮できる職場を見つけられる可能性はあります。

ハイクラス求人に特化した転職エージェントに登録し、教育業界の求人があるかどうか相談してみるのも良いでしょう。

ただし、40代で教員から転職する場合、給与が大きく下がる可能性もあります。

給与にこだわらず、自分の経験に合った求人を見つけて転職活動をおこなえば、転職自体を成功させることは可能でしょう。

教員からの転職におすすめ転職エージェント

ここからは、教員からの転職におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。どのエージェントも無料で利用できるため、複数登録して転職活動に活かしてください。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 240,663件
非公開求人数 42,210件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,004件
非公開求人数 17,637件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

まとめ

教員からの転職は一般的にはハードルが高く、周囲の成功事例が少ないため不安になることもあるでしょう。転職活動はひとりでおこなわず、転職エージェントのサポートを受けながら進めていくのがおすすめです。

また、年代によって転職事情が大きく異なるのも教員からの転職の特徴です。20代は将来性が見込まれて未経験職種でも採用される可能性がありますが、30代以降では教員の経験・スキルが活かせる職種を目指すのがポイントといえます。

年代に合った転職先やアプローチ方法をおこなえば、転職成功の確率も大きく上がることでしょう。

本記事を参考に、ぜひ教員からの転身を目指してみてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。