【未経験も使える】Webデザイナーにおすすめの転職エージェントは?選ぶ際のコツや転職成功のポイントなどを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「Web業界に強い転職エージェントを知りたい」
「Webデザイナーとしてキャリアアップしたい」

Webデザイナーとして転職を考えている方の中には、このような悩みを抱えている方も少なくないはずです。

Webデザイナーの転職をより効率良く、円滑に進めるためには、Web関連に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

Web関連に強い転職エージェントであれば、業界ならではの悩みを相談しやすく、的を射たアドバイスを受けられ、希望の転職を叶えられる可能性が高くなります。

ただし、転職エージェントを利用する際は、各転職エージェントの特徴を押さえておくようにしましょう。転職エージェントごとに特色や保有している求人が異なるため、自分に合わない転職エージェントでは、希望の転職を叶えられないかもしれないからです。

この記事では、Webデザイナーにおすすめの転職エージェントや、Webデザイナーが転職する前に準備しておきたいことなどを詳しく紹介します。

Webデザイナーが転職を成功させるために必要な情報を細かく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:クリエイティブ職に強いおすすめ転職エージェントは?成功確率を上げるポイントも紹介

目次

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

Webデザイナーにおすすめの転職エージェントを詳しく紹介します。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

リクルートエージェントは求人数が多い。独自に分析した業界情報を提供してくれる。

マイナビエージェントは20代から信頼が厚い。初めての転職にもおすすめ。

dodaは専門性のあるキャリアアドバイザーに相談できる

type転職エージェントは一都三県で転職を考えている方におすすめ。

doda Xはハイクラス転職を目指す方におすすめ。

なお、本記事で紹介するおすすめの転職エージェント情報は公式サイトを参照し、求人数・サポート体制・業界特化などを基準に紹介しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の実績(※1)を誇る転職エージェントです。Webデザイナーの公開求人は464件(キーワード「Webデザイナー」での検索結果)(※2)ほどあります。勤務地や年収、希望条件に合わせて幅広い選択肢の中から選べるでしょう。

リクルートエージェントには、業界の知見が豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているため、Webデザイナーとしてのアピールポイントを考えたり、自分の経験を活かして企業を探したりできます。

Webデザイナー業界に精通したアドバイザーによる転職サポートを受けることができれば、不安や悩みを解決して理想の転職を叶えられるでしょう。

面接や条件交渉などはアドバイザーに任せられるため、転職活動の時間が取れない方も安心です。

(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヶ月以上の有期雇用の合計人数(2022年度実績を自社集計)2023年6月時点
(※2)2024年4月時点

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年6月3日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、2023〜2024年のオリコン顧客満足度®調査で、2年連続満足度総合No.1に選ばれた転職エージェントです。

転職回数や年代別に転職のポイントをまとめているため、「初めてWebデザイナーに転職する」「30代だけどWebデザイナーに挑戦したい」などの方でも使いやすいでしょう。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制であるため、Webデザイナーならではの悩み(ポートフォリオの作り方や自分にマッチする領域など)も相談しやすい環境です。

また、上記とは別で求人企業と直接やり取りする「企業担当在籍アドバイザー」もいます。実際の職場の雰囲気をチェックしてくれるため、社内で作業する機会が多いWebデザイナーにとって、リアルな仕事場の環境を知れるのは安心でしょう。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

doda

doda

dodaは、オリコンによるインターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数において、転職利用者の満足度No.1とされている転職エージェントです。

すでにWebデザイナーとして経験がある方は、dodaのスカウトサービスを活用してみましょう。スカウトサービスとは、企業から登録者へ直接オファーが届くサービスです。

Webデザイナーとしてのスキルや経験をまとめ「自分がどのように貢献できるか?」を充実させておけば、それを見た企業からオファーが届きます。

スカウトサービスを活用することで、現職が忙しい中でもスムーズに転職先を見つけられるだけでなく、自分の市場価値も把握できます。

また、dodaでは「パーソナルエージェントサービス」も利用可能です。5,000人以上のキャリアアドバイザーの中から、Webデザイナー転職の支援実績があるエージェントに担当してもらえるうえ、企業からのスカウトメールも届きます。

専門性を持ったエージェントに相談しながら転職活動を進められるため、自分の希望にマッチした企業と出会える可能性が高まるでしょう。

サービス概要
サービス名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数247,463件
非公開求人数38,795件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://doda.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、転職サービスを25年以上展開する中で、支援実績34万人を誇る転職エージェントです。

5つの領域別(IT/Web・営業・ハイクラス・販売/サービス・事務/管理)に知見をもったアドバイザーが、27,000件以上の求人から求職者にマッチした求人を探してくれます。

「ITにも強い」と銘打っており、求職者の年収アップ率も79%を誇っているため、「Webデザイナーとしてもっと条件のよい企業に転職したい」と考えている方におすすめです。

  • 将来のビジョンに悩んでいる
  • 首都圏で転職を考えている
  • 実績のある転職エージェントを利用したい

などの希望があるなら、丁寧なカウンセリングが強みのtype転職エージェントを利用してみましょう。自分では気づかなかった強みや今後のビジョンなど、一緒に考えながらよりよい求人を提案してくれます。

Geekly

Geekly

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの担当範囲が「Webデザイナーを含めたクリエイター部門・エンジニア部門・IT営業部門」というようにIT職種の中でも細分化されており、専任アドバイザーがカウンセリングから入社後まで手厚くサポートしてくれます。

Geeklyは、以下のような方にとくにおすすめできる転職エージェントです。

  • Webデザイナーに詳しいアドバイザーから支援を受けたい
  • Webデザイナーとしてのブランクがあるけど好条件の会社に転職したい
  • IT職種の中でも自分にどの仕事が合うか教えてほしい

Geeklyでは、非公開求人を含めて3万件(※1)を超える求人の取り扱いがあり、Webデザイナーだけでも485件(※2)の求人が保有されています。担当アドバイザーが最適な求人を厳選して紹介してくれるため、マッチ度の高い転職先を見つけられるでしょう。

登録すると、応募書類の添削や面接のスケジュール調整、応募先企業の詳しい情報共有、面接対策など、忙しいWebデザイナーの転職活動をきめ細やかにサポートしてくれます。

(※1)Geeklyの公式サイトを参照。2024年1月時点の求人数
(※2)2023年11月時点

  • 首都圏で転職したいエンジニア
  • 年収・キャリアアップを実現したい方
  • 大手企業からベンチャー企業まで幅広く求人を見たい方
Geeklyの詳細情報
サービス名Geekly
運営会社株式会社Geekly
公開求人数23,062件
非公開求人数非公開
対応地域東京23区内中心
公式サイトhttps://www.geekly.co.jp/
2024年6月3日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

スキルを活かしてWeb業界で働きたいと思っていたので、Geeklyを利用しました。上手く転職には繋がらなかったですが、面接に落ちてしまった後には丁寧なフィードバックをして頂けましたし、最後まで親身なサポートにはとても好印象を受けました。

東京エリアで転職を考えた場合には求人が多いので、この点に関しては良かったです。それとアドバイザーのクオリティも高くて相性も良かったので、転職支援としては手厚くて良かったです。

ゲーム業界に興味があったのでGeeklyに登録しましたが、案件は充実していたものの、そのほとんどが東京でしたし、地方で絞ると数件ヒットするだけだったので、希望に合った求人はほぼありませんでした。


関連記事:Geeklyの評判は?利用するべき?口コミからわかるメリット・デメリット

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月15日
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:Geekly利用者の男女

マイナビIT AGENT

マイナビIT

マイナビIT AGENTでは、マイナビの中でもIT・Web業界に特化したサービスを提供しています。

ITやWeb業界の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーから、手厚い支援を受けられる点が特徴です。

マイナビITエージェントには、クリエイティブ専門チームもあります。専門チームでは、Webデザイナーをはじめとしたクリエイティブ職への転職希望者に、「ポートフォリオの作成方法」「未経験からWebデザイナーに挑戦する際のアピールポイントの設定方法」などをアドバイスしてくれるため、初めての方でも安心です。

「在宅勤務制度あり!Webデザイナーの求人特集」(※1)が組まれていることからも、Webデザイナーの転職に力を入れていることがわかります。

また、マイナビITエージェントを利用して転職した方のうち、3ヵ月間定着した割合は97.5%(※2)を達成しており、ミスマッチをなくして企業に入社したい方にもおすすめです。

(※1)2024年4月時点
(※2)2020年10月1日~2021年9月30日にマイナビの人材紹介サービスで入社した方の定着率

  • 初めて転職するエンジニア
  • 入社後のミスマッチを減らしたい方
  • SE・アプリケーションエンジニアで転職したい方
マイナビITエージェントの詳細情報
サービス名マイナビITエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数19,447件(※)
非公開求人数5,662件(※)
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/it/
2024年6月3日時点
(※)SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)
マイナビITエージェントの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋

特に問題がなく利用していけるところではないか?と思います。マイナビと名前も憶えやすいですし、利用者も多く書類添削や面接対策から、内定後の年収交渉・入社後のフォローまで完全無料でトータルサポートしてくれて他社に比べると口コミの数も多かったです。

始めての登録で、わからないことが多く色々と質問をしましたが、レスポンスがとても早かったので安心できました。

聞けば答えは返ってきますが、スキルや実績が足りないからかマイナビ側からの提案はありませんでした。いいお客ではなかったのだろうなあと思います。

 口コミをもっと知りたい方はこちら
関連記事:マイナビIT AGENTの評判は?口コミから分かるメリットや向いている人を解説!

【アンケート概要】
調査期間:2024年2月6日~2024年2月13日
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:マイナビITエージェントを利用したことのある男女

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、WebデザイナーをはじめとしたIT・Web業界のクリエイターやエンジニアの転職支援を専門とする転職エージェントです。キャリアアドバイザーの担当分野は職種別に分かれているため、各業務に関する豊富な知見で転職をサポートしてくれます。

希望企業への転職成功率96%(※1)という数値からも、ハイレベルな支援を受けられることがわかるでしょう。Webデザイナーの掲載求人数は754件(※2)です。

レバテックキャリアでは、企業の専任担当者が年10,000回以上にわたって企業訪問を実施しており、職場の雰囲気やチームのスキル感などのリアルな内部情報を共有してくれます。そのため、社内で働く機会の多いWebデザイナーでも、「安心して働けるか?」を明確にイメージしてから応募に進めるでしょう。

書類添削や面接対策は企業ごとに分けて実施されるので、企業の求める人物像やスキルに即した対策が可能です。デザイナーの採用担当者によるポートフォリオの添削もあるため、内定確率の向上が期待できます。

(※1)2020年8月〜2021年9月の実績
(※2)2024年4月時点

  • 年収アップしたいエンジニア経験者
  • エンジニアとしての市場価値を知りたい方
  • 上流工程を目指している方
レバテックキャリアの詳細情報
サービス名レバテックキャリア
運営会社レバテック株式会社
公開求人数21,939件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://career.levtech.jp/
2024年6月3日時点
レバテックキャリアの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋

アドバイザーの専門性や知識が非常に高く、こちらの疑問や心配点を即座に察してくれて助かりました。満足のいく転職ができたので大満足です。

高年収求人が充実していると聞いたので、年収アップに繋げたくてレバテックキャリアを利用しました。求人の質の高さはもちろん、面接対策や転職支援など、サポートが手厚いにも関わらず無料だったので非常に助かりました。

年収を上げたくてレバテックキャリアを利用しました。しかし、条件が厳しくて応募すらできない求人ばかりでしたし、即戦力でなくてはいけなかったのでスキルに合わない事がとても多かったです

口コミをもっと知りたい方はこちら
関連記事:レバテックキャリアの評判・口コミは悪い?担当者へのインタビューをもとに実態を調査!

【アンケート概要】
調査期間:2023年8月7日
調査方法:インターネットアンケートによるアンケート
調査対象:レバテックキャリアを利用したことがある男女150名

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、転職相談実績83万人(※1)、転職決定人数第1位(※2)を誇る転職エージェントです。全国48ヵ所に拠点があり、転職相談は対面・電話・オンラインから選べます。平日夜間や土日祝も対応しているため、在職中の方でも気軽に使いやすいでしょう。また、全国に拠点があるワークポートでは、地方の求人が充実している点も特徴です。

ワークポートでは「スペシャリストを目指すデザイナー・クリエイター特集」という形で、Webデザイナーを含めたIT関連職種の求人を掲載しています。デザイナーとしてだけでなく、ディレクターなど上流工程に携わってキャリアアップしたい方にもおすすめです。

また、通常の検索でもWebデザイナーの公開求人は558件(※3)掲載されており、リモート勤務可能な求人も多数保有されています。

公式サイトには履歴書・職務経歴書のテンプレートやオンライン作成ツールも用意されており、多忙な方でも転職活動を進めやすい点が魅力です。

(※1)2024年4月時点
(※2)リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2023年度上半期~』(2023年4月~2023年9月)
(※3)2024年4月時点

サービス概要
サービス名ワークポート
運営会社株式会社ワークポート
公開求人数96,518件
非公開求人数非公開
対応地域全国/海外(韓国)
公式サイトhttps://www.workport.co.jp/
2024年5月17日時点

関連記事:ワークポートの評判はやばい?口コミから基本サービス・向いている人まで解説!

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、Webデザイナーやライター、ゲームといったクリエイター界隈に強い転職エージェントです。

自社サイトコンテンツにも、Webデザイナー向けに「ポートフォリオ作成サービスまとめ」「Webデザイナーが押さえるべきツール」などの記事が充実しています。

また、Webデザイナー向けにポートフォリオの作り方講座やキャリアパスに関するセミナーなどを定期開催しているため、「効果的なポートフォリオの作り方がわからない」「Webデザイナーが効果的に選考を突破するためのアドバイスがほしい」など、Webデザイナーの悩みをピンポイントで解消できるでしょう。

さらに、専用ソフト不要で直感的な操作のみでポートフォリオを作成できる「MATCHBOX」も準備されているため、急を要する場面でも手早くポートフォリオを準備できます。

サービス概要
サービス名マイナビクリエイター
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数4,320件
非公開求人数非公開
対応地域東京・愛知・大阪・福岡中心
公式サイトhttps://mynavi-creator.jp/
2024年4月23日時点

doda X

dodaX

doda Xは、Webデザイナーとしてハイキャリアを目指す方におすすめの転職サービスです。掲載求人には、年収800万~2,000万の非公開求人が数多く掲載されています。年収アップやキャリアアップを目指すWebデザイナーはぜひ登録しましょう。

doda Xでは「ヘッドハンティング」「求人紹介」「企業スカウト」の3種類のサービスを利用できます。

「求人紹介」は、doda Xの求人担当者から送られるスカウトや求人検索から自分で見つけた求人に応募できるサービスです。

「ヘッドハンティング」は、提携するヘッドハンティング会社のヘッドハンターから非公開求人などの優良スカウトを受け取れるサービスです。どのような企業のスカウトがもらえるかで、自分の市場価値を把握できます。

「企業スカウト」は、Webデザイナーとしての経歴に興味を持った企業から直接スカウトを受け取れるサービスです。

上記3つのサービスをうまく活用すれば、納得できる好条件の求人に出会いやすくなり、Webデザイナーとして理想のハイクラス転職を叶えられるでしょう。

サービス概要
サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 53,036件
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト https://doda-x.jp/
2024年6月3日時点

【関連記事】doda Xの評判は良い・悪い?口コミからサービスの特徴・メリット・デメリットを解説

【目的別】Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

一口にWebデザイナーにおすすめの転職エージェントといっても、エージェントによって提供するサービス内容はさまざまです。どのエージェントが自分に合うかわからず、登録先を決められない方もいるでしょう。

この章では、「未経験者」「キャリアアップ・年収アップ」「フリーランス」の3つの条件に分けて、おすすめの転職エージェントを紹介します。

未経験からWebデザイナーを目指したい

未経験からWebデザイナーへの転身を目指す方には、以下4つのエージェントの利用がおすすめです。

未経験からWebデザイナーを目指す方におすすめ

Webデザイナーの転職活動ではスキルが重視される傾向がありますが、未経験者でも転職は不可能ではありません。未経験からWebデザイナーに転職するためには、業界・職種の理解とアピールすべきポイントの発掘が重要です。

マイナビITエージェントでは、未経験者向けのコラムやキャリアアドバイザーによる支援が充実しており、転職成功の可能性を高められるでしょう。

リクルートエージェントとdodaは求人数が多く、業界を問わず未経験者をサポートした実績が多いので、成功するためのノウハウの提供に期待できます。

また、ワークポートには未経験者を専門としたサービスがあり、マンツーマンで幅広いアドバイスを受けられます。

【参考記事】未経験の転職ナビ|ワークポート

キャリアアップや年収アップを目指したい

キャリアアップや年収アップを求める方は、以下5つの転職エージェントを利用するとよいでしょう。

キャリアアップや年収アップを目指す方におすすめ

リクルートエージェントとdodaは、求人数の多さに強みのある転職エージェントです。幅広い求人が保有されており、希望条件に適う求人を見つけられるはずです。

doda Xは、管理職や高年収など、ハイクラス向けの求人に特化してサービスを展開しています。登録すると、ヘッドハンターから好条件の求人を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

また、GeeklyとマイナビIT AGENTは年収アップ率の高さが魅力です。Geeklyでは81%(※1)、マイナビIT AGENTではエンジニアではありますが、73.7%(※2)もの方が年収アップに成功しています。年収アップを目指す方は、ぜひ登録しておきたいエージェントです。

(※1)Geeklyの公式サイトを参照。2024年1月時点
(※2)2021年10月1日~2022年9月30日の間に転職が決まった方で転職前の年収額を上回った割合

将来的にフリーランスとして働きたい

フリーランスとして働きたい方には、レバテックキャリアの系列エージェントであるレバテッククリエイターがおすすめです。

Web・ゲーム系のフリーランスを専門とするサービスで、案件の提案やキャリアの相談、単価交渉、参画中のフォローなどのサポートが受けられます。

レバテッククリエイターでは、クライアント企業から直接案件の受注を受けているため、中間マージンが発生せず、高単価案件が多いのが特徴です。また、契約終了前に次回案件の提案が受けられ、ブランク期間が発生しにくいのもうれしいポイントといえます。

Webデザイナーの案件も多数用意されているため、フリーランスでの働き方を検討している方は登録してみるとよいでしょう。

なお、2023年11月時点で、首都圏、関西、愛知、福岡、フルリモートの求人の取り扱いがあります。

【関連記事】フリーランスエンジニア向けエージェントおすすめ22選比較ランキング|2024年2月版

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

Webデザイナーが転職エージェントを選ぶ際のポイント

Webデザイナーが登録する転職エージェントを選ぶ際には、以下のようなポイントを重視するとよいでしょう。

この章では、Webデザイナー向けの転職エージェントの選び方を解説します。

Webデザイナーに特化している転職エージェントを選ぶ

Webデザイナーが転職する際は、Webデザイナーに特化したエージェントを利用したほうが、よりきめ細やかなサポートに期待できるでしょう。

Webデザイナーの転職では、スキルに合った仕事の紹介やポートフォリオ作成など、キャリアアドバイザーにもある程度の専門性が求められます。

また、特化型エージェントは企業とのつながりが深くなりやすく、職場の雰囲気やスキル感などの内部情報に精通していることが多い点もメリットです。

総合型の転職エージェントを利用する際も、キャリアアドバイザーの担当領域が細分化されているエージェントを選ぶことが賢明です。

実際に掲載されている「Webデザイナー向けの求人数」をチェックする

Webデザイナーの求人件数は、エージェント選びの際に重視すべきポイントのひとつです。

幅広い業界・職種の求人が集まっているエージェントでも、Webデザイナーの求人が少なければ、転職の選択肢は限られます。また、Webデザイナーの求人数の多さは、サポート実績の豊富さを表しているともいえるでしょう。

さらに、一言で「Webデザイナー」といっても、グラフィックデザイナー・ゲームデザイナー・UI/UXデザイナーなど多くの職種があるため、自身のキャリアを活かせる求人がどれくらいあるかもチェックすることが重要です。

なおWebデザイナーの場合、求人数だけでなく希望エリアの求人があるかも注目しましょう。もし、通勤範囲内の求人が少ないのであれば、フルリモートで勤務できる求人の有無にも着目してみてください。

転職エージェントのサポート体制をチェックする

Webデザイナー向けのサポートが充実しているかどうかも、転職成功のためには欠かせないポイントです。

とくに、初めて転職活動に取り組む方は、ポートフォリオの作成支援があると安心できます。

選考過程において、ポートフォリオは自身の実力や実績を企業に示す大切な資料となるものです。完成度の高いポートフォリオを作成できれば、それだけ転職成功の可能性を高められるといっても過言ではないでしょう。

Webデザイナーの転職活動では、ポートフォリオの作成アドバイスや、現役デザイナーによる添削を実施しているエージェントを利用するのがおすすめです。

複数の転職エージェントを使って一番自分にマッチするサービスを選ぶ

転職する際は、必ず複数の転職エージェントを並行して利用しましょう。

上記で解説したように、サービスごとで得意な転職支援分野は異なります。そのため、転職エージェントによってはWebデザイナーへの知見や業界の知識がなく、適切なアドバイスを受けられないケースもあるでしょう。

自分に一番マッチしたサポートを提供してくれる担当者と出会うためにも、複数の転職エージェントを並行利用しましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

Webデザイナーが転職を成功させるために事前にやっておくべき準備

Webデザイナーが転職活動をおこなう際は、以下の準備をしておきましょう。

事前に企業に関する情報を集めたりポートフォリオを作成したりすることで、転職活動を円滑に進められます。

応募したい企業について調べる

これはWebデザイナーに限らず転職全般にいえることですが、応募した企業については事前によく調べておくようにしましょう。

自分が応募した企業の特徴や社風、求める人物像などを知っておけば、面接対策にもなります。

本当に自分の希望に合った企業なのか、できるだけ自分で調べておくことが大切です。

どうしても知りたい情報が得られない場合は、転職エージェントに相談してみましょう。求人企業と連絡を取り合う中で、Webデザイナー業界ならではの内情を入手しているキャリアアドバイザーも多くいます。

応募前には、積極的に応募先企業の情報を調べることが大切です。

ポートフォリオを作成する

Webデザイナーとして転職する際には、ポートフォリオが非常に重要です。

ポートフォリオは、自分のスキルや経験を明確に示せるアピールポイントになります。

そのため、ポートフォリオを作成する際には、見やすさや美しさにこだわる必要があります。最新のトレンドや企業が好みそうなデザインのものにすると、より高い評価が期待できるでしょう。

Webデザイナーの場合、制作物のビジュアルがわかるポートフォリオを作成すれば、企業側も自社のイメージするものを作ってくれる人材か判断しやすくなります。

基本的には、以下の3項目をポートフォリオに記載すれば大丈夫です。

記載項目詳細
プロフィール氏名・生年月日
顔写真などの基本情報
経歴・スキル
使用可能ツール
自己PR
作品紹介実際に制作した作品の情報
画像・タイトル・概要
工夫した点・成果などをまとめる
自信作から順に掲載し、多くても3作品程度にする
連絡先連絡先やSNSなどの情報
ポートフォリオサイトのURL

応募企業に合った志望動機や自己PRを作成する

転職をする際にポイントとなるのが、「企業の求める人材像が自分の強みや自己PRとマッチしているか?」という点です。

応募する企業に合った志望動機や自己PRを作成することで、高い評価を得ることができます。

具体的には、自己分析をおこないWebデザイナーとしてのスキルや経験を洗い出すと、より企業にマッチしたアピールができるようになるでしょう。

例えば「前職ではシンプルなWebサイトのデザインを担当していたが、サイトの使い勝手の改善に踏み込んだ経験を積んでスキルアップを図るためにUI/UXデザイン領域にチャレンジした」などであれば、効果的にアピールできます。

志望動機や自己PRについて悩んでいる方は、転職エージェントに相談してアドバイスを求めてみましょう。

転職に有利に働く資格を取得する

Webデザイナーとして転職するなら、転職に有利な資格を保有しておくのもおすすめです。

資格は自身のスキルの証明になり、企業としても評価しやすくなります。

おすすめの資格は、「ウェブデザイン技能検定」と「Webデザイナー検定」です。

未経験でも受験可能なので、Webデザイナーとして有利に転職したい方は、資格を取得しておくこともおすすめします。

もちろんすでにWebデザイナーとして活躍している方も、あらためて資格を取得することで、客観的にスキルを証明できるためおすすめです。

【関連記事】Webデザイナーにおすすめの資格とは?未経験でも効果的に取得できるスクールも紹介

転職の希望条件に優先順位をつける

Webデザイナーに限らず、転職時は企業へ求める条件に優先順位を付けましょう。

企業への希望条件としては、職種や給与、勤務地、福利厚生、在宅勤務の可否など、さまざまな内容が挙げられます。しかし、自分の希望条件すべてを満たす企業はほぼ存在しません。

希望条件を絞りすぎるといつまでも転職先が見つからないため、「Webデザイナーとしての前職の経験は絶対に活かしたい」「在宅勤務はできなくても問題ない」など、譲れない条件と妥協できる条件を定めておきましょう。

Webデザイナーが転職エージェントを使うメリット

Webデザイナーが転職を成功させるためには、転職エージェントの活用がおすすめです。

ここでは、Webデザイナーが転職エージェントを使うメリットについて詳しく紹介していきます。

ポートフォリオや職務経歴書についてアドバイスをもらえる

Webデザイナーの転職では、ポートフォリオの提出が欠かせません。デザインの仕事は、視覚的に提示しないと伝わりにくい部分であるため、ビジュアルを含めたポートフォリオの提出が必要なのです。

また、職務経歴書には経歴を羅列するだけでなく、「クライアントの要望に対しどのような提案をしたか?」「どういったサイトに仕上げたか?」「自分はどの部分を担当したのか?」などを明示する必要があります。

転職エージェントは求人を出している企業の要望も理解しているため、評価されやすいポートフォリオの書き方や掲載すべき実績を客観的にアドバイスしてくれます。さらに、職務経歴書の書き方についてもアドバイスをもらえる場合がほとんどです。

転職エージェントを活用することで、企業の目を引きやすい書類が作成できるのです。

Webデザイナーとしての強み・弱みを分析してくれる

転職エージェントでは、はじめにキャリアアドバイザーとの面談があります。

どのような仕事をしてきたか、どのようなスキルを持っているか、考え方や問題に対してどう対処してきたかなど、転職者のさまざまな情報からWebデザイナーとしての強みや弱みを客観的に分析してくれます

自分の強みや弱みがいまいちよくわからないと悩んでいるなら、こうした転職エージェントのサポートは欠かせません。また、ご自身の強みがわかれば、面接などで自信を持ってアピールできるようになるはずです。

Webデザイナーの知見があるエージェントにキャリアパスを相談できる

Webデザイナーとして長く活動していくためには、自分のキャリアパスを考えておくことが肝心です。

将来的に目指す方向性をイメージしたうえで転職活動をおこなえば、目指すべき企業がわかり、転職活動も円滑に進めやすくなります。

転職エージェントでは、今の転職をサポートするだけでなく、将来を見据えたキャリアパスの相談も可能です。

とくにWebデザイナー特化型の転職エージェントであれば、具体的な職種などへの知見もあるため、最適なアドバイスをしてくれます。

中長期的な視点から客観的な意見を聞けるのも、転職エージェントを利用すべき理由です。

自分のスキルや希望に合った求人を探してもらえる

自分のスキルや希望に合った求人に応募したくても、膨大な求人の中から自分にマッチした求人を見つけるのは大変です。現職で働きながら転職活動をする場合はなおさらでしょう。

企業サイトの求人ページや転職サイトの情報だけでは、本当に自分のスキルや希望に合った転職先なのか判断しきれないことは少なくありません。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーに伝えたスキルや希望に沿って、ご自身に合った求人を探してもらえます。

客観的な観点から求人を紹介してくれるため、自分では思いも寄らなかった求人が見つかることもあります。こうした点も転職エージェントを利用したい理由です。

企業の特徴や社内の雰囲気を事前に把握できる

転職した際に悩みとして多く挙げられるのが、「入社前とのギャップ」です。

新しい職場で働きはじめてから、社内の雰囲気が合わず辞める方も少なくありません。

転職エージェントでは、有休消化率や残業の実態、実際の社内の雰囲気などをヒアリング調査していることが多く、キャリアアドバイザーを通じて転職先の実情を知ることができます。

とくにWebデザイナーは、社内で作業している時間が長いため、雰囲気のチェックはより重要になります。

転職してからのミスマッチを防げるのも、転職エージェントを利用すべき理由です。

面接練習を受けられるため効率的に選考対策ができる

転職するにあたって課題になりやすいのが面接です。

「どのように答えればよいかわからない」「何を質問されるのかわからず不安」など、面接に関する直接的な悩みだけでなく、単純に人前が苦手という方もいるでしょう。

転職エージェントでは、企業からの質問を想定して、回答のアドバイスをしてくれたり、模擬面接を実施してくれたりします。

また、伝わりやすい話し方、話し方のスピードなど、ちょっとしたテクニックもアドバイスしてくれます。さらに、Webデザイナーとしての経験やスキルをアピールする方法を教えてもらえるでしょう。

「面接でよい印象を与えたい」「苦手な面接をうまくこなしたい」と考える方にとって、転職エージェントの利用は有効です。

面接の日程調整や条件交渉など面倒な作業を代わりにおこなってもらえる

転職エージェントを利用すれば、面倒な面接の日程調整や入社後の条件交渉などをキャリアアドバイザーに一任できます。

転職活動では、複数の企業に応募することもめずらしくありません。

しかし、面接などの日程調整は手間です。とくに働きながら転職活動を進めていると、こうした転職活動に関するスケジュール管理はとても手間に感じる部分でしょう。

転職エージェントに任せれば、スケジュール調整や入社後の条件交渉などをすべておこなってくれます。「面接がバッティングした」などの問題も起こらずに済むでしょう。

また、少し相談しにくい「家庭の事情で早退したい曜日がある」「給与をもう少し上げてほしい」なども転職エージェントに一任できるため安心です。

好条件の非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、非公開求人を抱えているケースが多いです。

非公開求人は好条件であることが多いため、Webデザイナーとしてのキャリアアップや年収アップを狙う方は、ぜひ紹介してもらいましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

Webデザイナーが転職エージェントを利用する際の注意点

Webデザイナーが転職エージェントを利用すると、「ポートフォリオ作成のアドバイスがもらえる」「スキルに合った求人を紹介してもらえる」などのメリットがあります。

一方で、転職エージェントを利用する際は以下の点に注意しましょう。

ポートフォリオのレベルによっては紹介してもらえる求人の幅が狭くなるケースもある

転職エージェントは、求職者の今までのスキルや経験だけでなく、ポートフォリオに掲載された成果物のクオリティでも実力をチェックします。

そのため、ポートフォリオを見た転職エージェントの担当者が「この求職者はスキルが低い」と判断すれば、紹介される求人の幅が狭まる可能性はあります。

自分の実力を正しくアピールするためにも、今までの成果物の中から担当者の目を惹ける実績を提示しましょう。

エージェントに知見が無いと希望に合わない求人を紹介されることがある

転職エージェントを利用すると、希望に合わない求人を紹介されることもあります。とくにWebデザイナー特化型の転職エージェントでないと、担当者が職種や仕事内容をあまり理解できていないこともあるでしょう。

これにより、求職者が希望する仕事内容や職場条件が担当アドバイザーに明確に伝わらず、希望に合わない求人を紹介されることがあるのです。

理想とかけ離れた求人を紹介された場合は、断っても問題ありません。

その際に「どのような点がイメージと違うのか?」「絶対に譲れない条件は何か?」などの要望を伝えると、担当者の理解が深まり、マッチング精度の高い求人を紹介してもらえます。

担当者との相性が合わない場合がある

転職エージェントには複数人のキャリアアドバイザーが在籍していますが、ほとんどのエージェントでは担当者を指名できません。

もし、「連絡が遅い」「話を理解してもらえない」「的外れなアドバイスをされる」「連絡を急かされる」などの不満を感じたら、その担当者とは相性が合わない可能性があります。

とくに、Webデザイナーの場合、担当者の専門性の高さは、転職を成功させるための重要な要素のひとつです。アドバイザーのスキルによって、転職活動の結果が左右されるといっても過言ではありません。

キャリアアドバイザーとの相性の悪さを感じたのであれば、遠慮せずに担当者の変更を依頼しましょう。

自分のペースで転職活動しにくい

転職エージェント利用のデメリットとして、自分のペースで転職活動を進めにくい点が挙げられます。

転職エージェントを利用すると、次にやるべきことの提示やポートフォリオの作成期限の設定など、転職活動の道筋を示してもらえるのはメリットともいえます。

しかし、人によっては急かされているように感じられ、頻繁な連絡のやり取りがわずらわしくなってしまうかもしれません。

自分のペースで転職活動に取り組みたい方は、転職エージェントに任せきりにせず、転職サイトも併用して求人を探すのがおすすめです。

転職エージェントからの連絡がしつこい場合がある

転職エージェントを利用すると、求人の案内や面接日程の調整などで、たびたび担当者から連絡を受けることになります。その頻度が自身の許容範囲を超えていると、「連絡がしつこい」と嫌気がさす方もいるでしょう。

もし、あまりにも連絡が多いと感じたら、「連絡は2日に一度にしてほしい」「平日17時以降にしてほしい」「緊急の用件以外はメールで知らせてほしい」など、希望の頻度や時間帯、連絡手段を伝えるのが得策です。

【関連記事】転職エージェントのデメリット・メリットは?最大限活用するためのポイントを解説

Web業界に強い転職エージェントの利用の流れ

ここからは、具体的に転職エージェントの利用の流れを紹介します。スムーズに転職活動を進めるために、しっかり押さえておきましょう。

なお、実際に利用の流れは転職エージェントごとで異なるため、あくまで参考程度に捉えてください。

1.転職支援サービスの申し込み

利用したい転職エージェントを決めたら登録します。別途「転職支援サービスに申し込むか」を確認されるエージェントもあるので、利用する場合はあわせて申し込みましょう。

公式サイトからアクセスし、自身の情報を登録します。

名前・生年月日・経歴・職務経歴、希望の職種などの入力が必要です。

2.求人状況の確認・サービスの連絡

登録が完了すれば、入力した自身のメールアドレス宛に転職エージェントから「登録完了」の連絡が届きます。

この時点で、スキルシートや経歴の入力を求められることもあるので、できるだけ細かく入力しておきましょう。

登録が無事に完了すれば、転職エージェントが公開している求人を確認できるので、応募したい求人を探しておくのもおすすめです。

3.キャリアアドバイザーとの面談・相談

登録が完了すると、キャリアアドバイザーとの面接や相談予約の案内が送られてきます。

面談を希望する場合は日程を指定し予約しましょう。もちろん「まずはどのような求人があるか検索してみる」という使い方も可能です。

最初の面談では、自分の希望をできるだけ詳細に伝えるようにしましょう。「週休2日制」「テレワーク可能」「駅チカ」など、譲れない条件があるならこのタイミングで伝えておきます。

また、転職に関する相談では、漠然とした転職に関する悩みから、キャリアパスについてなど、疑問に思うことがあれば遠慮なく伝えてみましょう。転職活動に活かせるアドバイスを受けられる可能性があります。

4.求人紹介

キャリアアドバイザーとの面談・相談を通して、自分の方向性が明確になれば、求人が紹介されるようになります。

面談や相談で伝えた条件の求人がある度に連絡をしてもらえるため、良さそうなものがあればキャリアアドバイザーに伝えてください。

5.書類添削・面接対策

応募したい求人があれば、履歴書や職務経歴書などの必要書類を作成します。

転職エージェントでは、こうした書類の添削サービスをおこなっているところもあります。

応募動機の書き方や、目にとまりやすい職務経歴書の書き方、そしてミスがないかの確認など、選考に通りやすくするためのサポートを受けられます。

応募に際して必要な書類の作成が苦手な方は、積極的にこうしたサービスを利用してみましょう。

面接対策では、応募する企業がどんな質問をしてくるのかを想定し、模擬面接をおこなったり話し方や目線など面接時のマナーアドバイスを受けられたりする場合もあります。

6.応募・書類選考・面接

作成した書類を転職エージェントに提出すれば、応募後の手続きはキャリアアドバイザーがおこなってくれます。

書類選考を通過した際にも、転職エージェント経由で知らされます。書類選考に通過したあとは、企業と面接をおこないます。

7.内定・退職・入社

企業から無事に内定をもらったあとも、転職エージェントとのやりとりは続きます。

企業から内定をもらったあと、必要であれば転職エージェントが勤務時間や年収の交渉をおこなってくれます。

希望の条件や年収があるなら、キャリアアドバイザーに伝えておきましょう。

退職の意思は早めに伝えることが大切です。遅くとも1ヵ月前、会社によってはさらに早めに伝える必要があるところもあります。

転職先の入社日の調整もキャリアアドバイザーに依頼できるため、キャリアアドバイザーに相談しながら退職準備を進めてください。

あとは入社を待つだけです。

転職エージェントによっては、入社後のフォローをおこなっているところもあるため、入社してみたら条件が変わっていた、思っていた環境ではなかったなど、不満がある場合は相談してみましょう。

関連記事:【5ステップ】転職エージェント活用時・登録後の流れと注意点を解説

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

【未経験から転職したい方向け】押さえておくべきWebデザイナーの転職事情

ここまでは、「今までのWebデザイナーの経験を活かして転職したい」という方向けの情報を解説してきました。

一方で「未経験からWebデザイナーに挑戦したい!」という方もいるでしょう。そうした方にとって、他の人の転職理由や平均年収、転職を目指すにあたって役立つ資格は気になるものです。

ここからは、未経験からWebデザイナーに転職したい方に向けて、具体的なWebデザイナーの転職事情について解説します。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーは、その名のとおりWebサイトのデザイン業務を担う仕事です。具体的な仕事内容として、主に以下4つが挙げられます。

左右にスライドできます
仕事内容詳細
ヒアリング・調査クライアントからWebサイトの課題や要望をヒアリング。
問題解決のための方法を提案する
構成案・レイアウトの作成Webサイトの設計図であるワイヤーフレームを作成する
デザイン制作ワイヤーフレームをもとに、デザインソフトを使って配色や装飾などのデザインを具体化する
コーティング実際にWeb上に公開される形にコーティングする

企業によっては、一人ひとりの担当範囲が細分化されていたり、逆にカメラマンの手配やスケジュール調整などの広い範囲を受け持ったりすることもあります。

Webデザイナーの転職理由

Webデザイナーに多い転職理由として、以下の6つが挙げられます。

Webデザイナーの転職理由
  • 年収が安い
  • 人間関係が悪い
  • 担当範囲を広げたい・狭めたい
  • 体力的な負担が大きい
  • やりたいデザインができない
  • 技術の進化についていけない

これらが転職理由である場合、応募先企業の内情をよく把握したうえで転職を決めないと、次の仕事でも同じ不満が生じるおそれがあります。

転職活動では企業の内情に詳しい転職エージェントを利用し、念入りに情報を収集するのがおすすめです。

Webデザイナーの平均年収

厚生労働省が運営する「職業情報提供サイトjobtag」によると、2022年時点におけるWebデザイナーの平均年収は約480万円です。

2022年の民間企業の平均年収は458万円であることから、Webデザイナーの年収は全国平均よりも高いと予想できるでしょう。

参考:令和4年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

未経験者が転職前に取得しておくべきWebデザイナー関連の資格

Webデザイナーは資格が必須の職種ではありませんが、資格があると仕事に必要なスキルが備わっていることの証明になります。

以下のような資格を取得していると、Webデザイナーの転職に役立つでしょう。

左右にスライドできます
資格名特徴
ウェブデザイン技能検定・Web制作に必要な知識
・実務能力を問う唯一の国家資格
・初学者でも受検できる3級と、実務経験が必要な1級・2級に分かれている
Webクリエイター能力検定試験・W3CのWeb標準に準拠したWebデザインやコーティングなどのスキルを測る試験
・初級の「スタンダード」と、より専門性の高い「エキスパート」の2つのレベルあり
Webデザイナー検定・コンセプトメイキングから制作・運用まで、Webデザイナーに求められる一連の知識
・スキルを測る検定・基礎知識が問われる「ベーシック」と、専門的な知識・能力を測る「エキスパート」の2つのレベルあり

また、Photoshop®クリエイター能力認定試験Illustrator®クリエイター能力認定試験も、デザインに必要なツールを使いこなせる証となるため、取得しておくのがおすすめです。

【関連記事】Webデザイナーにおすすめの資格とは?未経験でも効果的に取得できるスクールも紹介

未経験からWebデザイナーへの転職を成功させるポイント

未経験からWebデザイナーへの転職を成功させるには、以下のポイントを意識しましょう。

Webデザイナーとしてやりたいことを明確にしておく

Webデザイナーとして携わりたい仕事を明確にしておくことが重要です。

一言でWebデザイナーといっても、さまざまな仕事があります。例えば、企業のホームページやキャンペーンサイト、ECサイトなど、制作するサイトによってテイスト・目的が異なります。

そのため、自分の中で「どのような制作物に関わりたいか?」を明確しておけば、アピールすべき強みがわかり自然と転職先も探しやすくなるでしょう。

また、具体的に「どのようなきっかけで・どんな仕事に携わりたいと思ったのか?」などを明確にすることで、未経験からデザイナーになりたい理由が伝わり採用の可能性が上がります。

とくに、将来的にディレクションやプロデューサーになることを視野に入れているなら、キャリアアップが可能な転職先を選ぶ必要があるでしょう。

Webデザイナーに必要なスキルを把握し自分で勉強しておく

Webデザイナーでは、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールの使用経験が必要です。

また、HTMLやCSSといったコーディングスキルや、WordPressのようなCMSの使用経験を問われることも少なくありません。

そのため、未経験からWebデザイナーを目指すなら、上記のスキルは最低限持っておきましょう。

これからWebデザイナーを目指す方も、転職前にこれらのスキルを身に付けておけば有利に転職活動を進められます。独学が難しければ、スクールや求職者支援訓練なども活用して勉強しましょう。

独学でも構わないのでポートフォリオを作成しておく

実務経験がなくても、ポートフォリオは作成しましょう。

独学で作成した成果物をポートフォリオにまとめるだけでも、求人企業は実力を把握しやすくなり、未経験から挑戦する熱意も伝わります。

また、転職エージェントの担当者としても、ポートフォリオがあることで求人企業に求職者をプッシュしやすくなるでしょう。

自身のキャリアをどのように絡められるか考える

未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、今までのキャリアをどのように活かせるか考えましょう。

例えば、「前職は金融業界にいたので金融商品関連のデザインであれば前職の知識を活かせる」というように考えられると、未経験からであっても自分がどのように貢献できるかをアピールできます。

Webデザイナーが転職エージェントを使う際によくある質問

Webデザイナーが転職エージェントを利用する際、さまざまな疑問が浮かぶかもしれません。

ここでは、Webデザイナーによくある質問とその回答を紹介します。

Webデザイナーの転職には資格が必要?

Webデザイナーの転職に、必ずしも資格は必要ではありません。

しかし、前述したようにウェブデザイン技能検定やWebクリエイター能力検定試験、Webデザイナー検定などの資格を取得すると、採用に有利に働く可能性があります。

未経験でもWebデザイナーになれる?

未経験からWebデザイナーへの転身は不可能ではありません。ただし、まったくスキルがない状態で内定を得るのは難しいでしょう。

転職活動を始める前に、デザインに関する知識やコーティングスキル、Photoshop・Illustratorなどのデザインソフトの操作スキルは身につけておいたほうが賢明です。

また、Webデザイナーは未経験者の求人が少ない傾向があるため、複数の転職エージェントに登録し、より多くの求人情報を収集するのが有効です。

【関連記事】未経験からWebデザイナーになる方法とは?必要なスキルや勉強法を紹介

未経験からWebデザイナーを目指すにはどれくらいの期間が必要?

未経験から独学でWebデザイナーを目指すのであれば、3ヵ月〜半年くらいの期間は確保しておきましょう。

Webデザイナーに転職すると後悔する?

Webデザイナーには専門ソフトを使えるスキルやデザインの勉強が必要なため、人によっては仕事内容自体が合わず後悔する可能性はあります。また、残業時間が多く後悔する方もいます。

そのため、転職前に「自分はデザインが好きか?」「黙々と作業できるか?」「志望企業の残業時間はどれくらいか?」などのチェックが大切です。

ポートフォリオの作り方は?

ポートフォリオは、自身の実績やスキル、センスを企業に示す重要なツールで、とくに書類選考突破のための鍵となります。

ポートフォリオには、基本的に以下の3つの項目を記載します。

記載項目詳細
プロフィール・氏名・生年月日
・顔写真などの基本情報
・経歴・スキル
・使用可能ツール
・自己PR
作品紹介・実際に制作した作品の情報
・画像・タイトル・概要
・工夫した点・成果などをまとめる
・自信作から順に掲載し、多くても3作品程度にする
連絡先・連絡先やSNSなどの情報
・ポートフォリオサイトのURL

前述したように、転職エージェントの中には、ポートフォリオの作成アドバイスに力を入れているところもあります。

内定獲得の可能性を高めるために、積極的にこのようなサービスを活用し、ポートフォリオのブラッシュアップに努めましょう。

転職エージェントは相談だけでも利用できる?

結論から伝えると、転職エージェントは相談だけでも利用できます。まだ転職を決めていない方が相談しても、転職を無理強いされることはないため安心してください。

Webデザイナー向けの転職エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、Webデザイナーの転職に関するプロフェッショナルです。仕事内容やキャリアの方向性に悩んでいる方は、無料で相談できる転職エージェントを利用すると、解決の糸口が見えてくるかもしれません。

転職エージェントと転職サイトの違いは?

転職エージェントと転職サイトは、サービスの内容に明確な違いがあります。

転職エージェントは、一人ひとりの求職者に担当者がつき、求人紹介や応募書類・ポートフォリオの作成アドバイス、面接対策などの転職支援を提供するサービスです。担当アドバイザーと二人三脚で転職活動を進めると考えると、イメージしやすいでしょう。

対して転職サイトは、求人や転職に役立つコラムなど、サイト上での情報提供に特化したサービスです。求職者は多くの求人の中から応募先を探し、自身で応募・面接と転職活動を進めます。転職サポートは受けられませんが、自分のペースで転職に向き合える点がメリットです。

関連記事:転職エージェントと転職サイトの違いは?特徴と活用方法を解説

複数の転職エージェントを使ってもいい?

複数の転職エージェントを利用しても問題ありません。2社〜3社のエージェントを併用すると、それだけ多くの求人情報が得られるうえ、多様なアドバイスにも期待できるでしょう。

理想の転職を叶えるためには、総合型のエージェントを1社、Webデザイナーに特化したエージェントを1社〜2社利用するのがおすすめです。

関連記事:転職成功には転職エージェントの複数利用がおすすめ!併用するデメリットや併用すべきタイミングも解説

まとめ

ほとんどの企業がホームページを導入し、オンラインショッピングが当たり前になり、それらをデザインし構築するためにWebデザイナーの仕事は欠かせないものとなっています。

転職先企業が、どのようなサイト作りを考えているのか、どのようなテイストを希望しているのかなどを知ることで、自分に合った転職先であるかどうかも見極めやすくなるでしょう。

転職エージェントを活用すれば、転職に関わる煩わしい事務手続きも一任できます。転職に関する悩みを相談することもでき、書類作成や面接のアドバイスもしてもらえる場合があります。

「初めての転職で心配」「本当に転職できるか気になる」方は、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

紹介した転職サイトは、どれもWebデザイナーの転職をサポートしてくれる転職エージェントばかりです。以下からアクセスし、まずは登録を進めてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。

エージェント診断
DIAGNOSE
  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy