高卒の転職が厳しい・難しいと言われる理由とは?成功させるコツを解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

高卒よりも大卒のほうが優遇されるから、転職はやっぱり難しいよね

このように最終学歴が高卒で転職するのは難しいと悩んでいる方は少なくありません。

しかし、自分一人で転職活動をするのではなく転職エージェントにサポートしてもらいながら正しい事前準備や対策することで、高卒の方でも転職することはできます。

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは会員登録だけでもしておきましょう。

1分で無料登録!
年収&スキルアップしたい
フリーターにおすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】「ミスマッチゼロ」「何でも相談できる!」をモットーに全力サポート。初めての転職で進め方がわからない方も安心。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
公開求人数
約4千件
非公開求人数
非公開
【就職成功率80%】プロによる適職診断&徹底した面接対策で、利用者の8割が大企業へ。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人を数多く掲載。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
非公開求人
多数
【書類選考なし】経歴よりもポテンシャル重視の企業を多数紹介。最短1週間で内定実績あり。スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
非公開求人
多数
【無料講座】ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで、就職に関わる様々な知識を学べる講座あり。スキルに自信がない方・ニートや社会人未経験者も◎
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
非公開求人
多数
【年収アップ率83%】若者のキャリア形成支援に特化した20代・30代向けエージェント。高待遇案件の求人が多数。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

自己流で転職活動をしたり、自分とは合わない転職エージェントを利用すると、かえって転職活動がうまくいかない可能性があります。

そこで本記事では、高卒で転職が難しいといわれる理由や転職を成功させる方法、おすすめの転職先の業界について解説します。

関連記事:20代転職サイトおすすめ比較ランキング!前半後半や女性向けも解説

目次

高卒で転職するのは厳しい?難しい?

高卒で転職するのは、一般的には厳しかったり、難しかったりすることも少なくありません。実際、応募条件で「大卒以上」としている求人も多くみられます。

ただし、諦める必要は全くありません。すべての企業が高卒を採用しないかといったら、そうではないからです。

たしかに、大企業では、高卒と大卒とで任せる仕事を区別していたり、企業経営に関わる人材は大卒に絞っていたりすることもあります。

とはいえ、学歴に関係なく幅広い人材を必要とする企業があるのも事実です。

これまでの社会人経験で培った強みをしっかりとアピールすれば、高卒の方も転職のチャンスは十分あるといえるでしょう。

「高卒での転職は厳しい・難しい」といわれる理由3

高卒が転職で難しいといわれる理由は、下記のポイントが主な理由です。

  • 高卒のほうが大卒と比べて離職率が高いから
  • 「大卒」を応募条件にする企業が多いから
  • 学業経験の差を見ているから

一つひとつ、簡単に見てみましょう。

高卒のほうが大卒と比べて離職率が高いから

企業は、長く勤めてくれる人材を求めています。高卒は大卒と比べて離職率が高い傾向にあり、採用に抵抗のある会社もいるというのが現状です。

厚生労働省が発表した「令和2年度における新規学卒就職者の離職率」において、新規学卒就職者の3年以内の離職率は下記のようになっています。

最終学歴就職後3年以内の離職率
中卒 55.0%
高卒 36.9%
大卒 31.2%
参考:新規学卒就職者の就職後3年以内離職率|厚生労働省

結果からわかるように、中卒から大卒にかけて3年以内の離職率は徐々に上がっています。高卒と大卒を比べると、5.7%も差があり高卒の方が就職後の離職率が高いことが分かります。

会社は長期的に勤続できる社員を求めるため、データ的にも離職率の低い大卒を率先して採用するというケースが考えられます。

【関連記事】大学中退者におすすめの就職サイト・就職エージェント7選|大学中退から正社員就職を成功させるためのコツ

「大卒」を応募条件にする企業が多いから

求人サイトの募集要項に、「大卒以上」という文言を見ることは多いのではないでしょうか。採用の際に、会社は応募者を絞るために条件を限定することもやはり多いです。

企業は大学で専門性のある知識を得た大卒を求めることが多く、高卒というだけで書類選考に進めない場合があります。

高卒で転職を考える場合、ある程度職種を絞らないと転職活動が難しい場面があるかもしれません。

学業経験の差を見ているから

高卒の方は3年間の学業経験に対して、大卒の方は(高校の年数も含めると)合計7年以上の学業経験があることになります。

3年と7年という差はやはり大きいでしょう。学業以外にも、社会経験・活動面でも高卒・大卒では差があります。高校での活動は学校の授業と部活が主ですが、大学では活動の幅が広がります。

  • サークル活動
  • アルバイト
  • インターン
  • 卒論研究

これらの活動で社会との関わりが増え、社会人スキルや経験値を磨く場が増えます。

大学に通い単位を取るために勉強を継続する学習意欲や、インターンを通して社会性を磨いた大学卒と比べてしまうと高卒の場合は判断材料が少なく、採用側にリスクがある点は否めないでしょう。

高卒転職が厳しい難しい場合には大卒資格を取得する方法もある

希望の職種が大卒でなければ採用していないなんてこともあるかもしれません。そういったときには、大卒資格の取得を目指しましょう。

大卒資格とは一般的に、4年生大学で必要な単位を取得して卒業したときにもらえる資格のことです。大卒の人は「学士」という学位を得たことになります。

なお、中卒認定試験や高卒認定試験があることから、「大卒認定試験」もあるのでは?と思うかもしれませんが、そのようなものはありません。大卒資格を取得するには、大学で124単位を取得して卒業する必要があります。

ただし、働いている方が日中に大学へ通い単位取得を目指すのはあまり現実的ではありません。大学卒業資格を目指すのであれば、次のような方法を視野に入れるとよいでしょう。

大学卒業資格取得を目指す方法
  • 夜間学部のある大学で単位を取得する
  • 通信教育をおこなう大学で単位を取得する
  • 大卒資格が取れる専門学校を卒業する
  • 大学改革支援・学位授与機構を活用する

高卒が転職を目指すなら知っておきたい収入のこと

高卒で転職を目指している方の中には、収入をアップさせたいことが理由なことも少なくないはずです。

そこでここでは、高卒と収入の関係について見ておきましょう。

【関連記事】20代の高卒は年収が低い?大卒と差がつく理由と収入を上げる方法を紹介

高卒の初任給はどのくらい?

性別高校専門学校大学
合計18万1,200円21万2,600円22万8,500円
男性18万3,400円20万7,000円22万9,700円
女性17万7,600円21万6,600円22万7,200円
【参考記事】令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概要|厚生労働省

厚生労働省の統計によれば、学歴ごとの初任給は上記の通りとなっています。

高卒の平均が18万1,200円なのに対して、大卒の平均が22万8,500円と4万円以上の開きがあるようです。年収換算すると、働き出した初年から年収で50万円近くの差が生まれてしまいます。

このような違いが生まれる理由としては、企業側が高卒と大卒とで初任給をわけていることが一番の原因です。就ける仕事のポジションにも違いがあることから、給与に反映されているのです。

高卒でも転職で給与アップは可能

高卒の方も、転職で給与アップを目指すことは可能です。

もちろん、キャリアチェンジをしたり短期間で転職をしたりすれば、短期的には給与が下がることもあるでしょう。とはいえ、しっかりと計画を立てれば、収入アップも夢ではありません。

まずは、キャリアプランを明確にしましょう。「自分がどのようなキャリアを手に入れたいか」「どの業界で長く活躍したいか」を見極めてください。

そのうえで経験を積み、実力主義の会社へ入社しましょう。実力をしっかり発揮できれば、転職後に高い給与を実現できる可能性が高まります。

高卒が「厳しい」といわれる転職を成功させるための5つのポイント

高卒が転職を成功させるためには、採用担当者に「ぜひ、一緒に働いてもらいたい」と思わせなければなりません。

そのためには、ここで解説する「転職を成功させる5つのポイント」を押さえるようにしてください。

自己分析を徹底する

まずは、自己分析を徹底しましょう。

それには次のようなメリットがあるからです。

自己分析をするメリット
  • モチベーションの増加
  • 面接でのアピールポイント
  • 自分に合った転職先の発見

自己分析をすることで、自分がなぜ転職したいかを客観的に考えられます。分析する中で自分の不満ややりたいこと、目指す将来像を明確にでき、自分のモチベーションが上がるのです。

また、自分の強みや弱みを分析し何を大切にしているかを分析することで、会社の求める人材とのミスマッチを防げます。

さらに、自己分析で見つけた自分の情報は面接の強みになるだけでなく、転職後の自分のキャリアを伸ばす軸にもなります。

より深く自分と向き合うためには、自分一人でやるのではなく、転職エージェントにサポートしてもらいながら進めるのがよいでしょう。

会社情報をあらかじめ調査する

会社情報をあらかじめ調査するのも重要です。これは、転職前と入社後のギャップを防ぐことが目的です。

入ってみて「予想と違う」となるのは、主に事前の情報が不足していることが原因で起こります。実際に自分が働く未来を想像して、いい面と悪い面の両方を確認しておきましょう。

企業の情報を集めることで、自分の求める企業の条件も見えてきます。情報の信憑性を高めるために、内部や外部、アナログの情報など幅広い視点で情報収集をするのがおすすめです

会社情報は、公式サイトや口コミサイト、就職四季報などで事前に集めることができます。転職エージェントを利用している場合は、エージェントの持つ企業情報をもらえることもあります。

同業種への転職も視野に入れる

同じ業界・業種での転職はやはり即戦力としては評価されやすいので、転職は成功しやすくなります。

高卒の強みは、大卒と比べて社会人経験が長い点です。つまり高卒が同じ業界に転職する場合、応募時点で業界内の一定の知識が身についています。

企業は即戦力となる人材を求めるため、採用される可能性が高まります。

面接では、前職で身につけたスキルや対応能力をアピールし、転職後はどんな仕事ができるかを具体的に伝えましょう。企業としても採用後のイメージを強く持つことができ、転職の成功率も高められるでしょう。

資格を取得する

高卒は「学習能力に不安がある」と見られやすいデメリットがあります。そのデメリットも資格を取得することである程度緩和できるといえるでしょう。

転職を成功させるには、その業種で必要となる資格を取得しておくのもおすすめです。

代表的な業種とその業種で役立つ資格は以下のとおりです。

業種役に立つ資格
事務職簿記(2級・3級)
MOS
エンジニアITパスポート
工場職フォークリスト運転者
電験三種
アーク溶接作業者
介護職介護福祉士

事務職、エンジニア、介護職で紹介した資格は受験料を払うことで受験することができます。工場職の資格は講習の受講が必要ですが、誰でも受講できます。

面接での対応をあらかじめ練習しておく

高卒は、大卒と比べて面接経験が少ない方も多いでしょう。大卒であれば就職活動時に面接を経験し、受け答えの経験値がついていることが多い反面、高卒の場合にはそうとは限りません。

面接や企業調査など、練習・用意すれば克服できる項目で他と差がつくのは大きなデメリットです。面接で自分をアピールできなければ、いくら応募しても転職は難しいでしょう。

転職エージェントやハローワークは面接で想定される質問内容の情報を多く持っています。本番の面接で緊張せず話せるようになるためにも、自分のアピールを最大限におこなうためにも、面接練習は徹底してください。

高卒が厳しい転職の面接を突破するためのポイント

高卒の転職でネックとなるのは、どのように面接を突破するかでしょう。ここでは、面接のポイントをまとめました。参考にしてください。

転職理由はポジティブに話す

面接時には前職を辞めた理由を聞かれることが一般的ですが、このとき、ネガティブな理由を伝えるのは避けてください。

「人間関係が上手くいかなかった」「仕事にやる気がでなかった」などのネガティブな理由を話すと、転職後も同じような理由でスグに辞めてしまうのではないかと判断される可能性があるからです。

「長く活躍してくれそう」「ぜひ、一緒に働きたい」と採用担当者に思ってもらうためには、転職理由はポジティブなものを伝えなければなりません。

「新しいことに挑戦して自己成長したい」「前職より自分に適した仕事に就いて高い成果を出したい」などと伝えるようにしてください。

【関連記事】転職理由ランキング|面接で失敗しない転職理由の伝え方

即戦力になることを伝える

転職では即戦力であることが求められています。転職後に一から教育して一人前に育ててくれるような環境が整っている企業もありますが、ほとんど見られません。

自分がどのようなスキルを持っていて、そのスキルが企業にとってどのように貢献できるかをアピールしなければなりません。

そのためには、自己分析をすることが重要になります。今までの経歴を棚卸して、これまでに身につけたスキルや自己の強みなどを理解しておく必要があります。

経歴はエピソードを交えて話す

面接では、これまでの経歴やあなたの強みを話すことがあります。このときはエピソードを交えて伝えましょう。説得力を持たせることができるからです。

「小さいことからモノ作りが好きで、丁寧な作業に自信がある。細かなところにも目を配るのが得意なので、製造業を志している。」

「中学校と高校で野球部に所属した。そこで、仲間と協力することやマネージメントの大切さを学んだ」

上記のように、経歴を淡々と話すのではなく具体的なエピソードを添えることで、採用担当者の興味を引くようにしてください。

アピールポイントをまとめておく

面接では、あなた自身のアピールポイントを聞かれることもあります。前述した自己分析を通じて、すぐに伝えられるように話す内容をまとめておくとよいでしょう。

なお、どのような職種・業種でも、共通して採用担当者が好みやすいアピールポイントがあります。

具体的には次のものが挙げられます。

採用担当者が好みやすいアピールポイント
  • 成長意欲
  • やる気や協調性
  • 素直に学ぶ姿勢
  • 継続してやってきたこと

このアピールポイントについても、具体的なエピソードを交えると説得力が上がるメリットがあります。実際のエピソードとともに、アピールポイントを伝えるように心がけましょう。

高卒の転職におすすめの業界6選

ここでは、高卒の方におすすめの転職先業界を6つに絞って紹介します。

「どの業界を選ぶべきか迷っている」「どんな業界があるかよくわからない」という方は参考にしてください。

【関連記事】高卒の就職先におすすめの仕事は?仕事探しの方法や注意点も紹介

IT業界

IT業界は情報技術(Information Technology)を活用したサービスを展開する業界です。IT業界ではエンジニアやプログラマーなどの特定のスキルを持つ専門職が多く存在しています。

なお、IT業界で高卒の方におすすめの職種は「システムエンジニア」です。システムエンジニアは、クライアントのニーズに合ったシステムの設計・開発をする仕事です。

システムエンジニアと聞くと「難しそう」というイメージがあるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

まずは「保守・運用」から始めることが一般的で、未経験からでも成果を出せるのが特徴です。

【関連記事】IT・WEBエンジニア転職サイトおすすめ比較ランキング|20代・30代・未経験・スカウトや後悔しない転職エージェント

製造業界

製造業界は、製品を作成・販売する業界です。製造する製品は自動車、家電、家具、衣服など多岐に渡ります。

国内GDPに占める割合はサービス業界に次いで2位と経済規模が大きいのが特徴です。また、様々なモノづくりに携われることで、社会生活を支えているという実感を得られやすいメリットがあります。

さらに、製造業は福利厚生が充実している企業が多く、ワークライフバランスが整えやすかったり、生活する上での出費を押さえられたりするのも嬉しいポイントです。

製造業はマニュアルに沿って仕事を進めることも多く、未経験から挑戦しやすい業界でもあります。

【参考記事】統計表一覧|内閣府

【関連記事】製造業に強いおすすめの転職エージェント11選!選び方や活用方法も解説

建設業界

建設業界は、住宅やビルなどの建築を担う業界です。業界全体で人手不足の傾向にあり、学歴は考慮されずに採用される傾向にあります。

生活に必要不可欠な業界であり、地域を問わずに需要があるのがメリットです。

「CCSU」と呼ばれる、現場で働く人の資格や経験をデータカードで蓄積し、技能レベルを設定するサービスが運用されたことから、キャリアアップを目指しやすい特徴もあります。

さらに、給与水準が高い傾向にあるのも見逃せません。職種によって違いがあるので一概には言い切れませんが、3~5年程度働くと、年収が400~500万円になることも少なくないようです。

一級施工管理士などの資格をとってキャリアアップすれば、年収1,000万円を超えることもあり、高収入を目指したい方にもおすすめの業界です。

【参考記事】建設キャリアアップシステム|国土交通省

【関連記事】建築・建設業界に強いおすすめ転職エージェント12選|選び方のコツや注意点も解説

介護・福祉業界

介護・福祉業界は、高齢の方や障害を持っている方の生活サポートなどを請け負う業界です。

高齢化社会の影響で介護・福祉業界も人手不足の傾向が強く、未経験歓迎の求人が豊富です。

また、未経験から入社してもキャリアパスを描きやすい特徴もあります。研修が充実している職場も多いので、スキルアップができる環境が整っているのもメリットです。

さらに、介護・福祉業界は施設形態が多く、職種の選択肢が多いのも嬉しいポイントといえるでしょう。訪問介護やデイサービス、有料老人ホームなどサービスが多くあるので、あなたの関心がある施設で働ける可能性が高まります。

【関連記事】介護士におすすめの転職エージェント15選を徹底比較!失敗しない選び方も解説

サービス業界

サービス業界は、顧客に対してサービスを提供する業界のことです。情報通信業、運輸業、保険業、金融業、飲食サービス業、生活関連サービス業など、幅広い業種が含まれます。

サービス業界は業種が多いことから、自分が興味ある職種へチャレンジしやすいのがメリットです。また、働いている年齢層も20~30歳なことが多く、若いうちから活躍できる傾向にあります。

なじみのある職種が多く働きやすいので、未経験から挑戦しやすいのも魅力だといえるでしょう。

公務員

高卒の方の転職先としては、公務員もおすすめです。高学歴でないと公務員になれないと思われがちですが、そうとも限りません。

公務員になるためには「公務員試験」に合格する必要がありますが、原則として学歴は求められません。

ただし、公務員試験は「高卒程度」「短大・専門卒程度」「大卒程度」と難易度が分けられているので、あなたの挑戦したい試験を受けるとよいでしょう。

また、多くの地方自治体では受験資格に年齢制限を設けていることも少なくありません。一般的に21歳としているので、注意が必要です。

なお、高卒の方で目指せる公務員には次のような職種があります。

高卒の方が目指せる公務員職
  • 一般行政事務・学校事務
  • 警察官・消防官
  • 官庁職員 ・裁判所職員 など

【関連記事】公務員への転職におすすめの転職エージェント7選|選び方と使いこなすコツも解説

1分で無料登録!
年収&スキルアップしたい
フリーターにおすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】「ミスマッチゼロ」「何でも相談できる!」をモットーに全力サポート。初めての転職で進め方がわからない方も安心。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
公開求人数
約4千件
非公開求人数
非公開
【就職成功率80%】プロによる適職診断&徹底した面接対策で、利用者の8割が大企業へ。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人を数多く掲載。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
非公開求人
多数
【書類選考なし】経歴よりもポテンシャル重視の企業を多数紹介。最短1週間で内定実績あり。スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
非公開求人
多数
【無料講座】ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで、就職に関わる様々な知識を学べる講座あり。スキルに自信がない方・ニートや社会人未経験者も◎
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
非公開求人
多数
【年収アップ率83%】若者のキャリア形成支援に特化した20代・30代向けエージェント。高待遇案件の求人が多数。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

高卒が厳しい・難しい転職を乗り越えるために利用すべき転職サービス

高卒の方が転職を成功させるためには、転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

求人の紹介だけでなく、履歴書添削や面接対策などのサポートを受けることで、内定を得られる確率が上がるからです。

ここでは、どういった転職サービスがあるのかをまとめました。

ハローワーク・就職支援センター

ハローワークとは、就職困難者を中心に就職を支援する国の機関です。職業紹介や職業相談、職業訓練の受講を支援することで、利用者が就職できるようサポートします。

就職支援センターでは求人紹介は実施しませんが、ビジネスマナーや作業スキル、対人スキルなどの転職に役立つスキルを学べる機会があります。

特にハローワークでは、就職活動に役立つセミナーや企業説明会などのサービスを受けられ、知識や経験をつけながら転職できるサポートが充実しています。

ハローワークでは担当者と相談しながら転職活動を進められるため、転職活動に不安がある場合には、まずは相談してみるのがおすすめです。

転職サイト

転職サイトとは、インターネット上で求人情報を掲載しているサービスのことです。様々な業界・職種の求人を掲載しており、あなた自身で応募する求人を決めて選考に進む特徴があります。

自分の都合に合わせて転職活動できるので、スキマ時間を使って転職活動をすることも、スピード感を持って転職活動することも可能なのがメリットです。

ただし、面接日程の調節や履歴書対策、面接対策などは全て自分でおこなわなければなりません。

選考に自信がある方は、転職サイトを利用するとよいでしょう。

【関連記事】転職サイトおすすめ比較ランキング【最新版】業界別・職種別に解説

転職エージェント

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが在籍し、転職活動に必要な様々なサポートを受けながら転職を目指すサービスです。

高卒の方が転職を目指すのであれば、転職エージェントの利用が最もおすすめできます。

面談をしてこれまでの経歴やスキル、仕事への考え方などをヒアリングしてもらったうえで、あなたに最適な求人を紹介してもらえるのがメリットです。

履歴書の添削や面接対策などもありますので、内定が得られる確率があがるのも見過ごせません。ただし、転職エージェントによってサービス内容が異なります。

高卒で転職エージェントを利用するのであれば、応募文章の添削やカウンセリング、模擬面接のサポートなどが充実したエージェントを選ぶのがおすすめです。

また、転職エージェントには「応募型」と「求人紹介型」の2種類があり、「求人紹介型」を利用すれば、自分で求人を探す以外にもエージェントが自分に合った求人を紹介してくれます。

高卒の求人を多く取り扱う転職エージェントを利用して、できるだけ可能性を広げるとよいでしょう。

関連記事:【2024年最新】転職エージェントおすすめ人気比較ランキング!大手17社を一覧で解説

高卒転職が厳しい・難しいと思うあなたにおすすめの転職エージェント5選

ここからは、高卒の転職で利用すべき転職エージェントを5つ紹介します。

  • えーかおキャリア
  • ジェイック
  • キャリアパーク!For20's
  • ハタラクティブ
  • ジョブドラフトNext

それぞれみていきましょう。

えーかおキャリア

えーかおキャリア
  • 特徴① 入社後の定着率97%
  • 特徴② Google口コミ評価★4.8
  • 特徴③ 60%以上の求人が未経験でも応募できる

えーかおキャリアは20代の未経験転職に強い転職エージェントです。

 

フリーターから正社員就職を目指す方や、第二新卒としてキャリアチェンジしたい方など、一人ひとりの希望に合わせたサポートをマンツーマンでしてくれます。

 

求職者の希望はもちろん、自分でも気づいていないキャリアの可能性を考えて求人を紹介してくれるため、やりたいことが分からない方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 えーかおキャリア
運営会社 株式会社For A-career
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 初めての就職/転職をする方に
  • 未経験でキャリアチェンジ可能
  • 正社員就職を目指せる
対応地域
関東、関西、東海、九州
公式サイト

 

【関連記事】えーかおキャリアの評判はひどい?メリットやデメリットを口コミとともに解説

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC

高卒の就職を支援する「就職カレッジ」では、3万3,000人以上(※)の正社員就職を成功させた実績があります。

また、アドバイザーが実際に訪問して「安心して働ける」と判断した求人のみを紹介しているため、入社後3ヵ月の定着率は92.21%(※)と高い数値になっています。

就職カレッジの特徴は、面談後に無料の就職支援講座を受けられることです。

社会人に必要なビジネスマナーを学べるほか、自己分析・企業分析の支援や応募書類の指導、面接練習もあり、知識を身につけたうえで就職活動に臨める点は、経歴に不安のある高卒の方にとって助かる点です。

また、優良企業約20社を集めた集団面接会があり、書類選考なしで参加できることもメリットです。

(※)就職カレッジの公式ホームぺージより

【関連記事】ジェイック(JAIC)就職カレッジの評判・口コミはやばい?やめとけ?使いこなすコツを担当者へインタビュー

キャリアスタート

キャリアスタート
キャリアスタートの特徴
  • 18~25歳の就職支援に強み
  • 未経験可の求人が1,000件以上
  • 丁寧なサポートに定評あり

キャリアスタートは、主に18~25歳前後の高卒・第二新卒の就職に強みがある就職エージェントです。未経験可の求人が1,000件以上(※)保有されているため、スキルや経験に自信がない方でも気軽に応募できるでしょう。

登録すると、経験豊富なキャリアコンサルタントからマンツーマンでの支援を受けられます。適性に合った求人の紹介から応募書類の添削、企業ごとの面接対策、内定後の条件交渉まで、時間をかけて丁寧にサポートしてもらえるのが特徴です。

じっくり話を聞いたうえで一緒にアピールポイントを考えてもらえるため、一人での就職活動に不安を抱える方は、登録して相談してみるといいでしょう。

(※)キャリアスタートの公式ホームページより

【関連記事】キャリアスタートの評判・口コミはやばい?サービスの特徴や利用するメリット・デメリットを徹底解説

ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代向けの就職支援を展開するハタラクティブでは、特に未経験者のサポートに力を入れています

学歴によって利用制限があるサービスもある中、ハタラクティブは高卒の方でも利用できます

保有求人のうち、8割以上(※1)が未経験可の求人で、経歴よりも人柄を重視した採用をおこなう企業の求人を多数取り扱っています。最短2週間(※1)で内定を獲得した実績もあり、スピード内定にも期待できます。

また、キャリアアドバイザーからきめ細やかな就職支援を受けられることも強みです。スキルや適性・能力をもとにしたマッチングや、就職活動の悩みや将来的なキャリアプランの相談など、20代専門のキャリアアドバイザーだからこそのサポートが充実しています。

もちろん、面接対策や履歴書の添削などにも対応しており、高卒の方でも安心して就職活動に取り組めるでしょう。

(※1)ハタラクティブの公式ホームページより

【関連記事】ハタラクティブの評判はやばい?やめとけ?口コミから利用するメリット・デメリットを解説

ジョブドラフトNext

ジョブドラフトNext

ジョブドラフトNext高卒第二新卒・高卒既卒者専門の就職・転職支援サービスです。

最大の特徴は高卒者専門であるところです。高卒採用に積極的な多くの企業とのパイプをもっており、高卒者でも安心して就職・転職活動が行えます。

また、ジョブドラフトNextでは、「面接対策」や「履歴書作成」の講座だけではなく、社会人として必要なコミュニケーション力を身に付けられる「社会人基礎力講座」を無料で受けられます。

「履歴書作成が一人では不安な方」や「就職・転職したいが何をすればいいか分からない方」におすすめです。

高卒転職は厳しい・難しいに関するよくある質問

最後に、高卒の転職についてよくある質問をまとめました。参考にしてください。

高卒が転職するのは難しい?

高卒の方が転職するのは、一般的に難しいとされています。大卒に比べて求人数が少ないことから、不利になりやすい傾向にあります。

ただし、これまでのスキルやアピールポイントを伝えられれば転職も難しくありません。選考対策に自信がない方は、この記事で紹介している転職エージェントに登録するとよいでしょう。

高卒フリーターも転職できる?

高卒フリーターも転職可能です。

フリーターは転職に不利なように感じるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。未経験歓迎の求人が多い業界を目指せば、スムーズに転職できるでしょう

高卒で大企業に転職できる?

高卒でも、業種によっては大企業に転職できます。高卒でも転職しやすい業種は以下のとおりです。

高卒の採用が豊富な業種
  • 営業職
  • 事務職
  • エンジニア
  • 工場勤務
  • 接客業
  • 介護職

高卒は応募時点で落選するって本当?

一部の求人では「大卒」が募集条件に含まれています。

企業側で募集人数を絞るための方法のひとつで、採用側は、人材を確保するために学歴で募集人数を減らす場合があるのです。

そういった場合は、応募時点で落選してしまうケースもあるでしょう。

転職の際に高卒だから有利なポイントはある?

高卒は、大卒と比べて有利になるポイントは以下の2点です。

大卒と比べて有利になるポイント
  • 社会人経験が長く、現場での経験値が高い
  • 若くて体力がある

高卒で就職すれば、大学生が授業を受けている4年間に社会人として働くことができます。社会人経験が長ければ対人能力や状況把握能力が身につき、基本的な社会人マナーを獲得できます。

同じ業種に転職する場合、実務経験がある方が即戦力になるため、採用される可能性が高まるでしょう。

高卒の転職で有利な資格は?

即戦力として活躍できるような資格が有利に働くでしょう。

具体的には次のようなものが挙げられます。

  • 簿記(2級・3級)
  • MOS
  • ITパスポート
  • フォークリスト運転者
  • 電験三種
  • アーク溶接作業者
  • 介護福祉士 など

高卒が転職で収入アップを目指せる?

目指せます。

これまでに培った経験やスキルを十分に発揮して、仕事で高い成果を出せるのであれば、収入アップも難しくありません。

また、収入のみにフォーカスして転職をするのであれば、実力主義や完全成功報酬の企業へ転職するのもよいでしょう。

高卒の転職に転職エージェントの利用がおすすめの理由は?

転職のサポートがあるからです。

転職エージェントのサポートは、スキルの棚卸から求人紹介、履歴書作成、面接対策など多岐に渡ります。これらのサポートがあることで、内定獲得率が高まります。

まとめ

この記事では、高卒で転職を成功させるためのポイントなどについて解説しました。

高卒での転職は、大卒と比べて難易度は高いですが不可能ではありません。事前の準備や転職先の絞り方を正しくおこなうことで、大企業に転職することも可能です。

なお、高卒で転職するためには、自分一人でおこなうのではなく、転職エージェントにサポートしてもらうことが大切です。

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは会員登録だけでもしておきましょう。

1分で無料登録!
年収&スキルアップしたい
フリーターにおすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】「ミスマッチゼロ」「何でも相談できる!」をモットーに全力サポート。初めての転職で進め方がわからない方も安心。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
公開求人数
約4千件
非公開求人数
非公開
【就職成功率80%】プロによる適職診断&徹底した面接対策で、利用者の8割が大企業へ。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人を数多く掲載。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
非公開求人
多数
【書類選考なし】経歴よりもポテンシャル重視の企業を多数紹介。最短1週間で内定実績あり。スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
非公開求人
多数
【無料講座】ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで、就職に関わる様々な知識を学べる講座あり。スキルに自信がない方・ニートや社会人未経験者も◎
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
非公開求人
多数
【年収アップ率83%】若者のキャリア形成支援に特化した20代・30代向けエージェント。高待遇案件の求人が多数。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。