電話相談可能な転職相談先6つ|電話相談をよりよい時間にする為に準備すべきもの

転職ノウハウ
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

転職相談を電話でできるサービスはある?

電話で転職の相談してもいいのかな?

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

対面やオンラインでの転職相談を実施する前に、電話で確認しておきたいと思っている方は少なくありません。

しかし、どのように電話相談をすればいいのかわからない場合が多いでしょう。

そこで本記事では、電話で転職相談できるサービスや転職エージェント、電話相談のメリット・デメリットなどについて解説します。

転職エージェントであれば電話で顔を出さずに転職の相談ができます。相談をしたからといって、必ずしも転職する必要はないので、まずは一度アドバイスをもらってみるのもおすすめです。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

電話で転職相談できるサービス

電話で転職相談できるサービスは、下記のとおりです。

  • 東京しごとセンター
  • 転職エージェント

どのようなサービスを提供しているのか詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

東京しごとセンター

東京しごとセンターとは、東京都内での雇用・就業を支援するために、東京都が設置したワンストップサービスセンターです。

東京しごとセンターでは、下記の年代や状況ごとに窓口が設けられているため、悩みに応じてすぐに相談できます。

  • 全ての方
  • 29歳以下の方
  • 30歳~54歳の方
  • 55歳以上の方
  • 女性再就職支援
  • 非正規から正社員を目指す方
  • 就労困難な方

また、電話で相談したい方のために、2つの専用窓口も設けられています。

サービス名就職だれでも相談若者しごとホットライン
対象者・東京都民
・東京で仕事を探している方
34歳以下の
・東京都民
・東京で仕事を探している方
電話番号03-5211-175203-3511-4510
受付時間平日・土曜日:10時~18時平日:10時~19時
土曜日:10時~16時
相談時間1回15分1回15分程度
利用料金無料無料
公式サイトこちらこちら

実際の利用者からは、下記のような口コミが寄せられています。

志望業界や応募したい企業は決まっていたのですが、話すことが苦手で、

面接にとても不安を感じたためセンターを利用しました。

個別カウンセリングで、自分の良い点を指摘してもらったり、

うまくいかない時も原因や対処法を教えてもらったことで、

徐々に自分でも「受け答え」の上達を実感できました。

本番の面接では、「あれだけ準備したから大丈夫だ」と自分に言い聞かせて臨み、

最終的には第一志望の企業から内定をもらえました。

引用元:ご利用者の声|東京しごとセンター

学生時代は何となく就活をして内定が出ず、アルバイトをしながら就活を続けていました。

卒業して半年がたち危機感をいだき、しごとセンターを利用しました。

自分は人と話す事が得意ではなく、面接では「熱意が感じられない」と言われたこともあります。

担当アドバイザーと何度も話し合い、セミナーやイベントに積極的に参加したことで、

就活の方向性を決めることができました。最終的にIT企業のエンジニアとして採用されました。

引用元:ご利用者の声|東京しごとセンター

早くから大学内のセミナーや就活本を利用するなど、就活に積極的な取り組みをしたものの

混乱してどうしたらいいかわからなくなりました。

またインターンシップに参加し、働く自信を喪失。

しごとセンターを利用し自己分析をやり直した結果、目標や自己PRが明確になりました。

その後の活動もアドバイザーに相談しながら進めたので安心でした。

遠方のため途中からオンラインのみの利用となりましたが、まったく問題ありませんでした。

引用元:ご利用者の声|東京しごとセンター

東京しごとセンターでは、求職者の状況に応じたサポートを実施しています。

転職に関する電話相談にも対応しているので、「まずは電話で相談してみたい」と思っている方は、気軽に利用してみましょう。

転職エージェント

転職エージェントは、無料で利用できる転職支援サービスです。電話相談を受け付けている転職エージェントも多いため、気軽に利用できます。

転職エージェントを最大限活用するには、自分が求めるサポートが提供されているエージェントを利用するのがポイントです。転職エージェントは「特化型」と「総合型」の2つに分類され、受けたいサービス内容によって選ぶべきエージェントが異なるからです。

自分が希望する条件に合った転職エージェントを活用することで、より充実した転職相談ができるはずです。

特化型と総合型の詳しい違いは、下記の記事を参照ください。

関連記事:転職成功には転職エージェントの複数利用がおすすめ!併用するデメリットや併用すべきタイミングも解説

電話で転職相談できるおすすめ転職エージェント5選

ここでは転職相談を電話でしたい方におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

転職エージェントは無料で相談できるので、気になるエージェントは複数登録しておくのがおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 120,911件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年6月3日時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 59,356件(※1)
非公開求人数 13,124件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 404,816件
非公開求人数 353,203件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年6月3日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 247,463件
非公開求人数 38,795件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年6月3日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

type転職エージェント

type転職エージェント
type転職エージェントの特徴
  • 首都圏を中心に展開
  • 「納得感のある転職」の実現にこだわり
  • ITエンジニアや企画職・営業職に強み

 

type転職エージェントは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に転職サービスを提供しているエージェントです。

 

「納得感のある転職」のサポートにこだわりがあり、キャリアの相談や希望条件に合った求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、転職完了まで手厚くサポートを受けられます。

 

企業の採用担当者からのヒアリングにも力を入れており、求める人物像や経験を把握したうえで求人を紹介してもらえるため、マッチング精度の高い転職の実現に期待できます。

 

特にITエンジニアや企画職、営業職の転職に強みがあり、25年以上の歴史(※1)と34万人以上の転職支援実績(※1)をもとに、転職を成功に導いてくれるでしょう。

 

(※1)type転職エージェントの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェント
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 9,911件
非公開求人数 17,783件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年6月3日時点

 

【type転職エージェントの口コミ・評判】

年収UP交渉もスムーズに進めていただき、大満足です!

(前略)

キャリアアドバイザーの方に相談すると、プログラミングの経験のほかにWEBサイトの開発経験があることは今後の転職にプラスになるという高い評価をいただき、どちらの経験も活かし、システムの企画にも携われるEコマースのシステムエンジニアで内定をいただきました。キャリアアドバイザーの方にスキルを正しく評価していただき、自信を持って転職活動に臨めたことが成功につながったと思います。年収交渉もスムーズで、企業からスキルを評価されているのだと思うとさらにやる気が出ますね!

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

新たなキャリアの提案で年収大幅UP!

これまで社内SEとしてキャリアを積んできましたが、年収UPを目的に転職活動を始めました。社内SEとはいえ、携わったシステムは全てスクラッチで開発し、開発の全行程から保守・運用まで経験してきたことを伝えると、開発の全工程の経験がある点を高く評価してくださり、キャリアアドバイザーの方からITコンサルタントとして新しいキャリアを築いてみてはどうだろうかとアドバイスをいただきました。書類作成や面接対策をしていただき、万全の状態で望んだ結果、希望する企業から内定をいただくことができました。年収も自分が予想していたよりも大幅にアップし、人材紹介サービスを利用して本当によかったと思っています。

引用元:転職成功事例|type転職エージェント

 

転職の相談は電話・対面・メールどれがおすすめ?

転職相談の方法を「電話にすべきか」「対面にすべきか」「そのほかの相談方法を利用したほうがいいのか」と、悩むケースもあるでしょう。

高橋 宇内氏

ここでは、転職相談を電話でおこなうメリット・デメリットや、ほかの相談方法との違いについて解説します。

相談方法が異なると得られるアドバイスの質と量に差が生じてしまうことがあります。「いまの自分の状況に合っているのか?」を確認しながら、電話で相談するかどうかを決めましょう。

電話で転職相談をする3つのメリット

電話で転職相談するメリットは、下記のとおりです。

  • お金と時間がかからない
  • 文面よりも言いたいことが伝わりやすい
  • 聞きたいことをすぐに質問できる

それぞれポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

お金と時間がかからない

転職の電話相談は無料で利用できます。相談先によっては、通話料がかかるケースもありますが、フリーダイヤルや担当者から折り返し電話がかかってくる形式であれば、通話料を気にする必要もありません。

また、電話相談は場所による制約がないのが特徴です。対面で面談を受ける場合は、現地まで移動する必要があります。

高橋 宇内氏

電話であれば、カフェや自宅にいても利用可能です。

文面よりも言いたいことが伝わりやすい

メールなどの文面上になってしまうと、言いたいことがうまく伝わらないこともあります。たとえば、転職したい業界・職種についての質問をメールでおこなう場合、言葉のニュアンスによって誤解を招いてしまうかもしれません。

一方、電話相談にすれば、事細かく事情を伝えられるため、お互いの解釈に行き違いが生じにくくなります。また、転職エージェント側からしても十分に状況を理解できるので、詳しいアドバイスが提供しやすくなります。

高橋 宇内氏

電話で相談することで、意見の食い違いを最小限に抑えることができます。

聞きたいことをすぐに質問できる

聞きたいことをすぐに質問できるのも、電話で転職相談をするときのメリットです。電話相談は、予約が必要な面談やメールでのやり取りと異なり、リアルタイムでの対話が可能なため、悩みが生じたときにすぐに対処できます。

転職活動では、求人情報や企業の詳細、選考プロセス、福利厚生など、多くの情報を確認しなければなりません。

しかし、情報は頻繁に変化し、一度見た情報があとで変わっているケースもあります。

リアルタイムで最新の情報を確認できる電話相談を利用すると、その場で自分が疑問に思ったことを解決できます。

いますぐ解決したい悩みを相談できるのは、電話相談を活用するメリットといえるでしょう。

電話で転職相談をするデメリット

電話で転職相談するデメリットは、下記のとおりです。

  • メモを取る必要がある
  • お互いの時間を合わせる必要がある

電話相談をするときは、メリット・デメリットを総合的に判断したうえで活用しましょう。

メモを取る必要がある

電話相談をおこなうときのデメリットのひとつは、メモが必須である点です。対面での相談とは違い、相手からこちらの状況は見えないため、話を聞きながら、もしくは一言断りを入れたうえで、情報を書き残す必要があります。

電話で相談していると、相手から重要なアドバイスや情報を受けるときがあります。しかし、その都度メモを取らないと、あとで忘れてしまうかもしれません。

とくに、転職活動においては、多くの情報やアドバイスによって転職成功が左右されます。メモを取らないと、重要な情報を逃してしまう可能性があるでしょう。

メモを残しておけば、情報の整理や振り返りにも役立てられます。メモの必要性はデメリットである一方で、メリットにもなり得るでしょう。

お互いの時間を合わせる必要がある

電話相談は、お互いにスケジュールを合わせる必要があるため、悩みをすぐに解決できない可能性があります。対面相談とは異なり、場所に制約がない分スケジュールは調整しやすいかもしれませんが、忙しいキャリアアドバイザーだと時間を割いてもらうのが難しいケースもあるでしょう。

高橋 宇内氏

転職エージェントは複数の求職者を抱えているため、希望どおりの時間を確保できるとは限りません。

デメリットを解決するには、事前に相談内容を決めておくのがポイントです。当日になって質問を考えてしまうと、説明不足になり、適切なアドバイスを得られない可能性があります。

電話での転職相談には、お互いの時間調整が難しいデメリットもありますが、事前に質問を準備するなどの対策を実施すれば、解決できるでしょう。

電話相談以外の相談方法

電話相談以外の方法は、下記のとおりです。

  • メール相談
  • 面談

電話相談を比較して、どちらが自分にあっているのか確認しておきましょう。

1.メール相談

まずは、メール相談をするメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットデメリット
同じ内容を複数の相談先に使いまわせる
スキマ時間に気軽にやり取りできる
時間の制約がなく気も使わない
文字を打つことが手間
レスポンスが遅い

メール相談は、時間を決めて送る必要がないのがメリットです。ただし、夜中に送信してしまうと、相手のメールボックス内に埋もれてしまう可能性があるため、日中に送るようにしましょう。

高橋 宇内氏

場合によっては、やり取りに時間がかかるので、一度時間を合わせて電話相談したほうが早く解決できるかもしれません。

2.面談

面談を実施するメリット・デメリットは、下記のとおりです。

メリットデメリット
電話より濃い相談ができる
就職面接の予行練習にもなる
移動に時間がかかる
時間に限りがある
準備していないとうまく話せない

相談先によっては、面談時間を設けてくれる場合があります。転職エージェントへの登録をおこなえば、日程を合わせて面談を実施してもらえます

面談は、求職者の実際の人柄や転職への意欲が伝わりやすいため、転職エージェントとの信頼関係構築にもつながるでしょう。

オンラインで面談を実施する転職エージェントもありますが、なかには対面で面談するところもあります。

高橋 宇内氏

転職エージェントによって、面談の実施方法が異なるので事前に確認しておきましょう。

関連記事:転職相談は対面・メール・チャットどれにすべき?使いこなすコツも紹介

転職の電話相談をする前に整理しておきたい情報

  • 現在の状況と転職を決めた理由
  • 自分のスキルや強み
  • 転職先に望む条件

電話相談をするときに無駄な時間を作らないためにも、事前の準備は大切です。まだ何も考えていない場合は、ぜひ参考にしてください。

現在の状況と転職を決めた理由

転職の電話相談をする前の情報整理は、成功に向けた第一歩となります。まず、現在の状況と転職を考える理由を明確にすることで、自分のキャリアパスや転職の目的を整理できるからです。

これは、相談相手に対して、どのようなアドバイスやサポートが必要かを伝える基盤ともなります。また、転職を決意するときも、「なぜ転職を望むのか」を自分自身に問い直す機会となり、転職活動への動機づけにも役立つはずです。

転職エージェントに現在の状況を明確に伝えられれば、適切なサポートを提供してもらいやすくなります。

自分のスキルや強み

自分のスキルや強みは転職の電話相談をおこなう前に整理しておきたい情報のひとつです。自分がどのようなスキルや経験をもっているのか、どのような強みがあるのかを明確に理解し、伝えることは、転職活動において重要です。

転職エージェントに電話相談する際、自分の強みを明確に伝えられれば、最適な業界や職種を提案してもらえる可能性が高まります

自分のスキルや強みを整理するときは、下記について明確にしましょう。

  • 専門知識や資格
  • 実務経験
  • ハードスキル:語学力、プログラミングスキルなど
  • ソフトスキル:コミュニケーション力、問題解決能力など
  • 過去の成果や実績

自分のスキルや強みを整理し、的確に伝えることは、電話相談を通じて自分の適職を見つけ、転職を成功に導くための大切なステップです。

強みやスキルを明確にできれば、転職エージェントからの適切なサポートを受けられ、理想の職場に近づく手助けになるでしょう。

転職先に望む条件

いまよりも良い条件の会社に転職したいと考えるのが一般的です。志望先と現職を比較・検討するためには、基準となる情報を整理しておく必要があります。

下記は、事前に整理し、希望条件を明確にしておくべき項目です。

  • 転職理由
  • 志望職種・業種
  • 給与
  • 労働時間
  • 年間休日(月平均休日)
  • ボーナスの有無と金額
  • 勤務地・通勤距離/時間
  • 会社の雰囲気(ハラスメント対策や女性の働きやすさなど)

転職で重視したい条件は、上記のような内容になるケースがほとんどです。相談先に質問されてもスムーズな回答ができるように、事前に考えておきましょう。

【キャリアアドバイザーが語る】転職の電話相談でよくある内容

高橋 宇内氏

ここでは、筆者が実際に電話相談で受けた内容を紹介します。

質問に対するアドバイスも解説するので、転職エージェントに電話相談をしようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

転職相談1 いまよりも給与を上げたい

高橋 宇内氏

「いまよりも給与をあげて転職したいです」といった質問は、頻繁に受けた質問のうちのひとつです。

相談で求職者の状況を深掘りすると、仕事内容と給与のバランスが悪いことが明らかでした。

たとえば、訪問販売をおこなっていた方は、残業代込みの給与で、手取りが18万円ほどでした。しかし、同職種のほかの求人を見てみると、同じ業務内容なのに、手取り22万円になるケースがあったのです。

実は、仕事内容は同じでも、もらえる給与が異なることは珍しくありません。

【解決策】

この問題を解決するためには、同業界、または将来性がある職種への転職がおすすめです。現在のスキルや経験を活かして、同じ職種や同業種の仕事に転職すれば、年収を上げられる可能性が高くなります。


また、IT業界や不動産業界、人材サービス業など、給与に伸びしろがある職種へ転職することで、給与を上げられるかもしれません。

いまよりも給与を上げて働きたい場合は、同じ業界と比較するか、他業種への転職を検討してみるといいでしょう。

退職後一定期間、競合他社への転職を禁止している企業もあるため、あらかじめ就業規則を確認するのがおすすめです。

転職相談2 休日出勤・残業が多い

高橋 宇内氏

「休日出勤・残業が多くて休む暇がありません。この会社って退職したほうがいいですか?」といった質問も、よくありました。

結論、労働条件に不満がある場合は、転職活動を始めることをおすすめします。

不満を抱きながら働き続けていても、あとになって「やっぱりあのとき転職しておけばよかった」と思うケースがほとんどです。

【解決策】

いますぐ転職するのが難しい環境にいる場合は、将来的な転職の計画を立てましょう。もし、すぐに行動へ移行できる場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。


転職活動は、すぐに内定をもらえるとは限りません。6ヵ月以上かかるケースもあるので、計画性をもった行動が不可欠です。

いつまでに転職するのかゴールを決め、そこから何をいつまでにすべきなのかを逆算することで、明確な行動が決まるでしょう。

転職相談3 現職を辞めたいけど、やってみたい仕事がない

高橋 宇内氏

「現職に不満はあるんですけど、やりたい仕事もないので、どうしたらいいかわかりません」といったケースもありました。

とにかくいまの仕事が嫌で退職したい方は、多くいるでしょう。

【解決策】

このような悩みを抱える場合は、電話ではなく、対面での面談で相談することを推奨します。キャリアアドバイザーは、電話相談に対応していますが、悩みを共有できるほど十分な時間を確保できるとは限りません。


電話相談を受けられる時間は、おおよそ5分〜10分程度です。短時間でこの問題を解決するのは困難でしょう。


求職者が抱える潜在的な望みを深掘りしなければ、今後何をしたいのかを明確にできません。

「現職は嫌だけど、やりたい仕事がない」といった相談をしたい方は、面談を前提として電話しましょう。

関連記事:向いている仕事が見つからない・わからない20代の特徴や自分にピッタリの仕事の見つけ方を解説

転職相談4 人間関係・職場の環境が合わない

高橋 宇内氏

「人間関係が悪い・職場の雰囲気が自分に合っていない」相談は、電話相談でよくある内容でした。

職場にはさまざまな人がおり、全員と良好な関係を築くことは難しいかもしれません。

【解決策】

人間関係や職場環境に悩みを抱える場合は、まず自分で何か対策できることはないか考えてみましょう


たとえば、人事異動で違う部署に異動したり、信頼できる先輩に相談したりなどの方法が考えられます。

何も対策をせずに転職してしまうと、同じ状況になった際、また転職を繰り返すことになりかねません。1年以内に何回も転職活動をしていると、「働く意欲がない」とみなされ、正規雇用者として採用されにくくなる可能性もあります。

まずは、自分で対策を考えてみることが大事です。対策を考えたうえで状況が変わらない場合は、転職エージェントに相談しましょう。

職場の人間関係が合わない・疲れたから会社を辞めたい時にすべき行動とは?
転職先が合わないけど、やめてもいい?対応方法や見極めポイントを解説

転職相談5 将来的な成長が見込めない

「同じ業務ばかりで成長している実感がありません。どうしたらいいですか?」といった相談もよくある相談のひとつひとつです。

就職していざ働き始めてから、「思っていた企業と違った」と感じるケースは多いでしょう。

高橋 宇内氏

ミスマッチが生じているのであれば、就職・転職活動中に企業・業界・職種研究を怠っていた可能性があります。

【解決策】

成長できる実感がない場合は、転職活動を始める前にキャリアビジョンを明確にしましょう。中には「入社してから見つければいいや」と考えている方もいるかもしれません。


しかし、どの分野でどんな形で成長したいのかを明確にしない限り、同じ状況を繰り返す可能性があります。転職後にミスマッチが起きるのは、入念な研究ができていなかったあなたにも責任があるのです。


同じ過ちを繰り返さないためにも、自分のキャリアビジョンとマッチする業界・職種・企業を選ばなくてはいけません。

ひとりで自己分析をするのが苦手な場合は、転職エージェントのサポートサービスを活用しましょう。電話相談だけでなく、面談を実施することで、自分でもわからなかった価値観に出会えるかもしれません。

転職相談は身近な人にしても問題ない?

下記に該当する人に相談する場合は、相談方法を工夫する必要があります。

  • 家族
  • 友人
  • 同僚

どのように転職相談をすればいいのか、詳しく解説していきます。

家族

家族は、転職相談に対して寄り添ってくれる大切な存在となるはずです。しかし、あなたのことをよく理解していたとしても、転職に関する専門的な知識をもっているとは限りません

専門的なアドバイスをもらえないと、転職活動の悩みが解決する可能性は低いでしょう。

もちろん、悩みを相談するだけで気分がすっきりすることもあります。

もし家族に転職相談するのであれば、「〇〇に転職しようと思ってるんだよね」のように軽く触れるくらいが得策です。

ただし、家庭の事情で勤務時間や休日数などの条件面で制約がある場合は、転職前に家族間で十分な話し合いをするようにしましょう。

友人

友人も、寄り添ってくれる存在となりますが、的確なアドバイスがもらえるとは限りません

場合によっては、転職することを否定されてしまう可能性もあるため、相談する友人を選ぶようにしましょう。

友人の場合も家族と同様で、相談ではなく悩みを聞いてもらう程度がおすすめです。

同僚

現職の同僚には転職を考えていることは相談しないようにしましょう。

トラブルを防ぐために隠して転職活動を進めようとしていたにもかかわらず、同僚が上司に話してしまう可能性があります。

転職活動をしていることが社内でバレると、仕事がやりにくくなります。

同僚を信頼して相談したのに、気づいたら噂が広まっていた、といったこともあり得るので注意しましょう。

電話での転職相談サービスを使いこなすための注意点

  • 相談する目的を明確にする
  • 電話相談で全ての問題を解決するのは難しい
  • 自分に合った転職サービスを見極める

上記の注意点を押さえておけば、納得したうえで活用できるでしょう。

相談する目的を明確にする

電話で転職相談サービスを利用する場合は、目的を明確にしてから相談しましょう。転職相談する目的、求めているアドバイスを明確にすることで、相談相手からより効果的なアドバイスを提供してもらいやすくなります

相談したい内容を下記のように箇条書きで書き出し、電話相談での聞き漏れをなくしましょう。

  • 現職を辞めて転職したい理由
  • 志望する業界・職種の求人の有無
  • 転職エージェントの場合、面接対策の有無
  • 希望条件にマッチする転職の可否

自分の目的に合致した情報を整理すれば、相談のときに的確な質問を投げかけたり、必要な情報を提供したりできます。

不要な質問で時間を費やすことを避け、相談時間を有効に使えるでしょう。

電話相談で全ての問題を解決するのは難しい

電話相談は、転職に関する情報やアドバイスを手軽に受けられる手段として便利ですが、注意が必要です。

あくまでひとつの視点や意見であり、全ての問題を解決する完璧な回答とは限りません

転職活動には、さまざまな要因や複雑な要素が絡み合っています。

たとえば、適切な職種・業界の選定、履歴書・職務経歴書の作成、面接対策、勤務条件の交渉など、転職を進めるためには多くのステップが必要です。電話相談では、限られた時間内で全ての要素を十分にカバーすることは難しいでしょう。

電話相談を受けるときは、自身の転職に関するニーズや課題を明確にし、相談の焦点を絞ることが大切です。電話で解決できない相談内容は、面談を通じてクリアにしましょう。

自分に合った転職サービスを見極める

電話での転職相談を活用する場合、自分に合った転職サービスを見極めることは重要です。

自分に合う転職サービスを見極めるには、まず自身のニーズや目標を明確にしましょう。転職の理由や志望している業界、職種、キャリアプランなどを整理しておくことが大切です。

転職エージェントを選ぶ際は、信頼性や実績の確認も欠かせません。公式ページ内に転職エージェントに関する情報が網羅的に記載されていため、登録前に確認してみてください。

もし、ひとつの転職エージェントに絞るのが不安なときは、転職エージェントを複数併用することをおすすめします。複数の転職エージェントに登録すれば、より多くの求人にアクセスできるだけでなく、アドバイスも多くもらえます

登録した中に相性が悪いエージェントがあったとしても、別に登録したエージェントが使いやすい可能性もあるため、リスクを抑えながら活用できるでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職相談の電話で相性の良いエージェントを見極める方法

転職相談の電話で相性の良いエージェントを見極める方法は、下記のとおりです。

  • 志望する業界・職種の支援実績があるか
  • 自分の経歴やスキルと合っているか
  • 口コミ・評判は良いか

志望する業界・職種の支援実績があるか

転職相談の電話で自分との相性が良いエージェントを見極めるには、志望する業界・職種の支援実績があるかどうかが大事です。その理由は、相談しても志望する業界・職種への支援実績がなければ、求める回答を得られない可能性があるからです。

転職エージェントを選ぶときは、まず志望する業界や職種に特化したサポートを選んで、転職エージェントの実績や成功事例を確認しましょう。

実績がある転職エージェントは、過去に多くの求職者を成功に導いた経験があり、信頼性が高いといえます。また、成功事例を確認することで、その転職エージェントがどれだけ自分のキャリア目標に合ったサポートを提供できるかについて、評価する手助けになります。

電話相談で相性の良い転職エージェントを見極められれば、より効果的に活動を進めることができ、理想の職場へと近づくでしょう。

自分の経歴やスキルと合っているか

自分の経歴やスキルと合っているかも相談先の転職エージェントを見極めるために大切です。

年収500万円の方が年収800万円以上の求人を多く取り揃えている転職エージェントに相談しても満足のいくサポートを受けられないでしょう。

転職エージェントには各社特徴や強みがあるため、自分の経歴やスキルに合っている転職エージェントを利用しましょう。

また事前に求める内容を整理しておきましょう。何が必要なのか明確になれば、電話相談時に転職エージェントが提供できるサポート内容について尋ねられます。

転職相談の電話で相性の良い転職エージェントを見極めるには、自身の経歴やスキルにあった転職エージェントを選ぶことが大切です。

口コミ・評判は良いか

転職相談の電話で相性の良いエージェントを見極める方法の中でも、とくに大切なのは、利用者の口コミや評判です。

実際に利用した求職者の情報は、転職エージェントの信頼性や実力、サービスの質を参考するのに役立ちます。

確認するときのポイントは、いきなり電話相談で尋ねるのではなく、口コミや評判サイト、Yahoo!知恵袋、SNSなどで情報を集めてから質問することです。

事前に口コミや評判を把握できていれば、転職エージェントからの回答と一致するかどうかを確認できます。転職エージェントによっては、本音で話していないケースもあるかもしれません。しかし、事前情報と照らし合わせれば、情報に乖離がないか明確にわかるでしょう。

また、希望先の業界で実際に転職した人の感想や、インターネット上で見つけたネガティブな口コミについてなど、気になることは遠慮せずに尋ねてみてください。

利用者の口コミや評判は、あなたにとって参考情報となるはずです。

電話での転職相談に関するよくある質問

電話での転職相談に関するよくある質問は、下記のとおりです。

相談するのにお金はかかりますか?

通話料以外は、無料で相談できます。


有料の転職エージェントだとしても、通常、電話相談は無料で利用可能です。

土日や休日でも相談はできますか?

転職エージェントによっては、可能です。


土日に対応しているか否かは、転職エージェントのホームページを確認するようにしましょう。

関連記事:土日対応可能なおすすめ転職エージェント5選!平日忙しい人も休日に転職できる方法

転職エージェントを利用した流れを知りたいです

転職エージェントを利用する流れは、以下のとおりです。

転職エージェント利用の流れ

関連記事:【5ステップ】転職エージェント活用時・登録後の流れと注意点を解説

転職にはどれくらいの期間がかかりますか?

転職活動にかける時間やスキル、経験、実績によって異なります。

早ければ、2ヵ月前後で決まる可能性があります。一方、長くなると、6ヵ月以上かかるケースもあるでしょう。

まとめ|転職相談を電話でするならエージェントに頼るべき

転職の電話相談を誰にすればいいのか悩んだときは、エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに電話相談するメリットは、下記のとおりです。

  • 無料で利用できる
  • 専門的なアドバイスを受けられる
  • すぐに解決できる可能性がある
  • 電話後の面談もできる

転職エージェントは、転職に関わるプロであるため、あなたが抱える悩みを的確に解決へと導いてくれます。ただし、より正確なアドバイスを受けるには、自分に合った転職エージェントを選ぶ必要があります

口コミや評判、公式ホームページなどから情報を集め、自分との相性を確かめるようにしましょう

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。