第二新卒の転職が難しい5つの理由|成功に必要な行動を徹底解説

高橋宇内
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

転職市場では、第二新卒者に対して「スキルが不十分」「すぐに辞めるのでは」とマイナスなイメージを抱いている企業があります。

そのため、転職したい第二新卒者のなかには「転職に失敗したらどうしよう」と転職できるのか不安に考える方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、下記について解説します。

結論からお伝えすると、第二新卒の方でも転職は十分に可能です。

あまり不安に思わず、積極的に行動してみることを推奨します。 実際の転職活動や情報収集には転職サイトやエージェントの活用が便利なので、ぜひ積極的に使っていきましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:20代転職サイトおすすめ比較ランキング!前半後半や女性向けも解説

目次

第二新卒とは?

「第二新卒」という言葉を知っているものの、自身が該当するかどうかを確信できない方もいるでしょう。

この章では、第二新卒の定義と3年以内に離職する人の割合、第二新卒に多い転職理由を解説します。

「第二新卒」の定義

まずは「第二新卒」の定義から確認していきましょう。

そもそも「第二新卒」とは、専門学校や大学を卒業後、企業に就職して2~3年経過した転職志願者をいいます。具体的な年齢は出身校によってさまざまですが、高卒であれば21歳前後、大学卒であれば25歳前後の人を指します。

いずれにしても、一度は「就職」の社会経験を経て転職活動する人物が該当し、通常の中途採用のなかでも「第二新卒」とグルーピングされ別枠で考えられます。

その他、転職市場には「既卒」と呼ばれる分類もありますが、これは卒業後の就職経験が一度もない人を指す言葉のため第二新卒者とは異なるものとして区別されます。

【参考記事】若年者雇用を取り巻く現状|厚生労働省

3年以内に離職する人の割合

では、新卒で入社してから3年以内に離職する人の割合はどれくらいでしょうか?

厚生労働省が雇用保険の加入届をもとに集計した結果によると、大卒で正社員として入社してから3年以内に離職した人の割合は、以下のように推移しているようです。

引用元:新規学卒者の離職状況|厚生労働省

以上のグラフより、1995年に32.0%をマークして以来、2009年を除き、3年以内の離職率は30%台が続いていることがわかります。

これはいわゆる「3年3割」と呼ばれる問題で、せっかく採用して教育した新入社員のうち、3割が3年以内に退職することは、企業にとって解決すべき課題のひとつとなっています。

3年以内に離職した人材がすぐに転職しているとは限りませんが、おおむね第二新卒者の割合もこのとおりだと予想できるでしょう。

第二新卒に多い転職理由

第二新卒者は、入社前に思い描いていた理想と入社後の現実にギャップを感じて、転職を決意する人が多いようです。

実際、公益社団法人全国求人情報協会が調査した結果によると、離職理由を「仕事内容への不満」とした人は51.5%でもっとも多く、2人に1人が回答として選択したことがわかります。

本調査は大卒で入社した3年目〜6年目の社会人を対象として実施されたものです。

引用元:若者にとって望ましい初期キャリアとは ~調査結果からみる“3年3割離職”の実情~(2018年)|公益社団法人全国求人情報協会

ミスマッチのない就職を叶えるには、徹底した自己分析と企業研究が肝心です。第二新卒の転職では同じ後悔を繰り返さないように、入念な下準備をしたうえで選考に臨みましょう。

転職エージェントを利用すると、自己分析や企業研究のサポートが受けられるため、入社後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

第二新卒の転職が難しいといわれる6つの理由

転職活動をおこなう第二新卒者のなかには、選考が順調に進まず気落ちする方もいるのではないでしょうか。

転職市場において、第二新卒者がスムーズに内定を得るのは「難しい」といわれるケースがあり、その理由を把握しておくと何らかの対策が打てるようになります。

ここからは「第二新卒者の転職が難しい」といわれる6つの理由を詳しく説明します。

1.転職先からすぐに辞めると思われる

第二新卒者の転職が難しいといわれる1つ目の理由に「早期で退職する可能性」を企業が不安視する点が挙げられます。

もっとも、第二新卒者には若さや活力といった魅力があるものの前職での経歴が浅いため、採用担当者に「自社でもすぐに辞めるかもしれない」と思われるケースがあります。

なかでも前職を1年たらずで退職している方であれば、仕事における忍耐力を疑われる可能性もあるでしょう。

第二新卒者を採用したところですぐに辞められては、企業が採用にかけた費用や時間、労力が無駄になってしまいます。そのため「すぐに辞めるかも」と思われる第二新卒者は、採用に至りづらい厳しい現実があるのです。

2.実務経験が条件を満たしていないケースがある

第二新卒者の転職が難しい2つ目の理由は「実務経験が企業の採用条件を満たしていない」からです。

第二新卒者の応募窓口となるキャリア採用では、多くの場合「未経験者OK」や「経験者優遇」のように、企業の求める人材がひと目でわかるフレーズが付いています。

もし、前述のような条件であれば、第二新卒者の人柄やスキルに魅力がある限りスムーズな転職が見込めるでしょう。

しかし「経験者優遇」や「○○経験3年以上」と記載されている場合、前職で多少の業務経験があっても「第二新卒者=経験不足」と判断されるケースがあるのです。

実際に、第二新卒者の実務経験が募集要項の年数に達していない場合、応募しても門前払いされる可能性があります。経験の浅い第二新卒者にとって、実務経験を求められる求人では転職活動を難しく感じるかもしれません。

3.ビジネスマナーが不十分の可能性がある

第二新卒者の転職が難しいといわれる3つ目の理由に「ビジネスマナーが不十分」が挙げられます。

社会人である以上、第二新卒者にはビジネスで使う礼儀作法や丁寧な電話応対、誤字脱字のないメール作成といったスキルが求められます。

社会経験が短いとはいえ、ビジネスマナーが身に付いていて当然と考える企業は少なくありません。

もし、採用した第二新卒者に基本マナーが備わっていない場合、企業はビジネスマナーの教育コストを負担する必要が出てくるでしょう。

そこにかかる手間や労力を考慮すると、企業としてはビジネスマナーが不十分な人材の採用を見送るといっても過言ではありません。

採用担当者は、第二新卒者が提出する応募書類の誤字脱字や面接時の対話力、お辞儀や所作といった細部までチェックしています。そのため、ビジネスマナーが不十分な点が見受けられる人物の場合、選考が進みづらいのは仕方がないかもしれません。

4.一般のキャリア採用ではスキル不足になる

第二新卒者の転職が難しい理由の4つ目には「キャリア採用内ではスキルが未熟」が挙げられます。

第二新卒者の応募窓口は「キャリア採用」ですが、ここでは企業の即戦力となる人材を募集しているケースが多いものです。

そのようなスキルの高い人材が溢れるなかで、職歴3年程度の第二新卒者が競うとなれば、圧倒的な経験値と技術力を保有していない限り内定を勝ち取りづらいといえます。

採用担当者からも、第二新卒者というだけで「即戦力にならない」と思われてしまうでしょう。第二新卒者はどうしても他の求職者より劣って見えるため、採用に至らないと考えられます。

5.業界未経験者だと企業側に負担がかかる

第二新卒者の転職が難しいとされる5つ目の理由は「業界未経験だと企業側に負担がかかる」点にあります。

第二新卒者のなかには、未経験業種への転職を希望する方もいるでしょう。

しかし、企業が業界未経験の第二新卒者を採用すると、即戦力としての見込みを断つ以外に、業界の知識をゼロから教え込むための教育コストを負うことになるのです。

そのような状況に対して、メリットを感じられない企業は多いといえます。

採用担当者が「業界経験者を優先したい」と思うのは当然であるため、第二新卒者が未経験業界を希望する場合、転職活動の難航は避けられないと思っておくのがよいかもしれません。

6.求人数が少ない

近年では第二新卒を歓迎する企業が増えているものの、新卒採用や経験者採用に比べると求人数が少ないと感じられるでしょう。新卒採用で人材が充足している、経験者採用ではスキルに長けた即戦力を採用したいなどの事情があって、第二新卒を対象とした採用活動を検討しない企業もあるからです。

ただし、「第二新卒採用」と明示されていないからといって、諦めるのは早計かもしれません。

企業によっては、第二新卒者に新卒採用枠への応募を認めていたり、若さを評価して経験者採用の対象としていたりします。

応募したい企業がある際は、第二新卒での応募が可能かどうか、募集要項をよく確認し、掲載されていない場合は問い合わせてみるとよいでしょう。

第二新卒に特化した転職エージェントを利用し、第二新卒者が応募できる企業を教えてもらうのもひとつの方法です。

第二新卒を歓迎する企業の特徴は?

  • 新卒採用で十分な人材を確保できなかった
  • 市場拡大のため、若い人材を獲得したい

株式会社マイナビが新卒採用を実施した企業を対象としておこなった調査によると、採用充足率、つまり募集人数に対する実際の内定者数の割合は、2024年卒で75.8%となっています。すなわち、約25%の企業が「新卒採用で十分な人数の人材を確保できなかった」と感じているようです。

引用元:2024年卒企業新卒内定状況調査|マイナビキャリアリサーチLab

このような企業は若手人材の獲得を必要としており、第二新卒者の採用にも積極的だと考えられます。

また、市場拡大が続いている業界では、長期的に働ける人材の確保・育成が課題のひとつです。具体的には、以下のような業界が該当します。

市場拡大が続いている業界
  • IT・Web業界
  • EC業界
  • Web広告業界
  • 電子部品・半導体業界
  • 運輸業界
  • 医療業界
  • Webエンタメ業界

これらの業界であれば、第二新卒の採用に前向きで、かつ教育制度が整っている企業を見つけやすいでしょう。

第二新卒に対して企業が期待することとは?

第二新卒者は企業から忍耐力やスキルを不安に思われる一方、期待されている一面があるのも事実です。

ここからは、企業が第二新卒者に期待している点を詳しく紹介していきます。

向上心をもって自発性な行動がとれる

第二新卒者は年齢こそ新卒と差がないものの、社会経験があるため仕事の学び方を知っています。新卒同等のフレッシュさを備えながら、いち早く業務を習得しようとする前向きな姿勢は、第二新卒者だからこそもっている要素といえるでしょう。

そのような向上心や自発性は企業に新しい風を吹かせる可能性があるため、企業の採用担当者は、第二新卒者の目に見えるやる気と行動力を期待しているといえます。

企業への適応力がある

採用担当者が第二新卒者に期待することには、社風や職場環境に対する適応力が挙げられます。第二新卒者は社会経験が短い点でマイナスにとらえられる一方「前職に染まっていない」と言い換えれば魅力的な人材にもなり得ます。

第二新卒者が応募するキャリア採用では、どんなにスキルが高い人材であっても、企業の雰囲気をつかんで馴染む力がなければ円滑に業務を進められません。

その点、前職のカラーに染まっていない第二新卒者であれば、新しいやり方でも柔軟に取り込めるため、周囲との関係性も築きやすいといえます。

企業への適応力の有無は仕事をするうえで重要なポイントであるため、企業が第二新卒者に期待している可能性が高いでしょう。

教育コストがかからない

たいていの企業は、第二新卒者に対する教育コストの削減を期待しています。前職の内容にもよりますが、第二新卒者であれば「お世話になっております」「今後ともよろしくお願いいたします」といったビジネス上のコミュニケーションスキルを備えているものです。

その他、電話応対や名刺交換といった社会人に求められる最低限のマナーも理解しているといえるでしょう。

このようなマナーの有無は、同年代である新卒との大きな違いでもあり、企業が重視するポイントです。

第二新卒者であれば、入社後、必要な業務指導のみで企業へ馴染めるケースが多いため、採用担当者から教育コストがかからない面で期待されているでしょう。

即戦力になる可能性がある

企業は、第二新卒者が将来的に即戦力として活躍してくれることに期待しています。第二新卒者には、まだ開花していない内に秘めた能力やポテンシャルがあり、その大きさは計り知れません。

スキルや経験値の少なさから転職後すぐにパフォーマンスを発揮するのはできないかもしれませんが、将来的な可能性が評価されて採用に至るケースは多いでしょう。

第二新卒の転職が難しい人に共通する5つの特徴

ここからは、第二新卒の転職が難しい人と、成功する人でそれぞれ共通する特徴について解説します。第二新卒の転職はあなたが思う以上に転職難易度は高い傾向にあります。

第二新卒で納得する企業への転職を成功させるためにも、自分が難しい人に該当するのか確認しましょう。第二新卒の転職が難しい人の特徴は下記のとおりです。

転職理由が明確でない人

転職理由が明確でないと、第二新卒の転職は苦労する可能性が高いです。

というのも、転職する明確な理由がないと面接官が納得できる返答をするのは難しいからです。面接官が納得できる理由を伝えるには、自己分析を行い転職する目的を明確にする必要があります。

自己分析では、自分のスキルや経験、興味関心、価値観、キャリア目標などを客観的に見つめ直し、どんな仕事に転職したいのか明確にします。また、現職を転職する理由の深掘りも重要です。

退職理由と転職理由が明確になれば、面接官からの質問に対して論理的に回答できます。第二新卒の転職で苦労する人は、自己分析が足りていない可能性が考えられます。

自己分析は時間がかかりますが、第二新卒の転職を成功するためには重要なステップです。自分の強みや目標を把握し、転職先とのマッチングや志望動機の説明に活かしましょう。

前職の退職理由がネガティブな人

前職の退職理由がネガティブな人も、第二新卒の転職が難しい人に該当します。その理由は、転職先の企業からの評価や信頼を得ることが難しくなるからです。

ネガティブな退職理由とは、人間関係のトラブル、給与不満、過度な残業など、前職での不満や問題が原因で退職した場合を指します。

前職の退職理由がネガティブな場合でも、その経験をポジティブに捉えることが重要です。企業としては、物事を後ろ向きに考える人より、前向きにとらえる人と働きたいと思うでしょう。転職先への説明や面接での回答においては、前職での学びや成長、新たなチャレンジを求める姿勢をアピールすることが大切です。

たとえば、人間関係のトラブルがあった場合、コミュニケーションや協調性の重要性を学んだと言えます。給与不満や業務の過重負荷があった場合には、自己管理や仕事の効率化の重要性を学んだと言えるでしょう。

前職のネガティブな退職理由をポジティブに捉え、成長や目標達成への意欲をアピールすることは、第二新卒の転職を成功させるために重要な要素です。

ビジネスマナーが欠落している人

第二新卒の転職において、ビジネスマナーの欠如は大きなマイナス要素です。

ビジネスマナーとは、職場での適切な言動や態度、コミュニケーションスキルなどを指します。ビジネスマナーが欠落している人は、職場での円滑な人間関係の構築や業務遂行において問題が生じる可能性があると考えられるでしょう。

第二新卒の場合、スキルや経験が豊富なわけではないため、ビジネスマナーや熱意といった部分でアピールする必要があります。企業側が第二新卒に求めることは、社会人としての基盤です。つまり、業務の研修にすぐ移れるような、ビジネスマナーです。

そのため、ビジネスマナーが欠落している人は、第二新卒の転職が難しいと言えるでしょう。仮にビジネスマナーが欠落している人は、いままでの行動を振り返り、直す努力をする必要があります。

自身のキャリアの発展や職場での評価を高めるために、ビジネスマナーの重要性を理解し、積極的に取り組んでいきましょう。

人間関係だけがつらい人

人間関係だけがつらい人も、第二新卒の転職が難しい特徴に該当します。

転職の面接で退職理由を聞かれたときに、人間関係にトラブルがあったと伝えると「自社で同じことがあったらすぐ辞めるの?」と思われてしまうでしょう。

ただし、人間関係の問題に対策を講じた場合は、高評価に繋がる可能性があります。なぜなら、解決するために行動を起こす力があると判断できるからです。

第二新卒の転職において、人間関係がつらいと感じている人は多くいます。しかし、企業側からすると「転職前にやれることはあるのではないか」と思うはずです。人間関係がつらくて転職したい場合は、やれるだけの対策をしてから検討する必要があります。

たとえば、人事異動で環境を変えたり、考え方や捉え方を変えたりなど、自主的に改善する姿勢が大切です。

社会人として成長するためにも、つらい状況をどうすれば乗り越えられるのか考えることが大事です。人間関係の問題に改善策を行って現状が変わらない場合は、転職へと進めましょう。

仕事内容だけが嫌な人

仕事内容だけが嫌な人も、第二新卒の転職が難しい特徴に該当します。人間関係だけがつらいと同様に、転職前にできる対策がないか考えることが大切です。

たとえば、人事異動でジョブチェンジの提案をすることがあげられます。また、第二新卒は社会人経験が少ないため、仕事内容に慣れていないだけの場合も考えられるでしょう。

改善策を考えるには、現状の不満や嫌悪感の具体的な要素を明確に把握する必要があります。仕事内容が嫌だと思う具体的な要素を洗い出さなくては、同じ状況を繰り返す可能性があります。

さらに、辞め癖がつき短期間で再転職を続けると、企業から「就業する意欲がない」と判断されるため、転職する難易度があがってしまいます。

仕事内容だけが嫌な人は、まず自分でできる対策を実践することが大切です。どうしても嫌だった場合は、理由を明確にしてから転職を進めましょう。

第二新卒の転職活動が成功する人に共通する5つの特徴

続いては、第二新卒の転職が成功する人の特徴についてみていきましょう。共通する特徴は下記のとおりです。

志望企業に入社したい理由が明確にある

第二新卒の転職活動が成功する人は、志望企業に入社したい明確な理由を持っている特徴があります。

志望企業に対する明確な理由を持つことは、転職活動を効果的に進めるうえで重要な要素です。

入社したい明確な理由があると、キャリアビジョンや希望条件に合致する企業を選べます。また、企業から「志望理由を教えてください」といった質問に対して、情熱や意欲を伝えることができ、魅力的な候補者として評価される可能性が高まります。

第二新卒で入社する理由を明確にするには、自己分析やキャリア設計を行うことが必要です。自分の価値観や適性、興味関心を把握し、合致する業界・職種・企業を選ぶことが成功に近づきます。企業の特徴や価値観、事業内容などを調査し、自身のキャリアやスキルにどのように貢献できるかを考えることも大切です。

企業側としても、入社意欲が高い転職者を採用する傾向があるため、入社したい明確な理由を伝えられれば、第二新卒の転職活動を成功させられるでしょう。

将来像のイメージを描けている

第二新卒の転職活動が成功する人は、将来像のイメージを描けている特徴もあります。

なぜなら、企業は入社後の活躍に期待しており、将来像がある人は達成するために努力できると考えられるからです。

たとえば「20代で年収1,000万円稼ぎたい」人と「安定した給与がもらえればいいかな」と考える人がいた場合、企業側からして努力してくれる可能性が高いのはどちらでしょうか。

将来像のイメージを描けている人の方が、入社後に努力してくれると思う企業がほとんどです。将来像のイメージを持つことは、転職を成功させる要素のひとつと言えるでしょう。

ただし、将来像をイメージするときは、転職先で達成できる目標にするのがポイントです。将来像があっても転職先で達成できなければ「他社でよくない?」と思われてしまいます。

第二新卒の転職活動を成功させるには、志望先の企業で達成できる将来像のイメージを描くようにしましょう。

企業が求める人物像を把握している

第二新卒の転職活動が成功する人は、企業が求める人物像を把握している特徴もあります。

転職先の企業が求める人物像を把握することは、自身の適性や魅力をアピールするうえで重要な要素です。

企業が求める人物像を把握するには、企業研究が欠かせません。企業のホームページや採用情報、社員インタビューなどを通じて、会社のビジョンや価値観、求める人物像を理解しましょう。また、業界の動向や競合他社の状況も調査し、自分の強みやスキルが企業にとってどのような価値を持つのかを考えることも重要です。

企業が求める人物像に合致する自分の特徴を明確にし、アピールすることで高評価に繋がるでしょう。

また、企業が求める人物像を把握すれば、企業の求める人物像に合致するエピソードや経験を具体的にあげ、自分の魅力や適性をアピールできます。

企業が求める人物像に対する自分の適合度を高めるために、事前の準備や面接の練習等を行いましょう。

前職の経験を活かしている

第二新卒の転職活動が成功する人は、前職の経験を活かしている特徴もあります。

前職で培ったスキルや経験を転職先で活かすことは、アピールポイントを高めるうえで重要な要素です。

前職の経験を活かすには、これまでのスキルや経験を客観的に評価しましょう。前職で得た知識やスキル、実績などを整理し、強みや専門性を把握することが重要です。また、前職での成功体験やプロジェクトの成果なども振り返り、具体的なエピソードとしてアピールできるように準備します。

前職の経験を活かすには、転職先が求めるスキルや経験を把握するのも重要です。転職先の企業や業界のニーズや課題を理解し、自分の経験がどのように活かせるのか考えましょう。前職での経験を通じて培ったスキルや知識をアピールすれば、自分の価値を高められます。

前職の経験を活かして転職活動をすることは、転職を成功に近づけるための要素のひとつです。企業としても、1から教育をするのと5から教育するのでは、かかるコストが違います。企業側としては、少ないコストで即戦力として活動してもらうことが理想的です。

そのため、前職の経験を活かしている人は、第二新卒の転職で成功しやすいと言えるでしょう。

仕事に対する熱意を持っている

第二新卒の転職活動が成功する人は、仕事に対する熱意を持っている特徴もあります。

企業側が第二新卒に求めることは、スキルや経験ではなく、仕事に対する熱意です。

第二新卒の中でも、自信が持てるスキルや経験があれば、アピールできる材料となります。しかし、企業は第二新卒の社会人経験が少ないことを理解しています。自信がないスキルや経験をアピールしても、高評価に繋げるのは困難です。第二新卒にしかない仕事への熱量をアピールすることが、転職を成功させるポイントに繋がるでしょう。

仕事に対する熱意を持つには、興味や関心がある領域を明確にし、達成したい将来のビジョンを決めます。自分の興味や関心に基づいて仕事を選べば、やりがいや充実感を見つけられるでしょう。

熱意を持って仕事へ取り組む姿勢は、自己成長やスキルの向上、新たなチャレンジへの積極性を高めます。また、企業側からも仕事に真剣に取り組む姿勢を評価され、求められる人材としての価値が高まるでしょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

第二新卒の転職を成功させるためにすべき7つのこと

第二新卒の転職を成功させるためにすべきことは、下記のとおりです。

第二新卒で転職を成功させるには、上記の一つひとつが必要です。後悔しない転職活動にするためにも、ぜひ参考にしてください。

応募企業について研究する

第二新卒の転職を成功させるには、応募する企業について徹底的に研究することが重要です。

応募企業のビジョンや事業内容、文化、価値観などを把握することで、会社理解の深さをアピールできます。

応募企業について研究するには、公式ホームページやWebサイト、採用情報などを活用しましょう。また、企業のニュースや取り組み、社員インタビューなども調査して、最新の動向をチェックすることで、自分が挑戦したい環境があるか否か判断できます。

応募企業の研究は、志望理由を具体的に説明するうえでも役立ちます。企業のビジョンや価値観と自分のスキル・経験・価値観をマッチさせることで、明確な志望理由を作成できるでしょう。

転職したい企業の研究には時間と努力が必要ですが、得られる情報は転職活動を成功に導くために有益です。自分のキャリア目標や成長の方向性に合致する企業を見つけ、その企業に対して戦略的なアプローチをすることで、内定獲得の可能性を高められます。

徹底的に自己分析する

第二新卒の転職を成功させるには、徹底的な自己分析が欠かせません。

自己分析で価値観や経験、キャリア目標を明確にすれば、適切な転職先を選択できるだけでなく、アピールポイントを決めることができます。

自己分析をするには、強みやスキル、経験を客観的に評価する必要があります。なぜなら、自分は頑張ったと思っていても、周囲からは当たり前と思われる可能性があるからです。客観的な評価が難しい場合は、友人やキャリアアドバイザーへの相談を推奨します。

第三者からフィードバックを受けることで、自分の魅力や成長ポイントを客観的に知ることができます。転職エージェントからの専門的アドバイスは、より深い自己理解ができるでしょう。

自己分析は転職活動を成功させるための基盤です。自分の強みや魅力、キャリア目標を明確にし、それにもとづいた転職先の選択やアピールを行うことで、第二新卒の転職活動を成功に導けるでしょう。

希望条件に優先順位を立てる

第二新卒の転職活動を成功させるには、希望条件に優先順位を立てることも重要です。

転職先を選ぶ際、自身のキャリアビジョンやライフスタイル、働き方などに合致する条件を明確にし、その中で優先順位をつけることで、あなたにとって最適な転職先を見つけられます。

希望条件に優先順位を立てるには、重要視する要素を洗い出しましょう。たとえば、給与・待遇、職種・業界、勤務地、キャリアパス、ワークライフバランスなど、転職先に求める条件を具体的に考えます。これらの要素は人それぞれ異なるため、自分自身が何を重視しているのかを明確にすることが重要です。

次に、自身のキャリア目標や長期的なビジョンとの整合性を考えましょう。どの要素が自身の成長や目標達成にとって重要なのかを判断し、それにもとづいて優先順位をつけます。たとえば、将来的なキャリアの発展を重視するのであれば、キャリアパスや成長機会が豊富な企業を優先するといいでしょう。

ただし、希望条件に優先順位をつけるときは、柔軟性も重要です。場合によっては、予想外の選択肢やチャンスが現れるケースもあるため、固定観念にとらわれずに選択肢を検討する柔軟性も持ちましょう。

中長期的なキャリアを明確にしている

第二新卒の転職活動を成功させるには、中長期的なキャリアビジョンを明確にすることも重要です。

キャリアビジョンを明確にすると、適切な企業選びができます。間違った企業選びをしてしまうと転職後「思った企業じゃなかった」と後悔する可能性があり、早期離職に繋がる場合もあるでしょう。

転職後に後悔しながら働くことは、転職成功とは言えません。転職活動は、入社するまでではなく、転職後に納得して働けるかも大切です。そのため、第二新卒で転職する場合、中長期的なキャリアを考慮しながら企業選びをする必要があります。

また、明確なキャリアビジョンを示すことで、企業側に対しても将来の成長意欲や貢献度をアピールできます。

中長期的なキャリアビジョンを明確にし、その目標に向かって努力を重ねることで、第二新卒の転職活動を成功に導けるでしょう。

転職理由をポジティブに置き換える

第二新卒の転職活動を成功させるには、転職理由をポジティブなものに置き換えることも重要です。

企業側は、自社に貢献してくれる可能性が高い人材を求めます。

基本的に「成長したい」「新しい業界に挑戦したい」といったポジティブな転職理由は、前向きに捉えてもらえます。一方「人間関係がつらい」「思った事業内容ではなかった」といったネガティブな転職理由は、面接担当者が自社に悪影響を与える可能性があると考えるため、不採用になるケースがほとんどでしょう。

企業に「採用したら貢献してくれるかもしれない」と思ってもらうには、転職理由をポジティブに置き換えることが大切です。

ポジティブな転職理由は、転職先企業に対して、自身の成長意欲やキャリアビジョン、貢献度をアピールできます。転職理由をポジティブに置き換え、自身の魅力を最大限に活かして転職活動を進めましょう

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

第二新卒の転職活動を成功させるには、退職理由と志望動機に一貫性を持たせることも重要です。

企業は、候補者がなぜ転職を考えているのかを理解し、転職後のモチベーションや結果に繋がるかを判断します。また、退職理由と志望動機が一貫していないと、志望度が低いと思われ、採用されない可能性が高いです。

第二新卒の転職活動を成功させるには、退職理由と志望動機に一貫性を持たせ、誠実さや真摯さをアピールすることが大切です。一貫性を持たせたメッセージは、企業に対して信頼性を高め、転職活動を成功させるための重要な要素となるでしょう。

転職エージェントを利用する

第二新卒の転職活動を成功させるには、転職エージェントの活用が有効です。

転職エージェントは近年の転職市場に関する情報を網羅しており、これまでの経験から成功するための方法を理解しています。また、転職活動に必要な準備を手伝ってくれるため、スムーズに進められるでしょう。

転職エージェントが提供しているサービス例
  • キャリアプランの相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 退職手続のサポート

転職エージェントを利用すれば、上記のサポートを受けられます。

ただし、担当キャリアアドバイザーの質が悪いと、転職がスムーズに進まない可能性があります。転職エージェントを利用する場合は、Webサイトや口コミなどを参考にして、信頼できる企業を選ぶことが重要です。

仮に、転職エージェントを利用して相性が悪いと思ったときは、変更申請ができるため、遠慮せずに伝えましょう。

第二新卒の転職活動を成功させるには、キャリアアドバイザーとのコミュニケーションを通じて、自分の理想的な職場環境やキャリアプランを詳しく話すことが重要です。

第二新卒での転職は、決して簡単ではありません。しかし、転職エージェントを有効活用できれば、納得する活動に近づけるため、積極的に利用しましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒が転職を成功させるためには、転職エージェントのサポートを受けるのが得策です。なかでも、第二新卒に特化したサービスを提供しているエージェントや、第二新卒の転職支援実績が豊富なエージェントに登録すれば、内定獲得の道が拓けるでしょう。

この章では、第二新卒におすすめの転職エージェントを紹介します。それぞれのサービスを把握して、自身に合うエージェントを活用してください。

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
  • 特徴① 就職成功率81.1%、入社後定着率92.21%(※1)
  • 特徴② 無料の就職講座や書類選考なしの集団面接会を開催
  • 特徴③ 実際に訪問して優良企業と判断した求人のみを紹介

フリーター・第二新卒の就職を支援する就職カレッジでは、2005年のサービス開始以来、33,000人以上(※2)の正社員就職を成功させた実績があります。

 

また、アドバイザーが実際に訪問して「安心して働ける」と判断した求人のみを紹介しているため、入社後3ヵ月の定着率は92.21%(※1)と高い数値になっています。

 

就職カレッジの特徴は、面談後に無料の就職支援講座を受けられることです。

 

社会人に必要なビジネスマナーを学べるほか、自己分析・企業分析の支援や応募書類の指導、面接練習もあり、知識を身につけたうえで就職活動に臨めます。

 

また、優良企業約20社を集めた集団面接会があり、書類選考なしで参加できることもメリットです。

 

(※1)2022/8/1~2023/1/31に入社した人材の3か月定着率
(※2)2005/5/1~2023/4/30の当社主催の面接会参加人数

 

サービス名 就職カレッジ
運営会社 株式会社ジェイック
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、大阪など全国
公式サイト

 

【就職カレッジの口コミ・評判】

20代の私でも再就職できました!
大学卒業と同時に就職しましたが、職場に馴染めずに約8ヶ月で退職してしまいました。
(中略)
いろいろな国家資格を有した就職アドバイザーが在籍していて、不安に思うことや分からないことなどを、何でも相談できるのが良かったです。以前は自分で履歴書やエントリーカードを作成していましたが、JAICには就職カレッジというのがあって、自己分析や企業研究もサポートしてくれたので、履歴書などを一から作り直すことができ、内定獲得にも役立った気がします。
また、書類選考なしの集団面接会があり、私の場合は14社が参加した面接会でしたが、一度にいろいろな企業の方とお会いして話せたので、自分に合う会社がすぐに見つかり内定をもらうことができました。
その間サポートしてくれただけでなく、就職後もビジネスマナーや仕事の進め方などで分からないことも継続サポートしてくれたので、安心して職場に馴染めています。今度こそ長続きできそうで、新しい会社で頑張っています。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

サポートが手厚く、相談にのってもらえる
ジェイックの研修では、人間性とコミュニケーションについて学ぶことができます。また、グループワークがたくさんあるので、普段、話すことに慣れていない人は、すごく成長することができると思います。なので、面接の時には、あまり緊張することなく話すことができます。
また、講師の方もすごく明るい人たちで、思いやりのある方ばかりです。私も悩んでいる時に相談にのってもらいました。
私は、ジェイック大阪支店の研修を受けたのですが、研修を受けて良かったと思いますし、何より自分自身が成長することができました。
就職、転職で悩んでいたら、ジェイック大阪支店さんをおすすめします。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

 

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
※2024年5月時点

ハタラクティブ

ハタラクティブ
  • 特徴① 20代専門のキャリアアドバイザーによる就職支援
  • 特徴② 最短2週間とスピード内定の可能性あり
  • 特徴③ 8割以上が未経験可の求人

20代向けの就職支援を展開するハタラクティブでは、特に未経験者のサポートに力を入れています。

 

保有求人のうち、8割以上(※1)が未経験可の求人で、経歴よりも人柄を重視した採用をおこなう企業の求人を多数取り扱っています。最短2週間(※1)で内定を獲得した実績もあり、スピード内定にも期待できそうです。

 

また、キャリアアドバイザーからきめ細やかな就職支援を受けられることも強みです。スキルや適性・能力をもとにしたマッチングや、就職活動の悩みや将来的なキャリアプランの相談など、20代専門のキャリアアドバイザーだからこそのサポートが充実しています。

 

もちろん、面接対策や履歴書の添削などにも対応しており、はじめての正社員就職でも安心して就職活動に取り組めるでしょう。

 

(※1)ハタラクティブの公式ホームページより

 

サービス名 ハタラクティブ
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 4,005件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【ハタラクティブの口コミ・評判】

こまめにSNSチャットで連絡いただいてたので、その都度状況を報告してアドバイスを受けられたのは心強かったです。選考以外のことを考えずに集中でき、スムーズに内定まで進んだので驚きました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

やりたいことがなく、就活の軸が全くなかったので、不安だったのですが、アドバイザーが就職に対する不安一つひとつを的確に解決してくださり、それがきっかけとなってサクサク決まりました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

 

安定のお仕事

安定のお仕事
  • 特徴① 20代未経験者専門の就職支援
  • 特徴② 求人数が多い
  • 特徴③ 正社員内定率 98%

安定のお仕事は、20代未経験者専門の転職エージェントです。

 

利用者の学歴は大卒のほか、高卒、専門卒、大学中退と幅広く、職歴も正社員にくわえてアルバイト、派遣社員など多岐にわたります。

 

98%(※)と高い正社員内定率を誇っており、未経験から正社員への転身を手厚くサポートしてもらえるでしょう。

 

求人数は1万件以上(※)と多数で、大手企業や官公庁など、厳選した求人のみを紹介しているのが特徴です。「残業はしたくない」「福利厚生が充実している企業がいい」など、相談時に希望を伝えてみるといいでしょう。

 

また、就職に役立つIT系資格を無料で取得できることもメリットといえます。 20代未経験転職に特化したアドバイザーの支援を受けたい方は、ぜひ登録してみてください。

 

(※)安定のお仕事の公式ホームページより

 

サービス名 安定のお仕事
運営会社 株式会社安定のお仕事(MAPグループ)
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
対応地域
全国
公式サイト

 

【安定のお仕事の口コミ・評判】

土日休みの仕事がしたかったのですが、サービス業の経験しかなく諦めていました。安定のお仕事でIT系資格を無料で取得したところ、無事エンジニア職で内定が!これからはプライベートも充実させます。

引用元:経歴に自信がなかった私たちも転職に成功しました!|安定のお仕事

そろそろアルバイトを卒業したいけれど、高卒で自信がなく悩んでいました。安定のお仕事で転職活動を始めて1ヵ月で大手企業に内定!未経験でも事務の仕事を見つけられて満足です。

引用元:経歴に自信がなかった私たちも転職に成功しました!|安定のお仕事

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2024年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 240,663件
非公開求人数 42,210件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

第二新卒の転職活動における注意点

ここまで解説してきたように、第二新卒の転職は決して難しいわけではありません。ただし、いくつかの注意点を意識しないと、転職の成功が遠のいてしまう可能性があります。

以下に紹介するポイントを念頭に置き、転職活動に取り組みましょう。

新卒の就活とは違うことを理解する

第二新卒の転職活動は、新卒の就活とは異なることを理解しておくべきです。

たとえば、新卒の就活は活動開始時期がある程度定まっているのに対し、第二新卒の転職活動はいつでも始められます。また、相手が大学生である新卒採用とは異なり、第二新卒者にはビジネスマナーや社会人としての振る舞いが求められるのは言うまでもありません。

さらに、「第二新卒採用」と明示されている求人は新卒採用ほど多くなく、求人の選択肢の少なさを感じやすいのも異なる点です。

このように、第二新卒の転職活動と新卒の就職活動の違いを理解し、第二新卒に合った転職活動の進め方を取り入れるのが成功のポイントといえます。

第二新卒に特化した転職エージェントを利用すれば、具体的なノウハウを教えてもらえるでしょう。

転職先が決まってから退職する

第二新卒の転職を成功させたいのであれば、転職先が決まってから退職するのが得策です。

企業は第二新卒者に対して、「忍耐力がないのではないか」「採用してもすぐに辞めるのでは?」といったイメージを抱いています。もし、転職先が決まらないまま退職すると、ブランク期間が生じてしまい、企業へのマイナスイメージを増幅することにもつながりかねません。

転職活動には計画的に取り組み、空白期間をつくらないように注意しましょう。ただし、激務やセクハラ・パワハラなどに悩まされて、心身ともに追いつめられているような方は、この限りではありません。

転職に適した時期を考える

第二新卒の転職活動では、転職に適した時期を見定めるのもポイントのひとつです。

第二新卒者は、経験・スキルの面において、5年以上のキャリアがある人材よりも劣ってしまう可能性があります。転職を有利に進めたいのであれば、ひとつでも多くの実績を積んでから転職を検討するのが賢明です。

たとえば、現在プロジェクトの一員として携わっている仕事があれば、プロジェクトが終結してから転職したほうが、応募先企業へのアピールポイントを増やせます。現在の仕事の状況を振り返り、転職に有利になるかどうかの観点もふまえて、転職時期を考えてみてください。

なお、一般的に、3月〜5月は新卒者の採用・研修で人事担当者が多忙な時期であるため、第二新卒の転職には不利になりやすいといわれています。少しでも成功率を上げたいのであれば、この時期は避けたほうがよいでしょう。

長く働けそうな会社に転職する

第二新卒で転職活動をしている方は、応募先企業が長く働けそうな企業かどうかを十分に検討してください。

もちろん、実際に働いてみないとわからない部分もありますが、自己分析と企業研究である程度の予測を立てることは可能です。

まずは自己分析に取り組み、自身が達成感を覚えるポイントや現職への不満点、これらを表す具体的なエピソード、5年後・10年後のキャリアプランを考えてみてください。次に企業研究を実施し、やりがいを感じられそうか、不満点を解消できそうか、理想のキャリアを実現できそうかを判断します。

企業研究は、以下のような方法でおこなうと効果的です。

企業研究の方法
  • 転職サイトの企業情報をみる
  • 企業の公式サイトをみる
  • OB・OGを訪問する
  • 転職エージェントで企業情報を共有してもらう
  • 会社四季報を読む
  • 口コミ・評判サイトで調べる

入社前と入社後のギャップをできるだけなくすことが、長く働ける企業に転職するためのカギとなります。

大手企業への転職は難しい可能性あり

なかには、第二新卒で大手企業への転職を希望する方もいるでしょう。しかし、第二新卒で大手企業に採用されるのは難しいかもしれません。この理由は、大手企業はその知名度の高さゆえ、新卒採用で若手人材を十分に獲得できているケースが多いからです。

前述したように、第二新卒の採用に積極的な企業の特徴として、新卒採用で若手社員を確保できなかった、市場拡大のために若い人材の獲得が急がれているなどが挙げられます。この傾向をふまえると、第二新卒の採用は、おもに中小企業やベンチャー企業、スタートアップ企業で多いと予測でき、大手企業への転職のハードルは高いと考えられるのです。

ただし、可能性はゼロではありません。大手企業でも第二新卒の採用を実施しているところはあるため、決して後ろ向きにとらえずに、内定獲得に向けて転職活動に取り組んでください。

第二新卒の転職先選びで重視すべきポイント

第二新卒者は、入社3年以内という早期に離職を検討しているため、次の勤め先では長く働けるよう、転職先選びには慎重になるべきです。

企業の事業内容や将来性、職場の雰囲気を事前に把握し、長く働く姿をイメージできるかどうかを判断してみてください。それぞれのポイントについて解説します。

事業内容に興味がもてるか

第二新卒が転職先選びで重視すべきポイントの1つ目は、企業の事業内容に興味がもてるかどうかです。

とくに、現職の退職理由が「仕事内容に不満がある」「会社の製品・サービスに興味がもてない」という方は、興味をもてる会社に転職したほうが、納得感をもって仕事に取り組めるでしょう。

なお、第二新卒の転職では、未経験の業界・職種で採用される可能性も十分に考えられます。もちろん、現職と関連性のある仕事のほうが転職成功率は高いといえますが、あまり範囲を限定せず、自身がやりがいをもって働ける仕事に挑戦するのもひとつの方法です。

会社や職種に将来性があるか

大卒の第二新卒に該当する25歳前後の方は、60歳の定年退職まであと35年もの期間があります。この先キャリアチェンジしないのであれば、35年の月日を転職先の企業や仕事で過ごすことになるため、将来性のある会社・職種を選択するのが大切です。

たとえば、IT業界や介護業界の需要は、将来的にも上昇傾向にあると予想されています。反対に、AI技術の進化により、一般事務や銀行員、警備員の仕事はなくなる可能性が高いといわれています。

第二新卒のタイミングで将来性のある仕事に就くことは、安定的な収入確保や長期的なキャリア形成の視点からも、重視すべき要素のひとつでしょう。

職場の雰囲気はよいか

職場の雰囲気も、第二新卒の転職で重視したいポイントです。とくに、現職で人間関係に悩まされている方は、職場の雰囲気を事前に把握できると、安心して入社の日を迎えられるでしょう。

職場環境や同僚の雰囲気を知るには、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみるのがおすすめです。

キャリアアドバイザー、もしくは企業を担当するリクルーティングアドバイザーは、企業と頻繁にやり取りしており、職場の雰囲気をつかんでいるはずです。

なかには、実際に職場を訪問した担当者や、過去にそのエージェントを通じて入社した社員がいて、詳しい情報を共有してもらえるエージェントもあるかもしれません。

また、企業の口コミ・評判サイトを調べると、実際に在籍経験がある人の企業への評価を把握できます。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

第二新卒の転職でよくある質問

第二新卒の転職でよくある質問は下記のとおりです。

第二新卒は何年目まで?

明確な定義はありませんが、社会人になって3年以内とされています。大学卒業の場合は、25歳までは第二新卒扱いとなるでしょう。

新卒と第二新卒はどっちが有利ですか?

難易度はどちらも同じです。ただし、新卒と第二新卒では判断基準が異なるため、それぞれのポイントを理解しておく必要があるでしょう。

退職してから転職活動してもいいですか?

問題ありません。しかし、安定した収入がなくなるといったリスクがあるため、注意が必要でしょう。

第二新卒で大手企業への転職は難しいですか?

難しいですが、可能です。本記事で解説した、転職でやるべき行動を妥協せずに実施すれば、転職できる可能性は高まるでしょう。

完全未経験の職種に転職することはできますか?

できます。完全未経験の職種の場合、転職理由が重要になるため、企業に納得してもらえる内容にしましょう。

第二新卒の女性は不利ですか?

女性だからといって、第二新卒の転職活動で不利になることはないでしょう。

ただし、出産後も仕事を続けていきたい方は、産休・育休の取得実績が多いか、子育てに理解が得られやすいかどうかにも目を向けてみてください。

新卒採用で受けた企業に応募できますか?

新卒採用で受けた企業に、第二新卒の転職活動で再び応募することは可能です。

数年前に「不採用」の結果を受けてからこれまで努力してきたことや、以前に比べて成長できた点、現職で得られたスキルなどをアピールしましょう。

第二新卒の転職を安心しておこなうには転職エージェントを活用しよう!

第二新卒者が転職を試みた場合、その経験値の低さから「内定をもらうのは難しい」と思いやすいですが、自身を戦略的にアピールすればスムーズな転職が可能になります。

そのためには、事前の企業研究や自己分析をきちんとおこない、採用担当者から好印象を獲得することが大切です。

もし、自己分析が苦手、自身のアピールポイントが見つからないと思う場合は、転職エージェントに相談するとポイントを教えてもらえる可能性があります。

自身の経歴もエージェントが丁寧にヒアリングしてくれるため、企業にアピールすべき強みを見つけるヒントが得られるでしょう。また、エージェントはさまざまな業種に精通しているため、自身が希望する求人とも結び付けてくれるはずです。

第二新卒者の転職を安心しておこなうためにも、転職エージェントへの登録と相談からスタートしてみましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年5月1日時点

【参考記事】若年者雇用を取り巻く現状|厚生労働省

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。