飲食業界はブラックすぎる?飲食店の就職はやめとけといわれる理由を解説

           
編集者
飲食 女性
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「飲食業界はやめとけ」と言われる理由は?

飲食店の就職はやめておいた方がいい?

「飲食業界はやめとけ」と耳にして、転職をあきらめていませんか?

実際に飲食業界はやめておいた方がよいと言われる理由はいくつかあります。

しかしながら、人によって向き不向きがあるので、本当にあなたが飲食業界への転職をやめておいた方がいいのかは見極める必要があります。

そこで本記事では飲食業界はやめとけと言われる10の理由と飲食業界に向いていない人の特徴5つを解説します。

記事を読むことによって、あなたが飲食業界に向いているのかどうかや、あなたの希望に合う飲食業界の会社を選べるようになります。

1分で無料登録!
飲食業界で活躍したい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
公開求人数
約3万件
非公開求人数
非公開
求人数はトップクラスの、飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.0
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.6
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年4月1日時点

関連記事:飲食業界に強い転職エージェントを紹介!選び方の基準や正しい使用時のポイントを解説

目次

飲食業界・飲食店の就職はやめとけと言われる理由10選

飲食業界・飲食店の就職はやめとけと言われるのには10の理由があります。

根拠となるデータとともに、1つずつ解説します。

労働時間が長い

飲食店では労働時間が長い傾向があります。

実際に厚生労働省の2019年外食産業企業調査結果によると、2019年10月の時間外労働が45時間以上80時間未満だった従業員の割合が50%以上と回答した企業は、全体の742社のうち17%の126社ありました。

労働時間が長引いたり、時間外労働が必要になったりするのにはいくつか理由があります。

その中でも特に多いのが、大型連休や週末などの繁忙期があることや人が足りていないことです。

店舗従業員の長時間労働・所定外労働が必要となる理由上位5つ

理由割合(%)
仕事の繁閑の差が大きいため26.1
人員が不足しているため18.6
顧客対応が長引くため
(例:閉店時点でも客が帰らない等)
16.2
予定外の仕事が突発的に発生するため15.1
業務量が多いため13.5
参考:厚生労働省|2019年外食産業 企業調査結果を基にCAREER UP STAGEが表を作成

このように飲食店特有の理由から労働時間が長くなる傾向にあります。

肉体的負担が大きい

飲食店で身体的負担がかかる例は以下のとおりです。

飲食店で身体的負担がかかる例
  • 長時間の立ち仕事
  • 厨房内の高温の環境
  • 食材やキッチン用品などの運搬

店舗スタッフは休憩時間以外は立って業務をすることがほとんどです。

また、調理でガスコンロの火を使う店舗では、夏の間は厨房は高温になるため身体的負担が大きいのが特徴です。

接客応対でストレスを感じやすい

飲食業界はサービス業のため、接客の対応でストレスを感じやすいものです。

厚生労働省の2019年外食産業企業調査結果によると、742社のうち顧客からの理不尽な要求・クレームや暴言・暴力等が「よくある」「たまにある」と答えたのは、それぞれ1.6%と23.6%でした。

接客でのストレスは、メンタルヘルスの不調や精神障害の原因となり得るため、注意が必要です。

参考:厚生労働省│2019年外食産業企業調査結果

給与水準が低い

業種別で比較したときに、平均給与が最も低いのが宿泊業・飲食サービス業です。

厚生労働省の令和4年分民間給与実態統計調査によれば、宿泊業・飲食サービス業の平均給与は268万円でした。

業種別の平均給与下位3つ

業種平均給与
宿泊業,飲食サービス業268万円
農林水産・鉱業337万円
サービス業377万円
参考:厚生労働省|令和4年分民間給与実態統計調査

このように他業種と比べて、給与が低いことも飲食業界はやめておけと言われる理由です。

キャリアアップしにくい

飲食業界の職種はさまざまですが、店舗スタッフに焦点を当てると、キャリアアップがむずかしいとされています。

なぜなら、店長や複数の店舗を統括するマネージャーの数は限られているためです。

昇進の機会は決して多くないため、飲食業界でのキャリアアップは簡単ではありません。

土日祝日も仕事がある

飲食店はサービス業のため土日祝日も勤務することになります。

週末は来店客数が増えるため、従業員を平日より確保する必要があるためです。

そのため、家族や友人とのプライベートの時間をもつのがむずかしくなるでしょう。

年間休日数が少ない

飲食業界は年間休日が少ない業種の1つです。

厚生労働省の平成30年就労条件総合調査によると、平成29年(2017年)の宿泊業・飲食サービス業の年間休日数は業種別で最も低く、97.1日でした。

2017年の年間土日祝日は117日だったので、97.1日がいかに少ないのかがわかります。

1企業平均年間休日総数下位3つ

産業1企業平均年間休日総数
宿泊業,飲食サービス業97.1日
運輸業,郵便業100.3日
鉱業,採石業,砂利採取業103.8日
参考:厚生労働省|平成30年就労条件総合調査

休日が少ないことで、体を休める時間も確保しづらいので注意しましょう。

有給休暇の取得率が低い

飲食業界では自由に休暇を取りづらい傾向があります。

厚生労働省の令和5年就労条件総合調査の概況のデータによれば、宿泊業・飲食サービス業の年次有給休暇取得率は産業別で最も低く49.1%でした。

労働者1人平均年次有給休暇の取得状況下位3つ

産業労働者1人平均取得率
宿泊業、飲食サービス業49.1%
教育、学習支援業54.4%
卸売業、小売業55.5%
参考:厚生労働省|令和5年就労条件総合調査の概況

他の業種と比べた宿泊業・飲食サービス業の有給休暇取得率の低さは数年以上にわたって続いており、飲食業界の慢性化した課題であることがわかります。

年間休日数が少ないうえに、有給休暇を取得しづらい環境のため、ワークライフバランスは決して良いとは言えません。

飲食業界の離職率が高い

飲食業界では離職率が高いです。

厚生労働省の令和4年雇用動向調査結果の概要によると、宿泊業・飲食サービス業の離職率は26.8%でした。

この数字は産業別にみると最も高い数字、つまり最も離職しやすい業界と言えます。

このように飲食業界は離職者が多く、やめとけと言われる一つの大きな要因です。

参考:厚生労働省│令和4年雇用動向調査結果の概要

人手不足による倒産が今後も見込まれる

飲食業界では将来的に高い水準で倒産が予想されています。

帝国データバンクの「飲食店」倒産動向2023年によれば、2023年は768の飲食店が倒産に追い込まれました。

参考:帝国データバンク「飲食店」倒産動向2023年

倒産の主な理由は、物価高に加えて深刻な人手不足で店舗運営ができなくなったためです。

飲食業界が直面する人手不足の背景
  • 高い離職率
  • 少子高齢化による労働人口の減少
  • 採用コストがかかる

このような「人手不足倒産」は今後も高い水準で発生することが見込まれています。

そのため、飲食業界では人手不足を改善する取り組みが今後より一層求められていくことでしょう。

関連記事:飲食店をやめたい人が多い理由5つ|別業種へ転職するコツや注意点を徹底解説

飲食業界はやめておいた方がいい人の5つの特徴

飲食業界はやめておいた方がいい人の特徴を5つ紹介します。

飲食業界に合わないまま就職してしまうと、のちに必ず後悔することになります。

そのため、5つのうちいずれかに当てはまる場合は、飲食業界へ就職するのはおすすめできません。あなたに当てはまるかどうか考えながら、ぜひチェックしてみてください。

接客をしたくない

飲食店で働くためには、接客は避けては通れません。

人と接することが苦手な人や、接客業務を好まない人にとっては、この業界で働くことは精神的な負担が大きくなるでしょう。

たとえ飲食業界に関心があっても、就職を避けた方が賢明です。

体力に自信がない

飲食店での主な業務は調理と接客の立ち仕事です。

調理を担当する場合は、調理場が高温の環境になるため、相当の体力が必要とされます。

そのため、体力に自信がなければ、飲食業界で働くことは避けた方がよいでしょう。体力的に飲食店の環境に耐えられるか、よく検討する必要があります。

ストレスに強くない

飲食業界では、顧客から理不尽なクレームや暴言を受けることがあり、精神的ストレスを抱えやすくなります。

特に、一度傷つけられた言葉を長く引きずってしまう人は、精神的ダメージを抱え込んでしまう傾向にあるため、飲食業界に向いていないかもしれません。

健全な心を維持するには、ストレス発散の方法をもっていることや、言われた言葉を気にしすぎないメンタルの強さが必要不可欠です。

そうでない場合は、ストレスがたまり心身の健康を損ねる可能性があるため、飲食業界は避けるのが賢明です。

プライベートの時間を大切にしたい

飲食業界ではワークライフバランスを保つことが難しい側面があります。

理由としては、長時間労働が避けられず、休日数も少ないうえに自由に休暇を取ることができない傾向にあるからです。さらに、土日祝日の出勤も余儀なくされます。

つまり、プライベートの時間を大切にしたい人にとっては、飲食業界での仕事は向いていないと言えます。

家庭での生活や自分の時間を優先させたいのであれば、この業界を選ぶ際は慎重に検討する必要があるでしょう。

高収入を狙いたい人

飲食業界の給与水準は他の業界と比べて低く、将来的に高い収入を得ることを目指す人にとっては、飲食業界への就職はあまり適していません。

収入面で不安があるまま飲食業界に就職してしまうと、入社後に仕事へのモチベーションが低くなったり、やりがいを感じにくくなるかもしれません。

高い給与を重視するのであれば、飲食業界を選ぶ際には慎重に検討しましょう。

飲食業界に転職する5つのメリット

飲食業界はやめておけと言われる明確な理由がある一方で、飲食業界で働くメリットもあります。

もし飲食業界はやめておいた方がよい人の特徴に当てはまらない場合は、飲食業界で働くことを視野に入れながら、ぜひ以下の5つのメリットもチェックしてみてください。

幅広いスキルが身に付く

飲食業界では幅広い知識やスキルを身に付けられます。

飲食業界で身につく知識やスキルの一例
  • 接客
  • 食材や調理の知識
  • スタッフのシフトや店舗の売上管理

まず基本的な業務である接客対応力と、食材や調理に関する深い知識が養われます。

さらに店長として店舗を運営する立場になれば、シフト管理やスタッフの労務管理、売上管理など経営に関する幅広い能力も身に付くでしょう。

要するに、接客、調理、人事、営業と多岐にわたる分野の経験を積むことができるのが飲食業界の特徴です。

店舗運営全般をマネジメントする力が身に付くため、総合的なビジネススキルを磨くチャンスがあります。

顧客の喜ぶ姿を間近で見れる

飲食業界の醍醐味の1つが、顧客の喜ぶ姿を間近で見れることです。

飲食店に訪れたお客さんに、料理と接客サービスを提供し、満足してもらえれば、お礼の言葉や笑顔を見ることができ、やりがいにつながります。そのため、顧客との距離が近いのは飲食業界で働くメリットです。

料理やおもてなしの心を込めた接客サービスを通じて、顧客に満足してもらえれば、感謝の言葉をかけてもらったり、笑顔を見たりできます。

このようにお客さんの反応を間近で感じられるのが、飲食業界ならではの醍醐味であり、仕事へのモチベーションややりがいを感じられるでしょう。

平日休みがある

飲食業界では土日祝日も店舗営業するため、その分平日に休みを取ることができます。

一般的な会社員とは異なるサイクルで働くことになります。

そのため、飲食店員は平日の昼間に外出すれば、人混みを避けられるというメリットがあります。

たとえば、平日の昼間に映画を観に行けば席に空きがあり、ゆったりと鑑賞できるでしょう。また、平日の昼間にショッピングモールへ行けば、混雑を避けられ、のんびり買い物を楽しめます。

一般の人たちが働いている時間に、休暇を満喫できるのが飲食業ならではの利点です。

人手不足で比較的転職しやすい

飲食業界では転職先が比較的探しやすい状況です。なぜなら、飲食業界では慢性的な人手不足と言われているからです。

実際に宿泊業・飲食サービス業の66%の事業所で仕事があるにもかかわらず、働く人がいないというデータもあります。

産業別未充足求人の有無別事業所割合および産業別欠員率(令和5年2月1日現在)

産業未充足求人あり
調査産業計58%
宿泊業,飲食サービス業66%
参考:厚生労働省|労働経済動向調査(令和5年2月)

そのため、飲食業界では応募できる求人があり、転職がしやすい状況と言えます。

将来的に飲食業界で起業を狙える

​​飲食業界で店舗運営に携わることで実践的な経営ノウハウを身につけることができます。

会社に勤めながら、店舗運営の現場で経営に関する様々な知見を吸収できれば、いずれは独立してオーナー業を目指せます。

飲食業界で起業を視野に入れている人にとっては、まずは会社員として実務経験を積むのが良いでしょう。

飲食業界に向いている人の5つの特徴

飲食業界に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

5つの特徴のうち、当てはまるものがあれば、ぜひ飲食業界への転職を検討してみてください。

体力に自信がある人

飲食業界では立ち仕事が中心で、1日の労働時間も長く、休日も少ないため、かなりの体力を求められます。

そのため、体力に自信がある人であれば、飲食業界での仕事を乗り越えられ、活躍できるでしょう。

ストレスを発散できる人

飲食業界では、接客での精神的なストレスを受けやすい特徴があります。

顧客から理不尽なクレームや暴言を受けても、その場を乗り切れる精神的な強さが必要です。

一時的にストレスを感じてしまっても、ネガティブな出来事をすぐに忘れることができ、ストレスをためこまずにいられる人なら、この業界でもうまく対応できる可能性が高くなります。

食べるのが好きな人

食べ物に対する強い関心と情熱がある人は、飲食業界での仕事が向いています。

顧客のニーズに向き合い、美味しい食事を届けることが飲食店の使命です。

食が好きで美味しい料理を作ることへの情熱をもち続けることができれば、仕事のモチベーションにもつながり、飲食業界で活躍する原動力となるでしょう。

気配りとおもてなしの心がある人

飲食店で顧客満足を提供するには、美味しい料理だけでなく、心のこもった接客サービスと気配りが欠かせません。

一人ひとりの顧客に対して、細やかな心遣いを忘れずに対応できる人材は貴重な存在です。

また単なるおもてなしの心だけでなく、顧客の求めているニーズをくみ取る気づかいが必要とされます。

そのため、普段から周りの人に対して思いやりの心を持ち、相手の立場に立って気を配ることのできる人は、飲食業界と相性が良いでしょう。

不規則なシフトが苦ではない人

飲食店での勤務はシフト制のため、勤務時間は不規則になりがちです。

夕方から深夜にかけて働いたり、日によっては朝から夜まで勤務したりと、友人や家族との生活パターンと合わない場合がほとんどです。

不規則な勤務は身体的にも負担になるので、一般的な会社員と異なる時間帯で働くことが苦ではない人が飲食業界に向いているといえます。

1分で無料登録!
飲食業界で活躍したい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
公開求人数
約3万件
非公開求人数
非公開
求人数はトップクラスの、飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.0
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.6
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年4月1日時点

自分に合った飲食業界の会社を見つける方法4ステップ

自分が飲食業界に向いているのがわかったけど、どうすれば理想の会社を見つけられる?

そのように思ったあなたのために、自分の志向に合う飲食業界の会社を見つける方法を4ステップで解説します。

以下の各ステップを見ながら、ぜひ一緒に考えてみてください。

自分の価値観を分析する

まずはあなたの仕事に対する価値観を確認しましょう。

はじめにあなたが大切にしている価値観を知ることで、このあとの会社選びに役立ちます。

チェックすべき価値観
  • 食への関心はどれくらいか
  • どんな時に仕事のやりがいや喜びを感じるか
  • 高収入を期待するのか、それとも今の生活ができれば十分なのか
  • プライベートの時間を大切にしたいのか、それとも仕事優先でもよいのか
  • 立ち仕事が中心の肉体的負担に抵抗はないか
  • どのようにスキルアップやキャリア形成していきたいか

今までの学生生活や社会人生活を振り返りながら考えてみましょう。

飲食業界で何をしたいのか明確にする

次に飲食業界で成し遂げたいことを明確にします。

「何をやりたいのか」を頭の中で描いておくことで、飲食業界の会社に入社してから働きがいを感じることにもつながります。

目的を整理するときのポイント
  • どのような職種で働きたいか
  • どのタイプの飲食店か
  • どの料理のジャンルか
  • どのように将来働きたいか

上記のポイントを掘り下げていくと徐々に飲食業界で働く目的が見えてくるはずです。

この段階で全て方向性を絞る必要はありませんが、ある程度軸を決めておくとスムーズに会社を選べます。

興味のある職種

飲食業界といっても職種はさまざまです。

どの職種で働きたいかにもよって、求人数や入社の難易度も変わります。

飲食業界の主な職種
  • 店舗スタッフ(調理・接客)
  • 販売促進(マーケティング)
  • 商品やメニュー開発
  • 店舗開発

また業種にかかわらず、一般的に未経験で採用される可能性は低くなるため、これまでの経歴も加味して希望する職種を考えましょう。

飲食店のタイプ

以下は主な飲食店のタイプです。庶民派から高級な店まで幅広く存在します。

主な飲食店のタイプ
  • 食堂・レストラン
  • ホテル・ブライダル
  • そば・うどん
  • すし
  • 居酒屋
  • 喫茶店・カフェ

料理のジャンル

店舗で扱う料理の種類もさまざまです。どのジャンルの料理を扱いたいか考えてみましょう。

主な料理のジャンル
  • 日本料理
  • 洋食
  • 中華など

将来的に独立を考えている場合は、開業したい店の料理と同じジャンルを選ぶとよいでしょう。

働き方とキャリア

飲食業界では将来的に独立も視野に入れて働けます。

そのため、いつか独立して店を持ちたいのか、それとも安定した給料を得ながら会社員として働き続けるのか、事前に決めておくと会社選びが楽になります。

また将来独立したいのであれば、そのために何を学べばいいのかやどの会社であれば経験できるのかもあわせて調べておきましょう。

譲れない労働条件を決める

続いて譲れない労働条件を決めます。

譲れない条件の例
  • 休日:最低週2日の休日
  • 勤務:深夜の勤務がない
  • 年収:最低でも現在と同じ金額

ステップ1の「自分の価値観を分析する」で洗い出した仕事に対する価値観を基に、「この条件の求人でないと応募しない」と考える基準を選んでみましょう。

求人への応募の前に基準を決めることで、入社してから会社や価値観とのミスマッチを防ぐことができます。

転職エージェントにサポートしてもらう

最後に飲食業界の求人を探します。求人を探す際には、転職エージェントにサポートを依頼するのがおすすめです。

転職エージェントのサポートをおすすめする理由
  • 面談を通じて希望条件や適性を確認し、あなたに合う求人を選定してくれる
  • キャリアアドバイザーとの面談後に一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる
  • 応募書類の作成から面接対策、条件交渉までサポートしてくれる
  • 業界の最新動向に詳しい
  • 無料で転職サポートを受けられ転職活動の時間を節約できる

転職エージェントのサポートは求人紹介だけではありません。

求人応募のための書類作成から面接対策のアドバイスまでサポートしてもらうことができ、内定確率をアップさせることができます。

転職エージェントを利用するメリットは大きいので、積極的に活用してみてください。

飲食業界に転職したい方におすすめの転職エージェント3選

初めて飲食業界に転職したい人のために、おすすめの転職エージェントを3社紹介します。

飲食業界におすすめの転職エージェント3社

飲食業界に特化したサービスや、飲食関係の求人が多くあるサービスを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有
  • 一緒に強みや適性を見つけてもらえる

リクルートエージェントは、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。

※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

はじめての飲食業界への転職を成功させるためには、あなたの魅力を採用企業へアピールする必要があります。しかし、一から強みや適性を分析するのは簡単でありません。

リクルートエージェントであれば、あなたのこれまでの経歴や強み・適性の整理から、何をアピールすればいいのかまで提案してくれるため、安心して求人の選考に進むことができます。

リクルートエージェントは「飲食業界の企業にアピールすべき強みがわからない」「自己分析が苦手」といった人におすすめできる転職エージェントです。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年6月3日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

クックビズ

クックビズ
クックビズの特徴
  • 飲食業界特化型の転職エージェント
  • 飲食に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 飲食の全業態・全職種の求人をカバー

クックビズは飲食業界特化型の転職エージェントです。

全業態の全職種の求人を保有しており、飲食業界を目指す人の希望に合わせた求人紹介を得意としています。そのため、あなたが気づけていない相性の良い求人にも出会えるかもしれません。

クックビズで取り扱いのある求人の業態の例
  • 外食チェーン
  • 和食・居酒屋・寿司
  • 洋食・イタリアン・フレンチ
  • ホテル・ブライダル
  • 製菓・製パン など
クックビズで取り扱いのある求人の職種の例
  • ホール・店長
  • キッチン・料理長
  • 事業部長・経営幹部・海外事業部人材
  • 業態・メニュー開発・店舗開発 など

クック・ビズは「飲食業界でどの職種が自分に合うのかわからない」「いろいろな職種の求人をみてみたい」という人におすすめです。

サービス概要
運営会社クックビズ株式会社
公開求人数 29,689件
非公開求人数非公開
拠点 大阪・東京・名古屋
公式サイト https://cookbiz.jp/
20244月現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強い
  • はじめての転職でも安心できるヒアリング
  • きめ細やかなサポートに定評あり

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

はじめての飲食業界へ挑戦するには不安や悩みがつきものです。マイナビエージェントであれば、キャリアアドバイザーが面談時のヒアリングをとおして、あなたの疑問に一つひとつ丁寧に答えてくれます。

もちろん業界に精通したアドバイザーが担当するため、安心してサポートを任せられます。

よって、マイナビエージェントは「飲食業界への転職に対する不安や悩みをしっかり聞いてほしい」「はじめての転職だから安心できるサポートを受けたい」という人におすすめの転職エージェントです。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

飲食業界に関するよくある質問

飲食業界によくある質問は、以下のとおりです。

飲食店で働きたくない理由は何?

2023年にファンくるがおこなった調査によると、飲食店で働きたくないと回答した43%の人のうち、理由として最も多かったのは「給与が低そうだから」が55%でした。

飲食店で働きたくない理由上位5つ:株式会社ファンくる(Fancrew Inc.)調べ(n=419複数回答)

飲食店で働きたくないと思う理由割合
給与が低そうだから55%
接客をしたくないから39%
シフト制・平日休みだから37%
残業が多そうだから27%
福利厚生が整っていなそうだから25%
参考:ファンくる|飲食店での就業についての意識調査

飲食業界はなぜ人手不足なの?

以下の原因によって、現在飲食業界で人手不足になっていると考えられています。

飲食業界が直面する人手不足の背景
  • 高い離職率
  • 少子高齢化による労働人口の減少
  • 採用コスト捻出の難しさ

まとめ|飲食業界・飲食店の就職はやめとけ?ブラックすぎる?

本記事では飲食業界はやめとけと言われる10つの理由と飲食業界に向いていない人の特徴を5つなどについて解説しました。

飲食業界は他業種と比べて、労働面や収入面で不利な条件が多いのは事実です。

しかし、「飲食業界はやめとけ」と言われて断念するのではなく、やめとけと言われている背景とどんな人が飲食業界に向いていないかを理解し、あなたに合うかを最終的に判断することが大切です。

本記事で紹介した飲食業界をやめておいた方がいい人と向いている人の特徴を参考に、あなたが飲食業界に参入すべきかをぜひ考えてみてください。

1分で無料登録!
飲食業界で活躍したい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
公開求人数
約3万件
非公開求人数
非公開
求人数はトップクラスの、飲食・食産業特化エージェント。高収入・地方やリゾートなどの特集も。飲食業界での転職を考えているなら間違いなくココ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.0
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

ビズリーチ

ビズリーチ

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

クックビズ

クックビズ

5.0
口コミを読む
・将来独立を目指し、裁量の大きなレストランに内定。売上増に貢献しながら経験を積めています。
・アドバイザーさんからは、自分にぴったりの成長企業を紹介してもらえました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.6
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.2
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年4月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。