未経験転職におすすめの業界・職種は?年代別の転職先選びのポイントや転職成功率を上げるコツ

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「未経験でも転職できる業界や職種を知りたい」

「未経験で転職できるのは何歳まで?」

このように未経験の業界や職種に転職をするためには、いままでの経験やスキルが活かせないので、転職できるのか不安を覚える人も少なくありません。

とはいえ、たとえ経験やスキルがなくても、転職できる業界や職種はあります

しかし、未経験でも採用されやすい求人の探し方や転職を成功させるためのポイントがわからないのではないでしょうか。

そこで本記事では、下記の内容について解説します。

この記事でわかること
  • 企業が未経験転職者を歓迎している理由
  • 年代別における未経験転職者の注意点とポイント
  • 未経験転職におすすめの業界・職種
  • 転職活動の成功率を上げるためのコツ
  • おすすめの転職エージェント

未経験の業界や職種に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア


5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ


4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク


4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ


4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート


4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:未経験に強い転職エージェントおすすめ11選|転職時のポイントを徹底解説

目次

企業が未経験者を歓迎している3つの理由

未経験者が転職を成功させるには、企業が歓迎している理由を把握しておく必要があります。

本記事では、企業が未経験転職を歓迎する下記3つの理由について解説します。

未経験の業種や職種への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

人手不足に悩んでいるから

企業が未経験者の転職を歓迎する理由のひとつとして、人材不足があげられます。

近年の日本は、少子高齢化により、2050年までには5,275万人不足すると見込まれているからです。(参照元:総務省 情報通信白書刊行から50年~ICTとデジタル経済の変遷

経済産業省の調査によれば、IT業界だけでも2030年までに40~80万人の規模で人材不足が見込まれています。

経済産業省 IT人材育成の状況等について
引用:経済産業省 IT人材育成の状況等について

このように、各業界において人材不足が懸念されています。

また、その企業にマッチした優秀な人材が確保できていないのも、人材不足が要因です。

こうした人材不足の背景によって、企業は1人でも多くの人材を確保したいと考えています。そのため、未経験の業界や職種であっても、転職が可能です。

ただし、人材不足だからといって未経験者の転職が簡単にできるわけではありません。
未経験の業界や職種に転職するには、選考対策が重要です。
志望する業界や企業の研究を行ったうえでエントリーをすれば、未経験でも転職できるでしょう。

他業界の経験やスキルを活かしてほしいから

企業が未経験者の転職を歓迎する理由は、他業界の経験やスキルを活かしてほしいからです。

企業は属している業界や職種に特化したサービスや商品を展開しています。

そのため、転職を希望する人のほとんどが、その業界や職種に精通するスキルや経験を持っている傾向があります。

企業としては、専門的な人が増えるメリットがある一方で、他業種・他職種のスキルや経験を持った人材を確保し、新しい発見を見つけたいとも考えているようです。

たとえ未経験の業界や職種であっても、前職の経験を活かして転職活動をすれば、企業にとってもメリットを感じられるでしょう。

企業は自社に新しい価値を提供してくれる期待も含めているので、未経験者であっても転職を歓迎しています。

一から人材を教育していきたいから

企業が未経験者の転職を歓迎する理由として、一から人材を教育したいといった目的があります。

企業は採用活動において、自社に合った「優秀な人材」が確保できていないからです。

近年、働き方が多様になっている影響もあり、正社員ではなくフリーランスとして活動する人が増えています。

優秀なフリーランスは、報酬が高い企業と契約するケースが多いため、資金不足の会社にとっては確保するのが困難です。

こうした背景によって、「優秀な人材を一から育てたい」と考える企業は増えています。

また、未経験者であれば「企業カラーに染まり切っていない」のもメリットです。

経験がある業界や職種の場合、ある程度のスキルと経験が身に付いているので、独自のやり方があります。

独自の進め方があると、転職をしても馴染めない可能性も高く、強制をするのに時間が必要なケースもあります。なので、一から教育していける未経験者の転職を歓迎していると考えられるでしょう。

【年代別】未経験で転職するときのポイントや注意点

未経験の業界や職種に転職を考えている人は、年代別におけるポイントや注意点を押さえていると有利に進められます。

各年代において求められるスキルや経験が異なるため、年代別における転職ポイントと注意点を把握しておきましょう。

本記事では「20代」「30代」「40代」に分けて解説します。

20代の未経験転職

20代の未経験転職では、下記のポイントが重要です。

20代の未経験転職で重要なポイント
  • 転職理由を明確にする
  • ビジネスマナーに気をつける
  • 熱意・向上心の高さを伝える
  • 論理的思考力をアピールする
  • 転職後のキャリアビジョンを考える
  • 転職理由と志望企業に一貫性を持たせる

20代の未経験転職では、スキルや経験よりも「ポテンシャル」を重視している傾向があります。

自分が持っているポテンシャルを伝えるには、自己分析が必要です。

20代の未経験転職を成功させるには、まず自分を知ることから始めると、上記のポイントと注意点を意識した活動ができます。

一方で、20代の未経験転職で失敗する人によくあるケースは下記のとおりです。

20代の未経験転職で失敗する人によくあるケース
  • 自己分析が足りていない
  • 志望理由が明確に決まっていない
  • 就活と同じ感覚で進めようとする
  • 環境や人間関係だけを転職理由にする
  • 転職理由が目先の目的だけになっている

20代の未経験転職で失敗する理由でとくに多いのは、自己分析が足りていないことです。

20代では、社会人経験が増え、自信を身につけたことで「何とかなる」と思う人も少なくありません。

企業に転職するのが未経験者だけであれば、自己分析が不十分でも採用される可能性はあります。

しかし、転職者の中には、志望する業界や職種に関係するプロもいます。

そのため、20代未経験者が自己分析を行わず挑戦しても、採用される可能性は低くなるでしょう。

高橋 宇内氏

20代前半はとくに就活の延長線で考えてしまいがちです。20代で未経験転職を成功させるには、自己分析を実施してポテンシャルをアピールしましょう。

30代の未経験転職

30代の未経験転職では、下記のポイントが重要です。

30代の未経験転職で重要なポイント
  • 業界・企業研究を実施する
  • 転職理由を整理する
  • 求める人物像を把握する
  • 活かせるスキル・経験を伝える
  • 希望条件の優先順位を決める

30代の未経験転職には、ポテンシャルではなく、スキルや経験が求められます

また、30代の未経験転職は20代と異なり、企業が求めるレベルも高くなります

そのため、30代の未経験転職では、いままでのスキルや経験を活用できる能力があるかが重要です。

一方で、30代の未経験転職で失敗する人によくあるケースは下記のとおりです。

30代の未経験転職で失敗する人によくあるケース
  • 年収を上げることだけを目的とする
  • 短期間で転職活動を終わらせようとする
  • 熱意だけで転職理由を伝えようとしている
  • 転職活動の優先順を決めていない
  • 企業側のメリットを考えていない

30代の未経験転職で失敗する人は、上記の項目が該当します。

そのため、目先の目的だけで転職しようとする30代の方は注意が必要です。

そのため、30代で未経験転職を成功させるためには、失敗する人によくあるケースも把握しましょう。

高橋 宇内氏

30代で未経験転職ができる人は、成功する秘訣だけでなく失敗しないための方法も網羅しています。

なので、30代で未経験転職を目指す方は「リスク管理」をするようにしましょう。

40代の未経験転職

40代の未経験転職では、下記のポイントが重要です。

40代の未経験転職で重要なポイント
  • 転職市場を把握する
  • 転職エージェントを活用する
  • 企業が転職者に求めることを見極める
  • 企業が持つ課題に貢献できる理由を伝える
  • これまでの経験を活かせる業界・職種に応募する

40代の未経験転職では、上記のポイントと注意点を把握していないと、失敗する可能性が高くなります。

企業が40代の転職者に求めるのは、マネジメント経験や高い専門性、利益を生み出せるスキルと経験だからです。

そのため、今までの経験から活躍できることをアピールしなくてはいけません。

一方で、40代の未経験転職で失敗する人によくあるケースは下記のとおりです。

40代の未経験転職で失敗する人によくあるケース
  • 謙虚さと柔軟性がない
  • 転職市場を理解していない
  • いままでの企業で実績がない
  • 未経験でも活かせる武器がない
  • 希望条件を求めすぎている
  • 自分のメリットだけを考えている

40代の未経験転職は、20代と30代に比べて難易度が高くなります

そのため、注意しなければいけないポイントは多くなるでしょう。

また、40代で未経験転職する場合は、年収が下がる可能性も考慮しなくてはいけません。

なので、40代で未経験の業界・職種に転職をする方は、いまの生活状況を考えた上で検討するのをおすすめします。

高橋 宇内氏

40代の未経験転職はとくに難しいと言われているので、自力で進めようとするのではなく、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

不安や悩みがあったときに、すぐ解決できる環境を整えるのが重要です。

未経験、ノースキルでも大丈夫!
異業種への転職に特化した次世代エージェント

WarX
1分で登録完了!

 

未経験者が転職先を選ぶ際に重視すべき5つのポイント

未経験者が転職先を選ぶ際に重視すべきポイントは下記のとおりです。

未経験転職者の中には、いざ就職ができても「思った企業と違った」と感じることは少なくありません。

こうした企業とのミスマッチは、再び転職するきっかけになってしまいます。

しかし、短期間で転職を繰り返してしまうと、企業からの印象は悪くなります。

未経験者の方は再転職のリスクを避けるため、自分に合った転職先を見つけるために、ぜひ参考にしてください。

企業の規模や将来性はあるか

未経験者が転職先を選ぶ際に重視すべきポイントは、企業の規模や将来性です。

企業の規模や将来性を重視すべき理由は下記のとおりです。

  • 経済状況が不安定であるから
  • 未経験者を採用する企業は、規模が比較的に安定しているから
  • 自分が求める規模感で仕事ができない可能性があるから

未経験で新たなスキルを身につけるためには時間がかかるため、企業の安定性や将来性は注視しておきましょう。

将来の目標を達成することができる「規模」と「将来性」を兼ね備えているかが重要です。

高橋 宇内氏

企業の規模や将来性を見ないで転職先を探してしまうと後悔が残る可能性が高いです。

早期離職を避けるためにも、給与や福利厚生だけでなく、規模や将来も確認しましょう。

労働環境や待遇がマッチしているか

労働環境や待遇がマッチしているかも、未経験者が転職先を選ぶうえで重要なポイントです。労働環境や待遇、業務内容がミスマッチになると、早期離職の恐れがあるからです。

このような原因を無くすためにも、労働環境や待遇、仕事内容などがマッチしているか確認する必要があります。

しかし、どのようにマッチしているか確認するのかわからない方も少なくありません。

企業との相性を確かめるには自己分析を行い、自分が大切にする価値観を洗い出すことが大切です。

自己分析では具体的に「どんな働き方をしたいのか」確認しましょう。

自分との相性が良い企業に就職できれば、仕事へのモチベーションも高くなり、満足度が高い転職ができたと感じるはずです。

高橋 宇内氏

自己分析を徹底的に行えば、相性が良い企業と相性が悪い企業の把握ができます。

未経験での転職を失敗させないためには、自己分析を行い転職の軸を立てましょう。

年間の離職率は低いか

未経験者が転職先を選ぶときは、年間の離職率が低いのかを重視する必要があります。

離職率が高い企業は、何かしらの問題がある可能性が高いからです。

ただし、社員が退職した理由を公表していれば、ブラック企業ではないと判断できます。そのため、社員が退職した理由を隠している企業には注意が必要です。

また、離職率が低い目安は3%~7%ほどです。

企業の中には、次のキャリアステップとして転職をする人もいるため、低い離職率であれば問題ないと言えます。

離職率を調べる方法
  • 求人広告
  • 転職エージェント
  • Webサイトの口コミ
退職理由を調べる方法
  • Webサイトの口コミ
  • 転職サービス(Matcher・OBトーク転職など)

ブラック企業でなければ、面接時に退職する人の理由を質問しても教えてくれるので、直接聞くのも手段のひとつです。

高橋 宇内氏

未経験者が転職後に後悔しないためには、離職率の確認は大切です。

短期間に転職を繰り返さないためにも、調べるようにしましょう。

教育環境が整えられているか

研修環境が整っていないと、その業界や職種に関する基礎的な知識が身に付きづらいため、教育環境が整っているかも重要視すべきポイントです。

「OJT」と「OFF-JT」と呼ばれる研修を導入している企業があります。

OJT

その業界や企業に必要なスキルや知識を学びながら、実務経験を積む研修

OFF-JT

外部講師が開く講習会や研修セミナー参加する研修

未経験で転職する場合は、研修方法によって決めるのもおすすめです。

また、業界や職種によって、身につけるべきスキルや技術が異なります。

なので、未経験で転職先を選ぶときは、自分が将来的に成長できる教育環境があるのか見極める必要があるでしょう。

高橋 宇内氏

未経験者から経験者に成長するためには、教育環境は重要です。研修制度が整っていれば、より早く成長できる可能性があります。

そのため、将来的に成長できる環境があるのかについても注目しましょう。

キャリアビジョンを叶えられるか

キャリビジョンを叶えられる環境があるかも、未経験者が転職先を選ぶうえで重要視すべきポイントになります。

将来の目標を達成できる可能性が低い企業に転職をしても、その目標を実現できる確率は低いからです。

未経験の業界や職種に転職するということは、何かしらの目的や理由があるはずです。その目的を達成するには、実現できる可能性が高い企業を選ぶ必要があります。

たとえば、将来の目標が年収1,000万円だった場合、平均年収が高い業界に転職する必要があります。

いくら仕事ができたとしても業界の水準が低い場合、目標である年収1,000万円は達成できないでしょう。

このように未経験者で転職先を選ぶときは、自分のキャリビジョンが叶えられるかも重要視すべきポイントです。

高橋 宇内氏

未経験者の中には目先の条件が良いと、その企業を選びがちです。

しかし、企業選びで大切なのは思い描くキャリビジョンが達成できるか否かです。将来を見据えたうえで企業を選びましょう。

未経験転職におすすめの業界6つ

次は、未経験転職におすすめの業界を6つ紹介します。

将来性があり、未経験でも転職できる可能性がある業界をピックアップしています。ぜひ、業界選びの参考にして下さい。

IT業界

1つ目のおすすめ業界はIT業界です。

なぜなら、IT需要の高まりと共に成長中の業界であり、将来性もあるためです。

多くのIT企業は仕事量が増加するにつれて、人手不足という問題を抱えています。

したがって、未経験者でもポテンシャルがあれば入社するチャンスがあります。また、リモートワークを容認しているIT企業が多く、ワークライフバランスの面でも魅力的な業界と言えるでしょう。

将来性のある業界で実務経験を積みたい方におすすめの業界です。

建築業界

2つ目のおすすめ業界は建築業界です。なぜなら、全体的に建築業界は社員の高齢化が進んでおり、若手社員の採用に積極的な企業が多いからです。

【参考記事】建設業及び建設工事従事者の現状|国土交通省

したがって、未経験者であってもポテンシャルをアピールできれば、入社できる可能性はあるでしょう。

仮に日本の人口減少が進行しても、公共工事やマンション建築等の需要は残ると予想されます。

また、日本は災害が多い国であるため、復興のための需要も予想されます。

人材業界

3つ目のおすすめ業界は人材業界です。転職する人が増加したことで、人材の流動性が高まっているためです。

したがって、人材派遣業や人材紹介業を担う人材業界の需要は増加しています

なお、コロナ禍であっても人材ビジネスの市場規模は拡大を続けており、将来性に期待がもてる業界と言えます。

【参考記事】人材ビジネス市場規模9.5兆円、うち人材派遣業が97% | 労基旬報オンライン

専門商社

4つ目のおすすめ業界は専門商社です。

なぜなら、専門商社は事業領域が限られているため、入社後に専門知識を習得できれば、未経験者でも活躍できると考えられるためです。

たとえば、化学薬品を扱う専門商社の場合、入社後に化学全般や取扱製品の知識取得を求められるでしょう。

一般的に専門商社は営業職を多く募集しているため、他業界出身の営業経験者は専門商社を転職先として検討してみてはいかがでしょうか。

運輸業界

5つ目のおすすめ業界は運輸業界です。

昨今のオンラインショッピングの普及等により仕事が増加しているため、人手不足が課題となっています。

特にトラックドライバーの高齢化は業界全体の課題であり、若手ドライバーの確保が急務になっています。

運輸業は人々の日常生活に欠かせない仕事であるため、社会的意義が高い仕事に就きたい人におすすめの業界です。

福祉・介護業界

5つ目は福祉・介護業界です。高齢化が加速する日本において、福祉・介護業界は将来的な需要が見込まれる業界だからです。

年齢制限も設けられていない企業が多く、長く働き続けることができるでしょう。

また、未経験者でも応募可能な求人もあり、資格取得の支援制度が整っている施設や病院もあります。

そのため、ゼロから専門性を身に着けたい人におすすめの業界です。

未経験転職におすすめの職種6つ

次は未経験転職におすすめの職種を6つ紹介します。自分に合う職種を探しましょう。

ITエンジニア

1つ目のおすすめ職種はITエンジニアです。ITエンジニアは需要と将来性の高い職種であるうえ、人手不足が深刻な職種であるためです。

ITエンジニアは専門知識・技術が必要とされる職種ですが、未経験者を積極的に採用する企業もあります。

AIやビックデータの活用が加速する昨今、ITエンジニアの需要は非常に高まっており、2030年には最大で約79万人のITエンジニアが不足すると予測されています

【参考記事】経済産業省|IT人材需給に関する調査

営業

2つ目のおすすめ職種は営業です。なぜなら、営業経験があれば異業界へ転職しやすいからです。

また、優れたコミュニケーション力さえあれば、営業未経験者であっても挑戦しやすい職種といえるでしょう。

その一方、異業界での営業経験者が転職先の業界知識を獲得できれば、即戦力としての活躍が期待できます。なお、同じ営業職であっても、将来性や平均年収は業界によって大きく異なります

そのため、営業職に挑戦したい方は業界選びを慎重に行いましょう。

コンサルタント

3つ目のおすすめ職種はコンサルタントです。コンサルティングに強い企業の多くが異業界出身者を積極的に採用しており、未経験者にも入社のチャンスがあると言えるでしょう。

コンサルタントは様々な業界の顧客と接する機会があるため、未経験者は出身業界の業界知識や、前職で身に着けた専門知識を活かせます。

したがって、前職で身に着けた知識やスキルを活かして他の職種に挑戦したい方にとって、コンサルタントはおすすめの職種です。

事務

4つ目は事務職です。事務職は基本的なPCスキルさえあれば、未経験者でもチャレンジしやすい職種だからです。

また、一言に事務職と言っても、会社によって働き方は異なります。たとえば、ひたすらパソコンに向かって仕事する事務職もありますが、社内外の人と積極的にコミュニケーションをとりながら仕事を進める事務職もあります。

つまり、事務職と言っても仕事内容は様々です。

したがって、仕事内容や求められるスキルをしっかりと確認し、求人に応募しましょう

広告・マーケティング

5つ目のおすすめ職種は広告・マーケティング職です。元々の職種が広告・マーケティング職でなくても、同業他社へ転職する場合は業界に関する深い知識を活かすことができます

その一方、業務経験が無い方が、異業界の会社の広告・マーケティング職として入社するのは難しい可能性が高いです。

なぜなら、広告マーケティング職としての業務経験も、業界知識も無いためです。

ただし、広告やマーケティングの経験がなくても、未経験OKや営業職を募集している求人は多数あります。

転職先の条件や環境などをふまえて、積極的にチャレンジしてみるとよいでしょう。

医療関連・介護

6つ目のおすすめ職種は医療関連・介護職です。なぜなら、高齢化に伴って医療や介護の需要は増加傾向にあるためです。

特に介護職は資格がなくてもチャレンジできる求人もあります。入社後、資格取得に向けて勉強することも可能です。

また、今後も一定の需要が見込まれる職種であるため、長く働き続けられるでしょう。

コロナウイルスの流行やインフレの進行で不安定な世の中、手に職をつけたい方におすすめの職種です。

未経験転職の成功率を上げる6つのコツ

未経験者で転職に失敗してしまうと、早期離職に繋がり、再転職をしなくてはいけません。

しかし、短期間で転職を繰り返すと、採用される可能性は低くなります。

そのため、未経験者が転職を成功させるコツを把握する必要があるでしょう。

そこで本記事では、未経験者転職の成功率を上げるコツを6つ解説します。

未経験の業界や企業への転職を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

転職理由を明確にする

未経験者転職の成功率を上げるには、転職理由を明確にする必要があります。

そもそも、転職理由が明確にならないと企業や業界選びができないからです。

また、企業の面接選考を受けたとき、スムーズな回答ができなく、採用されない可能性も高まります

しかし、転職理由を明確にするには以下の方法がおすすめです。

  • 転職した後の将来像を明確にする
  • これまでの経験を棚卸する
  • 「Will」「Can」「Must」でまとめる

上記の方法でとくにおすすめなのが「Will」「Can」「Must」です。

自己分析を行った内容を、「Will」「Can」「Must」でまとめる

自己分析を行った内容を、「Will」「Can」「Must」でまとめると、希望する企業や業界が明確になります。また、企業の面接選考でも、わかりやすく伝えられるので、高評価に繋がります。

高橋 宇内氏

未経験転職の成功率を上げるには、転職活動の軸を再確認することがとくに重要です。転職理由の軸が定まっていない方は、まず自己分析を行いましょう。

スキルや資格をアピールする

未経験転職の成功率が上げるには、スキルや資格をアピールする必要があります。

企業としては、未経験者であっても、将来的に戦力となる可能性が高い人材を採用したいからです。

ただし、スキルや資格をアピールするときは、その企業や業界で活用できる内容に限ります

また、スキルや資格を伝えるときは、転職先でも活躍できるイメージをしてもらうために、営業で達成した月間売り上げなど、具体的な数字や資格名でアピールしましょう。

資格は、そのスキルや技術がある証明になるので、企業としては資格取得者を求めるケースも少なくありません。そのため、資格を取得してから転職活動をするのもおすすめです。

未経験転職でも有利になる資格は下記があげられます。

未経験転職でも有利になる資格の例
  • ITパスポート
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記(2級以上)
  • TOEIC(700点以上)
  • ファイナンシャル・プランニング(FP)
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
高橋 宇内氏

上記の資格は、各業界において有利になるので、未経験転職の成功率を上げるうえでもおすすめです。

転職条件の幅を広げる

未経験転職の成功率を上げるには、転職条件の幅を広げる必要があります。

未経験で転職する場合に、採用される可能性を高めるためです。未経験の企業や業種に転職する場合、採用難易度は通常よりも上がります。

そのため、転職条件を絞りすぎてしまうと、就職できる企業が無くなってしまうでしょう。

転職条件を決めるときは、優先順位を決めるのがおすすめです。

たとえば、下記2人の優先順位を見たとき、Aさんのほうが成功する確率が高いでしょう。

AさんBさん
1.事業内容
2.やりがい
3.将来性のある仕事
4.社風や文化
5.給与
1.給与
2.福利厚生
3.ワークライフバランス
4.勤務日数
5.在宅勤務の有無

給与や勤務条件ではなく、事業や仕事内容などの優先順位を上げるほうが未経験での転職成功確率があげられます。

高橋 宇内氏

転職活動になると、どうしても待遇面を気にしてしまいます。

でも、企業に貢献できる価値は少ないので、まずはスキルや経験を磨くことから始めましょう。

現職中に転職活動する

未経験転職の成功確率を上げるには、現職中に転職活動をするのをおすすめします。未経験転職の場合、採用難易度が高くなるため、すぐに就職先が見つかるとは限りません。

転職先が見つからないまま現職を退職してしまうと、金銭的な余裕が無くなり焦った行動を選択してしまいます。

妥協をして内定が出た企業に入社してしまうと、入社してからミスマッチであることに気づく可能性があります。

短期間で転職を続けてしまうと、企業からは「どうせすぐ辞めるのでは」と思われてしまいます。

そのため、さらに難易度が高まり「希望する企業や業界に転職できない」といった悪循環になります。

こうした現状を避けるには、現職中に余裕を持って転職活動するのがおすすめです。

高橋 宇内氏

転職活動において「焦り」はとくに危険です。成功するはずだった転職活動も失敗に終わってしまう可能性があるからです。

未経験転職の成功率を上げるためにも、焦らず行動しましょう。

面接対策を入念に実施する

未経験転職の成功率を上げるには、面接対策を入念に実施するのをおすすめします。

未経験転職の場合、採用難易度が高いので、より徹底した面接対策が必要です。

しかし、面接対策でどのような部分を意識すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

未経験転職の面接対策で意識すべきポイントは下記のとおりです。

未経験転職の面接対策で意識すべきポイント
  • 結論ファーストで伝える
  • 自信を持って受け答えする
  • 採用するメリットを与える
  • 想定質問に対する回答を準備する

とくに意識すべきポイントは「結論ファースト」です。転職者の中には、面接官の質問に対して、結論ファーストで話せていない人が多くいます。よくあるケースは、先に内容を話すことです。

「アピールをしないといけない」と思ってしまうと、面接官からの質問に対して、長々と伝えてしまいます。

面接において、結論ファーストで答えられないと、評価は低くなってしまいます。

面接選考対策では、結論ファーストで答えられるように意識しつつ、他の準備も行いましょう。

高橋 宇内氏

面接をするときは、基本的に質問内容に対して回答できれば低評価にはなりません。

未経験転職の場合、どうしても自分のアピールを優先してしまいがちですが、落ち着いて答えられるように意識しましょう。

転職エージェントを活用する

未経験転職の成功率を上げるには、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは、近年の転職市場の動向から、内定を獲得できる方法を網羅しているからです。

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接選考対策などを実施してくれます。

難易度が高い未経験転職において、転職エージェントの活用は必須とも言えるでしょう。

転職エージェントを選ぶときは、志望する企業や業界へのサポート実績があるエージェントがおすすめです。転職エージェントが持つ専門的知識に加えて、企業に関する知識があれば、より成功率があげられます。

未経験転職で成功率を上げたい方は、転職エージェントを活用しましょう。

高橋 宇内氏

転職エージェントを活用するときは、複数社の利用がおすすめです。

その中でも、相性が良い転職エージェントを利用すると、さらに成功率を上げられます。

未経験転職におすすめの転職エージェント

未経験転職におすすめの業界や職種、成功率を高めるポイントを紹介してきました。

次はおすすめの転職エージェント4社を紹介します。自分に合いそうな転職エージェントを探しましょう。

また、転職エージェントによってサービス内容や紹介可能な求人は異なるため、複数の転職エージェントを利用してみましょう。

【関連記事】転職エージェントおすすめ比較ランキング!【2024年4月】人気大手18社の選び方を年代・職種別に一覧で解説

【関連記事】転職サイトおすすめ比較ランキング【最新版】業界別・職種別に解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、多数の非公開求人を抱える大手転職エージェントです。

IT業界だけでなく幅広い業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、視野を広く持った転職活動ができます。

提出書類の添削や面接対策など、転職をスムーズに進めるためも実用的なサポートも充実しています。

自分のアピールポイントがわからない場合でも、面談を重ねる中でプロから強みや適性を提示してもらえるでしょう。

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数404,816件
非公開求人数353,203件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年6月3日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営している転職エージェントです。

転職エージェントとしてカバーできる年代も広く、求人数も国内トップクラスの転職エージェントです。

若手の第二新卒に特化したサービスも充実しているため、登録しておくことで良い求人を見つけられる可能性が高まるでしょう。

大手転職エージェントならではの経験豊富なキャリアアドバイザーが、転職についての希望や悩みをヒアリングしてくれます。

「ライフワークバランスの両立をしたい」また「若いうちに大胆なキャリアチェンジを検討している」と具体的な悩みの相談もできます。

丁寧なサポートなら安心して転職活動を進められるでしょう。二人三脚で転職活動をサポートして欲しい方は、こちらを検討してみてください。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数59,356件
非公開求人数13,124件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

doda

doda

dodaは2023年2月時点で174,000件以上の求人を公開している転職エージェントです。

dodaは「スカウトサービス」という登録した経歴やスキルともと相性が良い企業側からオファーが届くサービスがあります。スカウトサービスを利用することで求人を探す手間を省くことができ、自分のスキルを活かせる求人を多数見つけることができるでしょう。

スカウトサービスだけでなく、地方企業への転職支援やセミナーなどのイベントを開催しているため、幅広い視点から転職活動を進めたい人はぜひご登録ください。

サービス概要
サービス名doda
運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数247,463件
非公開求人数38,795件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://doda.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:dodaの悪い評判・口コミは実際どう? 向き不向きを徹底解説

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントはサービス開始から約20年、転職支援実績31万人以上の転職支援実績を持つ転職エージェントです。

未経験や第二新卒への転職サポートはもちろん、特にIT・エンジニア業界への転職に強みがあり、これらの業界への転職を考えている人にはおすすめです。

「自己分析の仕方が分からない」「職務経歴書の書き方が分からない」といった悩みは、第二新卒の人にとってありがちです。

そういった悩みや不安を解決できるサポートを受けられるのも転職エージェントの強みですので、上手く転職活動が進められるか自信がない人はぜひ登録してみてください。

サービス概要
サービス名type転職エージェント
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数9,911件
非公開求人数17,783件
対応地域東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイトhttps://type.career-agent.jp/
2024年6月3日時点

関連記事:type転職エージェントの悪い口コミ・評判は本当?メリットとデメリットを解説

まとめ┃未経験で転職を成功させるには相性を見極めるのがポイント

未経験で転職を成功させるには、自分の目的や価値観と相性が企業を見つけるのがポイントです。

未経験転職であっても、相性が良い企業はすぐ決まる場合があります。

相性を確かめるには、自己分析や企業・業界研究が必要です。

希望する企業や業界への転職を成功させるためにも、事前の対策は怠らないようにしましょう。

1分で無料登録!
未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア


5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ


4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク


4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ


4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート


4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。