20代男性の転職が厳しいと言われるたった2つの理由|実態を徹底解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

働き方が多様化している現代では、20代で転職を考える男性も増えています。

しかし、「20代で転職できるかどうか不安」「異業界・異業種に挑戦したいけど転職できるかわからない」という不安を抱えている方も多いでしょう。

20代は職務経験が浅く十分なスキルを持っていないため、転職が厳しい場合があります。ただし、20代といっても前半か後半かで、転職の難易度は大きく異なるので注意が必要です。

そこで本記事では、20代男性の転職が厳しいと言われる理由を解説します。20代男性が転職を成功させるコツを理解すれば、内定を手にいれられる可能性が高まるでしょう。

20代男性で転職活動が厳しいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:20代におすすめ転職エージェント比較ランキング|女性や未経験・ハイクラス向けの選び方も解説

目次

20代男性の転職が厳しいと言われるたった2つの理由

20代男性の転職が厳しいと言われる理由は、以下のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

早期離職の可能性を懸念されるから

20代男性の転職が厳しいとされる理由のひとつは、企業側に早期離職の可能性を懸念されるからです。

企業は、若手社員は安定感や長期的なキャリアプランよりも、自己実現を求めるために転職する傾向があると認識しています。

早期離職の可能性がある若手社員を採用すると、採用費用や研修・トレーニングのコストが無駄になるリスクがあります。

そのため、20代男性の転職に厳しい目を向ける企業もあるでしょう。

スキル・経験・実績が求められるレベルに達していないから

企業は求めるポジションにおいて必要なスキル・経験が不足している場合、採用を避ける傾向があります。なぜなら、企業が求めるスキル・知識・実績を積むには研修を用意する必要があるからです。

企業が中途採用をおこなうときは、即戦力を求めます。しかし、20代の転職希望者は職務経験が浅く、他の年齢層と比較してスキルや実績が未熟です。

20代男性で企業が求めるレベルに達していない場合は、転職が厳しいかもしれません。

【結論】20代男性は転職市場で需要が高い

結論、20代男性の転職は十分に可能です。なぜなら、20代のうちはスキルや経験よりも、ポテンシャルを重視する傾向にあるからです。

スキルを習得する速さや環境に適応するスピードは、若い世代の方が速いため、企業側にとって投資を惜しまない人材になれます。

ただし、ポテンシャル採用があるとしても、スキルや経験がある20代男性の方が高評価を得られます。20代男性で転職をする場合は、同世代よりも優れているアピールが必要です。

すぐにでも20代男性の転職に欠かせないポイントを知りたい場合は、「20代男性の転職に欠かせない7つのポイント」をご覧ください。

あわせて読みたい
20代で転職したいけどスキルがない!対策を前半後半・男女別に解説! 転職したいと思いつつ「自分にはスキルや資格がない」という意識から、踏みとどまっている20代の方は多いのではないでしょうか。 結論、20代は男性・女性関係なくポテン...

20代男性で転職した人の割合

厚生労働省が公表した「令和4年雇用動向調査」によると、一般労働者における20代前半男性の転職率は14.1%、20代後半男性の転職率は14.7%でした。

この数値は他の年齢層より高くなっています。20代男性の転職が多いことから、厳しい状況ではないと考えられます。

20代男性に多い転職理由

20代男性に多い転職理由は、主に以下があげられます。

20代男性に多い転職理由
  • 労働条件が悪かった
  • 職場の人間関係が好ましくなかった
  • 収入が少なかった

20代男性の転職理由は、環境のミスマッチが多い傾向にあります。人間関係や社風などは働いてみないとわからない部分であるため、自分に適した環境を求めて転職するのは、悪いことではありません。

また、20代は結婚をしたり子どもを持ったりする年代です。そのため、将来的に家庭を支えるために収入を上げたいと考え、転職を決意するケースもあります。

【パターン別】20代男性の転職の厳しさを解説

ここでは、20代男性の転職の厳しさを3つのパターンに分けて解説します。

  • 20代前半の転職
  • 20代後半の転職
  • 未経験業界・業種への転職

20代前半の男性の転職は厳しい?

20代前半の男性は、職務経験が浅く、スキルや実績が未熟な人が多くなります。企業側が即戦力である人材を求めている場合、必要なスキルや経験が不足していると採用を避けてしまうでしょう。

また、20代前半はまだキャリア形成の初期段階であり、転職理由があいまいだったり、長期的なビジョンが見えにくかったりする特徴もあります。

企業は安定感や将来性を見極めるのが難しくなり、20代前半の転職活動がうまくいかない可能性もあるでしょう。

20代後半の男性は採用してもらえない?

転職市場において、20代後半は社会人経験が一定以上あると見なされ、やや高い経験やスキルを求められます。しかし、経験やスキルは30代・40代に比べると未熟な場合がほとんどです。

そのため、ポテンシャル採用がある20代前半と実力がある30代以上に挟まれる20代後半の転職難易度は、厳しいものになるでしょう。

よって、求人の選択肢が限られ、採用されにくくなる可能性があります。20代後半は同業界など、スキルや経験を活かしやすい企業への転職を検討するのがおすすめです。

あわせて読みたい
【2024年最新】20代後半の平均年収は?男女別・業種別なども調査して紹介! 20代後半と言えば社会人として数年が経ち「周りと比べて年収が低い気がする」「もっと年収を上げたい」など、今の年収に不安を感じる方も少なくありません。 国税庁が発...

未経験の業界・職種に転職するのは難しい?

未経験の業界・職種に転職する20代男性は、厳しい状況が起こるかもしれません。

なぜなら、業界・職種によっては、特定の資格や経験が必須とされ、エントリーしても不採用になるからです。

20代男性で未経験業界・職種に転職したい場合は、その分野でのスキルや知識を積む必要があります。

あわせて読みたい
未経験業界に強い20代向けおすすめの転職サイト12選|前半・後半向けやランキング 「新しい仕事をしてみたい」「自分に合った仕事を見つけたい」と思っている20代の方も多いでしょう。一方「すぐに退職すると、忍耐力がないと思われるかもしれない」と...

20代前半・後半の男性が転職で意識すべき点

ここでは、20代の男性が転職で意識すべき点を、前半と後半に分けて解説します。

20代前半・後半で意識すべき点は全く異なるため、確認しておきましょう。

20代前半

20代前半の男性は転職を考える際、将来のキャリアプランをよく考えましょう。20代前半はまだキャリアのスタート地点であり、今後の成長やスキルの獲得が重要です。

企業は20代前半に対して、スキルや経験ではなく、これからの将来性に期待しています。

そのため、将来的にどの方向に進みたいのかどんなスキルを身につけたいのかを具体的にイメージし、適切な転職先を選ぶとマッチした企業に出会えるでしょう。

20代後半

20代後半の男性が転職を考える場合、これまでの経験を活かせる転職先を見つけることが大切です。

20代後半になると、職務経歴・スキルが豊富になっています。いままでの経験を最大限に活かし、次のキャリアステップに繋げるためにも、関連性の高い転職先を選びましょう。

また、将来のライフプランやキャリアゴールを考えなくてはいけません。自分の将来のビジョンやライフスタイルに合った転職先を選び、キャリアをさらに発展させるための計画を練ることが必要です。

あわせて読みたい
20代後半は転職厳しい?20代前半との違いや転職ポイントも合わせて解説 20代後半になると20代前半と転職事情も変わってきて、今までとは違った戦略を立てた転職活動が必要になってきます。 結論からお伝えすると、20代後半は転職もしやすい年...

20代男性の転職で成功する人の特徴3つ

20代男性の転職で成功する人の特徴は、以下のとおりです。

20代男性で転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

求める条件に適した市場価値がある人

20代男性が転職で成功するためには、求める条件に適した市場価値を持つことが重要です。

市場価値がある人材とは、以下のような人です。

市場価値がある人材
  • 専門的なスキルや資格を身につけている
  • 実績や成果がある
  • 柔軟性や学習意欲がある

このようにスキル・実績がある方は、新しい職場でも活躍できるとみなされ信頼性が高くなります。以上に該当する人材は、企業側にとって魅力的な候補者になるために、自己投資やスキルの向上に努めましょう。

また、変化の激しい現代社会では、新しい状況に対応し学びながら成長できる柔軟性が求められます。新しい業界・職種に挑戦する意欲を持ち、アピールできると良いでしょう。

希望条件が幅広い人

希望条件が幅広い人は、さまざまな業界・職種に対する興味や理解があり、異なる環境に適応できる傾向にあります。企業側からも柔軟性と適応力があるとみなされ、好印象を与えられるでしょう。

また、希望条件を限定してしまうと応募する企業が限られてしまいます。その分、採用される可能性が低くなるので、転職活動がなかなか終わらない場合もあるかもしれません。

転職の視野を広げるためにも、希望条件は厳しくせず、ゆとりを持たせておくことがおすすめです。

ポテンシャルに期待できる人

ポテンシャルに期待できる人は、将来的に高い成果を上げ、企業への貢献が期待される人物です。20代は経験よりも、これからのポテンシャルを評価される傾向にあります。

経験・スキルがないからこそ、企業の考え方やカルチャーに染めやすいのは企業側の大きなメリットです。

また、20代は学びを吸収するスピードが速く、指導や研修から得たスキルをすぐに活かせるでしょう。新しい物事にチャレンジする意欲をアピールできれば、採用される可能性は高まります。

20代男性の転職が厳しい人の特徴6つ

20代男性の転職が厳しい人は、以下のとおりです。当てはまる方は、現時点では転職が難しいかもしれません。

しかし当てはまっていても、自分の行動を見直したり考えを改めたりすれば、転職は十分に可能です。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

他責思考で主体性がない人

20代男性で転職が厳しい人は、他責思考で主体性が乏しい傾向が見られます。

他責思考とは、仕事でトラブルが発生したときに、自分の責任・行動について十分な考察をせず、他者や外部の要因を責める思考です。

他責思考の人は成長や改善の機会を逃し、経験から学び取れないため、新しい職場への適応が難しくなるでしょう。

また、転職活動においても主体的なアプローチが不足すると、計画的な行動を取ったり、新たな求人を積極的に探したりする姿勢が薄くなる傾向にあります。

他者に依存して状況を変えるための行動を自分で起こせないため、競争が激しい転職市場の中で成功しづらいでしょう。

情報収集能力が低い人

転職活動においては、適切な情報を収集し、それにもとづいて戦略的な判断を下すことが重要です。しかし、情報収集能力が不足していると、転職市場や企業のニーズへの対応が難しくなるでしょう。

情報収集能力が低いと、優良な求人情報を見逃したり、希望する職種・業界に関する正確な知識を入手できなかったりします。

また、転職市場のトレンドや求められるスキルについての理解が不十分であると、自己アピールもしにくくなります。

自分の強みを最大限にアピールするためにも、情報収集能力の向上や適切な情報の活用を心がけましょう。

自己理解ができていない人

自分自身の強み・弱み、キャリアの中での成果や経験を正確に理解するのは、転職活動において極めて重要です。

自己理解ができていないと、自分の持つスキル・適性を的確にアピールできず、適切な仕事を見つけられなくなるでしょう。

また、志望動機・職務経歴書・面接などで自分を的確にアピールするための材料が欠如してしまいます。

転職活動においては、自分を客観的に見つめ、強み・改善点を正確に把握する必要があります。

自己理解ができていない場合は、転職市場での競争において不利になりかねません。

1年で2回以上転職している人

1年で2回以上の転職を経験している人は、20代男性の中でもとくに厳しいでしょう。

なぜなら、転職回数が多いと長期的なキャリアプランを評価できず、「またすぐに離職してしまうかもしれない」という不安を企業が抱えるからです。

転職回数が多い場合、その理由や動機を丁寧に説明する必要があります。

明確な転職理由・目指す方向性・前回の転職からの成長や学びを説明できれば、企業は候補者のポテンシャルや変化への適応能力を見極めやすくなります。

中長期的な将来像がない人

企業は求職者が将来どのような方向性・目標を持ち、どんなキャリアプランを描いているかを知りたいと考えています。

そのため、20代男性で中長期的な将来像がない人は、ポテンシャルも期待できないため、不採用になる可能性が高いでしょう。

未経験の業界・職種への転職を目指している人

未経験の業界・職種に転職する場合、新しい環境に適応する必要があり、学習コストやトレーニング期間が必要とされるのが一般的です。

そのため、企業はできるだけ即戦力となる経験者を選ぶ傾向にあります。

20代男性が未経験の分野に転職する場合、自分の強みや新しい職場にもたらす価値を明確に伝え、学習意欲・ポテンシャルをアピールしましょう。

また、スキルや経験を積むために主体的に学び、自己成長を証明できるエピソードも重要です。

20代男性の転職に欠かせない7つのポイント

20代男性の転職に欠かせないポイントは、以下のとおりです。

20代男性が転職をするなら、早めの対策や入念な準備が欠かせません。転職活動を円滑に進めるためにも、ぜひ参考にしてください。

内定が出てから退職する

内定を手に入れる前に現職を辞めてしまうと、収入の不安や新しい仕事へのストレスを生む可能性があります。

内定を得た段階で、転職先の企業と具体的な入社日などの条件を確認し、内定後に退職手続きを進めると、よりスムーズで安定した転職活動ができるでしょう。

また転職先が決まらないまま退職してしまうと、一定の離職期間が発生してしまいます。企業側が履歴書を見たときに、「この無職の期間は何をしていたのだろう?」と不安に思うはずです。

評価に影響する場合もあるので、期間を空けずに転職すると良いでしょう。

転職理由を明確にする

転職理由がはっきりしていると、自分の目標や希望に合った職場を見つけやすくなります。転職理由があいまいだと、納得のいく人材として評価されません。

まず、なぜ転職を考えているのかを自己分析しましょう。たとえば人間関係に悩んでいる・業務にやりがいがない・キャリアアップが望めないなど、具体的な要因を洗い出します。

次に、転職を通じてどのような成長や変化を期待しているのかを考えること大切です。自分のキャリアプランにもとづいて、新しい職場でどのような経験・スキルを身につけたいのかを具体的にイメージしましょう。

最後に転職理由をまとめ、アピールポイントとして履歴書・面接で効果的に伝える工夫をします。転職理由が明確であれば、企業もあなたの意欲や適性を理解しやすくなります。

過去のキャリアから強みや実績を棚卸しする

過去のキャリアから強みや実績を棚卸しすることは、転職活動において自分の価値を理解し、他の求職者と差別化をする重要なステップです。

過去のキャリアから強み・実績を把握して自己分析をおこない、どのような分野が得意なのかを理解する基盤にしましょう。

履歴書・職務経歴書・面接でより効果的にアピールするためには、自分の強みを具体的なエピソードや数値として整理することが大切です。

具体的に実績を書くと、企業は求職者が業務にどれだけ貢献できるかがわかりやすくなるでしょう。また、強みや実績を振り返る時間を作れば、今後のキャリアプランに向けての方針を立てやすくなります。

どのような仕事に挑戦したいのか、どのスキルを向上させる必要があるのかを明確にできれば、具体的な転職先の選定やスキルの向上につなげられるでしょう。

選考対策を妥協しない

応募者同士の競争が激しい転職市場では、選考対策をしっかりおこなわなければ内定を手に入れられません。他の求職者と比べて自分の強みを際立たせるためにも、選考対策を徹底する必要があります。

選考対策を徹底的に実施すると、自分の強み・スキルを的確にアピールできるだけでなく、企業に対する理解や熱意も伝えやすくなるでしょう。

企業は自らの価値観やビジョンに共感できる人材を求めています。十分な選考対策をおこなえば、これらの要素を伝えやすくなり、企業とのマッチングがより高まるでしょう。

また、面接や試験においても自信を持って臨めるため、自己アピール力が向上し、採用担当者に強い印象を与えられるメリットもあります。

希望条件に優先度をつける

希望条件は、それぞれ個人の価値観やライフスタイルによって異なります。たとえば、給与・勤務地・福利厚生などがあげられます。

自分にとって本当に重要な条件を見極め優先度をつけると、より効果的な転職活動ができるでしょう。

また希望条件に優先度をつけるのは、交渉するときにも有利です。優先度の高い条件を交渉材料として利用すると、より理想的な条件での転職が実現しやすくなるでしょう。

企業が自身を採用するメリットを示す

企業が自身を採用するメリットを示すと、求める人材像に適合しているのをアピールできるため、採用の価値を高める効果があります。

たとえば、自分のスキル・経験・専門知識が企業の業務やプロジェクトにどのように貢献できるかを具体的に伝えましょう。

さらに、企業が自身を採用するメリットを示すことは、自分の目指す職務やポジションに対する真摯な姿勢をアピールする手段にもなります。

なぜその仕事が自分に合っているのか、どのように成長していく計画があるのかを伝えられれば、企業が求める将来のリーダーシップや貢献度をアピールできるでしょう。

20代の転職に特化したエージェントを利用する

20代はキャリアをスタートさせる時期であり、これからの方向性や目標を明確にする必要があります。20代の転職に特化したエージェントは、このような求職者のニーズに合わせて適切な求人を提案してくれます。

彼らは若手層の市場動向に精通しているため、自分のスキルや志向に合った職場環境を見つけられるでしょう。

また、20代の転職に特化したエージェントは若手のポテンシャルを理解し、企業側にアピールするときの強みを引き立てるサポートをしてくれます。

自分の強みを最大限に活かし、企業に魅力的な候補者としてアピールするためにも、転職エージェントのサポートが役立つでしょう。

具体的な転職エージェントのサポート内容は、以下のとおりです。

転職エージェントのサポート内容
  • キャリア面談
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 非公開求人の紹介
  • 市場の動向や企業の情報提供
  • 退職手続き

自分ひとりで転職活動を進めるのが不安な方は、転職エージェントに頼るのをおすすめします。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職が厳しいと考える20代男性におすすめの転職エージェント3選

ここで20代男性におすすめの転職エージェントを3選紹介します。

あわせて読みたい
20代の男性におすすめの転職サイト18選|選び方やコツも紹介 20代で転職を検討している男性の中には、「どの転職サイトを選んだら良いのか分からない」とお悩みの方もいるでしょう。 本記事では、業種別や希望別などの細かい観点か...

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 120,911件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年6月3日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 404,816件
非公開求人数 353,203件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年6月3日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 59,356件(※1)
非公開求人数 13,124件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

20代男性が転職しやすい職種

20代男性が転職しやすい職種は、以下のとおりです。

20代男性が転職しやすい職種

それぞれの職種の特徴や理由について解説します。

営業

営業職は基本的にどの企業でも必要なポジションであるため、求人数も非常に多く、20代男性の未経験者でも採用される可能性が高くなります。

とくに未経験者でも採用がしやすい営業として、以下があげられます。

未経験者でも採用がしやすい営業
  • 不動産営業
  • 人材サービスの営業
  • 生命保険の営業
  • 営業代行会社
  • OA機器販売の営業

営業スキルを身につけるとキャリアの幅が広がり、再度転職する場合でも有利になります。

また、営業職はインセンティブ制度が設けられている場合が多いため、頑張り次第で高収入を目指せるでしょう。自身の努力次第で給与が上昇する可能性があれば、やりがいやモチベーションの向上にもつながります。

接客

アパレルや飲食店などの接客業は経歴は重視されず、主にコミュニケーション力・接客スキルが高い人を求めています。

これまでの経歴に自信がない方でも、比較的スムーズに転職が実現しやすいでしょう。

業務は接客が中心で、複雑な仕事が少ない傾向にあります。研修制度も充実しているため、接客経験がない人でも採用される可能性が高くなります。

人とのコミュニケーションが好きで、接客業に適性があると感じる方にとっては、おすすめの職種です。

製造

製造業には、以下のようにさまざまな分野があります。

製造業の分野一例
  • 自動車
  • 電子機器
  • 食品
  • 医薬品

自分の興味や適性に応じて、選択できる求人数が多いのが特徴です。

また、製造業は特定の資格・経験がなくても入りやすい業界のひとつです。製造業の多くは、基本的な作業や機械操作のスキルがあれば業務ができるため、未経験でも採用されやすいでしょう。

そして実務経験を積んで機械のスキルを磨ければ、手に職をつけられます。製造業のキャリアアップは経験や技術力が重要な要素になるため、将来的には昇進も難しくありません。

建設関係

建設関係の仕事は、学歴や経歴を重視されず体力が必要な職種であるため、20代男性におすすめです。

また建築業界では高齢化も進んでおり、経験の有無に関わらず若い人材を積極的に採用する傾向があります。

仕事は体力を要する部分も多いため、身体的にはかなり厳しいものの、その分高収入を得られるのが一般的です。積極的に働いて収入を上げたいと考える人には適しているといえるでしょう。

ドライバー

ドライバーは一般的に普通自動車免許があれば始められるため、大型免許や特殊な資格がなくても配達・宅配関連の仕事などで経験を積みながら働けます。

また、ネット通販の普及によりドライバーの仕事は需要が高く、さまざまな業界で求められています。ドライバー業界は人手不足であるため、未経験でも普通自動車免許さえあれば、積極的に採用してくれるでしょう。

ドライバーの仕事は基本的にひとりおこなうため、人間関係のトラブルが多くありません。配送時間やルールを守れば、自分のペースで仕事ができるので、職場での人間関係にストレスを感じやすい方はおすすめです。

介護

介護業界や福祉関連の分野は、20代男性が比較的転職しやすいといえるでしょう。

現代の日本では高齢者が増加しています。介護サービスへの需要が高まっているにもかかわらず、人手不足問題が深刻となっているからです。

また介護職や福祉に関連した仕事は、資格がなくても転職できます。

介護関連の資格を取得すれば、将来的にも安定して仕事を見つけられるため、失業の心配が少なくなるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアは、コンピューターを動かすためのシステム設計をするのが主な仕事です。現代社会ではITがインフラとして広く普及しており、エンジニアの需要が非常に高まっています。

しかし、企業側がエンジニアの不足に悩んでいる状況が多いため、未経験であっても採用されやすいでしょう。

多くの企業は、エンジニアを育てるための研修・教育プログラムを提供していたり、システムエンジニアが利用する言語やWebアプリケーション技術を学べるオンラインスクールがあったりします。

未経験の方でも、これらの機会を利用して自分の向き不向きを確認し、新しいキャリアに挑戦するのがおすすめです。

20代男性の転職で注意すべきこと

20代男性が転職するときに注意すべきポイントは、周りと比べないことです。他の同年代がどのようなキャリアを築いているのか気になるかもしれませんが、自分の価値観や目標に合った転職が重要です。

他人と比較すると、自分に劣等感を抱いてしまいストレスを感じる場合もあるでしょう。自分の強み・興味を大切にして、自分のペースで転職活動を進めることが成功への一歩です。

また、焦りを抱えながら転職活動をしないのも大事なポイントです。急いで転職活動をすると、本来の目的とは誤った選択につながる可能性があります。

将来のビジョンやキャリアプランに合致した職場を見つけるためには、時間と努力が必要であるため、焦らず自分の目指す方向に向かって転職活動を進めましょう。

転職が厳しいと考える20代男性によくある質問と回答

転職が厳しいと考える20代男性によくある質問をまとめました。

20代で転職した人の割合は?

厚生労働省の「令和4年雇用動向調査」によると、転職した人の割合は20代前半男性が14.1%、20代後半男性が14.7%でした。

20代が転職で重視すべきことは?

20代が転職で重視すべきことは、キャリアに多様性があるかどうかという点です。

20代はまだキャリアの形成段階であり、さまざまな経験を積むと、将来的な選択肢を広げられます。

転職が多いとなぜダメなのでしょうか?

転職回数が多い場合、「またすぐに辞めるかもしれない」と懸念されるからです。

20代転職で後悔する人はどれくらいの割合ですか?

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、転職して後悔した人の割合はおよそ10人に1人でした。

20代男性フリーターの転職は厳しい?

転職市場ではさまざまな職種が求人として出ており、20代男性フリーターが必ずしもネガティブに評価されるわけではありません。

しかし特定の業界・職種では、適性や志向が一致していても競争が激しい場合があります。そのため、転職を考えるなら、自分の強みや興味を明確にし、合った求人を探しましょう。

20代男性スキルなしだと転職できない?

スキルがないからといって転職できないとは言い切れません。

スキルは転職活動においてひとつの評価ポイントですが、他にも経験・ポテンシャル・意欲などが評価される場合があります。

まとめ|転職エージェントを活用すれば、20代男性の転職は厳しくない

20代男性の転職は十分に可能ですが、経験やスキルが未熟であるという理由から、求人の選択肢が狭まってしまう可能性があります。

しかし、以下のコツをおさえれば、20代男性の転職活動を成功に近づけられるでしょう。

20代男性の転職活動を成功させるコツ
  • 内定が出てから退職する
  • 転職理由を明確にする
  • 過去のキャリアから強みや実績を棚卸しする
  • 選考対策を妥協しない
  • 希望条件に優先度をつける
  • 企業が自信を採用するメリットを示す
  • 20代の転職に特化したエージェントを利用する

また、人手不足の業界や未経験歓迎の職種であれば、経験・スキルがなくても採用の可能性は高まります。

「経歴に不安がある」「自分の適性がわからない」などの悩みを抱えている方は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを利用すると、転職に関する知識が豊富なアドバイザーが、自分の希望条件や適性に合った求人を紹介してくれます。

応募書類の作成や選考対策も手厚くサポートしてくれるため、ひとりで転職活動を進めるよりも効率が良いでしょう。

転職を成功させたい20代男性は、無料相談してみてはいかがでしょうか。

1分で無料登録!
20代におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。