第二新卒で大手総合職に転職するポイントやおすすめの企業一覧を解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「第二新卒でも大手総合職に転職できる?」
「第二新卒で転職しやすい大手総合職ってある?」

といった悩みや疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

「大手企業で働きたい」といった憧れは誰しもがもちますが、第二新卒で転職できるか不安になる方も多いはずです。

そこで本記事では、第二新卒でも大手総合職に転職できる理由や募集している企業一覧、成功させるためのポイントなどについて解説します。

第二新卒で大手総合職への転職を目指している方は、ぜひ最後までご覧ください。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:第二新卒におすすめ転職エージェント22選を徹底比較|失敗しない選び方を解説

目次

第二新卒を募集している大手企業一覧

まずは、第二新卒を募集している大手企業一覧を紹介します。以下の大手企業では、第二新卒を積極的に募集している傾向があるため、転職できる可能性が高まります。

業界企業名
IT・Web業界富士通株式会社
商社業界株式会社昭和
金融業界アクセンチュア株式会社
小売業界株式会社コメリ
人材業界株式会社リクルートスタッフィング
不動産業界日本社宅サービス株式会社
インフラ・サービス業界東京地下鉄株式会社
あわせて読みたい
第二新卒の転職事情|大手は無理?内定獲得のコツやおすすめのエージェントを紹介 第二新卒は転職市場でニーズが高く、自発性や企業への適合性を評価される傾向にあります。しかし、さすがに大手企業への転職となれば「無理」と考える方も多いでしょう...

【結論】第二新卒でも大手総合職に転職できる

結論、第二新卒でも大手総合職への転職は可能です。

リクルートワークス研究所が調査した「中途採用実態調査」によると、20代・30代の採用に注力する企業が増えている状況から、若手人材の採用ニーズが高まっていることがわかります。

その中でも、社会人経験をもった第二新卒は新卒よりも育成コストがかからないため、第二新卒採用へ踏み切る大企業は少なくありません。

しかし、ひとえに社会人経験といっても、具体的にどのような経験をしているかが肝心であり、第二新卒であれば誰でも大手総合職へ転職できるというわけではありません。

また、本記事を読んで「大手総合職へ転職したい」と思っている方々が大勢いるように、大手企業への転職は非常にライバルが多くいるのも現状です。

高橋 宇内氏

そのような前提のもと、第二新卒でも大手総合職へ転職できる理由について次の項目で解説していきます。

あわせて読みたい
【未経験OK】第二新卒歓迎の求人の探し方・転職成功のコツを解説   第二新卒で転職が上手くいくのだろうか… 第二新卒は転職に失敗しやすいの?   第二新卒の転職には、第二新卒の転職に特化した転職エージェントのサポートが有効です...

第二新卒が大手総合職に転職できる3つの理由

第二新卒でも大手総合職に転職できる理由は、以下のとおりです。

  •  若い人材を大規模採用しているから
  •  ポテンシャルが評価されるから
  •  新卒よりも育成にコストがかからないから

一般的にいわれている第二新卒とは、「新卒入社後3年以内に転職を志す方」です。

年齢でいうとおよそ25歳前後で、社会人経験がまだ浅いため、会社のカルチャーを浸透させて教育しやすい層といえます。そのため、第二新卒の採用に注力する大手企業が増加しているのです。

それでは、第二新卒が大手総合職に転職できる理由について、詳しく解説していきます。

あわせて読みたい
第二新卒の転職にかかる期間とは?有利な時期や失敗しないためのポイントを解説 第二新卒の転職では、在職中から転職活動を始める人が多いでしょう。 転職活動が長引いてしまうと、不安や焦りを感じるばかりでなく、思うように時間を割けずに、スムー...

若い人材を大規模採用しているから

大手企業が大規模な第二新卒採用に舵を切る理由は、主に以下3つです。それぞれの理由について解説します。

  • 退職や欠員による人手不足
  • 事業拡大に伴う人材確保
  • 次世代の育成にむけた人材確保

退職や欠員による人手不足

大規模採用では、あらかじめ大量の退職者が出ることを想定した場合もあれば、離職者が出るとわかった段階で実施する場合もあります。

とくに大規模な新卒採用をおこなう大手企業の場合、入社後3ヵ月~半年を目安に退職者が出ると想定し、人材確保のために第二新卒を採用するケースが多いでしょう。

事業拡大に伴う人材確保

大手企業で事業拡大や新規事業の立ち上げの計画が持ち上がった場合には、他部署から人員を集めて部署の再編成がおこなわれることが多いですが、人員が足りないと採用によって社員を増やす場合があります。

その際、ビジネスマナーなどの社会人としての常識が身についている第二新卒は、企業にとって魅力がある人材です。

次世代の育成にむけた人材確保

将来的な会社の底上げを目的として、若手採用がおこなわれるケースもあります。

大手企業は福利厚生などの安定性から、長期的に働く従業員が多い傾向にあります。その結果、若手社員よりも中堅社員が多い企業もあるでしょう。

また、有能な若手社員が育たずに業務を引き継げる人材が不足してしまうと、中堅社員が定年退職をしたのちに、会社として成り立たなくなる危機感を抱えている場合もあります。

そのため、次世代の育成に向けた人材確保として第二新卒を採用します。

ポテンシャルが評価されるから

企業は、潜在的な能力や将来的な活躍などのポテンシャルを期待して第二新卒の採用をおこないます。

求職者がこれまで歩んできた道のり・人柄・入社意欲・将来のキャリアプランをふまえて、「将来的に自社で活躍できる可能性を秘めているか?」を総合的に判断します。

選考時の判断基準・優先順位は企業によって大きく異なりますが、求人情報や公式Webサイト、SNSなどを通じて、重視しているポイントを把握すると良いでしょう。

新卒よりも育成にコストがかからないから

新卒の場合は採用後、基礎的なビジネススキルや社会人マナーなどをゼロから教育しなければなりません。

教育や研修にかかるコストだけではなく、所属部署に配属されてからも、売上を立てられるようになるまで約3ヵ月~半年間は販管費の方がかかるでしょう。

一方、第二新卒の場合はビジネススキルや社会人マナーは基礎ができているため、新卒よりも育成コストが抑えられます。

企業独自の就業規則・カルチャー・使用ツールなどを教育する必要はありますが、新卒よりも研修から実務へ移行するスピードは早まります。

高橋 宇内氏

とくに前職の経験を活かせる業界・業種の大手企業に転職できた際は、即戦力として期待されるケースも珍しくないでしょう。

第二新卒が大手総合職に転職するメリット5つ

下記は、第二新卒が大手総合職へ転職することで得られる5つのメリットです。

  • いまよりも年収が増える可能性がある
  • 福利厚生が充実する
  • 世間的な評価が高くなる 
  • 将来のキャリア設計をより明確に組める
  • 大規模なプロジェクトに挑戦できる

では、具体的にどのような点がメリットとして働くのかをひとつずつ解説していきます。

いまよりも年収が増える可能性がある

第二新卒で大手総合職へ転職できれば、現職よりも年収が上がる可能性があります。

厚生労働省調べによると、平均月収は企業規模別に大きな差が開いていることが明らかとなりました。

大企業の平均月収中企業との差額小企業との差額
男性37万5,900円+4万7,900円+7万2,300円
女性27万1,000円+1万8,500円+3万6,000円
【参考記事】「企業規模、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び企業規模間賃金格差」/厚生労働省

大企業の男女別平均月収は、男性が37万5,900円、女性が27万1,000円です。中小企業の平均月収と比較すると、約1万8,000円~7万2,000円以上の差が開いています。

月収でこれだけ金額差が出ていることから、年収ベースでの差は一目瞭然です。年収がアップすることは、大手企業へ転職する大きなメリットだといえます。

また、大手企業の中には職務手当・住宅手当・資格手当などが完備されているケースも多いため、入社時の職種や取得資格次第では、基本給+手当で換算するとさらなる年収アップを狙える可能性もあるでしょう。

福利厚生が充実する

次に大きなメリットとしてあげられるのが、福利厚生の充実です。

大手企業は中小企業よりも資金力が高く従業員へ還元する余裕があるため、魅力的な福利厚生が完備されているケースが多くあります。

住宅手当や食事補助などの生活に関わるものから、宿泊施設の割引制度・健康サポート制度・長期休暇制度といったものまで、生活の満足度をアップさせる福利厚生を導入している大手企業も存在します。

高橋 宇内氏

何よりも、退職金制度は特筆すべきメリットです。

退職金制度は義務化されているものではありませんが、人事院「令和3年度民間企業退職給付調査」調べによると、50人以上の企業での導入率は97.5に上ります。

続いてりそなグループ調べによると、中小企業と大手企業でもらえる退職金は約1,000万円ほど差があることが明らかとなっています。

【参考記事】退職金の相場はどれくらい?大企業・中小企業、業種、勤続年数による違いも解説/りそなグループ

これらの点から、大手企業への転職で得られる条件面でのメリットは、非常に大きいといえるでしょう。

世間的な評価が高くなる

大手企業のネームバリューは大きく、企業に勤めているというだけで、「あの大手企業に勤めているなんてすごい、デキる人だ」という羨望のまなざしを向けられることもあるでしょう。

また、賃貸住宅の契約やマンション購入を検討する際、大手企業に勤めていることが社会的信用を示す証として役立ちます。

安定した収入を得ていることから「支払期限をすぎる心配がない」と信用され、規模の小さい会社に勤めている場合よりも審査が通りやすくなります。

クレジットカードも大手企業に勤めている信用性から、上限が増えたり、グレードの高いカードが作成できたりするでしょう。

高橋 宇内氏

誰もが知る大手企業に勤めていたという事実は、間違いなく自身のグレードをアップさせるでしょう。

将来のキャリア設計をより明確に組める

大手総合職への転職が成功すれば、将来のキャリア設計が組みやすくなります。

長期的に就業し、昇格や昇進の階段を少しずつ昇っていくことで、以下のような計画が立てられます。

  • 幹部候補への昇進
  • 大手・メガベンチャー企業への転職
  • 独立

どのような環境に身を置く場合でも、大手企業に勤めていたという事実はプラスに働きます。

また、プライベートにおいても結婚・子育て・マンション・自宅の購入など、ライフステージの明確な計画も可能です。

仕事とプライベートの両面を明確にプランニングすることで、人生そのものをより豊かな方向に進められるでしょう。

大規模なプロジェクトに挑戦できる

大手企業は中小やベンチャーと比較して、大規模なプロジェクトに関わる機会が増えます。なぜなら、大手企業はネームバリューから信頼や安心感があり、大規模プロジェクトの案件を獲得しやすいからです。

大手企業が抱えるプロジェクトの中には国家レベルにまで及ぶものも存在するため、案件に関わることで一生忘れられないような経験値や充実感を得られる可能性があります。

「これまで挑めなかった規模感のプロジェクトに挑戦したい」「唯一無二の経験を通して自己成長したい」という方にとって、大手企業ならではのスケール感は大きなメリットといえます。

高橋 宇内氏

大規模プロジェクトの経験はあなたの大きな自信にもなるでしょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点

第二新卒が大手総合職に転職するデメリット5つ

大手総合職への転職で起こりうるデメリットも5つ存在します。具体的には以下のとおりです。

  •  年功序列で大幅な収入アップは見込めない
  •  裁量権をもてない
  •  意思決定が遅い
  •  昔からの文化が残っている
  •  中途採用の割合が少ない

デメリットに関しても、どのような理由が込められているのかをひとつずつ解説していきます。

年功序列で大幅な収入アップは見込めない

大手企業の給与条件には年功序列が組まれていることが多いため、勤続年数の長さが収入の高さに比例します。

昇給の度合いは安定しているともいえますが、若手社員がどれだけ仕事で成果を出しても、大幅な給料アップを狙うことはできません。

一方で、仕事で大きな問題やトラブルを起こさなければ、成果を出していなくとも昇格や昇進できるケースもあります。

大手総合職への転職を志す際は、成果に応じた収入アップを目指すのか、長期勤務を見据えて安定の道を選ぶのか、自身の考えを定めておく必要があるでしょう。

裁量権をもてない

大手企業は、管理職もしくは経営層まで昇進しなければ、裁量権を与えられないケースがほとんどです。

企業体制が確立されているともいえますが、裁量権をもって働く環境に身を置いていた方にとっては、「こんなことも上司に判断を仰がなければいけないのか…」と思う場面も出てくるかもしれません。

中小企業のように裁量権をもてる環境と比較すると、大手企業で働くことは「会社の歯車」になるイメージに近いものがあるといわざるを得ない側面もあります。

「自分の役割の範疇で仕事ができればいい」と考える方は問題ありませんが、裁量権をもって働きたい方にとっては窮屈な環境に感じてしまう恐れがあります。

意思決定が遅い

多くの大手企業は、中小企業よりもあらゆる意思決定のスピードが遅い傾向にあります。

中小企業は従業員数が少ないため、社長を始めとした経営層がすぐに決済を下したり、上長判断で意思決定が下される組織体制が敷かれていたりします。

一方、大手企業は稟議から決済までのプロセスが長く複雑で、決済まで数週間かかる場合も珍しくはありません。

稟議決裁だけではなく、営業マニュアルや社内ルールの改善などの社内で完結できる分野も、意思決定までに長い時間を要する場合があります。

前職で意思決定がスピーディな環境に慣れており、次の転職先でも同じスピード感を求める方にとっては、緩慢な感覚を覚えるかもしれません。

昔からの文化が残っている

創業年数が長い大手企業は、社内システム・人事体制・育成カリキュラムなどが古いままである可能性があります。

たとえば、コピー機によるプリントやファックス、タイムカードによる打刻申請など、時代の流れに逆行したような非効率的な文化が根付いている場合もあります。

これまでのやり方でうまくいっていた・いっていないに関わらず、企業規模が大きくなればなるほど、古い体制の改善に踏み切れない大手企業は決して少なくありません。

中小企業の場合は非常に速いサイクルで社内ルールが変わっていくケースが多いため、初めて大手企業へ転職した方の中には驚きを隠せないこともあるでしょう。

また、近年はDX推進や働き方改革によって、あらゆるものが電子管理化やペーパーレス化され、効率化しています。しかし、大手企業の中には、時代の変化にまだ追いつけていない会社も存在します。

高橋 宇内氏

古い文化にとらわれず、時代の流れへフレキシブルに対応したい方にはデメリットに感じるかもしれません。

中途採用の割合が少ない

中小企業の場合、人手が不足した段階ですぐに募集をかけなければ仕事が回らないため、欠員を埋めるために採用活動をおこなわなければなりません。

一方、大手企業は多少の人手不足が生じても、会社全体の従業員数が多いので、他の部署からを人事異動させることで欠員を埋められます。

そのような中でも大手企業が中途採用をおこなうときは、特定のスキルや能力の発揮を期待した、管理職候補の確保を目的としている可能性があります。

そのため、第二新卒枠として大手企業へ入社し、自分と同じような状況で入社した社員が少ない場合は、居心地の悪さを感じるかもしれません。

高橋 宇内氏

転職後に人間関係などで後悔しないためには、選考を受ける段階で第二新卒・中途の割合を確認しておくことがおすすめです。

第二新卒から大手総合職に転職するポイント7つ

大手総合職への転職を成功させるうえで、押さえておくべき7つのポイントは以下のとおりです。

  • 第二新卒期間で経験・スキルを磨く
  • 同じ業界・職種に応募する
  • 自己分析を徹底的に実施する
  • 企業が求める要素をアピールする
  • 焦らず計画して進める
  • 書類・面接対策をやり込む
  • プロのサポートを借りる

7つのポイントを理解し、実践に活かすことで、大手総合職への転職が成功する可能性は大きく開けます。後悔のない転職活動のためにも、一つひとつ目を通してください。

第二新卒期間で経験・スキルを磨く

大手総合職の募集枠を狙って、第二新卒期間に経験・スキルを磨くことがおすすめです。

第二新卒期間というのは、20代前半しか当てはまらない限定的な期間です。大手総合職へのキャリアアップを望むのであれば、多くのライバルと差をつけて、企業から「選ばれる人材」となるための準備をしましょう。

たとえば、営業職のような直接部門であれば営業実績を積み重ね、特定のスキルを必要とする専門職であれば資格を取得することが、アピールポイントになるでしょう。

大手企業の第二新卒の募集はいつおこなわれるかわかりませんので、日頃から準備を進めておきましょう。

高橋 宇内氏

いついかなる時でも応募のチャンスがきたら迷わず飛び込めるように、現職で経験・スキルをレベルアップさせておくと良いでしょう。

同じ業界・職種に応募する

現職と同じ業界・職種に応募することで、第二新卒でありながらも経験者枠へ入り込めるチャンスが見込めます。

同じ第二新卒であっても、全く経験や知識がない方と一定の学びがある方とでは、企業にとって育成のしやすさは大きく異なります。

後者であれば、ある程度の経験や知識があることを前提とした教育ができるため、企業としては即戦力となる期待値を持ちやすいでしょう。

しかし、企業の中には同じ業界での就業経験がある方は、前職のルールややり方に固執するため、教育しにくいと捉える企業も存在します。

自身の経験がかえってマイナス印象にならぬように、あくまで「経験はあるけど、環境は違うのでまたゼロから学びます」という謙虚なスタンスで選考へ臨む姿勢が重要です。

自己分析を徹底的に実施する

転職活動を有利に進めていくうえで、自己分析は必要不可欠です。

なぜなら、転職活動では書類・面接選考を通じて、企業が求職者の強みや価値観を深掘りするからです。

面接官の質問にしっかりと答えられない場合「自社との相性は悪いな」と思われてしまい、不採用になる可能性が高まります。

実際にエントリーや選考へ進む前には

「なぜ大手総合職へ転職したいのか?」
「前職で活かせる経験・スキルは何か?」
「どんな社風が自分に合っているのか?」

などをとことん突き詰め、詳細に自己分析をしておきましょう。

企業が求める要素をアピールする

大手企業から内定を獲得するには、志望先が第二新卒へ求める要素を徹底的に調べ上げ、書類や面接の場で全面的にアピールしましょう。

一般的に企業が募集をするときは、求める人物像・採用ポジション・人材を具体的に募集要件へ明記しています。

企業は、「それらの要素を満たした人材のみ採用したい」という考えを持っているケースがほとんどです。

企業がポテンシャル人材へ求める要素を隅々までリサーチし、自身の経験・スキル・価値観・パーソナリティを伝える時は、企業とのマッチングが高い人材であることをアピールしましょう。

高橋 宇内氏

募集要件に加えて、企業の採用ホームページやSNS、採用動画などで求める人物像がより具体的に打ち出されている場も多いので、事前情報はくまなく調べておくと良いでしょう。

焦らず計画して進める

転職活動において、焦りは大敵です。

よくある焦りの原因として、「早く転職したい」「選考を通過できない」「ライバルに先を超されてしまう」などといった気持ちがあげられます。転職活動を経験する方の多くは、このような不安を抱くかもしれません。

株式会社マイナビ調べによると、転職での平均応募者数は8.4社、選考通過率は30〜50%といわれています。
【参考記事】【転職活動、何社応募した?】平均応募社数や、選考通過・内定の確率はどれくらい?/株式会社マイナビ

実際の割合は、選考の競争率・採用ハードル・募集人数によって変動するため、最低10社は応募する必要があると捉えておくとベターです。

高橋 宇内氏

もし「上手くいっていない…」と思い始めたときは、冷静になって転職活動の行動に遅れが生じていないかを振り返ってみましょう。

書類・面接対策をやり込む

選考は、さまざまなポテンシャルを秘めた求職者と競う場です。

人事担当者が「この人、良さそうだな。面接で一度会ってみたい」と思ってくれる、魅力的な履歴書や職務経歴書を作り上げることが第一段階です。

選考に関する情報は、ネットや書籍でまとめられているので、しっかりと目を通してハイクオリティな書類作成を目指しましょう。

続いて第二の関門となるのが、面接対策です。面接では、これまでの経験・スキル・志望動機・今後のビジョンを自身の言葉で企業へプレゼンしなくてはいけません。

いざ面接に臨んだはいいものの、「緊張して思ったように話せなかった…」と後悔する方も少なくないでしょう。

高橋 宇内氏

「備えあれば憂いなし」といった言葉があるように、面接はとにかく「慣れ」が大切です。

周りの友人・知人・転職のプロに面接官役をしてもらい、面接の流れや感覚を身体に叩き込むことをおすすめします。

プロのサポートを借りる

後悔のない転職活動を実現するためには、転職のプロからサポートしてもらう方法も有効です。

多くの転職支援サービスでは、選考対策・アドバイスをおこなってくれるキャリアアドバイザーが、専属でサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは、求職者と企業の中間に立ってフラットなアドバイスを提供してくれるため、自身の経験値をアップさせることにつながり、後悔のない転職活動へ導いてくれます。

しかし、「どんな転職エージェントを使ったらいいかわからない」と思っている方もいるはずです。

次の項目では、大手総合職へ転職したい方におすすめの転職支援サービスを3選ご紹介します。

第二新卒で大手に転職したい方におすすめのエージェント3選

ここでは第二新卒で大手に転職したい方におすすめの転職エージェントを紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • レジュメ登録で自分の市場価値が分かる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 3人に2人が年収アップを実現

ビズリーチ」はレジュメ登録をするだけで、企業や転職エージェントからスカウトが届きます。

届くスカウトで自分の市場価値が把握できるため、今すぐ転職したい方はもちろん、転職する予定がない方にもおすすめです。

 こんな方におすすめ
  • 転職できるか自分の市場価値を確かめたい方
  • 自分でサポートしてくれるキャリアアドバイザーを選びたい方
  • 今すぐ転職する予定がない方
サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 「職務経歴書エディター」機能で簡単に職務経歴書が作れる
  • 様々な転職セミナーやイベントに参加できる

リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェントで、他社を圧倒する豊富な求人数が特徴です。

豊富な転職成功データをもとにした、質の高い書類添削や面接対策も魅力のひとつです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職に受かるための方法を詳しく丁寧に教えてくれます。

こんな方におすすめ
  • 初めての転職で進め方が分からない方
  • どんな業界・職種に転職するか決まっていない方
  • 自分の将来のためにスキルや経験が身につく会社で働きたい方
サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
(未経験可:37,259件)
非公開求人数362,556件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20‘sの特徴
  • 未経験歓迎求人75%以上
  • 20代の利用者数41万人
  • 自己分析に役立つ適性診断を受けられる

マイナビジョブ20’s」は20代、第二新卒、既卒に特化した転職エージェントで、若手特有の転職事情に熟知しており、カウンセリングから面接対策まで、転職活動のすべてを親身になってサポートしてもらえます。

未経験歓迎の求人を75%以上も保有しているのが一番の特徴です。これまで経験はないけれど、新しい職種・業界に挑戦したい20代におすすめできるでしょう。

こんな方におすすめ
  • どんな業界・職種が向いているのか分からない方
  • 未経験職種にチャレンジしたい方
  • 自分の市場価値を把握したい方
サービス名マイナビジョブ20‘s
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数5,836件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/
2024年6月3日時点
マイナビジョブ20‘sの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 大手企業の求人が豊富

マイナビジョブ20"sを利用しましたが、求人数が多いだけでなく大手企業まで充実していましたし、更には未経験求人まで様々にあったので、選択肢が広がり助かりました。

 内定をもらえたしキャリアアドバイザーの対応にも満足

紹介してもらえる求人数は多くなく勝手に応募もできないが、紹介してもらえる求人は私の希望を聞いた上で選んでくれているんだなと思える内容だった。

地方の求人が少なかった

地方条件の求人は、都市部や他のサイトと比べて少なかったと感じました。地方で求人を探すならマイナビジョブの情報だけでは情報が少ないので、他社と比較して登録すべきと私は思いました。あと、地方に在住していたので対面での面談を勧められると「仕事をしながらでは足を運びにくい…」とも感じてしまいました。


関連記事:マイナビジョブ20'sの評判と口コミ|メリット・デメリットを実態をもとに解説

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:マイナビジョブ20‘s利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

第二新卒で大手総合職に転職するときは徹底した対策が必要

大手総合職への転職は決して簡単ではなく、狭き門といえるでしょう。

しかし、近年は大手企業の中でもポテンシャル人材の採用ニーズが高まっており、大手総合職への転職は決して夢ではありません。

今はチャンスを狙えない方であっても、第二新卒期間を使って経験・スキル磨き・自己分析・書類作成・面接対策を徹底的におこなえば、いずれ来たるべきチャンスへ備えることは十分に可能です。

憧れの大手総合職へ転職できれば、キャリアデザインがより豊かなものとなるでしょう。

そのような未来を実現するうえで、転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーを味方につけておくことをおすすめします。

現状を徹底的に分析し、プロの目線で適切なアドバイスを提供してくれるため、満足のいく転職活動が可能となるでしょう。

転職エージェントは、相談・書類・面接対策・内定まで完全無料であなたをサポートしてくれます。

第二新卒として大手総合職へ転職したい方は、まずは無料相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。