第二新卒が転職に失敗する理由5選!成功するポイントを徹底解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

新卒入社した会社で、実際に働き始めてみると入社前のイメージと違い、転職を考え始める方は少なくありません。

しかし、第二新卒としての転職を考える人は多いものの、失敗してしまった時のことを考えて、中々実行に踏み出せず、不安を抱えている方も多いです。

本記事では、そんな不安を抱えている人のために、第二新卒が転職に失敗する理由と失敗しないためのコツを紹介します。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点

関連記事:第二新卒におすすめ転職エージェント22選を徹底比較|失敗しない選び方を解説

目次

働きながら第二新卒の転職はできるのか?

一般的に、第二新卒といえば、新卒として入社したものの数年以内に辞めてしまった人材のことをいいます。このことから、働きながら「第二新卒」として転職できるのか不安になる方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、働きながら第二新卒として転職可能です。むしろ、働きながら転職を目指した方がよいといえるでしょう。

ここでは、働きながら第二新卒の転職を目指す方が知っておきたいポイントをまとめました。

就労経験のない「既卒」を求める企業もある

企業によっては、就労経験のある第二新卒よりも、就労経験のない「既卒」を求める企業もあります。

第二新卒の募集は、大きな企業に多く、ある程度まとまった人数を採用することが多く見られます。社内での育成にリソースを割けることから、内定後は直ちに現場へ配属されず、社内で十分な研修を受けることが通常です。

一方、既卒の採用は企業は中小に多く、退職者が出たタイミングで人員補充を目的に採用されます。社会人経験があることから、育成にリソースを割きたくない企業で採用されるケースが多いようです。

いずれにせよ、企業によっては「第二新卒」と「既卒」のどちらか一方のみを選考したいといったケースも少なくありません。

ご自身が応募する求人が、どちらを対象としているかに注意する必要があります。

辞めてから転職活動する場合にはデメリットがある

転職活動に集中するために、まずは今の企業を辞めることを検討している方もいるでしょう。しかし、それはあまりおすすめできません。

現職を辞めてからの転職活動には、次のようなデメリットがあるからです。

辞めてから転職するデメリット
  • 収入が途切れてしまう
  • 希望の転職先が見つからない可能性がある
  • 焦って転職を決めてしまう
  • 空白期間ができる可能性がある

デメリットとして代表的なのは、就職活動中の収入の途切れです。収入がなくなってしまうことから、生活基盤が揺らいでしまうかもしれません。

また、希望の転職先がなかなか見つからず、焦って転職を決めてしまうこともあるでしょう。そうなるとミスマッチにつながり、また早期に離職してしまうリスクが高まります。

さらに、就職先がなかなか決まらなければ、空白期間ができてしまうことにもつながります。転職時に不利になりますから、できるだけ避けるべき状況です。

このように、離職してからの転職活動には様々なデメリットが伴います。働きながらの転職を目指すようにしてください。

第二新卒が転職で失敗する理由4選

第二新卒で転職活動を行う際は、第二新卒の市場価値や、企業が人材に求めている内容の把握が重要です。

ここからは、第二新卒が転職を失敗するより具体的な5つの理由を紹介します。内容を理解して有利に転職活動を行いましょう。

1.転職目的が不明確

第二新卒で転職をする際、転職理由が不明確な状態だと、転職に失敗するケースが多いです。

そもそも転職理由が不明確だと、何を軸に転職活動をおこなえば良いか分からなくなり、次の仕事のビジョンも見いだしにくいです。結果として、転職活動をスムーズに進めるのが難しくなります。

自身のキャリア計画を明確にし、ビジョンに準じた転職活動を行いましょう。

2.「会社を辞めること」自体が目的になっている

第二新卒で転職を検討する際に会社を辞めること自体が目的になると失敗に陥りやすくなります。

転職理由を会社のせいにすると、転職先で同じ状況に陥った時に同じ不満を抱く可能性が高いためです。

会社を辞めることが転職理由になっている方は、現状の不満と転職先に求める条件が明確になっていないことも多いです。まずは、現状の不満を整理し、転職先に求める条件を明確にしましょう。

以下によくある職場での不満と、その不満を解消するための転職目的、転職先に求める条件をまとめましたので、自身の現状を整理する参考にしてみましょう。

 現状の不満転職する目的
転職先に求める条件
残業が多い 目的 : 効率的な業務で生産性を高めたい
条件 : 残業が少なく労働環境が整った職場
成長できる環境がない 目的 : キャリアビジョンにあった環境下で仕事がしたい
条件 : 教育制度やスキル取得の環境が整っている職場
人間関係が悪い 目的 : チームワークが取れる組織で働きたい
条件 : 人間関係が良好で連携が取れる組織

3.キャリアの見通しが不明確

第二新卒で転職する際に、キャリアの見通しが不明確な状態で転職活動を行うと失敗に陥りやすくなります。

転職を検討し始めると転職後のキャリアイメージより現状の職場を離れたい気持ちが大きくなり、キャリアプランを具体的にイメージできないまま転職してしまうケースも多くあります。

キャリアプランが不明確だと転職先の指標がないため、転職活動がスムーズに進みません。転職を検討する場合は、30代以降のキャリアも見据えた上で転職活動を行いましょう。

4.転職活動の開始時期が遅い

転職活動時期が遅い場合にも、第二新卒で転職活動に失敗する原因となります。

第二新卒の転職時期は新卒と違い企業により様々です。ただし、完全にバラバラというわけではなく、一般的に多いのは4月〜10月です。

そのため、転職者は採用されやすい時期に合わせて転職活動を行えば、転職を成功させやすくなります。事前に志望する企業の募集時期を確認するなど、準備不足に陥らないようにしましょう。

5.社会人としての基本スキルが習得できていない

第二新卒の転職は、企業が求める第二新卒の期待値をクリアすることが求められます。

第二新卒は新卒採用や中途採用と違い採用されやすい特徴がある反面、社会人経験があるため基本的なビジネスマナーや能力に携わっていると推測されます。

名刺交換の仕方や言葉使いなど社会人の初期に習得するスキルを身につけておく必要があり、習得できていないと採用担当者の印象が悪くなります。

基本的なビジネスマナーを身に付けていないと何度面接しても受かる可能性は低いでしょう。

第二新卒が企業に求められる3つの理由

第二新卒は将来性を見越して採用されるケースが多いです。

ここで紹介している企業が第二新卒を求める3つの理由を把握し、その理由に合わせて自身の強みをアピールすることで、転職を有利に進められるようにしましょう。

POINT

社会人としての基礎がある

第二新卒が企業に求められる理由として、新卒と違い社会人としてのビジネスマナーを習得している点が挙げられます。

名刺の渡し方やメールの送り方など基本的なマナーが備わっているため、教育コストを抑えられると考えている企業は多いです。

通常、以下のビジネスマナーは習得していて当たり前のスキルと考えているため、習得できているのか再確認し、強みとしてアピールできるようにしておきましょう。

  • 言葉遣いや挨拶
  • 報告・連絡・相談などのスキル
  • メールや電話対応などのスキル
  • 身だしなみ
  • 仕事に向き合う姿勢
POINT

柔軟性がある

第二新卒が企業に求められる理由として柔軟性に期待できる点が挙げられます。

第二新卒は中堅社員や中途採用と違い、社会人の期間が短く、前職のルールや働き方、自身の価値観にこだわる可能性が少ないと考えられます。そのため、自社の企業理念や方向性を理解して順応しやすいと考えている企業は多いです。

むしろ、価値観が固まっていないため、自社の方針に合わせた教育がしやすいというメリットを重視し、積極的に第二新卒の採用をしている企業もあります。

そのため、実際の面接では働き方に対するこだわりを伝えるのではなく、協調性が高いことや適応能力の高さをアピールしましょう。

POINT

将来の可能性がある

第二新卒が企業に求められる理由として、将来性があり伸び代に期待できる点が挙げられます。

具体的には、過去の実績や特別なスキルよりも、「成長して後に貢献してくれる」「スキルを吸収して成果をあげてくれる」などを求められるケースが多いです。

将来性がある印象を持ってもらうために、自身の長所や仕事への熱意、企業への高い関心や仕事内容に対して前向きな姿勢をアピールできるようにしましょう。

第二新卒の転職を失敗しないための5つのコツ

第二新卒の転職は、将来性やポテンシャルが一番重要視されることが多いですが、それだけではなく、ビジネススキルや働く意思も評価の対象になります。

場合によっては、スキルや仕事への熱意が伝えられず、転職に失敗してしまうケースもあります。

第二新卒が転職活動を失敗しないためにも以下の5つのコツを抑えて転職活動を行いましょう。

check

目的意識を持つ

第二新卒の転職が失敗しないためには、転職に目的意識を持つことが重要です。

第二新卒の転職活動はポテンシャルが伝われば成功する可能性が上がります。しかし、それだけではなく転職理由をしっかり伝えることができれば、さらに成功の確率が高まります。

逆に、転職理由や志望動機が明確でない場合はマイナスに捉えられる可能性があります。転職を行う際は自身のキャリアプランを見据え、なぜ転職するのかを明確化しておきましょう。

check

自己分析をする

第二新卒の転職を失敗しないためには、事前に自己分析をおこなうことが必要です。

社会人としての活動内容や豊富なスキルを身につけているかは、企業側にとっても重要なポイントになります。

第二新卒は中途採用のように履歴書だけでわかる経歴やスキルのみでは判断しづらいため、数年間の具体的な勤務内容も判断材料の一つとなります。

自身のスキルやこれまでの業務内容を分析し、アピールできるポイントを整理しておきましょう。

check

将来キャリアを見据える

第二新卒の転職では、自身のキャリアを見据え、それに沿った転職先を選定することで失敗のリスクが下がります。

面接の際もキャリアプランを明確化していることで、採用者に将来の具体的なイメージを持ってもらうことができ、合格の可能性も高くなるでしょう。

check

就業条件の幅を広げる

第二新卒の転職をスムーズに進めるためには、就業条件の幅を広くすることも考えましょう。

条件が厳しすぎる場合、なかなか希望に合う企業が見つからず、転職活動が難航する可能性があります。

そのため、転職先の条件を定める時には、絶対に譲れない条件を明確にしておき、その他の条件は希望条件として、ある程度は譲歩できるようにしましょう。

そうすることで、就職後のミスマッチを避けつつ、スムーズに転職活動を進めることができます。

check

転職活動の時期を調整する

第二新卒の転職が失敗しないためには、転職活動の時期を調整することも検討しましょう。

第二新卒の採用時期に明確な定めはなく、企業によって様々です。しかし、先述のように一般的には第二新卒の採用は4月〜10月でおこなわれることが多いです。

第二新卒者が採用されやすい期間に合わせて準備を進めることで、余裕のある転職活動が可能になります。

なお、採用時期は業界によっても異なる場合があります。実際に転職活動を始めるときは、志望する企業や業界の採用時期を事前に調べておくようにましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点

女性で第二新卒は転職できる?不利になりやすいのは本当?

女性の場合、第二新卒による転職が不利になると考えている方もいるでしょう。結論からお伝えすると、女性だからといって直ちに不利になることはありません。

ここでは、第二新卒の転職と女性の関係について見ておきましょう。

女性が有利になる職種や業界もある

女性の第二新卒者が有利になる職種や業界があるのも事実です。特に、社会人経験を重視する傾向が強い職場で有利になることがあります。

職種としては、サービス業、営業職、販売職、事務職、広報職、業界としては、ファッション業界、化粧品業界、下着業界などが、女性のニーズが高いようです。

また、従業員の男女比率を改善するために、女性を積極的に採用したい企業も少なくありません。

目指したい業界がはっきりしていない方は、女性の採用比率を高めたい企業を狙って応募する方法もよいでしょう。

企業側には第二新卒の女性を採用するメリットがある

企業側としても、第二新卒の女性を採用するメリットがあります。

代表的なものは、前職で鍛えた経験に期待できる点です。すでに一定程度の社会マナーを身につけていることから、教育リスクが下がるメリットがあります。

もちろん、社会人経験は男女ともにいえることではありますが、女性はよりマナーに注意している印象があることから、すぐに即戦力となれるようです。

また、女性は男性よりも柔軟性が高い傾向にあります。そのことから、環境に上手く適用でき、早く会社に馴染んで、すぐに仕事で成果を出せるのもメリットといえるでしょう。

そもそも第二新卒とは?

一般的に、第二新卒とは、新卒で入社してから3年未満の若手社員を指すことが多いです。そのため、第二新卒として転職活動をするにも、新卒入社から3年未満の人が多いです。

ただ、ここで「自分は3年以上経過しているので、第二新卒として転職活動ができない」と諦めてしまう必要はありません。

実は「第二新卒」という言葉には、共通した明確な定義はなく、企業によっては、若手の社会人全般のことを指して「第二新卒」としているケースもあります。

そのため、もし新卒で入社して3年を超えてしまっている場合でも、すぐに諦めるのではなく、若手人材を第二新卒として募集している企業を探してみましょう。

第二新卒は何歳まで?

第二新卒は新卒入社後の経過年数同様に、何歳までと年齢が明確に線引きされているわけではありません

大学院卒の場合も第二新卒は適応され、仮に新卒入社後3年未満を第二新卒としている企業への転職をする場合、大学院修士は就職3年未満の場合27歳・博士は就職3年未満の場合30歳までが該当します。

しかし博士号取得後の第二新卒の場合、30歳は中途採用の年齢と被ってしまうため、転職活動を行う際は不利に働くケースが多いです。

第二新卒で有利に転職を進めたい場合は、就職3年未満かつ30歳未満で転職活動をおこなうと良いでしょう。

第二新卒で転職するメリット・デメリット

第二新卒の転職は自身のキャリアプランを設計する上で重要な決断になります。

転職を成功させるためにも事前の準備が必要です。第二新卒で転職するメリットとデメリットを理解した上で転職活動を行いましょう。

メリット

「社会人経験があるため評価されやすい」「違う業界への転職が可能」「伸び代があるため採用されやすい」などが挙げられます。

第二新卒は、既に社会人としての経験があるため、基本的なビジネスマナーが備わっており、新卒と比べ戦力になると考えられ、転職に有利になります。

また、第二新卒の転職市場は若い人材が多く、将来性に期待した採用がされるため、別業種への転職も可能性があります。同業種への転職の場合でも、若い人材は企業にとって重宝されやすく、転職活動がスムーズに進むでしょう。

デメリット

第二新卒で転職するデメリットは、新卒入社から比較的浅い期間での転職となるため、その先のキャリアを考えたとき、長期で働ける人材ではないと判断される可能性があることです。

また、転職に失敗した際は、再度転職を繰り返す可能性があります。その場合、より一層長期定着しない人材としての経歴が蓄積してしまい、その先のキャリア形成に不利に働く場合があります。

そのため、第二新卒の転職では、現状の不満のみを理由として安易に転職するのではなく、自身の将来を見据えて、事前準備をしっかり行いましょう。

その上で、浅い転職をカバーするために、ある程度長期で働ける環境を選べるようにしましょう。

第二新卒の転職失敗事例3選

第二新卒での転職は採用されやすい時期がある他、自身のポテンシャルを把握していないと失敗するケースがあります。

第二新卒で転職が失敗した3つ事例を紹介するので同じ失敗をしないように注意しましょう。

事例1 退職理由がネガティブ

公共団体からIT・ネットワーク担当に転職
転職理由 : 人間関係が複雑で転職を希望

このケースでは、退職理由がネガティブであったため、何度も不採用になっています。

ネガティブなまま理由を伝えてしまうと、企業側に採用後も同じ理由で転職するのではないかと懸念され、転職が失敗する原因となります。

退職理由を伝える際は、根本の理由がネガティブなものであっても、できるだけポジティブな理由に変換して伝えられるようにしましょう。

事例2 キャリアの見通しがない

販売員から保険営業に転職
転職理由 : 販売員を続けた未来が分からないため

このケースでは、転職後のキャリアプランが明確ではなかったため、面接で答えられず不採用になることが続きました。

第二新卒の転職では、企業に採用された場合の具体的なイメージを伝える必要があります。将来のイメージを事前にしっかり考えて、面接の際にも明確な解答ができるようにしておきましょう。

事例3 難易度が高い企業ばかり受ける

保育士からシステムエンジニアに転職
転職理由 : 福利厚生が整っていないため手に職がつく大企業に転職したい

このケースでは、第二新卒が別の業界でも採用されやすい利点を生かして、未経験のIT業界に挑戦しました。しかし、業界未経験にも関わらず目指した企業の難易度が高すぎたため、結果として全て不採用となりました。

未経験の業界に挑戦する際には、その業界でも活かせる経験やスキルをアピールする必要があります。しかし、第二新卒の転職の場合、具体的なスキルが身についているケースは少ないです。

そのため、自己分析をしっかり行い、転職理由や志望動機、少ない中でも役立てそうなスキルを明確にしておく必要があります。その上で、自身の市場価値に見合った企業への応募をすることで、転職の成功確率があります。

もし、どうしても就職したい企業がある場合は、現在の企業で他業界でも活かせる経験を積むか、未経験者も受け入れている、比較的ハードルの低い企業に一度転職し、その業界での経験を積んだ上で、目的の企業を目指すなど、段階を踏むことも検討しましょう。

転職成功率を上げるおすすめ転職エージェント3選

ここからは、転職に失敗しないためにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントのサポートによって、転職の成功率を上げることができるでしょう。

複数社登録して、自分に合ったエージェントを見つけることもおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • レジュメ登録で自分の市場価値が分かる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 3人に2人が年収アップを実現

ビズリーチ」はレジュメ登録をするだけで、企業や転職エージェントからスカウトが届きます。

届くスカウトで自分の市場価値が把握できるため、今すぐ転職したい方はもちろん、転職する予定がない方にもおすすめです。

 こんな方におすすめ
  • 転職できるか自分の市場価値を確かめたい方
  • 自分でサポートしてくれるキャリアアドバイザーを選びたい方
  • 今すぐ転職する予定がない方
サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 「職務経歴書エディター」機能で簡単に職務経歴書が作れる
  • 様々な転職セミナーやイベントに参加できる

リクルートエージェント」は、業界最大手の転職エージェントで、他社を圧倒する豊富な求人数が特徴です。

豊富な転職成功データをもとにした、質の高い書類添削や面接対策も魅力のひとつです。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが転職に受かるための方法を詳しく丁寧に教えてくれます。

こんな方におすすめ
  • 初めての転職で進め方が分からない方
  • どんな業界・職種に転職するか決まっていない方
  • 自分の将来のためにスキルや経験が身につく会社で働きたい方
サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
(未経験可:37,259件)
非公開求人数362,556件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20‘sの特徴
  • 未経験歓迎求人75%以上
  • 20代の利用者数41万人
  • 自己分析に役立つ適性診断を受けられる

マイナビジョブ20’s」は20代、第二新卒、既卒に特化した転職エージェントで、若手特有の転職事情に熟知しており、カウンセリングから面接対策まで、転職活動のすべてを親身になってサポートしてもらえます。

未経験歓迎の求人を75%以上も保有しているのが一番の特徴です。これまで経験はないけれど、新しい職種・業界に挑戦したい20代におすすめできるでしょう。

こんな方におすすめ
  • どんな業界・職種が向いているのか分からない方
  • 未経験職種にチャレンジしたい方
  • 自分の市場価値を把握したい方
サービス名マイナビジョブ20‘s
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数5,836件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/
2024年6月3日時点
マイナビジョブ20‘sの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋
 大手企業の求人が豊富

マイナビジョブ20"sを利用しましたが、求人数が多いだけでなく大手企業まで充実していましたし、更には未経験求人まで様々にあったので、選択肢が広がり助かりました。

 内定をもらえたしキャリアアドバイザーの対応にも満足

紹介してもらえる求人数は多くなく勝手に応募もできないが、紹介してもらえる求人は私の希望を聞いた上で選んでくれているんだなと思える内容だった。

地方の求人が少なかった

地方条件の求人は、都市部や他のサイトと比べて少なかったと感じました。地方で求人を探すならマイナビジョブの情報だけでは情報が少ないので、他社と比較して登録すべきと私は思いました。あと、地方に在住していたので対面での面談を勧められると「仕事をしながらでは足を運びにくい…」とも感じてしまいました。


関連記事:マイナビジョブ20'sの評判と口コミ|メリット・デメリットを実態をもとに解説

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月13日~2023年4月27日
調査対象者:マイナビジョブ20‘s利用者の男女100名
調査方法:インターネットによる調査

第二新卒の転職についてよくある質問

第二新卒者が転職を考える際、多くの疑問や不安が生じます。

ここでは、よくある質問をまとめました。参考にしてください。

転職エージェントを利用する流れは?

転職エージェントを利用する際には、まずオンラインで登録し、キャリアアドバイザーとの面談をおこないます。

この面談で、転職者の経験、スキル、キャリアプラン、希望条件などを詳細に伝えることが重要です。

キャリアアドバイザーはこれらの情報をもとに、適切な求人を紹介し、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などのサポートを提供します。

また、企業との交渉や条件の調整もおこなってくれるため、転職者はより効率的に転職活動を進めることができます。

新卒1年以内は転職できない?

新卒1年以内の転職は可能ですが、企業側は転職理由やポテンシャルを特に重視する傾向があります。

早期退職の理由が明確であり、次の職場で活かせるスキルや経験があることを示すことが重要です。また、転職理由が前向きなものであれば、ポジティブな印象を与えることができます。

転職回数が多いと不利になるケースもあるの?

転職回数が多いと、企業側からの印象に影響を及ぼす可能性があります。

特に、短期間での転職が繰り返されている場合、企業は定着率や将来性に疑問を持つことがあります。

しかし、転職回数が多くても、それぞれの転職で得た経験やスキルを明確に説明し、キャリアプランに一貫性があることを示せば、不利になることはありません。

重要なのは、転職の理由が明確であり、自身の成長に繋がっていることをアピールすることです。

第二新卒の転職に適したタイミングはある?

第二新卒の求人は1年中出ているので、あなたが転職をしたいと思ったタイミングが一番適しているといえるでしょう。

転職を検討したら、すぐに行動を開始するのがおすすめです。その第一歩として、転職エージェントの登録から始めましょう。

まとめ|第二新卒が転職に失敗する理由を理解して対策を立てよう

第二新卒の転職活動で失敗するケースは、転職理由が明確でなかったり、自身のキャリアプランが不明確な場合が多いです。

第二新卒での転職を成功させるためには、まず退職理由と転職先に求める条件を明確にしましょう。その上で、企業の求める人材を理解し、自己分析を十分に行いましょう。

希望する条件に合わせて企業を選定し、その企業が求める人物像に合わせて自身のスキルや経験をアピールできれば、転職の可能性をより高めることができます。

この記事の内容も参考にしながら、失敗のない転職を行えるようにしておきましょう。

1分で無料登録!
第二新卒におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
41万件
非公開求人数
26.8万件
【初めて転職する方向け】20万件以上の中からピッタリの企業が見つかる。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
公開求人数
約6千件
非公開求人数
非公開
【20代限定】第二新卒特化のアドバイザーがはじめから最後までサポート。
ビズリーチビズリーチ
4.5
公開求人数
12万件
非公開求人数
非公開
【転職予定がなくてもOK】レジュメ登録だけで自分の市場価値がわかる
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】どんな仕事が向いているのか分からない方におすすめ
キャリアパークキャリアパーク
4.0
非公開求人
多数
【内定最短1週間】スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
  • 面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
  • ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
マイナビジョブ20'sマイナビジョブ20's
4.6
口コミを読む
  • 未経験でも無事に内定をもらうことができました。
  • 求人数は都市部に集中していて多くはないですが、若手ならではの悩みをアドバイザーに親身に聞いてもらえました。
ビズリーチビズリーチ
4.5
口コミを読む
  • 情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
  • 無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
えーかおキャリアえーかおキャリア
4.2
口コミを読む
  • 自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
  • 自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
キャリアパークキャリアパーク
4.0
口コミを読む
  • 求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
  • 求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。