【24卒・25卒向け】就活サイトおすすめランキング比較|失敗しない選び方を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

どの就活サイトが私に合っているのだろう?

たくさんの就活サイトがあるけど、どれを選んだらいいの?

就活は今後の人生を左右する大切なステップです。多くの就活サイトの中から、自分にぴったりのものを見つけることは簡単なことではありませんね。

そこでこの記事では、就活におすすめのサイトをまとめました。それぞれの特徴やメリットなどのほか、どのようなポイントを見て登録するサイトを選べばよいかを解説しています。

ぜひこの記事を参考に、あなたにぴったりの就活サイトを見つけ、キャリアの第一歩を成功に導きましょう。

目次

【24卒・25卒】おすすめの就活サイトランキング

まずは24卒・25卒におすすめの就活エージェントランキングを紹介します。

左右にスライドできます
転職サイト総合評価当サイト
登録者数*
特徴実績
ミーツカンパニー
公式サイト

5.0

52件

企業と就活生の
マッチングイベント

企業の生の声が
聞ける
キャリアスタート
公式サイト

4.8

284件

入社後の
定着率92%

就職支援実績
3,000人以上
キャリアチケット

公式サイト
4.6
549件


5人に1人が
登録

内定まで
最短2週間
キャリアパーク
公式サイト

4.5

15件

全国417万社から
求人を紹介

就職率
98%
ディグアップキャリア
公式サイト

3.8
20件


友人紹介率
60%

利用満足度
90%
*2023年1月~2023年6月までの当サイトからの登録者数

キャリアチケットキャリアスタートは多くの就活生に使われている定番の就活サイトで、「まだやりたいことが特に決まっていない」方におすすめです。

就活サイトは無料で利用できるので、とりあえず会員登録だけでも済ませておきましょう。

まずは知っておきたい就活サイトの種類

就活サイトと一口にいっても、実は求人の探し方によって3つのタイプに分かれます。それぞれ、検索タイプ、サポートタイプ、スカウトタイプです。

これらの違いを理解し、自身の就職活動スタイルや求める情報に応じて適切なサイトを活用することが、効率的な就活につながります。

検索タイプ

検索タイプは、あなたが自分で求人を検索する就活サイトです。

多くの企業が掲載されており、自分の希望する業種や職種、勤務地などを具体的に指定して、自分に最適な求人情報を見つけ出すことができます。

大量の情報から自分に合ったものを見つけ出すため、就活の進め方や自己の強み、進路に自信がある方に特におすすめです。

エージェントタイプ

エージェントタイプは、キャリアアドバイザーが在籍している就活サイトです。

キャリアアドバイザーが、求人情報の提供やキャリアカウンセリング、エントリーシートの添削、面接対策など、就職活動全般をサポートしてくれるのが特徴です。

初めての就職活動で自分一人では何から始めていいのか分からない、自己PRや面接などに不安を感じる方におすすめできます。

関連記事:就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説

スカウトタイプ

スカウトタイプは、あなたが登録したプロフィールに基づいて、企業からのスカウトが届く就活サイトです。

企業から直接アプローチがあるため、積極的に応募活動をしなくてもよいメリットがあります。また、自分では思いつかなかったような企業からスカウトが来ることもあるので、新たな可能性を見つけるきっかけにもなります。

学生時代の経験に自信がある方や、就活の軸が定まっていない方におすすめです。

関連記事:逆求人サイト新卒へのおすすめ14選! 上手な活用方法

検索タイプの就活サイトおすすめ6選

まずは、検索タイプでおすすめの就活サイトを見てみましょう。いずれも掲載する企業数が多いので、自分でぴったりの企業を見つけられるのがメリットです。

検索タイプの中でも、特におすすめのサイトを5つ紹介します。

マイナビ

マイナビ就活
特徴➀ 業界最大級の求人数
特徴② インターンシップのエントリー可
特徴③ 選考対策もできる

マイナビは、業界大手の株式会社マイナビが運営する就活サイトです。最大級の求人数を誇り、多くの学生に選ばれています。

求人情報だけでなく、選考対策や自己分析のツールも用意されおり、不安のある方も安心して就活に挑めるでしょう。インターンシップにもエントリー可なので、業界分析を進めたい方にもおすすめです。

就活生なら、とりあえず登録しておきたい就活サイトの1つだといえるでしょう。

サービス名 マイナビ
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 3万件
非公開求人数 -
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
※求人数は20238月現在

リクナビ

リクナビ就活
特徴➀ 業界大手の株式会社リクナビが運営
特徴② ESWeb上で作成できる
特徴③ 説明会や講座が充実している

リクナビは、人材業界大手の株式会社リクナビが運営する就活サイトです。定番の就活サイトですから、マイナビと併用する学生も少なくありません。

マイナビと同様に掲載数が多いので、幅広い選択肢から自分にあった求人を見つけたい方におすすめできます。

一番のポイントは、Web上でESの作成・提出が完結するところです。1枚書いて登録しておけば、リクナビ掲載の企業に応募できるので、企業ごとに履歴書を用意する手間が省けます。

サービス名 リクナビ
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 19,000
非公開求人数 -
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
※求人数は20238月現在

ワンキャリア

ワンキャリア
特徴➀ 幅広い求人を掲載
特徴② 企業説明動画を閲覧できる
特徴③ 就活ES30秒で作成可能

ワンキャリアは、約48,000件の求人を保有する就活サイトです。商社やメーカー、コンサルなどの人気業界はもちろんのこと、IT通信、広告、教育、インフラ、不動産、など、幅広い業種・業界を取り揃えています。

内定をもらった先輩の合格ESや、面接でどのような質問があったかなどの体験談も見られるので、情報収集をしたい方にもおすすめできます。

一番のメリットは、AIを使って30秒でESが作れるところです。ESに入れたい内容を選択するだけで、あなたに合った「ガクチカ」を作成できます。もちろん、自分でブラッシュアップすることも可能です。

サービス名 ワンキャリア
運営会社 株式会社ワンキャリア
公開求人数 48,000
非公開求人数 -
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
※求人数は20238月現在

キャリタス就活

キャリタス就活
特徴➀ 大手からベンチャーまでの企業を掲載
特徴② 独自の掲載基準あり
特徴③ 就活のサポートコンテンツ多数

キャリタス就活は、大手からベンチャーまで、さまざまな企業規模の求人を掲載している就活サイトです。独自の掲載基準を設けており、就活サイト独自で厳選された求人に応募したい方におすすめできます。

一番の特徴は、就活イベントや相談サポートなど、初めての就活で不安の方に寄り添ったコンテンツが充実していることです。就活アドバイザーや弁護士アドバイザーに相談できる環境を整えているので、トラブルが発生したときも安心できます。

サービス名 キャリタス就活
運営会社 株式会社ディスコ
公開求人数 22,000
非公開求人数 -
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
※求人数は20238月現在

外資就活ドットコム

外資就活ドットコム
特徴➀ 外資・日系トップ企業を掲載
特徴② 上位大学の登録多数
特徴③ 過去の選考情報がわかる

外資就活ドットコムは、外資・日系トップ企業を目指す学生のための就活サイトです。旧帝大やその他の国立上位、私立上位の大学生が主に利用しています。チャレンジングなキャリアを歩みたい学生におすすめです。

インターンや本選考に関する体験レポートのほか、内定者のESも公開されており、事前の情報収集にも役立ちます。内定者に就活の疑問や悩みも聞けるので、トップ企業への挑戦に不安を抱える学生にもおすすめです。

サービス名 外資就活ドットコム
運営会社 株式会社ハウテレビジョン
公開求人数 200
非公開求人数 -
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
※求人数は20238月現在

ホワイト企業ナビ

ホワイト企業ナビ
特徴① 優良企業だけを掲載
特徴② わかりやすい求人情報
特徴③ ホワイト企業の最新情報も紹介

ホワイト企業ナビは、「平均残業時間25時間以内」「3年後の離職率が30%未満」「年間休日数120日以上」の3条件を満たした求人のみを掲載する就活エージェントです。

掲載する条件をしっかりと設けているため、安心してホワイト企業を探せます。求人のわかりやすさ、読みやすさにこだわっているのもポイントです。

サービス名ホワイト企業ナビ
運営会社株式会社L100
公開求人数約200件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
2023年12月時点

エージェントタイプの就活サイトおすすめ12選

続いて、サポートタイプでおすすめの就活サイトを見てみましょう。

キャリアアドバイザーが在籍しており、あなたに見合った求人の提案やESの添削、面接対策まで、いずれも徹底してサポートしてもらえるのがメリットです。

いずれにも特徴がありますので、よいなと感じたところがあれば、23社に登録しておきましょう。

キャリアチケット

キャリアチケット
  • 特徴① あなたに合った企業のみ紹介
  • 特徴② 13,000人以上の就活をサポート
  • 特徴③ オンラインの就活セミナーが充実

キャリアチケットは何十社も受けてそのうちの内定がもらえた企業で働くのではなく、自分にあった企業で活躍するためにサポートしてくれます。

 

入社してから後悔しないために、あなたが活躍できる企業を選ぶための方法をアドバイスしてくれます。

どのように就職活動を進めていけばいいのか分からない方にこそ、利用してほしい就活エージェントです。

 

またキャリアチケットのアドバイザーからのアドバイスを受けることで、内定率が93%アップした実績もあるので、ぜひ利用してみてください。

 

サービス名 キャリアチケット
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 就職後の未来まで見据えたサポート
  • 「キャリアチケットカフェ」で気軽に情報交換できる
  • 就職活動のノウハウを学べるオンラインセミナー
対応地域
東京、名古屋、大阪、京都など全国
公式サイト

 

関連記事:キャリアチケットの評判はひどい?口コミをもとに利用するメリット・デメリットを解説

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

関連記事:キャリアスタートの評判・口コミはやばい?サービスの特徴や利用するメリット・デメリットを徹底解説

Meets Company

meets company
  • 特徴① 社長や人事と直接話すことができる
  • 特徴② 独自ルートで選考に進むことができる
  • 特徴③ オンラインの就活セミナーが充実

Meets Company(ミーツカンパニー)は「就活エージェント×合同説明会」を掛け合わせたサービスです。

 

ミーツカンパニーで開催されている合同説明会は、かしこまった雰囲気ではなく、少人数の座談会形式で進められるため、素の自分をアピールしやすいのがポイントです。

 

またミーツカンパニーのイベントに参加した方限定で、1次面接スキップできる特別選考に進むこともできます。

 

社員の雰囲気やサイトではわからないリアルの声を聞けるのもリアルイベントの特徴の1つです。

 

サービス名 Meets Company
運営会社 株式会社DYM
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 少人数の合同説明会に参加できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 全国各地でイベントに参加できる
対応地域
全国
公式サイト

 

関連記事:ミーツカンパニーの評判はやばい?電話がしつこい?就活生の口コミや参加企業を解説

キャリアパーク

キャリアパーク
  • 特徴① 最短1週間のスピード内定
  • 特徴② 専属のエージェントが就活をサポート
  • 特徴③ 300社の中から最適な企業のみ紹介

キャリアパークは特別の選考フローや選考回数が少ない求人を取り揃えているため、内定まで早くて1週間、最速3日で内定獲得も狙えます。

 

また、平均5回以上の面談や選考対策のセミナーなどあなたの就活をトータルでサポートしてくれます。

 

なかなか内定がもらえない方や今すぐ内定が欲しい方は、年間1,000名以上の面談を行うキャリアアドバイザーのサポートを借りて、就活を成功させましょう。

 

サービス名 キャリアパーク
運営会社 ポート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 個別のオンライン面談を実施
  • 上場企業が運営
  • 選考回数が少ない求人枠を紹介してくれる
対応地域
全国
公式サイト

 

関連記事:キャリアパークの評判はやばい?実際に利用した就活生の口コミを紹介

doda新卒エージェント

doda新卒エージェント
特徴➀ 電話・Web面談あり
特徴② 面接の合否理由がわかる
特徴③ 最短2週間のスピード内定

doda新卒エージェントは、教育業界大手の「ベネッセ」と人材業界大手の「パーソルキャリア」の合併会社が運営している就活サイトです。教育業界と人材業界のどちらのノウハウを持っていることから、高いサポートが期待できます。

あなた専任のキャリアアドバイザーがじっくりヒアリングして、あなたの強みや志向性、適性などを明らかにして就職先選びを手伝ってもらえます。面談は電話もしくはWebのどちらでも可能なので、地方の方にもおすすめです。

面接の合否の理由をあなたに代わって聞き出してもらえるのもメリットです。次の面接に活かせるから、面接のスキルアップにつながり、内定獲得の可能性がアップします。

サービス名 doda新卒エージェント
運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

リクナビ就職エージェント

リクナビ就職エージェント
特徴➀ キャリアアドバイザーによる最適なマッチング
特徴② 企業の声を独自で収集
特徴③ 非公開求人も紹介

リクナビ就職エージェントは、リクナビと同じく株式会社リクルートが運営する就活サイトです。リクナビとの違いは、自分で求人を探すのではなく、キャリアアドバイザーのサポートを受けながら、希望や適性にあった企業を選んでもらえるところです。

企業の声を独自で収集しており、どのような人材を採用したいかをしっかりと把握しているメリットがあります。企業の選考ポイントを把握しているので、適切な面接対策が期待できるでしょう。

リクナビOpenESもしくはエージェント専用の履歴書を作成しておけば、複数の企業にエントリーできるのも嬉しいポイントです。時間を減らせるので、効率的な就活につながるでしょう。

サービス名 リクナビ就職エージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

マイナビ新卒紹介

マイナビ新卒紹介
特徴➀ 自分の強みがわかるキャリアカウンセリング
特徴② 非公開求人の紹介
特徴③ リアルな採用情報の提供

マイナビ新卒紹介は、マイナビと同じく株式会社マイナビが運営する就活サイトです。こちらも、マイナビが自分で求人を検索するのに対し、キャリアアドバイザーと面談したうえで企業を紹介してもらえるのが違いです。

経験豊富なキャリアアドバイザーによるカウンセリングがあるから、自己分析だけではわからないあなたのよさや可能性を再発見できます。非公開求人を中心に紹介してもらえるのも嬉しいポイントです。

「企業が求める人物像」や「手ごたえがあったのに面接に合格しなかった理由」など、リアルな採用情報を提供してもらえるのもメリットです。内定のための着実な努力が積み上げられるでしょう。

サービス名 マイナビ新卒紹介
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

irodas新卒エージェント

irodas新卒エージェント
特徴① 1on1カウンセリング
特徴② リアルを知り尽くした企業を紹介
特徴③ 適切なキャリアプランニング

irodas新卒エージェントは一人ひとりの人生と向き合い、納得のいく企業選びを目指す就活エージェントです。

カウンセリングは時間制限や回数制限がないので、徹底的にあなたの考え方や就活への思いに向き合ってもらえます。1対1の密なコミュニケーションだから角度の高いアドバイスが期待できるでしょう。

また、企業と密にコミュニケーションを取っているから、文化や価値観、仕事の考え方など、企業のリアルを知り尽くしているのもメリットです。 irodas新卒エージェントを利用すれば、あなたにぴったりの就職先が見つかるでしょう。

サービス名irodas新卒エージェント
運営会社株式会社irodas
公開求人数約700社と提携
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
2023年12月時点

キャリタス就活エージェント

キャリタス就活エージェント
特徴➀ 厳選されたホワイト企業を掲載
特徴② リアルな採用情報がわかる個別面談
特徴③ 就職ノウハウを惜しみなく提供

キャリタス就活エージェントは、学生目線の丁寧なサポートに定評がある就活サイトです。独自の基準をクリアしたホワイト企業のみを厳選して紹介してもらえます。

個別面談では、あなたの隠れた適性や価値観のほか、インターネットでは手に入れられないリアルな採用情報を教えてもらえるのがメリットです。豊富な入社実績で培った就職ノウハウを惜しみなく提供してくれるから、内定獲得率もぐっとアップするでしょう。

価値観に基づくマッチングを前提としているので、企業側の都合を優先させるような求人紹介を受けることはありません。あなたにぴったりの企業が見つかることが期待できます。

サービス名 キャリタス就活エージェント
運営会社 株式会社ディスコ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:キャリタス就活エージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

キャリセン就活エージェント

キャリセン就活エージェント
特徴➀ 企業のホンネを理解したキャリアアドバイザー
特徴② 紹介求人の多くが福利厚生充実
特徴③ 就活の後半からでも内定を狙える

キャリセン就活エージェントは、総合職を目指す学生のための就活サイトです。企業のホンネを理解したキャリアアドバイザーから、受かるための活きたアドバイスを貰えるメリットがあります。

紹介してもらえる企業の多くは、福利厚生が充実しているのも嬉しいポイントです。就活後半からの内定も狙えるので、就活途中でまだ内定がないと焦っている方にもおすすめできます。

サービス名 キャリセン就活エージェント
運営会社 シンクエージェント株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:キャリセン就活エージェントの評判・口コミ|登録の流れや就活成功のコツを解説

就職エージェントneo

就職エージェントneo
特徴➀ 内定支援実績45,000(1)
特徴② 企業の採用ニーズを教えてもらえる
特徴③ 最短1日で内定可能

就職エージェントneoは、内定支援実績45,000件もある就活サイトです。キャリアアドバイザーは日々企業ヒアリングをおこない、採用ニーズをしっかりと把握しています。一人ひとりの希望やタイプを考慮した、ミスマッチの少ないマッチングが目指せます。

最短1日で内定が目指せるのもメリットです(2)。企業が求める人物像とぴったりな場合、その場で企業側へ面接オファーを出し、特別ルートとしてその日のうちに面接を実施してもらえます。もちろん、選考はあなたが受けたいと思ったときのみの案内なので安心です。

(※1)20104月~20224月までの実績 
(※2)時期により内定までかかる時間が異なります

サービス名 就職エージェントneo
運営会社 株式会社ネオキャリア
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:就職エージェントneoの評判・口コミはひどい?登録する流れから使いこなすコツを解説

Job Spring

Job Spring
特徴➀ 徹底的なカウンセリング
特徴② 志向性にあったイベント多数
特徴③ AIマッチングで適正チェック

Job Springは徹底的なカウンセリングに定評のある就活サイトです。これまでをしっかり振り返り、あなたの志向性や価値観を明確化してもらえます。将来の活躍を見据えたビジョンやあなたの自身の本質が言語化できるまで、徹底的に向き合ってもらえます。

紹介されるのは、キャリアアドバイザーが厳選した3~4社のみです。他の就活サイトと比べると少なく感じるかもしれませんが、あなたが活躍できると判断できたところのみを紹介してもらえるので、ミスマッチの可能性はぐっと減らせるでしょう。

AIを用いたマッチング適正もあり、自分でも思いもよらなかったキャリアプランが見つかるかもしれません。

サービス名 Job Spring
運営会社 HRクラウド株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:JobSpring(ジョブスプリング)はやばい?評判・口コミから活用するポイントを解説

スカウトタイプの就活おすすめサイト7

次に、スカウトタイプのおすすめ就活サイトを紹介します。自分のスキルや経歴を公開して、企業から直接スカウトを受けられるのがメリットです。

もちろん、自分から企業にアプローチすることも可能で、自分のキャリア形成をより主体的に進めることもできます。

OfferBox

OfferBox
特徴➀ 累計登録企業数15,000社以上
特徴② オファー受信率93.6%
特徴③ 適職診断のアドバイスから自己PRを作成できる

OfferBoxは累計登録企業数15,000社を誇る就活サイトです。プロフィール入力率が80%でオファー受信率は93.6%にまで登ります。プロフィールを充実させることで、大手からベンチャーまでさまざまな企業からオファーが届きます。

適職診断の「AnalyzeU+」を利用できるのもメリットです。100万人の診断結果に基づいた自己分析ができ、入社後に活かせる自分の強みがわかります。診断結果のアドバイスから自己PR文を作成できるので、アピールが苦手な人も充実したプロフィールが作成できるでしょう。

サービス名 OfferBox
運営会社 株式会社i-Plug
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:オファーボックスの評判はやばい?就活生のリアルの口コミを紹介

キミスカ

キミスカ
特徴➀ 本気度がわかる3種類のスカウト
特徴② キミスカ独自の適性検査
特徴③ 登録者限定のイベント多数開催

キミスカは、毎年2万人の学生と企業のマッチングを実現している就活サイトです。

一番の特徴は、本気度ごとに分かれた、「ゴールド」「シルバー」「ノーマル」の3種類のスカウトがあるところです。スカウトの種類ごとに企業の熱量が違うので、効率的な就活につながるでしょう。

累計400万件を超えるビッグデータから適性検査TPIがあるのも見逃せません。80問の質問に回答すれば、あなたの価値観や強みを把握できるので、自己分析をスムーズに進められます。

サービス名 キミスカ
運営会社 株式会社グローアップ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:キミスカの評判・口コミを徹底比較|メリットやデメリットも解説

キャリアチケットスカウト

キャリアチケットスカウト
特徴➀ スカウト機能と直接応募の両方が使える
特徴② 学生の「働く価値観」を大切にした求人紹介
特徴③ 5つの質問に答えるだけで目指すべきキャリアが分かる

キャリアチケットスカウトはやむくもに就活をするのではなく、価値観にマッチした本質的な就活をすることをコンセプトにしている就活サイトです。

全国に対応しているため、地方で就職しようと考えている方でも利用が可能です。

逆求人型であるものの、気になった企業に直接応募できるのも特徴です。キャリアチケットスカウトが提供する診断結果を参考にし、価値観にマッチした求人へ応募できます。

運営会社レバレジーズ株式会社
料金無料
利用可能地域全国
求人数非公開

関連記事:キャリアチケットスカウトの評判はひどい?就活生の口コミからメリット・デメリットを解説

dodaキャンパス

dodaキャンパス
特徴➀ 学生満足度総合No.1
特徴② 大手からベンチャーまで豊富な掲載企業
特徴③ 99万人が登録中(1)

doda キャンパスは、学生満足度総合No.1を誇るスカウトタイプの就活サイトです。レジュメを登録しておくと、閲覧した企業からオファーが届きます。受信率は99%ですから、オファーが届かないことを心配する必要はありません。

大手からベンチャーまで豊富な求人を保有しているのもメリットです。思いもよらない、自分の可能性が広がる企業からのオファーも期待できるでしょう。豊富なサポートもあるで、就活に不安がある方にもおすすめできます。

(※1)20235月現在

サービス名 doda キャンパス
運営会社 株式会社ベネッセ
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

あさがくナビ

あさがくナビ
特徴➀ 逆求人型就活サービスNo.1
特徴② 人柄や経験をアピールできる
特徴③ 書類選考免除もあり

あさがくナビは、オリコンの逆求人型就活サービス部門において2年連続No.1を獲得した就活サイトです。登録後はWeb履歴書を作成しておくと、興味をもった企業からスカウトが届きます。

ガクチカ情報を記入できるので、人柄や経験をしっかりアピールできるのがメリットです。希望条件も記入できるので、あなたの希望にマッチした企業と出会える確率があがるでしょう。

書類選考免除などスカウトだけの特典もあるので、スカウトタイプの利用を検討しているなら必ず登録しておきたい就活サイトです。

サービス名 あさがくナビ
運営会社 株式会社学情
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

CheerCareer

CheerCareer
特徴➀ ベンチャー企業が選ぶ就活サイトNo.1
特徴② スカウト受信率約94%
特徴③ 人気イベント随時開催

CheerCareerは、成長企業やベンチャー企業からのスカウトが届く就活サイトです。日本トレンドリサーチ調べの「ベンチャー企業・成長企業が選ぶ就活サイト」では第1を獲得しました。

スカウトは一斉配信ではなく、送信できる数に上限があるので、自己PRやエピソードなどをしっかりと呼んでもらえます。11通厳選したスカウトを受け取れるのがメリットです。

プロフィールを80%以上入力しておけば、スカウト受信率は約94%にまで登ります。スカウトが受け取れるか心配といった方は、プロフィールを充実させることを意識しましょう。

サービス名 CheerCareer
運営会社 株式会社Cheer
公開求人数 613件
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
(※)求人数は20238月現在

JOBRASS新卒

JOBRASS新卒
特徴➀ 就活生の4人に1人が登録中
特徴② 4タイプのオファーあり
特徴③ 自分から企業にアピールできる

JOBRASS新卒は、就活生の4人に1人が登録している就活サイトです。プロフィールには基本情報や顔写真のほか、診断テスト結果や、ポートフォリオも記載できるので、効果的に自己PRができます。

1番の特徴は、内定獲得の可能性が高い「スペシャルオファー」、求める条件と合致した「マッチングオファー」、インターンシップに参加できる「インターンオファー」、新卒紹介サポートが受けられる「エージェントオファー」の4つのオファーがあることです。

いろいろなタイプのオファーが届くことで、効率的な就活ができるでしょう。

サービス名 JOBRASS新卒
運営会社 株式会社アイデム
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国

関連記事:JOBRASS(ジョブラス)新卒紹介の評判は?実際に利用したユーザーの口コミを紹介

Wantedly

Wantedly
特徴➀ ベンチャー企業の掲載多数
特徴② 学生側からのアプローチもできる
特徴③ チャットで気軽にコンタクトが取れる

Wantedlyは企業のミッションや価値観で企業と人材をマッチングさせるプラットフォームです。新卒のほか、中途採用など幅広い人材採用で利用されています。

まだ世に出ていないベンチャー企業やスタートアップ企業が多数掲載されています。あまり知られていない優秀な企業を探している方にも強くおすすめできます。

企業からのスカウトを待つだけでなく、学生側からのアプローチも可能です。チャット機能があるので気軽にコンタクトが取れます。選考前に採用担当者との面談もできるので、納得したうえで選考に進めるでしょう。

サービス名 Wantedly
運営会社 ウォンテッドリー株式会社
公開求人数 100
非公開求人数 37,000
対応地域 東京、大阪、福岡、名古屋など全国
(※)求人数は20238月現在

関連記事:おすすめの就活口コミサイト8選|企業の評判・年収が分かるサービス

希望別おすすめの就活サイト

ここでは、理系や中小企業など、希望別におすすめの就活サイトを紹介します。

理系│ちほりけ

ちほりけ
特徴① 理系の知識を活かせる職種を幅広く紹介
特徴② 選考時の交通費支援あり
特徴③ 非公開求人スカウトあり

ちほりけは、地方の理系学生に特化した就活エージェントです。研究や開発、設計など、理系の知識や技術を活かせる職種を幅広く紹介してもらえます。

なお、地方の学生にとって、選考に必要な出費は少なくありません。ちほりけなら選考時に必要な交通費を支援してもらえるから、効率よく就活を進めることができるでしょう。

サービス名ちほりけ
運営会社株式会社ネオキャリア
公開求人数非公開
非公開求人非公開
対応地域一都三県以外にお住いの関東近辺で就職を検討している方

関連記事:理系学生におすすめの就活サイト13選!選び方やポイントも解説

中小企業│Goodfind

GoodFind
特徴① ポテンシャルの高い学生の就活支援
特徴② スキルアップセミナーも多数

Goodfindは、ハイポテンシャルな学生とハイクラスな優良中小企業・ベンチャーをマッチングさせる就活プラットフォームです。

厳選された企業のインターンシップや就活セミナー情報などのほか、ロジカルシンキングなどのスキルアップセミナーを開催しているのもメリットです。

長期インターンも検索できるので、実際のビジネス現場で将来のキャリアを見据えた経験を積みたい学生にもおすすめです。

サービス名Goodfind
運営会社スローガン株式会社
公開求人数約40件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国

既卒│就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
特徴① 就職成功率81.1%、入社後定着率92.21%(※1)
特徴② 無料の就職講座や書類選考なしの集団面接会を開催
特徴③ 実際に訪問して優良企業と判断した求人のみを紹介

フリーター・第二新卒の就職を支援する就職カレッジでは、2005年のサービス開始以来、33,000人以上(※2)の正社員就職を成功させた実績があります。

また、アドバイザーが実際に訪問して「安心して働ける」と判断した求人のみを紹介しているため、入社後3ヵ月の定着率は92.21%(※1)と高い数値になっています。

就職カレッジの特徴は、面談後に無料の就職支援講座を受けられることです。

社会人に必要なビジネスマナーを学べるほか、自己分析・企業分析の支援や応募書類の指導、面接練習もあり、知識を身につけたうえで就職活動に臨めます。

また、優良企業約20社を集めた集団面接会があり、書類選考なしで参加できることもメリットです。

(※1)2022/8/1~2023/1/31に入社した人材の3か月定着率
(※2)2005/5/1~2023/4/30の当社主催の面接会参加人数

サービス名就職カレッジ
運営会社株式会社ジェイック
公開求人数非公開
非公開求人数非公開
対応地域東京、大阪など全国

関連記事:既卒者におすすめ就活サイトランキング!大手へ就職を成功させるコツも解説

フリーター│マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20
特徴① 20代・第二新卒・既卒向け
特徴② 未経験歓迎の求人多数
特徴③ マイナビのノウハウを保有

マイナビジョブ20’sは20代、第二新卒、既卒に特化した転職エージェントです。

20代の転職をサポートしてきたからこそ、若手特有の転職事情に熟知しており、カウンセリングから面接対策まで、転職活動のすべてを親身になってサポートしてもらえます。

未経験歓迎の求人を75%以上も保有しているのが一番の特徴です。

これまでに経験はないけれど、新しい職種・業界に挑戦したい20代におすすめできるでしょう。

転職業界大手のマイナビ関連会社が運営していることから、マイナビのノウハウを持っているのも安心できる点です。

自己分析に役立つ適正試験が受けられるほか、キャリアアドバイザーがあなたの強みを分析してぴったりの職場を紹介してもらえます。

サービス名マイナビジョブ20's
運営会社株式会社マイナビワークス
公開求人数5,564件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
2023年12月時点

関連記事:フリーターにおすすめの転職エージェント18社比較ランキング

知っておきたい就活対策サイト4選

就活を成功させるためには、就活サイトへの登録だけでなく情報収集を怠らない姿勢も重要です。

ここでは、就活生なら知っておきたい就活対策サイトをまとめました。参考にしてください。

ユニスタイル|内定者のESが閲覧できる

ユニスタイル

ユニスタイルは、自己PRや志望動機、エントリーシートなどを書く際に役立つ就活支援サイトです。総合商社や外資系コンサルなど、学生に人気の企業に内定した人、選考を通過した人が実際に書いたESを約7万件掲載しています。

その他にも、自己分析やグループディスカッション、面接などのテクニックについてもコラム形式で解説しているので、就活自体に苦手意識がある方にもおすすめです。

マッチャ―|OB訪問に使えるサイト

マッチャー

マッチャ―は、OBOG訪問ができるサイト・アプリです。所属大学や所属学部に関係なくOBOG訪問が可能なので、キャリアセンターを使うより幅広い人の話を聞けるのがメリットです。

チャット機能で手軽に連絡できるのも嬉しいポイントでしょう。通常、OBOGに会うまでのマナーなどに気を配らなければなりませんが、マッチャ―ならそういった心配はいりません。

一般的なOBOG訪問に比べると気軽に会えるので、精神的な負担を減らしたOBOG訪問が実現できます。

エントライトハウス|企業の口コミがわかる

エントライトハウス

エンライトハウスは、社員・元社員による口コミ・評価を2,000万件以上掲載しているサイトです。実際にその企業で働いている人の口コミだから、会社のリアルがわかります。

また、気になる企業を比較できるのも嬉しいポイントです。年収や勤務時間のほか、仕事を通じた社会貢献や職場の人間関係などもわかるので、入社後をイメージしやすくなるでしょう。

職種別や性別ごとに口コミを見られるので、会社の評価が立体的に見えるのもメリットです。

JOBTV

JOBTV

JOBTVは、企業の会社説明動画が見放題のサイトです。

200を超える企業の採用説明資料がオンデマンド配信されているので、スマホやタブレットなどから、どこでも無料で見放題となっています。

自己PR動画で企業の選考にエントリーすることも可能です。マッチング後は企業側からオファーが来るので、効率的な就活につながります。

失敗しない就活サイトの選び方

ここまで紹介した通り、就活サイトはたくさんあるあので、自分に合ったものを見つけるのは簡単ではありません。

そこで、次の4つのポイントをチェックしつつ、あなたに最適なサイトを選ぶようにしてください。

就活サイトのタイプをチェックする

まずは、その就活サイトがこの記事で解説した「検索タイプ」「サポートタイプ」「スカウトタイプ」のどれに該当するのかをチェックしましょう。これらのタイプごとに特徴が異なり、どのような人に適しているかが異なるからです。

ここで簡単に、それぞれのタイプの違いと、どういった人におすすめかをおさらいしておきましょう。

タイプ 内容
検索タイプ 自分で求人情報を検索し、応募する形式。
就活の進め方や自己の強み、進路に自信がある方におすすめ。
サポートタイプ キャリアアドバイザーから個別にサポートを提供。
自分の経歴や希望、適性などを基に、コンサルタントが最適な求人を紹介。
専門家の目線でのアドバイスが欲しい人、方向性が定まっていない人にオススメ。
スカウトタイプ 企業から直接ユーザーに対してスカウトメールが送られてくる。
自分の経歴やスキルに自信がある人、
または新しいチャンスに積極的に挑戦したい人に向いています。

自分に合ったサイトを選ぶことで、就職活動をスムーズに進め、理想のキャリアを築くための第一歩になるでしょう。

なお、必ずしも1つのタイプに限定する必要はありません。複数のタイプを利用すると、より広い視野から求人情報を得ることが可能です。

求人数をチェックする

求人数の多さはサイトの質の一つの指標となります。求人数が多ければ多いほど、いろんな労働環境や条件を比較することができ、自分に合う職場を見つける確率が高まるからです。

また、求人の更新頻度もチェックし、常に新しい情報が提供されているかを確認しましょう。

ただし、求人数が多いだけでは十分ではありません。条件検索をして、自分の希望する業界や職種、地域などでの求人数が十分にあるかもチェックしてください。

掲載企業の種類をチェックする

掲載企業の種類とは、「大手」か「ベンチャー」かということです。大手からベンチャーまで幅広い企業を掲載しているサイトもあれば、ベンチャーやスタートアップなどの企業を中心に掲載しているサイトもあります。

もし、就活の軸が決まっていないのであれば、大手から中小まで様々な企業を取り扱うサイトを選びましょう。一方、ベンチャーなどこれから成長する企業に興味があるなら、ベンチャーを中心に掲載しているサイトを選ぶ必要があります。

中には、ハイクラスに特化した就活サイトもあります。高収入やエグゼクティブを目指すのならば、そのようなサイトを選ぶようにしてください。

卒業年度をチェックする

新卒者の就活サイトは、同じサイトであっても卒業年度ごとにサイトを分けていることもあります。そのため、卒業年度をチェックすることは非常に重要です。

卒業年度に合わせたサイトを選ぶことで、自分のタイミングに合った求人情報に素早くアクセスすることができます。卒業のタイミングが異なると採用プロセスに参加する機会を逃すこともあるため、このポイントは必ずチェックしておきましょう。

就活サイトを上手に使うポイント

就活サイトは、登録さえしておけば必ず内定を得られるわけではありません。サイトを使っているだけで、闇雲に就活をしては得られる内定も得られなくなってしまいます。

そこでここでは、就活サイトを上手に使うポイントをまとめました。参考にしてください。

複数の就活サイトを利用する

就活サイトは、複数登録が基本です。1つのサイトに絞る必要はありません。複数の就活サイトを利用することは、効果的な就職活動のために重要なポイントです。複数のサイトを組み合わせることで、様々な求人情報に幅広くアクセスできます。

というのも、各就活サイトは独占求人といって、そのサイトでしか掲載していない求人を保有しているのが一般的だからです。1つのサイトに絞ってしまうと、どうしても求人に偏りがでてしまいます。

なお、複数のサイトへの登録は、同じタイプで複数登録してもよいですし、別のタイプで複数登録しても構いません。同じタイプで複数登録すれば、あなたにぴったりの求人が見つかる可能性が高まります。別のタイプで複数登録すると、より幅広いサポートを得られるメリットがあります。

ただし、複数のサイトを利用する場合、スケジュール管理が複雑になる可能性もあるため、応募状況や選考日程などをしっかり把握する工夫が必要です。カレンダーアプリなどを使って、しっかりと管理しましょう。

自己分析を深めておく

就活を成功させるためには、自己分析を深めることも重要です。自分に合った職種や業界を見極めるだけでなく、エントリーシートの作成や面接時に、自分を効果的に表現するエッセンスを整理できるからです。

自己分析では、自分自身の興味・関心、強み・弱み、価値観、キャリアビジョンなどを整理します。自分がこれまで取り組んできた活動や経験を振り返り、それから学んだこと、感じたことをまとめてください。

なお、自己分析の深め方については、「就活を上手に進めるためのポイント」でくわしく解説しているので、そちらも参考にするとよいでしょう。

関連記事:どんな仕事・何をしたいかわからない就活生が自分に合った仕事を見つける方法を解説

就活の軸となるものを決める

自己分析が終わったら、それをもとに就活の軸を決めてください。就活の軸とは、「仕事選びや企業選びの基準となるもの」です。別の言い方をすれば、絶対に譲れない条件とも表現できます。

初めての企業選びで、基準となるものがなければ判断に迷ってしまうのは当然のことです。軸がしっかりしていれば、企業選びのミスマッチが減らせますし、効率的に就活が進められます。また、選考時に「就活の軸はなんですか?」と聞かれることもあるので、面接対策にもなるでしょう。

就活の軸は正解がないので、自分で見つけるのが難しいかもしれません。軸の見つけ方についても「就活を上手に進めるためのポイント」に記載しているので参考にしてください。

関連記事:就活どうしたらいいか分からないのはみんな同じ|何から始めればいいのか解説

就活サイトを利用する流れ

登録する前に、就活サイトを利用する流れを確認したい方もいるでしょう。ここでは、タイプごとの利用の流れをまとめました。

検索タイプの就活サイトの流れ

検索タイプの就活サイトは、次の流れで進みます。

  • 会員登録
  • 求人検索
  • エントリー
  • 選考
  • 内定

まずは会員登録をしてアカウントを作成しましょう。次に、求人検索をしてあなたの軸に沿った企業が見つかったら、エントリーします。なお、多くの検索タイプのサイトは、履歴書を1回登録しておけば複数の企業に送信できるようになっていて便利です。

エントリー後は面接に進みます。面接の内容や回数は企業ごとに異なるのが一般的です。初回はグループディスカッションのこともあれば、最初からいきなり個人面談の企業もあるでしょう。

選考に通過した後は、内定を承諾します。複数の企業から内定が出た場合には、自分の軸に一番合った企業を選びましょう。

サポートタイプの就活サイトの流れ

サポートタイプの就活サイトは、次の流れで進みます。

  • 会員登録
  • キャリアアドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • エントリー
  • 選考
  • 内定

サポートタイプもまずは会員登録から始めます。その後はキャリアアドバイザーから連絡があるので、面談の日程を決めてください。面談では、あなたのこれまでの経歴のほか、就職先に望むことなどのヒアリングがあります。

サポートタイプを利用すれば、面談を通じて自己分析や就活の軸を一緒に見つけてくれるのもメリットです。

面談後は、あなたにあった求人を紹介してもらえます。よいなと感じたところがあれば、エントリーしましょう。もちろん、紹介された求人でも、興味がなければエントリーする必要はありません。

エントリーと前後して、履歴書作成や面接対策なども実施してくれます。サポートを受ければ内定確率がぐっとあがります。アドバイスは素直に聞き入れるようにしてください。

スカウトタイプの就活サイトの流れ

スカウトタイプの就活サイトは、次の流れで進みます。

  • 会員登録
  • プロフィール登録
  • スカウト受信
  • エントリー
  • 選考
  • 内定

まずは会員登録をしてプロフィールを記載しましょう。なお、プロフィールの記載はスカウトタイプの就活サイトを使う場合とても重要なポイントです。プロフィールをどれだけ豊富にしているかで、スカウト受信数に違いがあるからです。

一般的に、プロフィールを充実させればさせるほど、スカウト受信数も多くなる傾向にあります。スカウトタイプの就活サイトでは、どれだけスカウトを受信できるかが成功のカギを握りますから、プロフィールはできるだけたくさん記載するようにしてください。

スカウトを受信した後は、選考を経て内定を得ます。ただし、スカウトが届いたからといって、必ず内定が約束されているわけではありません。面接の結果、採用されなかったなんてことも珍しくないのです。

スカウトが届いたからと言って慢心せず、十分な面接対策をしておく必要があるでしょう。

就活を上手に進めるためのポイント

「就活サイトを上手に使うポイント」では、自分の分析を深めることだったり、就活の軸を決めることだったりが重要であるとお伝えしました。とはいえ、あなた自身で考えを進めるのは難しいかもしれません。

そこでここでは、そのヒントとなるようなことについてまとめました。自己分析を深めたり、軸を決めたりする際の参考にしてください。

自分のフィルターを考えよう

自分に適した企業を選ぶには、自分のフィルターを考える必要があります。あなただけのフィルターが見つかれば、自分のやりたい仕事、適した仕事をしっかりと見極められるからです。

ただし、ここでのフィルターとは、単に企業情報を集めることをいうのではありません。売り上げや利益率を見ても自分の適性、自分にあった仕事は見つからないでしょう。

また、「成長できる仕事」「社会の役に立つ仕事」といったフィルターも意味がありません。どのような仕事であっても成長できますし、社会の役に立たない仕事なんてないからです。

では、どのように意味のあるフィルターを見つければよいのでしょうか。次の章で見てみましょう。

【参考記事】自分のアタマで考えよう|ダイヤモンド社

学生時代にいろんな仕事に触れよう

意味のあるフィルターを見つける方法は、仕事選びで失敗することです。実際に働いて自分で感じてみることで、「自分にあったフィルターはこれだったんだ!」と気がつくからです。けれど、最初の仕事選びで絶対に失敗したくないですよね。

そこで、学生時代にはいろんな仕事に触れて、自分にあったフィルターがどういったものかを見極めておくとよいでしょう。具体的にはたくさんのアルバイトを経験してください。

たとえば、最初は勉強が好きだから、「研究職かどうか」をフィルターにしたとしましょう。しかし、実際に働いてみると、「1つのことを深く追求する」のではなく、「世の広い事象について理解するほうが、興味がある」とわかることもあるでしょう。

このように、あなたに意味のあるフィルターを探すには、実際に仕事をしてみて、あなた自身で感じてみるのがとても大切です。

なお、意味のあるフィルターとしては次のようなものがあります。参考にしてください。

  • 狭く深い仕事か、広く浅い仕事か
  • 一人で取り組む仕事か、チームで働く仕事か
  • 成果が出るまでの期間が、短期か中期か長期か
  • 顧客を取りに行く仕事か顧客を待つ仕事か
  • 労働時間を気にせず働く仕事か、休みはきちんと決まっている仕事か など

いずれにせよ、最も大切なのはあなたにとって重要なフィルターを見つけることです。あるフィルターが誰にでも当てはまるものではありません。多くのアルバイトを経験して、自分にあったフィルターを見つけましょう。

【参考記事】自分のアタマで考えよう|ダイヤモンド社

企業説明会ではこんな質問をしてみよう

就職してから一定期間働くと、仕事の能力で圧倒的な差がついてしまします。

「自分が発案したプロジェクトで成功や失敗した経験があり、マネージメントの難しさも醍醐味も理解し、さまざまな人から知見を求められ、会社を辞めても稼ぐ力がある」なんて人がいる一方で、「部署から与えられた仕事をこなすことが役割で、リーダーシップを発揮することもなく、新規プロジェクトを任された経験も持っておらず、業界について知見を求められないし、会社を辞めたらどう稼げばいいかわからない」なんて人もいます。

これだけの差が、おおよそ35歳程度でついてしまうのが現実です。

35歳で前者に該当するかどうかは、初めのキャリアがとても重要になります。なぜなら、前者になるには次の4つの能力を身につける必要があり、その概念を理解している企業であるかを見極めなければならないからです。

  • リーダーシップ
  • 生産性の概念
  • マーケットを見る(市場で取引されている価値を理解する)能力
  • 知識に縛られず思考するスキル

これらの能力を理解しているかを判断する基準として、その企業で働く35歳前後の人に、企業説明会で次のような質問をしてみましょう。

  • 「あなたはリーダーシップをどのように身につけましたか?」
  • 「あなたの生産性が大幅に向上したのはいつですか?」
  • 「マーケットを見る能力はどうやって鍛えましたか?」
  • 「知識にとらわれず、自分の頭で考えられるようになったきっかけは何ですか?」

きちんと答えられたら、前者になれる環境が整っていますし、「なんのことだろう?」といった反応が返ってくれば、後者になる可能性が高いでしょう。

【参考記事】最初に働く場所の選び方|Chikirinの日記

就活サイトについてよくある質問

最後に、就活サイトについてよくある質問をまとめました。参考にしてください。

就活サイトはいくつ登録すべきですか?

就活サイトはいくつ登録しても問題はありませんが、できれば35社に登録しておくとよいでしょう。

ただし、あまりに多くのサイトに登録すると管理が大変になる場合もあります。適切な数に登録することで、効率的に就活が進められるでしょう。

就活サイトは無料ですか?

ほとんどの就活サイトは完全無料です。しかし、プレミアムサービスなどの有料オプションがある場合もあります。登録する際には、使用料金やオプションについての詳細をよく確認しましょう。

就活サイトはいつ登録すべきですか?

就活サイトへの登録は、就職活動を始める約1年前から検討するとよいでしょう。早めに登録することで、自己分析を進める時間が確保できますし、企業研究もはかどります。

いつから就職活動を始めればいいですか?

大学3年生の5月ごろを目安にしてください。

まずは自己分析や学生時代に力を入れたこと、企業研究、業界研究などから始めましょう。

6月ごろから夏期インターンシップに、9月・10月から秋・冬インターンシップに参加し、ES・面接対策を開始してください。

就活サイトは簡単に退会できますか?

多くの就活サイトは、設定ページからいつでも退会処理をおこなえます。ただし、退会後の個人情報の取り扱いや退会方法についてはサイトごとに異なる場合があるため、注意が必要です。

別の就活サイトから同じ求人にエントリーできますか?

禁止です

就活サイトから、利用を停止される可能性があります。また、応募した企業の選考でも直ちに落とされてしまう可能性があります。

別の就活サイトからの同じ求人へのエントリーは絶対に避けてください。

就活イベントの服装は何がよいですか?

就活イベントの服装は、ビジネスカジュアルやリクルートスーツが一般的です。企業のカルチャーに合わせた服装が求められる場合もあるため、イベントごとの指定があるか事前に確認しましょう。

就活に向けて資格の取得は必要ですか?

資格の取得はマストではありません。ただし、次のような資格は就活に役立つこともあります。

・日商簿記検定
・TOEIC
・宅地建物取引士
・ファイナンシャル・プランニング技能検定
・実用英語技能検定
・自動車運転免許
・マイクロソフトオフィススペシャリスト
・ITパスポート試験 など

怪しい就活サイトの特徴は?

運営元企業の名前がはっきりしないところ、電話で連絡がつかないところ、求人の質が好条件すぎるところ、などは怪しいサイトといえるでしょう。

利用する前は口コミや評判をチェックするなど、十分な注意が必要です。

まとめ|おすすめの就活サイト

就活を成功させる1つの鍵は、どの就活サイトに登録するかです。まずは「検索タイプ」「サポートタイプ」「スカウトタイプ」があることを知り、どれが自分に合うかを確認しましょう。

そのうえで、登録すべき就活サイトを見極めてください。求人数や掲載している企業規模などについて見極め、自分にあった企業が見つかるサイトを選んでください。

また、就活サイトに登録するだけで、就活が成功する保証はありません。この記事で解説した通り、事前に自己分析を進めたり、就活の軸を決めておいたりなど、就活サイトを上手に進めるポイントを押さえましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。