オファーボックスの評判はやばい?就活生のリアルの口コミを紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

オファーボックスの評判って実際どうなの?

オファーボックスを使うときはどうやって進めればいいの?

といった悩みや疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

就職活動を進めていると一度は耳にしたことがあるはずです。しかし、オファーボックスの実態がわからず、使ってもいいのか不安な就活生が多いはずです。

そこで本記事では、オファーボックスの評判や口コミ、活用するメリット・デメリット、最大限活用するポイントなどを解説します。

オファーボックスを利用するか検討している就活生は、ぜひ参考にしてください。

調査期間:2023/12/28 ~ 2024/1/11
調査対象:サービス利用者の男女
調査方法:ネットによる調査
※ユーザーアンケートより抜粋

目次

オファーボックス評判の良い評判・口コミ

それでは、オファーボックスの良い評判・口コミについて見ていきましょう。

オファーによって新しい企業の存在を知れた

オファーボックスを利用しましたが、様々な企業からオファーが届いたので、新しい企業を知るという機会が増え、選択肢が広がったのは非常に助かりました。

オファーによって新しい企業を知り選択肢が増えた」といった良い評判が寄せられています。

社会人経験がない就活生は、企業について知らないことばかりです。オファーボックスは、1万社以上の企業が就活生のプロフィールを見てオファーするため、新しい発見があるでしょう。

自分に合う企業を見つけられる点は、オファーボックスの良い評判であるといえます。

内々定を獲得できた

企業様からのオファーが多数届くため、就職活動を有利に進めることができます。学生を早期選考に招待している企業も多く、早期内定を目指すことも可能です。実際、私はOfferBoxを利用して内々定を獲得することができたため、内々定を獲得する一つの手段としておすすめできます。

実際に内々定獲得できた」といった良い評判も寄せられています。就活生としては、「オファーボックスを使って就職できるの?」と不安視する方がいるはずです。

内々定が獲得できたという評判は、就活生にとって嬉しい口コミになるでしょう。

魅力的な企業が多かった

オファーボックスを利用しましたが、届くオファーは全体的に魅力的な企業が多かったので、思っていたよりも待遇が良くて選びやすかったです。

魅力的な企業が多かった」という良い評判も寄せられています。

企業から届くオファーには「本当に優良企業があるの?」と悩む方もいるでしょう。

しかし、良い評判から魅力的な企業が多いとされる口コミは就活生にとって安心材料となるはずです。

オファーボックス評判の悪い評判・口コミ

オファーボックスには、良い評判があると同時に、悪い評判があるのも事実です。良い側面だけを見るのではなく、悪い一面も確認しておくことで、利用後の不満は解消されます。

以下の悪い評判・口コミを参考に、総合的に判断しましょう。

プロフィールの作成・更新が手間に感じる

オファーボックスを利用していましたが、登録やプロフィールを作成する時の入力項目が多いだけでなく、定期的に更新しなくてはいけないのは非常に手間に感じました。

プロフィール作成・更新が手間」といった悪い評判が寄せられています。

どの就活サイトにも該当しますが、企業はあなたのプロフィールを見てスカウトを送ったり、エントリーを承認したりします。

手間に感じてしまいますが、重要なポイントになるので、しっかりと記入することが大切です。

オファーの承認に制限がある

オファーを承認できる企業数に制限が設けられており、同時に多数の企業の選考を受けることが難しい仕様になっています。一度オファーを承認すると、内々定の獲得・選考不合格・選考辞退のいずれかが起こるまで枠が一つ埋まったままになるため、オファーの承認に慎重になってしまいます

オファー承認に制限がある」といった悪い評判も寄せられています。オファーボックスでは、同時に多数の選考を受けるのができない仕様になっているようです。

これは、多くの企業から厳選したい就活生にとってデメリットになってしまうでしょう。

オファーボックスを利用する5つのメリット

オファーボックスの評判を確認したものの、実際に利用するメリットについて気になる方も多いはずです。

ここでは、オファーボックスを活用する以下5つのメリットについて解説します。

  • 最短2週間で内定をもらえる
  • 適性検査で自己評価ができる
  • オファーによって就活の視野が広がる
  • 就活セミナーを無料で参加できる
  • 内定獲得の可能性が高まる

最短2週間で内定をもらえる

オファーボックスを利用するひとつのメリットは、最短2週間で内定をもらえる点です。

オファーボックスでは企業から就活生に向けて、「あなたに会いたいです」といったスカウトを送ります。届くオファーの中には、書類・面接選考が免除される特別オファーが存在します。

特別オファーを受けられれば、選考フローをスキップできるため、最短2週間ほどで内定を獲得できるチャンスがあるでしょう。

「早く就活を終わらせたい」と思う就活生にとって大きなメリットになるでしょう。ただし、誰しもが受けとれる訳ではありません。

すぐにでも特別オファーをもらうコツを知りたい場合は、後ほど解説する「オファーボックスを最大限使い切る5つのポイント」をご覧ください。

適性検査で自己評価ができる

公式サイトより引用

オファーボックスでは、独自の自己分析ツールによって自己評価がおこなえます。

オファーボックスが提供する適性検査では、強みや弱み、価値観などを把握できます。自分でも気づかなかった特徴を把握できるため、客観的に自己理解を深めるうえで貴重なツールとなるでしょう。

オファーによって就活の視野が広がる

オファーボックスでは、就活生が登録したプロフィールを企業が見てスカウトを送信します。

オファーの中には「こんな企業知らなかった」「初めてみる仕事内容」といったように、新しい発見があるはずです。

あなたが知らなかった企業・職種・業界に出会えるため、より選択肢の幅が広がります。視野を広げることで自分に適した仕事を厳選できるのは、就活生にとって大きなメリットでしょう。

就活セミナーを無料で参加できる

たとえば、オファーボックスでは以下のような就活セミナーを開催しています。

公式サイトより引用

これは一部の就活セミナーです。オファーボックスでは、就活セミナーを通じてさまざまな就活攻略法を提供しています。どれも無料で参加できるのが特徴です。

「履歴書の書き方がわからない」「自分の価値観がわからない」といった悩みを抱える就活生は多くいます。

オファーボックスが提供する無料のセミナーに参加をすれば、現在抱えている悩みを解決できる可能性があるでしょう。

内定獲得の可能性が高まる

オファーボックスを通して送られてくるスカウトは、企業がすでに「会いたい」と思っています。

自分からエントリーを送るように、興味・関心がある企業へは入社したいと思うはずです。企業側も同様に、あなたのプロフィールを見て魅力を感じているため、内定獲得できる可能性が高まります。

ただし、注意点があります。この注意点ついては、以下のオファーボックスを利用するデメリットで詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

オファーボックスを利用するデメリット

オファーボックスを利用するデメリットは、スカウトが届いても必ずしも内定につながるとは限らない点です。

企業はあくまで、就活生のプロフィールを見て判断しているため、実際に面接をしたらミスマッチだったと気づくケースがあります。これは、就活生側が企業にエントリーするときにも起こる状況です。

就活生も企業の求人を見て「魅力的な企業だ」と思うはずです。しかし、実際に会社説明会・面接を進めていくと、「自分に合わないかも知れない」と気づくときがあります。

企業としても就活生に対して同じような気持ちを持ちます。そのため、オファーボックスを利用しても、必ず内定につながるという保証がないことを認識しなくてはいけません。

オファーボックスの利用が向いている人の特徴

オファーボックスの利用が向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • 就活の準備をこれから始める人
  • 学歴に自信がない人
  • 特定の業界に絞り切れている人

オファーボックスの利用を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

就活の準備をこれから始める人

就活の準備をこれから始める人は、オファーボックスが向いている傾向にあります。

なぜなら、オファーボックスが独自に提供する診断ツールで自己分析ができたり、無料就活セミナーで知識を得られるからです。

就活を始めたばかりだと、履歴書の作り方や自己分析の方法に頭を抱えます。しかし、オファーボックスでは就活を始めたばかりの人がやるべき対策を、網羅的に提供しています。

そのため、オファーボックスを活用することで、就活をスムーズに進められるようになるでしょう。

学歴に自信がない人

公式サイトより引用

オファーボックスから届くスカウトは、企業があなたの体験談や強みを見たうえで送信しています。もちろん、学歴で判断する企業も存在します。

しかし、学歴以外の部分でアピールができれば、有名大手企業からもオファーが届くかもしれません。

学歴はないけど「インターンで成果を残した」「部活動などで実績を作った」などの経験がある就活生は、プロフィールに盛り込むことで、学歴を持つ就活生との差別化ができます。

その結果、学歴に自信がない人でもオファーを受け取ることが可能です。

特定の業界に絞り切れている人

オファーボックスでは、志望業界を3つまで選択できます。企業は就活生のプロフィールを見ているため、自社の業界にマッチしていると思えばオファーを届けます。

すでにいきたい業界が決まっている業界がある場合は、自分で調べるだけでなく、企業側からオファーが届くため、効率的に進められるはずです。

以下は、オファーボックスに登録している企業データです。どのような業界があるのか気になる方は、ぜひ参考にしてください。

  • 情報通信:20%
  • サービス:15%
  • 建設:12%
  • 卸・小売:10%
  • 電気・機会:6%
  • 化学5%
  • 教育・医療・福祉:4%
  • 輸送機械:4%
  • 不動産:3%
  • 食品:3%
  • その他:18%
引用元:オファーボックス公式サイト

オファーボックスが不向きな人の特徴

オファーボックスが不向きな人の特徴は、オファーメールがいらない人です。

オファーボックスは、就活生がプロフィールを登録し、企業が直接アプローチする仕組みです。オファーボックスに登録すると、企業からオファーが届くようになります。

そのため、オファーメールを確認するのがめんどくさいと思う就活生は、別の就活サイトを活用することがおすすめです。

オファーボックス登録から内定までの手順

オファーボックスの登録から内定までの手順は、以下のとおりです。

  1. 登録
  2. プロフィール作成
  3. 企業からのオファー
  4. 選考
  5. 内定

オファーボックスは、逆求人型になるため、内定までの道のりがスムーズに進みます。思う以上にスピード感があるため、選考対策を前もって進めておきましょう。

オファーボックスを最大限使い切る5つのポイント

オファーボックスを最大限使い切る5つのポイントは、以下のとおりです。

  • プロフィールを詳細に埋める
  • イベントにも積極的に参加する
  • 定期的にログインする
  • 具体的かつ定量的な履歴書を作る
  • 他の就活サイト・エージェントも併用する

オファーボックスを活用する際は、このポイントを把握していると、自分に合った企業から内定を獲得できる可能性が高まります。

充実した就活にするためにも、ぜひ参考にしてください。

プロフィールを詳細に埋める

オファーボックスを活用する際は、プロフィール欄を埋めるようにしましょう。

企業はあなたのプロフィールを見てスカウトするため、未入力が多いと登録してもオファーは届きづらくなります。

オファーボックス自体も、プロフィール入力率は80%以上を推奨しているため、できる限り埋めるようにしましょう。

公式サイトより引用

イベントにも積極的に参加する

オファーボックスが提供する無料就活セミナーには積極的に参加しましょう。

具体的には、以下のようなイベントを開催しています。

  • 志望動機の作り方
  • プロフィールの作り方
  • 適性診断活用術
  • 自己PR作成会
  • 面接のコツ

就活に必要なイベントを開催しているため、オファーボックスを活用するのであれば積極的に参加しましょう。

定期的にログインする

定期的にログインする理由は、更新頻度によって企業側に映し出される表示順位が異なるからです。

オファーボックスとしては、サービス利用者に内定を獲得してほしいと考えています。ログイン頻度は、オファーボックスの利用度に直結するはずです。

企業側としても、利用頻度が高く、就活に積極的な人へオファーを送りたいと考えます。そのため、定期的にログインすることで、就活に前向きであるとアピールができるので、オファーが受け取りやすくなります。

具体的かつ定量的な履歴書を作る

あいまいな履歴書は、企業が魅力的だと思う可能性は低くなります。

たとえば、以下の一言が記載されていた場合、どちらにオファーを出したいと思うでしょうか。

飲食店のアルバイトを3年間続けました。

飲食店のアルバイトを3年間続ける中で、リーダーとしてのポジションにつき、現場を円滑に進める重要性を学びました

後者の人にオファーを届けるケースがほとんどです。なぜなら、いままでの経験で何を学び、どのような強みがあるのか理解できるからです。

このように、あいまいな履歴書は評価されづらい傾向にあります。

オファーボックスを活用するのであれば、具体的かつ定量的な履歴書を作成しましょう。

他の就活サイト・エージェントも併用する

オファーボックスは、企業からスカウトが届くため、受け身の姿勢になります。しかし、オファーが届かないと選考に進めないため、就活に出遅れてしまうかもしれません。

場合によっては、全く内定が獲得できない可能性もあります。

そのため、オファーボックスを活用するときは、自ら応募する形式の就活サイト・エージェントがおすすめです。他の就活サイト・エージェントを併用すれば、より効率的かつ効果的な就活にできるでしょう。

オファーボックスとの併用におすすめの就活エージェント3選

ここでは、オファーボックスとの併用におすすめの就活エージェント3選を紹介します。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

オファーボックスによくある質問と回答

オファーボックスによくある質問と回答は以下のとおりです。

オファーがこないケースはある?

オファーがこないケースはあります。

オファーが届かない場合は、プロフィール欄が埋められていないまたは、内容に問題があるかもしれません。

オファーボックスを利用するのに費用かかる?

無料で利用できます。

大手企業からオファーは届く?

大手企業からのオファーは届きます。

登録企業の中には「資生堂」「ニトリ」「Microsoft」などがあげられます。

地方からでも利用できますか?

もちろん、地方でもオファーボックスの利用は可能です。

オファーボックスの退会方法は?

オファーボックスを退会するときは、主に以下2つの方法があります。

  • アプリから退会手続きをする
  • Webサイトから退会手続きをする

マイページにログインし、「活動終了設定」から退会手続きをすすめられます。

オファーボックスの評判・口コミまとめ

オファーボックスの評判・口コミを振り返りましょう

良い評・口コミ悪い評判・口コミ
オファーによって新しい企業の存在を知れた

内々定を獲得できた

魅力的な企業が多かった
プロフィールの作成・更新が手間に感じる

オファーの承認に制限がある

オファーボックスに登録する際は、プロフィール作成が手間になってしまいます。しかし、プロフィールを作り込めれば、大手企業からオファーをもらうことも可能です。

また、オファーボックスには無料で利用できる就活セミナーを通じて、履歴書作成・面接対策もできます

そのため、就活を始めたばかりの学生でも、オファーボックスを活用することでスムーズに進められるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。