リクナビ就職エージェントの評判は?メリットと注意点・効果的な活用方法を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

リクナビ就職エージェントの評判はいい?

リクナビ就職エージェントを使えば就活がうまくいく?

就活をおこなう人々は、人生を左右する選択が必要なため慎重になる場合が多いでしょう。就活サイトを選ぶ際も、慎重に吟味する人は多くなるケースが予測されます。

なかには、リクナビ就職エージェントを利用しようか考えている人もいるかもしれません。

本記事では、リクナビ就職エージェントの評判について、口コミも含めて解説します。

うまく使いこなす方法や、利用するまでの流れも説明するので、ぜひ参考にしてください。

 

調査期間:2023/12/28 ~ 2024/1/11
調査対象:サービス利用者の男女
調査方法:ネットによる調査
※ユーザーアンケートより抜粋

目次

リクナビ就職エージェントはどんなサービス?

リクナビ就職エージェントは、就活生の選考対策から内定獲得までをサポートしてくれます。

はじめに専属のキャリアアドバイザーが面談をおこない、就活生の希望や適性を考慮して、応募すべき企業を紹介します。

リクナビ就職エージェントは、「どんな人材を採用したいのか」という企業の声を意識しており、選考ポイントを熟知しています。

キャリアアドバイザーのサポートも手厚く、書類のための文章力や面接力を効率的にアップさせるのにも有効です。また、完全無料で使えるため、経済的な負担もかかりません。

自分の思い描く理想の就活を実現させたい方は、リクナビ就職エージェントの登録を検討してみてください。

リクナビ就職エージェントの評判から分かる利用するメリット6選

リクナビ就職エージェントを利用すると、以下のようなさまざまなメリットが得られます。

実際に投稿された口コミとともに、具体的に解説していきます。

自分に合った企業を厳選してくれる

求人紹介数は豊富でしたし希望条件に合った求人のみをしっかりと紹介して頂けたので効率的に理想の求人が見つけられ良かったです。
サポートも手厚く就活がスムーズに進められたので満足な利用感でした。

リクナビ就職エージェントでは、利用者の求める理想に合った企業を厳選して紹介してくれます。

プロのキャリアアドバイザーが初回で入念に面談をおこなうため、どのような企業に入社したいのかを見極められるのです。

面談では、おもに就活生についての希望や目標、悩んでいることなどを事前にしっかりと把握します。面談の内容に沿って、就活生が入社すべき企業を厳選するため、限りなくマッチしている求人が紹介できるのです。

リクナビ就職エージェントでは、単に入社できそうな企業ではなく、入社後も十分に活躍できることを考慮しています。

面接のアドバイスをおこなってくれる

担当者の方が本当に親身になって話をきいてくれる。
自分にコンプレックスがあっても、否定するようなことは一切言わないので安心して相談できる。
面接の練習などもできるし、やはり転職に詳しいので、客観的に見てアドバイスがもらえるのがとてもよい。

リクナビ就職エージェントを利用するメリットとして、面接のアドバイスが手厚いところも魅力です。

内定を獲得するには面接を通過する必要があり、入念な面接対策は必要不可欠です。

リクナビ就職エージェントでは、企業ごとに面接で聞かれることや、受け答えはどうすべきかなどのアドバイスをしてくれます。

また、実践演習としておこなわれる模擬面接は、本番の雰囲気に慣れるのにも効果的です。正しい面接のしかたを説明するだけでなく、実践にまで力をいれているため本番も安心して挑めます。

選考で通過できるかが不安な方にはおすすめです。

履歴書やESなどの添削をしてくれる

リクナビ就職エージェントの転職支援の手厚さが良かったです。
面接に受かるための面接対策の徹底的にしてもらうことができましたし、応募書類の添削も何度もしてもらうことができました。
履歴書の添削を何度も添削をしてもらったことで自信をもって履歴書を書き上げることができました。

リクナビ就職エージェントは、面接のアドバイスだけでなく書類の添削にも力を入れています。企業から内定をもらうには、履歴書やESなどの書類の記載方法も大切です。

履歴書の正しい書き方や言葉の正しい使い方、敬語の使い方なども含めて添削してもらえます。

口コミでもあるとおり、履歴書やESの添削は本人ができるようになるまで繰り返しおこなわれるため、確実な上達が期待できます。

企業の目に留まるような書き方も教えてもらえるので、書類がうまく書ける自信がない方にもおすすめです。

面接のフィードバックをしてくれる

転職エージェントが企業をピックアップしてくれるので、サラリーマンをしながらでも転職活動を行なう時間を確保することが出来た。
また、面接のフィードバックもしてくれるため、次の面接で対策をとることができる。
企業数も多いため、色々な企業を知ることが出来る。

実際に受けた面接のフィードバックがおこなわれるのも、リクナビ就職エージェントを利用するメリットです。

ほかにも選考が控えていたり、第一志望の選考が控えていたりした場合、同じ失敗の繰り返しを防ぐのにも有効です。面接で通過できれば、本番での受け答えでどんなところがよかったのかを教えてもらえます。

また、落ちてしまった際はなにがダメだったのかを一緒に考えてくれるため、改善を繰り返しつつほかの面接にも挑めます。

面接でうまく答えられるかが不安な方は、面接の練習とともに手厚いフィードバックまで受けることをおすすめします。

数多くの求人を紹介してくれる

求人の数が多いのでその点が良いのかなと思いましたね。
視野が広がるのですごく助かりますしありがたいですね。

色々な求人が載っていて、こういう企業もあるのかということを知りました。
求人は多いと思いますが、自分が探しているものがあるかどうかです。

リクナビ就職エージェントは、数多くの求人を取り揃えているところも魅力です。

公開されている求人だけでなく、非公開求人の数も多く揃っており、ほかのサービスでは出会うことのない求人を見れるところにも期待できます。

口コミにもあるように、数多くの求人を見ることができるため、就活の視野も同時に広められるのにも有効です。

文系・理系・体育会系と分類ごとに求人を紹介してくれる

リクナビ就職エージェントは、求人がそれぞれ「文系」「理系」「体育会系」に分けられています。

求人を紹介する際は、まず利用者自身でどの部類の企業がよいかを選んでもらうため、全く合わない求人が紹介される事態を防げます。

3つのタイプは、環境や必要なスキルなどがそれぞれ異なります。

自分に合っている部類を選べるため、選考対策などもスムーズにおこないやすくなるのです。

リクナビ就職エージェントの評判から分かる利用するデメリット

リクナビエージェントには魅力的なメリットがたくさんありますが、なかにはデメリットといえる特徴も含まれています。

おもなデメリットは以下のとおりです。

メリットと同様、口コミも一緒にひとつずつ解説していきます。

担当者に向き不向きがある

リクナビが、というわけではなく、担当者さんについて、少し返信の遅い方だった。
「進捗はどうですか?」と尋ねてから返信がくる、というような感じだった。
返信はしっかりしていたが、こちらからいちいち急かすのは結構大変だった。

かなりマメな性格の担当エージェントだったので、電話やメールでの連絡頻度が多くて時々窮屈に感じることがありました。
なので、できればもう少し自分のペースで転職活動をさせて欲しいです。

リクナビ就職エージェントに限らず、ほとんどのサービスには担当者に向き不向きが存在します。

すべての就職エージェントにいえることですが、担当者にもさまざまな人がいるぶん、どうしても相性が伴うのです。担当者が自分にとって合わないと感じた場合、就活が思うように進まなくなる可能性が考えられます。

連絡の頻度が多すぎると感じたり、逆に返信が遅く不安に感じたりなど合わないと思う要素は人によってさまざまです。

また、連絡の頻度以外にも、性格や波長が合わないと感じる場合もあるでしょう。

リクナビ就職エージェントに登録する際は、相性が合わない人が担当者になる可能性も視野に入れておいてください。

電話対応が中心の場合が多い

リクナビ就職エージェントを利用すると、担当者と直接会える機会が取れず、電話かメールのやり取りが多くなる場合があります。

電話でのやり取りの場合、面接の練習を電話越しにおこなうため、認識に齟齬が生まれるリスクが懸念されます。

模擬面接などを対面で練習したい人にとっては、電話でのやり取りはあまり向いていないかもしれません。

アドバイスやフィードバックなども電話でおこなわれるため、メモを取るなどの作業が難しい場合も考えられます。夜遅い時間帯などに電話がかかってくると、場合によっては対応できないこともあるでしょう。

電話対応が多くなると、都合が合わずにかえって手間が増える可能性もあります。

自分が望む企業が見つからない可能性がある

「リクナビ就職エージェント」に限らずではありますが、やはり地方の県においてはなかなか良い求人が見あたらないのが正直なところです。
逆に言えばそこが他社との差別化に繋がるんだと思います。

リクナビ就職エージェントは、取り扱っている企業が多いことで有名です。しかし、すべての求人を取り揃えているわけではありません。

就活生のなかには、自分に合う求人が見つからず応募できない人がでてくる可能性も考えられます。

口コミによれば、おもに地方での就職を希望する人にとっては、良質な求人が見つかりづらいことがわかります。

リクナビ就職エージェントに登録しても、必ず自分の望む企業に出会えるわけではないことを念頭に置いておきましょう。

すべての仕事を網羅しているとは限らない

自分の希望しているニッチな業種には対応していなかった。
自分で調べた以上の情報が出てこなかったのが残念でした。

企業も情報があまりなかったことで、この人はなんという会社を紹介するんだと疑問に思っていましたので人材のプロである以上、こちらよりも情報は沢山あってもいいですね。

リクナビ就職エージェントは、就活生が活躍できそうな業界を見つけ出せるようサポートをおこなってくれます。しかし、細かな職種をすべて網羅しているとは限りません。

就活生が興味をもつ仕事や希望する職種によっては、詳しくないものが含まれているおそれがあります。

たとえば、医療業界のことをある程度知っていても、オペ看護師や歯科口腔外科医については詳しくないなどの状況が考えられます。

担当者が企業や職種に対して詳しくない場合、十分なアドバイスがもらえないかもしれないところには注意が必要です。

リクナビ就職エージェントを最大限活用するコツ

リクナビ就職エージェントを利用する際に、デメリットにどう対処すればよいかを考えるのは大切です。

デメリットに影響されないように、以下の方法を試してみてください。

ひとつずつ解説します。

あらゆる方法を試して、希望どおりの就活を実現させましょう。

合わない場合は担当者を変えてもらう

リクナビ就職エージェントを利用する際、キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合は迷わず担当を変更してもらいましょう。

合わない担当者と無理に波長を合わせようとしても、就活にあまりよい結果は生まれません。

担当者を変更したい場合は、問い合わせフォームに連絡を入れるか、担当者にメールなどで直接問い合わせるようにしましょう。

就職エージェントの質は、種類問わず担当者との相性にも左右されます。

担当者との相性が改善されることで、就活のサポートを十分に受けられるかもしれません。

あらかじめ連絡が取りやすい時間帯を決めておく

リクナビ就職エージェントを最大限活用するコツとして、あらかじめ連絡が取りやすい時間帯を決めておきましょう。

時間帯などの問題で連絡が取りづらくなると、担当者からのアドバイスが受けられなくなったり、就活についての相談がしづらくなったりします。

とくに電話でのやり取りが多い場合は、双方で連絡が取りやすい時間帯を把握しておくとよいでしょう。

問題のない時間を把握するだけでも、都合の悪いタイミングで電話がかかってくる事態を防げます。連絡が取りやすい曜日と、17時から22時までなど連絡可能な時間帯を伝えておくとより効果的です。

あらかじめ電話ができる時間を決めておけば、就活のサポートがスムーズに受けられるようになります。

2つ以上の就職エージェントと併用する

就活の際は、2つ以上の就職エージェントを利用するのもひとつの手段です。サービスはひとつしか使ってはいけないなどの決まりはありません。

とくに、希望したい求人が見つかりそうにない場合に有効です。

別のサービスを利用してみれば、自分に合う求人が見つかる場合があります。リクナビ就職エージェントで本命の求人が見つからない場合、本サービスは第2志望を探すのに活用してみてください。本命の求人は、別の就職エージェントで探せばよいのです。

就活のサポートは就職エージェントごとに受けられます。本命の選考で失敗しないためにも、さまざまなサポートを受けつつほかの企業を探してもよいでしょう。

就職サイトと併用する

別の就職エージェントではなく、就職サイトを併用するのも方法のひとつです。就職サイトを併用するぶん、企業の選択肢を大きく広げられるメリットがあります。

就職サイトは、自身のプロフィールを入力したのち希望条件を絞り込んで検索すれば、条件に合った求人が表示されます。

キャリアアドバイザーなどはいないので、自分のペースで企業を探したい人には便利です。

リクナビ就職エージェントで就活のサポートを受けながら、就活サイトを使って自分で求人を探すというやり方もよいでしょう。

自身でも積極的に就活をおこなう

就活をおこなう際は、担当者からサポートを受けた方がよいのですが、自身でも積極的に行動するよう心がけてください。就活は、自身の就職先を探すための活動なので、基本的には自分でおこなうものです。

とくに、企業選びなどを担当者に任せっきりにすると、自身が本当に就職したい企業に出会いにくくなってしまいます。

また、選考対策で得たフィードバックなどを確認して、修正をくわえて改善するのも本人の役目です。

担当者がいなくても、企業選びをおこなったり自己分析の結果をもとに書類のまとめ方を考えたりなど、自分でできることはたくさんあります

本気で就活を成功させたいのであれば、担当者主体で動くのではなく、自分自身できちんと行動できるようにしましょう。

リクナビ就職エージェントをおすすめできる人の特徴4選

リクナビ就職エージェントをおすすめできる人には特徴があります。

それぞれ解説します。

一人で就活をおこなうのが不安な人

リクナビ就職エージェントは、一人で就活をおこなうのが不安な方にはおすすめです。キャリアアドバイザーが寄り添ってサポートしてくれるため、疑問を解消しながら安心して就活がおこなえます。

書類対策や面接の練習など、担当者とともにおこなうことで、改善すべき点や間違っている部分などが明確になります。

一人で十分な対策がおこなえるか不安な方は、就職エージェントへの登録を検討しましょう。

就活の効率的なやり方がわかっていない人

就活の要領がつかめていない方は、就職エージェントを利用した方がよいでしょう。

一人で就活をおこなうと、企業選びや対策などの点で、どの部分を改善すべきかなどがわかりづらくなってしまいます。

担当者からのサポートを受けることで、選考対策や面接の正しい受け方がわかるようになります。また、サポートを受ければ正しい企業の選び方もわかるようになるでしょう。

主体的に行動できる人

就職エージェントを受け身で利用していると成功する確率は下がってしまいます。

選考対策や応募する企業の決定などは、最終的に自分でおこなわなくてはいけないのです。担当者に任せきりにすると、紹介してくれた企業などもきちんと確認せず応募まですすめてしまうおそれがあります。

結局、入社後にミスマッチなどが起こってしまい、早期退職せざるを得ないリスクも否めません。

担当者がサポートについても油断せず、自分のことは自分で決められる人が、就職エージェントを十分に使いこなすことができます。

たくさんの求人を見てみたい人

多くの求人から企業選びをおこないたい方は、リクナビ就職エージェントの利用がおすすめです。リクナビ就職エージェントは、非公開求人含め多くの企業を取り揃えています。

とくに、応募したい企業が決まっておらず、多くの求人を吟味しながら慎重に決めていきたい人にはおすすめです。

また、たくさんの企業を見れば見るほど、就活に対して広い視野をもつことができます。視野を広くすると、自分が活躍できる可能性まで広げられます。

企業選びの際は、できるだけ多くの求人から選ぶことが大切です。

リクナビ就職エージェントの評判に関係なく活用するには?

リクナビ就職エージェントを利用するには、効果的な活用方法を知っておかなくてはいけません。

最大限活用するために今のうちに何をすればいいのか把握しておきましょう。

あらかじめ自己分析をおこなっておく

リクナビ就職エージェントを効果的に利用するには、事前に自己分析をおこなっておきましょう。

自己分析をしておくと、自分に合う雰囲気の企業や自分が活躍できる業界がわかるようになります。

なにもわからないままリクナビ就職エージェントを利用すると、書類対策や企業選びからつまずくかもしれません。

自己分析で自分の強みや得意分野、もちあわせたスキルなどを把握しておくと、ESシートのまとめや企業選びがスムーズにおこなえます。

積極的に企業選びをおこなう

リクナビ就職エージェントに登録したあとは、企業選びを積極的におこなうようにしましょう。

応募する企業を決めるのも、内定をもらった企業へ入社するのも就活生本人です。自分がどの企業に就職したいかは、自分で決めなくてはいけません。

自分の人生にきちんと責任をもてる人が、就活を満足いくものにさせられます。どの企業へ入社するかで、今後の人生が大きく変わるのです。

自分の人生に責任をもつためにも、企業選びは担当者に任せるのではなく、自身でも積極的におこないましょう。

定期的に近況を報告しておく

リクナビ就職エージェントを利用する際は、担当者との連絡は定期的におこなっておきましょう。連絡を取る頻度に間が開くと、それだけで就活のやる気がなくなってしまう可能性が生じます。

担当者と定期的に連絡を取り続けることで、就活のやる気を維持するのに効果的です。担当者との連絡は、就活の近況を報告するほかに、書類の添削や面接のフィードバックをもらったときなどが挙げられます。

また、よさそうな企業を見つけたときなど、進展があった場合にも連絡を取っておくとよいでしょう。

小さなことでもよいので、相談ごとや悩みごとがある場合は定期的に連絡を取るよう心がけてください。

スキルなどの情報に虚偽の内容を含ませない

すべての就職エージェントにいえることですが、担当者に対しては虚偽の情報を伝えないよう気をつけましょう。

面談の際に虚偽の内容を教えてしまうと、効果的なサポートが受けられなくなるおそれがあります。

自分のスキルや得意分野などを誇張して優良な企業を紹介してもらっても、当然ながら思うような結果は生まれません。結局、選考で落とされたり入社後にミスマッチが生じて退職する可能性があります。

また、担当者に虚偽の情報を伝えてしまうと、あとから事実との相違が判明した際に信頼を失くしてしまいます。

リクナビ就職エージェントを利用する際は、面談で虚偽の情報を伝えないよう心がけてください。

担当者の推薦文を確認する

リクナビ就職エージェントを通して応募する企業が決まった際、企業へ送る推薦文は確認してもらってください。

企業へ応募する際、担当者によって自身についての推薦状を執筆してくれます。しかし、担当者によっては良質とはいえない推薦文を企業に送る可能性があるため注意が必要です。

自身の魅力的な部分や強み、アピールしたいところが存分に表現できていないリスクなども考えられます。

推薦文は、企業へ送ってもらうまえに、必ず確認するのを忘れないようにしましょう。

リクナビ就職エージェントの登録から利用までの流れ

はじめてリクナビ就職エージェントを利用する方に向けて、以下に登録してから入社するまでの流れを簡潔に紹介します。

無料会員登録

公式ホームページから、無料会員登録の手続きをおこなってください。

キャリアアドバイザーと面談

登録したあとは、キャリアアドバイザーとの初回面談からスタートします。

自身の弱みと強みを整理したのち、就活の軸を定めましょう。いわゆる、自己分析をおこないます。

業界研究・企業紹介

キャリアアドバイザーとともに自己分析を済ませたあとは、業界研究をおこないます。

幅広い企業を紹介してくれますので、自分に合いそうな企業を探してください。

ESアドバイス

次に、応募する企業を意識してESを記載します。

記載したESは、キャリアアドバイザーが添削をしてくれるため、満足いくまで何度でもやり直しが可能です。

面接対策

ESの添削をおこなったあとは、面接の練習をおこないます。おもに、聞かれることを整理したのち模擬面接をとおして実践します。

解禁直前相談

キャリアアドバイザーとともに、3月以降の計画をたてます。不安を残さないよう就活のスタートをきりましょう。

応募の手続き

企業のエントリーが開始されたのち、応募を開始してください。

内定獲得

内定が決まったあとは、入社する企業を決定しましょう。

キャリアアドバイザーは、内定後の相談やアドバイスもしっかりとおこなってくれます。

リクナビ就職エージェントと併用したい就活エージェント3選

ここではリクナビ就職エージェントと併用したい就活生に人気のエージェントを3社紹介します。

就活生におすすめのエージェントについては「就活エージェントおすすめ人気ランキング」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

リクナビ就職エージェントに関するよくある質問

リクナビ就職エージェントの利用を検討している方に向けて、以下によくある質問をまとめました。

興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

リクナビ就職エージェントを利用するのに料金はどのくらいかかる?

リクナビ就職エージェントを利用するにあたって、就活生にかかる費用はありません。完全無料で利用できます。

リクナビ就職エージェントはうざいと聞いたことがあるけど、大丈夫?

担当者によっては連絡の頻度が多いなどの理由で「うざい」と思う就活生もいますが、どうしても気になる場合は担当者の変更を申し出てください。

リクナビ就職エージェントはアプリでも使える?

アプリでも利用することができます。

リクナビ就職エージェントを退会する方法は?

担当のキャリアアドバイザーにサービスの停止を申し出るか、問い合わせフォームからサービスの停止を連絡しましょう。

最後に|リクナビ就職エージェントの評判は使い方次第で覆せる

リクナビ就職エージェントの評判は、口コミを参考にすると良いところと悪いところ両方の項目が見られます。利用者によって、担当者との相性や紹介される企業に関することなど、さまざまな部分で意見が分かれていました。

リクナビ就活エージェントを上手く使いこなすには、自身でも工夫することが大切です。

利用を開始するまえに、自分で自己分析をおこなったり企業選びをおこなったりしておくと、スムーズに使いこなせるようになります。

リクナビ就職エージェントを利用する際は、どう利用すれば就活でよい結果が出せるかを考えたうえで登録しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。