40代がコンサルタントに転職するのは難しい?必要なスキルと転職する方法を解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

40代がコンサルタントに転職するのは難しい?

コンサルタントに必要なスキルは?

40代でコンサルタントへの転職を考えている方は、上記のような不安を少なからず抱えているでしょう。

実際に、20代や30代よりも年齢層が高いこともあり、転職そのものが厳しくなる傾向にあります。

本記事では、40代がコンサルタントに転職する際のリスクや必要なスキル、転職の成功率を高める方法を解説します。自分に合ったコンサルタント業務を見つけ出し、転職活動に踏み切ってください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
41万件
非公開求人数
36万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

関連記事:40代向け転職エージェントおすすめランキング!全11社の人気サイトを徹底比較
コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較

目次

40代のコンサルタント転職は難しい?転職するときのリスクを紹介

40代になると、年齢の問題もあり転職自体が難しくなるかもしれません。

実際に、40代の転職が厳しいといわれるのにはいくつかの理由が考えられます。本項では、40代の転職事情について解説します。

40代の転職が厳しいといわれる理由

40代の転職が難しい理由は以下のとおりです。

  • 40代の求人数が少ない
  • スキルやキャリアを求められる
  • 20代に比べて成長が見込めない
  • 給与のミスマッチがおきやすい
  • 未経験分野への挑戦が難しい

コンサルタントに限った話ではありませんが、40代以上を募集している求人数は少ない傾向にあります。また、40代は若い世代と比べて長い社会人年数を期待されるため、スキルやキャリアを求められがちです。

スキルやキャリアを重視される40代は、若い世代とは異なりポテンシャル採用が難しく、ほとんどの人が即戦力を求められます。

役職に就いていた方などがコンサルタントに転職する際、収入が低くなる可能性もあります。あらかじめ、給与のミスマッチも覚悟しなくてはいけません。

さらに、成長を期待されることも少ないため、未経験分野に挑戦する機会を得るのも難しくなるでしょう。

40代の転職は即戦力やスキルを求められます。とくにコンサルタントが未経験の方は、転職に成功するためのコツと、転職後の活躍方針を確立しておくことが重要です。

40代の転職事情に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。転職に成功するための方法や、40代が転職に何を求められるのかを知りたい方は、ぜひ目をとおしてみてください。

【関連記事】40代男性の転職が厳しい理由とは?成功させるコツを解説

40代の転職に生じるリスク

40代の転職では、おもに以下のようなリスクが見られます。

  • 収入が不安定になる
  • 今までの考え方を変える必要がある
  • 未経験分野へのチャレンジは難易度が高い

前述で説明した、40代の転職が厳しい理由と類似する項目もありますが、転職は年齢が高くなるほどリスクが大きくなります。

現職で高い収入を得ていた人は、転職後に収入が減るおそれがあるため、生活の基準を下げる必要もあるでしょう。

また、過去のやり方に固執している人は、面倒なイメージをもたれてしまいます。職場にはそれぞれのやり方や方法が存在するため、転職先の方針に合わせた謙虚な姿勢も大切です。

40代の転職におけるリスクは、以下の記事で詳しく説明しています。転職に成功するポイントや、おすすめの転職エージェントまで記載しているので、気になる方はぜひ目をとおしてみてください。

【関連記事】40代の転職はやめた方がいい?押さえるべきリスクと転職を成功させるポイントを解説

【種類別】コンサルタントの仕事内容とは?

コンサルタントは、それぞれの専門分野ごとに分かれています。

おもに、以下のような種類が存在します。

ひとつずつ解説します。自分が得意としている専門分野がある方は、ぜひ以下の内容を参考にしてください。

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントは、新規事業の展開を検討している顧客に対し、市場拡大ができるよう戦略提案をする専門家です。国内のみに留まらず、国際規模の経営や共同作業をおこなうのにも関与する場合があります。

相手が国際的に活躍したいと考える顧客の場合は、代表取締役などを中心に現地の受け入れを担当し、企業における経営戦略を担います。

戦略コンサルタントが担当するサポートは、新規事業戦略やM&A戦略といったトップテーマがほとんどです。

なかには、上記のような戦略展開にくわえて、提案した戦略を実行するところまでサポートするコンサルタントも存在します。

関連記事:戦略コンサルタントに向いている人の特徴を徹底解説!おすすめの転職エージェントも紹介

人事系コンサルタント

人事系コンサルタントは、顧客が抱える人材確保や人事評価などの課題を解決する専門家です。人と組織を変えることで、企業に変革をもたらしたいと考える顧客に対し、さまざまなコンサルティングをおこないます。

人事コンサルタントは、大手企業を中心に担当するのがほとんどです。

担当業務として、教育制度の改善や、専門ごとの各種人事における問題解決のサポートを担います。また、海外進出やM&Aに対応した人事制度を提案するなど、幅広く活躍するところも特徴のひとつです。

コンサルティング業務は、人事部門の問題だけに留まりません。企業の年金や福利厚生、人材開発など多種多様なテーマに対し、コンサルティングを提供します。

関連記事:人事コンサルタントへの転職で評価されるスキルや能力・おすすめの転職エージェント5選比較

会計コンサルタント

会計系コンサルタントは、顧客や事業の会計を改善するためのアドバイスをおこなうコンサルタントです。

おもな担当業務として、以下の項目が挙げられます。

  • 会計法規を改正する上での監視と対応
  • 会計処理のプロセス改善
  • 投資方法の提案やコスト削減についてのアドバイス

会計コンサルタントは経営方針の立案に携わる立場でもあります。

経営方針に関わるため、会計について専門知識だけではなく、経営に関する知識も必要です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、おもに顧客のIT戦略やシステム運用の提案、新規システムの導入をサポートするコンサルタントです。顧客にとって、最適なシステム開発を提案し、企業の経営を支援します。

ITコンサルタントは、大手企業のみならず、中小企業やベンチャー企業といった規模のIT戦略まで提案する専門家です。

コンサルタントに必要なスキルにくわえて、IT関連の知識まで求められます。

【関連記事】ITコンサルタントに転職する際におすすめの転職エージェント11選

40代がコンサルタントへの転職に求められる能力

40代がコンサルタントに転職するためには、以下の能力が求められます。

コンサルタントへの転職を試みている方は、上記のなかで自身が不足している能力を把握し、今のうちに身につけておきましょう。

コミュニケーション能力

コンサルタントへの転職に必要なスキルとして、まずひとつにコミュニケーション能力が挙げられます。

コミュニケーション能力は、顧客から信頼を得るための最低条件です。

40代は、上の世代や下の世代に挟まれる年齢層です。しかしコンサルタントを担う場合、20代などの若い顧客や、60代といった上の世代とも問題なく会話ができなくてはいけません。

年代ごとにふさわしい言葉選びや、相手を不快にさせない態度など、コミュニケーションにおいて細部における気配りが大切です。

観察力・洞察力

コンサルタント転職に必要な能力として、ふたつ目は観察力・洞察力が挙げられます。

顧客の性格や考え、抱えている問題点などを、表面だけでなく内面や深層から見抜く力が必要です。

20代や30代前半など若い顧客をサポートする際は、現代を生きる若い世代の立場になって考える能力が求められます。

さまざまな視点から、あらゆる価値観や考えを想像してみるとよいでしょう。

質問力

コンサルタントに転職できるかどうかには、質問力の有無も大きく関与します。

顧客とのコミュニケーションや洞察力から、解決すべき課題を見抜き質問をする能力です。

顧客自身、自分にどのような問題があるのかがわかっていない場合もあります。コンサルタントの方から的確な質問を投げかけた際に、向き合うべき課題に気づくときがあるのです。

的確な質問の答えを顧客自身で考えさせれば、解決できる答えに導くことにもつながります。

論理的思考力

論理的思考力もまた、コンサルタントには必要な能力です。顧客のキャリア相談は複雑な内容が多く、さらに相談に対する提案には大きな責任を問われます。

相談事に対して適当に提案すると、顧客の人生に大きな影響を与えてしまうおそれがあるほどです。

論理的思考を高めるには、まず相談事の提案に対して仮説を立てましょう。次に、今まで抱えていた固定観念を排除させ、一から考える直すよう促します。

今までもち合わせていた概念より、さらに良質な対策をともに考え、思考の型を変えていくのです。

以上の一連の流れを相手に施せる人が、論理的思考力があるといえます。

問題解決能力

前述で、コンサルタントに必要な能力として、洞察力や質問力などを解説しました。

しかし、大切なのは課題の可視化だけではありません。洞察力や観察力、質問力で浮き彫りになった顧客の問題点について、解決していく方法を考える問題解決能力も重要です。

現代のビジネスでは、コンサルティングを介して成果を出すことが求められています。

解決策において、いつ・誰が・どのような形で実行し、いつ完了するのかという一連のコンサルティング業務が必要です。

プレゼンテーション能力

コンサルタントへ転職したい方は、プレゼンテーション能力も大切です。

コンサルティング業務においては、顧客への提案の際に説得力のある解説が必要になります。

コンサルティング業務において、プレゼンテーション能力では以下の要素が重要です。

  • 顧客が理解しやすいような提案の順序立て
  • 提案内容が瞬時に伝わる図解力・表現力
  • 顧客に納得してもらう説得力

上記にくわえて、年代によってプレゼンテーション方法を調整するのも大切です。表現のわかりやすさや言葉の理解度などは、世代間でも異なります。

コンサルタントに転職したあとは、それぞれの顧客に寄り添ったプレゼンテーションを心がけるよう意識しましょう。

プロフェッショナルマインド能力

コンサルティング業務においては、プロフェッショナルマインド能力にも注目しましょう。

プロフェッショナルマインドとは、どんな状況に置かれても自己責任と捉え、高い改善意識をもつという意味です。

特定の専門コンサルタントを勤めるのであれば、その道のプロという自覚をもち、高い誇りをもって業務に取りかかりましょう。コンサルタントとして活躍したいのであれば、責任は自分にあると考える心構えが大切です。

コンサルタントに必要な能力については、以下の記事でも解説しています。また、おすすめの転職エージェントの紹介も業界別におこなっているので、気になる方はぜひ目をとおしてみてください。

【関連記事】コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説

40代がコンサルタントへの転職を成功させるコツ

コンサルタントに必要なスキルが備わっていても、転職に成功できるとは限りません。

転職活動をはじめるまえに、とくに40代にとって重要なコツを紹介します。

本気で転職を成功させたい40代の方は、ぜひ本項の内容を参考にしてください。

関連記事:コンサル転職のよくある失敗例|特徴と後悔しないためのコツを解説

なぜコンサルタントになりたいのかを明確にする

転職活動をはじめるまえに、なぜコンサルタントになりたいのかについて、明確な理由づけをおこないましょう。

注意点として、漠然とした理由のみを考えて終わらせるのは控えてください。なぜ「コンサルタント」がいいのかを具体的に考える必要があります。

コンサルタントは、個人の相談だけでなく、企業ごとの経営についてサポートする仕事です。そんな大きな責任を背負う覚悟が必要な、コンサルタントに転職したいと考える方は、採用担当者から「余程の理由がある」と思われます。

理由を考えるコツとして、まずは漠然とひと言であらわしてみましょう。「自身のスキルを活かしたいから」「自分自身が経営を試みているから」など、転職したい理由は人によってさまざまです。

ひと言であらわしたのち、自問自答形式で少しずつ具体化していけば、より明確な理由が浮き彫りになります。

コンサルタント業務を目指している方は、まず具体的な理由づけをおこなってみるのがおすすめです。

希望する業界を明確にする

コンサルタントに転職するためには、転職したい理由にくわえて、希望する業界を明確にするのも重要です。

仕事内容を紹介する項で述べたように、コンサルタントにはさまざまな業界に特化したものが存在します。

転職活動をおこなう際に、自分は何を専門としたコンサルタントが向いているのかを考えてみてください。

希望する業界が決まったあとは、転職後に担当する業界に必要なスキルや知識について学びましょう。

キャリアの棚卸しをおこなう

コンサルタントへの転職を成功させるには、キャリアの棚卸しをおこなうのもおすすめします。

キャリアの棚卸しは、自身が担当したい業界が見つからない場合にも有効です。

また、コンサルタントに転職したい理由がいまいち明確にできない人にも効果が期待できます。

キャリアの棚卸しをおこなうのには、以下の目的が存在します。

  • 求人企業が求めるペルソナ(人物像)とのすり合わせができる
  • 職務経歴書やスキルシートの完成度が上がる
  • 転職先の幅が広がる

重要事項として、大きな実績や成果だけでなく、通常業務や社会人としての日常的な経験を振り返ることにも意識しましょう。

資格を取得する

コンサルタントへの転職を成功させるコツとして、資格を取得するのも効果的です。

コンサルタントに転職したい方へのおすすめには、以下の資格が挙げられます。

  • MBA
  • 中小企業診断士
  • 公認会計士・USCPA
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • ITストラテジスト試験
  • 簿記2級
  • TOEIC730点以上・TOEFL80点以上

キャリアについて相談に乗るのであれば、該当する業界に詳しくなくてはいけません。資格があれば、一つひとつの提案に対し説得力をもたせられます。

コンサルタントにとって有利な資格がない方は、上記のおすすめを参考にして資格取得を目指してみてもよいでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録するのも、コンサルタントへの転職を成功させる方法です。

とくに、前述でお話しした資格の勉強に挑戦する場合、転職活動にかけられる時間が取りづらくなるでしょう。

転職エージェントに登録すると、プロのキャリアアドバイザーによるサポートがつきます。転職活動に必要な段取りを全ておこなってくれるため、時間の節約にも有効です。

また、書類や面接などの選考対策までサポートしてくれるので、対策方法がいまいちわからない方にもおすすめできます。

コンサルタント業界に向いている40代の特徴

40代は、年齢の高さもあり転職において不安をもつ方もいるでしょう。しかし、なかには年齢の影響を受けずに転職を成功させる人もいるのです。

以下の特徴をもつ人は、40代でも転職しやすいといえます。

自身に該当する特徴があるかどうかを、今のうちに確認しておいてください。

向上心が高い人

コンサルタント業界に向いている40代の特徴として、向上心が高い人が挙げられます。

コンサルタントは、企業経営を支援する専門家です。ひとつの企業を、自分一人の力で成長させる立場を担います。

並大抵なレベルではなく、突出した向上心をもっていなくてはいけません。当然、コンサルタント業界には並外れた上昇志向をもった人がたくさんいます。

数多く存在する競合コンサルタントに差をつけるためにも、常にコンサルティングとしての実力を高める意思が大切です。

好奇心旺盛な人

コンサルタントとして活躍するのであれば、好奇心旺盛な姿勢を保っておくのも必要です。

高い好奇心は、顧客の抱える問題をどう解決すべきか、どう改善していけばよいかを見つけ出すのに大きく関係します。

コンサルタントが顧客の企業をサポートする際、競合企業のデータを参考にする場合があります。高い業績を誇っている競合企業に対し、「なぜ業績がよいのか」「どうやって規模を拡大させたのか」など、気になる点が出てくるはずです。

好奇心がある方が、調べることも学ぶことも、十分に楽しめる傾向にあります。コンサルタント業界に向いている人は、向上心にくわえて高い好奇心までもち合わせているといえるでしょう。

傾聴力がある人

コンサルタントとして、顧客の相談に乗ったりサポートしたりするのであれば、傾聴力の高さも大きく関係します。

顧客が抱える問題や、相談事を聞き出すためには、高い傾聴力が大切です。

問題や悩みがわからなければ、顧客がもつ課題を解決できません。相手の話を十分に理解するためにも、高い傾聴力を身につける必要があります。

顧客が経営において何に悩んでいるのか、どのような変化をもたらしたいのかを知るためにも、人の話に耳を傾けられる存在になりましょう。

物事をポジティブに考えられる人

コンサルタントとして企業のサポートをおこなう場合、あらゆる課題に対してポジティブに考える姿勢が大切です。

顧客によっては、かなり大きな問題を抱えている場合があるかもしれません。大きな問題に対しネガティブに捉えても、顧客に不安を与えるだけです。

しかし、どんなに深刻な課題があったとしても、ポジティブ思考があれば満足いく解決策が見つかる可能性があります。また、前向きな姿勢で向き合っている人は困難な課題が振りかかっても、簡単に諦めることはありません。

顧客に信頼を得られるコンサルタントになるには、今のうちにポジティブ思考を意識しておきましょう。

企業への分析能力がある人

コンサルタント業務は、企業に対する分析能力が必要不可欠です。顧客の問題を解決するときに、企業の営業利益や経営方針を分析する機会はたくさんあります。

競合企業のデータを参考にする場合も、あらゆるデータを分析する能力は大切です。企業の分析能力を高めるコツとして、数字に注目する習慣を身につけることをおすすめします。

顧客の企業や競合企業を分析する際、もっとも注目する点は利益や売上高、資本金などの数値でしょう。それぞれの数値は、時期などに分けられた状態でグラフ化されています。

企業の業績を調べるには、数値としてあらわされたデータを正確に読み取る能力が重要です。

40代がコンサルタントへの転職を検討するときの注意点

40代において、コンサルタントへ転職する際いくつかの注意点が存在します。

転職活動において注意すべき項目は以下のとおりです。

転職活動に踏み切るまえに、上記の注意点をしっかりと把握しておきましょう。

年収にこだわりすぎない

40代がコンサルタントに転職する際、年収にこだわりすぎるのは控えましょう。

前職で、管理職など責任のある業務を担っていた40代は、年収が高かった傾向にあります。

しかし、コンサルへの転職でも同等の収入が得られるとは限りません。未経験の場合、高い収入が期待できる企業からは、内定が得られづらいためです。年収が高い企業は、基本的に即戦力を求められるケースが見受けられます。

転職活動の段階では、今より年収が下がる前提で考えておきましょう。ただ、コンサルタント業界は最初の給与が安くても、高い成果を出すことで早めの昇進が狙えます。

収入のみで考えず、転職後の活躍を見据えた上で、将来像を構築しましょう。

物事を広い視野で考える

40代でコンサルタントに転職したい場合、物事を広い視野で考える習慣を身につけておきましょう。

とくに年齢が上がれば上がるほど、前職の勤続年数が長い人もいるかもしれません。しかし、職場によっても業界によっても、こだわりや特色は異なります。

企業に関するサポートを請け負うのであれば、さまざまな常識や価値観に対し、柔軟に向き合う姿勢が大切です。前職の考えに依存しすぎていると、顧客の相談に乗る際に偏った提案しかできなくなる可能性があります。

コンサルタントに転職するのであれば、数々の常識を考慮して、物事を広い視野で見ることを意識してください。

顧客との関係を良好に保つ

コンサルタント業界に転職したい方は、顧客との良好な関係が必要であると認識しましょう。

顧客も人間なので、どうしても相性の良し悪しが生まれます。誰しもそれぞれの考えがあり、自身の提案に納得してもらえないケースも大いに見られます。

しかしどんな場面に遭遇しても、常に良好な関係を意識するのは大切です。険悪な雰囲気になると、お互いに企業のための問題解決に取り組めなくなってしまいます。

顧客と良好な関係を保つには、不快に思わせないような言動や態度が重要です。相手に将来大活躍してもらうためにも、親身に寄り添う姿勢を相手に見せ続けましょう。

自身でも情報収集をおこなう

コンサルタント業界のための転職活動では、自身でも情報収集をおこなう姿勢が大切です。

転職エージェントを利用する方に見られますが、企業選びや選考対策をキャリアアドバイザーに任せっきりにする人が少なくありません。

転職活動をおこなうにあたっては、自身でもコンサルタントについて調べる姿勢が重要です。コンサルタントにもリサーチ力が必要な上、コンサルティング業界について詳しく知っておかないと、まともな活躍は期待できません。

コンサルタントとして担当したい業界や自身が詳しい業界、転職に足りないスキルは何かなどを調べておきましょう。

40代におすすめできるコンサルタント向けの転職エージェント

一人でコンサルタントに転職できるかが不安な40代に向けて、以下におすすめの転職エージェントを紹介します。

以下の転職エージェントは、転職を成功させるのに効果的なサポート提供してくれるため、転職活動を効率よく進めるのに有効です。

コンサルティング業務を担う上で必要なスキルが知りたい方は、ぜひ転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

【関連記事】コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 求人の1/3が年収1,000万円以上
  • 利用者の7割が思いもよらぬ企業からスカウトが届いたと回答
  • 3人に2人が年収アップを実現

ビズリーチ」は管理職や経営幹部層のハイクラス人材向けの求人を多く保有しています。

ヘッドハンターや企業から直接スカウトが届くため、自分の市場価値を診断したい方にもおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 自身の適切な市場価値を知りたい方
  • 年収1,000万円以上ほしい方
  • 自分でヘッドハンターを選びたい方
サービス概要
サービス名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数124,931件
(年収800万円以上:105,167件)
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.bizreach.jp/
2024年7月1日時点
  • 高年収の求人情報が豊富
  • 自分の市場価値を理解できた
  • 自分でエージェントを選べる
口コミをもっと知りたい方はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績は45万人以上
  • リクルートエージェントにしかない非公開求人が多数
  • 幅広い業界・職種の求人を保有

リクルートエージェント」は、業界最多クラスの求人数が魅力の総合型転職エージェントです。

ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな業種の求人を取り扱っています。

非公開求人も多数保有しているため、リクルートエージェントにしかない求人にも応募できます。

こんな方におすすめ
  • 土日や平日の夜にしか転職活動できない方
  • テレワークや残業が少ない求人を探している方
  • キャリアプランを相談したい方
サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数419,656件
非公開求人数362,556件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年7月1日時点
  • 自分に合う求人が見つかった
  • めんどくさい手続きを代行してくれる
  • 書類の添削や面接対策をしてくれる

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 転職後の平均年収925万円以上
  • レジュメ登録で企業やエージェントから直接スカウトが届く
  • AIによるマッチングでキャリアの選択肢が広がる

リクルートダイレクトスカウト」は、20代から40代まで幅広い年代向けの求人を保有しており、年収アップを実現したい方におすすめです。

自分の市場価値も分かるため、すぐに転職する予定がない方にもおすすめです。

  • 年収アップの転職を実現したい
  • 職務経歴書の作成に時間をかけたくない
  • スカウトと求人検索からの応募、双方利用したい
サービス名リクルートダイレクトスカウト
運営会社株式会社リクルート
公開求人数311,858件
(年収800万円以上:100,168件)
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://directscout.recruit.co.jp/
2024年7月1日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

利用する際に登録審査がないので、気軽に無料で利用することができるのが良いです。ハイクラス求人を無料登録だけで利用できるというのは、ここの最大の魅力だと思っています

リクルートダイレクトスカウトを利用しましたが、培ってきたスキルや経験を活かせるスカウトが届きましたし、更には待遇も良くてキャリアアップする事が出来たので、非常に助かりました。

リクルートダイレクトスカウトを利用しましたが、登録をするとメールが大量に届くようになりました


関連記事:リクルートダイレクトスカウトの評判|リアルな口コミや特徴・利用の注意点も徹底解説

【アンケート概要】
集計方法:インターネットによる調査
調査期間:2024年3月27日~2024年4月3日
調査対象:リクルートダイレクトスカウト利用者の男女

コンサルタントへの転職を検討している40代からよくある質問

コンサルタントへの転職に挑戦する方のなかで、とくに未経験の場合は不安なことやわからないことはたくさんあるでしょう。

以下に、コンサルタントに転職したいと考える、40代が抱く疑問について紹介します。

コンサルタントは何歳まで働ける?

コンサルタント自体に年齢上限はありません。

基本的に、企業によって定められた年齢が退職年齢です。

40代コンサルタントの年収は?

経営コンサルタントを例に挙げると、40~44歳の平均年収が944万1,300円、45~49歳の平均年収が840万5,000円とされています。

しかし、コンサルタントにはさまざまな種類があるため、年収は担当する専門によって異なります。

また転職となると、40代でもはじめの数年間は平均以下になると考えてください。

参考:職業情報サイト jobtag|厚生労働省

コンサル業界への転職には何年かかる?

転職までの年数や期間は人によって異なります。

3ヵ月〜半年で転職できる方もいれば、1年以上かかる方もいます。

コンサルに転職するのに年齢制限はある?

年齢制限はありません。

ですので、40代からでもコンサルを目指すことができます。

必要な知識を身につけてコンサルタント業界へ転職しよう

40代が、コンサルタントに転職できるかはスキルや実力、行動力にかかっています。40代以上になると、転職活動自体が厳しくなる場合もあるでしょう。

40代でコンサルタントに転職するには、自身がどの分野に強いのか、また自身に足りないスキルがないかなどを把握することが大切です。

コンサルタントは、顧客の企業を成長させたり、経営戦略を提案したりする仕事を担います。細かい分析能力や、顧客とのコミュニケーション能力がなければ、コンサルタントは勤まりません。

本気でコンサルタントに転職したいと考えている40代の方は、今のうちに転職を有利に動かせるよう対策を講じましょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
非公開
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
41万件
非公開求人数
36万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年7月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年7月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年7月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。当メディアは「コラムガイドライン」に基づき運営しています。 また、サイト内で紹介している転職支援サービスは「ランキング概要」等を基準に選定・評価しています。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。