コンサル転職のよくある失敗例|後悔しないためのコツを解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

コンサルタントに転職したけど、失敗しないか不安

近年は、日本国内にもコンサルタントという仕事が定着し、人気の高い職業の一つとして認知されています。

また、リクルートダイレクトスカウトの調査結果からも分かるように、さまざまな業界からコンサルタントへ転職している方も増えています。

【2022年】コンサルティング業界の転職市場は今後どうなる?|
【引用】【2022年】コンサルティング業界の転職市場は今後どうなる?|

ただ、コンサルタントの転職は人気が高いだけでなく、実際の業務の難易度も高いのが特徴です。

そのため、転職活動に成功しても、実際の業務がスタートしてから「失敗した」と感じる方が少なくありません。

そこで今回は、コンサル転職への失敗例や、失敗しないためのコツについて解説します。

あわせて読みたい
コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説 コンサルティング会社に転職したいけれど、自身のスキルや経験で転職するのは難しいよなぁ このようなイメージから転職活動に踏み切れない方は少なくありません。 確か...
目次

コンサル転職のよくある失敗例

以下では、コンサル転職のよくある失敗例について解説します。

  • 仕事の責任が重い
  • ハードワークで体力がきつい
  • スキルセットが足りない
  • 応募先のコンサルティングファームへの理解が足りない
  • コンサル業務への過度な期待
  • 転職する目的があいまい

仕事の責任が重い

コンサルタントの仕事は、クライアントの業績を左右する内容であるため、責任が大きいのが特徴です。

そのため、中途半端な知識やスキルで転職すると、実際の業務で通用しない可能性があります。

顧客は高いお金を払ってでも解決したい悩みをコンサルタントに依頼をしています。

もし顧客の課題を解決するために、社外はもちろん社内からもプレッシャーを感じることでしょう。

仕事のプレッシャーに耐えられず、ストレスを抱えてしまうコンサルタントは少なくありません。

ハードワークで体力がきつい

コンサルタントの仕事は責任が大きく、ハードワークが当たり前の業務でもあります。

コンサルタントは机上でビジネスを行うと考える人がいるかもしれません。

実際には仕事の現場に出向いてさまざまな人材から聞き込み調査を行い、業務改善のプランを立て、実際に実行するといったマルチな能力と行動が求められます。

そのため、体力に自信があるだけでなく、自己管理能力の高い人材でなければ務まらない仕事です。

スキルセットが足りない

コンサルタントに転職して、実際に活躍できる人材には、さまざまな経験や知識、スキルなどを総合した高いスキルセットが必要です。

コンサルタントに必要となる基本的なスキルについては、次のようなものがあります。

  • 論理的思考力(ロジカルシンキング)
  • 問題解決力
  • コミュニケーション能力
  • 困難を乗り越えやり抜く力(GRIT)

コンサルタントは、このような能力を発揮して、クライアントの問題や課題を解決します。

また担当している業界によっては専門的な知識が求められます。

課題解決に必要なスキルや経験が備わっていない方にとって、コンサルタントとして働くことに悩みを抱えている人は少なくありません

応募先のコンサルティングファームへの理解が足りない

コンサルティングファームには、それぞれ独自の文化やビジネスモデルがあります。

そのため、自分が応募するコンサルティングファームについて十分に理解していない場合、自分自身の能力や志向に合わないファームに応募してしまう可能性があります。

もし自分のスキルセットに合致しないコンサルティングファームに転職してしまうと、ミスマッチが起こり、思うような結果を残せなくなるでしょう。

コンサルタント業務への過度な期待

コンサルタントへの転職は、高い給与やステータスを求める人が多いため、過度な期待を抱くことがあります。

しかし前述したとおり、コンサルタントの仕事はハードであり、かつ高いレベルのスキルが求められます。

仕事に対する熱意や情熱がなければ長期的に成功することが難しいのが現実です。

華やかなイメージをもって転職した場合は、実際の業務とのギャップに苦しむ可能性が高いです。

転職する目的があいまい

もしコンサルタントに転職する理由が明確でない場合には、コンサルタント業界へ転職することは避けるべきでしょう。

もちろん、コンサルタント業界へ転職できるだけの高いスキルセットをお持ちの方であれば、転職活動は成功するかもしれません。

しかし、高い報酬やステータスを求めて転職してしまうと、転職後に「失敗した」と感じる可能性が高くなります。

何度も繰り返しますが、コンサルタントの仕事はハードで、仕事の現場ではあえて嫌われ役を演じるケースも少なからずあります。

このようなプレッシャーやハードワークに耐えることができないと、コンサルタントとして活躍することは簡単ではありません。

コンサル転職に失敗・後悔する人の特徴

ここではコンサル転職に失敗や後悔する人の特徴を解説します。

  • コンサルへの憧れが強い人
  • 自分で考えて動けない人
  • 自己アピールするのが苦手な人

コンサルへの憧れが強い人

コンサルタントと聞くと、華やかなイメージをする方もいます。しかし、実際は顧客への提案資料作成のためにデータを集めるなど地道な作業が多いことがあります。

入社前と実際に働き始めた後のギャップに苦しみ、転職に失敗する人もいます。

コンサルへ働き方や業務内容についての情報不足が主な原因です。

コンサルへの転職を失敗しないためにも、コンサルタントがどのような働き方をするのか事前に調べることが大切です。

自分で考えて動けない人

コンサルは常に成長が求められる職種であり、自発的に動いて自ら勉強していくことが求められます。

与えられた仕事をするだけで、自発的に動けない方は、周りが常に成長していく中で取り残されることになりかねません。

好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる人であれば、コンサルへ転職しても、自分の良さを活かしながら活躍することができるでしょう。

自己アピールするのが苦手な人

仕事ができる方でも、自分の成果をアピールするのが苦手な方は転職しても失敗する可能性があります。

コンサルは成果主義であり、どれだけの成果を残したかどうかが自分自身の給料に反映されます

どれだけ仕事ができる方でも、サポートするのが得意な方ではコンサルタントとして活躍できないかもしれません。

コンサルへの転職を失敗・後悔しないためのコツ

コンサルへの転職を失敗・後悔しないためのコツについて解説します。

転職する目的を明確にする

まず初めに、今回の転職における理由、つまりなぜコンサルタントへの転職を失敗したのかを明確にしましょう。

転職を決めた理由は、「給与が高いから」「労働環境が良さそうだから」といった理由が挙げられます。

しかし、コンサルタントから別の職種に転職するにはさらに深掘りして考えないと、同じ失敗を繰り返してしまう可能性があります。

そこで「Will-Can-Must」のフレームワークを使い、ご自分の転職する目的を確認してみましょう。

Will-Can-Mustとは、転職先の会社で、自分がやりたいこと(Will)できること(Can)しなければならないこと(Must)を整理する際に役立つフレームワークです。

Will-Can-Mustフレームワーク

この3つの項目を確認することで、本当に自分がやりたいことや、転職すべき企業が見えてくるはずです。

どんな転職ができれば成功かを定義する

先ほど紹介した「Will-Can-Must」のフレームワークを使い、最終的に「どんな転職ができれば成功か」を定義することも大切です。

現職の不満点や合わないと思っている理由から解決すべき点を明確にしていきましょう

自分が目指すゴールが決まると、逆算して転職活動を進めやすくなります。

一度フレームワークや自己分析を通じて、今回の転職で叶えたいことを考えてみましょう。

自分のスキルを棚卸する

自分の希望している企業に転職するために、自分がどんなスキルや経験を持っているのか、把握することが大切です。

コンサルタントとして働いて得たスキルや経験は、別の業界や職種に活かせるはずです。

ただし、企業側にとって、活躍できる人材であると判断されない限り、採用される可能性は高くはありません。

今までの仕事内容から自分がどのようなスキルや経験を持っているか一度棚卸してみましょう

スキルの棚卸は面接時の自己PRや職務経歴書作成時にも活用できます。

自分の持っているスキルや能力が分からない方は転職エージェントに相談することをおすすめします。

コンサルへの転職に失敗しないために気を付けること

次にコンサルへの転職に失敗しないために気を付けることについて解説していきます。

  • 同じ失敗を繰り返さない
  • 自分一人で転職活動を行わない

同じ失敗を繰り返さない

まず同じ失敗を繰り返さないため、コンサルタントとして働いていく中で、自分がなぜ合わなかったのか、退職したいのか理由を洗い出しましょう

退職理由を明確にすることで、次の会社に求める転職条件が決まってきます。

例えば、入社後のギャップが転職理由である場合は、以下のように企業への理解を深める必要があります。

  • 事業内容
  • 企業文化
  • 社内制度

働いてみないと分からない部分があるのは事実ですが、不満に感じたポイントを明確にすることで入社後のギャップを少しでも減らすことができます

同じ失敗を繰り返さないために、現職を退職する理由を明確にしましょう。

自分一人で転職活動を行わない

「退職理由を明確にする」「自分のスキルを棚卸する」ことは転職活動するうえで重要です。

さらに転職活動は求人紹介から企業分析、面接対策などを行う必要があります。

自分ですべて行うのは手間と時間がどうしてもかかってしまいます。

そこで書類添削から面接対策・日程調整を行ってくれる転職エージェントを活用することをおすすめします。

今まで多くの方の転職を成功させてきた転職エージェントからアドバイスをもらうことは、あなたの転職活動において損することはないはずです。

コンサルへの転職に失敗しないためにおすすめのエージェント8選

それでは最後に、コンサルタントへの転職に失敗しないためにおすすめのエージェント8選を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公式URL:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を保有している、転職支援実績の高いエージェントの一つです。

リクルートエージェントの主なサービス
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談 など

リクルートエージェントに登録したら、まずはキャリアアドバイザーとの面談を行います。

面談時には、非公開求人の紹介や選考対策を受けることができるため、好条件の求人でも比較的高い確率での採用が期待できます。

また、厳選された非公開求人数が25万件以上(23年3月現在)あり、業界でも最大級のエージェントです。

キャリアアドバイザーとの面談では、応募書類の添削・面接対策はもちろん、独自に分析した業界・企業情報も提供してくれます。

さまざまな業界に精通したキャリアアドバイザーが的確なサポートをしてくれるため、初めての転職活動でも安心して相談可能です。

また、ほぼすべての職種領域を網羅しており、転職希望者が聞きづらい年収交渉などの代行もしてくれるため、あなたの理想の職場に近づけるサポートを期待できるでしょう。

リクルートエージェントのおすすめポイントをまとめると、非公開の独占求人が非常に豊富で多彩なこと、求人の多さからほとんど全ての業種や職種を網羅していること、全国各地の求人に対応しているところです。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

公式URL:https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営している転職スカウトサービスです。

リクルートダイレクトスカウトの主なサービス
  • ヘッドハンターによるスカウト機能
  • エージェント・ヘッドハンターランキングの公開
  • ハイクラス転職事例の紹介
  • 業界トレンド情報の発信
  • 厳選された求人情報の公開
  • 求人紹介から内定までの一貫した支援 など

同社が運営するリクルートエージェントと比較すると、ハイクラス向けの求人に特化しているのが特徴です。

リクルートダイレクトスカウトは、業界大手の企業が運営しているため、信頼度の高い転職エージェントの一つといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、匿名登録が可能で、公開先もヘッドハンターのみとなっています。

そのため、現職の企業に転職活動を知られることなく、安心して利用できるのもメリットです。

リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイントとしては、年収800万円〜2,000万円のハイクラス求人案件を多数保有(公開求人数非公開)しており、ヘッドハンターが求人を提案してくれるため安心してサービスを利用できます。

また、Webサイト上では、転職活動に役立つ特集記事を多数掲載しており、転職活動を有利に展開できるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公式URL:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントで、さまざまな年代から人気の高いサービスの一つです。

マイナビエージェントの主なサービス
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限で対応可能 など

マイナビエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に転職の悩みに一つひとつ答えてくれるため、初めて転職する方も安心して利用できます。

また、企業担当のアドバイザーが求人票に載っていない情報も提供してくれるので、戦略的な転職活動も可能です。

マイナビエージェントは、中小企業を中心に独占案件が多く、これからキャリア形成していきたい方や、初めて転職活動をおこなう方におすすめしたいサービスです。

doda X

dodaX

公式URL:https://doda-x.jp/

doda Xは、大手人材会社のパーソルキャリアが提供する、コンサルタントなどのハイクラス向け転職サービスで、主に年収600万円以上の求職者を対象としているのが特徴です。

doda Xの主なサービス
  • ヘッドハンティング
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 内定手続き代行
  • 転職の悩みQ&A
  • 転職のコツ など

doda Xに登録して職務経歴などを入力するだけで、厳選されたヘッドハンターから年収800万円以上のハイクラス求人のスカウトが届くのが特徴です。

そして、ヘッドハンターが転職希望者の希望条件を確認したうえで適切な求人を紹介するため、転職活動におけるミスマッチが少なくなるメリットがあります。

希少性の高いハイクラス求人に限定した転職サービスであるため、これから更にキャリアアップしたいと考えているハイクラスな転職人材におすすめのサービスといえるでしょう。

doda Xは、年収600万円以上の求職者に特化した転職サイトであるため、キャリアアップを目指す方は必見です。

スカウト求人として届くものは、年収800万円以上のハイクラススカウトで、求職者の希望もあらかじめ伝えておけるため、自分にぴったりの求人に出会える可能性が高いのもメリットです。

ビズリーチ

ビズリーチ

公式URL:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチはビズリーチは年収1,000万円以上の求人を多数保有(2021年1月の調べでは全体で約3分の1)する転職エージェントです。

ビズリーチの主なサービス
  • エージェントサービス
  • タレント・ハイクラス会員制度
  • ヘッドハンター
  • スカウト など

ビズリーチでは、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送る「プラチナスカウト」といわれる制度があります。

このプラチナスカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みとなっています。

ビズリーチには、厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍しているため、優良企業とのマッチングを待ちながらじっくりと転職活動ができるのも魅力です。

ビズリーチのおすすめポイントは、年収1,000万円以上の求人が多いことや、優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえるところにあります。

それ以外にも、ビズリーチに登録するだけで、企業やヘッドハンターからのスカウトが届きます。

また、自分から優良企業と直接コンタクトを取ることも可能です。

type転職エージェント

type転職エージェント

公式URL:https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県エリアでの転職支援に特化したエージェントで、20年以上にわたり転職支援をおこなっています。

type転職エージェントの主なサービス
  • 転職カウンセリング
  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類・面接のアドバイス
  • 企業との細かな調整や交渉 など

type転職エージェントの運営歴は、大手転職エージェントであるリクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどと比べても引けを取らず、安心して転職サポートを任せることができます。

またtype転職エージェントは、女性の転職にも力を入れているのが特徴です。

type転職エージェントのおすすめポイントとしては、首都圏に限られるために求人総数は少なめですが、地域に限定している分充実したサポートが受けられるところです。

パソナキャリア

パソナキャリア

公式URL:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。

パソナキャリアの主なサービス
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウトサービス
  • 転職成功ノウハウ
  • セミナー、相談会の開催 など

コンサルタント業界のハイクラス転職を目指している方には、パソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリアは、抱えている求人の約半数が年収800万円以上のハイクラス求人で、オリコン顧客満足度調査でも、転職エージェント総合1位(2019・2022年度)を獲得する実績を持っています。

取引先企業は28,000社以上もあり、その中から専任のコンサルタントが、企業への推薦や面接日程調節といった転職活動を1からしっかりサポートしてくれるのが特徴です。

ハイクラス転職が得意なパソナキャリアは、未経験でもチャレンジできる求人の中には「年収2,000万円求人」「残業20時間程度の求人」など福利厚生の面でも魅力的な求人を多数抱えています。

条件の良い求人や、年収交渉を上手に活用することで、理想以上の給与条件で入社ができる可能性も十分にあるといえるでしょう。

パソナキャリアでは未経験からコンサルタント業界にチャレンジできる「未経験歓迎求人・積極採用中求人」の特集を掲載しています。

各業界に精通した担当コンサルタントが提出書類の添削や面接対策をおこなってくれるため、コンサルタント業界ならではの対策も万全にできます。

パソナキャリアの独占求人数は1,700件以上あり、パソナでしか見つけることのできない求人も多数あるため、パソナキャリアへの登録がおすすめです。

MyVision

MyVision

公式サイト:https://my-vision.co.jp/

MyVisionは、200社以上のネットワークがあるコンサルに特化した転職エージェントです。

MyVisionの主なサービス
  • キャリア相談
  • エージェントサービス
  • 非公開求人紹介
  • 書類添削・模擬面接等の選考対策
  • セミナー・選考会
  • 転職後のさらなるキャリアアップサポート

コンサルに特化した選考対策や面接対策を受けることができるため、未経験や異業種からコンサルを目指す方にもおすすめです。

また、利用者の95%以上が年収を上げているため、現職よりも高年収・キャリアアップを実現するための転職サポートをしてくれるでしょう。

まとめ

このように、コンサルタントへの転職に失敗しないためにも、まず自らのスキルセットや転職目的を明確にしましょう

自分一人で転職活動をおこなうのが不安な方は、転職エージェントの利用を強くおすすめします。

転職エージェントを活用することで、さまざまな転職リスクを軽減できるだけでなく、現職の仕事をしながら転職先を探すことも可能です。

転職したいけど時間がない、またどのように転職先を探せば良いかわからないという方は、ぜひ本記事で紹介した転職エージェントの中から3社ほどを選び、登録してみましょう。

きっとあなたにピッタリの転職先が見つかるはずです。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。