外資系企業で働きたい人に向いてる人や働くメリット・デメリットを解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「外資系企業は年収が高い」
「ワークライフバランスが整えられる」

というイメージから「外資系企業で働きたい」と考えている方もいるでしょう。

しかし外資系企業は、日本の企業と文化や環境が大きく異なるため、どのような特徴があるのか知らない方も多くいます。

そこで本記事では、外資系企業とは何かを徹底解説します。メリット・デメリットや向いている方の特徴を知ることで、外資系企業についての理解を深められるでしょう。

外資系企業に転職したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

関連記事:外資系に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング|年代別のポイントを徹底解説

目次

外資系企業とは?

外資系企業は、外国の資本を一定比率以上保有している企業を指します。

ただし厳密な定義は存在せず、経営方針や軸が外国によって決定されている企業を指します。

外資系企業の種類

外資系企業は、一般的に3種類のパターンに分けられます。それぞれの特徴や企業の方針、雰囲気など、詳しくみていきましょう。

海外企業の100%子会社

一般的な方が外資系企業としてイメージするのは、海外企業の100%子会社でしょう。

海外の企業が日本支社を設立した場合であり、世界的に有名で資金力やブランド力が高い傾向にあります。

海外にある本社の方針に従うため、設立初期には多くの外国人が在籍し、ビジネスで通用する英語力が必要です。

日本企業と共同で出資された企業

海外企業と日本企業で共同出資された企業も外資系企業と呼ばれます。この場合、出資額が大きい企業が主導権を握るのが特徴です。

出資比率によっては、経営方針や企業文化が大きく異なり、グローバルな特徴を強く持つ企業もありますが、日本企業の文化が色濃く残る企業も見受けられます。

主な目的は、海外企業が日本の市場でサービスや製品を拡大することになるため、日本企業との協力が欠かせません。

海外企業による買収、または資本提携された企業

海外の企業が日本企業を買収または資本提携すると、その企業は外資系企業となります。これは事業の拡大・海外進出・後継者不在の解決・事業の承継のために行われるのが一般的です。

海外企業が日本企業を買収する場合、経営方針や企業文化は、通常、買収先企業に合わせられる傾向にあります。

外資系企業へ転職したい方は以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
外資系に強いおすすめの転職エージェント比較ランキング|年代別のポイントを徹底解説 結論、外資系への転職を成功させたい方は、転職エージェントへ登録することをおすすめします。 外資系企業の求人は一般公開されずに、非公開求人として扱われることが多...

外資系企業と日本企業の違いとは?

外資系企業では一般的に実力主義が重視されるため、給与や昇進に直結する傾向があります。しかし、日本企業は年功序列や終身雇用が一般的であり、キャリアの安定性や忠誠心が重視されるでしょう。

また外資系企業では柔軟な働き方が採用されており、フレキシブルなスケジュールやテレワークが広く認められています。一方で、日本企業は比較的伝統的な働き方が残り、通勤時間や労働慣習が厳格な場合があります。

このような違いから、個々の働き方やキャリアの目指し方に合った企業の選択が重要です。

外資系企業と日本企業の働き方の違いを比較したい方は、以下の表を参考にしてください。

外資系企業日本企業
業務はスピード感が求められる業務は正確性が求められる
自己裁量が広く自分で決められる上司や管理職に決定権がある
合理的で成果主義組織的でプロセス重視
責任は個人で取る責任は組織で取る
主体性や積極性が求められる協調性やチームワークが求められる
サービス残業がなく長期休暇が取りやすい多少のサービス残業があり長期休暇が取りにくい

代表的な業界

外資系企業は一括りにされるケースが多いですが、実際にはさまざまな業界が存在します。代表的な業界には、コンサルティング・IT・金融・メーカーなどがあります。

主な業界や企業は、以下のとおりです。

海外企業の100%子会社IT業界Google Japan
コンサルティング業界マッキンゼー・アンド・カンパニー・ジャパン
日本企業との共同出資小売業日本マクドナルド
メーカー業シーメンス・ジャパン
海外企業による買収、または資本提携メーカー業鴻海精密工業に買収されたシャープ

仕事内容

外資系企業の仕事内容は大まかに営業・バックヤード業務・企画・マーケティング職などに分類されます。

営業職では企業の商品やサービスを販売し、市場に広める役割があります。アフターサービスや顧客とのコミュニケーションが必須であるため、企業と顧客を結ぶ重要なポジションになるでしょう。

バックヤード業務では経理・会計・総務など、企業の内部運営に関わる管理業務が主な仕事となります。ただし、外資系企業では総合職・一般職といった区分けは存在せず、単なる事務作業だけではありません。

企画・マーケティング職は、事業戦略の策定や販売促進などが主な仕事です。海外本社で計画された戦略を、日本国内の市場に合わせて具現化することが求められます。国際的な環境で働く場合が多く、語学スキルが重要とされるポジションでもあります。

外資系企業の特徴

外資系企業の特徴は、以下のとおりです。

  • 実力が重視される
  • 給与が高い傾向がある
  • 成果が直接年収に反映される
  • 不要な残業・休日出勤がない

それぞれどのような特徴なのか見ていきましょう。

実力が重視される

日本企業が年功序列や終身雇用などが主流の文化であるのとは対照的に、外資系企業は、個人の実績・スキルが明確に評価され、昇進・ボーナスなどに直結するのが一般的です。

成果やパフォーマンスに焦点を当て、実力を発揮できる人材が積極的に評価される傾向があります。

よって、外資系企業は自分自身の成長や実績を追求し、自ら努力できる人材を求めています。成果に見合った報酬を受け取れるため、向上心のある人に向いているといえるでしょう。

給与が高い傾向がある

外資系企業はグローバルに展開し、国際的な競争に挑戦しています。優れた人材を引き寄せ、確保するためには、高水準の給与形態が必要です。

一方で、日本企業は従来の経営スタイルや文化が影響して、昇進・給与の変動が相対的に緩やかな傾向にあります。

外資系企業の給与水準の高さは、企業がトップクラスの人材を惹きつけ、維持するための戦略の一環といえます。

また外資系企業は実力主義であるため、優秀なパフォーマンスを発揮した社員への報酬が高くなります。

成果が直接年収に反映される

外資系企業では実力主義が根付いており、社員の業績や成果が給与に直結する仕組みが一般的です。したがって、一人ひとりの貢献度が年俸・ボーナスといった報酬に反映されるため、実力が年収向上の大きな要因となります。

このような制度は組織全体のパフォーマンス向上を促進すると同時に、従業員のモチベーション向上にもつながるでしょう。

成果が評価されると高いモチベーションを維持し、より一層の成長や貢献を目指す社員が多くなる傾向にあります。

不要な残業・休日出勤がない

外資系企業は、効率性と働き方の柔軟性を重視する傾向があり、社員が業務を効率的にこなせるような環境を目指しています。

その結果、不要な残業や休日出勤を抑制し、ワークライフバランスの向上を図れるようになるでしょう。

一方で日本企業においては、過密な労働環境や長時間労働が一般的である点が課題とされています。これは、長時間労働が働き手の忠誠心や仕事への姿勢と結びつけられる文化が影響しているからです。

外資系企業は、働き手の生産性向上やモチベーション維持のために効果的な働き方を導入し、労働時間を適正化する方針が一般的になっています。

外資系企業で働くメリット

外資系企業で働くメリットは、以下のとおりです。

  • 年収が高い
  • 実力次第で年収を上げられる
  • 人間関係がドライな傾向がある
  • 仕事とプライベートを切り分けやすい
  • 幅広い文化に触れられる
  • 事業のスピード感が早い
  • 仕事を通じて語学力を高められる

外資系企業で働く大きなメリットは、実力が評価されれば年収アップにつながる点です。他にもさまざまなメリットがあるので、それぞれ理由を解説していきます。

あわせて読みたい
外資系企業で働く6つのメリット|働きやすい外資系業界・企業一覧 外資系企業で働くメリットは何? 外資系企業は高年収のイメージがあるけど、実際はどうなんだろう? といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか? 外資系企...

年収が高い

外資系企業では、国際的な人材の獲得と定着を促進するために、さまざまな福利厚生を提供するのが一般的です。

また、外資系企業は優れた人材を求めているため、高いスキルや経験を持つ社員を積極的に採用しています。結果として外資系企業で働くと、年収が他の企業に比べて高水準になるのです。

年収が高いと、社員のモチベーションを向上させ仕事に対するやりがいや満足度も高められるでしょう。外資系企業で働くのは、経済的な安定感やキャリアの向上につながるとされています。

実力次第で年収を上げられる

外資系企業は一般的に優れたパフォーマンスや成果に対して高く評価し、結果として報酬を増額しています。

実力主義の文化が根付いている外資系企業では、個々の業績・スキルが明確に評価され、それにもとづいて給与やボーナスが決められるのが一般的です。

外資系企業で働いて実力や能力を存分に発揮できれば、収入が増えることに繋がるでしょう。

優れた実力や成果を上げられる社員は、年収を上げられるチャンスがあります

人間関係がドライな傾向がある

外資系企業は業績・成果に焦点を当て、ビジネスライクで効率的なコミュニケーションが求められる傾向にあります。感情やプライベートな話題が少なく、冷静で効果的なやり取りが主体です。

このような傾向は、フラットでオープンな人間関係が重視される一般的な日本の企業文化とは対照的です。

ドライな人間関係は仕事に集中しやすい環境を作りだし、クリアなコミュニケーションによって業務が円滑に進みます。

仕事とプライベートを切り分けやすい

外資系企業は、業務において厳格なルールや効率的な働き方が求められます。この文化が浸透しているため、勤務時間内は仕事に集中し、効率的な業務を遂行しなくてはなりません。

一方で、仕事が終わればプライベートの時間をしっかり確保できます。

残業が少なく、休暇も計画的に取りやすい環境が整っているので、仕事とプライベートのメリハリをつけやすいのが外資系企業の特徴です。

効率的に働きながら充実したプライベートを維持できるでしょう。

幅広い文化に触れられる

外資系企業は国際的な環境でのビジネス展開であるため、さまざまな国籍や文化的バックグラウンドを持つ人々と一緒に働く機会が多くなります。

国際的なプロジェクトやチームでの仕事を通じて、異なる価値観や働き方に触れ、異文化コミュニケーションのスキルを向上させられるでしょう。

このような環境では多様性が尊重され、異なる文化からのアイデア・経験がビジネスに良い影響をもたらしています。よって、異文化への理解や柔軟性を高め、国際的な視野を広げられるでしょう。

事業のスピード感が早い

外資系企業は多くの場合、グローバルな競争の中でビジネスを展開しています。変化の激しい市場環境に柔軟に対応し、スピーディーに意思決定をおこなわなければなりません。

外資系企業では組織全体での迅速な行動が求められ、新しいプロジェクトやアイデアがすぐに実行される傾向があります。

このような環境で働くと、スピード感を大切にし、変化に対応する柔軟性や創造力が身につくでしょう。

仕事を通じて語学力を高められる

多国籍な環境での業務が一般的な外資系企業では、異なる国や地域の同僚やクライアントと働く機会が増えます。

異なる国や文化とのコミュニケーションを通じて、語学力を実践的に発展させ、国際的なビジネス環境で通用するスキルを身につけられます。

また、多言語環境での働き方を通して、コミュニケーション能力や異文化理解も同時に向上させられます。そのため、ビジネス英語や他の外国語のスキルを向上させるチャンスが豊富にあるでしょう。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

外資系企業で働くデメリット

外資系で働くデメリットは、以下のとおりです。

  • 成果を上げられなければ収入が下がる
  • 雇用が不安定
  • 日本撤退のリスクがある
  • 福利厚生が少ない
  • 日本の祝日が休日にならないケースがある
  • 語学力を活かせるかどうかは企業次第
  • 独特の社風になじめない可能性がある

外資系企業で働くメリットもあれば、デメリットもあります。外資系企業に転職する前にデメリットを確認して、ミスマッチを防ぎましょう。

成果を上げられなければ収入が下がる

外資系企業は実力主義が強く、個々の業績が給与や昇進に直結する傾向があります。したがって、業績が十分でない場合や期待された成果を上げられない場合、給与・ボーナスなどが削減される可能性があるでしょう。

実力主義の環境では、成果を継続的に上げなければならず、業績に応じて収入が変動する覚悟をもつ必要があります。

一方で、成果を上げた分だけ昇進したり報酬が上がったりするため、やりがいやモチベーションを高く保ちながら働ける点はメリットといえるでしょう。

雇用が不安定

外資系企業は、業績や組織の変化に柔軟に対応するため、解雇の概念が日本企業よりも広い範囲に及ぶ傾向にあります。

日本企業は、年功序列・終身雇用など雇用の安定を図る制度があるのに対し、外資系企業は一定の期間や成果が見込めないと解雇されるケースもあり得ます

また試用期間においても能力や適性の評価がおこなわれるため、成績が期待に応えられないと見なされれば、本採用されない可能性が高まります。

社員は比較的早い段階で雇用の継続が判断され、雇用の安定性が低いといえるでしょう。

日本撤退のリスクがある

外資系企業は、世界中に拠点を持つグローバルな組織であり、経営方針や事業展開の変化によっては日本から撤退する可能性があります

「日本の風潮に合わなかった」「事業がうまくいかなかった」など、撤退する要因はさまざまです。

撤退が実施されれば社員は雇用を失う可能性があり、企業の方針変更によって生じる影響に対処しなくてはなりません。

外資系企業で働くなら、企業の動向や経営方針の変化に敏感になり、将来的な不確実性に対処する準備が必要です。

福利厚生が少ない

外資系企業は、拠点とする外国の標準的な福利厚生が提供されているため、日本の慣習に合致しない場合があります。

日本では一般的な福利厚生として健康保険・厚生年金・労災保険などを中心に、さまざまな制度を設けています。しかし、外資系企業では一般的な福利厚生しか用意していない傾向があるでしょう。

外資系企業で働く場合は、就業条件や福利厚生の確認が必要であり、自分の生活スタイルやニーズに合った企業を選択することが大切です。

日本の祝日が休日にならないケースがある

外資系企業は、拠点とする外国の慣習やカレンダーにもとづいて休日を設定するのが一般的であるため、日本の祝日と一致しないケースがあります。

日本では、祝日を休息・レジャー・家族との時間として大切にする文化がありますが、外資系企業ではそのような休日文化が異なる場合があります。

外資系企業で働く場合、その企業が日本の祝日が休日になるかどうかを確認しましょう。

語学力を活かせるかどうかは企業次第

外資系企業は、国際的なビジネス環境での業務が多いため、語学力が求められます。しかし、企業によっては語学力を活かす機会が十分ではないこともあるでしょう。

外資系企業は多様な国籍・文化が交じり合う環境であるため、語学スキルが強みとされるときもありますが、そのスキルを活かす業務が用意されているかどうかは、企業の方針や業種によって異なります。

外資系企業では、自信の強みが活かせる業務に就けるかどうか、企業の方針や求人情報をよく確認しましょう。

独特の社風になじめない可能性がある

外資系企業は国際的な環境であるため、異なる国や文化から来た社員が集まります。その結果、独自の企業文化・働き方が形成されます。

コミュニケーションスタイルの違いや、仕事に対しての価値観が違う社員が協力して業務を進めなければいけないため、これまでの経験・慣習と異なる社風に適応する必要があるでしょう

このような独自性や異文化への順応が難しく、馴染めない状況が生じる可能性があります。企業の社風や働き方について事前にリサーチし、自分の価値観と合っているか確認するのが重要です。

外資系企業で求められるスキル・経験

外資系企業で求められるスキル・経験は、以下のとおりです。

  • 論理的思考力
  • 否定的思考力
  • 語学力
  • 課題発見・解決力
  • 異文化理解力

外資系企業で働くには、さまざまなスキル・経験が必要です。以上に該当するスキル・経験をもつ方は、外資系企業への転職が有利になる可能性が高くなります。

では、それぞれの理由について解説していきます。

論理的思考力

論理的思考力は、事実やデータをもとに合理的な判断や解決策を導く力を指します。

外資系企業は多国籍・多文化な環境で事業展開しており、複雑な情報や課題に対して迅速で的確な判断を下すためには、論理的思考力が不可欠です。

また、国際的なビジネスの中では、データや事実にもとづいた意思決定が重要となります。

論理的思考力を持っていると、効果的なビジネス戦略の策定や問題解決に貢献できるでしょう。

否定的思考力

否定的思考力とは、単に否定的であるというだけでなく、提案・アイデアに対して批判的な視点を持ち、改善点を見つけ出す力です。

外資系企業は常に変化する市場やビジネス環境に対応しなければなりません。否定的思考力をもっていれば、新しい提案に対して客観的かつ冷静な視点から評価し、より効果的な戦略の構築が可能となります。

また、否定的思考力はビジネスのリスク管理にも良い効果をもたらします。さまざまな意見やアイデアが浮かぶ中で、問題や障害を事前に把握し、適切な対策をとれるでしょう。

語学力

外資系企業で求められるスキルの一つは、語学力です。多国籍な環境で業務をおこなうため、異なる国や地域とのコミュニケーションが欠かせないからです。

語学力は、異なる国や地域のチームメンバーと円滑にコミュニケーションを図るために必要となります。

外資系企業は国際的なプロジェクトが頻繁に発生するため、英語を含む複数の言語に対する適応力が求められるでしょう。

また、異文化理解も語学力の一環として大切なスキルです。異なる国・地域のビジネス慣習や社会的なルールを理解し尊重できれば、円滑な国際ビジネスの成功につながります。

課題発見・解決力

課題発見・解決力とは、急速な変化や複雑なビジネス環境に対応し、持続的な成果を上げるために必要な能力です。

ビジネス環境が複雑で変動しやすいため、従来の解決策だけでは対処しきれない多くの課題が発生します。こうした中で、課題を早期に発見し、迅速かつ効果的に解決しなくてはなりません。

課題発見・解決力が高い人材は、問題点を的確に把握し、柔軟な発想で解決策を見つけ出せるでしょう。

外資系企業では変化の激しい環境において、課題を見極め解決策を導き出す力があれば、ビジネスの成功につながりやすくなります。

異文化理解力

異文化理解力とは、異なる文化・バックグラウンドを持つ人々と円滑にコミュニケーションを図り、異文化環境での業務や協力関係を構築する力を指します。

外資系企業は多国籍かつ多様な環境であるため、異なる文化を持つチームメンバーやクライアントとの協力が日常茶飯事です。そのため、異文化理解力がないと円滑な業務遂行が難しくなるでしょう。

異文化理解力を持っている人は、異なる文化背景を持つ相手に敬意を払い、異なる意見や価値観を受け入れられます

外資系企業に向いている人の特徴

外資系企業に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • 国際的な視野をもつ人
  • 留学経験を活かしたい人
  • 物事を効率的に進められる人
  • 自分の意見を主張でき柔軟性がある人
  • 成果主義で働きたい人

これらの特徴に当てはまる人は、前向きに外資系企業の転職への検討をおすすめします。それぞれの理由について詳しく解説します。

国際的な視野をもつ人

外資系企業に向いているのは、国際的な視野をもつ人です。なぜなら、グローバルな環境での仕事や異なる文化とのコミュニケーションが求められるからです。

外資系企業は多国籍で構成されており、異なる国・地域での事業展開が一般的です。外資系企業では異文化に対する理解や柔軟性が必要とされます。

国際的な視野をもっていれば、異なるバックグラウンドを持つチームメンバーやクライアントと協力しやすくなります。

言葉・文化の違いを理解し適応する力がある人材は、外資系企業で優れた適応力を発揮できるでしょう。

留学経験を活かしたい人

留学経験者は、異文化での生活を通じて異なる価値観・言語に触れ、柔軟性や異文化理解力を身につけているため、外資系企業では重宝される人材といえるでしょう。

外資系企業は国際的な環境での業務が多く、留学経験者は異なる国々でのビジネスにおいてリーダーシップやコミュニケーションスキルを発揮できます。

言葉や文化の壁を超え異なる背景を持つチームと協力するときには、留学経験が大きなアドバンテージとなります

物事を効率的に進められる人

物事を効率的に進められる人は、競争が激しい外資系企業において、迅速で効率的な意思決定・業務遂行ができるため重宝される傾向にあります。

効率性は、プロジェクトの進行管理や業務の最適化などにおいて重要な要素です。

外資系企業では、スピーディーかつ効果的なビジネスの進行が求められるので、物事を効率的に進められる人材を求めています。

自分の意見を主張でき柔軟性がある人

外資系企業は異なる国々や文化を持つ人と業務をするため、多様性を尊重し柔軟なコミュニケーションが求められます。

自分の意見を主張できる人は、新しいアイデアや視点をもたらせるでしょう。併せて、他のメンバーと円滑にコミュニケーションをとりながら、協力して業務を進められる柔軟性も重要です。

自分の意見を主張でき柔軟性を持って行動できる人材は、外資系企業の環境に適しているといえるでしょう。

成果主義で働きたい人

外資系企業は実力・成果を評価し、それにもとづいて昇進や報酬を決定する成果主義の文化が根付いています。業績や実績を重視し、個々の貢献が企業全体の成功につながると考えられています。

成果主義の環境では、個人の能力・努力が直接的に昇進や給与に反映されるため、自分の実力を存分に発揮し、自己成長できるでしょう。

外資系企業は市場競争が激しい中で成長していくため、高いモチベーションと実績の積み重ねが求められます。

そのため、主体的に業務に取り組んで成果を上げたいと考える人は、外資系企業で活躍するのに適しています

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点

外資系企業に不向きな人の特徴

外資系企業に不向きな人の特徴は、以下のとおりです。

  • 楽に稼げると思っている人
  • 待遇だけを気にする人
  • 成長意欲が低い人

これらの特徴に当てはまる人は、外資系企業の転職を考え直した方が良いかもしれません。それぞれの理由について詳しく解説します。

楽に稼げると思っている人

外資系企業は高いパフォーマンスや成果を求め、その見返りとして給与・キャリアの成長を提供する成果主義の文化が根付いています。

「楽に稼ぎたい」と思っている人は、成果主義の環境に耐えられず挫折し、早期離職に至るかもしれません。

外資系企業は競争が激しく、高い専門性やスキルが要求されるため、単なる楽な仕事ではなく結果を出すための努力を怠らない姿勢が重要です。

楽に稼げると考える姿勢は、外資系企業の求める価値観とは合致せず、長期的な成功にはつながりにくい傾向にあります。

待遇だけを気にする人

外資系企業は成果やパフォーマンスを重視する企業文化があり、高いスキル・専門性を持った人材が求められます。単に待遇だけを重視し高収入を得ることが目的の人は、外資系企業で成功しにくいでしょう。

結果を出すには仕事に対する高いモチベーションや能力が必要であり、待遇だけを重視する姿勢は企業の求める価値観とは合わない場合があります。

成長意欲が低い人

外資系企業は急速な変化と競争の激しい環境なため、絶えず新しいアイデアや技術に挑戦する姿勢が求められます。

成長意欲が低い人は、新しい物事に挑戦したり自分のスキルを向上させる意欲が不足していたりするため、外資系企業の求める人材像には合致しません。

外資系企業は高いパフォーマンスや革新的な発想を重視し、社員が主体的に学ぶことを求めています。したがって、成長意欲が低い人は企業の期待に応えるのが難しくなるでしょう。

外資系企業に転職するための秘訣

外資系企業に転職するための秘訣は、以下のとおりです。

  • 過去の経験・スキルを棚卸する
  • 論理的かつ定量的にアピールする
  • 在職中に活動する
  • 資格を取得する
  • ビジネス特化型SNSを活用する
  • 転職エージェントを併用する

外資系企業は実力主義であるため、選考を通過するのも難しいといえるでしょう。しかし、対策次第で外資系企業への転職も十分に可能です。

外資系企業で働きたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

過去の経験・スキルを棚卸する

過去の経験・スキルの棚卸しは、転職活動を通じて自分の強みを明確にし、外資系企業が求める人材に自己をマッチさせるための重要なステップです。

まず、過去の仕事で培った経験・スキルを振り返り、自分がどの分野でどれだけの実績を上げてきたかを明確にします。

たとえばプロジェクトのリーダー経験・国際的な業務・問題解決能力など、外資系企業が重視する要素をあげましょう。

次に、これらの経験・スキルを転職先の外資系企業が求めるポジションや業界にどのように活かせるかを考えます。具体的に、どのような価値を提供できるかを明確にし、アピールポイントとして強調します。

自分の弱みを見つけたら、不足している部分を補うための学習・資格取得・新しいプロジェクトへの参加など、スキル向上に努めましょう。

自分の過去の実績とスキルを適切に整理し、外資系企業の要望と合致できれば、転職活動が成功につながりやすくなります。

論理的かつ定量的にアピールする

自分のスキル・経験をアピールするときは、論理的かつ定量的に伝えましょう。なぜなら、外資系企業がデータやロジックにもとづいてビジネスを進める文化があるからです。

まず、これまでの業績や実績を具体的な数字・データで示し、それがどのようにビジネスに貢献したかを明確に説明します。

たとえばプロジェクトの成果物・売上向上・コスト削減に対する貢献など、具体的な数値で自己実績を証明すると良いでしょう。

外資系企業は実績やデータに強い関心を持つ傾向があるため、論理的かつ定量的に伝えるのは、履歴書・職務経歴書・面接など自分の実績をアピールする場面で効果的です。

在職中に活動する

外資系企業に転職するための秘訣の一つは、在職中に積極的に転職活動をすることです。在職中に転職活動を進めると、安定的な収入源を得ながら活動できます。

一方、退職してから転職活動を進めると、安定した収入がなくなり、貯金を切り崩す必要があります。外資系企業の選考は厳選され、狭き門となっているので、すぐに転職できるとは限りません。

その結果、収入がない焦りから本来の目的とは違った企業へ転職する可能性があります。

「外資系企業で働きたい」という意欲がある場合は、焦らず計画的な行動が重要です。そのためには、在職中に活動する必要があるでしょう。

資格を取得する

資格を取得すると自分のスキルを向上させ、外資系企業が求める専門性や能力をアピールできます。

マネジメント関連の資格や国際ビジネスに関する資格などを持っていると、実力を重視する外資系企業の転職に有利になるでしょう。

具体的なおすすめの資格は、以下のとおりです。

外資系転職におすすめの資格
  • TOEIC
  • 国連英検
  • 国際秘書検定
  • 米国公認会計士
  • MBA

このような資格を持っていると、企業が求める職務に対して適切な資格を有しているとみなされます。

業界や職種によって適した資格が異なるため、転職したい外資系企業が特に重視する資格を調査し、それにもとづいて取得を検討すると良いでしょう

ビジネス特化型SNSを活用する

外資系企業に転職するなら、ビジネス特化型のSNSを積極的に活用するのがおすすめです。

外資系企業ではリファレンス採用がおこなわれ、既存の社員からの推薦や紹介が重視される場合があります。

ビジネス特化型SNSを利用すると、業界や企業に関連する社員とネットワークを構築し、リファレンス採用の機会を増やせるでしょう。

また、LinkedInなどのビジネス特化型SNSを活用して自分をアピールできれば、企業の関係者と直接つながり、転職に関する情報や採用の機会を得られます。

転職エージェントを併用する

転職エージェントは転職市場の情報に精通しており、外資系企業の求人情報や転職に関するアドバイスを提供してくれます。

転職エージェントを併用し、さまざまな企業を紹介してもらうと、非公開求人や優良な求人情報にアクセスできる可能性が高まるでしょう。

信頼性の高い転職エージェントを選定し、希望する外資系企業の求人情報を積極的に収集するのが大切です。

また、転職エージェントを併用することによって、多角的な視点でアドバイスをもらえるようになります。そのため、自分の強み・弱みを把握でき選考対策が効率よく進められるでしょう。

信頼できる転職エージェントを活用したい方は、以下で紹介する企業がおすすめです。

外資系企業への転職におすすめするエージェント3選

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

170,269件

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,004件
非公開求人数 17,637件
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

外資系企業への転職活動の特徴

外資系企業への転職活動の特徴は、以下のとおりです。

  • 英文レジュメが求められる
  • 面接で語学力のチェックがあるケースも
  • 内定後にオファーレターを受け取る

外資系企業は、日本の企業とは違う転職活動の特徴があります。特徴を理解していれば、実際に転職活動をするときに効果的な対策ができるでしょう。

英文レジュメが求められる

外資系企業への転職活動では、英文レジュメの提出が求められます。英文レジュメとは履歴書・職務経歴書などの書類を英語で作成したものです。

外資系企業はこの文書を通じて、個々のスキルや経歴を理解し、採用の判断材料とします。

英文レジュメの作成は、単なる翻訳ではなく、自己PRや業績を魅力的に表現するスキルが求められます。具体的な業績・プロジェクト・貢献度を適切に伝え、自分の強みを際立たせるのがポイントです。

また、ビジネス英語や業界用語の使用も評価の対象になるため、語学力・ビジネスコミュニケーションのスキルも必要になるでしょう。

面接で語学力のチェックがあるケースも

外資系企業への転職活動では、語学力のチェックがおこなわれるケースもあります。

たとえば、日本語での面接中に英語での質疑応答が入る場合があります。このような状況では、応募者は即座に英語でコミュニケーションをとらなければなりません。

業務やチーム内でのコミュニケーションが英語でおこなわれる可能性がある外資系企業において、語学力の実力を確認する手段となります。

また、外国籍の上司による面接も語学力のチェックの一環です。外資系企業では、異文化の中で円滑な業務遂行が求められるので、上司との円滑なコミュニケーションも必須になります。

内定後にオファーレターを受け取る

外資系企業では内定を得た場合、オファーレターを受け取るのが一般的です。オファーレターとは企業から内定者に送られる、正式な内定通知書です。

オファーレターには転職に関する重要な情報や条件が記載されており、企業との合意が成立すれば正式に内定が確定します。

オファーレターは内定者と企業の双方にとって契約の証となる重要な文書です。転職後のトラブルを減らすために、内容に相違がないかしっかり確認しましょう。

外資系企業で働く注意点

外資系企業は成果主義であるため、業績やプロジェクトの成果が重視され、常に結果を求められる環境です。場合によっては、働く中でストレスが蓄積しやすく、早期離職につながる可能性があるでしょう。

外資系企業の労働環境や文化は、日本企業と異なる場合が多く、転職前にしっかりと企業について理解することが大切です。

経営理念・ビジョン・仕事の進め方などを理解し、自身の適性や価値観と合致するかどうかを検討しましょう。

外資系企業で働きたい人によくある質問

外資系企業で働きたい人によくある質問をまとめました。

外資系企業で働く良さはなんですか?

外資系企業は成果主義が主流となっているため、実力・実績次第で高年収や高待遇が期待できる点です。自分の実力を正当に評価してもらいたいと考える人にとってはおすすめといえるでしょう。

外資系で働きやすい企業は?

外資系で働きやすいとされる企業は、以下のとおりです。

  • イケア・ジャパン
  • キャセイパシフィック航空会社
  • ブッキングドットコムジャパン
  • ブルームバーグ・エル・ピー
  • エミレーツ航空会社

このような会社は、残業が少なさや有給消化率が高さから、ワークライフバランスが取りやすく職場環境が良いとされています。

ただし、働きやすさは自分自身がなにを優先するかによって異なります。多くの外資系企業を比較し、自分の希望条件に合った企業を見つけましょう。

外資系企業は即日解雇があるって本当?

外資系企業においても、基本的には日本の労働基準法が適用されるため、即日解雇ができるわけではありません。

ただし外資系企業では解雇ではなく、退職勧奨といった形で雇用関係の終了が勧められる場合があります。退職勧奨は、人員調整として一定の期間・条件を提示して退職を促すのが一般的です。

英語はどのくらい使いますか?

外資系企業は国際的な環境で事業を展開しているため、英語を使用する機会が多い傾向がありますが、使用頻度は企業の業種や方針により異なります。

グローバルな規模で事業展開している企業や本社が外国にある企業では、英語が日常業務の中で頻繁に使用されます。

しかし、日本国内の市場に主に焦点を当てている企業は、英語の使用頻度がそれほど高くないでしょう。

TOEICは何点以上必要ですか?

外資系企業への転職を目指すなら、最低でも700点以上は取得しておきましょう。TOEICは英語力のアピールに役立ちますが、TOEICの点数が低すぎると足切りされてしまう可能性もあります。

未経験でも採用されますか?

外資系企業においても、未経験者を積極的に採用するケースがあります。なぜなら、新卒採用プログラムや未経験者向けのトレーニングプログラムを提供している企業があるからです。

未経験者でも外資系企業で働きたい意欲を持っているなら、積極的に応募してみましょう。

あわせて読みたい
外資系企業未経験でも転職を成功させるポイントを徹底解説! 外資系企業は未経験でも転職できる? 未経験から外資系企業へ転職するにはどんな対策が必要? といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。 外資系企業は「...

40代でも挑戦できますか?

40代でも外資系企業への挑戦は十分に可能です。多くの外資系企業では、年齢に関係なく、適切なスキル・経験を持つ人材を求めています。

40代になると豊富な経験・知識・人間関係の構築などが強みとなり、求人に適している場合もあるでしょう。

海外勤務になる可能性はある?

外資系企業が日本人を採用するとき、一般的に日本国内での業務を担当するのが想定されています。よって外資系企業に転職しても、海外勤務のチャンスが用意されているわけではありません

もし海外勤務を希望するのであれば、外資系企業本社の募集情報を確認し海外勤務の求人に応募するか、日本企業の海外支社に応募すると良いでしょう。

外資系企業で働きたい人は転職エージェントを有効活用しよう

外資系企業は個人のスキル・実績によって昇進や昇給の機会を得られる成果主義が採用されています。年齢・性別・勤続年数を問わず、正当に実力を評価してもらいたいと考える人にとってはおすすめです。

ただし、求められる能力は日本企業と違う部分があるので、外資系企業の働き方が自分に適しているかを確認することが大切です。

また、外資系企業は競争が激しい環境で業務をおこなわなければならないため、即戦力として企業に貢献できる人材を求めています。よって、採用は狭き門といえるでしょう。

そのため、外資系企業で働きたい人は、転職エージェントの活用がおすすめです。外資系企業の転職に関する知識が豊富なアドバイザーが、求職者一人ひとりに合った選考対策をしてくれるでしょう。

転職エージェントのサポート内容
  • アドバイザーによる希望条件やスキルのヒアリング
  • 求人紹介
  • 応募書類や面接対策
  • 条件交渉
  • 入社手続き

転職エージェントを利用すると、自分で求人を検索する時間や一人で悩む時間が減り、効率よく転職活動を進められます。

外資系企業で働きたい人は、まずは転職エージェントの無料相談を受けてみましょう。

1分で無料登録!
ハイクラスに特化した
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
公開求人数
16万件
非公開求人数
非公開
1か月で平均20件以上のスカウトが届く、年収800万円以上を目指したい方向けのハイクラス特化エージェント。簡単レジュメ登録をして待つだけでOK。
ビズリーチビズリーチ
4.8
公開求人数
10.6万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
【とりあえず登録!安心の大手】特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda
4.0
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント。
2024年3月時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda
4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年3月時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
リクルートダイレクトスカウトリクルートダイレクトスカウト
4.9
口コミを読む
・スムーズに年収の上がる転職ができたので、無駄な時間がかからなくて使い勝手が良かったです。
・エージェント担当の方の機械的な対応に「仕事感がある」と感じた。
ビズリーチビズリーチ
4.8
口コミを読む
・7年勤めた会社から転職する際に利用しました。登録後の無料期間で多くのスカウトをもらえました。
・まだ転職前ですが、市場における自分の価値を認識できたので有意義だと感じています。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.2
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda
4.0
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
2024年3月時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。