転職スカウトの内定率は高い?好条件スカウトの見極め方を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
転職スカウトの内定率は高い?好条件スカウトの見極め方を解説
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

転職サイトに登録すると、企業の採用担当者からスカウトメールが送られることが一般的です。

しかし、気になる企業からスカウトを受けても「内定率は高いのか」「不採用になる可能性はあるのか」と利用について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、転職サイトから送信されるスカウトメールの内定率について解説します。さらに転職サイトのスカウトメールを活用するメリット・デメリット、内定率を上げる方法を詳しくお伝えします。

どのスカウト型の転職サイトを利用すべきか迷っている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:スカウト型転職サイトおすすめランキング|仕組みや特徴・評判を徹底比較 

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

転職スカウトからの内定率は?

転職スカウトからの内定率は通常の転職活動と比べて高い傾向があります。なぜなら、企業がスカウトを送るという行為は、求職者に対して興味を抱いているからです。

企業が積極的に求職者にアプローチする場合、企業はその人材に期待し必要としていると考えられるでしょう。

また、一般的に内定率が高い理由の一つとして、企業が人材不足に悩んでいる可能性があります。スカウトを通じて優秀な求職者を確保しようとしている企業は、採用活動をスムーズに進め、内定を出す場合があります。

ただし、スカウトの種類によって内定率は異なります

企業からの直接スカウトや、特定の求人に関するスカウトは内定率が高い傾向がありますが、一般的な求人情報の一斉送信型のスカウトは内定率が低い場合があります。

高橋 宇内氏

実際に利用されている転職スカウトの種類について見ていきましょう。

転職スカウトの種類

転職スカウトの種類は「通常スカウト」と「プラチナスカウト」の2種類があります。それぞれどのような違いがあるのか解説します。

関連記事:転職サイトのスカウトの仕組みとは?好条件の見分け方やメリットを解説

通常スカウト

通常スカウトは、企業が転職サイトに登録している求職者にアプローチする方法です。

通常スカウトの場合、自動送信される可能性が高く、求職者のプロフィールやスキルにもとづいて定型的なメッセージが送られてきます。

多くの求職者に同じ内容のスカウトメールが送信されているため、個別にカスタマイズされていないことが特徴です。

また、通常スカウトは内定率が低い傾向にあります。なぜなら、企業が広く求職者にアプローチしているため、個人の適性や志向にマッチする確率が低いからです。

高橋 宇内氏

通常のスカウトメールを受け取ったら、注意深く内容を確認し、本当に自分に適しているかどうかを検討しましょう。

プラチナスカウト

プラチナスカウトは通常のスカウトと異なり、企業の採用担当者や転職エージェントが直接送信する特別な方法です。

通常のスカウトよりも求職者個人に宛てたアプローチがなされるため、内定率は高いといえるでしょう。

高橋 宇内氏

プラチナスカウトは各転職サービスによって名称が異なります!

  • ビズリーチ:プラチナスカウト
  • リクルートダイレクトスカウト:一球入魂スカウト

プラチナスカウトが届いた場合、企業が求職者の経歴やスキルに興味を持っており、積極的に採用を検討している可能性が高まります。

さらに、プラチナスカウトは書類選考が免除される場合が多く選考が有利に進むでしょう。

プラチナスカウトメールが送られてきたら貴重なチャンスだと思い、真剣に検討することが重要です。

【プロが解説】内定率が高いスカウトを見極めるポイント

内定率が高いスカウトを見極めるポイント
高橋 宇内氏

内定率が高いスカウトを見極めるには、企業の採用担当者が自分宛に直接送っているスカウトメールかどうかを確認しましょう。

スカウトメールの内容を確認して、自分のスキルや経験と合致している場合、採用担当者が一人ひとりのプロフィールをみている可能性が高いです。

企業が直接送信したメールは、自動で一斉送信されているメールよりも、求職者を採用する意欲があり、内定率が高い傾向にあります。

また、スカウトメールに書類選考や面接選考の詳細がしっかり記載されてあるかどうかも、確認すべきポイントです。

選考の詳細が記載されてある場合、企業が積極的に採用を進めているといえます。

高橋 宇内氏

スカウトメールが送られてきたら、中身を確認して内定率が高いスカウトを見極めましょう。

転職スカウトを活用するメリット5つ

転職スカウトを活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 書類・面接選考が優遇される
  • 求人を探す時間を節約できる
  • 市場価値を分析できる
  • 非公開求人の選考を受けられる
  • 内定率が高くなる

転職スカウトは多くのメリットがあります。メリットを理解し、自分自身の転職活動に適しているかどうかを確認しましょう。

書類・面接選考が優遇される

転職スカウトは書類・面接選考がスムーズに進む優遇を受けられる可能性が高くなります。なぜなら、企業が求職者の経歴を確認し、求める人材にマッチした求職者にスカウトメールを送るからです。

特に採用担当者が直接メールを送る場合、本気で採用を検討しているため、内定を獲得しやすい状況といえます。よって書類選考が省略されたり、面接が段階的に進まず最終面接が確定したりする場合があります。

通常の選考とスカウトメールからの選考の一般的な流れを、比較してみましょう。

【通常の選考】
  1. 書類選考
  2. 1次面接
  3. 2次面接
  4. 最終面接
【スカウトメールからの選考】
  1. 1次面接
  2. 最終面接

上記のように、スカウトメールからの選考の場合は、書類選考が免除されたり面接選考が最終面接から始まったりする場合が多くなります。

通常の選考手順では、各段階の結果が出るまでに1週間ほどかかりますが、転職スカウトにより書類選考や面接の段階が省略されると、内定までの時間が短縮されます。

転職を急ぎたい方や確実な求人に絞りたい方は、転職スカウトを積極的に活用するのをおすすめします。

求人を探す時間を節約できる

一般的に転職活動をするとき求人はサイトを使って探しますが、仕事を続けながら転職活動をする場合、退勤後や休日などを返上しておこなうケースが多くなります。

求人を探す時間が少ないと、自分に適した求人や希望に合った求人が見つからないかもしれません。

転職スカウトなら、企業側が求職者の経歴を見て自社に合った人材を選んでメールを送っているため、求人検索をする時間が省け、希望に合った求人に出会える可能性が高まります。

仕事を続けながら転職活動をする方にとっては、書類選考や面接選考の対策など、他の活動に時間を有効的に使えるでしょう。

市場価値を分析できる

スカウトメールを利用して、どのような求人のスカウトがくるか確認すると、自分の市場価値を判断する材料にできるでしょう。

スカウトで好条件の求人が送られてくる場合、自分のスキルや経験が市場で高く評価されているといえます。条件が不十分な場合は、市場価値が低いかもしれません。

ただし、一つの指標にすぎないため、ネガティブに捉えないようにしましょう。

より詳しく正確な市場価値を知りたい場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。転職エージェントは市場の動向や企業のニーズを把握しており、的確なアドバイスを提供してくれます。

転職サイトからのスカウト状況に応じた助言もしてくれるので、転職活動をよりスムーズに進められるでしょう。

非公開求人の選考を受けられる

非公開求人は、一般的な求人サイトや企業の公式Webサイトなどには掲載されておらず、特定の条件を満たす求職者に対して限定的に公開される求人です。

非公開求人は条件や待遇が非常に魅力的なだけでなく、応募する母数が少ないため、内定率が高まる傾向にあります。

プラチナスカウトは通常のスカウトよりも内定率が高く、非公開求人を紹介してくれる可能性が高いでしょう。

転職サイトからのスカウトでは、通常の求人サイトからは応募できない非公開求人にアクセスできるので、プラチナスカウトには特に注目しましょう。

内定率が高くなる

転職スカウトを利用すると、内定率が高くなるメリットがあります。その理由は、企業が求職者のプロフィールを見て、その条件に合った求職者にメールを送るからです。

企業がすでに求めるスキルや経験を評価してスカウトしてきているため、選考通過率が向上するでしょう。

企業が求める人材にマッチしていると判断されているので、選考で自己アピールがしやすくなります。

採用担当者はスカウトメールを通じて求職者の適性を確認しているため、面接では具体的な実績やスキルのアピールに焦点を当てられ、内定への道がよりスムーズに進むでしょう。

転職サイトからのスカウトメールは内定率向上に貢献するため、積極的に活用することをおすすめします。

転職スカウトを活用するデメリット5つ

転職スカウトを活用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 会社に見つかるときがある
  • スカウトを一つずつ見極める必要がある
  • 的外れな求人も届く
  • 不採用になる可能性もある
  • 送信停止に手間がかかる

転職サイトからのスカウトメールには、メリットだけでなくデメリットもあります。転職サイトのスカウトメールを活用する場合は、確認しておきましょう。

関連記事:転職サイトのスカウトが「やばい」といわれる理由5選

会社に見つかる可能性がある

転職スカウトを利用すると、現在働いている会社に転職活動をしていることがバレてしまう可能性があります。

転職活動が現在の会社にバレるのは、いくつかの理由が考えられるでしょう。

たとえば、転職サイトに登録したプロフィールが公開設定になっている場合や、同じネットワークを利用している同僚・上司にプロフィールが表示されてしまう場合があげられます。

転職活動中に業界内で有名な求人に応募したり、複数の企業からスカウトを受けたりすると、周囲の人に気づかれる可能性もあります。

高橋 宇内氏

現在の会社に転職活動がバレたくない方は、転職サイトの設定でプロフィールを非公開にしましょう。

非公開にすると他のユーザーにプロフィールが表示されず、会社にバレるリスクを減らせます。

ただし、性別や年齢などの一部の情報は非公開にできません。バレないように注意深く設定を調整し、慎重に転職活動を進めましょう。

スカウトを一つずつ見極める必要がある

転職サイトからのスカウトメールは、一つずつ見極める必要があります。

なぜなら、スカウトメールが普段のメールと同じ受信ボックスに届くと、通常の連絡や情報と混ざって大事なメールを見落としてしまう可能性があるからです。

そのため、スカウトメールは別々の受信ボックスやフォルダに分けて受信すると良いでしょう。別々に分けていれば、スカウトメールを重点的に確認し、転職活動に関する重要な情報を見逃さずに済みます。

スカウトメールをこまめにチェックすることで効果的な転職活動につながります。

的外れな求人も届く

スカウトメールは求職者自身のスキルや経験にもとづいて送られてくる場合が一般的です。ただし、希望条件に合わないスカウトメールが届くときもあります。

希望条件に合わないスカウトが送られる主な原因は、希望条件を細かく設定せずに広範囲で登録してしまい、少しでもマッチする求人が一斉に自動送信されるからです。

このような希望条件に合わないスカウトメールは、無視しても問題ありません。条件に合ったスカウトメールを受け取るためには、希望条件を具体的かつ適切に絞り込むと良いでしょう。

高橋 宇内氏

詳しくは「転職スカウトからの応募で内定率を上げる方法」をご覧ください。

不採用になる可能性もある

転職スカウトは直接採用担当者から送られるだけでなく、条件を満たすと自動的に送信される場合もあります。しかし、このような自動送信メールは100%受かるとは限らず、不採用になる可能性も考えられます。

採用担当者からのスカウトメールでも、面接で不採用になる場合があります。

なぜなら、採用担当者は求職者のプロフィールだけをもとにメールを送信しているため、面接での態度や求職者の雰囲気・温度感などを確認することが必要だからです。

ただし、スカウトメールが送られてくるなら、企業の求める人材にマッチしている可能性が高いため、自信を持って面接に臨むことが大切です。

送信停止に手間がかかる

転職サイトに登録をすると、送信停止をしない限りメールが常に送られてきます。転職サイトを使用しない場合は、送信停止の手続きが必要です。

具体的な方法は、使わない転職サイトに登録したプロフィールや情報を削除するか、通知設定を変更してスカウトメールの送信を停止する方法があげられます。

この手続きは転職サイトごとによって異なり、手続きが複雑な場合もあるでしょう。複数の転職サイトを使用している場合は、それぞれの手続きが必要になるでしょう。

転職スカウトからの応募で内定率を上げる方法は、以下のとおりです。

  • 具体的かつ定量的な履歴書・職務経歴書を作る
  • 面接選考対策を徹底する
  • 転職エージェントを併用する

転職サイトに登録してただ転職スカウトを利用しているだけでは、希望の求人に出会えなかったり応募した企業が不採用になってしまったりと、転職活動が円滑に進みません。

ここでは、転職スカウトからの応募で内定率を上げる方法を解説します。転職スカウトを利用して、転職活動を進めたい方は、ぜひ参考にしてください。

具体的かつ定量的な履歴書・職務経歴書を作る

転職スカウトからの応募で内定率を上げるには、具体的かつ定量的な履歴書・職務経歴書を作るのが重要です。

たとえば「売上を向上させた」「プロジェクトを成功に導いた」などの抽象的な表現ではなく「売上を前年比20%増に伸ばし、期限内に100%の予算で完遂」など、具体的な数値や達成した目標をあげましょう。

実績を具体的かつ数値で示すことで、成果がわかりやすくなります。その結果、採用担当者は具体的な実績や数値に興味を持ち、候補者の実力をより正確に評価できるでしょう。

企業は具体的な成果を詳しく知り、求職者が自社の業績向上にどれだけ貢献できるかどうかを採用の判断材料にしています。

高橋 宇内氏

数値や達成した実績を具体的にあげると、求職者は自らの実力をより効果的にアピールできるでしょう。

面接選考対策を徹底する

転職サイトからのスカウトを受けると書類選考が免除されるケースが多いため、面接対策を事前に徹底することで内定率が高まるでしょう。

面接対策をおこなうと自分の強みや実績をアピールしやすくなり、採用担当者に良い印象を与えられます。また、スカウトによる面接選考は通常の応募よりもスムーズに進むため、最短で1か月で終了する可能性もあります。

高橋 宇内氏

面接対策は、内定を勝ち取るために重要なステップです。妥協せずに早期から対策を講じましょう。

転職エージェントを併用する

内定率を上げるには転職スカウトメールだけでなく、転職エージェントも併用して転職活動を進めると良いでしょう。

転職エージェントは、専任のアドバイザーが希望条件やスキルをヒアリングして、あなたのペースに合わせて対策を進めてくれるサービスです。

また、転職エージェントにはスカウトに関する相談もでき、求人の選定や対応のアドバイスを得られます。もし転職サイトからのスカウトメールが合わない場合でも、転職エージェントを通じて他の求人を紹介してもらえます。

転職エージェントを活用すると、よりスムーズで効果的な転職活動が期待できるでしょう。

質の高いスカウトが届くおすすめ転職サイト

スカウト型の転職サイトを利用して、内定を獲得するためには、質の高いスカウトが届くサービスを選ぶのがポイントです。

そこであなたの希望に合ったスカウトが届く転職サイトを3社紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

転職スカウトの内定率によくある質問

転職スカウトの内定率によくある質問は、以下のとおりです。

スカウトとオファーとの違いは?

転職スカウトでは企業が求職者を「スカウト」し、求職者がそれに興味を持った場合に、具体的な条件や提案を含む「オファー」がなされ、最終的に契約が成立します。

ただし、転職サイトごとにこれらの用語の定義が異なる場合があるため、サービスを利用する前にそれぞれのサイトでの用語の確認が重要です。

転職スカウトのオファーは返信すべき?

転職スカウトのオファーには、返信するのが一般的です。オファーを受けるときには、礼儀正しい返信を心掛けましょう。

返信すると企業とのコミュニケーションがスタートし、円滑に選考が進む可能性が高まります。また、自分の希望や条件について詳しく伝え、丁寧な対応をするとより良い条件や情報を得られるでしょう。

ただし、オファーに対する返信は慎重に行い、十分に考えたうえでの返信が大切です。

転職エージェントから届くスカウトメールとの違いは?

転職エージェントのスカウトメールは、エージェントが求職者と直接面談し、実績やスキルにもとづいて自分の条件に合ったメッセージを送ります。

転職エージェントは求職者の希望を深く理解しており、企業との調整やアドバイスをしてくれます。よって、よりパーソナライズされた情報やサポートが期待できるでしょう。

一方、一般的な転職サイトのスカウトメールは、求職者のプロフィールをもとにした自動送信が一般的です。企業や求人の選定はアルゴリズムにもとづいて行われ、個別の対話や調整はおこなわれません。

よってマッチ度の高い求人に出会える可能性もありますが、転職エージェントとの対話やサポートがない分、自分の細かい条件に合わない場合が多いでしょう。

どちらのスカウトも利点があり、求職者は自分の希望や優先順位に応じて適切な方法を選択するのが重要です。

転職スカウトからの内定率は上げられる

転職スカウトは「通常スカウト」と「プラチナスカウト」の2種類があります。プラチナスカウトは企業の採用担当者が直接求職者のプロフィールを見てスカウトを送る求職者を選定しています。

よって、プラチナスカウトはスカウトメールが届いた時点で、あなたのスキルや経歴を評価しているといえるでしょう。また、書類選考が免除されたり、面接選考がスキップされたり選考も優遇されやすくなります。

転職サイトのスカウトメールを活用して内定率を上げる方法は、以下のとおりです。

  • 具体的かつ定量的な履歴書・職務経歴書を作る
  • 面接選考対策を徹底する
  • 転職エージェントを併用する

転職のスカウトメールは上手に活用すると、多くの求人に出会い選考が優遇されるため、効率よく転職活動を進められるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。