22歳ニートでも手遅れではない!就活を成功させるコツを解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

22歳のニートでも、就職できる可能性は十分あります。就業経験がなくても、20代はポテンシャル採用される可能性があるため、悲観的になりすぎなくとも大丈夫です。

とはいえ、油断はNGです。「自己分析を入念におこなう」「志望業界に関する資格を取得する」などで正しく対策し、就職可能性を高めましょう。ニートや既卒向け転職エージェントの活用もおすすめです。

本記事では、22歳ニートが就活を成功させるコツやおすすめの転職エージェント、どうしても働くのが難しい際の対策などを解説します。

1分で無料登録!
ニート・フリーター大歓迎
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.8
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる
キャリアパークキャリアパーク
4.5
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.2
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアパークキャリアパーク
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

関連記事:ニートや無職に強い就職サイト・就職エージェントおすすめ9選

目次

22歳のニートでも手遅れではない!就職の可能性が十分ある理由は?

結論からいえば、「22歳ニートは就職で手遅れ」ということはありません。以下のような理由で、就職できる可能性は十分あります。

20代はポテンシャルを期待される

20代はスキルや経験、実績よりポテンシャルを重視して採用されます。

22歳なら年齢は新卒とほぼ変わらないため、多少ニート期間があっても悲観しすぎる必要はありません。

企業も「素直に物事を吸収してくれるか?」「成長の余地はあるか?」といった将来性を見て、採用可否を判断してくれます。

人材不足で困っている業界が多い

人材不足に陥っている業界が多いため、若くてポテンシャルを持つ22歳なら就職できる可能性は十分あります。

人材不足に陥っている業界として、たとえば以下が挙げられます。今回は「有効求人倍率」を基準にピックアップしました。

有効求人倍率は、求職者ひとりに対しての求人数を示す指標です。「1倍を上回っている=求職者ひとりに対し1社以上の求人がある」ということを表します。

業界・職種有効求人倍率
営業職(営業職業従事者)2.39倍
介護職(介護サービス職業従事者)3.32倍
建設系の職人(建設躯体工事従事者)9.69倍
参考:厚生労働省 | 一般職業紹介状況(令和6年3月分及び令和5年度分)について | 参考統計表(PDF)内の参考統計表8-1

大卒なら「第二新卒枠」で新卒と同じ土俵で就活できる

22歳のニートは、大きく「大卒・高卒」に分けられます。

大卒の22歳なら大学卒業後から時間が経っていないため、「第二新卒枠」で採用される可能性があります。第二新卒とは「大学卒業後から3年程度経過している人材」のことです。

法律上の定義はありませんが、一般的に「大学卒業後から3年以内」であれば第二新卒に該当します。

第二新卒であれば、新卒と同じくポテンシャル採用が実施されているため、22歳ニートでも就職可能性はあるでしょう。

関連記事:既卒ニートでも就職できる?成功できる理由・就活の始め方や面接のポイントを解説

高卒の22歳ニートでも就職できる可能性は十分ある!

上記のように大卒の22歳であれば、第二新卒として新卒と同じ枠で採用されます。

一方で高卒の22歳は、大卒と比較すると4年のニート期間があるため、就職に対して楽観視はできません。とくに大学の新卒や第二新卒も就活のライバルとなるため、同じ年齢で比較した際、企業が「ニート期間が短い大卒の人材を採用したい」と判断するケースもあるでしょう。

とはいえ、まだまだ22歳と若いため、ポテンシャルを期待して採用される可能性はあります。楽観視はNGですが、「自己PRポイントを整理する」「人材不足の業界を狙う」「資格を取得する」などで正しく対策すれば、十分就職できるでしょう。

具体的な就活成功のポイントは「22歳のニートが就活を成功させるコツ 」の章で解説しているため、ご覧ください。

「働くこと」に不安があっても将来を見据えて早めにニートを脱却することが大切

ニートの中には、以下のような気持ちを抱え「働くことへの不安」が大きくなっている方もいるでしょう。

「働くことへの不安」は?
  • 「社会経験を持たない自分を雇う企業はないだろう」と考えてしまう
  • 体調面に問題があるためフルタイムで働く自信がない
  • コミュニケーションに自信がないため職場での人間関係が怖いと感じる
  • 面接で空白期間について聞かれた際に上手く返答する自信がない

22歳ニートの場合、卒業後に一度も働いていないこともあり得ます。就業経験のない方が、恐怖心を払拭していきなり「働くこと」をイメージするのは確かに難しいでしょう。

とはいえ、年齢を重ねるほど就職の難易度は上がるため、可能な限り若い間にニートから脱却することがおすすめです。

30代以上の就活では、具体的な仕事の経験やスキル、実績を重視されるため、ニート期間が長いほど余計に就職の難易度は高まります。採用されない結果、「社会で経験を積めないままニートになり就職の難易度がさらに上がる」という負のループに陥りかねません。

そのため、働くことへの不安な気持ちはわかりますが、将来を見据えてなるべく早めにニートを脱却しましょう。

関連記事:働きたいけど不安なニート必見!就職活動を何から始めるべきか徹底解説
ニートからの社会復帰は無理?怖い?働けないと感じる理由とおすすめの支援サービスを紹介

ただし、自律神経失調症や適応障害などのメンタル疾患を抱えている場合、無理に就活を進めると病状が悪化するかもしれません。その場合は、主治医と相談しつつ無理のない範囲で就職を目指しましょう。

以下の記事では、主要なメンタル疾患を抱えている方に向けて、「どんな仕事が向いているか?」「就職時に使える機関は?」「どんな形態で働けるの?」などを解説しています。無理のない就職を目指したい方は、参考にしてください。

関連記事:自律神経失調症と転職|休職・復職・退職など仕事への対処法を紹介
適応障害に向いてる・向いてない仕事と職場探しのポイント5つ
発達障害の方が転職を成功させるコツとは?向いている仕事やおすすめの転職サービスを紹介
アスペルガー症候群に向いている仕事・向いていない仕事を解説|就職・復職に活用できる支援機関

22歳のニートが就活を成功させるコツ

22歳のニートが就活を成功させるには、以下のコツを意識しましょう。

ニート期間についてポジティブな言葉で説明できるようにする

ニート中の空白期間については面接でほぼ聞かれるため、必ず回答を準備しましょう。本当の理由を言いたくないかもしれませんが、嘘をつくと面接官からの印象が下がります。

なるべくポジティブな回答を作ることが大切です。たとえば、ニートになった理由を正直に話したうえで「空白期間の乗り越え方」「反省と今後の目標」を丁寧に説明できれば、採用において決してマイナスになりません。

自己分析をおこないアピールポイントを明確に洗い出す

ニートであるかに関わらず、就職するうえで自己分析は重要です。自己分析をおこなうことで、強みや武器、企業に貢献できる部分などが明確になり、自己PRポイントも整理できます。

とくにニートの場合、企業はどうしても空白期間を気にしがちです。そのため、ネガティブな印象を拭えるよう入念に自分のPRポイントを洗い出しましょう。

自分なりのキャリアプランを考えておく

空白期間があることは、ネガティブな印象を与えがちです。しかし「ニートを脱却して今後どのように働きたいか?」を論理的に説明できれば、企業にポジティブな印象を与えられます。

また、自身のキャリアプランをもとに「◯◯を目指しておりスキルを身に付けるためにこの企業を志望した」など、納得感のある志望動機作成にもつなげられるでしょう。

業界および企業研究を入念におこなう

業界および企業研究をおこなうことで、「業界で求められるスキル」「企業が欲している人材」などを把握し、適切なアピール方法を考えられます。

たとえば、製造業を目指すなら「フォークリフト免許があるとアピールポイントが増えて入社後に業務の幅を広げられる」というように判断できるでしょう。

また、実際に働くことをイメージする点でも業界研究は重要です。とくに、22歳のニートは就業経験がないケースも多いため、働くことへのイメージが湧きにくいかもしれません。イメージが湧かないと入社後のミスマッチの原因となるため、事前研究が必須です。

志望業界に関連する資格を取得しておく

資格を取得しておけば、業界の知識を身に付けられます。勉強の過程で業界について学べれば、実際に働くことへのイメージも湧き、少しでも不安を解消できるでしょう。

また、資格という目に見える成果があれば、企業も「ニート期間中に自己研鑽していた」とポジティブな印象を抱きやすくなり、就職への熱意もアピールできます。

基礎的なビジネスマナーを自分で勉強して身に付ける

服装や言葉遣いなど、基本的なビジネスマナーを自分で勉強しておきましょう。とくに、ニート期間中に身なりへ意識を向ける機会が少なかった方は、働くうえで必要な最低限のマナーを勉強しておくことが大切です。

とはいえ、難しく考える必要はありません。「キレイなスーツを着て身だしなみを整える」「正しい敬語を使う」など、基礎的な内容を意識できればOKです。

人材不足の業界・職種を狙って応募する

人材不足の業界や職種の場合、ポテンシャルのある22歳なら未経験でも積極的に採用している可能性があります。先ほども解説したように、以下ように「有効求人倍率が高い業界」を選ぶとよいでしょう。

業界・職種有効求人倍率
営業職(営業職業従事者)2.39倍
介護職(介護サービス職業従事者)3.32倍
建設系の職人(建設躯体工事従事者)9.69倍

関連記事:未経験でもできる仕事16選!正社員として採用されやすい求人の特徴や転職のコツを解説

自分のポテンシャル(若さ・誠実さ・素直さ・熱意など)をアピールする

自己分析や業界研究などの準備も必要ですが、22歳であればストレートに自分のポテンシャル(若さ・誠実さ・素直さ・熱意など)もアピールしましょう。

ポテンシャルをアピールすれば、企業も「素直に社風へ馴染んでくれそう」「仕事の進め方を柔軟に覚えてくれそう」と捉えてくれます。

転職エージェントを活用する

ニートが就職する際は、転職エージェントも活用しましょう。

転職エージェントとは、「求職者と求人企業のマッチング」を目的として、求職者に必要なサポートを提供してくれるサービスです。

転職エージェントを活用すれば、業界知識があり求職者のサポート経験豊富なプロから、アドバイスを受けながら就活できます。

とくに22歳のニートは、就業経験が少ないこともあるでしょう。そのため、業界や「働くことそのもの」への知見が豊富なプロの意見を参考にすべきです。

転職エージェントであれば、履歴書添削や面接練習などを受けられるため、「ニート期間の上手な伝え方」なども指導してもらえます。

関連記事:転職エージェントとは?転職サイトとの違いやメリットなどをわかりやすく解説

22歳のニートにおすすめの転職エージェント3

それでは具体的に、就職を目指す22歳におすすめの転職エージェントを紹介します。

22歳のニートにおすすめの転職エージェント3

えーかおキャリア

えーかおキャリア
えーかおキャリアの特徴
  • 社会人経験がない20代の就職支援を強みとしている
  •  未経験歓迎求人が60%も掲載されている
  • 入社1年後の定着率は97%を誇る

えーかおキャリアは、ニート経験を持つ20代でも使いやすい転職エージェントです。

「社会人経験がない方」「大学卒業後に短期離職した方」などへのサポートを得意としています。専任カウンセラーが求職者の希望条件や適正、社風などを丁寧に考慮し企業を紹介しており、入社1年後の定着率は97%を誇ります。

「継続して働けるか不安」というニートの方にとっては心強い数字でしょう。

内定獲得までは平均1ヶ月であり、最短1週間での入社もできます。そのため、「若い間に早くニートを脱却してキャリアを身に付けたい」という方にもおすすめです。

  • 社会人経験が1年未満の方
  • 1カ月以内に内定が欲しい方
  • 未経験職種にチャレンジしたい方
えーかおキャリアの詳細情報
サービス名えーかおキャリア
運営会社株式会社For A-career
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域関東、関西、東海、九州
公式サイトhttps://e-kao.co.jp/
2024年6月4日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

えーかおキャリアを利用しましたが、担当の方のサポートのおかげで自分がどんな仕事をしたいか明確にする事が出来ましたし、その結果希望とする職種にも就く事が出来たので非常に助かりました。

短期間で内定をもらえた

スピードが速く、短期間で転職先を決めることが出来た。紹介している会社それぞれに担当者がいるため、選考内容や業務内容について詳しく聞くことが出来た。

えーかおキャリアを利用しましたが、きちんと要望は伝えたつもりでも、その要望とは全く違う求人を紹介されたので、その点は不満でした。


関連記事:えーかおキャリアの評判はひどい?メリットやデメリットを口コミとともに解説

【アンケート概要】
調査期間:2023/12/28 ~ 2024/1/11
調査対象:サービス利用者の男女
調査方法:ネットによる調査

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
就職カレッジの特徴
  • 18年以上にわたりニートやフリーター、大学中退者などの転職をサポート
  • サービス利用者の約7割が「正社員経験なしからの正社員就職」を成功させている
  • 無料の就職講座を利用できる

就職カレッジは、長年ニートやフリーター、大学中退者などの転職をサポートしている転職エージェントです。

正社員経験がない方の就職サポート経験が豊富なため、その知見をもとに、ニートの方でも不安なく働ける企業とマッチングしてくれます。

入社後1年間は活躍支援研修をおこなってくれるため、働きはじめてからも不安を解消しやすいでしょう。無料講座の種類も豊富であり、ビジネスマナーや自己分析、企業研究などについて学べます。

また、書類選考なしで最大20社と面接できるイベントも開催しています。参加企業はすべて就職カレッジが取材したうえで厳選しているため、安心して働けるでしょう。

  • 転職活動前にビジネスマナーを学びたい方
  • 書類選考をスキップしていきなり面接から始めたい方
  • 自分に合った働きやすい企業を探している方
就職カレッジの詳細情報
サービス名就職カレッジ
運営会社株式会社ジェイック
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域東京、大阪など全国
公式サイトhttps://www.jaic-college.jp/

※ユーザーアンケートより抜粋

経験に自信がないせいで転職できるか不安だったのですが、書類選考をしなくても集団面接ができると評判だったので、ジェイック(JAIC)を利用しました。その結果、満足できる給料がもらえる会社に転職できたので、自慢できる経歴がない人におすすめです。

もっと自信を付けて転職がしたかったので、ジェイック(JAIC)に登録しました。研修では社会人としての心得やマナーなどきちんと身に付きましたし、それも無料だったので、当時お金があまり無かった自分には非常に有り難かったです。

希望とは違う求人が紹介された

転職を考えていた時、ネットの口コミでJAICを知りました。こちらの希望年収を考慮した転職先を紹介してくれのは良かったです。しかし、希望した職種とは少し違ったので残念でした。


関連記事:就職カレッジの評判・口コミはやばい?やめとけ?使いこなすコツを担当者へインタビュー

【アンケート概要】
調査期間:2023年4月21日〜2023年4月25日
調査対象者:ジェイック(JAIC)利用者の男女100名
調査方法:ネットによる調査

キャリアパーク!For 20's

キャリアパーク!For 20'sの特徴
  •  20代既卒・第二新卒向けの支援に特化している
  • 面談だけでなくLINEも活用していつでも相談できる
  •  最短2週間で内定を獲得できる特別選考ルートがある

キャリアパーク!For 20'sは、既卒や第二新卒の就職に特化した転職エージェントです。

年間1,000名以上の求職者と面談しているアドバイザーから、履歴書作成や自己分析、面接練習など幅広いサポートを受けられます。

面談だけでなくLINEでも就活相談ができるため、ちょっとした不安や疑問点なども解消できる点が魅力です。

さらにキャリアパーク!For 20'sならではの特別選考ルートも用意されています。最短2週間で内定を獲得できるため、「早くニートから脱却したい」という方は活用しましょう。

  • 今のままだと将来が不安な方
  • 自分にあった企業や仕事の見つけ方が分からない方
  • 1カ月以内に内定が欲しい方
キャリアパーク!For20'sの詳細情報
サービス名キャリアパーク!For 20's
運営会社ポート株式会社
公開求人数優良求人を直接ご紹介
非公開求人数非公開
対応地域東京・神奈川・埼玉・愛知・千葉・大阪・福岡が中心
公式サイトhttps://careerpark-agent.jp/advance
2024年6月3日時点
キャリアパーク!For20'sの口コミ
※ユーザーアンケートより抜粋

キャリアパーク!For20'sを利用しましたが、とにかく何度も何度も親身になり面談をしてもらえたので、非常に熱意を感じる対応でこちらとしても触発された気持ちになれました。

キャリアパーク!For20'sを利用しましたが、コンサルタントの方の質がとにかく高く、常に的確なアドバイスをしていただけたので、こちらとしても動きやすくて助かりました。

キャリアパーク!For20sを利用しましたが、求人数があまり多くなくて職種も偏りがちだったので、尚更選択肢が限られてしまったのは気になりました。


関連記事:キャリアパーク!For20’sの評判・口コミ|メリットとデメリットも解説

【アンケート概要】
調査期間:2023/2/1 ~ 2023/2/7
調査対象:サービス利用者の男女
調査方法:ネットによる調査

いきなり就職が難しければ、まずは「正社員以外で働くこと」も検討しよう

ここまでは「正社員への就職」を前提に解説しました。しかしニート期間があると、どうしても「いきなりフルタイムで働くのは不安」と感じる方もいるでしょう。

その場合は、以下の方法で徐々に慣れることも有効です。

正社員以外の働き方

アルバイト

アルバイトであれば、責任の重い仕事を負わされることはなく、休みも比較的自由に取れます。

企業によってはアルバイトからの正社員登用制度も整備しているため、働くことに少しずつ慣れたい方におすすめです。

ただし、生涯賃金や保険制度、福利厚生などは正社員のほうが安定しています。そのため、将来的に正社員として働きたいのであれば、アルバイトで働く期間を定めて計画的に就活を進めましょう。

関連記事:フリーターと正社員の9つの違いを徹底比較|雇用形態/給与/将来性まで

派遣

派遣はアルバイトと異なり、派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社が指定した企業で働きます。

アルバイトと同じく業務範囲が定められているため、大きな責任を負うことは少ないでしょう。

また、働くうえで悩みや困ったことがあれば、派遣会社の担当者に相談できるため気持ち的にも楽です。

ただし、「同じ職場で働けるのは3年まで」などの注意点もあります。そのため、アルバイトの際と同じく、いつまで続けるかは慎重に検討しましょう。

関連記事:派遣社員にはデメリットが多い?メリットや向き不向き、おすすめの派遣会社を紹介

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、直接雇用を前提として派遣社員で働く制度です。

最初の半年間は派遣として働き、企業と求職者の両方が合意すれば直接雇用に切り替わります。

事前に職場の雰囲気を把握できるため、働くことに不安があるニートの方にもおすすめです。

ただし、半年間の勤務態度をもとに、企業から就職を断られることもあります。また、厳密には「直接雇用へ切り替える制度」であるため、必ずしも正社員雇用されるとは限らない点にも注意しましょう。

22歳のニートが就職を考える際によくある質問

最後に、22歳のニートが就職を考える際によくある質問についてまとめました。

22歳のニートだと就職できない?もう手遅れ?

就職の可能性は十分あります。22歳であれば新卒とほぼ同じ土俵で就活できるため、悲観しすぎる必要はありません。

もちろん、自己分析や業界研究などの対策は必須です。

22歳のニートが就職する際は何を意識すべき?

以下の点を意識しましょう。

22歳のニートが就職する際は何を意識すべき?
  • ニート期間についてポジティブな言葉で説明できるようにする
  • 自己分析をおこないアピールポイントを明確に洗い出す
  • 自分なりのキャリアプランを考えておく
  • 業界および企業研究を入念におこなう
  • 志望業界に関連する資格を取得しておく
  • 基礎的なビジネスマナーを自分で勉強して身に付ける
  • 人材不足の業界・職種を狙って応募する
  • 自分のポテンシャル(若さ・誠実さ・素直さ・熱意など)をアピールする
  • 転職エージェントを活用する

具体的な内容は「22歳のニートが就活を成功させるコツ 」の章をご覧ください。

ニートでも転職エージェントや転職サイトは利用できる?

できます。とくに就業経験がないなら、業界のプロからアドバイスを受けつつ就活を進めたほうが効果的です。

ニートや既卒向け支援に強みがある転職エージェントやサイトもあるため、活用しましょう。

20代のニート率はどれくらい?

20 ではありませんが、2023年時点のニート率(若年無業者)は以下のとおりです。

  • 15〜24歳:2
  • 25〜34歳:6

参考:総務省 | 労働力調査(基本集計)| 平均結果の概要 p.17

ブラック企業を選ばないために意識すべきことは?

ブラック企業を選ばないためには以下を意識しましょう。

ブラック企業を選ばないために意識すべきことは?
  • 求人票を見て「ブラック企業が使いがちな文言の有無・給与の内訳・募集期間と募集回数」をチェックする
  • 面接時に「コンプライアンス意識の低い質問をされたか?」「社内の雰囲気が悪いか?」などをチェックする
  • インターネットの評判をチェックする
  • 厚労省が公表しているブラック企業リストをチェックする

就業経験がないと、優良企業を見極める基準がわからずブラック企業を選ぶ可能性が高いため、注意しましょう。

関連記事:ブラック企業を見抜く方法|ホームページ・面接・求人票から見分ける方法を徹底解説

何歳までならニートでも許される?

まず前提として、ニートは第三者が「許す・許さない」と判断するものではありません。そのため、「22歳のニートは許されないのでは?」と不安に感じる必要はありません。

ただし世間的な感覚でいえば、30代を超えてニートのままでは、さすがに就職も厳しくなるため注意しましょう。22歳は若くポテンシャル採用を期待できるため、まだまだやり直せます。

22歳高卒で資格なしだと厳しい?

若いため就職できる可能性はあります。とはいえ、「4年程度のニート期間があり資格もない」という状況は決してポジティブではないため、楽観視はNGです。

今からでも遅くはないため、「資格を取得する」「転職エージェントを活用する」などで、就職へ向けて早めに動きましょう。

最後に | 22歳ニートでも手遅れではない!コツを押さえて就職を成功させよう

22歳ニートは手遅れ?」と不安に感じる方もいるでしょう。しかし、まだまだ若いため過度に悲観的になる必要はありません。大卒であれば、第二新卒枠でのポテンシャル採用が期待できます。高卒であっても、若さを武器にしつつ正しく選考対策できれば大丈夫です。

就職を目指すのであれば、転職エージェントの活用も検討しましょう。

ニートや既卒向けの転職エージェントも多いため、働くことへの不安を解消しつつ安心して就活を進められます。いきなり正社員での就職が難しければ、まずはアルバイトや派遣で働き、少しずつ慣れるのもよいでしょう。

いずれにしても、悲観的になりすぎず正しく対策して就職を目指すことが大切です。

1分で無料登録!
ニート・フリーター大歓迎
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.8
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる
キャリアパークキャリアパーク
4.5
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.2
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアパークキャリアパーク
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。