40代の転職相談におすすめの相談先を紹介!転職活動に不安がある方にも

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

40代での転職は、20代や30代の転職よりも難易度が上がる傾向にあり、慎重に転職を考える方も多いのではないでしょうか。誰かに相談しながらじっくりキャリアや転職先について考えたい方も多いでしょう。

そこで本記事では、40代の転職でおすすめの相談先やよくある相談についてご説明します。それぞれの相談先の特徴や、相談内容によってどこへ相談することがベストなのかまでご紹介しますので、あなたの考えや状況に合った相談先を見つけるきっかけにしてみてください。

今の悩みをしっかり相談できる相手を見つけ、より良い転職活動に繋げられるよう、本記事をぜひ参考にしてください。

転職エージェントならプロに無料相談できる!

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

40代の転職でおすすめの相談先まとめ

40代の転職でおすすめの相談先と特徴をご紹介します。様々な相談先はありますが、代表的な相談先をあげると、次の5つがあります。

相談先特徴
転職エージェント・無料で相談でき、転職先の紹介までしてもらえる。
・カウンセリングや面接対策等にも対応。
キャリアコーチング・キャリアについて一緒に考えてくれる相談先。
・無料相談も実施しているが、本格的に利用する場合には料金がかかる。
就職だれでも相談・東京都が運用する転職の相談先。
・電話やLINEで気軽に相談できるが、相談時間に制限がある。
・東京で働く人のみ相談可能。
ハローワーク・相談や転職先の紹介などをおこなっている。
・雇用保険(失業手当)や職業訓練校の相談や手続きも可能。
身近にいる人・気軽に相談できる相手だが、転職事情に詳しいわけではない。
・決断の際や、要所で相談するにはよい。

まずは、40代の転職でおすすめの相談先5つの特徴をご説明します。

転職エージェント

転職エージェントは、利用者と企業をマッチングさせるサービスで、求人紹介をしてもらうことが主な目的です。ただ、転職を成功させるためのサポートにも力を入れていますので、転職に関する相談をすることも可能です。

また、様々な転職エージェントが登場しており、40代以降のミドル層の転職に適した転職エージェントもあります。

メリットデメリット
利用にあたって一切費用がかからない
転職先も紹介される
応募書類添削や面接対策などのサポートを受けられる
担当者のキャリアにばらつきがある
サポート期間が決まっている場合がある
おすすめの人
転職を前向きに考えている人
転職先を見つけたい人
書類作成や面接のアドバイスを受けたい人
転職市場の傾向を知りたい人
転職先企業の情報を得たい人

40代におすすめの転職エージェントに無料登録してみよう!

キャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスは、キャリアの見直しをプロのコーチやコンサルタントに相談し、キャリアアップを狙っていくためのサービスです。

無料体験や無料相談を利用すれば、レベルの高い転職相談をすることが可能ですが、本格的に利用する場合は有料になります。

コーチングサービスは決して安くなく、どのサービスも数十万円の費用が発生します。

しかし、より高いキャリアへの転職を望んでいる方は、プロの指導のもとハイレベルで本格的なコンサルを受けられます。給料アップを希望している方は相談先の候補にあげてみてはいかがでしょうか。

メリットデメリット
キャリアプランを考えられる
キャリア・給料UPが狙いやすい
本格的に利用をするなら費用がかかる
求人紹介はない
おすすめの人
キャリアの見直しをしたい人
転職に関する自己投資に抵抗がない人

40代におすすめのキャリアコーチングサービスには、次のような相談先があります。

きづく。転職相談

きづく。転職相談

きづく。転職相談は、最短1ヶ月からのキャリア開発やキャリア形成のコーチングが受けられるサービスです。本格利用にあたって料金が必要になりますが、利用前に無料相談を利用することが可能です。

自己分析を通して強みや価値観を言語化し、理想のキャリアプランを一緒に考えながらサポートしてくれます。キャリアの見直しや形成を考えている方におすすめです

 

キャリアアップコーチング

キャリアアップコーチング

キャリアアップコーチングは、キャリア形成だけでなく、転職支援にも力を入れているキャリアコーチングです。

自己分析やコーチングを通じてキャリア設計を一緒に考え、転職に関わる様々な活動のサポートまでしっかりと伴走してくれるところが強みでしょう。Zoomを使用しての無料面談がありますので、気になる方はまずは無料相談を利用してみましょう。

 

ライフシフトラボ

ライフシフトラボ 転職コース

ラインシフトラボは、「45歳からの実践型キャリア複業スクール」をコンセプトにしており、転職というよりも他の仕事も始めて副業の収入を上げていくためのアドバイスをしてもらえます。

60日間のプログラム内では、具体的なアドバイスをうけながら実際に副業活動もスタートしていきます。副業や企業経験を持った40代・50代の有能なトレーナーがマンツーマンでサポートしてくれる点は心強いポイントです。

転職や起業はハードルが高いと感じている方や、今後のキャリアや生活に不安がある方は、無料説明会の参加を検討してみるのもよいでしょう。

就職だれでも相談

就職だれでも相談

就職だれでも相談は、東京都指定管理事業である東京しごとセンターが運営する無料の就職相談先です。予約不要で相談ができ、LINE・電話・オンラインの相談方法から選べる点が魅力です。

ただし、それぞれ以下の制限時間があり、じっくり転職相談をすることには向いていないかもしれません。

  • LINE相談:1回45分
  • 電話相談:1回15分
  • オンライン相談:1回30分

何度も相談することができますが、個別の担当者がつくわけではなく相談相手を指定することもできませんので、前回の相談内容が引き継がれることはありません。また、東京都運営ですので、東京都内で働く方のみ利用できる相談先です。

無料での簡単な転職相談に向いている相談先です。

メリットデメリット
気軽に相談しやすい
LINEで相談できる
予約なしで相談できる
時間制限がある
個別の担当者がつくわけではない
簡易的な相談にしか向かない
東京で働く人のみに利用が限定されている
おすすめの人
ちょっとした相談をしたい人
東京で転職をする人

参考:就職だれでも相談公式サイト

ハローワーク

ハローワーク

転職時にお世話になるサービスとして、ハローワークもあげられます。転職の相談や求人紹介だけでなく、雇用保険(失業手当)や職業訓練校の相談や手続きも可能です。

ただ、転職相談や求人紹介だけでみると、民間のサービスよりも相談員や求人企業のレベルにばらつきがあり、良い求人の見極めなどご自身で対応することが必要な場合もあるでしょう。

雇用保険受給や職業訓練校受講を考えている方が、説明を受ける際に転職相談を利用する方法がおすすめです。

メリットデメリット
求人を紹介してもらえる
雇用保険(失業保険)の手続きができる
職業訓練校を受講できる場合がある
相談員が専任ではない
求人企業のレベルにばらつきがある
おすすめの人
地域に特化して転職活動をしたい人
失業手当の給付手続きも併せておこないたい人

参考:ハローワーク公式サイト

身近にいる人

家族や友人など、身近にいる人に転職の相談をする方法もあります。

ただし、人によっては相談しない方が良いケースもありますので、立場や関係性によって相談するかどうかを判断するとよいでしょう。

現職の社員

現職の同期や上司とは普段から接する機会も多いので、相談先にあげる方もいるかもしれません。

しかし、転職の相談においては、相談相手としては不適切です。

いくら普段から「転職したい」などと話している間柄でも、社内での具体的な転職の話は、退職を決めるまでは控えておきましょう。信頼している相手でも、どこから転職の情報が漏れてしまうかわかりませんし、相談しても引き留められる可能性が高いからです。

「一部の条件や労働環境が良くなれば現職で働き続けたい」と考えている方は、条件や環境改善の相談をしてみることは良いでしょう。

家族

最も身近な存在で転職の影響を大きく受ける人は、あなたのご家族でしょう。ただ、転職の相談先としてはおすすめできません。

家族といっても、仕事の事情についてまで理解している人は少ないのではないでしょうか。また、40代からの転職はリスクも高くなってくるため、否定的な反応をされてしまうことも多いからです。

ただし、「子どもが成人してそれほど収入が必要なくなった」など、人生プランの見直しの延長で転職の相談をしてみることは良いかもしれません。

前職の社員

今も関係が続いているようであれば、前職の同僚などへの相談はおすすめです。家族でも社内の人でもない客観的な意見をもらいやすいので、相談相手による偏った意見の影響を受けにくいでしょう。

退職後も関係が続いているほどの人であれば、関係性も良好でしょうから、あなたのことを考えたアドバイスも期待できます。

また、一緒に働いていた経験があることにより、あなたのキャリアについて一定の理解を示している点でも相談相手としておすすめです。

先に退職した人

現職ですでに先に退職した人も相談相手におすすめです。その方は、今の会社での転職の先輩ですので、転職して良かったことも悪かったこともおおよそ把握しているでしょう。

経験をもとにした客観的な意見をもらえて、転職先の参考にすることもできるので非常に心強い存在です。

もし先に退職した親しい人がいれば、積極的に連絡を取ってみましょう。

40代の転職でおすすめの転職エージェント

上記でご紹介したように、40代の転職相談では転職エージェントへの相談がおすすめです。

相談だけでも可能ですが、せっかくなら求人紹介や転職サポートを受けることも想定して、40代に合った転職エージェントに相談してみましょう。

こちらでは、40代におすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

転職エージェント求人数主な特徴
リクルートエージェント約78万件
(非公開含む)
・求人数が業界でもトップレベル
・面接対策に力を入れている
doda約24万件
(非公開含む)
・利用者満足度が高い
・dodaから応募できる選考枠がある
ビズリーチ約9.7万件・ハイクラス向けの求人が豊富
・スカウトサービスが充実  
パソナキャリア約3.3万件・年収800万円以上の求人を多数保有  
(2023年9月時点)

こちらの記事では、40代でも相談しやすい転職エージェントをご紹介しますので、特徴を理解していただき、相談先の候補にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
求人数約78万件(非公開含む)
運営会社株式会社リクルート
対応エリア全国
主な特徴・求人数が業界でもトップレベル
・面接対策に力を入れている
※2023年9月時点

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する大手転職エージェントです。

2023年9月時点での求人数は、非公開求人を含むと約78万件以上と求人数が業界でもトップレベルで多いため、自分に合った求人を見つけやすい点が特徴です。

幅広い業界や職種の求人を取り扱っていますので、さまざまな職種への相談にも対応してくれます。さらに、無料で面接のノウハウを学べるセミナーを開催しており、より実践的なアドバイスを貰うことも可能です。

面接の受け答え方や聞かれやすい質問などを丁寧にアドバイスしてくれるため、本番までに入念な面接対策をおこなうことができるでしょう。

面接試験が不安」「40代で転職を希望する場合はどんなことを聞かれるのか気になる」といった方は、面接ノウハウが学べるリクルートエージェントがおすすめです。

doda

doda
求人数約24万件(非公開含む)
運営会社パーソルキャリア株式会社
対応エリア全国
主な特徴・利用者満足度が高い
・dodaから応募できる選考枠があり
※2023年9月時点

dodaは、幅広い業界と職種の求人を取り扱っている大手転職エージェントです。

プロのキャリアアドバイザーがじっくりヒアリングし、あなたの強みや適性を明確にしてくれるため、効率よい就職活動に繋がるでしょう。

また、転職に役立つツールが充実している点も魅力です。年収査定や自己PR発掘診断、転職タイプ診断など、転職に活かせる様々なツールがあるため、ご自身でも客観的に分析できるようになるでしょう。

効率よく就職活動をしたい」「丁寧なサポートを受けたい」と思う方は、dodaの登録をおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチ
求人数約9.7万件
運営会社株式会社ビズリーチ
対応エリア全国
主な特徴・ハイクラス向けの求人が豊富
・スカウトサービスが充実
※2023年9月時点

ビズリーチは、スカウトサービスが充実したハイクラス向け転職エージェントです。

登録に審査があり、現年収やキャリア・実績をもとに登録可能かどうかを判断されるため、誰しもが使えるわけではありませんが、40代になってより質の高い転職を考えている方は登録しておいて損はないでしょう

登録ができた方は、登録情報を見た企業やヘッドハンターからスカウトが届くようになります。スカウト数や提示された内容などで自分の市場価値がわかるため、無理なく自分のキャリアプランに沿った転職活動が実現できるでしょう。

ビズリーチに所属しているヘッドハンターは、厳選な審査をクリアした優秀な方が在籍しています。自分に合ったヘッドハンターにサポートしてもらいながら転職活動を進めていけることはメリットです。

ビズリーチでは、スカウトが届くのを待ちながら「求人」や「ヘッドハンター」検索ができるのも魅力です。スカウトと両立することで、より早く自分にあった求人に出会える可能性があり、転職活動をスピーディーに進められるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア
求人数約3.3万件
運営会社株式会社パソナ
対応エリア全国
主な特徴・幅広い業界
・職種のハイクラス求人を多く取り扱う
・業界・職種ごとに精通したコンサルタントのサポートが充実
※2023年9月時点

パソナキャリアは、ハイクラス向けの求人を多く保有している転職エージェントで、年収800万円以上の求人が多くあることが特徴です。

パソナグループには、人材ビジネスの先駆者として長年にわたり積み重ねてきた実績と信頼があり、現在は取引先企業は30,000社以上ハイクラス求人が半数以上です。

ハイクラス求人の転職に特化した専任のコンサルタントが在籍。内定獲得のための、面接対策や年収交渉など様々なサポートを受けることができます。

「年収アップさせられるような転職をしたい」と思う40代の方は、パソナキャリアを検討してみてはいかがでしょう。

 

40代の転職相談でよくある内容と相談してわかること

これからどこかに相談することを考えている方は、相談する内容をあらかじめ整理しておきましょう

こちらの項目では、40代の転職相談でよくある内容についてお答えしますので、参考にしながらご自身の相談に役立ててみてください。

40代でも転職できる?

40代は20〜30代の転職より難易度は高いですが、必ずしも転職ができないわけではありません。

中途採用を求める企業は即戦力を期待している傾向があるため、40代からの経験が浅い分野への転職の場合はハードルが高く、一般的に難しくなる可能性が高いでしょう。

一方で、これまでの経験を活かしたキャリアや労働条件を改善する転職の場合は成功しやすいでしょう。

近年は40代・50代のミドル層向けの転職エージェントも多くあるため、40代からでも転職を成功させたい場合は、ミドル層向けの転職エージェントに相談してみましょう。

40代で転職しやすい業界や職種はある?

40代での転職は、やや厳しくなり、経験の有無で転職のしやすさに大きな違いが出てきます。

これまでの経験が活かせる業界・職種

経験がある業界や職種であれば、40代でも給与UPを狙った転職もしやすいです。十分な実績があれば、ハイクラス向けの求人も挑戦できますので、大幅な年収UPもあり得るでしょう。

どうしても今の業界や職種を辞めたいと考えている方でも、これまでの仕事での経験を活かせる転職先であれば、十分満足できる転職ができるでしょう。

人手不足の業界

一方で、40代で未経験の転職となるとかなり選択肢が狭まってしまうでしょう。

40代の未経験でも転職しやすい職業としては、人員不足に陥っているような少しマイナスな理由で求人募集をしている業界や会社が中心になってきます。

一般的に人手不足の会社が多い業界として、次の業界が挙げられます。

  • 建設・土木業
  • 介護・福祉業
  • サービス業
  • 運送業

これらの業界であれば、40代の未経験であっても採用される可能性があり、心機一転挑戦できる可能性が高いです。

ただし、人手不足に陥っているということは、低賃金や過酷な労働環境などの理由があることも多いでしょう。転職する際には、応募先企業の詳しい情報をしっかり調べた上で応募するかどうかを決めましょう。

今の職場での悩みがある

マイナビの調査によると、40代で転職活動を始めた理由には、主に以下のような内容があります。

【男性】転職活動を始めた理由
転職理由割合
給与が低かった25.4%
職場の人間関係が悪かった23.2%
仕事内容に不満があった22.8%
会社の将来性、安定性に不安があった17.5%
休日や残業時間などの待遇に不満があった16.2%
【参考記事】転職動向調査 2023年版(2022年実績)|(株)マイナビ
【女性】転職活動を始めた理由
転職理由割合
給与が低かった27.6%
職場の人間関係が悪かった26.7%
仕事内容に不満があった21.0%
身に付けたスキルを活かす仕事をしたかった20.0%
成長できる環境が整っていなかった19.0%
【参考記事】転職動向調査 2023年版(2022年実績)|(株)マイナビ

転職理由で最も多かったのが、男性・女性ともに「給与が低かった」ことでした。また、性別を問わず、業務内容もしくは人間関係に関し、何らかの不満を抱えて退職していることが分かります。

これから上記の理由で転職をする方は、転職先でも同じ思いをしてしまわないように、転職先企業の情報をしっかり調べておくことが重要です。

転職エージェントに相談すれば、求人がある企業の内部事情まで詳しく説明してくれることがありますので、しっかりと確認しておきましょう。

自分のキャリアや経歴の棚卸しをしたい

40代になって、ご自身のキャリアや転職市場での需要を知りたいと考える方も多いでしょう。

本記事でご紹介した転職エージェントやキャリアコーチングでは、ご自身のこれまでの働き方を整理して、今後のプランやあなたの市場価値などをアドバイスしてくれます。

自分だけでキャリアを振り返ったとしても、転職市場の傾向や評価からズレてしまっていることもあります。転職エージェントやコーチなどの転職知識がある人から、客観的な意見をもらうことは必要不可欠でしょう

自分にあった転職先を知りたい

転職したいけど、どのような仕事に向いているのかわからないまま悩んでいる方も多いでしょう。

転職エージェントなどの転職支援サービスに相談することで、ご自身のキャリアや性格をもとに、適した仕事や転職先を導いてくれます。

上記のキャリアプランと合わせて相談することができれば、状況や考えをスッキリ整理して、より明確な目的を持って転職活動を進めることができるでしょう。

転職相談を充実させるための準備

ここまで、40代の転職相談先や主な相談内容についてご紹介しました。転職相談をする際は、ただ単に悩みを伝えるのではなく、事前に準備しておくことでより有益なアドバイスをもらいやすくなります。

こちらの項目では、転職相談を充実させるために、あらかじめ準備しておきたい3つのコトをご紹介します。

相談内容をあらかじめまとめておく

転職の相談には、さまざまな相談内容があります。ご自身がどのような相談をしたくて、具体的にどう悩んでいるかを、明確にしておくと相談もスムーズに進みます。

転職に関する相談には、主に次のような内容があります。

  • 自己PRや志望動機の相談
  • 面接に関する相談
  • 転職市場の動向に関する相談
  • 応募先の内部事情や雰囲気に関する相談
  • 入社準備や退職に関する相談

相談内容によっても適した相談先が違ってきますので、事前にどういう相談をしたいのかを明確にしておくことは重要です。

自分の経歴やスキルをまとめておく

キャリア相談や転職先の相談を受ける場合、これまでの経歴をもとに相談が進められます。その際、事前に自分の経歴やスキルをまとめておかないと、うまく伝えられなかったり、抜け漏れが生じてしまったりします。

より具体的なアドバイスをもらいたいなら、相談前に自分で仮の職務経歴書を作っておいて、相談時にすぐに伝えられるように準備しておきましょう。

また、職務経歴書には書かないような転職先の希望条件や今あるキャリアプランなどの考えも、あらかじめまとめておくことをおすすめします。

相談相手に敬意を示した対応を取る

相談をより良いものにしていくためには、相談相手に敬意を示すことも大切です。

お互いに短い関係性かもしれませんが、その短期間でも信頼関係を築くことができれば、相談相手はあなたにとってもっといい回答を提案しようと工夫してくれます。

反対に、こちらが相談者だからと横柄な態度を取ってしまうと、そのことを見透かされて中身のない回答をされてしまうようなことにもなりかねません。

相談を受けてくれる方も一人の人間ですので、その方と良い関係を築いていくことを心がけましょう。

まとめ

本記事では、40代の転職相談におすすめの相談先をご紹介しました。

特徴をまとめると次の通りです。

相談先特徴
転職エージェント・無料で相談でき、転職先の紹介までしてもらえる。
・カウンセリングや面接対策等にも対応。
キャリアコーチング・キャリアについて一緒に考えてくれる相談先。
・無料相談も実施しているが、本格的に利用する場合には料金がかかる。
就職だれでも相談・東京都が運用する転職の相談先。
・電話やLINEで気軽に相談できるが、相談時間に制限がある。
・東京で働く人のみ相談可能。
ハローワーク・相談や転職先の紹介などをおこなっている。
・雇用保険(失業手当)や職業訓練校の相談や手続きも可能。
身近にいる人・気軽に相談できる相手だが、転職事情に詳しいわけではない。
・決断の際や、要所で相談するにはよい。

相談内容の種類や悩みの大きさなどによって、相談先を選んでいきましょう。

40代になって、20代〜30代よりも転職が難しくなってくる方も多いことでしょう。そのような場合でも、しっかり相談しながら、ご自身のこれまでとこれからのキャリアをじっくり考えていくことで、必ず納得できる転職、もしくは今の職場での働き方ができるはずです。

一人で悩まずに誰かに相談し、客観的な意見をもらいながら進めていきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。