女性コンサルタントへの転職は可能|働く5つのメリットや注意点を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

女性コンサルタントに対して華やかなイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし「ハードワークと聞くから不安」「長く続けられるかわからない」と、女性コンサルタントへの転職を躊躇してしまう方もいます。

そこで本記事では、女性コンサルタントのメリットや悩み、転職に必要なスキルを解説します。

コンサルティング業界で活躍したい女性は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

【結論】女性でもコンサルタントへの転職は可能

結論、女性でもコンサルタントへの転職は可能です。

「コンサルタントは男性中心の環境なので女性が転職するのは厳しい」という印象が過去にはありましたが、ここ数年で変化しています。

なぜなら、近年の働き方改革や福利厚生の改善などの取り組みによって、女性がコンサルティング業界でのキャリアを構築する環境が変わりつつあるからです。

ただし、対策をしなければ転職に失敗する可能性もあります。

高橋 宇内氏

転職市場の動向や、求人情報を徹底的にリサーチするなど、十分な対策をしてから転職活動に臨みましょう

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントは、クライアント企業だけでは解決できない課題の解決をお手伝いする役割です。たとえば、戦略コンサルであればクライアントの業績アップや、採用コンサルであれば新卒採用力の増加などがあげられます。

クライアントと相談をして、チームを組み数ヵ月単位のプロジェクトとして契約することが一般的です。

コンサルタントの具体的な仕事内容は、以下のとおりです。

  • クライアントの企業の課題の分析
  • 課題の情報収集
  • 仮説を立てて検証
  • 課題解決のためのビジョン決定
  • 課題解決の実行支援
  • 資料作成や議事録作成

平均年収は約780万円

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、コンサルタントに該当する「その他の経営・金融・保険専門職業従業者」の平均年収は780.8万円でした。

また男女別に見ると、男性は851.5万円、女性は603.7万円です。勤続年数や役職が上がるとさらに年収は上がります

常に結果とスピードが求められるうえに、人間性も重視される業種であるため、給与水準は他の業種に比べてかなり高いといえます。

コンサルタントへ転職したい女性に転職エージェント5選

ここでは女性でコンサルタントへ転職したい人におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2,000万円の多数掲載
  • 転職決定年収 平均925万円以上 ※1
  • 転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1 ※2

※1 2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

※2 2023年オリコン満足度調査 転職

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。

 

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。

一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。

 

また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

 

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数

161,104件(※)

年収600万円以上の求人数

非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップを目指せる
  • 時間をかけずに転職活動ができる
  • マッチ度の高い求人を教えてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 専門的なアドバイスが受けられる
  • グローバル企業へ転職したい方に!
  • 年収3,000万円以上を目指せる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト

 

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 現在管理職に就いている方の転職におすすめ
  • キャリアアップ・年収アップが叶えられる
  • 今後のキャリアについて相談できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

doda X

dodaX

doda Xの特徴
  • ハイクラス転職に特化
  • 年収800万円以上の高収入求人あり
  • ヘッドハンターからスカウトが届く

 

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスです。

 

全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

 

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

 

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

 

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

 

サービス名 doda X
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 45,836件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • キャリアアップ・年収アップが期待できる
  • 管理職やハイキャリアポジションの求人を保有
  • 手間なく転職活動が進められる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

女性がコンサルティング業界で働くメリット5つ

女性がコンサルティング業界で働くメリットは、以下のとおりです。

  • 福利厚生が整備されている
  • 平等な評価が受けられる
  • 産休・育休後も活躍できるスキルを得られる
  • 収入が増える
  • 女性問題に関する課題に挑戦できる

コンサルティング業界は、福利厚生や働き方が整えられ、女性でも活躍できる環境になりつつあります。

企業側も積極的に女性の参画を求め、女性コンサルタントの採用・育成・持続的なキャリアアップに真剣に取り組んでいます。

福利厚生が整備されている

女性がコンサルティング業界で働くメリットは、福利厚生が整備されている点です。多くの企業が女性の活躍を奨励し、柔軟な働き方を促進する充実した福利厚生を提供しています。

たとえば、以下のような福利厚生があげられます。

  • 産休・育休制度
  • リモートワーク
  • フレックスタイム制
  • 時短勤務

優秀な人材を長期間活用するために、産休・育休を取得しても復帰できるような制度が整っています。

リモートワークやフレックスタイム制、時短勤務を導入することで、ライフイベントに対する考え方も柔軟になっています。

平等な評価が受けられる

近年、多くの企業では男女の差別が減っている傾向があるため、平等な評価が受けられるメリットがあります。

コンサルティング業界では、公平で実力主義の評価システムが採用されており、実績と成果が重要視されます。女性だとしても、性別関係なく、コンサルタントの実力や専門知識が評価される傾向があります。

コンサルティング業界は性別による差別が少なく、実力や専門性が重視される環境が整っているため、女性コンサルタントにとって活躍の場を広げる場になるでしょう。

高橋 宇内氏

ただし、企業の中には男性を強く見ているケースもあるため、注意が必要です。

産休・育休後も活躍できるスキルを得られる

コンサルティング業界で得られるスキルや経験は、希少価値が高くなるため、産休・育休後でも活躍できる可能性が高まるでしょう。

なぜなら、さまざまな業界・職種の経営問題を解決できる人材が少ないからです。

コンサルタントとしてのスキルを身につけておくと、転職市場で高く評価され、産休・育休後も必要とされるので復職しやすくなります。

一般企業の場合、部署や役職ごとに人数の上限があり、復職後に降格したり部署異動になったりするケースもあります。

しかし、コンサルタントはプロジェクト単位で仕事をするので、人数の上限がありません。復職後も元のポジションに戻りやすく、転職がスムーズにできるでしょう。

高橋 宇内氏

復職後も需要の高いプロフェッショナルとして活躍できるため、プライベートの事情に配慮した柔軟な勤務形態を検討してもらえる可能性もあります。

収入が増える

コンサルティング業界は全体的に平均年収が高水準であり、職種ごとによっても高い傾向があります。他の業界からコンサルティング業界へ転職すると、現在よりも収入が増える可能性が高いでしょう。

以下は、マイナビが調査した「2023年版 職種別 モデル年収平均ランキング」の結果です。

職種名平均年収
経営コンサルタント1,358万円
システムコンサルタント987万円
セキュリティコンサルタント731万円
営業・マーケティングコンサルタント723万円
金融コンサルタント720万円

特に経営課題に対処する高度なスキルや知識が求められる分野では、高い報酬が支払われる場合が一般的です。

コンサルティング業界で経験を積むと、将来的にはより高収入のポジションへの昇進も期待できます。

女性問題に関する課題に挑戦できる

コンサルティング業界では、ジェンダー平等や女性のキャリア支援に関する課題に積極的に取り組む企業が増えています。

特に、女性視点が求められる福祉・教育・ジェンダー平等などの分野や、社会問題に対処するプロジェクトが多く存在します。女性が自身の経験や視点を活かして活躍できる機会が増加しているでしょう。

そして、コンサルタントとしてのスキルを駆使して、さまざまな問題に対して解決策を提案することが期待されています。

女性が自らの価値を発揮し、社会に貢献するためのフィールドとして、コンサルティング業界が適しているといえるでしょう。

高橋 宇内氏

社会課題に取り組みたいと考える女性にとっては、充実したキャリアの場となっています。

女性コンサルタントが抱える3つの悩み

女性コンサルタントが抱える悩みは、以下のとおりです。

  • ワークライフバランスが確保できない
  • 地道で細かい作業が多い
  • 新しい知識をインプットする時間が少ない

女性コンサルタントは魅力的な職業ですが、悩みもあります。コンサルティング業界へ転職を検討している女性は、悩みをどう対処するか考えておきましょう。

ワークライフバランスが確保できない

女性コンサルタントは、ワークライフバランスの確保が課題とされるでしょう。コンサルティング業界はプロジェクトごとに繁忙期が存在し、その期間中は長時間労働を求められるときがあります。

コンサルティング業界は残業や休日出勤をするときもあるため、なかなかプライベートの時間がとれず、ワークライフバランスが確保できないかもしれません。

特に子育て中の女性コンサルタントは、育児や家事との両立に悩むときも多いでしょう。

繁忙期は企業によって異なるので、入社前に忙しい時期や過去の社員の経験などを確認すると、企業の働き方に対する理解を深められます。

ワークライフバランスの確保を重要視するなら、事前に情報収集し、自分のライフスタイルに合致するかどうかを検討することが重要です。

地道で細かい作業が多い

コンサルティング業界は華やかなイメージがありますが、地道で細かい作業が多いのが悩みといわれています。コンサルタントの仕事では、クライアントの課題解決に向けて、さまざまなデータを収集し、綿密な分析を行う作業が不可欠です。

市場データ・業界トレンド・競合情報など多岐にわたる情報を徹底的に調査し、戦略を練るための分析が求められます。

また、提案書や報告書の作成も重要です。具体的なデータや分析結果を、クライアントに分かりやすく伝えるための資料を作成しなければなりません。

高橋 宇内氏

知らない知識は一つひとつ丁寧に調べ、地道な作業もこなしていくことが大切です。

新しい知識をインプットする時間がない

コンサルティング業界はさまざまな業界や企業のプロジェクトに携わるため、常に新しい知識をインプットする必要があります。業界のトレンドや技術の進化に対応するために、継続的な学習が大切です。

しかし、出勤日は通常の業務が優先なため、新しい知識をインプットする時間が少ないと感じるでしょう。そのため、仕事後や休日に勉強しなくてはなりません。

家庭と仕事の両立に加えて、セミナー・研修・自己学習など、多くの時間と労力を投資する必要があり、負担に感じてしまう方もいるでしょう。

女性に適したコンサルティング企業を探すときのポイント

女性に適したコンサルティング企業を探すときのポイントは、以下のとおりです。

  • 女性向けの制度が整っているか
  • 自由度が高い働き方をしているか

女性コンサルタントに転職するなら、事前の企業リサーチは欠かせません。自分の働き方や仕事内容に合った企業を探すことで、転職後のミスマッチを防げます。

女性向けの制度が整っているか

女性に適したコンサルティング企業を探すなら、女性向けの制度が整っているかどうかをチェックしましょう。

たとえば、以下のような制度が整っている企業は女性にとって魅力的といえます。

  • 産休・育休制度
  • リモートワーク
  • キャリア支援
  • 女性ネットワーク

女性向けの制度が整っていると柔軟に働くことができるため、仕事と家庭を両立させやすく、キャリアを積んでいくうえでのサポートが期待できます。

また、女性同士のつながりや情報交換ができると、仕事上の課題・成功体験を共有しやすくなります。

高橋 宇内氏

企業の公式Webサイトや採用情報、社員の声などを確認して、具体的どのような制度が女性コンサルタントを支えているかを理解しておきましょう。

自由度が高い働き方をしているか

自由度が高い働き方は、さまざまなライフイベントに柔軟に対応できるため、女性にとって重要なポイントです。たとえば、結婚・出産・子育てなどのライフイベントは、仕事と家庭の両立が求められます。

自由度が高い働き方をすることで、ライフイベントに柔軟に対応でき、ワークライフバランスを保ちやすくなります

特に子育てが進むと、子供の成長やイベントに合わせた働き方が必要です。自由度が高い企業ではリモートワークやフレックスタイムなど、仕事を続けながら家庭を大事にすることが実現しやすくなります。

企業の働き方や制度が、自分のライフスタイルに合わせて働けるかどうかを確認することが重要です。

女性コンサルタントに必要なスキル5つ

女性コンサルタントに必要なスキルは、以下のとおりです。

  • ロジカルシンキング
  • クリティカルシンキング
  • コミュニケーション能力
  • 分析・資料作成能力
  • 課題解決能力

コンサルタントは専門知識やスキルだけでなく、多くの人との関わりながら業務を進めるため、コミュニケーション能力などのスキル不可欠です。

コンサルタントを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは、物事の因果関係を整理して論理的に考える能力です。

複雑な問題やプロジェクトに対処するときには、結論に至るまでの手順や論理的な根拠をわかりやすく提示する必要があります。

コンサルタントは、クライアントが抱える問題を整理・分析し、それに対する効果的な解決策を導き出す重要な役割を果たします。

また、情報が複雑で多岐にわたる場合でも、クライアントに理解しやすく説明するスキルが求められます。

高橋 宇内氏

論理的な説明は信頼感を生み、クライアントの納得感を得やすくなるでしょう。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングとは、情報を客観的に評価し課題に対する効果的な解決策を見つける能力です。

コンサルタントは、クライアントが抱える課題に対して最適な解決策を提案する必要があります。提案したアイデアや情報に対して矛盾点や問題点がないかを考えるには、クリティカルシンキングが欠かせません。

また、大量の情報を扱って複雑な問題を対処するとき、情報を整理しながら信頼性や妥当性を検証することが不可欠です。

高橋 宇内氏

クリティカルシンキングによって、正確な情報を選別し、有益なデータを得られるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、コンサルタントにとって重要な能力であるといえます。なぜなら、クライアントとの円滑な連携や情報の共有がプロジェクトの遂行に不可欠だからです。

クライアントの要望や課題を理解し、効果的な解決策を提案するには、ヒアリングが大切です。クライアントとの信頼関係は、プロジェクトの成功に直結するため、良好なコミュニケーションが求められます。

コンサルタントはチーム内で連携をとる場面が多くなります。コミュニケーションが円滑であれば、プロジェクトメンバーとの協力や情報共有がスムーズにおこなえるでしょう。

分析・資料作成力

コンサルティング業界への転職を目指すなら、分析・資料作成力は不可欠なスキルです。分析結果や資料は、クライアントに対してわかりやすく効果的に伝える必要があります。

資料作成力が高いと、複雑な情報が整理されクライアントの理解力を深めます。

また、コンサルタントはクライアントの課題を正確に理解し、適切な解決策を提案する必要があります。データ分析を通じて、課題を深掘りし客観的な情報をもとに、問題を把握することができます。

分析・資料作成能力を高めるには、プロジェクトに積極的に参加し、日々の積み重ねがスキル向上につながるでしょう。

高橋 宇内氏

基本的な統計学やデータ分析の知識を身につけると、データから有益な情報を引き出せるようになります。

課題解決能力

課題解決能力とは、複雑な問題や課題に対して論理的かつ効果的な解決策を見つけ出す能力です。

コンサルタントはクライアントが抱えるさまざまな問題や課題を対処し、解決するための計画を立てて実行する役割を果たす必要があります。

課題解決能力を身につけるには、複雑な問題を細かく分析し問題がなにか正確に捉える練習から始めてみましょう。情報や提案に対して疑問を抱きながら分析することで、より深い理解が得られます。

高橋 宇内氏

過去の失敗や経験を課題解決に活かすことも重要です。

女性がコンサルティング業界で働く注意点

女性が、コンサルティング業界で働く注意点として、繁忙期に伴う残業の増加があげられます。

コンサルティング業界はプロジェクトごとに忙しさが変動し、プロジェクトの進捗やクライアントの要望に応じて柔軟に対応する必要があります。繁忙期には業務量が増加し、残業の発生が起こりやすいでしょう。

繁忙期であっても、自分のワークライフバランスを意識的に保つことが重要です。また、業務の優先順位を明確にし、タスクの効率的な遂行を心がけることで、残業時間を最小限に抑えられます。

残業の負担を軽減するためには、フレックスタイムやリモートワークなどの制度の活用もおすすめです。

高橋 宇内氏

このように柔軟な働き方を心がけると、繁忙期でも女性がコンサルティング業界で活躍できるでしょう。

女性コンサルタントによくある質問

女性コンサルタントによくある質問

女性コンサルタントによくある質問について回答します。

女性コンサルタントの平均年収はいくらですか?

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、女性コンサルタントの平均年収は603.7万円です。

コンサルタントは高度なスキルや専門知識が求められるため、給与水準が他の職種と比べて高い傾向にあります。

経験年数や役職が上がるにつれて、年収も高くなります。コンサルティング業界は実力重視の企業が多いため、着実にキャリアを積み上げられるでしょう。

女性コンサルタントの割合は?

コンサルティング業界の女性比率は20%〜30%といわれています。

実際アクセンチュアの全社員に占める女性社員の割合は37%と、3割以上が女性であることがわかります。

参考:女性が活躍する職場|採用情報 | アクセンチュア

コンサルティング業界に向いている女性の特徴は?

コンサルティング業界はさまざまなプロジェクトに携わるため、常に新しい課題や情報のインプットが求められます。そのため、コンサルティング業界で活躍するには、知的好奇心があると良いでしょう。

知的好奇心がある人は、新しい知識やスキルを着々と身につけ、どんなプロジェクトでも柔軟に対応できます。

また、解決策が簡単に見つからなくても、知的好奇心を持って諦めず考える力が必須です。

知的好奇心を持っている人は、コンサルティング業界に向いているといえるでしょう。

女性コンサルタントに転職するならエージェントが必須

女性のコンサルティング業界への転職は、メリットやデメリットを十分に理解し、事前の企業リサーチが大切です。

以下の点に着目して、志望する企業を選びましょう。

  • 女性向けの制度が整っているか
  • 自由度が高い働き方をしているか

女性コンサルタントへの転職を成功させるなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは、自分の経歴や希望条件からあなたに合った求人を提供してくれます。

他にも、応募書類の作成や面接対策など、専門のプロが転職活動をサポートしてくれます。

まずは、無料で利用できる転職エージェントに相談して、コンサルティング業界への転職を成功させましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。