20代でも外資系企業への転職は可能?転職を成功させるポイントや注意点を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「20代で外資系企業に転職できるのだろうか」

外資系企業への検討している方の中には、こうした疑問を感じている方もいるでしょう。なかには、自身の英語力や現在のスキルで通用するのか、と不安を抱えている方もいるかもしれません。

しかし、20代だからこそ、外資系への転職では有利に働くことがあります。

20代は「今後活躍する人材になるだろう」とポテンシャル採用に繋がりやすいためです。

20代という年齢を最大限活かして外資系への転職を成功させるためにも、外資系転職と日系企業で求められることの違いや、転職活動の注意点について事前に把握しておくことが大切です。

この記事では20代で外資系企業への転職をおすすめする背景や、20代で外資系企業への転職を成功させるためのポイント、外資系企業で求められるスキルについて解説します。

外資系企業への転職をサポートしてくれる転職エージェントも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
転職エージェント診断ツール
性別
年齢
直近
年収
職種

目次

20代だからこそ外資系転職に挑戦してみよう

外資系企業への転職は、スキル面や経験不足といった部分をこれからカバーしていけるであろう20代だからこそおすすめです。

この項目では、20代で外資系企業へ転職することが有利になる理由、外資系企業が求める人物像、英語力は必須なのか、について説明します。転職活動を進める際の参考にしてください。

外資系企業が求める人材

外資系企業では「組織」を重んじる日系企業とは異なり、「個人」を尊重する傾向があります。
そのため、外資系企業では各個人の強みとなる専門知識や経歴・実績を持つ人材を求めている傾向が強いと言えるでしょう。

例えば、外資系企業で求められる人物像として、部署移動で複数の部署を渡り、幅広く業務に携わってきた人物よりも、ひとつの部署で業務に深く狭く携わってきた人材を求める傾向が見られることからも、個人を尊重する意向が汲み取れます。

専門知識を持つ人材が求められる背景として、外資系企業と日系企業の雇用形態の違いが関係していると言えるでしょう。外資系企業ではおもにジョブ型、日経企業ではメンバーシップ型という形態で、社員を雇用しています。

外資系企業 日系企業
雇用 ジョブ型 メンバーシップ型
仕事の割り当て方 仕事に人を割り当てる 人に仕事を割り当てる
仕事・業務の範囲 専門的に狭く深く対応  広く浅く幅広い対応

 メンバーシップ型(日経企業)では、人を採用したうえで適正に合わせて仕事を割り当てていきますが、ジョブ型(外資系企業)の場合は、仕事を割り当てられる人を採用するケースがほとんどです。

そのため、「この職種・業種について深い知識を持っている人だ」と面接官に思われた人材が採用に繋がりやすい傾向にあると考えてよいでしょう。

外資系企業の転職で20代が有利になる要素

外資系企業への転職で有利になる要素として、年齢に対して目立つ経歴や実績を持っていることが挙げられるでしょう。

例えば、同じ実績を積んできたとしても「20代でリーダー職に就いた」というAさんの実績と、「30代でリーダーに就いた」というBさんの実績では、同じ実績だったとしても「20代でリーダーとなりメンバーを束ねてきたAさんの方が、年齢に対し実績を積んでいるな」と判断されるためです。

また、20代という年齢は「今後このような活躍をしてくれるだろう」というポテンシャル採用にも繋がりやすいため、経歴と絡めて実績をアピールすることで、転職の際に有利に働くはずです。

未経験歓迎の外資系企業の求人数

現在、日経企業から外資系企業への転職を検討している方の中には、未経験でも転職できる外資系企業の求人はあるのか、と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

以下は、各転職サイトにおける外資系企業の求人数と、その中で未経験可という条件になった場合での求人件数の比較になります。大手転職サービス4社では、未経験可の求人を出している外資系企業は各180件未満のケースが多いようです。

サイト名 外資系企業の全体求人数 未経験可の求人数
doda  5,335件 99件
マイナビAGENT  1,290件
(※公開求人862件+非公開求人428件) 
166件
(※公開求人157件+非公開求人9件)
Type転職エージェント 37件
(※公開求人4件+非公開求人33件)
2件
(※公開求人1件+非公開求人1件)
リクナビNEXT 470件 126件

※2023年4月現在
※「外資系企業」「未経験」のキーワード、もしくは条件設定のうえ算出。

なお、上記の件数は一例となります。そのため、外資系企業の転職サポートに注力している転職エージェントを利用した場合は、上記の公開求人数に加え、一般には公開されていない非公開求人を取り扱っているケースがあります。

より幅広い選択肢の中から転職先を探したいという場合は、一度相談してみてもよいでしょう。

非公開求人とは
非公開求人とは、転職サイトや企業の採用情報などで公開されていない求人のことです。
応募が殺到しやすい好条件の求人などは、企業の採用担当者の負担を軽減するために非公開とし、エージェントから適していると判断された求職者や、サイトの登録者へ優先的に案内されます。
非公開求人には思わぬ好条件求人も含まれている可能性があるので、気にある場合は転職エージェントの利用をおすすめします。

英語力を求めない外資系企業の求人数

以下は、一部の転職サイトでは外資系企業で「語学力不問」を設定している求人件数になります。

サイト名 外資系企業の全体求人数 語学力不問の求人数
doda 5,335件 6件
マイナビAGENT  1,290件
(※公開求人862件+非公開求人428件)
1件
Type転職エージェント 37件
(※公開求人4件+非公開求人33件)
0件
リクナビNEXT 470件 3件

※2023年4月現在
※「外資系企業」のキーワードもしくは条件設定、「語学力不問」を設定のうえ算出。

上記を見てみると、語学力を求められないケースは少ないことが分かります。

企業にもよるため一概に「英語力・語学力が必要である」とは言いきれませんが、外資系金融やIT関連、人材会社などでは英語力を求められる傾向が強いと言えるでしょう。

また、社内の公用語が英語である場合や、業務上のやり取りで英語を使用する企業の場合は、英語力・語学力が乏しい場合、出世や仕事の選択肢が狭まる可能性があります。
企業の特性に合わせ、英語力や語学力の学習、スキルアップはおこなっておいて損はないでしょう。

外資系企業に勤務する20代の平均年収

外資系企業の場合、職種や役職により年収に差が出るため、一概にいくらであると言い切ることはできません。一例として、ハイクラス転職エージェント「パソナキャリア」が発表している内容によると、外資系企業のコンサルタント業として働く場合の職業別20代の年収は以下のようになります。

  • ITコンサルタント 450~550万
  • 経営コンサルタント 550~650万
  • 外資系コンサルタント 600~2,000万

厚生労働省の発表した「賃金構造基本統計調査」における日本の平均年収は約376万円のため、外資系企業の年収と比較すると約100万円以上の開きがあると言えるでしょう。

なお、上記ではコンサル業を一例としてご紹介しましたが、外資系金融企業で働く場合は新卒の初任給で約50~60万円、20代後半で年収が1,800万円前後になるなど、外資系企業の業種・職種によっては年収が1,000万円を超えるケースも多いようです。

【参考記事】
外資系コンサルタントに転職するコツは?年収・仕事内容・求められる人物像を解説|パソナキャリア
外資系金融の年収|20代で1000万超もあり?|HAYZ
令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

20代で外資系企業へ転職するときの注意点

ここまで、外資系企業への転職に挑戦するのであれば、20代の方が有利であると説明しました。

また、外資系企業は日経企業よりも年収が高く、一見すると転職をするメリットが大きいようにも捉えられるでしょう。しかし、外資系企業への転職をするうえでは注意すべき点も存在します。この項目では、20代で外資系企業に転職する際の注意点についてご紹介します。

実力主義で自主退社に追い込まれるケースがある

外資系企業では、組織ではなく個人を重んじる文化があり、個人の上げた成果が評価に直結するケースがほとんどです。

成果を上げれば評価は上がりますが、企業から「実力がない」「企業が求める営業利益を達成していない」などマイナスな評価がくだった場合、企業側から退職を迫られるケースもあるようです。

一般的に「外資系企業は年収が高い」というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、その背景には、実力主義であるという点も関係していると言えるでしょう。

企業のスピード感についていけないケースがある

外資系企業に勤務するうえで、日本国内のほか国外からの情報を整理し、追い付いていくスキルも求められると言えるでしょう。

また、情報に追いついていくだけではなく、組織内の変動やシステムの変更にもついていかなければならず、日々更新される新しい情報をインプットし、自分の作業に織り込んでいかなければいけません。

外資系企業が個人の実力主義であることはひとつ前の項目でもご説明しましたが、物事に対して求められる対応スピードが速く、中には業務スピードについていけないと感じることがあるため注意が必要です。

日本撤退で失業のケースがある

外資系企業は母体を海外に置いているケースが多く、海外にある母体企業が日本からの撤退を決定した場合、失業する可能性がある点も注意が必要でしょう。

万が一、母体企業が撤退を決め、転職先を探すとなった場合でも、これまで支給されていた年収額や待遇を満たせる企業ばかりではない恐れもあり、転職活動が思ったように進まないケースも考えられます。

そういった場合は、外資系企業の転職を多く取り扱ってきた、転職エージェントに相談してみることがおすすめです。

職種や業種によっては激務なケースがある

外資系企業では職種・業種によって激務になってしまう可能性があります。

各企業における具体的な労働時間は公開されていませんが、ひとつの背景として、母体企業との時差が関係し、夜中や早朝に会議や電話などのやり取りが発生してしまう可能性が挙げられるでしょう。

ただ、一概にすべての外資系企業が激務になるというわけではなく、マイナビ転職が実施した外資系企業社員を対象にしたアンケートでは約73%の会社員が「そこまで忙しくない」と回答する結果となりました。

引用元:外資系企業にまつわるウワサ、それって本当? 外資系企業で働いている人に聞いた、メリット・デメリット|マイナビ転職

選ぶ業界や職種、役職、企業の規模や運営形態などによっても忙しさに差が出ると言えるでしょう。転職先を検討する際は、ご自身が希望するワークライフバランスとの兼ね合いで転職先を探してもよいかもしれません。

20代が外資系企業への転職を成功させるポイント

外資系企業への転職活動は難しい難関であるというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。そこでこの項目では、20代で外資系企業への転職を成功させるためのポイントについて詳しくご紹介します。

外資系企業を選んだ理由を明確にする

まずは、外資系企業を選んだ理由を明確化することが重要です。

「ホームページに記載のある企業理念や商品などに魅かれたから」などの理由ではなく、企業・事業において自分がどの点に魅かれ、そして入社することでこの企業にどのような貢献ができるのか、どのようなメリットがあるのかを明確化し、入社したい理由として伝えることが大切でしょう。

企業が求める専門性やスキルを把握する

外資系企業では、「ジョブ型雇用」という形態で仕事を人に割り振る形をとっていることがほとんどです。

そのため、自分にはどんな強みや専門知識があるのか、アピールすることも重要であるといえるでしょう。面接では、自身の経歴の中でどのような専門知識を蓄えてきたのかについて伝えることで、より具体的かつ説得力のあるアピールになるでしょう。

英語面接など外資系に合わせた選考対策をとる

外資系企業によっては「語学力不問」などの要項で募集を出しているケースもありますが、日常的な電話、メール、会話などのやり取りで英語を使用する場合は、英語力を求められるケースがほとんどです。

求められる英語力は企業によって異なりますが、英語でのコミュニケーションが必要な企業の場合は、仕事内容やコミュニケーションを問題なく英語で行うことができるのかなどを面接で見られるケースがあります。

そのため、事前の選考対策として、英語を用いての面接対策をおこなうことがおすすめです。
なお、こうした面接対策はこれまで外資系企業の転職をサポートしてきた転職エージェントへ相談すると、面接対策や経歴書の添削まで対応してくれるため、転職エージェントの利用もおすすめです。

外資系の転職案件を取り扱う転職エージェントに相談する

20代で外資系企業への転職を検討している方は、外資系企業への転職サポートを取り扱っている転職エージェントへの相談がおすすめです。

英語を用いた面接対策やスキルの棚卸し、入社理由の明確化など、一人で対応できる範囲には限りがあります。

また、初めての外資系企業への転職の場合、日系企業への転職活動とは違い、準備や選考対策にかかる負担も大きくなると考えられるでしょう。転職サイトで希望の求人が見つからない場合でも、転職エージェントに相談をすれば、手持ちの求人の中から希望に沿った求人を提案してくれるかもしれません。

20代で外資系企業への転職を叶えるために必要なスキル

この項目では、20代で外資系企業への転職を叶える場合に企業から求められる、もしくは必須とされるスキルについてご紹介しましょう。

英語力

まずひとつめは英語力が挙げられます。
必ずしも英語力が必要になるケースばかりではありませんが、海外にある母体企業とのやり取りが頻繁におこなわれる場合などは、英語力が必要になると言えるでしょう。

とくに、業務の中で英語が必要になる場面としてはメールや電話対応、情報収集などの場面が多いというアンケート結果が発表されています。

引用元:外資系企業にまつわるウワサ、それって本当? 外資系企業で働いている人に聞いた、メリット・デメリット|マイナビ転職

企業によっては必ずしも必要とは言えませんが、組織構造等が変わった際、英語が必要になるケースも考えられるため、基礎的な英語力は身に着けておくことがおすすめです。

コミュニケーションスキル

部署、職種を跨いで活動するためのコミュニケーション力はもちろん、自分の意志を主張し相手方に伝えるというコミュニケーションスキルも重視される傾向にあります。

外資系企業では企業への貢献度が求められるため、企業の利益や成果に繋がると思った点は、自分の立場、年齢は関係なく意見を述べられることが求められるのです。
高度な英語力だけでなく、相手に意志を伝えるというコミュニケーションスキルは備えておくべきであると言えるでしょう。

柔軟性

外資系企業では、日系企業とは異なる勤務形態や評価制度を設けているケースがほとんどです。

例えば、日経企業では組織を重んじる「メンバーシップ型」の雇用形態であることに対し、外資系企業では「ジョブ型」といった業務に対して適任となる人を割り当てる雇用形態をとっており、働き方ひとつとっても違いが見られます。

また、専門知識や語学力だけではなく、業界の垣根に縛られず知識を取り入れる姿勢と視野の広さ、柔軟性を持ち合わせることで「グローバルマインド」としての活躍も見込めるでしょう。

外資系企業への転職におすすめの転職エージェント

この項目では、外資系企業への転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、スカウト機能が特徴のハイクラス向け転職エージェントです。転職スカウトサービス 顧客満足度2年連続No.1を獲得しています。(※1)

登録情報をもとにヘッドハンターが最適な求人を探してくれるため、忙しい方でも手間なく希望に合った求人を見つけられます。
一般には公開されていない非公開の求人も紹介してもらえるので、自身のキャリアの可能性を広げられるでしょう。また、企業から直接オファーが届くダイレクトスカウトにも対応しており、待つだけで効率よく転職活動を進められる点も魅力です。

転職決定年収 平均925万円以上(※2)と高年収の求人が多いこともリクルートダイレクトスカウトの特徴で、年収800万~2,000万円の求人も多数保有されています。

ハイキャリアでの転職を考える方や、転職をきっかけに年収を上げたい方におすすめの転職エージェントです。

(※1)2023年オリコン満足度調査 転職
(※2)2022年度実績:2022年4月~2023年の間にレジュメ登録があった年収750万円以上のサービス登録者

type ハイクラス

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

(※)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

パソナ ハイクラス

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

パソナハイクラスでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。利用者満足度調査で4年連続総合1位(※)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

doda X

doda Xは、管理職やハイキャリアの方などに特化した転職サービスを展開しています。全ての求人がマネージャークラスやCFO、事業戦略担当などのハイクラス求人で、現在管理職に就いている方のほか、転職をきっかけにキャリアアップしたい方にもおすすめできます。

年収800万円以上や年収1,000万円以上の非公開求人を多数保有しており、年収アップを目指す方も条件に合う求人を見つけられるでしょう。

登録すると、ヘッドハンターから直接スカウトが届くシステムで、忙しい方でも手間をかけることなく好条件の求人に出会える可能性があります。

気になる求人を見つけたらdoda Xを介して応募できるサービスもあり、自身の意向に合わせて転職活動を進められるのが特徴です。

doda

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

保有求人は公開・非公開合わせて23万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。
また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

(※1)2023年4月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

20代で外資系企業に転職するときのFAQ

この項目では、20代で外資系企業に転職するときの質問について回答します。

20代の未経験でも外資系企業に転職できる?

可能です。

スキルや知識不足などをこれから補っていける可能性を持つ20代であれば、転職が叶う可能性があります。

しかし、企業によっては、業界の専門知識のほか、英語力なども重視する場合があります。そのため、未経験で20代から転職をする場合、志望する企業に求められるスキルや経験をしっかりと把握し、面接対策を行ったうえ転職活動に挑むことをおすすめします。

新卒や第二新卒でも外資系企業への転職は可能?

可能ですが、新卒や第二新卒が外資系企業へ就職、転職することはおすすめできません。

外資系企業は、専門的な業界知識などが必要な仕事に人材を割り当てるジョブ型雇用のため、新卒や第二新卒など、社会人経験や専門知識が少ないという場合は、少々つらい労働環境になってしまう恐れがあるためです。

ただ、外資系企業の中でも一部には、外資日本法人としての歴史が長いことから日系企業と大きく変わらない運営体制になっている外資系企業も存在します。

外資系企業の「ポテンシャル採用」とは?

外資系企業への採用でよく使われる「ポテンシャル採用」とは、求職者が持つ潜在能力や、伸びしろを評価して採用をおこなうことです。
即戦力としてではなく、今後、発揮されるであろう求職所の能力に期待し、選考をおこないます。

そのため、未経験の職種や業種などへの応募の場合でも、ポテンシャルが評価されれば採用にいたる場合があります。

まとめ|20代でも外資系企業への転職は可能

この記事では、20代が外資系企業へ転職する場合について、企業から求められるスキル、転職をする上での注意点などについてご説明してきました。

結論、20代での外資系企業への転職は可能です。しかし、企業が求める成果を出せない場合は退職を迫られるケースがあるなど、日系企業とは評価基準が異なるという点は注意が必要でしょう。

しかし、ハードな仕事をこなす分、外資系企業の年収は20代の国内平均年収よりも高額です。

また、日経企業とは異なる考え方や仕事の進め方などに触れられるため、自身の専門スキルを活かしたい、英語力やコミュニケーション力を活かしてステップアップしたいとお考えの方は挑戦してみてもよいかもしれません。

また、転職活動に不安をお持ちの方は、この記事で紹介している転職エージェントに力を借りて、転職活動のサポートをしてもらうこともおすすめです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。