外資系転職の失敗パターン5つと後悔しないために考えておきたいこと

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

外資系に転職したいけど、失敗したくないなぁ

キャリアアップや年収アップを狙って外資系企業への転職する人は多いですが、以下のような失敗する人も少なくありません。

  • 「ハードワーク過ぎて能力主義の社風についていけない」
  • 「日本企業では守られていたんだと気づいた」
  • 「英語でのコミュニケーションが取れず、業務に支障が出る」

外資系への転職を失敗しないためには、企業の詳細や外資系への転職で気を付けることなど事前の情報収集が重要です。

自分ひとりで転職活動をすると、情報を網羅するのが難しいので、外資系への転職に詳しい転職エージェントのサポートを借りましょう。

今回の記事では、初めて外資系企業への転職を検討している方に向けて、外資系転職の失敗パターンや外資系企業が向いている人の特徴、失敗を避けるために考えておくべきことなどについてお伝えします。

関連記事:外資系に強いおすすめの転職エージェント・転職サイト比較ランキング|年代別のポイントを徹底解説

目次

外資系企業における転職の失敗パターン5つ

  • グローバルな環境で働ける
  • 成果さえ出せば同世代よりも遥かによい給料を貰える
  • 実力があれば若くても出世できる
  • 英語力を活かせる

など外資系企業には魅力的な面も多いものの、日本企業とは体制や考え方が異なるため、いざ働いてみると失敗だったという方もいます。ここでは、外資系企業への転職における失敗パターンをお伝えします。

成果主義の社風についていけなかった

ご存知かもしれませんが、外資系企業では結果をシビアに見られます。結果を出さなければ来年の給与や雇用は保障されません。

覚悟はしていたものの、結果が出ないプレッシャーの中で激務を続ける日々に、「地獄だ」と感じてしまう方もいます。

英語能力がネックとなり出世・スキルアップができなかった

外資系企業では、ビジネススキルと英語力の2点が必要です。両方大事なのですが、ここでは英語力の重要性について触れていきます。外資系企業では、上司から好評価を得ることが年収アップや昇進につながります。  

しかし、英語力がネックとなり関係者と細かい意思疎通ができなければ、高度な仕事ほど結果を出すのが難しくなるでしょう。

結果、上司からの評価が得られず、母国語で仕事をしていた方が、より高度な職務を任せられたということもあり得ます。  

英語力が不十分なために、一定以上のポジションになれない可能性も頭の片隅に入れておくべきでしょう。

年収が不安定でお金を使いにくい

結果を出せる方であれば年収の変動はさほど問題にはならないでしょうが、伸び悩んでいる人は来年の給与を予測しにくく、不安を抱えながら毎日を過ごすことになるかと思います。

特に家族がいる方であれば、将来設計や貯金などを計画的にやりにくくなります。

業務の内容が決まっており、仕事の範囲を広げにくい

日本企業と違い、良くも悪くも業務の範囲が決められています。日本の企業は外資系ほど明確に業務内容が決まっていないので、フレキシブルに経験を積んでいきやすい環境でもあります。  

日本企業のように、幅広く仕事をやっていきたいと考えている方は、外資系企業に転職をするとギャップを感じるかもしれません。

お金につられて転職をしてしまった

職種が同じであっても、転職前に提示される年収が日本企業のそれより100万円以上高いこともあり得ます。  

ただ、最初に提示された年収を来年も貰えるのは結果を出した人だけです。面談で提示された金額に釣られ転職をしたものの

  • あまりのハードワークについていけなかった
  • 結果が出ないプレッシャーで精神がまいった
  • 日本企業では守られていたんだと実感した

など、外資系企業ならではのハードな面に打ちのめされてしまう場合もあります。

関連記事:外資系企業に転職すると年収アップする?平均年収や転職する方法を解説

外資系企業への転職が向いている人

上記の失敗パターンを踏まえつつ、どんな人が外資系企業への転職に向いているのか確認していきましょう。

結果を出すことに執着できる人

結果を出すことに対してプレッシャーを感じて潰れるのか、それともプレッシャーをバネに奮起できるのかによって、外資系企業に対する向き不向きが別れるでしょう。  

これまで挑戦し続ける人生を送ってきた自負がある方は今回も頑張れるでしょうし、逆に結果ばかりを追い求めることに対して疲れ気味の人は、後悔する可能性があるように思います。

変化に対し柔軟に対応できる人

スピード感があるのも外資系企業の特徴で、急に方針が変わることも決して珍しくはありません。これまでは質より量を追えと言われてきたとしても、明日からいきなり量よりも質を追えなどと言われる可能性があります。  

昨日とは全く別のやり方をしなければならなくなったり、別のスキルが必要になったりする場合があります。それでもめげずに手を変え品を変えやっていける人であれば、外資系企業に向いている可能性があります。

自力で実力を身につけていける人

日本企業では〇〇の資格を取れば△△円の手当が出る、などの福利厚生がありますが、外資系企業では年収は自力で上げるしかなく、成果につながる知識やスキルを自分で見極め、必要な勉強をやっていくことになります。  

日本企業のように守られた環境でなくともやっていける人であれば、外資系企業へ行っても大丈夫かと思います。

周囲のサポートがなくてもやっていける人

日本企業は丁寧に新人を育ててくれますが、外資系企業では全て自分で何とかするしかありません。困っていたら誰かが助けてくれるとは考えない方が良いでしょう。  

ある程度仕事の経験がある人や、自力でやっていく覚悟がある方でなければ、外資系企業は厳しいかと思います。

クビを恐れない人

年収が下がったりリストラされたりする恐怖に向き合えるかどうかがポイントです。実際に働いてみなければこのプレッシャーはリアルに想像できないかもしれません。  

関連記事:外資系企業で働きたい人に向いてる人や働くメリット・デメリットを解説

外資系企業への転職失敗を防ぐために考えたいこと5つ

外資系企業への転職失敗を防ぐために考えるべきことをお伝えします。

日本企業との違いを把握しておく

やってみなければわからないこともあります。ただ、外資系企業への転職後になるべく後悔をしないためには、日本企業との違いを明確に理解しておいた方が良いでしょう。  

両者には例えば次のような違いがあります。

日本企業外資系企業
教育研修等で教えてくれる必要な知識やスキルは自分で身につける
仕事の範囲あいまいで広い明確に決まっている
人の入れ替わり外資系企業ほど激しくない日本企業よりも激しい
有給のとりやすさ職場によっては取りにくい取りやすい
解雇の可能性低い高い

日本企業は集団主義的で、平均的な能力の人も活躍できるようサポート・教育体制が敷かれている傾向があります。  

一方外資系企業は、実力がある人はどんどん昇進・昇給できるチャンスがあるものの、平均以下の能力の人にとっては、肩身が狭いと感じることでしょう。

退職した後のプランを考えておく

外資系企業では結果が全てですが、転職後100%結果が出る保証はありません。  

結果が出ず企業にいられなくなる可能性があるので、そうなってしまった後のプランも考えておくとよいでしょう。  

万が一の逃げ道についても考えておかないと、外資系企業で上手くいかなくなったとき、働き続けても地獄、辞めても地獄、という状況になりかねません。

今後のビジョンを明確にする

何度かお伝えしているように、外資系企業では職務内容が明確に決まっており、良くも悪くも決められた職務内容に関する専門性が高まっていきます。  

年齢を重ねるほど専門性や経験を活かす転職をすることになっていくため、キャリアのゴールを明確にし、そこから逆算して職務内容を選んでいくことで、行きつく先をある程度コントロールしていきましょう。

職務内容をしっかり確認する

上記と似ていますが、職務内容はしっかり確認しましょう。例えば、同じ営業であってもルート営業、訪問営業、飛び込み営業では必要なスキルや身につく能力が異なります。  

職務に関して、より具体的で細かいところまで見ていくべきです。

企業の情報をリサーチする

転職をする際は、その企業に入社することで今後のビジョンを叶えられそうかリサーチをする必要があります。  

外資系企業であればカルチャーの違いなどをよりシビアに見ていかないと、転職後のギャップが大きくなるかもしれません。

インターネットで情報収集するのも良いですが、外資系企業への転職サポートが得意な転職エージェントを活用すると次のようなメリットがあります。  

  • 自力では調べられない企業の内情についても教えてもらえる
  • 英文レジュメや英語での面接に対して対策をしてもらえる
  • ヒアリングを行い、希望に合致した求人を紹介してもらえる
  • 一般には出回らない非公開求人に挑戦できる可能性がある

外資系企業への転職で活用したい転職エージェント4選

最後に、外資系企業への転職サポートに力を入れている転職エージェントをご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

type転職エージェントハイクラス

type転職エージェントハイクラス
  • 特徴① 管理職やエグゼクティブに特化
  • 特徴② 年収800万~1,500万円の求人多数
  • 特徴③ 専任コンサルタントによる徹底サポート

type転職エージェントハイクラスは、管理職やエグゼブティブ層に特化した転職エージェントです。ハイクラス求人の取り扱いは首都圏だけで1万件以上(※1)と多く、年収800万~1,500万円の求人も多数保有されています。

 

サービスの中でも、特に面談に力を入れており、専任のキャリアアドバイザーが求職者の現状と希望を丁寧にヒアリングしたうえで、キャリアパスのアドバイスや最適な求人の紹介をしてくれます。

 

一人のアドバイザーが求職者支援と企業の情報収集の両面を担当しているため、スピーディーで的確な情報提供に期待できるでしょう。

 

首都圏でのハイクラス転職を検討している方は、まず登録しておきたいエージェントです。

 

(※1)type転職エージェントハイクラスの公式ホームページより

 

サービス名 type転職エージェントハイクラス
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 10,259件(※2)
非公開求人数 18,487件(※2)
おすすめポイント
  • 現在管理職に就いている方の転職におすすめ
  • キャリアアップ・年収アップが叶えられる
  • 今後のキャリアについて相談できる
対応地域
東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に全国/海外
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

ランスタッド

ランスタッド

  • 特徴①年収800万円以上のハイクラス求人が豊富
  • 特徴②グローバルや外資系企業に強い
  • 特徴③各業界に精通したコンサルタントが在籍

ランスタッドは世界39カ国でサービスを展開しているハイクラス求人向けの転職エージェントです。

 

国内企業はもちろん、グローバルや外資系企業の求人を多数取り揃えています。

 

また、コンサルタントは各業界に精通しており、専門性の高いアドバイスを受けることができます。

 

ランスタッドの約8割が非公開求人であるため、自分にあった求人があるか探すためにもまずはランスタッドに会員登録しておきましょう。

 

サービス名 ランスタッド
運営会社 ランスタッド株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 専門的なアドバイスが受けられる
  • グローバル企業へ転職したい方に!
  • 年収3,000万円以上を目指せる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 34,075件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を紹介可能
  • 手厚い転職支援を受けられる
  • 30~50代でハイクラス転職を目指している方におすすめ
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

まとめ

この記事では、比較的ネガティブな内容をお伝えしてきたものの、外資系企業の良し悪しは判断する人の価値観にもよります。  

年収の額だけにとらわれず、職務の範囲が理想的なキャリアに繋がるのか、応募先のカルチャーに馴染めそうかなど、幅広く情報収集をしていきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。