スカウト機能がある転職サイトランキング13選!選び方・注意点も徹底比較

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

スカウト機能のある転職サイトを利用すれば、自分で求人検索をする手間を省けるため、効率よく転職活動を進められるでしょう。とはいえ、スカウト機能のある転職サイトは数多くあり、どれを選べばいいか迷う方も少なくありません。

本記事では、スカウト機能のある転職サイト13選をご紹介し、選び方・注意点も解説します。

効率よく転職活動を進めたい」と感じている転職希望者は、ぜひ最後までご一読ください。

スカウトサイト 特徴
ビズリーチ 年収600万円以上向け。スカウト型の転職サイトの中でも圧倒的な知名度を誇るのが、ハイキャリア向けスカウトサイト。
リクルートダイレクトスカウト 年収1000万円以上の方向け。ヘッドハンターが求める限られた会員のみに送信される特別なスカウトがあり、重要度が高いスカウトが受け取れる。
doda X 年収800万円以上の方向け。パーソルキャリアが運営するハイクラス向け転職サービス。
BEET-DIRECT(ビートダイレクト) 管理部門特化のスカウト型転職サイト。年収600万円以上の人事労務や経理・広報・法務など職種でスカウト受け取れる。管理部門のスカウトサイトならココ。
ミドルの転職 経営層・ハイクラス向け。30代・40代を中心としたミドル世代に特化したスカウト機能を持つ求人サイト。
MS Career 士業・管理部門向け。向けスカウト機能を使うと企業や事務所の採用担当者や、管理部門・士業に精通した提携エージェントからスカウトが届きます。
SYNCA 管理部門特化。コーポレート部門の方に、ベンチャー企業の管理部門(CFO・管理部長などのマネジメント職)を中心に紹介実績あり。
NO-LIMIT(ノーリミット) 弁護士向け。基本は転職支援サービスだが、面後後にスカウトを受け取ることも可能
リーガルジョブボード 士業(司法書士・弁理士向け)。企業から直接スカウトが届く「ダイレクトリクルーティング」機能がある。
人材ドラフト 税理士特化型会計事務所・税理士事務所・経理など会計業界でのスカウトが受け取れる。
パソナキャリア 総合転職、経理・人事向け。管理部門系職種の採用支援に力を入れており、エージェントによる手厚いサポートに加えて「スカウトサービス」機能も利用できます。
Green IT業界・エンジニア特化。利用者の60%以上が企業の人事担当者からのスカウトをきっかけに転職を成功させています。
Findy エンジニア特化。ハイスキルなITエンジニアと企業をマッチングさせる、スカウト型リクルーティングサービス。
転職ドラフト 実務経験のあるIT/Webエンジニア向け。企業が指名を行う競争入札型転職サービス。
paiza転職 プログラマー向け。スキルチェック結果やスキルPRの内容が企業へ公開され、それを見た企業からのスカウトが届く。
Forkwell Scout スキルが高いITエンジニアに特化スカウトサービスに登録すると、企業からのスカウトが届きます。
doda 全業界対応。圧倒的な求人件数を誇る転職サイトです。営業職の求人も非常に多いので、営業職の転職ならまず登録を検討。
イーキャリア 未経験者や年齢不問の求人向け。キャリアシートを匿名公開することで企業からのスカウトを受けるとれる。
日経メディカルAナーシングキャリア 看護師向け。匿名のプロフィール情報や希望条件を見た看護師専門の転職支援会社からスカウトを受けることができます。
ジョブメドレー 医療・介護業界向け。スカウトがきた事業所へ応募すると内定率が約1.7倍にアップする。
薬キャリ 薬剤師専門。転職支援会社から最適な求人や転職情報などのスカウトメールが届きます。
エムスリーキャリア(m3) 医師向け。医師求人の約9割を占める巨大サイト。経歴を閲覧した病院から個別にスカウトメールが届きます。
リクナビNEXT 主に20代・未経験向け。スカウト機能がある代表的な転職サイトです。
マイナビ転職 20代から30代向け。マイナビ転職のスカウトは「企業からのスカウト」と「転職エージェントからのスカウト」があります。
あわせて読みたい
スカウト型転職サイトおすすめランキング|仕組みや特徴・評判を徹底比較 スカウト型の転職サイトを利用することで、仕事が忙しくて転職活動の時間が取れない方でも自分で求人を探す手間を省けます。 届いたスカウトを見ることで、市場価値を客...
目次

転職サービスでよく聞くスカウト機能とは?

転職サービスで設けられているスカウト機能とは、その名のとおり、企業があなたをスカウトするということです。

スカウト機能の仕組みがわかれば、効率よく転職活動ができるようになるでしょう。

以下で紹介するふたつの内容をぜひ参考にしてみてください。

  • スカウト機能の仕組み
  • スカウトとオファーはどう違う?

スカウト機能の仕組み

スカウト機能は、転職サイトに登録する際に設定した、職務経歴書や希望条件に当てはまった求人情報が、メールで送られてくるシステムです。

一般的に、転職サイトは自分で求人検索をおこない、自分に合った求人を見つける仕組みですが、スカウト機能があれば求人検索の手間を省けます。

スカウトには以下3点の種類があります。

  • 企業人事からの直接スカウト
  • 転職エージェントからのスカウト
  • AI自動返信からのスカウト

この中でも、企業人事からの直接スカウトが希望条件にマッチする確率が高いスカウト機能の傾向があります。職務経歴書を確認して直接送ってきているため、あなたに魅力を感じていることになります。

スカウトとオファーはどう違う?

スカウトとオファーは、似たような意味ですが実は全く違います。

スカウトは、企業担当者が会員の情報を元に、企業の意向でメッセージを送る人を決めています。

つまり、あなたに魅力を感じた企業が、直接メールを送ることを指します。

一方、オファーはシステム上で、会員の登録スキル・経歴等と、求人企業の求めるスキル・経歴等とのマッチングをおこない、マッチした求職者に応募を促すという仕組みです。

企業担当者が、求職者一人ひとりの登録情報を直接閲覧して送っているわけではありませんので、オファーよりも企業から直接評価されているスカウトの方が転職成功率は上がるでしょう。

転職サービスのスカウトは3種類ある

先述のとおり、転職サービスのスカウトの種類は、以下3点が挙げられます。

  • 企業からの直接スカウト
  • 転職エージェントからのスカウト
  • AI自動返信からのスカウト

それぞれ仕組みが異なるので、特徴を理解しておくと転職活動する際にうまく活用しながらスムーズに転職活動が進められるでしょう。それでは、順番に解説していきます。

企業からの直接スカウト

ひとつ目のスカウト機能は、企業からの直接スカウトです。

書類選考はおこなわれますが、企業が求職者のプロフィールを見て直接送っているため、転職活動をするうえで有利に働くといえるでしょう。

転職エージェントからのスカウト

ふたつ目のスカウト機能は、転職エージェントからのスカウトです。

このタイプのスカウトメールは、企業に代わって転職エージェントの担当者から求職者に送られます。

転職エージェントの担当者は、中途採用をしている企業を実際に訪問し、どんな人材を探しているのかをヒアリングしています。ヒアリングした内容を元に、その条件に合う経歴やスキルを持つ求職者を探し、スカウトメールを送っているのです。

企業からの直接スカウトより採用率はやや劣りますが、うまくマッチングする可能性が高く、選考に有利に働くでしょう。

AI自動返信からのスカウト

みっつ目のスカウト機能は、AI自動返信からのスカウトです。

職歴や年齢、居住エリアなど、中途採用をしている企業の条件にマッチする人に対して一斉送信される仕組みです。

興味を持ってもらえればありがたい」といった気軽な気持ちで送信されるケースが多く、マッチング率や採用率は低い傾向にあります。スカウトというより、宣伝効果を期待して送付していると考えられるため、あまり大きな期待を持たない方がいいでしょう。

スカウト機能のある転職サイトの選び方

スカウト機能のある転職サイトを選ぶ際は、主に以下3点を意識する必要があります。

  • 求人数が多い転職サイトを選ぶ
  • アプリでも利用できる転職サイトを選ぶ
  • 総合型と特化型を併用できるように選ぶ

あらかじめ転職サイトの選び方を理解しておくことで、自分に合った転職サイトを選べるようになるでしょう。本項でご紹介する3点の内容をぜひ参考にしてみてください。

求人数が多い転職サイトを選ぶ

転職サイトを選ぶ際は、求人数が多いサイトを選ぶことをおすすめします。

転職サイトごとに、保有している求人数や得意な業界・職種も異なります。求人数が多ければ多いほど、自分に最適な企業に巡り会える確率が高まるため、内定を早く獲得できる可能性も高められるでしょう。

アプリでも利用できる転職サイトを選ぶ

アプリでも利用できる転職サイトを選ぶのも、良い方法です。

仕事をしながら転職活動をおこなっていると、なかなかまとまった時間をとることができません。会社で夜遅くまで残業しているとなれば、帰宅してからパソコンを開いて転職活動する時間をとるのが難しい場合もあるでしょう。

アプリでも利用できる転職サイトを選んでおけば、スマートフォンから休み時間や外出時などの隙間時間に転職活動ができます。

忙しくて転職活動に時間が使えない」という方こそ、アプリでも利用できる転職サイトを活用しましょう。

総合型と特化型を併用できるように選ぶ

総合型とは、幅広い業界や職種の求人を取り扱っている転職サービスのことで、業界を問わない分、求人数も多い傾向があります。一方、特化型は特定の業界のみの求人を取り扱っているサービスのことです。

両方を併用することで、それぞれのサイトでしか掲載されていない求人を見られるため、幅広い選択肢を持ちながら効率よく転職活動を進められます。

総合型、特化型をそれぞれひとつずつ登録しておくことをおすすめします。

スカウト機能のある転職サイト13選|種類別に紹介

ここからは、スカウト機能のあるおすすめ転職サイトをご紹介します。

左右にスライドできます
求人数 年齢 対応エリア 主な特徴

リクルートエージェント

約62万件

20〜40代

全国 ・求人数が業界でもトップレベル

・面接対策に力を入れている

マイナビエージェント 約6.3万件 20〜40代 全国 ・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実
doda 約18.5万件 20〜40代 全国 ・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍

・サイト内で企業情報などを確認できる

マイナビ転職

非公開

20〜30代 全国 ・各地域に特化した求人情報あり
リクナビNEXT 約9.4万件

20〜40代

全国 ・スカウト機能が充実

・グッドポイント診断あり

パソナキャリア 約4万件 20〜40代 全国 ・年収800万円以上の求人を多数保有
 type転職 約2,700件 20〜40代

東京・神奈川・埼玉・千葉

・AIが自分に合った求人を選んでくれる
エン転職 約5,500件 20〜40代 全国 ・検索機能が充実
はたらいく 非公開 20〜40代 全国 ・スカウト機能が充実
Wantedly - 20〜40代 全国 ・求人に応募しやすい
リクルートダイレクトスカウト 約15.6万件 20〜40代 全国 ・ハイクラス向けの求人あり

・ヘッドハンターの質が良い

ジェイック 非公開 20〜40代 全国 ・内定率が高い
ビズリーチ 約8.6万件 20〜40代

全国

・スカウト機能が充実

※2023年2月現在

リクルートエージェント

リクルートエージェント
求人数 約62万件
対応エリア 全国
主な特徴 ・求人数が業界で最大規模

・各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する大手転職エージェントです。2023年2月時点での求人数は、非公開求人を含むと約62万件あり、求人数は業界でもトップレベルです。

リクルートエージェントの企業スカウトの種類は、以下のふたつが挙げられます。

  • 応募歓迎スカウト
  • 面接確約スカウト

応募歓迎スカウト」は、キャリアシートを見た企業から「ぜひ応募してほしい」と連絡が来るもので、通常の応募と比較して書類選考を通過する確率が約3倍といわれています。

面接確約スカウト」は、書類選考が免除され直接面接に進むスカウト機能のことです。いずれにせよ、自分が求人検索せずに転職活動を進められるため、うまく活用すればスムーズに転職活動を進められるでしょう。

【参考記事】リクルートエージェントスカウトサービスとは|リクルートエージェント

さらに、リクルートエージェントは無料で面接のノウハウを学べるセミナーを開催している点も魅力です。面接の受け答えや聞かれやすい質問などについて丁寧なアドバイスが受けられるため、本番まで入念に面接対策ができるようになります。

面接試験が不安」「40代で転職を希望する場合はどんなことを聞かれるのか気になる」といった方は、面接ノウハウが学べるリクルートエージェントをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
求人数 約6.3万件
対応エリア 全国
主な特徴 ・面接対策や書類添削などのサポート体制が充実

・幅広い業界・職種の求人を取り扱いあり

マイナビエージェントは、20代や第二新卒に強い大手総合型転職エージェントです。

幅広い業界や職種の求人を保有しており、都心部だけでなく地方の求人も多く取り扱っています。そんなマイナビエージェントのスカウト機能は、スキル・経験・希望にマッチしたスカウトメールがさまざまな転職エージェントから届く仕組みになっています。

【参考記事】マイナビエージェントスカウト|マイナビエージェント

転職先に求める条件に近い求人を自分で探さなくてもメールで知ることができるのは、転職希望者にとっては嬉しいポイントです。

さらに、マイナビエージェントは、期間に縛りがない「無期限」で転職支援をおこなっている点が魅力的といえるでしょう。一般的に、転職エージェントは「3ヵ月間」「半年」などと転職支援の期間を設けているサービスが大半です。その点、マイナビエージェントは期間を気にすることなく自分のペースで転職活動を進めることが可能です。

【参考記事】転職活動の期間は平均どれくらい?必要な準備や成功のポイントは?|マイナビエージェント

また、在籍しているキャリアアドバイザーは専任制となっていますが、専任制といってもひとつの業界に特化しているわけではなく、各職種の転職事情を熟知しているのも大きな特徴です。

面接対策や書類添削などのサポート体制も充実しているため、「自分のペースで入念に転職活動をおこないたい」と思う方は、マイナビエージェントへの登録をおすすめします。

https://twitter.com/namazunbike/status/1602219915062059008

doda

doda
求人数

約18.5万件

対応エリア

全国

主な特徴 ・転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍

・サイト内で企業情報などを確認できる

dodaは、業界トップクラスの求人数を誇っている大手転職エージェントです。

営業職やIT職をはじめ、さまざまな職種から自分に合った企業を見つけることができます。スカウト機能もついており、企業から直接オファーを受け取ることが可能です。

なかには、書類選考不要で必ず面接を受けられる「面接確約オファー」や「プレミアムオファー」、dodaサイトでは公開されない非公開求人のオファーが届くこともあるため、登録する際に職務経歴書を充実させておくと、その後の転職活動を有利に進められます。

【参考記事】スカウトサービスとは|doda

そんなdodaでは、転職市場に精通した専門スタッフが多数在籍しており、業界や職種の知見が豊富な転職のプロがキャリアプランの相談から転職ノウハウの提供までトータルサポートを行っています。

また、dodaはサイト内で企業情報などを確認できる点も大きな魅力です。業務内容や会社情報はもちろん、業績や業界統計の平均年収も見られます。

自分のこれまでのキャリアや強みなどを客観的に分析でき、求人情報に記載されている企業条件と照らし合わせることで、自分に合った企業を選びやすくなるでしょう。

さらに、エージェント機能に加えて自分でも求人検索・応募ができるため、うまく使い分けて効率よく転職活動を進めることができます。「詳しい求人情報を確認してから転職活動をおこないたい」と思う方は、dodaエージェントの登録をおすすめします。

【参考記事】dodaの転職エージェントのメリット|doda

https://twitter.com/shiron160/status/1616070277582172161

社会に出て20年、初めての転職活動で正しい履歴書の書き方すら覚えていないという状況で困っていました。そんな時に転職エージェントの存在を知り、DODAのお世話になりました。昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。履歴書や職務経歴書の書き方もしっかり教えていただきましたよ。

引用元:みん評

マイナビ転職

マイナビ転職
求人数 非公開
対応エリア 全国
主な特徴 ・各地域に特化した求人情報あり

マイナビ転職は、全国各地の求人を保有している大手転職サイトです。今すぐ転職したい20〜30代のアクティブユーザーが多数利用しており、若手の転職に強いとされています。そんなマイナビ転職にも4種類のスカウト機能が存在します。

  • 希望マッチ
  • 条件マッチ
  • 経験マッチ
  • 職エージェント

「希望マッチ」「条件マッチ」「経験マッチ」は企業からのスカウト、「転職エージェント」は、転職エージェントから届くスカウトです。企業からのスカウトには、「プレミアムスカウト」という、「年収800万円以上を保証」など、収入や役職、待遇面に関する特典がついてくるため、年収アップの転職を希望する方にはおすすめです。

【参考記事】スカウトサービス|マイナビ転職

さらに、各地域に特化した求人情報を提供する「エリア版」「都道府県版」があるのも魅力です。地方の企業とも密にコミュニケーションを図っているため、内部事情に詳しい傾向があります。「地元で働きたい」「UIターン転職をしたい」などと思う方にもおすすめできるサービスのひとつです。

【参考記事】中途採用をご検討の企業様へ|マイナビ転職

リクナビNEXT

リクナビNEXT
求人数 約9.4万件
対応エリア 全国
主な特徴 ・スカウト機能が充実

・グッドポイント診断あり

リクナビNEXTは、国内最大級の求人数を誇る大手転職サイトです。

リクナビNEXTには「オファー」というスカウト機能があり、自分で求人検索をせずに良い求人に巡り会える可能性を高めます。

【参考記事】オファーを待つ|リクナビ転職

また、会員登録すれば、グッドポイント診断を活用できるのも嬉しいポイントです。サイト側からの質問に答えることで、18種類の特性から、自分自身の強み5つが明確になり、転職活動の参考にできます。

【参考記事】グッドポイント診断|リクナビ転職

リクナビNEXTにしか掲載されていない求人情報も多数あるため、「効率よく転職活動をおこないたい」といった方はリクナビNEXTをおすすめします。

パソナキャリア

パソナキャリア
求人数 約4万件
対応エリア 全国
主な特徴 ・幅広い業界・職種の求人を取り扱いあり

・年収800万円以上の求人を多数保有

パソナキャリアは、ハイクラス向けの求人を多く保有している転職エージェントです。2019年から2022年にかけてオリコン顧客満足度を4年連続で総合1位を獲得した実績があります。

【参考記事】オリコン顧客満足度調査 4年連続第1位受賞 ~より評判の良い転職エージェントを目指して~|パソナ

パソナキャリアでは、スカウト機能を搭載しており、職務経歴や希望条件などを登録すれば、転職コンサルタントによって希望に沿った求人が紹介される仕組みになっています。

スカウトサービスを活用する場合、書類添削や面接対策など手厚いサポートを受けながら、応募企業との面接へ進み、内定の獲得を目指す流れになります。

特にパソナキャリアは、年収800万円以上の採用支援に力を入れているため、ハイクラス転職の実現を期待できます。さらに、パソナキャリアを活用して転職すると年収アップ率61.7%という結果が出ているため、「転職によって年収アップを叶えたい」という方にはおすすめできるでしょう。

【参考記事】パソナキャリア公式サイト

転職エージェントは多くなっておりますが、キャリアアドバイザーのサービス内容が充実しているということでパソナキャリアを選択しました。1度転職に失敗していたために、転職に対して不安を感じることが多かったのですが、キャリアアドバイザーの方に色々と相談しアドバイスをもらえたことで、自信をもって転職に臨むことができたのです。やはり転職エージェントを選択する際には信頼できるアドバイスがもらえる所を見つけるということが大切になるのだと実感しています。

引用元:みん評

複数の転職エージェントがあり、私もパソナかアデコのどちらかで迷っていました。パソナにした理由は、新卒の就職活動中に説明会に参加したことが大きな決め手となりました。説明会の際に親身になって転職者を応援するという内容を思い出し、実際に自分が転職活動するならばパソナキャリアがよいなと思ったからです。転職活動中も応募履歴書の添削や面接の仕方など細やかに指導してくださいました。転職が成功したあともメールや電話で困ったことがないか等親身になってくださいました。転職は一度きりですが、パソナキャリアでよかったです。

引用元:みん評

type転職エージェント

type転職エージェント
求人数 約2,700件
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
主な特徴

・AIが自分に合った求人を選んでくれる

type転職エージェントは、株式会社キャリアデザインセンターが運営する転職サイトです。一都三県の企業と強いパイプがあるため、関東圏での転職を検討している方におすすめです。

type転職のスカウト機能は、AIが自分に合った求人を選んでくれる仕組みです。「typeの仕事探しコンシェル」という求人マッチングシステムを搭載しており、AIが用意した質問に答えるだけで、あなたに合った求人のお知らせが届きます。

【参考記事】AIであなたに合う仕事を判断|type

自分で求人を探す手間と労力を避けられるため、効率よく転職活動を進められるでしょう。

さらに、サイト内のコンテンツが充実している点も魅力です。

転職ノウハウだけでなく、キャリア動画、10分で読めるビジネス本の要約コンテンツなども掲載されており、転職活動の進め方やビジネス知識を習得できます。自信を持って転職活動に臨めるようになるコンテンツが揃っているのは、転職希望者にとっては嬉しいポイントです。

【参考記事】仕事力アップ|type

求人数が多いです。情報の更新も頻繁で新しい求人を次々に見る事ができます。登録時に今までの経験を入力しますが、こちらもわかりやすく簡単で、わからないところや入力が難しいところは空欄にできるのも便利でした。もちろん正確に入力できればより正確に分析され、希望に近い求人が紹介されると思います。 特に希望しなければ電話での連絡が来ることもないので、必要なサービスだけを受けられます。興味のない求人は通知が来ない設定にできるのも便利です。とにかく色々な求人を見たい方に特におすすめです。

引用元:みん評

エンジニア関係の求人が他に比べてあるかなと思いこちらを利用しました。サイトはシンプルで、スマホやPCからでも使いやすい印象です。 他にも、販売系や建築・営業・コンサルなどの職種を載せていますが求人数はそこまで多くないかと。万遍なく見てみたい人にとっては物足りないと思いました。ただ、自分にとってはエンジニア関係の仕事以外にちょっと気になる職種も見れたのでちょうどよかったです。

引用元:みん評

エン転職

エン転職
求人数 約5,600件
対応エリア 全国
主な特徴 ・検索機能が充実

エン転職は、20代を中心とした若手に人気の転職サイトです。2018年〜2022年でオリコン顧客満足度5年連続1位を獲得した実績があります。

【参考記事】オリコン顧客満足度調査「転職サイト」ランキング 『エン転職』が5年連続第1位に選出!|エン転職

スカウト機能も搭載されており、Web履歴書を登録することで、以下3点からアプローチを受けられます。

  • エン転職の求人企業
  • 転職エージェント
  • エン・ジャパンが提供する求人支援ツール engage(エンゲージ)の参画企業

企業があなたの履歴書を見て、求める経験やスキルを持ってそうだと感じた場合、直接スカウトがくるため、選考にプラスに働きます。

【参考記事】「エン転職」のスカウトサービスについて|エン転職

そんなエン転職の特徴は、検索機能が充実していることです。職種・勤務地・キーワードでの検索はもちろん、「誰に役立つか」といった働きがいからも検索できます。

非常に細かい条件まで設定して検索をかけられるため、自分の求めている求人を探しやすいでしょう。「うまくスカウト機能を使って転職活動を効率化させたい」「求人検索で絞り込みたい」などという方は、ぜひ登録してみてください。

【参考記事】「働きがい」で見つける転職・求人情報|エン転職

このサイトを使おうとしたきっかけは、とにかく情報量の多さ!転職サイトにもたくさんあるけど、このサイトだけで募集している企業が多いから、情報の整理もしやすいし、数少ない好待遇の求人も見つけやすかった。

利用してて一番良かったなと思ったのが、その企業に勤めた経験がある人の口コミ情報。これのおかげで企業の良いところも厳しいところも事前に知れてすごく勉強になった。

やっぱり最初からある程度の覚悟を決めて行ったから面接もうまくいったんだと思う!

引用元:みん評

全般的に企業の掲載数がとても多い為、魅力的な印象がありました。また、細やかに職種や希望要件などで絞り込んで探すことができたので、短時間で希望に近い企業を探すことができました。

それぞれの企業についても結構詳しく情報があったので良かったです。

引用元:みん評

はたらいく

はたらいく
求人数 非公開
対応エリア 全国
主な特徴 ・スカウト機能が充実

はたらいくは、地方や地元に密着した企業の求人を多く取り扱っている転職サイトです。

掲載職種においては、他の転職サイトと大きな違いはなく、営業職やIT系、事務、総務、企画職などさまざまです。会員登録をおこなえば、スカウト機能が使える点も特徴です。

転職希望者が興味を持ったことを示す「らいく!」を企業に直接送ることができます。「らいく!」を送ると、自分の仕事観や人柄を記載した「らいくレジュメ」が企業から見られる状態となるため自分の魅力を企業に伝えることができれば企業から直接スカウトされるケースもあり、効率よく転職活動を進められるでしょう。

【参考記事】「らいくサービス」の使い方|はたらいく

私は地元の企業への就職を希望していました。このサイトでは勤務地を地元で絞り込むとたくさんの企業が掲載されているため、希望をもって選ぶことができたのです。

条件も豊富で給与や福利厚生などを使って効率よく絞り込むことができました。説明が分かりやすく見た瞬間に判断できたので、選ぶ時間も苦になりませんでした。

最近の就職事情や面接の対応の仕方などスキルアップも学ぶことができたことにより勉強になりました。

引用元:みん評

他の転職サイトを利用していましたが希望の仕事先が見つからずに困っていました。その時にはたらいくを知って登録してみましたが、他のサイトには無い中小企業の求人情報が多く掲載されているのがとても魅力的でした。

地域性に特化した内容なので、登録した地域の近隣一帯を対象にした求人の検索が容易に出来るのも便利に思えた点でした。情報の内容も具体的で分かりやすく、複数の求人先を比較する目的でも利用しました。

引用元:みん評

Wantedly

wantedly
求人数 -
対応エリア 全国
主な特徴 ・求人に応募しやすい

Wantedlyは、ミッションや価値観への共感で求人者と求職者を繋げるマッチングサービスです。

利用者の年齢層は20代が多く、学生も多く登録している傾向があります。スカウト機能が搭載されていることも若者から人気がある理由のひとつです。掲載している企業は、求職者のプロフィール情報を検索し、会ってみたいと思った人がいれば直接メッセージを送信することができます。

【参考記事】【企業向け】Wantedly(ウォンテッドリー)とは?使い方、メリットを解説|Wantedly

そのため、利用者はプロフィールやポートフォリオなどを充実させることで、企業の目に留まりやすくなるでしょう。また、Wantedlyは求職者の応募に対するハードルを下げるため、「話を聞きに行きたい」というボタンから応募ができるようになっています。

【参考記事】企業の募集に応募したい|Wantedly

話を聞いてから応募するかしないかの判断ができるため、後悔しない転職活動が実現しやすいのも嬉しいポイントです。

https://twitter.com/hachi_career/status/1616030394939478018

ベンチャー企業やスタートアップ企業に興味があり利用しました。今までの求人サイトだと、条件については知ることができても、肝心のどういった人が働いているのかといった中身の部分が見えづらいと感じていました。

Wantedlyでは、「誰が」「なにを」「なぜやっているのか」にフォーカスが当てられており、実際に会う前からその企業で働くイメージが付きやすいのが魅力でした。サイトもすっきりしたデザインで見やすく、働いているメンバーの活き活きとした姿が写真で見れるのも安心感につながります。企業名だけでなく、自分のやりたいことをマッチさせていきたい人にオススメです。

引用元:みん評

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト
求人数

約15.6万件

対応エリア 全国
主な特徴

・ハイクラス向けの求人あり
・スカウトサービスが充実

リクルートダイレクトスカウトは、年収800万円〜2,000万円の求人を主に取り扱っているハイクラス向けの転職エージェントです。

【参考記事】リクルートダイレクトスカウト

スカウト機能が搭載されており、スキルや職務履歴が書かれたレジュメの内容を充実させておくと、ヘッドハンターからスカウトが来るようになります。

ヘッドハンターと面談をおこない、希望条件やキャリアプランなどをヒアリングしてされたうえで、自分自身にマッチした案件が紹介される流れです。また、「転職者がヘッドハンターを選ぶ」という逆指名制を採用している点も魅力です。

優秀なヘッドハンターを求職者から指名できるため、自分に合ったヘッドハンターと一緒に転職活動ができます。

ヘッドハンターとの相性が合わなければ、希望する求人が紹介されなかったりレスポンスが遅かったりなど、転職活動に支障をきたしてしまいます。

リクルートダイレクトスカウトを利用するのであれば、ヘッドハンターのプロフィールをよく確認し、自分に合った人を見つけてみましょう。

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
求人数非公開
対応エリア全国
主な特徴・内定率が高い

就職カレッジは、既卒者を含む社会人経験が浅い方向けに就職・転職を支援しているサービスです。日本コンシューマーリサーチによるイメージ調査で、就職エージェント部門3つのランキングでNo.1を獲った実績を誇ります。

就職カレッジは、書類選考なしの集団面接会が設けられているのも魅力です。企業約20社と集団面接を受けられるため、社会人経験や経歴が少ない方も選考に有利に働きやすくなります。

未経験から正社員に定着した方も多く、これまで33,000名以上が正社員就職を成功させているのも、安心して就職活動を進められるからでしょう。

【参考記事】就活カレッジ®|ジェイック
JAIC公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ
求人数 約8.6万件
対応エリア 全国
主な特徴 ・ハイクラス向けの求人あり

・スカウトサービスが充実

ビズリーチは、ハイクラス向けの求人を多く取り扱う転職エージェントです。

登録審査があり、現年収やキャリア・実績を見て登録可能かどうかを判断されるため誰しもが使えるわけではありません。

登録ができた方は、登録情報を見た企業やヘッドハンターからスカウトが届くようになります。スカウト数や提示された内容などで自分の市場価値がわかるため、無理なく自分のキャリアプランに沿った転職活動が実現できるでしょう。

ビズリーチでは、スカウトが届くのを待ちながら「求人」や「ヘッドハンター」検索ができるのも魅力です。

ビズリーチに所属しているヘッドハンターは、厳選な審査をクリアした優秀な方ですから、自分に合った優秀なヘッドハンターと転職活動が進められます。

【参考記事】最適なヘッドハンターの見つけ方|ビズリーチ

スカウトと両立することで、より効率よく自分にあった求人に出会える可能性があり、結果的に内定を早く獲得できることにもつながるでしょう。

スカウトサイト 特徴
ビズリーチ 年収600万円以上向け。スカウト型の転職サイトの中でも圧倒的な知名度を誇るのが、ハイキャリア向けスカウトサイト。
リクルートダイレクトスカウト 年収1000万円以上の方向け。ヘッドハンターが求める限られた会員のみに送信される特別なスカウトがあり、重要度が高いスカウトが受け取れる。
doda X 年収800万円以上の方向け。パーソルキャリアが運営するハイクラス向け転職サービス。
BEET-DIRECT(ビートダイレクト) 管理部門特化のスカウト型転職サイト。年収600万円以上の人事労務や経理・広報・法務など職種でスカウト受け取れる。管理部門のスカウトサイトならココ。
ミドルの転職 経営層・ハイクラス向け。30代・40代を中心としたミドル世代に特化したスカウト機能を持つ求人サイト。
MS Career 士業・管理部門向け。向けスカウト機能を使うと企業や事務所の採用担当者や、管理部門・士業に精通した提携エージェントからスカウトが届きます。
SYNCA 管理部門特化。コーポレート部門の方に、ベンチャー企業の管理部門(CFO・管理部長などのマネジメント職)を中心に紹介実績あり。
NO-LIMIT(ノーリミット) 弁護士向け。基本は転職支援サービスだが、面後後にスカウトを受け取ることも可能
リーガルジョブボード 士業(司法書士・弁理士向け)。企業から直接スカウトが届く「ダイレクトリクルーティング」機能がある。
人材ドラフト 税理士特化型会計事務所・税理士事務所・経理など会計業界でのスカウトが受け取れる。
パソナキャリア 総合転職、経理・人事向け。管理部門系職種の採用支援に力を入れており、エージェントによる手厚いサポートに加えて「スカウトサービス」機能も利用できます。
Green IT業界・エンジニア特化。利用者の60%以上が企業の人事担当者からのスカウトをきっかけに転職を成功させています。
Findy エンジニア特化。ハイスキルなITエンジニアと企業をマッチングさせる、スカウト型リクルーティングサービス。
転職ドラフト 実務経験のあるIT/Webエンジニア向け。企業が指名を行う競争入札型転職サービス。
paiza転職 プログラマー向け。スキルチェック結果やスキルPRの内容が企業へ公開され、それを見た企業からのスカウトが届く。
Forkwell Scout スキルが高いITエンジニアに特化スカウトサービスに登録すると、企業からのスカウトが届きます。
doda 全業界対応。圧倒的な求人件数を誇る転職サイトです。営業職の求人も非常に多いので、営業職の転職ならまず登録を検討。
イーキャリア 未経験者や年齢不問の求人向け。キャリアシートを匿名公開することで企業からのスカウトを受けるとれる。
日経メディカルAナーシングキャリア 看護師向け。匿名のプロフィール情報や希望条件を見た看護師専門の転職支援会社からスカウトを受けることができます。
ジョブメドレー 医療・介護業界向け。スカウトがきた事業所へ応募すると内定率が約1.7倍にアップする。
薬キャリ 薬剤師専門。転職支援会社から最適な求人や転職情報などのスカウトメールが届きます。
エムスリーキャリア(m3) 医師向け。医師求人の約9割を占める巨大サイト。経歴を閲覧した病院から個別にスカウトメールが届きます。
リクナビNEXT 主に20代・未経験向け。スカウト機能がある代表的な転職サイトです。
マイナビ転職 20代から30代向け。マイナビ転職のスカウトは「企業からのスカウト」と「転職エージェントからのスカウト」があります。

スカウト機能がある第二新卒・フリーター向けの転職サイトランキング

本項では、スカウト機能がある第二新卒・フリーター向けの転職サイト4つをご紹介します。

サイト名求人数主な特徴
DYM就職非公開・ベンチャー企業に強い
キャリアスタート非公開・自宅にてZoomや通話で相談可能
・転職成功BOOKを参考に転職活動ができる
ハタラクティブ約1,000件・書類通過率が高い
・短期間での転職が実現可能
第二新卒エージェントneo約20件・未経験OKの求人多数
・厳選した求人のみ紹介

DYM就職

DYM就職
求人数 非公開
対応エリア 全国
主な特徴 ・離職率が低い

・ベンチャー企業に強い

DYM就職は、既卒、第二新卒、フリーターに強い就活エージェントです。就職して安心できるような研修制度が整っている求人が多くあるため、安心して就職活動ができます。

東証プライム上場企業からベンチャー企業までさまざまな企業の求人を取り扱っているため、自分に最適な企業や職種に出会いやすいという特徴があります。

また、求職者と求人企業のミスマッチを減らすために、丁寧なヒアリングやサポートをしてくれるため、納得のいく就職活動ができるでしょう。

以下に口コミも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアスタート

キャリアスタート
求人数 非公開
対応エリア 全国
主な特徴 ・自宅にてZoomや通話で相談可能

・転職成功BOOKを参考に転職活動ができる

キャリアスタートは、第二新卒に特化した転職支援サービスです。入社後の定着率が92%と高く、これまで3,000人以上の就職支援をした実績があります。

【参考記事】若手就職エージェントCAREER START

そんなキャリアスタートですが、自宅に居ながらZoomや通話で就職に関する相談ができます。

地方の方でもスムーズに就職活動が進められるため、居住エリアに関係なく自分に最適な企業を見つけられます。

さらに、内定後の転居サポートやこれまでの転職支援を元に作られた「転職成功BOOK」などを活用できるため、安心して転職活動に取り組める支援をおこなっています。

選考対策以外のことも相談したい」と思う転職希望者にもおすすめできる一社です。

社会人経験もなく特に秀でたアピールポイントもない自分が就職できるのかとても不安でしたが、担当の方が常に励ましてくださり、無事に内定を頂きました。丁寧な対応と、電話での面接練習にとても感謝しています。

引用元:Googleマップ クチコミ

ハタラクティブ

ハタラクティブ
求人数 約2,700件
対応エリア 全国
主な特徴 ・書類通過率が高い

・短期間での転職が実現可能

ハタラクティブは、20代向けの転職エージェントです。書類通過率96%以上内定率80%以上の実績を誇り、初めて転職活動をする方も安心して取り組めます。

スカウト機能を持っていることもあり、自分で検索せずに希望条件にあった求人に巡り会えるチャンスがある点も嬉しいポイントです。

そんなハタラクティブの特徴は、未経験OKの求人を多く保有していることです。未経験OKの求人は全体の約8割にあたるため、スキルや知識がない業界へ挑戦しやすい傾向があります。

また、最短2週間で内定を獲得する方も存在し、短期間で内定を獲得できる可能性も十分あります。

「早く転職活動を終わらせたい」「書類作成や面接に大きな不安がある」という方は、登録しておきたい1社です。

あわせて読みたい
ハタラクティブの評判はやばい?やめとけ?口コミから利用するメリット・デメリットを解説 「ハタラクティブ」の強みは第二新卒や既卒、フリーターに特化しており、一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがつき、正社員就職をサポートをしてくれる点です。 と...

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo
求人数 非公開
対応エリア 全国
主な特徴 ・未経験OKの求人多数

・厳選した求人のみを紹介してもらえる

第二新卒エージェントneoは、若年層に特化した転職サイトです。日本マーケティングリサーチ機構による調査で、以下3点のタイトルを獲得しているほどの実績があります。

  • 就職/転職相談しやすさNo.1
  • おすすめしたいエージェントNo.1
  • 就職/転職満足度No.1

【参考記事】第二新卒エージェントneo公式サイト

第二新卒エージェントneoは、厳選した求人のみを紹介してもらえる点が大きな魅力です。

自己PRや志望動機、希望条件などを考慮したうえで、担当アドバイザーから希望条件に近い企業を紹介してもらえるため、質の高い転職活動が実現できます。

入社日や条件の交渉も代わりに対応してくれるため、転職初心者の方でも安心して転職活動に打ち込めるでしょう。

スカウト機能がある転職サービスのメリット・デメリット

スカウト機能がある転職サイトを利用するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット1.予想以上の好条件で転職できる可能性がある
メリット2.書類通過・面談率を高められる
メリット3.スカウト限定の非公開求人に応募できる

デメリット1.スカウトを受けても選考で落ちる可能性がある
デメリット2.多くの企業を吟味できない可能性がある
デメリット3.転職活動が受け身になる可能性がある

スカウト機能の転職サイトを利用する前に、メリットとデメリットを把握しておけば、うまくメリットの部分を活用でき、効率よく転職活動ができるでしょう。

以下に紹介する内容をぜひ参考にしてみてください。

メリット1.予想以上の好条件で転職できる可能性がある

スカウト機能の転職サイトを利用するメリットのひとつに、好条件で転職ができることが挙げられます。転職サイトが保有している求人の中には、スカウトでしか紹介されない非公開求人があります。

一般的に、好条件の求人情報は応募が殺到し、採用負担が重くなってしまう可能性があるため、非公開になっている傾向にあります。

スカウト機能をうまく利用することで、自分のやりたかった仕事と、希望通りの条件の求人に出会える確率が高まるため、効率よく転職活動が進められるでしょう。

メリット2.書類通過・面談率を高められる

書類通過と面談率を高められる点も、スカウト機能のある転職サイトを利用するメリットです。

企業から直接送られるスカウトメールは、求職者のプロフィールや希望条件などを見て、求人にマッチしそうな人のみに送付する仕組みです。

また、スカウトの中には、書類選考なしでいきなり面接試験からといったスカウトメールが届くケースもあります。そのため、企業からのスカウトメールが届けば転職活動を有利に進められるでしょう。

メリット3.スカウト限定の非公開求人に応募できる

スカウト機能のある転職サイトを利用すると、スカウト限定の非公開求人に応募できます。

先述のとおり、非公開求人は好条件の求人が多いため、担当のアドバイザーから紹介される求人の中には、優良企業も数多くあるでしょう。

非公開求人にあるような優良企業への応募数を増やせば、その分、内定率も高められるため、納得のいく転職活動ができるはずです。

デメリット1.スカウトを受けても選考で落ちる可能性がある

スカウトを受けても選考で落とされることもある点が、スカウト機能のある転職サイトのデメリットです。

スカウトメールの中には、企業が設定した条件を満たしているだけで自動的に送信されるものも存在します。

自動送信されるスカウトメールは、企業があなたに対して魅力を感じて直接送るメールではないため、希望する条件とぴったり一致するとは限りません。よって、採用される確率が特別高いわけではありません。

そのためスカウトを受けて応募しても書類選考で落とされる可能性があるでしょう。

デメリット2.多くの企業を吟味できない可能性がある

多くの企業を吟味できない点も、デメリットとして挙げられます。スカウト機能ばかりを活用してしまうと、優良企業からスカウトが来る分、自分で検索して表示される件数と比べ、限定的な求人しか見ることができません。

チェックする求人数が少ないと、企業の概要や職場事情などを入念に見極める機会も減ってしまいます。

多くの企業をじっくりと確認してから自分に合った企業を選定したいという方には、デメリットに感じやすいでしょう。

デメリット3.転職活動が受け身になる可能性がある

スカウト機能は便利ですが、頼りすぎてしまうと転職活動が受け身となってしまう恐れがあります。

求人検索しなくても企業やアドバイザーからスカウトメールが来るため、ついスカウト機能に頼りがちになります。

スカウトされた企業だからといって、必ずしも自分が納得のいく企業かどうかはわからないうえに、頼りすぎてしまうと、自分の希望する条件ではない企業に入社してしまい、後悔することにもなってしまうでしょう。

スカウトを利用しつつも、その求人が本当に自分に合っているかどうか、しっかりと自分の目で確かめることが重要です。

スカウト機能のある転職サイトについてよくある質問

最後に、スカウト機能のある転職サイトについてよくある質問に回答します。

疑問点不明点などは、以下の内容を確認して転職活動を始める前に解決しておくと良いでしょう。

スカウトが来ない時の対処法は?

登録している職務経歴書のブラッシュアップをおこないましょう。

中途採用している企業は、転職希望者の職務経歴書を見て、内容が魅力的に感じれば、直接スカウトをおこないます。

持っているスキルをどう活かせるか」「どんな実績を積み上げてきたのか」などをもう一度振り返り、魅力ある職務経歴書を作成しましょう。

スカウトメールから転職活動がバレることはある?

結論からいうと、現在勤めている会社にバレることはほとんどありません。

転職サイトでは登録した個人情報を厳重に管理しており、登録者の承諾なしに企業へ個人情報を渡すことはしていないからです。

今の職場にバレたくないと思っている方も、安心して転職サイトを利用し、最大限に活用してください。

転職サイトと転職エージェントはどちらを利用すればいい?

転職活動に不安がある方は転職エージェントを利用する方が良いでしょう。

転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがつき、書類添削や面接対策などのサポートを丁寧におこないます。

また、各業界の動向についても把握しているため、業界の転職事情や特徴などを踏まえたうえで的確なアドバイスが受けられるでしょう。

一方、転職サイトは自分で求人検索をおこない、書類作成から面接対策まで全て自分で対応しなければなりません。自分のペースで転職活動に取り組みたい方は、サポートのない転職サイトを利用する方が良いでしょう。

今すぐ転職しなくても転職サイトに登録するべきですか?

今すぐ転職しなくとも、転職サイトに登録していた方が良いでしょう。求人情報は毎日のように更新されますし、登録しておけばいつでもキャリアアドバイザーに相談できます。

あらかじめ登録しておくことで、転職したくなったタイミングですぐに転職活動に取り組めるため、登録しておいた方がメリットは多いでしょう。

転職サイトからのスカウトを無視するとどうなる?

転職サイトからのスカウトメールを無視していても、そのままスカウトメールが継続的に送付されるケースも多くあります。

意図的に無視していたとしても、特にペナルティーはなく、送られてくる頻度も2週間に1回程度といわれています。

もし、スカウトメールの送付をやめてほしいのであれば、キッパリと断る必要があります。

断らなければ、「忙しくて見ていないだけ」と認識され、一定期間ごとにスカウトメールが送り続けられるからです。

しかしながら転職サイトからのメールを無視することで、求人が不要とみなされ求人を紹介してほしいタイミングでスカウトが送られてこなくなるというデメリットもあるため、何かしら返信しておくと良いでしょう。

スカウト機能があるおすすめ転職サイト|まとめ

本記事では、スカウト機能のある転職サイトを13個ご紹介し選び方や注意点を解説しました。

スカウト機能を活用できれば、自分で求人検索する手間と労力が省けるため、効率よく転職活動が進められます。

さらに、企業から直接スカウトメールが来れば、選考が有利になり、早く内定を獲得できる可能性も高まるでしょう。

スカウト機能を利用して効率よく転職活動を進めたい」という方は、本記事でご紹介した転職サイトを検討してみてください。

スカウトサイト 特徴
ビズリーチ 年収600万円以上向け。スカウト型の転職サイトの中でも圧倒的な知名度を誇るのが、ハイキャリア向けスカウトサイト。
リクルートダイレクトスカウト 年収1000万円以上の方向け。ヘッドハンターが求める限られた会員のみに送信される特別なスカウトがあり、重要度が高いスカウトが受け取れる。
doda X 年収800万円以上の方向け。パーソルキャリアが運営するハイクラス向け転職サービス。
BEET-DIRECT(ビートダイレクト) 管理部門特化のスカウト型転職サイト。年収600万円以上の人事労務や経理・広報・法務など職種でスカウト受け取れる。管理部門のスカウトサイトならココ。
ミドルの転職 経営層・ハイクラス向け。30代・40代を中心としたミドル世代に特化したスカウト機能を持つ求人サイト。
MS Career 士業・管理部門向け。向けスカウト機能を使うと企業や事務所の採用担当者や、管理部門・士業に精通した提携エージェントからスカウトが届きます。
SYNCA 管理部門特化。コーポレート部門の方に、ベンチャー企業の管理部門(CFO・管理部長などのマネジメント職)を中心に紹介実績あり。
NO-LIMIT(ノーリミット) 弁護士向け。基本は転職支援サービスだが、面後後にスカウトを受け取ることも可能
リーガルジョブボード 士業(司法書士・弁理士向け)。企業から直接スカウトが届く「ダイレクトリクルーティング」機能がある。
人材ドラフト 税理士特化型会計事務所・税理士事務所・経理など会計業界でのスカウトが受け取れる。
パソナキャリア 総合転職、経理・人事向け。管理部門系職種の採用支援に力を入れており、エージェントによる手厚いサポートに加えて「スカウトサービス」機能も利用できます。
Green IT業界・エンジニア特化。利用者の60%以上が企業の人事担当者からのスカウトをきっかけに転職を成功させています。
Findy エンジニア特化。ハイスキルなITエンジニアと企業をマッチングさせる、スカウト型リクルーティングサービス。
転職ドラフト 実務経験のあるIT/Webエンジニア向け。企業が指名を行う競争入札型転職サービス。
paiza転職 プログラマー向け。スキルチェック結果やスキルPRの内容が企業へ公開され、それを見た企業からのスカウトが届く。
Forkwell Scout スキルが高いITエンジニアに特化スカウトサービスに登録すると、企業からのスカウトが届きます。
doda 全業界対応。圧倒的な求人件数を誇る転職サイトです。営業職の求人も非常に多いので、営業職の転職ならまず登録を検討。
イーキャリア 未経験者や年齢不問の求人向け。キャリアシートを匿名公開することで企業からのスカウトを受けるとれる。
日経メディカルAナーシングキャリア 看護師向け。匿名のプロフィール情報や希望条件を見た看護師専門の転職支援会社からスカウトを受けることができます。
ジョブメドレー 医療・介護業界向け。スカウトがきた事業所へ応募すると内定率が約1.7倍にアップする。
薬キャリ 薬剤師専門。転職支援会社から最適な求人や転職情報などのスカウトメールが届きます。
エムスリーキャリア(m3) 医師向け。医師求人の約9割を占める巨大サイト。経歴を閲覧した病院から個別にスカウトメールが届きます。
リクナビNEXT 主に20代・未経験向け。スカウト機能がある代表的な転職サイトです。
マイナビ転職 20代から30代向け。マイナビ転職のスカウトは「企業からのスカウト」と「転職エージェントからのスカウト」があります。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。