ベンチャー企業の選び方|転職リスクを軽減する方法や成功のコツを解説

高橋宇内
           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「ベンチャー企業へ転職したいけど、どうやって選べばいいのか分からない」
「もし合わない企業に転職してしまったら、どうしよう…」

といった悩みや疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

大手企業でキャリアを築くことに不安を覚え、成長できるベンチャー企業に転職を考えている人は少なくありません。

しかし、ベンチャー企業は大手企業と違って、情報収集が難しく、入社後のギャップを感じやすいのも現実です。そのため、ベンチャー企業を志望する人は、選び方を慎重にする必要があります。

そこで本記事では、ベンチャー企業に関する下記について解説します。

ベンチャー企業への転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
スタートアップ・ベンチャー向け
おすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

procommit

ProCommit

4.0
公開求人数
300件
非公開求人数
非公開
ベンチャー・スタットアップなどIPO前後や成長ステージの企業に強み。東京都内で探したい方や経営層やマネージャー職についたことがある方におすすめ。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

procommit

ProCommit

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

procommit

ProCommit

4.0
口コミを読む
・事業成長を支える重要な役割を担い、毎日ワクワクしながら仕事を楽しめています。
・自分だったら絶対選ばない会社でしたけど、本当にベストだと感じています。プロコミットに相談して、本当に良かったです。
2024年5月1日時点
この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。

関連記事:ベンチャー・スタートアップ企業向け転職エージェントおすすめ19選【比較】選び方や特徴・評判を解説

目次

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは、具体的な定義はありませんが、創立年数が若く、ニッチなサービスや新しい事業を展開し、急成長を続ける企業です。

ベンチャー企業は下記図のように3つに分類されています。

ベンチャー企業の中でもとくに小さい規模の会社が「スタートアップ」に該当します。スタートアップ企業が大きくなるにつれて「ミドルベンチャー」「メガベンチャー」と規模が拡大します。

具体的なベンチャー企業は下記の会社があげられます。

ベンチャー企業の例
  • 楽天
  • メルカリ
  • サイバーエージェント

上記のように、知名度がある企業でもベンチャー企業である場合があります。そのため「ベンチャー企業は安定していない」とは一概に言い切れません。

高橋 宇内氏

ベンチャー企業の特徴は、少数精鋭で裁量を持って仕事ができる環境があることです。

したがって、ベンチャー企業に転職をすると、圧倒的な速さで成長できる可能性があります。

ベンチャー企業の選び方5選

ベンチャー企業に転職する方は、ベンチャー企業の選び方を把握しておくことが重要です。

適切な選択ができなければ、入社後にミスマッチが生じ、早期離職につながる可能性があるからです。

ベンチャー企業の選び方について、下記5つを解説します。

ベンチャー企業の選び方に失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

事業内容と市場規模を確認する

ベンチャー企業を選ぶ際には、その事業内容と市場規模を確認することが重要です。

自分が挑戦したい環境と企業の実態が一致しないと、ミスマッチが生じる可能性があります。

ベンチャー企業は、業界のトレンドや動向に敏感であるケースが多いため、転職を考える前に、その企業が属する業界の市場調査をすることをおすすめします。事業内容と市場規模を確認することで、転職前にミスマッチに気づくことができます。

事業内容と市場規模を調査する方法としては、以下のようなものがあります。

事業内容と市場規模を調査する方法
  • ウェブサイトや書籍を参考にする
  • 企業のホームページを見る
  • 転職エージェントを活用する

とくにおすすめなのが、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは、近年の市場調査を常におこなっているので、最新情報を入手している可能性が高いと考えられます。

ベンチャー企業の選び方で悩んでいる方は、ミスマッチを防ぐためにも、事業内容や市場調査を行いましょう。

企業の成長フェーズを確認する

ベンチャー企業の選び方で失敗しないためには、企業の成長フェーズを確認するのも必要です。

自分が求める環境と企業の実態が異なる場合、ミスマッチが生じる可能性があります。

ベンチャー企業には、以下の成長フェーズが存在します。

ベンチャー企業の成長フェーズ
  • シード:事業アイデアはあるが、まだ起業していない状態
  • アーリー:起業しているが、まだ収益化の段階にない状態
  • ミドル:事業が黒字化し、成長が始まっている段階
  • レイター:事業が成長軌道に乗り、拡大している段階

これらの成長フェーズによって、ベンチャー企業の選択肢を絞ることができます。

たとえば「自分の力を試したい」という気持ちが強い場合は、アーリーまたはシードが適しているかもしれません。

しかし、安定した収入が得らない可能性もあるので、リスクの高い転職になるでしょう。

一方「自分が持つスキルや経験を活かして仕事がしたい」という方は、ミドルまたはレイタ―が適しているでしょう。ただし、事業をゼロから立ち上げるフェーズには関与できないかもしれません。

ベンチャー企業の成長フェーズによって、得られるスキルやリスクも異なるため、自分が求める成長フェーズにも注目しながら選ぶようにしましょう。

募集条件や給与、福利厚生を確認する

ベンチャーの選び方に失敗しないためには、募集条件や給与、福利厚生などの待遇を確認することも重要です。

ベンチャー企業の中には、成長フェーズによっては、安定した収入を得られない場合もありますので、待遇面を確認する必要があります。

一般的に、ベンチャー企業の給与や福利厚生は大手企業に比べて充実していない事が多いです。

もし給与や福利厚生に重きを置きたい場合は、レイターやミドルの成長フェーズの企業を選ぶことをおすすめします。

ベンチャー企業に転職をするにしても、求める条件は一人ひとり異なります。

ベンチャー企業の選び方に失敗せず、転職後にミスマッチが生じないようにするためにも、募集条件や給与、福利厚生などを確認しましょう。

経営陣の実績や経歴を調べる

ベンチャー企業の選び方に失敗しないためには、経営陣の実績や経歴を調べる必要があります。

経営陣の実績によって、企業の将来性を推測できるからです。

また、調べても判断ができない場合は、転職エージェントに相談して、アドバイスをもらうのがおすすめです。

ベンチャー企業の選び方に失敗しないように、企業だけでなく経営陣の調査も怠ることなく実施しましょう。

実際に働けるイメージができるか確認する

ベンチャー企業の選び方に失敗しないためには、実際に働けるイメージができる確認するのも大切です。

働くイメージが湧かない場合は、相性が悪い可能性があります。転職後のミスマッチを防ぐためにも、働くイメージが持てるか否かは大切です。

しかし、実際の職場の雰囲気を知るためには、直接訪問して見学する必要があります。社員との会話の機会があれば、積極的に質問して不安要素を解消しましょう。

職場見学をしても違和感が残る場合は、相性が合わない可能性が考えられます。

ベンチャー企業の選び方で失敗しないためには、実際に働けるイメージがあるかも大切です。

【実体験】ベンチャー企業を選ぶ際に実際に見ていたポイント

高橋 宇内氏

ここでは、私がベンチャー企業を選ぶ際に、実際に見ていたポイントについて解説します。

ベンチャー企業に転職をした率直な意見をお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

最重視していたポイント

高橋 宇内氏

企業を選ぶ際は、成長できる環境があるかを特に重要視していました。高い年収を得るには、そのためのスキルや経験が必要だと思ったからです。

実際にスキルや経験が増えれば、自然と年収は増えたので、成長するためにベンチャー企業を選んでよかったと思っています。

重要ではなかったポイント

重要視しなかったポイントは給与や福利厚生などの待遇です。

高橋 宇内氏

終身雇用がなくなった日本において、とくに重要なのは自分のスキルや経験だと思います。

仮にも早い段階から高待遇を得た場合、その環境に満足し向上心がなくなると思ったからです。そのため、待遇はスキルや経験が身に付いてから求めればいいと思いました。

ベンチャー企業を選んだ理由

ベンチャー企業を選んだ理由は、より挑戦できる環境が整っていたからです。

大企業でも挑戦できる環境はありますが、基本的には上司からの仕事を依頼されるケースが多くなります。一方、ベンチャー企業は自ら率先して行動しないと、成果を得られません。

高橋 宇内氏

そのため、自分の行動ですべての結果が変わるベンチャー企業を選びました。

転職活動する前の自分に教えたい注意点

将来像をもっと明確にした状態でベンチャー企業に進めると、より成長できたのではないかと考えます。

私はベンチャー企業に転職をするのに「1年後」「3年後」「5年後」「10年後」「最終的な将来像」と5つに分けてキャリビジョンを設計しました。

高橋 宇内氏

実際に転職をしてから、掲げた目標に対して行動をしましたが、明確に何をすればいいのかハッキリしませんでした。

なので、1年をより細分化して「3カ月・6か月に分けて考えるように注意した方がいい」と教えたいですね。

入社して分かったベンチャー企業のリアル

高橋 宇内氏

思っていたイメージと乖離することはありませんでした。

ベンチャー企業では実際に、自分の行動ですべて成果が変わります。

しかし、良い意味で期待と裏切られたのは「上司からのサポートが手厚い」ということです。上司に相談するときは、自分から聞きにいくのが一般的ですが、先輩社員から率先して状況を確認しアドバイスをもらえました。

ベンチャー企業で働くのに不安がある方は、上司を頼るのがおすすめです。

ベンチャー企業転職の失敗事例5選

以下では、ベンチャー転職の失敗事例を5つ紹介します。

市場調査不足

ベンチャー企業の多くは、新規事業や新しい市場に挑戦しています。

しかし、市場調査や競合調査が不十分で、需要がない商品やサービスを提供してしまった場合、事業が失敗することがあります。

もしこのような企業に転職してしまうと、ブラックな労働環境になりやすいため、注意が必要です。

高橋 宇内氏

自分が求める環境で働くためには、市場調査は重要です。市場調査では、自分のキャリビジョンが達成できるか確認するのもポイントです。

仕事とのミスマッチ

起業から間もないベンチャー企業では、企業規模や組織が小さく、社員の役割が多岐に渡ることが多いため、求められるスキルや経験が明確ではない場合があります。

そのため、採用ミスや人材マッチングの失敗が起こりやすく、結果として業務の遂行やチームワークに支障が出ることがあります。

入社後「思っていた仕事と違った」というのは転職者にとってありがちです。転職前は、不安要素が無くなるまで質問するようにしましょう。

労働環境の不一致

前述した「アーリー以前」のベンチャー企業においては、少人数で幅広い業務を担当することが多いため、自分が得意な分野だけでなく、他の分野のスキルや知識も必要となるケースがあります。

そのため起業間もないベンチャー企業には、多様なスキルを持ち、柔軟に業務に対応できる人が向いているといえるでしょう。

ベンチャー企業は事業基盤が安定していない場合もあるので、想像していた業務ができない可能性もあります。

高橋 宇内氏

なので、ベンチャー企業に転職をする方は、違う仕事をする可能性があることを考慮できると労働環境の不一致が無くなるでしょう。

待遇面への不満

ベンチャー企業に転職する場合には「働いた分だけ稼げる」と考える方が多いのではないでしょうか。しかし、現実的にそのような企業は多くありません。

むしろ、働いている割には給与が少ないと感じるケースもあるでしょう。

なぜなら、企業の成長には新規事業への投資だけではなく、投資家や取引銀行などのステークホルダーへの信用を築く必要があるため、会社が得た収益を社員へ分配する前に、事業への再投資や借入の返済を優先するケースがあるからです。

そのため、仕事の量や会社の業績の割には、従業員の給与や福利厚生が充分ではないケースがあることを理解しておかなければなりません。

高橋 宇内氏

ベンチャー企業に転職をするときは、自分が求める制度があるのか、隅々まで確認するようにしましょう。

人間関係が合わない

ベンチャー企業は、大手企業と比較すると従業員数が少ないため、個人の意見や感情が強く反映されることがあります。

そのため、意見の食い違いや人間関係の複雑さが生じるリスクがあることも理解しておきましょう。

入社する前に一度社員の方とお話しする機会を作れないか、採用担当者の方に問い合わせしてみましょう。

関連記事:ベンチャー企業の転職に失敗する理由と対処法|ベンチャー向け転職エージェントも紹介

ベンチャー企業に向いている人の5つの特徴

ベンチャー転職に向いている人の特徴は以下のとおりです。

全員がベンチャー企業に向いているわけではありません。

向いていない人がベンチャー企業に転職をすると、ミスマッチにより早期退職する可能性があります。

適切な選択をするために、事前に自身がベンチャー企業に向いているか確認しておきましょう。

チャレンジ精神が旺盛な人

ベンチャー企業は少数精鋭であり、自分のアイデアを実現できる環境があります。

そのため「〇〇がやりたい」などのチャレンジ精神が旺盛な人は、とくにベンチャー企業向きです。

大手企業や中小企業の場合、仕事内容が決まっており、毎日がルーティンワークになることがあります。

チャレンジ精神が旺盛な人にとって、仕事のマンネリ化は「仕事がつまらない」と思う要因になるでしょう。一方、ベンチャー企業では、率先して新たな挑戦に取り組むことが求められます

「色々なことに挑戦したい」と思っている方は、ベンチャー企業に向いています。自分のスキルや経験を高めたい方は、ベンチャー企業で挑戦するのがいいでしょう。

チームワークを大切にする人

チームワークを大切にする人も、ベンチャー企業への転職に向いています。少人数のチームで協力し合い、企業の成長を実現するためには、チームワークが不可欠です。

大手企業や中小企業では、決定は上層部で行われ、仕事が細分化されていることが多いため、自分の仕事と売り上げを意識しにくいケースが多いです。

一方、ベンチャー企業は、個々の貢献が大きく影響します。個人の活動も重要ですが、全体の目標達成のためにはチームでの協力が必要です。

ベンチャー企業は、会社一丸となって成果を出そうと活動しているので、仲間意識が強い人は、とくに向いているでしょう。

自己管理能力が高い人

ベンチャー企業は、仕事のマニュアルが決まっているわけではなく、自分で考えて行動することが求められます。

ベンチャー企業の強みはスピード感です。意思決定が迅速で、高速にPDCAサイクルを回すことが求められます。

しかし、自己管理能力が不足していると、納期に間に合わなかったり、成果を出せなかったりする可能性があります。

自己管理能力が高い人は、ベンチャー企業での働き方に適応しやすく、業務量をこなすことができます。自己管理能力を高めたいという意欲のある方にとって、ベンチャー企業への転職は適しています。

自己管理能力がすでにある人ではなく、「これから身につけたい」といった方でもベンチャー企業への転職は向いています。ただし、なぜ身につけたいのか理由を明確にしましょう。

成長意欲が高い人

成長意欲が高い人は、ベンチャー企業への転職に向いています。ベンチャー企業では、専門的な知識だけでなく、幅広いスキルや経験が求められるからです。

ベンチャー企業の成長フェーズによっては、0から1を作る仕事もあります。「起業に携わりたい」といった成長意欲を持つ方にとって、ベンチャー企業は特に適しています。

また、大手企業や中小企業での経験と比べて、圧倒的な成長スピードをもたらします。

このように、成長意欲が強い人と、向上心が高い人材を求めるベンチャー企業は、マッチング率が高くなります。そのため、成長意欲が高い人は、ベンチャー企業に向いていると言えるでしょう。

長期的な視野を持っている人

長期的な視野を持っている人は、ベンチャー企業への転職が向いています。ベンチャー企業の成長段階によっては、将来性を考えなくてはいけないからです。

ベンチャー企業の中には創業してから数年しか経っていない場合もあり、将来の成長が予測できないことがあります。そのため、短期的な視点ではなく、長期的な展望を持って考える必要があります。

ベンチャー企業に転職すると下記のようなメリットが得られることもあります。

ベンチャー企業に転職するメリット
  • 管理職ポジションの空きがある
  • 企業が成長すれば、高い年収・待遇が期待できる
  • 企業をゼロから成長させた経験が積める

これらのメリットは、ベンチャー企業ならではのものです。特にキャリアの成長に関心のある方にとって、ベンチャー企業は魅力的な選択肢となるでしょう。

ベンチャー企業では、20代で管理職に就く人や、年収1,000万円以上稼ぐ人も珍しくありません。そのため、長期的な視点を持って活動できる人にとって、ベンチャー企業は魅力的なキャリアパスを提供してくれるでしょう。

大手企業や中小企業とは異なる環境での成長を求める人にとって、ベンチャー企業は適しています。自身のキャリア目標やライフスタイルに合わせて、ベンチャー企業への転職を検討しましょう。

関連記事:ベンチャー企業への転職で知っておくべきポイント|年齢やキャリアから見る転職のコツ

1分で無料登録!
スタートアップ・ベンチャー向け
おすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

procommit

ProCommit

4.0
公開求人数
300件
非公開求人数
非公開
ベンチャー・スタットアップなどIPO前後や成長ステージの企業に強み。東京都内で探したい方や経営層やマネージャー職についたことがある方におすすめ。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

procommit

ProCommit

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

procommit

ProCommit

4.0
口コミを読む
・事業成長を支える重要な役割を担い、毎日ワクワクしながら仕事を楽しめています。
・自分だったら絶対選ばない会社でしたけど、本当にベストだと感じています。プロコミットに相談して、本当に良かったです。
2024年5月1日時点

ベンチャー企業に向いていない人の5つの特徴

ベンチャー転職に向いていない人の特徴は下記のとおりです。

ベンチャー企業に向いていない人の特徴
  • 安定志向が強い人
  • ルーティンワークを好む人
  • 自分で判断することが苦手な人
  • 短期的な目標にフォーカスしがちな人
  • 専門分野にこだわるスペシャリスト

もしもベンチャー企業に向いていない人が転職をすると、ミスマッチにより早期離職する可能性が高まります。

ベンチャー企業への転職を考えている方で、不安や悩みがある場合は、ぜひ参考にしてください。

安定志向が強い人

安定志向が強い人は、ベンチャー企業への転職に不向きです。

ベンチャー企業は、大手企業と比べると、経営基盤が安定しているとは言えません。また短期間で仕事の内容が変わることもあるでしょう。

ただし、ベンチャー企業の中でも、成長フェーズが「レイタ―」以上であれば、給与や福利厚生などの待遇は安定しているでしょう。

自分自身を成長させつつ、安定した暮らしを求める人は、ミドルベンチャー企業への転職がおすすめです。

一方で「徐々に成長したい」という意欲が強い人は、大手企業や中小企業のような、事業基盤が確立している企業が向いています。

ベンチャー企業への転職はある程度のリスクを抱える場合が多いので、安定した環境を望む人は、転職をおすすめしません。

ルーティンワークを好む人

ルーティンワークを好む人も、ベンチャー企業への転職は向いていません。ベンチャー企業は、毎日違う仕事をする可能性が高いからです。

ベンチャー企業は、少数精鋭で仕事をするため、急遽決まった仕事もこなさなくてはいけません。

大手企業や中小企業は、ある程度の従業員を抱えているため、急遽な案件があっても、決められた仕事から変わることは少ないでしょう。ルーティンワークを好む方は、大手企業や中小企業が向いています。

しかし、ルーティンワークを続けていると、業務がマンネリ化してしまい、仕事に飽きてしまう方もいるでしょう。

大手企業や中小企業で同じ仕事を続けていて飽きを感じている人は、ベンチャー企業が向いている可能性が考えられます。

ベンチャー企業への転職を考えている方で、ルーティンワークを好む方は、ミスマッチになる可能性が高いので、改めて検討した方がいいでしょう。

自分で判断することが苦手な人

自分で判断することが苦手な人も、ベンチャー企業への転職は向いていません。ベンチャー企業で働くと、自己責任で物事を進めなくてはいけないからです。

ベンチャー企業は、自主的な活動が求められるので、自分自身の判断で行動する必要があります。

一方、大手企業や中小企業は、上司が判断する場面が多いので、決断を迫られることは少ないでしょう。

そのため、自主的に行動するのが苦手な人は、ベンチャー企業に向いていないと考えられます。

ベンチャー企業は、自分で判断して行動できるのが魅力ですが、その分リスクを背負います。ベンチャー企業への転職を考えている方は、責任ある仕事に就きたいのか分析したうえで決めると、ミスマッチを防げます。

ベンチャー企業への転職を考えている方は、キャリビジョンから考えるのもおすすめです。20代や30代で責任ある立場で活躍したいと思っているのであれば、ベンチャー企業が向いている可能性があるでしょう。

短期的な目標にフォーカスしがちな人

短期的な目標にフォーカスしがちな人は、ベンチャー企業への転職は向いていません。ベンチャー企業は、事業内容や仕事に未確定要素が多いため、すぐに成果ができるとは限らないからです。

大手企業や中小企業は、ビジネスモデルが完成されているだけでなく、安定した取引先があることから、比較的短期的な成果を実感できるでしょう。

一方、ベンチャー企業は、自分でクライアントを獲得しなくてはいけないケースが多いため、すぐに成果を得られるとは限りません。

そのため、目に見える結果がすぐにほしい人は、ベンチャー企業は向いていません。

短期的な目標にフォーカスするだけでなく、将来的にどうなりたいのか考えたうえで検討すると、ベンチャー企業が向いているのか正しい判断ができます。

専門分野にこだわるスペシャリスト

専門分野にこだわるスペシャリストな人は、ベンチャー企業への転職は向いていません。

ベンチャー企業は、一定の分野ではなく、幅広いスキルと経験が必要になるからです。

とはいえ、ベンチャー企業は、事業拡大のためにスペシャリストを募集している場合もあります。

そのため、ベンチャー企業の成長フェーズに応じて、あなたの求める環境があれば、転職を考えてもミスマッチにはなりづらいでしょう。

「専門的知識を身につけたい」「スペシャリストとしての能力を発揮したい」という方は、ベンチャー企業の成長フェーズに応じて選ぶのがおすすめです。

関連記事:ベンチャー転職で後悔しない方法を徹底解説!失敗事例や注意点、成功する人の特徴とは

ベンチャー企業に転職するリスクを軽減する5つの方法

ベンチャー企業への転職は、やりがいや成長の機会が多い反面、リスクも高くなることがあります。

そこで以下では、ベンチャー企業への転職リスクを軽減する方法について解説します。

企業文化や社風が合いそうか確認する

ベンチャー企業に転職する際に、企業の運営状況や成長戦略、業績などの情報を収集するだけでは足りません。

なぜなら、このような情報だけで「働きやすい職場」とは判断できないからです。

その企業で働く場合には、事業内容や業績だけでなく「企業文化や社風」にも目を向ける必要があります。

ただ、起業して間もないベンチャー企業では、文化や社風が確立されていないケースもあるため、企業のホームページやニュース、取引先や従業員の声など、多角的な情報収集をおこなうことが大切です。

転職エージェントの企業担当者に、企業の雰囲気やイメージを聞いてみるのもおすすめです。

キャリアアップしていくポストがありそうか判断する

ベンチャー企業へ転職する際は、今後企業がどのように成長し、自分が活躍できるポストがあるかを見通すことが大切です。

たとえば営業職に就きたいと考えるならば、希望する企業の営業スタイルや、今後の展開を見極める必要があります。

もしご自身が、フィールドセールスで高い実績を上げていたならば、今は営業部の規模が小さくても、将来性のある新規事業に積極的に取り組んでいる企業に転職するのがおすすめです。

なぜなら、そのような企業では今後、インサイドセールスとフィールドセールス、カスタマーサクセスなどに分かれ、その責任者としてのポストに就ける可能性があるからです。

自分の強みを活かせる企業を見極めることで、転職時のリスクを軽減できるでしょう。

離職率が高すぎないか確認する

ベンチャー企業への転職では、その企業の離職率を必ず確認しましょう。

募集条件が悪くない(給与が高い・残業が少ない・休日が多いなど)のに離職率が高い場合には、実際の労働現場において条件と異なる労働を強いられていたり、厳しいノルマがあったりする可能性があります。

企業の離職率は、働きやすさなどの労働環境が大きく影響するため、転職する際に必ず確認すべき項目の1つです。

自己資本比率に注目する

自己資本比率とは、企業が事業活動をおこなうための元手として調達した資金のうち、他人資本(負債)ではない自己資本(純資産)がどの程度あるのかを表す指標です。

ベンチャー企業の自己資本比率は業界や企業の規模によって異なりますが、一般的には自己資本比率が20%以上であることが望ましく、50%を超えると倒産する可能性が低くなるといわれています。

ただし、ベンチャー企業は成長過程にあることが多いため、収益が少なく、自己資本比率も低い傾向にあります。そこで自己資本比率だけではなく、信頼できる投資家や金融機関からの出資を受けているかなどにも注目すると良いでしょう。

また、公開されている情報からは確認できないこともあるため、気になっても情報が見付からない場合は企業との面談などで確認するのも良いでしょう。

転職エージェントを活用する

ベンチャー企業への転職活動においては、大手企業ほど企業情報が公開されておらず、詳細な情報を得にくいリスクがあります。

そこでおすすめなのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録すれば、担当のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を積極的にサポートしてくれるだけでなく、あなたの希望にあった優良な企業を紹介、マッチングしてくれます。

キャリアアドバイザーの仕事は、まずあなたと面談を通して転職の目的を明確にしてくれます。

その際に、自分では気づかなかった潜在的な仕事への考え方や、本当にしたい仕事を顕在化してくれるケースも少なくありません。

また、紹介先の企業の情報収集や、提出資料、面接のサポートを受けることも可能です。

また、転職希望者は、これらのサービスを原則無料で受けることができるのも、大きな魅力です。

ベンチャー企業への転職活動を成功させるためには、できるだけ複数の転職エージェントに登録して、あなたにピッタリの転職エージェントを見つけるところから始めましょう。

関連記事:ベンチャー企業への転職はリスク?転職を失敗しないためのコツを解説

1分で無料登録!
スタートアップ・ベンチャー向け
おすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

procommit

ProCommit

4.0
公開求人数
300件
非公開求人数
非公開
ベンチャー・スタットアップなどIPO前後や成長ステージの企業に強み。東京都内で探したい方や経営層やマネージャー職についたことがある方におすすめ。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

procommit

ProCommit

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

procommit

ProCommit

4.0
口コミを読む
・事業成長を支える重要な役割を担い、毎日ワクワクしながら仕事を楽しめています。
・自分だったら絶対選ばない会社でしたけど、本当にベストだと感じています。プロコミットに相談して、本当に良かったです。
2024年5月1日時点

ベンチャー企業への転職で転職エージェントを利用するメリット5つ

ベンチャー企業への転職で、転職エージェントを利用するメリットは下記のとおりです。

これらのメリットを知っていると、転職エージェントをより有効的に活用することができます。

ベンチャー企業への転職を考えている方は、上記のメリットを参考にしてください。

求人情報の収集や選定の手間が省ける

転職エージェントを利用することで、求人情報の収集や選定の手間を省くことができます。

とくに、現職で働きながら転職活動を進める人にとっては、転職エージェントの存在は大きな助けとなります。

転職エージェントは、1年中求職者のサポートをしているため、転職市場の動向に精通しています。

転職エージェントにサポートしてもらうことで浮いた時間を自己分析や選考対策に活用できるので、効率的に進められます。

時間がない求職者にとって転職エージェントの利用は大きなメリットです。効率的に活動したい方は、転職エージェントが実施しているサポートを最大限に活用しましょう。

転職に必要な書類や面接の準備を支援してくれる

転職エージェントは転職に必要な書類や面接の準備を支援してくれます。

転職活動では、「履歴書」「職務経歴書」「面接対策」が必要です。これらすべてを1人で準備すると時間がかかってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、転職に必要な準備を進めてくれるので、時間をかけずに済みます。

また、転職エージェントは、近年の転職市場の動向から、内定を獲得しやすい方法を網羅しているので、内定を獲得できる可能性が高まるでしょう。

ただし、すべての準備を転職エージェントに頼ってしまうと、面接で質問されたときに、スムーズな回答ができない可能性が考えられます。

転職エージェントを利用しつつ、自分で対策を取るのがおすすめです。

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の添削、面接選考対策など、内定を獲得するために必要な準備を手伝ってくれます。ベンチャー企業への転職を成功させたい方は、エージェントの力を借りましょう。

企業との交渉をサポートしてくれる

企業との交渉をサポートしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

企業との給与などの待遇条件の交渉をおこなってくれます。

転職エージェントを利用すれば、企業と求職者の仲介役として交渉のサポートをしてくれるので、待遇が良くなる可能性があります。

転職エージェントの中には、志望する企業との関係性が深く、待遇交渉が行いやすいケースもあります。

転職エージェントを選ぶときは、志望する業界や企業のサポート実績があるキャリアアドバイザーがおすすめです。

ただし、転職エージェントにすべてを任せても、年収交渉をしてくれるとは限らないので、希望は必ず伝えるようにしましょう。

年収を上げるためには転職時の交渉が重要です。自身の納得する条件で転職をするためにも、転職エージェントの力を借りて交渉を進めましょう。

面接の調整やスケジュール管理をしてくれる

面接の調整やスケジュール管理をしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

転職エージェントは、求人の紹介から面接日の調整、内定獲得後まで一貫してサポートしてくれます。

現職で働き続けながら転職活動をする人にとっては、スケジュール管理の手間が省けてスムーズに活動できます。

転職エージェントを利用しない場合は、転職サイトを活用して応募、スケジュール管理、書類作成など、すべて1人で準備しなくてはいけません。

現職を続けながら活動をする人にとっては大きな負担となります。

負担が増えストレスが多くなると「早く決めたい」という思いから、内定をもらった企業に転職する可能性があります。

すぐ内定をもらった企業は、希望条件とは異なる可能性があるので、ミスマッチに繋がり早期退職をするケースが考えられるでしょう。

こうした状況を避けるためにも、転職エージェントを利用して、負担を減らす必要があります。

転職活動は1人で進めると失敗する可能性が高いので、転職エージェントを利用して、効率的に進めるのがおすすめです。

ブラック企業への転職リスクが低くなる

ブラック企業への転職リスクが低くなるのも、転職エージェントを利用するメリットです。

転職エージェントは、企業の採用担当者と直接やりとりをしているため、求人の詳しい内情を知っています。

そのため、外部情報だけで判断しきれない、人間関係や企業文化、社風などについて理解できるので、ミスマッチを防げます。

また、転職エージェントから紹介を受ける企業は、ブラック企業である可能性が低いのもメリットです。

ベンチャー企業への転職で、ブラック企業であるか心配な方は、エージェントに内部情報を聞くようにしましょう。

ベンチャー企業はブラック企業が多いと言われることが多いため、懸念する人は増えています。ベンチャー企業へ転職する前は、不安要素が無くなるまで転職エージェントに相談しましょう。

ベンチャー企業への転職におすすめの転職エージェント10選

上記のように、ベンチャー企業への転職では、さまざまなリスクや注意点があります。そこでベンチャーへの転職活動においては、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

以下では、ベンチャー転職におすすめの転職エージェント10選を紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を保有している、転職支援実績の高い転職エージェントです。また、リクルートエージェントには厳選された非公開求人が22万件以上(2024年3月現在)もあり、業界でも最大手のエージェントの1つとなっています。

リクルートエージェントに登録後は、まずキャリアアドバイザーとの面談をおこないます。そして非公開求人の応募や、選考対策を受けることができるため、高い採用確率となっているのも特徴です。

キャリアアドバイザーとの面談では、応募書類の添削・面接対策はもちろん、独自に分析した業界や企業情報も提供してくれます。さまざまな業界に精通したキャリアアドバイザーが的確なサポートをしてくれるため、初めての転職活動でも安心して相談可能です。

また、取り扱っている求人案件は、ほぼ全ての職種領域を網羅しているのも特徴です。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、転職希望者が聞きづらい年収などの交渉も代行してくれるため、あなたの理想の職場に近づけるサポートを期待できるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントで、20代の転職エージェント満足度でNo.1(GMOリサーチ株式会社2021年12月のアンケート結果)に選ばれている人気の高いサービスです。

マイナビエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に転職の悩みに一つひとつ答えてくれるため、初めて転職する方も安心して利用できます。

またサポート面でも手厚いサービスを期待でき、未経験でも内定が出やすい求人や、スキルよりも人柄重視の求人を取り揃えているのが特徴です。

マイナビエージェントには、中小企業を中心に独占案件が多く、これからキャリア形成していきたいベンチャー希望の方にもおすすめです。またIT関連の求人が多いのも特徴の1つで、20代の転職希望者に人気となっています。

担当者の対応評価が高いため、特に初めて転職活動をおこなう方におすすめしたいサービスの1つです。

doda

doda

dodaは、幅広いジャンルの求人情報を扱っている転職エージェントです。dodaのみが取り扱う独占求人数も業界最大級となっており、視野を広げて転職活動を進めたい方におすすめです。

dodaには、各業界の専門スタッフが在籍しているため、企業視点からのアドバイスを受けることができます。また、キャリアアドバイザーの質が高く、ユーザーごとに適正な求人を提案してくれるので、効果的な求職活動を実現可能です。

キャリアアドバイザーが応募書類の作成などもサポートしてくれるので、初めての転職希望者でも安心して登録できます。また、独自の転職セミナーも積極的におこなっており、転職に役立つ情報を入手できるのも魅力です。

dodaのおすすめポイントとして、大手企業はもちろん、中小企業やベンチャー企業などの幅広い求人を取り扱っているため、幅広い視点から最適な転職先を見つけられることがあります。また、質の高いキャリアアドバイザーが、応募企業とさまざまな交渉を代行してくれるのも大きなメリットといえるでしょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県エリアでの転職支援に特化したエージェントで、20年以上にわたり転職支援をおこなっています。

type転職エージェントの運営歴は、大手転職エージェントであるリクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントなどと比べても引けを取らないため、安心して転職サポートを任せることができます

type転職エージェントが注力している転職支援領域は、IT・Web業界、ものづくり業界、営業職、ミドル・エグゼクティブなどとなっており、女性の転職にも力を入れているのが特徴的といえるでしょう。

type転職エージェントのおすすめポイントとしては、首都圏に限られるために求人総数は少なめですが、地域に限定している分充実したサポートが受けられるところです。また、優良企業が多いのも魅力です。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営している転職スカウトサービスです。リクルートダイレクトスカウトは、業界大手の企業が運営しているため、信頼度の高い転職エージェントの1つといえるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、匿名登録が可能で、公開先もヘッドハンターのみとなっています。そのため、現職の企業に転職活動を知られることなく、安心して利用できるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのおすすめポイントとしては、年収800万円〜2,000万円のハイクラス求人案件を多数保有(公開求人数非公開)しており、ヘッドハンターが求人を提案してくれるため安心してサービスを利用できます。また、Webサイト上では転職活動に役立つ特集記事を多数掲載しており、転職活動を有利に展開できるでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは年収1,000万円以上のハイクラスな求人を多数保有する転職エージェントです。

ビズリーチでは、一流のヘッドハンターがユーザーの情報を見てスカウトを送る「プラチナスカウト」といわれる制度があります。

このプラチナスカウトが届くと、確実に面接へ進める仕組みです。厳選された優秀なヘッドハンターが約4,600人在籍しているため、優良企業とのマッチングを待ちながら、じっくりと転職活動ができるのも魅力です。

ビズリーチのおすすめポイントは、年収1,000万円以上の求人が多いことや、優秀なヘッドハンターからアドバイスをもらえるところです。

それ以外にも、ビズリーチに登録するだけで、企業やヘッドハンターからのスカウトが届きます。また、自分から優良企業と直接コンタクトを取ることも可能です。

マイナビAGENT 女性の転職

マイナビ女性

マイナビAGENT 女性の転職は、女性の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」と、企業への営業担当として各企業と太いパイプを持つ「リクルーティングアドバイザー」がチームとなり、求職者が本当に求める「転職先のご紹介」や「応募書類の作成」「面接対策」「給与交渉」などの転職活動全般をサポートしてくれる無料のサービスです。

マイナビAGENTwomanをおすすめする理由として、次の3つがあります。

1.業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍している

女性の転職に特化したチームを編成しているため、求職者の多様な選択肢や新たな可能性をご提案することができます。

2.決定率を高める豊富な転職支援が期待できる

キャリアアドバイザーが一人ひとりとじっくり向き合ってくれるため、応募する企業に合わせた応募書類の添削や、面接対策が可能です。

3.独占求人・非公開求人の数が多い

マイナビの豊富なリソースを活かし、独占求人情報を多数保有しています。

マイナビAGENTwomanでは、上記のような強みを活かし、以下のような悩みを解決しています。

  • スキルアップを図りたい
  • 女性が活躍できる企業を選びたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 派遣社員から正社員を目指したい
  • キャリアプランに合った環境で働きたい
  • 他の業界にもチャレンジしたい

このように、女性ならではのお悩みをお持ちの方に、ぜひおすすめしたいエージェントです。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、年間5,000名以上のキャリアカウンセリングを実施しており、年間数百名の転職支援実績があります。

女性には結婚、出産などのライフイベントがあり、長く働くためにはさまざまな悩みがつきものです。

type女性の転職エージェントでは、年間5,000名以上(2016年度実績)の女性転職者希望者へのキャリアカウンセリングにより、女性の転職に関するさまざまなノウハウを持っているのが強みです。

type女性の転職エージェントは、サービス開始から18年が経過しており、延べ数千名に渡る転職サポート実績があります。

長く続いているということは、長期に渡ってお付合いをしている企業も多くあるということです。豊富な転職ノウハウだけでなく、type女性の転職エージェントでしか見つけられない求人も存在しています。

また、女性の転職に強い「女の転職type」を運営しているため、長年の豊富な女性転職ノウハウがあることも魅力です。そのため、転職エージェントだけのノウハウでなく、転職サイトならではの情報と合わせた幅広い情報をお届けしています。

パソナキャリア

パソナキャリア_管理部門

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。コンサル業界のハイクラス転職を目指している方には、パソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリアは、抱えている求人の約半数が年収800万円以上のハイクラス求人で、オリコン顧客満足度調査でも、転職エージェント総合1位(2019・2022年度)を獲得する実績を持っています。

取引先企業は28,000社以上もあり、その中から専任のコンサルタントが、企業への推薦や面接日程調節といった転職活動を1からしっかりサポートしてくれるのが特徴です。

企業のリアルな情報や転職事情をもとに年収交渉も代行してくれるため、求人情報にある条件以上の好条件で入社できる可能性も多数あります。

ハイクラス転職が得意なパソナキャリアですが、未経験でもチャレンジできる求人もあります。また、「年収2,000万円求人」や「残業20時間程度の求人」など福利厚生の面でも魅力的な求人を多数抱えています。

これまでの実績として、転職後の給与アップ率が67.1%と高確率なのも見逃せません。このように、条件の良い求人や、年収交渉を上手に活用することで、理想以上の給与条件で入社ができる可能性も十分にあるといえるでしょう。

パソナキャリアの独占求人数は1,700件以上もあり、パソナでしか見つけることのできない求人も多数あるため、ぜひおすすめしたい転職エージェントの1つです。

doda X

dodaX

doda Xは、大手人材会社のパーソルキャリアが提供する転職サービスです。主に年収600万円以上のハイクラスな求職者を対象とした転職サービスとなっています。

doda Xに登録して職務経歴などを入力するだけで、厳選されたヘッドハンターから年収800万円以上のハイクラス求人のスカウトが届くのが特徴です。そして、ヘッドハンターが転職希望者の希望条件を確認したうえで適切な求人を紹介するため、転職活動におけるミスマッチが少なくなるメリットがあります。

希少性の高いハイクラス求人に限定した転職サービスであるため、これから更にキャリアアップしたいと考えているハイクラスな転職人材におすすめのサービスといえるでしょう。

doda Xは、年収600万円以上の求職者に特化した転職サイトであるため、キャリアアップを目指す方は必見です。また、必要事項を入力するだけでスカウトがくるため、忙しい方でも安心して利用できます。

スカウトが届くのは年収800万円以上のハイクラススカウトで、求職者の希望もあらかじめ伝えておけるため、自分にぴったりの求人に出会える可能性が高いのもメリットです。

まとめ

ベンチャー企業への選び方に失敗しないためには、情報収集が大切です。ただ、ベンチャー企業は大手企業と違い、公開されている情報量が少ない可能性が考えられます。そのため、実際に入社してみたら募集情報と違う環境だった、というケースも少なくありません。

そこで、入社後のミスマッチを避けるために、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェント活用すれば、ベンチャー企業の内部情報も入手できます。また、現職で働きながら転職先を探すことも可能です。

「転職活動をしたいけど時間がない」「ベンチャー企業の選び方に不安がある」という方は、本記事で紹介した転職エージェントをおすすめします。転職エージェントを利用して、納得するベンチャー企業への転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
スタートアップ・ベンチャー向け
おすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

procommit

ProCommit

4.0
公開求人数
300件
非公開求人数
非公開
ベンチャー・スタットアップなどIPO前後や成長ステージの企業に強み。東京都内で探したい方や経営層やマネージャー職についたことがある方におすすめ。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

procommit

ProCommit

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.6
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

procommit

ProCommit

4.0
口コミを読む
・事業成長を支える重要な役割を担い、毎日ワクワクしながら仕事を楽しめています。
・自分だったら絶対選ばない会社でしたけど、本当にベストだと感じています。プロコミットに相談して、本当に良かったです。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。