【2024年最新版】薬剤師におすすめの転職サイト13選ランキング|比較・口コミを解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

・一般企業の求人が少ない
・ヒアリングや面談に時間をかけるためスピード感重視の人は要注意

薬剤師の転職サイトはどこを使えばいいの?

薬剤師向けの転職サイトは多数あるため、どのサイトを使うべきか迷う方もいるでしょう。

そこでこの記事では、薬剤師におすすめの転職サイトを15選まとめました。いずれも薬剤師に特化しているため、登録して利用すれば、希望条件が叶う求人が見つかるはずです。

薬剤師向けの転職サイトは登録無料です!

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント
目次

薬剤師におすすめの転職サイト13選!特徴や口コミ・評判も紹介

早速、薬剤師の転職活動におすすめの転職サイト13選を紹介します。口コミ・評判も掲載しているので、あわせて参考にしてください。

薬キャリエージェント

薬剤師の求人・転職・募集なら【薬キャリエージェント】
薬キャリエージェントの特徴
  • 薬剤師専門の転職支援サービス
  • 年収600万円以上のハイクラス求人を取り扱う
  • コンサルタントのユーザー満足度95%(※1)

薬キャリエージェントは、高年収の求人情報を取り扱う転職支援サービスです。年収600万円以上の求人や、育児と仕事の両立をサポートしている企業の求人情報を取り扱っています。

特に「時短勤務制度」や「残業がほぼなし」といった求人は、お子さまがいるママ薬剤師にもおすすめです。転職をサポートするコンサルタントの満足度は95%(※)あり、個々のニーズに合わせた薬局や病院を紹介してもらえるでしょう。

無料登録後は非公開求人も紹介してもらえるので、現在よりも収入アップできる可能性もあります。

(※1)2024年4月 薬キャリエージェント公式サイトより引用

サービス概要
サービス名薬キャリエージェント
運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数22,166件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://agent.m3career.com/
2024年4月15日時点

薬キャリエージェントの評判・口コミ

実際に、薬キャリエージェントを利用した方の評判・口コミです。

友達に紹介されて登録しました。

すぐにたくさんの求人を紹介していただき、内情もバッチリ教えていただきました!

担当は知識も豊富で不安なことにもすぐお答えいただきました。

数社比較して転職先を決めたので満足度もバッチリです。もしまた転職することがあれば利用させていただきます。

引用元:薬キャリ(エムスリー)の口コミ・評判|みんなの評判ランキング

転職を決めたとき、こういった薬剤師求人にいくつか同時に登録しました。

求人数が多いところも多々ありましたが、逆に情報量が多すぎてうまく選べず。

薬キャリでは、担当さんが私の知りたい情報をしっかりと伝えてくれたので、とても転職活動をしやすかったです。

1児の母であることもあり、提示した条件も多くなかなか決まらなかったのですが、焦らずじっくりとサポートしてくれて安心しました。

何とか再就職できて、今は働きやすい環境で働けています。感謝しています。

引用元:薬キャリ(エムスリー)の口コミ・評判|みんなの評判ランキング

ファーマキャリア

ファーマキャリア
ファーマキャリアの特徴
  • オーダーメイドの求人を作成できる
  • 希望条件をもとに企業との交渉が可能
  • コンサルタントの交渉力が高い

ファーマキャリアは転職に関する希望条件をヒアリングし、オーダーメイド求人を作成できる転職サイトです。担当のコンサルタントは作成したオーダーメイド求人をもとに、希望条件にあう病院や薬局、ドラックストアと交渉をしてくれます。

ファーマキャリアに在籍するコンサルタントは大手人材紹介会社のエース級が多く、交渉力やヒアリング力が高いです。「保育園のお迎え時間が決まっている」や「週4日勤務を希望」などの細かい希望条件を、あなたに代わりに企業と交渉してくれるでしょう。

仕事だけでなく家族との時間も大切にしたい薬剤師は、ファーマキャリアに無料登録してみてください。

サービス概要
サービス名ファーマキャリア
運営会社エニーキャリア株式会社
公開求人数35,549件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://pharmacareer.jp/
2024年4月15日時点

ファーマキャリアの評判・口コミ

実際に、ファーマキャリアを利用した方の評判・口コミです。

この求人サイトに登録してコンサルタントに相談したときに、自分でもちょっと無理があると思いながら希望条件を伝えました。その時点で希望条件に合う求人はなかったのですが、コンサルタントが病院や薬局と交渉して、希望条件に近い条件の求人を引き出し提案してくれました。希望条件に合致する求人ではなかったものの、元々の希望条件が高望みだと理解していたため、十分満足できる内容でした。その後、無事就職が決まり、充実した生活を過ごすことができているのはこの求人サイトのおかげです。自分の希望条件に合う求人が見当たらず悩んでいる人にとって、登録する価値は十分あります。

引用元:ファーマキャリアの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

正直かなり良かったです!スタッフの方が相手先企業と交渉して可能な限り私が希望する条件に近付けてくれたからです。あとサイトを利用する前に、電話で問い合わせて他の人材紹介会社に登録していても利用できるかどうか尋ねたところ、大丈夫ですよ、私たちは働く人たちのために求人を紹介していますと言っていただけたのがとても嬉しかったです。それらのスタッフの方たちの対応が親切で丁寧だったので、安心して利用することができました。

引用元:ファーマキャリアの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の特徴
  • 薬剤師の求人数は4万件以上(※1)
  • キャリアアドバイザーとの面談が可能
  • 全国14拠点でサービスを展開

マイナビ薬剤師は、薬剤師専門の転職エージェントです。薬剤師の求人を4万6千件(※1)取り扱っており、無料登録後は非公開求人を紹介してもらえます。

マイナビ薬剤師ではキャリアアドバイザーと直接面談ができ、薬剤師としてのキャリアプランや年収アップのポイントなどを相談できます。面談は全国14箇所にあるオフィスのほか、オンラインツールやメールでの対応も可能です。

マイナビ薬剤師は取り扱う求人情報の幅が広く、調剤薬局以外にも医薬品メーカーや臨床開発モニターなどの業種へ転職可能です。多くの業種から転職先を探したい方は、マイナビ薬剤師に無料登録してみてください。

(※1)2024年4月時点の求人数

サービス概要
サービス名マイナビ薬剤師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数46,440件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://pharma.mynavi.jp/
2024年4月15日時点

マイナビ薬剤師の評判・口コミ

実際に、マイナビ薬剤師を利用した方の評判・口コミです。

やはり大手なので安心できるということと、求人数の多さで選びました。サイトも見やすく、検索もしやすいのでとても便利です。結婚しパート勤務で地方の案件を探していましたが、ドラッグストアで無事勤務することができました。復職復帰相談会を利用し、自分のキャリアにあったパート先をみつけることができたので、とても感謝しています。また転勤があったときにも是非利用させていただきたいと思っています。キャリアアップのためにも利用したいです。

引用元:マイナビ薬剤師の口コミ・評判|みんなの評判ランキング

以前友人が利用し、対応がよかったと言っていたのでマイナビを選びました。実際に登録してみると、すぐに連絡をいただき、希望に沿った求人情報を7件紹介していただきました。その後も何度か連絡を取りましたが、毎回とても丁寧で素早い対応だったので、とても好感がもてました。紹介していただいた求人のうち、2つの薬局の面接を受けましたが、担当者に一方の薬局の採用をお断りしたい旨を伝えたことろ、私に代わって先方に連絡してくださり、気まずい思いをせずに転職活動できたのも良かったです。

引用元:マイナビ薬剤師の口コミ・評判|みんなの評判ランキング

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
ファルマスタッフの特徴
  • 薬剤師の求人数は5万件以上(※1)
  • 20代・30代の薬剤師転職に強い
  • アプリを利用して情報収集が可能

ファルマスタッフが取り扱う求人数は5万件(※1)以上あり、幅広い業種から希望条件にあった企業を選べます。特に20代・30代の転職に強く、若手や第二新卒に向けたお仕事相談会を開催中です。

お仕事相談会では求人情報の紹介だけでなく、薬剤師としてのキャリアプランの作成や、履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれます。「初めての転職活動で必要な準備がわからない…」「薬剤師転職のノウハウをコンサルタントから聞きたい」という方にもおすすめです。

薬剤師向けの情報アプリ「ファルマラボ+」もリリースしているので、スキマ時間に情報を集めたい方は無料登録を検討してみてください。

(※1)2024年4月時点の求人数

サービス概要
サービス名ファルマスタッフ
運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数50,855件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://www.38-8931.com/
2024年4月15日

ファルマスタッフの評判・口コミ

ファルマスタッフを実際に利用した方の評判・口コミです。

働いている職場環境がよくなく、思い切って転職を決めたのはいいもののどうしていいのかわからず。

薬剤師の求人を探している際に、たまたまファルマスタッフを見つけました。

1人で進めるよりはうまくいくかもしれないと思い、軽い気持ちで登録しましたが、登録してよかったと思いました!

求人の情報をすごく丁寧に教えてくださり、不安もなく転職先を選ぶことができました。

求人情報をとても多く把握していて、大変手厚いサポートだと感じました。無事転職もでき、すごく感謝しています。

引用元:ファルマスタッフの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

結婚し子供が産まれ少し落ち着いてきたところで、また薬剤師として働きたいと思い利用しました。条件としては、地元にあり子供に何かあったときに迎えに行けるようなフレキシブルな働き方をさせていただける職場を探していました。新聞の折込広告や地元の職業斡旋所を利用し探していましたがなかなか見つからず、先輩に紹介されたファルマスタッフに頼ってみることにしました。すると希望通りの求人をすぐに見つけてくれ、1ヶ月以内に入職することができました。もっと早く頼っていればよかったです。

引用元:ファルマスタッフの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

お仕事ラボ

お仕事ラボの特徴
  • 転職後の定着率が高い
  • 薬剤師に特化したコンサルタントがサポート
  • 内定後のサポートにも対応

お仕事ラボは、求職者の立場でサポートする転職エージェントです。薬剤師に特化したコンサルタントは細かく希望をヒアリングするので、企業とのミスマッチを防ぎ、転職後の高い定着率を実現しています。

医療業界の情報を発信するMedical Tribuneの調査によると、お仕事ラボを利用したユーザーの満足度は90%(※1)以上を保っています。担当コンサルタントは内定後も電話やメールで相談に乗ってくれるので、初めての転職でも安心して利用できるでしょう。

(※1)2024年4月 お仕事ラボ公式サイトより引用

サービス概要
サービス名お仕事ラボ
運営会社株式会社AXIS
公開求人数18,194件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://www.oshigoto-lab.com/

お仕事ラボの評判・口コミ

実際にお仕事ラボを利用した方の評判・口コミです。

選べる雇用形態としてはフルタイム働ける正社員雇用はもちろん、週2日から働けるパート、アルバイトなども紹介してくれるので自分の働きたいペースにあった仕事を選べるのはありがたかったです。求人企業に面接に行く際には交通費支給、履歴書や職務経歴書の指導もしてくれるので初めての転職でも不安にならず臨むことができました。

引用元:お仕事ラボの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

転職活動をする時に利用したのですが、自分が入ってみたいなという会社の求人が残念ながら出ていませんでした。その旨を何となく伝えたところ、担当の人がその会社に交渉してくれたようで面接の段取りを整えてくれたことが驚きでした。しかも面接に行くと交通費も支給してくれて、自分が聞きたいことだけではなく不足している部分もしっかり確認してくれるという手厚いサポートがかなりありがたかったです。

引用元:お仕事ラボの口コミ・評判|みんなの評判ランキング

グッピー

グッピーの特徴
  • 年間792万人(※1)が利用
  • 適職診断が可能
  • 医療・介護・福祉と幅広く求人を取り扱う

グッピーは、幅広い求人情報を取り扱う転職求人サイトです。年間で792万人(※1)が利用しており、2020年には「転職で使いたいNo1.求人サイト」(※1)にも選ばれています。

グッピーへの無料登録後は適職診断が可能で、必要項目を記入すると自己分析シートを作成できます。自己分析シートでは自分の性格や仕事での対応力を理解でき、面談や面接時に活用できるでしょう。

グッピーは医療業界だけでなく介護や福祉の求人情報も取り扱うので、幅広い情報の中から転職先を探せます。

(※1)2024年4月 グッピー公式サイトより引用

ママ薬PLUS

ママ薬PLUSの特徴
  • ママ薬剤師の転職に特化
  • 丁寧に希望条件をヒアリング
  • スキルアップ研修を利用できる

ママ薬PLUS(ママヤクプラス)は、子育てをしながら働く薬剤師に特化した転職サイトです。無料登録後は丁寧なヒアリングを行い「扶養内で働きたい」や「土日休み希望」など、ママ薬剤師が働きやすい薬局や病院を紹介してくれます。

ヒアリング後はオーダーメイドで転職活動をサポートしており、希望条件やキャリアプランにあった働き方のアドバイスを受けられます。出産によるブランクがある方でも安心して働けるように、スキルアップ研修も利用可能です。

子育て中のママ薬剤師は、ママ薬PLUSに登録して転職活動を進めてみてください。

ジョブメドレー

ジョブメドレー
ジョブメドレーの特徴
  • 薬剤師の求人数が2万件以上(※1)
  • スカウト機能を利用可能
  • LINEで求人情報を取得できる

ジョブメドレーは、日本最大級の医療・介護求人サイトです。医療や介護業界の求人を多く取り扱っており、薬剤師の求人数も2万件(※1)以上あります。

ジョブメドレーに掲載している求人に応募すると、直接企業に応募書類を届けられます。ジョブメドレーは応募書類の仲介をしないので、担当者との連絡をスムーズに進められるでしょう。

無料登録後はスカウト機能を利用できるので、仕事が忙しい方や企業とのマッチングミスを防ぎたい方に、ジョブメドレーはおすすめです。

(※1)2024年4月時点の求人数

メドフィット薬剤師

メドフィット薬剤師の特徴
  • キャリアエージェントが転職活動をサポート
  • 業種とエリアを指定して検索が可能
  • お友達紹介キャンペーンを実施

メドフィット薬剤師は、薬剤師の求人情報を扱う転職サイトです。2024年4月現在、薬剤師の求人数は15件と多くはありませんが、関東圏や関西圏の求人情報から希望する薬局や病院を探せます。

メドフィット薬剤師への無料登録後は、医療分野に特化したキャリアエージェントが転職活動をサポートしてくれます。面接対策や面接への同行なども依頼できるので、はじめて転職活動をする方でも安心でしょう。

雇用条件の確認や入社日の調整もお願いできるので、キャリアエージェントに転職活動をサポートしてもらいたい方は、メドフィット薬剤師に登録してみましょう。

エクスファルマ

エクスファルマの特徴
  • コーディネーター全員が医療業界経験者
  • シニア薬剤師へのサポートも充実
  • 無料セミナーや転職相談会を開催

エクスファルマでは、薬剤師や医療経験者による転職サポートを行っています。薬剤師や薬局開発の経験者に質問できるので、細かい職場環境や仕事内容のアドバイスをもらえるでしょう。

エクスファルマでは60歳以上のシニア転職にも力を入れており、生涯現役で働きたいベテラン薬剤師の利用もおすすめです。定期的にセミナーや相談会を無料で開催しているので、幅広く情報を集めたい方はぜひ参加をしてみてください。

薬剤師の現場経験者からサポートを受けたい方には、エクスファルマへの無料登録をおすすめします。

ファーネットキャリア

ファーネットキャリア
ファーネットキャリアの特徴
  • 面談カウンセリングが高品質
  • 内定後のアフターフォローにも対応
  • 口コミ・友人紹介満足度が98.9%

ファーネットキャリアは、薬剤師に特化した転職サイトです。2万7千件(※2)の求人情報を取り扱っており、病院や調剤薬局だけでなく、企業やドラックストアからも仕事を探せます。

ファーネットキャリアのカウンセリングは品質が高く、キャリアプランや家庭の事情など、細かい部分まで相談に乗ってくれます。担当のコーディネーターは全国どこに住んでいても対応してくれるので、地方在住でも安心して利用できるでしょう。

「子どもが小さく時短勤務を希望している」「長期間のブランクがあるけど薬剤師への復帰を考えている」という方は、ファーマネットキャリアのカウンセリングを受けてみてください。

(※1)2024年4月 ファーネットキャリア公式サイトより引用
(※2)2024年4月時点の求人数

ファゲット薬剤師

ファゲット薬剤師の特徴
  • 薬剤師求人サイトで20年以上の実績
  • こだわりの条件を指定して検索が可能
  • 薬剤師の本音や悩みを公式サイトで公開中

ファゲット薬剤師は、薬剤師に特化した求人サイトです。2000年からサービスを開始し、多くの実績からおすすめの薬局や病院の見分け方をアドバイスしてくれます。

公式サイトでは「資格取得支援あり」や「独立支援あり」など、こだわりの条件を指定して求人情報を検索可能です。こだわり条件の保存や条件にあった求人情報だけをメールで取得できるので、希望する薬局や病院を探しやすいでしょう。

また、薬剤師の本音や悩みを紹介するコンテンツも読めるので、転職前の情報収集にも活用できます。

アポプラス薬剤師

アポプラス薬剤師
アポプラス薬剤師の特徴
  • コンサルタントが薬局や病院を直接ヒアリング
  • 無料で個別相談会を開催
  • 個別の条件に合わせて転職活動をサポート

アポプラス薬剤師は、薬剤師に特化した人材紹介・派遣サービスです。1994年から多くの薬局や病院にヒアリングを行い、好条件や高待遇の求人情報を数多く取り扱っています。

アポプラス薬剤師では無料で個別相談会を開催しており、担当のコンサルタントは希望する条件に合わせて求人情報を紹介してくれます。履歴書や職務経歴書の作成や添削もサポートしてくれるので、内定率の向上も期待できるでしょう。

出産や子育てを経験しブランクがある方でも、調剤実技研修や無菌調剤研修を受けられるので、復職に不安のある方はアポプラス薬剤師に登録してみてください。

【年代別】薬剤師おすすめ転職サイト

「年代別におすすめの転職サイトを知りたい」

「今の年齢でも転職できるだろうか…」

このような疑問や不安をもっている方もいるでしょう。ここでは、年代別に整理して、おすすめの薬剤師向け転職サイトを紹介します。ぜひ参考にしてください。

20代におすすめ|マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師が20代におすすめの理由
  •  対面によるヒアリング
  •  手厚いサポートに定評
  •  紹介件数が多い

20代での転職なら、「マイナビ薬剤師」がおすすめです。対面によるヒアリングがあり、手厚いサポートに定評があるからです。

20代での転職では、ほかの年代と比べると経験が浅いことから、手厚いサポートがあるところを選ぶのがベターです。

マイナビ薬剤師なら、希望条件のヒアリングから応募書類の添削、面接対策、内定後のフォローまで丁寧にアシストしてもらえるでしょう。

また、紹介件数が多いのもメリットです。求人数が多いと、転職先候補の分母が増えることから、条件を満たす求人が見つけやすくなるうえ、内定獲得の可能性もアップするはずです。

30代におすすめ|薬キャリAGENT

薬剤師の求人・転職・募集なら【薬キャリエージェント】
薬キャリAGENTが30代におすすめの理由
  •  ハイキャリアにも対応
  •  非公開求人を多数保有

30代におすすめの転職サイトは「薬キャリAGENT」です。ハイキャリアにも対応しており、非公開求人も多数保有しています。

30代は、これまで高めた専門性を活かして、キャリアアップを目指す方が増える年代です。薬キャリAGENTならハイキャリアに対応していることから、今よりワンランク上のキャリアを手に入れたい方におすすめできます。

また、非公開求人も多数保有されているので、年収アップを狙う方も登録するとよいでしょう。

40代・50代におすすめ|ファルマスタッフ

ファルマスタッフが40代・50代におすすめの理由
  •  転職すべきかどうかから相談可能
  •  好条件・高待遇の求人もアリ

40代・50代の転職なら、「ファルマスタッフ」がおすすめです。転職ありきではなく、転職すべきかどうかから相談できるうえ、好条件・高待遇の求人も多数保有されているからです。

40代・50代ともなると、「今のタイミングで転職すべき?」「このまま今の職場で働き続けてほうがいいのだろうか」と迷いながら転職活動をしている方も多いでしょう。そういったときに、転職すべきかどうかから相談できるファルマスタッフなら、人生の方向性についてもアドバイスがもらえるはずです。

また、正社員なら600万円以上、派遣やパートなら時給3,000以上と好条件・高待遇の求人も多数あります。40代・50代を迎え、さまざまな働き方を模索したい方にもおすすめできます。

【雇用形態別】おすすめ薬剤師転職サイト

転職先の雇用形態として、正社員以外にも派遣やパートを検討している方もいるはずです。ここでは、雇用形態別におすすめの転職サイトを解説します。

正社員におすすめの薬剤師転職サイト

サイト名正社員求人数特徴
マイナビ薬剤師3万7,105件丁寧なサポートで転職を支援
ファルマスタッフ2万9,701件スキルアップ支援あり
薬キャリAGENT2万5,783件最短即日 最大10件の求人紹介
※2023年7月時点

正社員での転職を目指すなら「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」「薬キャリAGENT」がおすすめです。いずれも正社員の求人を多数取り扱っています。とくに、薬キャリAGENTは求人数のうちおよそ7割が正社員求人(※)であるので、正社員を目指す方は登録するとよいでしょう。

なお、2023年5月時点の薬剤師・医師などのパートを除く常用雇用の有効求人倍率は2.94倍でした。これは、一人の薬剤師に対して2.94件の求人があることを意味するため、薬剤師の需要は高いようにみてとれます。一方、2020年の厚労省の統計によると、人口10万人あたりに対する薬剤師数の全国平均は198.6人で、都道府県ごとに大きな差があり、徳島県が最も多く238.6人、次いで東京が234.9人、兵庫が233.9人でした。

このことから、地域によっては求人の競争率が高まっていることが予想されるため、正社員での転職を目指すなら、キャリアドバイザーのサポートを活用することが重要になるでしょう。

(※)2023年7月時点

【参考記事】
一般職業紹介状況(職業安定業務統計)/一般職業紹介状況/~令和5年5月|e-Stat
※第21表-14 有効求人倍率(パート除く常用)の「医師、歯科医師、獣医師、薬剤師」の数値を参照
3 薬剤師|令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況|厚生労働省

派遣におすすめの薬剤師転職サイト

サイト名派遣求人数特徴
薬キャリAGENT1,549件迅速な転職支援
ファル・メイト4,605件高時給の派遣求人多数
※2023年7月時点

派遣での転職を希望するなら、「薬キャリAGENT」か「ファル・メイ」に登録しましょう。薬キャリAGENTは高単価の派遣求人を多数保有しており、ファル・メイトは派遣を中心として求人が保有されているからです。

どちらもキャリアアドバイザーによる転職支援を受けられるため、働きやすい環境を見つけやすいでしょう。 なお、派遣として働く場合、派遣元である派遣会社と雇用契約を結ぶことになります。

社会保険、雇用保険や有給休暇制度などは派遣元によって異なるので、転職前にしっかり確認しておきましょう。

パートにおすすめの薬剤師転職サイト

サイト名パート求人数特徴
マイナビ薬剤師1万1,894件幅広い職場の求人を保有
ファルマスタッフ1万5,324件高時給の求人あり
ファーマキャリア1万3,052件オーダーメイド求人を利用可能
※2023年7月時点

パートを検討しているなら、「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」「ファーマキャリア」の中から選びましょう。どの転職サイトもパートの求人を多く保有しているのが特徴です。

マイナビ薬剤師は幅広い職場を取り扱っているので、さまざまな選択肢から選びたい方におすすめできるでしょう。ファルマスタッフは高時給の求人もあるので、今よりも年収をアップできるかもしれません。

ファーマキャリアは、すでにある求人を紹介してもらえるだけでなく、「オーダーメイド求人」を利用できるメリットがあります。オーダーメイド求人とは、求職者の希望条件を聞いたうえで薬局や病院と交渉を重ね、できるだけ希望条件に近いものにしてから提案してもらえるサービスです。これによって、より希望に沿った環境で働ける期待が高まります。

【施設形態別】おすすめの薬剤師転職サイト

病院や調剤薬局など、すでに転職を希望する施設形態が決まっている方もいるでしょう。ここでは、施設形態別におすすめの転職サイトをまとめました。

病院・クリニックへの転職におすすめの薬剤師転職サイト

サイト名病院・クリニックの求人数特徴
マイナビ薬剤師2,719件非公開求人も多数
ファルマスタッフ3,173件丁寧なサポートに定評あり
※2023年7月時点

病院・クリニックへの転職を検討しているなら、病院・クリニックの求人が多く保有されている「マイナビ薬剤師」か「ファルマスタッフ」を選びましょう。とくに、マイナビ薬剤師は非公開求人も取り扱っているので、好条件の求人を探したい方はぜひ登録しておきたいものです。

また、いずれのサイトの運営会社も医師・看護師の転職サイトを運営していることから、病院・クリニックと太いパイプをもっていると予想できます。独自のネットワークをもとに、仕事についてくわしい情報を提供してもらえるかもしれません。

調剤薬局への転職におすすめの薬剤師転職サイト

サイト名調剤薬局の求人数特徴
薬キャリAGENT2万6,108件独占求人が豊富
ファルマスタッフ3万9,170件日本調剤のグループ会社が運営

調剤薬局への転職を検討しているなら、「薬キャリAGENT」か「ファルマスタッフ」を選びましょう。どちらも調剤薬局の求人数が3万件前後と豊富で、多くの選択肢の中から希望に合った求人が見つかりやすいといえます。

薬キャリAGENTは調剤薬局の独占求人も多数あるので、ここでしか出会えない求人を紹介してもらえるかもしれません。ファルマスタッフは、国内有数の調剤薬局企業「日本調剤」のグループ会社が運営していることもあり、調剤薬局の求人が豊富に用意されています。

ドラッグストアへの転職におすすめの薬剤師転職サイト

ドラッグストアへの転職におすすめの薬剤師転職サイト

サイト名ドラッグストアの求人数特徴
マイナビ薬剤師1万2,056件
※「調剤併設」と「OTCのみ」の合計
業界最大規模の求人数
ファルマスタッフ907件地方の求人に強み

ドラッグストアへの転職を検討しているなら、「イナビ薬剤師」と「ァルマスタッフ」に登録しましょう。マイナビ薬剤師ではドラッグストアの求人が1万件以上もあり、希望に合う仕事が見つかるはずです。また、大都市圏以外での転職を希望している方は、地方の転職に強いファルマスタッフも押さえておくとよいでしょう。

なお、ドラッグストアは、調剤業務のほかに、服薬指導やレジ打ち、品出し、販売などの業務を兼ねることもあります。どのような仕事を任せられるのか、求人紹介時に確認しておくのがおすすめです。

製薬会社・一般企業への転職におすすめの転職サイト

マイナビ薬剤師一般転職も手がける株式会社マイナビが運営

製薬会社や一般企業への転職を検討しているなら、「マイナビ薬剤師」に登録しましょう。運営会社である株式会社マイナビは総合転職も手がけているので、企業への転職サポートについても豊富なノウハウを有しているからです。

なお、製薬会社や一般企業への転職を目指すなら、薬剤師専門の転職サイトのみではなく、さまざまな業種・職種の求人を扱う総合型の転職エージェントへの登録もおすすめします。総合型の転職エージェントに2~3社登録しておくと、幅広い求人の中から検討できるでしょう。

転職成功の秘訣は複数登録にあり!

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

【地域別】働きたい地域ごとにおすすめの薬剤師転職サイト

転職サイトによって、そのサイトが得意とする地域は異なります。ここでは、地域別におすすめの転職サイトを紹介します。

関東でおすすめ|ファルマスタッフ

関東での転職なら「ファルマスタッフ」がおすすめです。関東圏の求人を豊富に保有しており、大宮、船橋、東京、横浜の4拠点に事業所があります。派遣求人も多数取り扱っているので、ライフステージの変化に応じて最適な働き方を提案してもらえるでしょう。

コンサルタントとの個別面談のあと、希望に合った求人を紹介してもらえるため、転職活動に時間を割くのが難しい方でも働きやすい求人を見つけられるはずです。また、面接同行でフォローも受けられるため、応募先企業に対して自身の考えを十分に伝えられるでしょう。

関西でおすすめ|ヤクジョブ.com

ヤクジョブ

関西の薬剤師におすすめの転職サイトは「ヤクジョブ.com」です。ヤクジョブ.comの求人数は4万件以上(※)と業界トップクラスで、豊富な求人の中からよりよい条件の仕事を探すことができます。

また、正社員・契約社員だけでなく、パート、派遣社員、紹介予定派遣の求人も保有されており、希望する働き方に合わせて求人の紹介を受けられるでしょう。1日単位で働ける「単発派遣」の取り扱いもあり、さまざまな職場を経験してスキルアップしたい方や空いた時間を有効活用したい方にもおすすめです。

(※)2023年7月時点

東北・北海道でおすすめ|ヤクマッチ薬剤師

東北・北海道の薬剤師におすすめの転職サイトは「ヤクマッチ薬剤師」です。ヤクマッチ薬剤師では地方の求人も多く取り扱っており、東北・北海道でも求人を比較・検討しながら探せるでしょう。

薬剤師が在籍しているので、医療業界の最新情報や薬剤師の仕事を理解したうえで、転職活動をサポートしてくれるのも魅力です。

中部・近畿でおすすめ|ヤクマッチ薬剤師

中部・近畿の薬剤師におすすめの転職サイトは「ヤクマッチ薬剤師」です。ヤクマッチ薬剤師では中部・近畿の薬剤師求人も数多く取り扱っています。

テーマ別に分かれて求人特集が組まれているのが特徴で、「ブランク可」「認定薬剤師の資格取得をサポート」「子育てしながら働きやすい」など、転職先に求めることから求人を探せます。

中国・四国でおすすめ|ファゲット薬剤師

中国・四国の薬剤師におすすめの転職サイトは「ファゲット薬剤師」です。ファゲット薬剤師は20年以上もの間、薬剤師に特化して転職サービスを提供しています。

公式サイトには、中国・四国だけで3,480件(※)もの求人が公開されており、多数の求人の中から理想に近い求人を紹介してもらえます。「土日休み」「18時台には終了」「年収600万円以上」など、希望条件を伝えてみてください。

(※)2023年7月時点

九州・沖縄でおすすめ|ヤクジョブ.com

ヤクジョブ

九州・沖縄の薬剤師におすすめの転職サイトは「ヤクジョブ.com」です。全国4万件以上(※)と、業界最多レベルの求人が保有しています。

転職サイトによっては沖縄の求人を取り扱っていないこともありますが、ヤクジョブ.comでは300件以上(※)が掲載されています。九州・沖縄に拠点はありませんが、電話・メールでサポートを受けられるため、安心して利用できるでしょう。

(※)2023年7月時点

【目的別】おすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師の転職を検討している方の中には、「年収を上げたい」「理想のワークライフバランスを叶えたい」など、ゆずれない条件がある方もいるかもしれません。この章では、転職の目的別に分けて、おすすめの転職サイトを紹介します。

年収を上げたい|マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

転職して年収を上げたい方は、「マイナビ薬剤師」がおすすめです。マイナビ薬剤師では、年収600万円以上のハイキャリア求人が多数用意されています。エリアマネージャーや幹部候補として採用されれば、年収700万円以上を目指せるかもしれません。

また、全国の求人が豊富に取り扱われているのが特徴で、大都市圏以外の方でも年収アップを狙った転職を叶えられる可能性があります。

正社員以外の働き方がいい方|お仕事ラボ

正社員以外の働き方を希望する場合は、「お仕事ラボ」がおすすめです。お仕事ラボでは、正社員・パートのほか、派遣社員の登録も積極的に募集しています。

派遣社員のメリットは、勤務時間や休日が選択できたり、残業がなかったりと、理想のライフスタイルに合わせた働き方ができる点です。とくに、お仕事ラボの薬剤師派遣では薬剤師賠償責任保険に無料で加入できるので、万一のトラブルの際にも安心できます。

また、MPラーニングという薬剤師のためのEラーニングサービスが受けられるなど、派遣社員でも手厚いサポートが受けられるのもうれしいポイントといえるでしょう。

初めての転職|ファルマスタッフ

初めて転職する場合のおすすめ転職サイトは「ファルマスタッフ」です。

ファルマスタッフは北海道から九州まで全国12拠点を構えており、コンサルタントが積極的に求人元の薬局・病院に足を運んでいるので、職場の雰囲気や仕事量なども共有してもらえます。そのため、転職してから「条件が悪い職場に転職してしまった」「聞いていた話と違う」と後悔するリスクを抑えられるでしょう。

また、ファルマスタッフでは基本的に対面での面談を実施しています。直接顔を合わせることにより、転職に関する悩みや不安をしっかり伝えることができます。もちろん、対面での面談が難しい方はほかの方法で対応してもらえるため、登録時に相談してみてください。

未経験の転職|マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

未経験から薬剤師に転職したい方には、「マイナビ薬剤師」の利用がおすすめです。未経験歓迎や新卒でも応募できる求人を多数取り扱っています。

また、運営元は大手人材紹介企業の株式会社マイナビとあって、豊富な転職ノウハウにも期待できます。求職者の話に耳を傾け、不安が多い未経験者の転職を心強くサポートしてくれるでしょう。

ワークライフバランスを充実させたい|ファーマキャリア

ワークライフバランスを充実させたい方には、「ファーマキャリア」がおすすめです。

ファーマキャリアでは既に存在する求人を紹介するだけでなく、オーダーメイド型で求職者の希望に合わせた求人をつくり、紹介してくれます。理想の勤務時間や勤務日数などを伝えてみてください。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師向け転職サイトのおすすめの選び方

この記事では、薬剤師に特化したおすすめの転職サイトを15選紹介しました。薬剤師向けの転職サイトは数多く存在するため、どの転職サイトを利用すべきか迷ってしまう方もいるでしょう。

自分に合っていない転職サイトを選んでしまうと、転職後に勤務条件や職場の雰囲気でミスマッチが起きる可能性も考えられます。下記のポイントを押さえたうえで、複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

非公開求人を取り扱うサイトを選ぶ

薬剤師の転職サイトの選び方の1つ目として、非公開求人を取り扱っているかどうかという点が挙げられます。

求人が非公開となっている理由には、給与が高めに設定されていたり、好条件の求人であったりして、公開すると応募が殺到してしまう可能性が高いと判断されたようなケースもあるようです。

非公開求人は、キャリアアドバイザーとの面談を経て初めて紹介されるものであるため、非公開求人を取り扱うサイトに登録すれば、自身の可能性を広げられるかもしれません。

各転職サイトではそれぞれ多くの非公開求人を取り扱っているため、複数の転職サイトに登録して、比較や検討をすることをおすすめします。

サポート体制が充実しているサイトを選ぶ

薬剤師の転職サイトの選び方2つ目は、サポート体制が充実しているかどうかです。サポート面の判断基準の参考としては、下記のようなものが挙げられます。

サポート面の判断基準
  • 紹介先の求人の雰囲気や働き方などを調査してくれるかどうか
  • 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策だけでなく、面接にも同行してくれるかどうか
  • 給与や休みなどの転職条件を自分に代わってキャリアアドバイザーが交渉してくれるかどうか
  • 入社後にトラブルが発生した場合のサポート体制があるかどうか

どの転職サイトでも、基本的に履歴書・職務経歴書の添削や面接対策に関しては実施してくれることが多いでしょう。

これらに加えて、応募企業との交渉をどれだけおこなってくれるかも重視したいポイントです。理想の転職を実現するためには、どの企業で働くかだけでなく、どんな条件で入社するかも重要だからです。

また、入社後に、たとえば「聞いていた条件と違う」といったトラブルが発生した際に、転職サイトの担当者に相談できるかどうかも確認するとよいでしょう。

基本的には転職が完了したら転職サイトのサービスは終了となることがほとんどですが、中には、入社後のアフターフォローまでサービスに含めているサイトもあります。

転職後にトラブルが発生した場合のサポート体制が整っている転職サイトを利用することで、転職に失敗するリスクを減らせるかもしれません。

対応地域が自身に合っているかで選ぶ

薬剤師の転職サイトの選び方3つ目は、対応地域が自分に合っているかです。とくに、地方に住んでいる方は、利用する転職サイトが自身の住んでいる地域に対応しているかどうかは重要です。

対応地域が自身に合っていない転職サイトを利用した場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

対応地域が自身に合っていない転職サイトを利用したリスク
  • 住んでいる地域の求人が少ない
  • 条件のよい求人が探せない
  • 求人条件を比較できない

求人数が少ないと条件のよい求人が探せない可能性があるだけでなく、求人条件を比較しにくいので、悪い条件の求人に応募してしまうリスクが考えられます。

地方の求人を多く取り扱っている転職サイトもあるので、対応地域が自身に合っているか必ずチェックしましょう。

【年齢別】薬剤師の転職サイトの選び方

薬剤師が転職サイトを選ぶ際には、ご自身の転職の考えに沿って選ぶことも大事です。

とくに年齢に応じて、転職の難易度や考え方も違ってきやすくなりますので、年齢別での転職サイトの選び方の目安をご紹介します。

20代の転職

多くの薬剤師が初めての転職になると考えられるので、サポートが充実しているエージェント型の転職サイトがおすすめです。

よっぽど実力に自信がある方以外は、求人の質よりも、担当者との相性や求人数の多さを重視して選ぶことがおすすめです。

30代の転職

30代になると薬剤師の転職の方向性に差が出てきます。キャリアを積んできた方は、キャリアアップ転職が狙いやすい年齢です。一方で、結婚等を機にワークライフバランスの改善を図る転職をする人もいます。

自分がどのような転職をしようとしているかを明確にして、それに応じた転職サイトや担当者を選んでいきましょう。

40〜50代の転職

40〜50代の転職では、30代以上に転職の方向性に差が出てきます。専門性や経歴があり、キャリアアップ転職を目指す方は、ハイクラス向けの転職サイトも利用していきましょう。 一方で、実務だけをこなしてきた方は、転職が難しくなってくることが予想されます。

場合によっては、転職を見送ったり、派遣などの幅広い雇用形態の求人を持っている転職サイトも候補に入れておいたりするなどしましょう。

あくまでも参考ですが、上記のような考え方で転職サイトを選んでいくとうまくいきやすいです。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

選ばない方がいい薬剤師転職サイトの特徴

薬剤師向けの転職サイトはたくさんありますが、自分に合わないサイトを選んでしまうとスムーズな転職活動の妨げになってしまう可能性もあります。

この章では、薬剤師が選ばない方がいい転職サイトの特徴を3つ紹介します。

一つずつ丁寧に解説するため、ぜひ転職サイトを選ぶ際の判断材料のひとつにしてください。

目的に合わない提案をしてくる

大前提として、薬剤師に特化していない転職サイトだと薬剤師の求人取り扱いが少なく、目的に合った提案をしてもらえない可能性があります。

また薬剤師に特化した転職サイトであっても、必ずしも希望する職種や雇用形態の求人を取り扱っているとは限りません。

目的に合わせて転職サイトを利用するためにも、登録する前に求人検索機能などで希望に合った求人があるかどうか確認しておきましょう。

その他にも、転職サイトによっては薬剤師資格所有者や薬剤師の業界に精通したスタッフが在籍しているところもあるため、スムーズに転職活動を進めるためにも在籍アドバイザーを確認しておくのもおすすめです。

転職を急かしてくる

転職サイトは紹介した求職者が採用された際に、紹介手数料として企業から報酬を受け取っているため、早く紹介して内定が決まれば、それだけ売り上げが上がる仕組みになっています。

そのため、自社の利益を優先しようと転職を急かしてくる転職サイトも存在するようです。

本当に求職者に合った求人を紹介してくれるケースも多いですが、もし急かされていると感じる場合は担当者の変更を申し出たり、他の転職サイトを利用したりすることをおすすめします。

担当者との相性が合わない

担当者もひとりの人間なので、どうしても求職者との相性の良し悪しは存在します。話し合いで改善できる範囲であれば問題ありませんが、あまり信頼できないと感じる場合は早めに担当者の変更を申し出ましょう。

それでも状況が改善しない場合は、別の転職サイトを利用することをおすすめします。

転職サイトは2〜3社ほど複数に登録しておくと、より相性の良い担当者に出会いやすくなるでしょう。

薬剤師が転職サイトを利用する4つのメリット

薬剤師が転職する際に転職サイトを利用すると、応募先の職場の雰囲気を教えてもらえたり、非公開の求人を紹介してもらえたりなど、いくつかのメリットがあります。

この項目では、なぜ転職サイトを利用すると転職活動を有利に進められるのか、活用のメリットについて紹介します。

経験や希望を考慮して転職先を紹介してくれる

転職サイトに登録すると、「キャリアアドバイザー」と呼ばれる方が求職者の転職活動をサポートします。キャリアアドバイザーの役割は多岐にわたりますが、最も重要なサポートのひとつが、最適な求人を紹介してもらえることです。

キャリアアドバイザーは、求職者の薬剤師としての経験や転職先に求める条件などをヒアリングして、希望に合う転職先を紹介してくれます。転職サイトを利用すると、あなたにとって最適な転職先が見つかる可能性も高くなるでしょう。

応募先の詳細を教えてくれる

キャリアアドバイザーによっては、求人元企業の採用担当者や実際に職場で働く人と直接コミュニケーションをとり、求人票に載らないような詳細な情報まで把握しているケースがあります。

求人票だけの情報をもとに転職を決めてしてしまうと、「思っていた職場と違った」「理想の転職先ではなかった」といったミスマッチが発生する可能性も否定できません。

応募先の離職率や職場の雰囲気、上司の指導方針などのくわしい情報を教えてもらうことで、ミスマッチが起こる可能性が減り、納得したうえで転職することにつながるでしょう。

非公開求人を紹介してくれる

多くの転職サイトでは、非公開求人を所有しています。企業が非公開で求人を出すのは、以下のような理由があるからです。

非公開求人にする理由
  • 採用情報を競合他社に知られたくない
  • 条件がよいため、転職希望者が殺到することを防ぎたい
  • 新たに人を募集していることを職場の人に知られたくない など

なお、非公開求人は公開求人よりも高収入であったり、重要な役職の採用であったりするケースも少なくありません。

非公開求人に応募することで、キャリアアップや年収アップにつながるケースもあるでしょう。

転職中や転職後もサポートを受けられる

キャリアアドバイザーは、あなたの転職活動が成功するようにさまざまなサポートをおこないます。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策のほか、転職サイトによっては面接に同行し、採用担当にあなたの強みを説明するケースもあります。内定後に、自身では交渉しにくいような、入社日や年収について交渉してくれる点もメリットです。

サポートを受けることで、転職が成功する確率も上がったり、転職後の条件が良くなったりする可能性があります。

また、転職が完了しても、トラブルが発生した場合、自身だけでは解決が難しいこともあるでしょう。

転職サイトによっては転職後のアフターフォローを実施しており、入社後に発生した心配事や悩みの解消をサポートしてくれることがあります。たとえば、「聞いていた条件と違う」「転職したばかりだけど辞めたい」と感じた場合、担当のキャリアアドバイザーに一度相談してみるとよいでしょう。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師が転職サイトを利用する3つのデメリット

一方で、薬剤師が転職サイトを利用することには、いくつかのデメリットも存在します。くわしく確認しておきましょう。

キャリアアドバイザーによって対応の質が異なる

転職サイトでは、一人の求職者に対して一人のキャリアアドバイザーがつくのが基本です。

キャリアアドバイザーによって対応の質が異なることは、転職サイト利用のデメリットといえます。たとえば、転職を急かしてくるアドバイザーもいれば、連絡が取りにくいアドバイザーなどもいるでしょう。

対応が雑だったり、相性が合わなかったりするアドバイザーに当たると、転職活動がスムーズに進まなくなってしまいます。

そのような場合は、アドバイザーに直接担当変更を依頼するか、またはカスタマーサポートの窓口があれば相談してみるのがおすすめです。ほかの転職サイトを併用するのも有効な方法といえます。

もし、女性の担当アドバイザーを希望する場合や、「〇〇歳以上の担当アドバイザーを希望したい」などの要望がある場合は、サイトに登録する際に記入しておくとよいでしょう。

事前に伝えておけば、ファーストコンタクトの時点で希望に合ったアドバイザーに担当してもらえる可能性が高まります。

自分のペースで転職活動できない可能性がある

転職サイトに登録すると、キャリアアドバイザーの力を借りながら転職活動を進めていくことになります。そのため、自分のペースで転職活動ができなくなってしまう可能性があることは、デメリットのひとつといえます。

たとえば、半年後に転職を考えているのに求人紹介の電話が毎日のようにかかってきたり、求人に応募するのかを急かされたりする、などです。

転職サイトを利用すると、希望条件を満たした転職先を紹介してくれたり、非公開求人を紹介してくれたりなど、大きなメリットもあります。

しかし、その反面、好きなタイミングで求人に応募できなかったり、応募したい求人があっても断られたりなど、自分のペースを乱される可能性があることも理解しておきましょう。

登録後の面談で転職希望時期を伝えておくと、大まかなスケジュール感を把握してもらえるはずです。

求職者の状況によっては放置される可能性もある

求職者の状況によっては、放置される可能性があるのもデメリットのひとつです。これは、転職サイトの利益は、紹介した求職者が入社したタイミングで発生する仕組みになっていることが関係しています。

つまり、転職時期が間近に迫っていたり、パートではなく正社員の転職だったりすると、そちらの求職者の優先順位を上げて対応されるケースもあるのです。

求職者の状況によっては連絡がこず、思うようなサポートを受けられない可能性があることも覚えておきましょう。

薬剤師が転職サイトを上手に利用するポイント

転職サイトを使うデメリットは複数ありますが、利用するポイントを知っておくことでリスクを減らせるかもしれません。

薬剤師が転職サイトを上手に利用するポイントは、次のとおりです。

複数のサイトに登録する

転職サイトは複数のところに登録してください。これには理由が2つあります。

1つ目は、希望する条件を満たす求人が見つかる可能性を高めるためです。多くの転職サイトでは、独占求人といってその転職サイトにしかない求人が保有されています。ひとつのサイトに絞るのではなく、複数のサイトでさまざまな求人を比較検討するからこそ、あなたにぴったりの求人を見つけやすくなるのです。

2つ目は、求職者側のリスクヘッジになることです。たとえば、担当アドバイザーが転職を急かしてきてやりにくさを感じても、複数のサイトに登録しておけば、ほかの転職サイトでも仕事を探せます。

選択肢を複数もっておくことで、求職者側もペースを乱されずに転職活動を進められるでしょう。

希望する条件を明確にする

転職サイトを利用する際は、希望条件を明確に伝えるよう心がけましょう。希望条件を曖昧に伝えていると、まったく条件に合わない求人が送られてくる可能性があります。

サイト登録時点で希望条件がある程度固まっているのであれば、その希望条件を伝えておくことをおすすめします。

まだ転職の希望条件が決まっていないのなら、さまざまな求人を見ながら徐々に希望条件を固めていくのもひとつの手です。

一方で、希望条件を多く挙げすぎてしまうのはおすすめできません。求人の幅を狭めてしまうことに加えて、担当アドバイザーに「難しい求職者」と判断されてしまい、優先順位を下げられてしまう可能性もあるからです。

基本的には、ゆずれない希望条件は3〜5つに抑えるようにしましょう。担当アドバイザーとの面談前に、自身の考えを整理しておくと有効です。

転職時期は「早め」を伝える

前述したデメリットの「求職者の状況によっては放置される可能性もある」ことを避けるためには、早めの転職時期を伝えるのがおすすめです。

転職希望時期を聞かれた際には、「遅くとも3ヵ月以内」と伝えれば、「すぐに転職したい求職者」と判断して対応してもらえるでしょう。

なお、「半年以上先」「いいところがあれば検討したい」「まだ転職するか迷っている」といった場合には、正直に伝えて問題ありません。本格的に転職活動を始める際に連絡すれば、優先順位を上げて対応してもらえるはずです。

キャリアアドバイザーとの相性が悪ければ変更を依頼する

デメリットのところでもお伝えしましたが、キャリアアドバイザーのサポートは多岐にわたります。つまり、キャリアアドバイザーの力量によって転職の成功が決まるといっても過言ではありません。

とはいえ、キャリアアドバイザーも人間ですから、スキルや性格には違いがあるうえ、求職者と相性が合わないケースも考えられます。もし、スキル面での不安や相性の悪さを感じたら、担当者の変更を依頼するとよいでしょう。

中には気が引ける方もいるかもしれませんが、心配する必要はありません。

キャリアアドバイザーの変更は珍しいことではないため、担当者に直接伝えるか、またはサポートセンターに相談してみてください。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師の転職理由

薬剤師は、ほかの職種に比べると転職する方が多い傾向にあるようです。ここでは、どのような理由で薬剤師が転職を決意するのか見ておきましょう。

年収・待遇アップ

年収・待遇を改善したいがために転職を決意する薬剤師は少なくありません。薬剤師の転職の特徴として、転職後にも基本的な業務内容が変わりにくいことが挙げられます。

そのため、ほかの職種よりも収入面・待遇面を重視した転職が多い傾向にあるようです。

また、かつての薬剤師の転職市場は売り手市場で、転職時の給与交渉で年収アップが比較的簡単に見込めたようです。その流れを汲んで、現在でも転職を通じて年収アップを目指す薬剤師も一定数います。

残業が多いのに残業代が支払われなかったり、休日がとりにくかったりすると、よりよい待遇を求めて転職することは自然な流れといえるかもしれません。

人間関係

人間関係が原因で転職を決意する薬剤師も多いようです。とくに、調剤薬局やドラッグストアなどは勤務している総人数が一般的に少ないため、毎日同じメンバーで過ごすことが多く、それだけ人間関係が働きやすさに与える影響は大きいといえるでしょう。

一方で、単純な人間関係ではなく、職場の社風が人間関係を悪くしていることも考えられます。たとえば、強いマネジメントをよしとする社風なら、誰でも居心地が悪くなってしまうものです。

ただし、人間関係に不満があるからといって何度も転職を繰り返す場合、あなた自身に問題がある可能性も考えられます。

また、面接で「人間関係が理由で退職を検討している」と伝えると、「また辞めてしまうのではないか?」とマイナスに捉えられかねません。

人間関係が原因で辞める場合、直接的に退職理由として述べず、ポジティブな理由に変換して説明できるようにしましょう。

労働環境

薬剤師の労働環境は職場に大きく左右されるといっても過言ではありません。

労働環境が業務のしやすさや効率に大きな影響を与えることもあるので、改善を求めて転職する方もいるようです。

具体的な労働環境としては、調剤室の広さや在庫管理のソフトのスペック、調剤機器のレベル、監査業務補助機器の導入の有無などが挙げられるでしょう。

もちろん、自宅から通いやすいかどうか、職場周辺の環境はどうかなども、労働環境といえます。労働環境がよい職場で働いていると、仕事の効率だけでなく、モチベーションにも影響をもたらすことがあるでしょう。

スキルアップできる環境

以前は、薬剤師といえば「一生安泰な仕事」と考えられていましたが、今は状況が変わっているようです。

前述したように、地域によっては薬剤師の人数が過剰になっており、安定的に働き続けるためにはスキルを磨く努力が求められるでしょう。そのため、スキルアップできる環境を目指して転職を決意する薬剤師もいます。

「認定薬剤師を取るためのサポートがある」「管理職になりたい」「勉強会が多い」「在宅医療の経験が身につく」などが、スキルアップできる環境の具体例です。

ただし、研修制度などは、実態として運用されていないケースも考えられます。転職前にキャリアアドバイザーに確認してもらい、どのような運用状況であるか確認することをおすすめします。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師の世代別・役職別平均年収

転職活動を始めようとしているものの、自身の給与が高いか低いか、判断できない方もいるかもしれません。

この章では、世代別・役職別に分けて、薬剤師の平均年収を紹介します。現在の年収と照らし合わせてみてください。

薬剤師の世代別の平均年収

以下の表は、2022年の薬剤師の平均年収を年代別にまとめたものです。

年齢平均年収
20~24歳約381.3万円
25~29歳約464.9万円
30~34歳約564.1万円
35~39歳約608万円
40~44歳約630.4万円
45~49歳約641.2万円
50~54歳約665.6万円
55~59歳約717.4万円
60~64歳約582.3万円
65~69歳約516.5万円
70歳~約557.7万円
【参考記事】令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省 
※「きまって支給する現金給与額」×12ヵ月分と「年間賞与その他特別給与額」の合計を年収として算出

薬剤師の新卒年齢は24歳以降であるため、薬剤師1年目の平均年収は約381.3万円であることがわかります。この金額からキャリアをスタートさせて、30~34歳で平均年収は550万円を超えるようです。

その後も年齢を重ねるごとに上がり続け、55~59歳で平均年収は700万円以上となります。

一般的に、平均年収は50代前半をピークとしてその後は下がる傾向にあるのですが、薬剤師の平均年収は60歳近くまで上がり続けるようです。

薬剤師の役職別の平均月収

以下の表は、2019年4月における一般薬剤師と薬局長の平均月収について、企業規模別にまとめたものです。

企業規模一般薬剤師薬局長
50人以上100人未満約36.5万円約45.5万円
100人以上500人未満約37.4万円約47.8万円
500人以上約36.6万円約53万円
【参考記事】表8 職種別、企業規模別、年齢階層別平均支給額|民間給与の実態(2019年(平成31年)職種別民間給与実態調査の結果)|人事院 
※「きまって支給する給与(A)」を参照

2019年の人事院の調査によれば、一般薬剤師と薬局長とでは月収に大きな違いがあるようです。

企業規模ごとに、一般薬剤師の平均月収は約37万円、薬局長だと約46万~約53万円となっています。

年収アップを目指して転職するのであれば、管理職として転職するか、将来を見越して企業規模の大きな企業に転職するとよいかもしれません。

薬剤師に人気の転職先

この章では、薬剤師に人気の転職先を6つ紹介します。

  • ドラッグストア
  • 病院薬剤師
  • 調剤薬局
  • 製薬会社・その他一般企業
  • 公務員

給与や人間関係などについても比較しながら紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ドラッグストア

「薬キャリ 職場ナビ」が2017年に算出した「業種別にみる薬剤師の平均年収」によると、ドラッグストアで働く薬剤師の年収は以下の通りでした。

都市部エリア542.2万円
その他エリア556.3万円
参考:業種別にみる薬剤師の平均年収|薬キャリ 職場ナビ

ドラッグストアでは調剤や服薬指導に留まらず、サプリメントや化粧品なども取り扱います。そのため業務内容が幅広く、お客さん含め多数の人とコミュニケーションを取りながら進めるのもやりがいといえるでしょう。

一方でドラッグストアは薬局などと比べると営業時間が長く、基本的にはシフト制で働くことになります。労働時間の長さや業務の幅広さを踏まえて、このように高い平均給与になっているのでしょう。

接客やレジ打ちなどコミュニケーション能力が求められる業務も担当するため、他のスタッフだけではなくお客さんとの関係に悩むケースもあるようです。
事前に職場の雰囲気などを知るためにも、ドラッグストアに転職したい場合は、リクナビ薬剤師などドラッグストアの求人を豊富に取り扱っている求人サイトを利用することをおすすめします。

病院薬剤師

「薬キャリ 職場ナビ」の調査によれば、病院薬剤師の平均年収は以下の通りです。

都市部エリア467.2万円
その他のエリア490.8万円
参考:業種別にみる薬剤師の平均年収|薬キャリ 職場ナビ

病院勤務の場合は、他の業種に比べて年収が下がる傾向にあるようです。勤務先の病院にもよりますが、大学病院や救急病院でない場合は土日どちらかが休みの職場も多いです。ただし当直がある病院もあるため、一概に労働時間を何時間と断定することは難しいといえます。

業務内容も幅広く専門性の高い知識を求められるため、新卒を含め成長意欲の高い薬剤師に人気の職種といえます。病院勤務では医師や看護師とチームを組んで業務にあたることも多いため、コミュニケーション能力も必須といえるでしょう。

薬剤師として働くやりがいを感じやすい一方で、人によってはチームで働くのが肌に合わないと感じる方もいるかもしれません。

病院薬剤師として転職したい方は、薬キャリエージェントなど大手の転職サイトを利用するのがおすすめです。

調剤薬局

「薬キャリ 職場ナビ」の調査によれば、調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は以下の通りでした。

都市部エリア507.1万円
その他エリア522.1万円
参考:業種別にみる薬剤師の平均年収|薬キャリ 職場ナビ

薬剤師の勤務先として代表的なのが調剤薬局です。病院やドラッグストアと比べて勤務時間が規則的であり、日曜日と平日を合わせて週に2日の休みがあることが多いようです。

業務内容は調剤から服薬指導など、薬剤師の基本的な仕事を担当することになります。ただし働く薬局の立地や種類によっては業務内容が異なる可能性もあるため、応募する前に確認すると良いでしょう。

少人数で働ける一方で、人間関係にトラブルが生じると一気にストレスが溜まる環境になってしまう可能性もあります。そのようなミスマッチを防ぐためにもファルマスタッフなど、調剤薬局に強い転職サイトを利用するのがおすすめです。

製薬会社・その他一般企業

「薬キャリ 職場ナビ」の調査によれば、企業(製薬会社・医薬品卸・治験関連)で働く薬剤師の平均年収は以下の通りでした。

都市部エリア504.8万円
その他エリア532万円
参考:業種別にみる薬剤師の平均年収|薬キャリ 職場ナビ

製薬会社や一般企業など、薬剤師が活躍できる場所は幅広く存在します。薬剤師が企業で働く場合、製薬会社のMRや医薬品卸企業の管理薬剤師、化粧品メーカーなど職種によって業務内容や年収は大きく異なってくるといえるでしょう。

たとえば営業職であるMRでは、大手製薬会社や外資系の製薬会社だと年収1,000万円を超えるケースもあり、振れ幅が大きい傾向にあります。

一般企業では土日休みなど福利厚生が手厚い場合が多く、場合によっては住宅補助などを受けられる可能性もあります。希望する職種に合わせて、事前によく求人内容を確認するようにしましょう。

公務員

2022年に人事院が実施した「国家公務員給与等の実態調査」によれば、国家公務員・地方公務員として働く薬剤師の平均給与は以下の通りでした。

国家公務員429.3万円
地方公務員466.4万円
参考:人事院|令和4年国家公務員給与等実態調査の結果

薬剤師転職の成功談

ここでは、自社でおこなったアンケート調査をもとに、実際にあった薬剤師の転職サイト活用の成功談を紹介します。転職前の参考にしてください。

調査時期:2023-06-28
調査方法:アイブリッジ株式会社によるアンケート
調査対象:転職経験のある薬剤師200人

※口コミはユーザーアンケートより抜粋

人間関係もギクシャクせずに働けている

前職では人間関係がうまくいかず悩んでいたが、転職したところ、働きやすい職場で仕事ができるうえ、休みがとりやすくなったという事例です。

30代/女性

以前働いていた職場では人間関係で悩んでいました。休みもなかなか取れず、子育てや親の介護で転職することにしました。 転職にあたって担当の人には休みがとりやすい職場を探してもらい、職場の人の話も聞いたりしながら職探しをして、今の職場に転職しました。 今の職場は休みもとりやすく、人間関係もギクシャクせずに働くことが出来ています。
(自社アンケート調べ)

よい人間関係の中で楽しく仕事できている

定年を機に調剤薬局に転職した方の事例です。

60代/男性

製薬企業に長年勤務してましたが、役職定年を迎え調剤薬局の 薬剤師としてデビューしました。それまで薬剤師業務の経験もなく、当初は大変苦労しましたが、日々の自己研鑽と先輩方からのトレーニングにより段々慣れて来ました。適度なストレスと良い人間関係の中で楽しく仕事しています。
(自社アンケート調べ)

年収がアップした

転職して年収が150万円もアップした事例です。

30代/男性

年収が高いところへ転職したいということ、調剤薬局での経験が生かせる職場へ転職したいと考え転職活動を実施しました。 結果的に、年収が以前より150万円もアップしました。家の近くから通勤できるようになり、身体も楽になりました。勇気を出して転職して本当に良かったです。
(自社アンケート調べ)

定時で帰宅できるようになった

忙しい職場から転職し、定時で帰宅できるようになった事例です。

30代/女性

以前勤めた職場は、ドラッグストアと併設している調剤薬局でした。 店舗が忙しい時には、ドラッグストアのレジ打ちなどもこなしたり大変忙しかった。 現在は、医薬品卸の企業の薬剤師として働いています。 薬剤師は拠点に1人ですが、支店長も営業も内勤も皆良い方ばかりで、話し合いをし易いですし、定時内でだいたい帰宅できるので、転職して良かったと思っております。
(自社アンケート調べ)

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師転職の失敗談

一方、薬剤師として転職したものの、失敗してしまうケースもあります。何度も転職を繰り返すと、今後の転職が困難になることもあるので、注意が必要です。

※口コミはユーザーアンケートより抜粋

プライベートの時間がもてない

転職先では勉強会が多く、プライベートの時間がもてないといった体験談です。

30代/女性

医療は常に進化していくため勉強をしていかないといけないのは勿論だが、週に数回ある、その勉強会の拘束時間が長く時間外にも突入するため、なかなか自分のプライベートの時間が持てない、また、個別での自分自身の勉強の時間も取りづらいため疲れてしまっている。
(自社アンケート調べ)

多店舗へのヘルプがある

異動はないと言われていたのに、多店舗へのヘルプがあり、それがストレスになっている事例です。

40代/女性

店舗の異動がないとのことだったが、実際には、時々はヘルプとして他店舗へ行かなくてはならないことがあり、それがストレスになる。通勤時間も変わるし、何より慣れない店舗での勤務は嫌だと思う。
(自社アンケート調べ)

チームワークが機能していない

条件がよいところに転職できたと思ったものの、雰囲気が悪い職場だった事例です。

40代/女性

転職で自宅からのアクセスもよく、福利厚生もよい条件だったのですが実際働いてみると雰囲気が悪く有休をとると陰で言われることもあり休暇が取りにくい状態でした。個人個人という感じでチームワークがほとんど機能しておらず、精神的によくないと思い1年もたたずに転職することになりました。
(自社アンケート調べ)

薬剤師が転職に失敗しないための5つのコツ

ここでは、薬剤師が転職に失敗しないためのコツを5つ紹介します。これらのコツを実践すれば、転職活動をスムーズに進められたり、転職後のミスマッチを防げたりするようになるでしょう。

教育体制が整っているか確認する

転職サイトに求人を紹介してもらったときは、必ず企業の教育体制も確認するようにしましょう。教育体制が整っていない職場だと入社直後から実践になり、挫折してしまう可能性が考えられるからです。

とくに、薬剤師としてまだ働いたことがない未経験の方や、ドラッグストアから病院への転職などで施設形態を変えたい方は、必ずチェックするようにしましょう。

研修制度に関しては企業のホームページに載っていることもありますが、その情報が最新でなければ研修制度の内容が変わっている可能性もあります。OJT制度やメンター制度があるのか、また、その研修期間はどのくらいあるのかなどを詳細に聞いておきましょう。

職場見学のときに雰囲気をしっかり確かめる

転職を決める前に、職場見学をして雰囲気を確認するのもおすすめです。職場のリアルな雰囲気を直接感じ取ることができ、転職前にミスマッチがありそうかどうかを判断できるからです。

職場見学の際には、下記のポイントを重点的に見るようにしましょう。

職場見学時のチェックポイント
  • 社員はあいさつをしてくれるか
  • 社員の年齢層や人数
  • どれくらいの忙しさなのか
  • 職場の清潔感
  • 機材や設備は使い慣れたものか

とくに重要なのが、社員があいさつをしてくれる環境なのかという点です。

あいさつがない職場では、人間関係がうまくいっていないことが多く、転職してから悩んでしまうことも少なくありません。

実際、エン・ジャパンが実施したアンケートによれば、退職を考え始めたきっかけの第一位は「職場の人間関係が悪い」となっています。人間関係に左右されて退職したくない方は、職場見学で雰囲気を確かめることをおすすめします。

【参考記事】『エン転職』1万人アンケート(2022年10月)「本当の退職理由」実態調査|エン・ジャパン

勤務条件・労働環境を入念にチェックしておく

入職後にギャップを感じやすいのが、勤務条件や労働環境の部分です。求人を紹介された際に、入念にチェックしておきましょう。具体的には、下記のポイントを確認しておくのがおすすめです。

求人のチェックポイント
  • 配属先の残業時間
  • 1日あたりの処方箋量
  • 有給消化率
  • 離職率や定着率
  • みなし残業はあるのか
  • 提示されている年収は手当込みの金額なのか

自分で企業のホームページや求人サイトの募集要項などから情報を得ようとしても、実際の数字はわからないケースがほとんどです。

そんなときは、転職サイトの担当アドバイザーに尋ねてみましょう。

サイトの情報網を活用して、応募先の残業時間や勤務環境について調べてくれるかもしれません。

今の職場の退職理由を明確にしておく

転職活動を始める前に、今の職場の退職理由を明確にしておくようにしましょう。その理由は2つあります。

まず、1つ目の理由は、現職の退職理由が転職の目的になるケースが多いからです。

たとえば、現職を「年収が低い」という理由で辞めたいのであれば、年収アップが転職の目的となるはずです。退職理由や退職しようと考えたきっかけを振り返ることによって、転職活動でゆずれない希望条件が把握できます。

この希望条件を考える際のポイントは、各条件に優先順位と許容度をつけるということです。勤務時間、給料、休日、勤務地をはじめとしてさまざまな条件が挙げられますが、まずは各条件を重視する順番を決めて、次に各条件を許容できる下限はどこまでかを考え、紙に書いて整理しておくと効果的です。

2つ目の理由として、採用面接のときに退職理由は必ずといってよいほど聞かれることが挙げられます。退職理由の内容によっては、採用面接で前向きに作用したり、反対にマイナスなイメージを与えてしまったりすることもあり得ます。

現職の退職理由は、転職活動において重要な要素のひとつです。退職理由は事前に整理しておき、聞かれたらすぐに答えられるようにしておきましょう。

一人で転職活動をせず、転職サイトを頼る

転職活動は一人でおこなうのではなく、転職サイトを頼るようにしましょう。なぜなら、転職サイトを通すことで、会社の内部情報を把握できたり、給与や残業などの聞きにくい部分を聞けたりするからです。

一人で転職活動をするのであれば、もちろん勤務条件を確認するのも自分自身です。直接企業に電話やメールで問い合わせなければなりません。

退職しているならまだしも、まだ在職中である場合、転職活動に時間が割けず、企業に連絡すること自体を負担に感じる方もいるでしょう。

転職サイトを活用すれば、あなたに代わって最適な求人を探してもらえたり、企業のくわしい情報を調べてもらえたりするのでおすすめです。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

薬剤師の転職サイトに関してよくある質問

最後に、薬剤師の転職サイトに関してよくある質問をまとめました。参考にしてください。

Q.薬剤師が転職サイトを利用するメリットは何ですか?

薬剤師が転職サイトを利用することには、さまざまなメリットがあります。

たとえば、広範な求人情報にアクセスできるため、自身の希望に合った職場が見つけられる可能性が高くなります。また、薬剤師に特化したキャリアアドバイザーからサポートを受けられるので、職場選びや履歴書・面接対策などで迷いが生じたときにも、すぐに相談が可能です。

Q.薬剤師に特化した転職サイトと総合型の転職サイト、どちらがよいのですか?

選び方は薬剤師が転職する目的によって異なります。

通常は、薬剤師に特化したサイトを選ぶとよいでしょう。薬剤師の求人情報が豊富で、専門知識をもつアドバイザーのサポートが受けられるからです。

一方、総合型サイトは業種や職種の選択肢が広いため、薬剤師以外へのキャリアチェンジや、薬局・病院ではなく、企業での勤務を考えている場合に有利です。

Q.薬剤師の転職市場はどのような状況ですか?

厚生労働省が発表した推計によると、2020年以降、薬剤師の人数が需要よりも上回ると予想されています。そのため、薬剤師の転職市場は買い手市場へと変化し、求人によっては倍率が高くなるかもしれません。

ただし、薬剤師の過不足は地域によっても異なるため、「転職しやすい」「転職しにくい」とは一概に言い切れないのが現状です。

【参考記事】薬剤師の需給推計(案)|厚生労働省
3 薬剤師|令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況|厚生労働省

Q.年収を上げるためのポイントは何ですか?

年収を上げるためには、専門知識を高め、そのスキルを職場で発揮することが重要です。また、条件交渉の際に自身のスキルや経験を適切にアピールすることもポイントです。

Q.薬剤師が転職を考える際、どのような職場を選べばいいですか?

自身のキャリアビジョンや働き方に合った職場を選ぶことが大切です。また、薬剤師としての専門性を発揮でき、スキルアップが期待できる職場もおすすめです。

Q.転職サイトの利用は無料ですか?また、有料サービスは何があるのですか?

多くの転職サイトは無料で利用できます。例外的に、有料で専門的なセミナーを開催していたり、特別なサービスが提供されていたりする可能性はあります。

Q.薬剤師のキャリアパスはどのようなものがありますか?

薬剤師のキャリアパスは多様で、病院薬剤師、調剤薬局薬剤師、製薬会社の研究職など、幅広い選択肢があります。また、管理職や独立開業といったキャリアアップも可能です。

Q.薬剤師の転職における失敗例とその回避方法は何ですか?

失敗例としては、自身の希望や条件を明確にしていなかったり、情報収集・比較検討が不十分であったりしたために、理想とかけ離れた職場に入職してしまい、転職後に後悔するケースが挙げられます。このような事態を回避するためには、自己分析と事前の情報収集、そして専門的なアドバイスを受けることが大切です。

転職サイトのキャリアアドバイザーに積極的にサポートしてもらいましょう。

Q.薬剤師転職サイトの情報の信憑性はどのように確認すればいいですか?

サイトの運営元の実績や評判、掲載されている求人の詳細度、提供されるサポート内容などを確認するのがおすすめです。

また、実際に利用した薬剤師の口コミや評価も参考にするとよいでしょう。

Q.薬剤師が転職サイトを利用する際の注意点は何ですか?

薬剤師が転職サイトを利用する際の注意点は、情報を精査することと自身の条件や希望を明確にすることです。また、転職を急ぎすぎず、自身に合った職場を十分に検討することも大切です。

Q.退職交渉は自分でおこなうべきですか?それとも転職サイトのキャリアアドバイザーに任せるべきですか?

退職交渉は基本的には自分でおこなうものですが、転職サイトのキャリアアドバイザーから円満退職のためのポイントやアドバイスを教えてもらえることもあります。

また、難しい場合は代わりに交渉してくれる「退職代行サービス」を利用するとよいでしょう。

Q.非公開求人とは何ですか?どのようにして応募できますか?

非公開求人とは、一般には公開されていない求人のことを指します。非公開求人には転職サイトを通じてのみ応募が可能で、キャリアアドバイザーから紹介を受けないと情報を得ることはできません。

Q.キャリアアドバイザーとの面談で聞かれること、聞くべきことは何ですか?

キャリアアドバイザーとの面談では、自身のキャリアビジョンや希望条件、現職の不満などを聞かれることが多いです。

反対に、聞くべきことは、転職市場の動向、求人情報の詳細、履歴書・面接対策などです。

Q.薬剤師の転職における年齢制限はありますか?

薬剤師の転職における年齢制限はとくになく、実務経験や専門知識が評価されます。

ただし、職場によっては年齢制限が設けられている場合もあるので、求人情報をチェックする際には注意が必要です。

Q.薬剤師が転職を繰り返すと評価が下がるのですか?

薬剤師が短期間で転職を繰り返すと、「何か問題があるのではないか」と疑われる可能性があります。しかし、その都度スキルアップやキャリアアップをしている場合は、それが評価されることもあるでしょう。

Q.40〜50代の薬剤師でも転職サイトを利用できますか

転職サイトの利用に年齢制限はありません。ただし、一般的に年齢が上がれば転職も難しくなり、転職サイトを利用しても求人紹介があまりないことも予想されます。

40〜50代で転職活動を成功させるためには、1つの転職サイトに頼るのではなく、複数の転職サイトを使っておくことがおすすめです。

また、自分で応募できるタイプの転職サイトや、派遣等の他の雇用形態での転職など、幅広い方法を取っておくと良いでしょう。

まとめ

この記事では、薬剤師におすすめの転職サイトを紹介しました。いずれのサイトもそれぞれに特徴があるので、「利用してみたい」と感じたら、ぜひ登録してみてください。記事内でも説明したとおり、2~3社程度のサイトに登録すると、転職サイト利用のメリットを十分に享受できるでしょう。

転職サイトではさまざまなサポートを受けられますが、ただ任せているだけでは転職を成功させることができないかもしれません。

「薬剤師が転職サイトを上手に利用するポイント」で解説したとおり、利用の注意点を把握したうえで、上手に活用するようにしてください。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。