40代の平均年収はいくら?現職のまま年収アップするための方法や転職すべきケースも紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
40代の平均年収はいくら?現職のまま年収アップするための方法や転職すべきケースも紹介
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

40代の平均年収は中小企業だといくら?

収入もあがらないし、現職のまま続けるべきか転職すべきか迷う

40代は収入も順調に増えていく年代ですが、同時に上記のような収入に関する悩みも増えていきます。

近年は物価高が続いており、家計の出費が増えることで収入をアップさせたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、平均年収を「男女別」「企業別」「学歴別」「職業別」「地域別」にわけて解説します。

ほかにも収入をアップさせる方法や、40代で収入アップに向けて転職を成功させるポイントなども解説しますのでぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

関連記事:40代向け転職エージェントおすすめランキング!全11社の人気サイトを徹底比較

目次

40代の平均年収はいくら?

はじめに、40代の平均年収がどのくらいなのかを見ていきましょう。

令和3年国税庁の年民間給与実態統計調査」では、40代の平均年収は4044歳だと男性584万円女性324万円、4549歳だと男性630万円女性328万円でした。

年収のピークは50で、次に40代が高く、男性は30代前半より100万円以上アップしています。

理由として40代以降は役職がつき、キャリアアップしていることなどが考えられます。

参考記事:国税庁|令和3年民間給与実態統計調査(第 14 図)年齢階層別の平均給与

【条件別】40代の平均年収の比較

上記の表で40代の平均年収を把握できましたが、平均年収はおおまかで正確な数字であらわすことはできません。

ここからは「男女別」「企業別」「学歴別」「地域別」にわけて40代の平均年収を紹介します。自分に該当する条件別の平均年収を確認してみましょう。

男女別

令和3年国税庁の年民間給与実態統計調査」では、男性の年収のピークは50代で、次に40代が高く30代前半より100万円以上アップしています。

一方、女性は20代後半から50代までは横ばいでほぼ増えていません。

40歳〜44歳45歳〜49歳
男性 584万円 630万円
女性 324万円 328万円
参考記事:厚生労働省|令和3年分民間給与実態統計調査-調査結果報告-_(第 14 図)年齢階層別の平均給与

同じ40代でも男女によって年収に差がある理由は以下のとおりです。

  • 男性は役職が多い(社員としてキャリアアップできている)
  • 女性は非正規社員が多い(結婚、出産、育児で長時間働けず時短になる)

最近では男女の賃金格差を見直す企業や動きがあり、女性も役職がつくようになっていますが、全体の数字では差が出てしまうのが現状です。

企業別

企業における規模別の賃金の男女計では、40代男女の平均は以下のとおりです。

大企業との差異は、中小企業では85.3%86.5%となり、小企業では78.3%80.2%80%を切る数字になっています。

この数字から、企業の規模が大きい程年収は高くなる傾向にあることがわかります。大企業は知名度があり、市場需要が高いので利益も多く、給与に反映しやすいからです。

一方、中小企業や小企業は大企業の下請けなどの場合が多いのが実情です。コスト上昇分の価格転嫁が十分に進まないことなどが、給与を上げられない要因となっています。

40歳〜44歳企業間の差異45歳〜49歳企業間の差異
大企業375.7万円397.8万円
中小企業325.5万円86.7%339.5万円85.3%
小企業301.2万円80.2%301.2万円78.3%

※厚生労働省では、常用労働者 1,000人以上を「大企業」、100999人を「中企業」、1099人を「小企業」に区分しています。

参考記事:
第4表 企業規模、性、年齢階級別賃金、対前年増減率及び企業規模間賃金格差
厚生労働省|平成27年賃金構造基本統計調査 結果の概況:主な用語の定義

学歴別

学歴別の賃金の男女計では、40代男女の平均は以下のとおりです。

高校卒業と大学院卒業の差は40歳 〜 44歳では210万円、45歳 〜 49歳では234.9万円となっています。

このことから高校卒業に比べて、大学院卒業では1.7倍賃金が高いとわかります。

40歳〜44歳45歳〜49歳
高校 287.5万円303.6万円
専門学校 303.7万円326.4万円
高専・短大 303.7万円312.1万円
大学 390.7万円429.4万円
大学院 497.5万円538.5万円
参考記事:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査_第3表 学歴、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率

職業別

職業別では16種類の業種にわけて統計しています。

16種類の賃金の男女計1位は「電気・ガス・熱供給・水道業」で40歳〜44歳は440.8万円、45歳〜49歳は465.9万円で、2位は「情報通信業」でした。

最下位は「宿泊業、飲食サービス業」で40歳〜44歳は292.8万円、45歳〜49歳は288.9万円となり、その差は40歳〜44歳では148万円、45歳〜49歳は177万円の開きがあります。

生活に必要不可欠な電気・ガス・水道などのライフラインや、携帯会社などの生活に必要不可欠な職業の年収が高くなっていることがわかります。

職業40歳〜44歳45歳〜49歳
鉱業、採石業、砂利採取業 369.1万円363.8万円
建設業 348.5万円372.8万円
製造業 322.8万円340.8万円
電気・ガス・熱供給・水道業 440.8万円465.9万円
情報通信業 426.4 万円450.4万円
運輸業、郵便業 299.0万円311.3万円
卸売業、小売業 336.1万円356.6万円
 金融業、保険業 420.0万円445.8万円
不動産業、物品賃貸業 376.0万円395.0万円
学術研究、専門・技術サービス業 421.3万円440.8万円
宿泊業、飲食サービス業 292.8万円288.9万円
生活関連サービス業,娯楽業 311.2万円314.7万円
教育、学習支援業 311.2万円416.8万円
医療、福祉 307.4万円317.0万円
複合サービス事業 310.6万円343.2万円
サービス業(他に分類されないもの) 286.3万円297.4万円
参考記事:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査_第5表 産業、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率

地域別

地域別の賃金の男女計では、年代別の数値は出ていませんが、圧倒的に東京都が1位で375.5万円です。

全国平均の311.8万円を超えているのは、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県となっています。

また、最下位は青森県で247.6万円、次いで宮崎県、沖縄県となっており、大都市ほど賃金が高いとわかるでしょう。

参考記事:厚生労働省|令和4年賃金構造基本統計調査_第7図 都道府県別賃金(男女計)

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

現職のまま年収アップする方法はある?

平均年収に対して、自分の年収が少ないと不安になった方もいることでしょう。

「年収をアップしたい」と思っても転職をするのはハードルが高いと躊躇してしまう方は少なくありません。

しかし現在の職場で年収をアップできれば、転職のリスクをなくすことができます。ここでは現職のままで年収がアップする方法を解説します。

昇進や昇格をねらう

現職で昇進や昇格の制度があれば年収アップを期待できるため、転職をしなくても目標を達成できる可能性があります。

具体的には、プロジェクトのリーダーになって率先してチームをまとめたり、若手を指導して優秀な人材を増やしたりして成果を出すなどがあります。

その他にも経験を生かしたアイデアを出し、会社のメリットとなるような行動をすれば、昇進や昇格が期待できるでしょう。

昇進や昇給は企業によってルールが異なるため、まずは会社の規則やルールを把握してから行動しましょう。

資格をとってスキルアップする

現職で役立つ資格をとってスキルアップすることで、収入アップが期待できます。

資格がなくても業務をおこなうことは可能ですが、資格取得によって知識を深められるので、仕事の質も上げられるでしょう。

また、資格を取得することで資格手当がついたり、昇進したりする可能性もあります。

40代だから今から資格をとるための勉強は無理」と諦めず、資格を取得して年収アップを目指すのもおすすめです。

副業を始める

現職のまま年収をアップする方法のひとつに、副業を始めるという選択肢があります。

厚生労働省が20181月に改定したモデル就業規則で「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる」とされています。

国が副業を認めたことで、副業を認める企業も増えており、副業へのハードルは下がりました

仕事が終わった後や休日に副業をすることで、収入アップや新しい分野の経験値もあがり、キャリアアップにもつながります。

また、インターネットやパソコンの普及により、外に出なくても自宅でできる副業も多くあります。自宅でできる副業なら、スキマ時間の有効活用ができるでしょう。

参照元:厚生労働省|業・兼業の促進に関するガイドライン

40代から年収アップのために転職した方が良いケースは?

40代からの年収アップのためには転職をした方が良いケースもあります。

長く働いてきた会社を辞めて転職するのは勇気がいりますが、以下に当てはまる場合は、転職も視野に入れて考えるのがおすすめです。

ここからは、転職をした方が良いケースについて解説します。

自社の成長が見込めない場合

転職した方が良いケースは、自社の成長が見込めない場合です。

条件別年収で紹介した「宿泊業、飲食サービス業」で働いている場合は、努力をしても「電気・ガス・熱供給・水道業」のような年収には届きません。

ほかにも強みとなるような商品やサービスがなく、業績が伸びない傾向にある会社は成長が見込めないでしょう。

さらに、人が減っていくばかりで人員募集をあまりかけていない場合も転職を検討すべきです。

年収をアップするためには、給与水準の高い業種への転職がおすすめです。

業種が違っても、今までの経験やスキルが通用するケースも多くあります。たとえば、リーダーとして人材教育が得意だったり、役職としてのスキルがあったりすると異業種でも転職しやすいでしょう。

今以上の昇給が見込めない場合

どんなに努力をしても、企業の規模が小さく、昇給や役職につくのが難しい場合もあります。現職で今以上の昇給が見込めない場合は、転職を考えてみてもいいでしょう。

たった数人の従業員でも時代の流れで急成長する企業もあれば、従業員が多くても業績が低迷している企業もあります。

業績が低迷している企業では、スキルがあっても年収アップが難しいので、業績の良い企業や、スキルや経験が生かせる企業へ転職をして年収をアップさせましょう。

今の仕事が好きではない・やる気が出ない場合

「今の仕事が好きではない・やる気が出ない」と感じているなら転職がおすすめです。

その原因は「やりがいが感じられない」「ハラスメントが横行している」「職場に馴染めない」などがありますが、このような状況だと年収アップ以前にモチベーションもあがらず、効率の良い仕事はできません。

上記のような理由で、仕事が嫌だと感じたり、やりがいを見つけられない場合も転職を検討しましょう。

年収アップに向けた転職成功のカギ

40代で覚悟を決めて転職しても、年収がアップしなければ転職した意味がなくなってしまいます。

ここからは年収アップに向けて気をつけておきたいポイントを解説します。以下の項目をしっかり実践して転職を成功させましょう。

自分の価値を把握する

40代で年収アップの転職を目指す時は、自分の価値を把握することが転職成功のカギとなります。

いくら経験やスキルがあっても、企業は募集した給与に見合う人材でなければ採用に至ることはありません。求人に応募しても、自分の価値が企業の必要とするスキルではなかった場合は、採用も年収アップも難しいでしょう。

企業が求める「市場価値」をより効率よく知るためには、転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントに登録すると、転職市場に詳しいキャリアアドバイザーがプロの目線でアドバイスしてくれます。

また、スカウト型の転職サイトに登録して、企業からのスカウトで市場価値を確認してみる方法もあります。市場価値を把握することが、40代で年収アップの転職を成功させる近道といえるでしょう。

関連記事:自分の市場価値を知る方法は?すぐにできる調べ方やおすすめの診断サービスを解説

履歴書作成や自己アピールの深掘りを徹底的におこなう

年収アップの転職を目指すためには、履歴書や職務経歴書の内容で自己アピールを徹底的におこないましょう。

企業が採用選考時にまず目にするのが、履歴書や職務経歴書です。なかでも職務経歴書は、今までの経験やスキルをしっかりアピールができているかで大きな差が出る重要な書類です。

企業側は「履歴書」で今までの職歴やスキルの確認をします。次に「職務経歴書」で実際どのような業務をしてきたのか、すぐに会社に貢献できる人材かを見極めます。

スキルや経験が企業の求める応募要領に足りないと思った場合は、同じような仕事に共通点を見つけ、プラスになるような書き方をすることが大切です。

総務部の課長の求人があった場合を例にすると、「人事採用選考と保険手続き7年・勤怠や給与計算10年・経理として会計管理を5年」など、総務もお金の流れの把握もできるとアピールすることで、すぐに役立つ人材として認識されやすくなります。

自己アピールを意識した職務経歴書にすることで、収入アップできる転職につながりやすくなるでしょう。

関連記事:40代女性が転職を成功させるには?実情や未経験におすすめの仕事を紹介

40代の転職で年収アップするためには転職エージェントがおすすめ

40代で転職をする際、年収アップをかなえるには転職エージェントのサポートを受けることが有効です。

キャリアアドバイザーから希望条件に叶う転職先を紹介してもらえたり、スカウトが受け取れたりとメリットがたくさんあります。

おすすめの転職エージェントを3社紹介します。無料で登録できますので、ぜひ利用してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年5月15日時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 58,835件(※1)
非公開求人数 14,190件(※1)
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

40代で収入アップが見込める仕事の見つけ方

ここでは、40代で収入アップが見込める仕事の見つけ方を解説します。

収入アップが見込める企業を見つけるには、業績の良い企業を見極めることが大切です。業績の良い企業は、「資金や営業力があるか」「将来性や生産性があるか」などを基準に見極めましょう。

間違えやすいポイントは「知名度が高い」「大企業」などのイメージだけで判断することです。イメージだけで判断すると、入社してから「実際のイメージと違った」ということになりかねません。企業のホームページから情報を念入りに調べ、業績も確認してから応募すると後悔しなくて済みます。

ここからは、40代・50代の中途入社者から「人材の育成環境が優れている」と評価された企業30社のランキングを見ていきましょう。

ランキングでは「Sler、ソフト開発、システム運用」業界が多くを占める結果となりました。他にはインターネットサービスや通信といった業界の企業が入っています。

1位の「ナイル株式会社」は企業向けにデジタルマーケティングの支援をおこなう企業で、カーリース「定額カルモくん」で有名な会社です。

1位 ナイル株式会社
2位 中外製薬株式会社
3位 日本アイ・ビー・エム デジタルサービス株式会社
4位 野村証券株式会社
5位 株式会社クニエ
6位 Tagetik Japan株式会社
7位 株式会社三井住友銀行
8位 エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
9位 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
10位 株式会社セールスフォース・ジャパン
参照元:OpenWork「働きがい研究所」

40代からの転職は難しいといわれていますが、自己アピールの深掘りを徹底的におこい、企業から採用したいと思わせる履歴書や職務経歴書を作成しましょう。

関連記事:40代でも採用されやすい仕事とは?正社員として働く方法も解説

さいごに|平均年収より少ない場合は転職で収入をアップさせましょう

40代の平均年収を比べてきましたが、自分の年収は平均年収より少なかったという人もいるでしょう。

しかし、平均年収より少ない場合でも悲観することはありません。40代で年収アップするための転職は可能です。できれば自分にあったスキルや経験を生かせる転職が望ましいですが、40代未経験でも稼げる転職はあります。

40代はさまざまな経験があり、多くの人間関係を構築してきています。

今まで培ってきた経験を生かし、得意な分野をアピールして望めば、未経験の分野でも実力を発揮して40代の転職で年収アップも夢ではないでしょう。

1分で無料登録!
年収アップしたい方向け
おすすめ転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
ビズリーチビズリーチ
5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
  • 求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
  • HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。