40代女性が転職を成功させるには?実情や未経験におすすめの仕事を紹介

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
40代女性が転職を成功させるには?実情や未経験におすすめの仕事を紹介
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

40代で転職をする方は少なくありませんが、スキルや実績に自信がないと不安が大きくなるものです。

本記事では、40代女性の転職が難しい理由や挑戦しやすい未経験の仕事について紹介します。

ほかにも、転職に成功するコツや、転職が有利になる資格、おすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。転職に向けて前向きに行動するために参考にしてください。

関連記事:【状況別】女性におすすめの転職サイト22選|適切な選び方も徹底解説

目次

40代女性の転職が難しい理由

転職に成功するためには、なぜ40代女性の転職が不利なのかを理解する必要があります。

ここからは、40代女性の転職が難しい理由を3つ紹介していきます。

求人数が極端に減る

40代女性が転職に難しくなる理由として、求人数が極端に減ることが挙げられます。

求人は長期的なキャリア育成を目的とするものが多く、ほとんどの場合は2030代を対象にしています。40代を対象にした求人もありますが、正社員の求人は減少する傾向があるので、正社員での転職を希望する40代女性は転職が厳しいと感じやすいでしょう。

また、40代の転職希望者は増加しており、ライバルが多いといった点も転職が難しくなる理由です。応募できる求人の幅は狭まるなか、ライバルが多い状況では、転職活動が長引いてしまうのも無理はありません。

未経験への転職が困難

20代であればポテンシャルを重視して採用する企業が多いため、未経験でも採用される可能性が十分にあります。

しかし、30代後半や40代となると、スキルや実績がない限り未経験業種への採用は困難といえます。

企業は40代転職者に即戦力を求めています。未経験だと一から教育する必要があるため、手間やコストがかかることを理由に採用を見送られやすいのです。

そのため、40代女性が未経験に挑戦するのなら、転職先に活かせるスキルや実績を身につけておく必要があります。現職で実績を作ったり転職先に活かせる資格を取得したりすることで、転職が有利になることもあるでしょう。

家庭の事情で不利になることがある

40代女性が子育てや介護をする必要がある場合、転職に不利になる可能性があります。

子育てや介護をしていると、どうしてもいきなり休んだり早退したりが増えてしまうものです。仕事と家庭の両立を不安視されてしまうと、採用に結び付きません。

特に正社員で転職を目指している場合は家庭との両立が必要になるので、採用率を上げるためには配偶者や両親に相談することをおすすめします。

40代女性が挑戦しやすい未経験の職種・業種

40代女性は未経験での転職が不利でも、不可能というわけではありません。

未経験でも転職しやすい仕事に挑戦することで、転職に成功する確率がアップします。

ここからは、40代女性が挑戦しやすい未経験の職種・業種を紹介していくので、転職先選びの参考にしてください。

40代女性が挑戦しやすい未経験の職種・業種

事務職

事務職はデスクワークが中心なので体力的負担が少なく、40代女性が転職しても長く働き続けることができます。女性に人気が高く競争率が激しいですが、事務職はどこの企業でも必要なので求人数が多いことが特徴です。

業務内容はパソコンを使ったデータ入力や書類整理、来客応対や電話対応などをおこないます。基本的なパソコンスキルは必要なので、前職でパソコンを使ってきた方は自己PRや面接でのアピールポイントになります。

事務職といっても、一般事務・経理事務・営業事務・医療事務・総務事務などさまざまあります。

なかでも経理事務や医療事務は専門的な知識が必要になるため、事前に資格取得をしておくことで未経験でも即戦力を期待されるでしょう。

サービス業

サービス業も求人数が多く、未経験でも挑戦できるため、40代女性におすすめの業種です。

接客を必要とするサービス業は、人と会話することが好きな方やコミュニケーションに自信がある方に向いています。

サービスを提供することでお客様が喜ぶ姿を間近で見られることや、直接お礼を言われることもあり、やりがいを感じられる仕事といえます。

サービス業は雇用形態が豊富なので、正社員以外にもパートやアルバイトとして募集している職場も多くあります。幅広い働き方を選べるので、家庭の事情があっても仕事と両立しやすいメリットがあります。

また、40代女性は細やかな気遣いや社会人としてのスキルが高いため、接客を任せても問題ないと考える企業が少なくありません。これまでの経験から得た対応力を活かすことができるので、転職後に活躍しやすい仕事のひとつです。

しかし、サービス業は基本的に立ち仕事なので、体力的にきついと感じる可能性があります。専門スキルや資格を習得することもないため、スキルアップを目指している方には向いていません。

介護職

仕事で人の役に立ちたい方や、社会貢献をしたいのなら介護職への転職を検討しましょう。

介護職は常に人手不足であり、最も人材を求めている職種のひとつです。そのため、40代でも年齢が不利になる可能性が低く、無資格でも転職しやすいメリットがあります。

介護職は、経験を積み資格取得を目指すと、介護福祉士やケアマネージャーへのキャリアアップが可能です。給与が低いといったデメリットが挙げられますが、国が介護職員の給与向上に力を入れているため、今後給与水準が高くなることが期待できます。

また施設や病院ではスキルや資格よりも、人と接することが好きな方や高齢者とのコミュニケーションが得意な方を求めていることがほとんどです。入居者さんに対して細やかな気遣いができる方であれば、採用される確率も上がるでしょう。

しかし、介護職は利用者の生活介助などで体力的にきついと感じる業務があるのも事実です。転職するなら業務内容を理解し、納得したうえで応募しましょう。

営業職

営業職も未経験から挑戦できる職種で、求人の総数が多い特徴があります。

若い女性は営業職を目指すよりも事務職を希望するケースが多いため、40代未経験でもコミュニケーションスキルがあれば採用される可能性が十分にあります。

営業職の魅力は、自分の努力次第で企業に貢献できれば収入アップにつながるところです。

歩合制を採用している企業が多いため、実績を上げれば評価につながります。自社の商品やサービスを売り込むことが仕事なので、人との会話を楽しめる方やメンタルが強い方に向いています。

さまざまな業種のある営業職のなかでも、40代女性におすすめしたいのは保険営業です。保険営業は信頼されることが重要なので、豊富な知識や経験から培った会話力を持つ40代女性にマッチした営業職といえます。

コールセンター

コールセンターの仕事も未経験から始めることのできる仕事です。

企業によって採用の基準は異なりますが、ほとんどの企業で研修やマニュアルが充実しています。そのため、未経験でも採用後にマナーや知識を身に付けることが可能です。

電話によるコミュニケーションがおもな業務内容になるので、体力に不安がある方でも挑戦しやすいです。コールセンターは比較的時給が高く、シフト制なので時間の融通が効きやすいメリットがあります。

残業はほとんどないため、夕方までの勤務を希望するとプライベートの時間を確保できます。

ただしコールセンターで正社員求人は少なく、派遣社員や契約社員としての求人が多い傾向があります。また、電話先のお客様からクレームを受けることも珍しくないため、強いメンタルや忍耐力が試される職場ともいえます。

40代女性が転職に成功するコツ

40代女性が転職に成功するのは容易なことではありません。転職に成功するための5つのコツを紹介するので、転職を検討している方は実行して成功に近づきましょう。

自分の経験や実績に自信を持つ

転職に成功するには、採用担当者に「一緒に働きたい」と思ってもらう必要があります。

40代の自分は転職に不利だと考えていると、採用担当者に応募した意欲が伝わらずマイナスな印象を与えかねません。自分の経験や実績に自信を持ち、積極的にアピールして魅力を伝えましょう。

経験や実績に自信がないのなら、キャリアの棚卸しをおこないます。長年仕事を続けてきた40代だからこそ、さまざまな気づきや発見があるはずです。

自分のこれまでのキャリアを振り返り、やりがいを感じた仕事や苦手な業務を深掘りしていきましょう。そうすることで自分の強みが明確になり、アピールポイントを見つけることが可能です。

自分に何ができるのかを理解できると、自己PRや面接時に自分の強みをためらうことなくアピールできます。自分の強みをしっかり伝える姿は、採用担当者にポジティブな印象を与えます。

転職目的を明確にする

現職を辞めたいあまり、転職自体が目的になっていないでしょうか。転職目的がなく転職をすると、転職しても再び不満を抱えてしまう可能性が高くなります。

40代の転職で失敗すると、次の転職活動は今よりも厳しいものになります。転職目的を明確にすると転職先選びに迷いがなくなるため、転職に失敗するリスクを軽減できます。

転職によって叶えたい目的ができることで、転職先選びに迷いがなくなります。また、応募先で働きたい理由がはっきりするので、志望動機や自己PRに説得力を生むことができます。

転職に有利になる資格を取得する

40代の転職ではスキルや実績が求められ、ほかの転職希望者に勝つための強みが必要になります。スキルに自信がない方は、転職に有利な資格を取得してライバルと差をつけましょう。

資格を取得することで知識やスキルを証明でき、ライバルと差別化を図れます。資格がなければできない仕事もあり、転職先選びの選択肢を広げることも可能です。

また、資格取得のために努力することは、自分に自信を持つきっかけになるでしょう。「努力した自分なら大丈夫」といった自信は、転職活動において重要な要素です。

視野を広げて転職先を探す

40代女性の転職では長期戦を覚悟する必要があるため、すぐには決まらないと思っておいたほうが賢明です。

それでも、なかなか決まらないのなら、転職先選びの視野を広げてみてください。

雇用条件を正社員で絞っている方は、契約社員や派遣社員の求人を検討しましょう。契約社員や派遣社員でも実力を評価されると正社員の道につながることがあります。

正社員にこだわるあまり無職の期間が続いてしまうと、転職に不利になるため注意が必要です。

転職サイト・エージェントを活用する

40代女性の転職を成功させるためには、転職サイト・エージェントの活用が欠かせません。

各特徴を簡単に紹介します。

転職サイトの特徴
  • 多くの求人を閲覧でき応募できる
  • 自分のペースで転職活動可能
  • サイトによってはスカウト機能あり
転職エージェントの特徴
  • 担当のキャリアアドバイザーと一緒に転職活動をおこなう
  • 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 転職に役立つサポートを無料で受けられる

転職サイト・エージェントはそれぞれにメリット・デメリットがあります。

しかし、登録しなければ出会えない求人がたくさんあるので、多くの求人から転職先を選びたい方は活用して損はありません。

転職サイト・エージェントを併用し、1社だけでなく34社登録して、効率的に転職活動を進めましょう。

40代女性転職希望者におすすめの資格

スキルや実績に自信がない方は資格取得を目指しましょう。

転職先で活かせる資格を取得していると、採用担当者に有能な人材だと判断される可能性があります。

40代女性転職希望者におすすめの資格を5つ紹介しますので、どの資格を取得しようか迷っている方はチェックしてください。

40代女性転職希望者におすすめの資格

MOS

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)は、40代でも挑戦しやすい資格のひとつです。

ExcelWordなど事務処理に必要なパソコンスキルを証明できるので、パソコンスキルに自信がなく事務職を目指している方におすすめです。

MOSを取得することで、資料作成やデータ分析などの実務に直結する資格が身に付きます。

一般レベルの合格率は80と高く、試験の難易度は高くありません。参考書などを購入して独学でも合格を目指せますが、不安な方はパソコン教室や通信講座で学ぶ方法もあります。

日商簿記2

経理への転職を目指している方は、日商簿記2級の資格が役立ちます。

簿記の資格には日商・全商・全経と3種類あり、123・初級の4つの階級で試験をおこないます。

そのなかで、経理業務ができることをアピールするには、日商簿記2級の取得が効果的です。

日商簿記2級を取得していると企業の経理事務以外にも、会計事務所や税理士事務所のスタッフとして重宝されます。

合格率は20%ほどなので決して簡単ではありませんが、40代でも十分にアピールできる強みになるのは間違いありません。取得することで、資格のために努力を続けられる人材だと評価されることもあるでしょう。

医療事務

医療事務は資格がなくても働けますが、40代で未経験の場合は資格を取得することで採用に有利になります。

事務職のなかでも医療事務は専門性が高く、基本的なパソコンスキル以外に医療保険制度や診療報酬請求に関する知識が必要になります。

また、事務といっても医師や看護師が行う診療や処置、病気の名称や症状、処方される薬名や効果などの最低限の知識は身につけなければいけません。

未経験の場合は仕事の流れを覚えるだけでも大変ですが、業界についての基礎知識がない場合は、さらに覚えることが多くつらさを感じることも。

医療事務の資格を取得すると、基本的なスキルを身に着けられるので採用だけでなく実務において役立ちます。 

介護職員初任者研修

介護の仕事に興味のある方は、介護職員初任者研修の取得を検討しましょう。

介護職員初任者研修は介護の業務に必要な知識を学べるため、未経験でも転職に有利になる資格です。また、取得していると、国家資格である介護福祉士やケアマネージャーへのスキルアップが可能になります。

職場によっては、資格手当による給与アップが期待できます。

介護職としての熱意をアピールできる資格でもあるので、取得していると採用担当者に良い印象を持ってもらえるでしょう。

登録販売者

一般医薬品(第2類医薬品・第3類医薬品)の販売を行うには、登録販売者の資格が必要になります。そのため、登録販売者は全国のドラッグストアや薬局への転職に有利になる資格です。

おもな業務内容は一般医薬品の販売、相談、在庫管理などを行います。

接客が必要になるため、前職が販売職などのサービス業であればコミュニケーションスキルを活かせるでしょう。

独学や通信講座で勉強することで資格取得を目指せるので、試験の難易度はそこまで高くありません。しかし、試験に合格後、登録販売者として働くには2年以上の実務経験が必要になるので注意しましょう。

40代女性におすすめの転職サイト・エージェント

女の転職type

女の転職type
  • 特徴① 女性向け求人を掲載
  • 特徴② 正社員求人が80%以上
  • 特徴③ スキマ時間に求人をチェック

女の転職typeは、女性に特化した転職サイトです。

女性向けの求人を厳選して掲載しているのが一番のポイントです。

 

「女性管理職在籍」「育児と両立しやすい」「産休活用あり」などこだわり条件で求人を探せます。

正社員求人が80%以上なので、転職してバリバリ働きたい方にも、子育てが一段落したからもう一度正社員として働きたい方にもおすすめできるサイトです。

 

条件を絞って求人を探せるので、スキマ時間を利用して転職活動できるのも嬉しいポイントです。

企業からオファーを受けられるスカウト機能もあるので、受け身の姿勢でも求人を探せます。

 

サービス名 女の転職type
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公開求人数 2,369件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 女性向けの求人をチェックできる
  • 正社員として働きたい方に
  • スキマ時間に求人検索できる
対応地域
東京、愛知、大阪、福岡、など全国/海外
公式サイト
(※)2023年8月時点

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

パソナキャリア

パソナキャリア
  • 特徴① 年収アップ率61.7%、求人の半数が年収800万円以上
  • 特徴② ハイクラス転職に特化したコンサルタントが支援
  • 特徴③ 4年連続満足度総合1位を獲得

パソナハイクラスは、株式会社パソナが運営するハイクラスに特化した転職エージェントです。保有されている求人の約半数が年収800万円以上で、61.7%(※1)の方が年収アップに成功した実績をもちます。

 

パソナキャリアでは、ハイクラス転職を専門とする業界専任のコンサルタントが、企業情報の共有や面接対策、内定後の交渉などの充実したサポートで転職を成功へと導いてくれます。

 

面接の日程調整や企業への推薦などもおこなってくれるため、忙しい合間でも効率的に転職活動を進められるでしょう。

 

利用者満足度調査で4年連続総合1位(※2)を獲得しており、手厚い転職支援を受けたい方におすすめです。

 

(※1)パソナハイクラスの公式ホームページより
(※2)オリコン顧客満足度調査 2019年~2022年転職エージェント総合1位

 

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 36,768件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
2024年5月15日時点

 

最後に|40代女性の転職は視野を広げて自分の強みに自信を持つことが成功のカギ

40代女性の転職は若い世代と比べると厳しくなりますが、決して無理なことではありません。

転職に失敗しないためには、転職目的を明確にし、自分が転職に何を望んでいるのか見つめ直してみましょう。

40代にはスキルや実績が求められるため、これまでの経験からアピールできる強みを棚卸しすることが成功のポイントです。

自信がないのなら、転職に活かせる資格を取得するのも方法のひとつです。

転職サイトやエージェントをうまく活用すると、転職先選びの幅が広がり採用通過率を上げることが可能です。本記事で紹介したサイトやエージェントを参考にして、転職を成功するために活用してください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。